『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

お付き合いしてる方にもっと心を開いて欲しいと言われました。しかし、心を開こうと意識する必要ありますか?お酒で酔っぱらえば心は開くって気がしますが、彼が言っているのはそういうことではないのはわかっています。
私は好き、嫌いで付き合う人を選びません。グレーというか自分の消耗がなるべくないようにするか、素直な自分のままでいるかのどちらかです。
時間は限られているから、頼り合えると信じれる方、尊重出来る方、惹き付け合える方、自分が自分の心に正直に生きている中でこの方といる時の自分は素直にいれているなぁと感じる方とより多く過ごしたいとタイムスケジュールを組んでいます。分かりにくくてすみません。
ただ、彼に心を開いて欲しいと言われたのでよくわからなくなってきました。素直でいることと心を開くことって違うのでしょうか?

A 回答 (3件)

素直でいる事だと思います。



人は環境に対応するため自分の気持ちを押さえ込んだり自分に嘘をつく事ってありますよね?

そういった事により曲がった気持ちが応じるわけですがそういったことをなくし純粋になってほしいという事だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私は不器用というか、素直でいれる家庭環境でない幼少期を過ごしたので、事務的な報連相になりがちなのかなぁって気付きました。けど、だからこそ大切な彼には素直になりたいので、幼少期の事を彼に話して二人で関係を深めたいなぁとおもいました。
ご回答頂き、感謝申し上げます。
有難うございました。

お礼日時:2013/12/19 17:53

「心を開く」という言葉を広辞苑で見たら。

。。
・相手に対する警戒心を解く。
・隠し立てしないで思いを打ち明ける。
・打ち解ける。
と載っています。

でも、「心を開いて欲しい。」と言われても、自分の考えや心で思っている事を包み隠さずに人前で表そうと思えば、その人が信頼できないと、そんな事は出来ないでしょう。

ですから、彼が言っている「心を開いてほしい。」と言うのは、自分の事を「信頼して欲しい。」と言うのと同じ意味なのではないですか。

人を信用して、信頼出来るようになる為には、積み重ねが無いと簡単には信用できないものですよね。
「心を開いて欲しい。」という彼の意味を直ぐに理解できないという事は、まだまだ、貴女は、彼の事を理解出来ていないのではないですか。
そうであれば、時間を掛けて、彼の言動を観察して、理解出来るようになる必要があるのではないかと思います。

また、心を開いて欲しかったら、「私が貴方を信頼出来るようにして下さい。」といってみたらどうですか。
彼は、自分の為、貴女の為に努力してくれるのではないですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まだまだお付き合いが浅いのですが、彼はとても大切な方です。私が引っ込み思案な上に、好きな方と一緒にいることに緊張しすぎてギクシャクしてたかなぁとおもいました。彼の気持ちを聞いて、こちらからも気持ちを話して、関係を深めたいなぁとおもいます。
ご回答頂き、感謝申し上げます。

お礼日時:2013/12/19 18:05

心を意識して開く必要は、ない。



私たちの心は、常に一定では、ありません。
そして、心のコントロールができないときもあります。
考えてみるとそうで、
コントロールできれば犯罪が激減し、弁護士もコンビニアルバイト
などに転職するしかありません。
ただ、コントロールできないからと言って心の言いなりに
なるほど私達もバカでは、ありません。
スポーツ選手が練習するよう、受験勉強するように、
心を自分の都合に合わせようと努力します。
また、心の言いなりでは、人間社会が成り立ちません。

そんな心ですが、一目ぼれにあるようにいいこともしてくれます。

ですから、「素直でいる」 と 「心を開く」 は、私の奥さんと指原
位の違いがあります。(これは、ただ言いたかっただけ)
タイムスケジュールを組むことは、誰でもがやっていることです。
自分の心と相手の心が合わない、ただそれだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂き、感謝申し上げます。

指原さんってアイドルの方ですか?

私は彼と心が合っていると思っているけど、彼は合っていると感じれなくて、だから寂しさを感じてしまうのでしょうか?

奥様と指原さんと、素直でいれる事と心を開くこと違いについてどう思われているか、具体的に教えて頂きたいです。

一定ではない心をどうコントロールするか、どのような意志と実践で昇華させていくか、そのすべてを大切な方の前では隠さないのが素直でいるというのではないのでしょうか?

お礼日時:2013/12/18 11:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心を開くってどういうことですか?心を開かないのは悪いことですか?

こんにちは。親しい友人や異性に、
「もっと自分のこといろいろ話してほしい」とか「肝心なこと、核心的なことをいつも話してくれない」と、言われます。
「心を開いてくれない人」と思われているみたいです。

私は別に心を閉ざしているつもりはなく、親しい人には態度で
好意を伝えているつもりだし、親切にしますし、相談にも
のるし、相手が困っていたら自分のできる範囲で手助けします。
ただ、自分の抱えている悩みを人に話すのが苦手な性格で、
どうしても辛いときは、身近な人ではなくて専門家に頼っています。

そういう私の態度が、親しい人たちからみると「心を開いてない」と
思われるみたいです。
でも、それの何がいけないんだろう?と私は思います。
人は価値観も考え方も感じ方も全く違う、どんなに親しい人だから
って、悩みを相談してわかってもらえる、解決するわけではないと
思うんです。自分の問題を解決するのは最終的には自分。
人には誰だって、言いたくないことや人には知られたくないことが
ありますよね。そういうことを、どうして話さないといけないのか。
「もっと心を開かないと、本当にいい関係なんて築けないよ」
と友人に説教されました。
けど、私は、どんなに親しい人だとしても、相談してもいないのに、
自分の内面のことをいろいろ詮索されたり、聞かれたり
するのがとても苦痛です。自分の心の領域に土足で踏み込むな!と
怒りたくなってしまいます。

私の態度は「心を開いてない」ことになるのですか?
友人の言うとおり、「心を開かなきゃ本当に人と仲よくなれない」
のですか?
そもそも、心を開くっていうのはどういうことなのですか?
言いたくないことでも人に話すこと?隠してる自分の内面をさらけだす
こと?
私には「心を開く」の意味がわかりません・・・。

こんにちは。親しい友人や異性に、
「もっと自分のこといろいろ話してほしい」とか「肝心なこと、核心的なことをいつも話してくれない」と、言われます。
「心を開いてくれない人」と思われているみたいです。

私は別に心を閉ざしているつもりはなく、親しい人には態度で
好意を伝えているつもりだし、親切にしますし、相談にも
のるし、相手が困っていたら自分のできる範囲で手助けします。
ただ、自分の抱えている悩みを人に話すのが苦手な性格で、
どうしても辛いときは、身近な人ではなくて専門家に...続きを読む

Aベストアンサー

心を開かないのは別に悪い事じゃありませんよ(笑)。
それは個人の自由です。

でも…
ただ…心を開かなければ人付き合いにおいて少しばかり…或いは時によってはかなり貴方自身が損をするかもしれないというだけの事です。

貴方のご友人は言い方は“それじゃダメだ”と言ってるのかもしれませんが、それは貴方に怒っているわけでも非難してるワケでもなく、ただその事を貴方に“忠告”や“警告”をしてくれているだけなのです。


“心を開く”というのがどういう事かを理解するには逆に“心を開いてない”と感じるのはどういう事かを考えれば少し判りやすくなります。

つまり…“アナタ自身は”その相手の人を信頼してるのかもしれません。
でも『相手は』アナタに信頼されているというのを“しっかりと実感できていない”という事なのです。


こう言えば少しは判るかもしれません。

相手は貴方に相談もし、自分が何が好きで何がキライかも話している。
そうやって貴方に心のうちを話していますよね…
もちろん貴方はそれを聞いているわけですし、その中で助けられる事を助けてあげたりもしています。

それはどういう事かというと…、
もしかしたら貴方にバカにされるかもしれない、貴方に笑われ他人に言いふらされるかもしれない、貴方に自分の正直な気持ち(心)をメチャクチャに踏みつけられ傷つけられるかもしれない、そういったリスクや恐怖を“大丈夫、goodness22さんならそんな事はしない”と自分に言い聞かせ『貴方を信じて』その恐怖を乗り越えて貴方に話してくれている…という事なのです。

心を開いてるかどうかは“家”で説明するとわかりやすいです。

つまり…
相手は、貴方との付き合いの中で自分の心にある『家の中』にまで“貴方を信用して”入れてくれているのです。

いくらその友人であってもむやみやたらに他人を家の中には入れないものです。 
信頼できない相手をその家に入れるとあざ笑うかもしれないし汚すかもしれないしメチャクチャにするかもしれないし、何か触れて欲しくないものに触れるかもしれず開けて欲しくない扉を勝手に開けるかもしれないからです。

なのに相手の人は貴方に対してその大事な自分の家の中を、その触れたくない開けてほしくない扉を勝手に開ける事はないと貴方を信じ、決して嘲笑することは無いはずだと『貴方を信頼して』貴方にはその家の中へ入っていいと言い、その家の中に貴方を入れて“私の家はこんなのよ”と見せながらそこで貴方と話をしているのです。

でも、貴方の方は“私も信用しているよ”“親切にもしてるじゃない”“困った時は助けてるじゃない”と言いながら決してそんな相手にさえ自分の家の中には入れようとはしないのです。

『なんで他人を自分の家に入れなきゃいけないんだ』と言い…。
『見られたくないものもあるじゃない』
『触られたくないものもあるんだから』と言って…。

たとえ貴方を自分の家の中にまで入れてくれたそんな相手にさえ貴方は自分の家には決して入れる事を許さないのです。

その条件は相手も同じで、だけど相手は貴方を家に入れてくれたのに…
貴方の方は“家の中に他人を入れたら絶対にロクな事にはならない”と…
自分を家に招いてくれたその人にさえ思い…それを決して許さないのです。

ただ触れられたくない所があるなら…ただ開けて欲しくない扉があるなら『そこはあけないでね』『そっちには行かないでね』と言えばいいだけかもしれないのに…
決して相手を信用せず…家にはあげてくれないのです。
たとえ自分の方はを家に入れてもらえたそんな相手でさえ…。

もちろん大事をとって誰であろうと家に入れないって事は悪い事じゃありません。
家に入れてあげるか入れてあげないかは貴方の自由です。
下手に相手を信用して家にあげてしまって傷ついてしまうのは貴方自身なのですから。 だからこそ貴方の自由にすればいい。

でも…
“相手は”…貴方が持っているものと同じその恐怖も不安も乗り越え、そのリスクあるのを判った上で…
貴方を家に入れてくれていたのです。その事実は変わりません。

もちろん『それは相手が勝手に中に入れって言っただけだ!』『別に私が相手の家に入るのを望んだわけじゃない!』と言っても別に悪い事ではありません。
その通りかもしれないですし…。

ただ、自分は貴方を信用して家の中に入れてあげたのに貴方の方は入れてくれなかった事で“相手はどう感じるか”というのがあるだけ…。

きっと、“なんだ私は信頼されてないんだ…”という大きな落胆もあり、そして悲しくも寂しくも感じたりするでしょう。

その関係で『本当に人と仲良くなれるか?』を考えれば…自ずと答えは出てくるかと思います。

心を開くという事はつまり…“相手を信頼する”という事なのです。

心を開かないのは別に悪い事じゃありませんよ(笑)。
それは個人の自由です。

でも…
ただ…心を開かなければ人付き合いにおいて少しばかり…或いは時によってはかなり貴方自身が損をするかもしれないというだけの事です。

貴方のご友人は言い方は“それじゃダメだ”と言ってるのかもしれませんが、それは貴方に怒っているわけでも非難してるワケでもなく、ただその事を貴方に“忠告”や“警告”をしてくれているだけなのです。


“心を開く”というのがどういう事かを理解するには逆に“心を開いてない”と感じる...続きを読む


人気Q&Aランキング