フランスやドイツのような教育制度が特殊な国を除いたら、大学進学率最下位じゃないかと思うんですが・・・・
なぜこんなに大学進学率が悪いんですか?
学費なんか諸外国に比べてかなり安い気がするのになー

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

日本の大学って一部のエリート大学のぞけば


バカでも入れてバカでもでれるから価値なしじゃん
あげくの果てに貧乏人が奨学金で大学いって
卒業した時には数百万の借金
エリート大学でてなきゃ
高卒より正社員内定率が低いんだから
無駄に大学いって無駄な時間と金を使い
4年後は数百万の借金を残して正社員で内定でない
正社員で内定でても多くはブラック企業。

最悪、これで自殺するやつも多いんだとか。

でも卒業する奴は日本が一番たかいんじゃないの
そもそもアメリカ、イギリス、日本だったと思うけど大学進学率の高い先進国
でも大学進学率が高い国ほどニート比率高いんだよね

ドイツなどはあなたがいわれているように
中学を卒業した時点で職業訓練校にいくか進学を選ぶかを決めるし
4人に3人は職業訓練えらぶみたいだね。

他の先進国はバカじゃ卒業できないから
アメリカやイタリアは実に50%をこえた中退率だし
イギリスも50%程度の中退率だし。

まぁバカが大学いくと無駄な大学が今より乱立して
その補助金は赤の他人の税金なので無駄に進学率あがってほしくないけどね。
    • good
    • 18
この回答へのお礼

馬鹿な大学に行っても意味ないからってことですね。
それはそのとおりだと思います。
でも、いい大学に行けばいいんじゃないかな。

お礼日時:2013/12/20 17:05

> まとめると士気と学費が原因ですか?



いいえ。長く書くと通じないようなので、カンタンに書き直しますね。

社会が子どもを育てられる仕組みになっていないからです。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

そういうことですか
日本の高等教育って安くて結構いいのにね。

お礼日時:2013/12/20 17:35

 それは「教育制度」が日本の単線型とドイツやフランスの複線型では教育課程そのものが異なり、一律同一基準では比較のしようもないとの話になります。


 とはいえ、ドイツやフランスでも「本人が必要と感じた段階で」大学は全ての国民に開かれてもいます。生涯教育との意味ですが、日本ではこの20年ほどの間で漸く世間的にも知られるようになってきたシステムで「社会人学生」などと呼ばれてもいます。
 日本の進学率は一般的に高卒の現役生および浪人生をサンプリングの対象として算定されもしますので、社会人学生がどれほどいるかも調査毎に異なる場合もあります。
 それからこれは余談ですが、フランスやドイツの教育システムが特殊であるとは一概に申せません。むしろ日本の単線型システムの方が歪みのある部分も多いとの指摘を国内の教育関係者をはじめ海外からも指摘されている部分です。
 社会の仕組みと教育制度は密接な関係にもありますので、日本が導入すべき部分は導入し、逆に遺すべき部分はしっかりと遺していく必要もあります。
 後は、大学入学後の問題もあります。大学の本質は専門教育と研究に資する組織ですから、そこで自らが研鑽を済むのに必要なだけの能力がなければ置いていかれるだけの話です。とはいえ、現実的には高校どころか中学校で学ぶべきはずの事項に関しての学力に疑問を生ずる向きもあり、そうした部分のボトムアップにも時間を割かねばならないなどの深刻な事情を抱えている大学もかなりあります。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

安いほうが進学しやすいでしょ

お礼日時:2013/12/20 16:17

高校の進学率が高いからです。


多くの国では、ポワイトカラーだけでなく、ブルーカラーも社会的な尊敬を受けていて、小学生や中学生の時期に、職人の世界に進む道が用意されています。日本でも、教育制度上は、中卒⇒専門学校 という道があるのですが、99%と異常な高校進学率がこれを阻んでいます。これが、ご指摘のドイツやフランスとの違いですね。

日本はODCA参加国中で、ほぼ最下位の大学進学率になっています。
コレはある意味で、当然で、国際調査で、動機、気持ち、志向をきく設問の各国比較をみれば、一目瞭然ですよ。

あと、日本では、大学に進学しない動機は、金銭的なものが、学力的なものを、4年くらい前に逆転しています。日本の貧富の差がかなりおおきくなっているのは事実で、高校まで、「生活費のため」数百万の奨学金という名の借金を負っている子どもが増えています。このサイトでは、金銭に困る進学志望者に安易に奨学金や学費免除の制度を教える方がいますが、問題が学費ではない家庭が増えているんです。
大学では、本気で学費がかかるため、「家族が生活するための奨学金」を得ることができません。生活のための日銭を稼ぐため、進学を諦めてる子どもたちが、この国には多くいます。

まじめな子たちは、社会の表面には目立ちません。目立たないところで何が起きているか、この国はかなり怖い状況になっていると思っています。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

結構長い文章ですが、まとめると士気と学費が原因ですか?
ありがとう。

お礼日時:2013/12/20 16:19

大学進学率はこの程度で結構です。


日本はサミット参加国の中でアメリカ、イギリスについで三位です。
アメリカは統計に専門学校も入れてますから実際は日本と同じレベルです。

韓国はトップクラスに入っていますがそれは向こうが異常なんです。
韓国という国は古くから両班思想が根付いていてなにもしないで遊んで暮らすことを「最良」とする間違った考えをもっています。
両班は韓国の貴族で召使を多数従え、自分はなんにもしないで代々過ごしたため手足が小さく退化したほどです。そんな人間たちが社会に君臨していた韓国はおちぶれて進歩のない国になり、日本に併合されてやっと目覚め、日本のおかげで近代国家になることができました。

しかしながら昔から伝わった両班思想はそう簡単になくなりません。日本との大きな違いは肉体労働者を馬鹿にすることです。
日本は肉体労働を尊びます。天皇陛下はご自分で毎年田植えをなさいます。日本には勤労会社の日があり、労働を尊びますから大田区などには世界に誇る技術をもった町工場が多数存在します。日本の強いところはそこです。

頭が良くない人間が大学で四年間、役にも立たないことを学ぶより実社会でスキルを身につける方がはるかに良いです。日本は大学進学率を上げる必要はありません。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

サミット参加国に限定した理由がわからない上、なぜ進学率が低いのかという質問にも答えていないけど・・・・
わざわざ有り難う

お礼日時:2013/12/20 16:22

韓国は先進国ではありませんが、世界でトップクラスです。


さらにその上を行くのがアイルランドです。

先進国自体がそうそう高くないですよ。
日本はアメリカ並なので、この程度で良いんです。
中国などは目も当てられません。

そもそも人口が少ない方が高い傾向なんです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

日本より大学進学率が低い先進国なんて数えるほどしか無いけど?

お礼日時:2013/12/20 02:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Qどうして高校や大学の学費の無償化ができないの

50人教室の人数が80人になったとして先生や学校の負担がどう増えるというんでしょうか。
ほとんどの学部は9割がた座学しかしないはずです。
かりに1教室に入りきらなかったとして今はカメラやビデオやテレビがあります。
何万円至急とか年収何万円増えますとかいわれても物価が変われば100円の価値も変わります。
無償化はその点わかりやすい。全面無料。入学試験に合格した人間に学生証入校許可証を手渡す。
何で学費を無償化できないのでしょう。

Aベストアンサー

ご質問者が、全面無償化を希望されているのなら、基本的には賛成です。
無償化出来ない理由は、進学しない人たちとの差別が起こるからです。

労働年齢に達していて働いていない人の面倒を社会が見るための「理由付け」が必要です。

なお、大学の進学率は日本は世界(OECD参加国)の中でほぼ最下位です。大学全入という実態は進学希望者が全員入学できるという意味ではなく、お金のあるなしで選別されているに過ぎません。
進学をあきらめている人の半数が学費が主な理由で、学力ではありません。なので、無償化した上で、入試で合否を決めると、レベルは今以上に上がると思います。
実際、模試に関わっていると目の当たりにしますが、看護学校志望者で、慶應や早稲田A判定クラスの成績をたたき出している人はザラにいるのが実態です。

昔は国立大と私立大には学費の差が歴然とありました。5教科を高校で勉強せずに私学に進学させた人たちが不公平だと言い出して、国立大の学費はかつての何倍にもなっています。不公平是正が、学費高騰とつながってしまっています。

研究助成ではなく、教育への助成としては、現状では私立大の方が学生1人当たりの国からの助成金を多くもらっています。このお金を私学が何に使っているのか、ちょっと疑問です。
個人的には、まずは、国立大を無償化して、門戸を大きく開放すべきかと思います。(私学にまで手を出したら共産主義ですし。。。)
東京大は今での事実上、学費なしですが(平均所得以下の場合)、東京大は親の所得が総合大学中一番高いので、この大学だけを相手にしてもダメです。
国立大の独立法人化を止めて、まずはここからではないでしょうか。

ご質問者が、全面無償化を希望されているのなら、基本的には賛成です。
無償化出来ない理由は、進学しない人たちとの差別が起こるからです。

労働年齢に達していて働いていない人の面倒を社会が見るための「理由付け」が必要です。

なお、大学の進学率は日本は世界(OECD参加国)の中でほぼ最下位です。大学全入という実態は進学希望者が全員入学できるという意味ではなく、お金のあるなしで選別されているに過ぎません。
進学をあきらめている人の半数が学費が主な理由で、学力ではありません。なの...続きを読む

Qアメリカなどの大学は入るのは簡単で出るのが難しい?

日本の大学と比べて、アメリカの大学は、入るのは簡単で、卒業するのが難しいと聞きますが、「入るのは簡単」というのは本当でしょうか。
誰でも好きな大学に入れるのなら、大学の学生収容数には限度があるわけですから当然人気のある大学は競争率が高くなるはず。
「入るのは簡単」「誰でも入れる」とは考えられないんですが。

Aベストアンサー

アメリカ人に直接聞いたこともないので、私が留学して単に「感じた」だけの事ですが。。。

先の方も回答されているように、SATという試験を受けて、だいたいその結果によって、君はどこどこ、あなたはどこどこ・・・という具合に決まります。
日本の公立高校の入試を想像してみて下さい。
内申が○ぐらいあったらトップ校、○ぐらいだったらセカンド校・・・という感じで、大学ほど競争にならないですよね。もちろん私立などを滑り止めで受けていたらダメもとで!という場合もあるでしょうが、多くが、まず合格するというランクの公立高校を受けますよね。
(大阪だけかも知れないですが、私の頃も公立高校の倍率なんて1.0*倍とかで、1.3倍あった高校は"めちゃ高い!"という感じでした)
アメリカの大学の選抜ってそんな感じがします。

ただ日本とアメリカの大学・・・というよりは大学生の違いとして1つ言えるのは、裕福な家庭の人がバカ高い私立の大学に親の金で行く場合を除いては、ほとんどの生徒が自分のお金で大学に行きます。もちろん高校を卒業したばかりでお金がないので、多くが日本で言うローンを組んでいて、仕事をし始めて返す・・・という感じです。一般的には、大学の費用は親は出しません(だから休講なんてなったら苦情こそ言え、日本の大学生のように決して喜ぶなんてありません)。大学側でも優秀な生徒には様々な奨学金などを用意していて、無理にレベルの高い所へ行くよりも、自分が優等生でいられる学校で過ごす方が安くつく・・・とか。私の学校でも、めちゃ頭の良い人がいたのに、なんでココに来たんだろう?という生徒がいたのですが、奨学金をかなりもらっていて、彼が言うには最初の2年間だけでも学費を安くあげて、良い成績も残して○○大学に編入するんだ、という事でした(アメリカの一流と言われる大学には、学費がとても高いところが多いです)。だいたいアメリカの大学は(4年で卒業できたとして)最初の2年が教養課程で、後半2年が専門課程なので、学部を決めるのもその時点・・・という人もいます。

何だか横道それてしまいましたが、そういう現実的なお金という問題もあるからこそ、色々考えて決してレベルだけで学校を選んではいないんだと思いますし、行きたくても(払えなくて)行けない人もいますし、日本のように「みんな」が行くところでもありません。
その辺りが理由かな?と私は感じています。。。

アメリカ人に直接聞いたこともないので、私が留学して単に「感じた」だけの事ですが。。。

先の方も回答されているように、SATという試験を受けて、だいたいその結果によって、君はどこどこ、あなたはどこどこ・・・という具合に決まります。
日本の公立高校の入試を想像してみて下さい。
内申が○ぐらいあったらトップ校、○ぐらいだったらセカンド校・・・という感じで、大学ほど競争にならないですよね。もちろん私立などを滑り止めで受けていたらダメもとで!という場合もあるでしょうが、多くが、まず合格...続きを読む

Q白人世界でアジア人を差別しない国はありません、それが現実ですがどう思いますか?

一年以上白人国家を旅行した人なら理解できると思いますが、最低でも1度や2度必ず差別を受けた経験があると思います、その時必ず中国人か日本人か聞かれます、ある店でボッタクリが嫌なので嘘をついて中国人と言ったらその後無視され出て行けと言われました、その後冗談で実は日本人と言うと180度態度が変わりました。白人は正直露骨です。
そして肌の色でもアジア人を美的感覚から見下します。
ロスで仲良くなった白人が言ってました、表面では言わないが
アジア人や黒人は現実に今も差別されている「日本人の君はまだマシな方だ」と。
日本でも差別問題はありますが白人国家は現在でもアジア人を差別しています、中国人とか韓国人と言うととんでもない嫌な思いをさせられます、皆さんこの現実をどう思いますか?

Aベストアンサー

アジア人という定義の仕方に白人目線を感じます。つい近年まで白人は有色人種を人間とは見ていませんでした。「奴隷、当時のヨーロッパでは『黒人が白人と同じ人間である』という考え方はなかったのである。
『法の精神』で知られるモンテスキュー。
社会学の父と讃えられるフランスの哲学者でさえ「黒人が人間だと考えるのは不可能である 彼らを人間と考えるなら 我々がキリスト教徒でないと認めざるをえなくなる」と語っている。」
http://www.fujitv.co.jp/ainori/st/st361.html

有色人種を人間と認めざるをえなくなったのは、後の方の世界的な大戦のあとではないかと考えます。第一次世界大戦ののちある有色人種の国家が提案した人権平等条項の提案は英米によって葬り去られました。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog053.html

「ホテルのフロント係は、女性の方を見向きもせずに、デュボイスへの対応を続けた。勘定がすべて終わると、彼はデュボイスに向かって深々とお辞儀をし、それからやっと、その厚かましいアメリカ女性の方を向いたのだった。フロント係の毅然とした態度は、これまでの白人支配の世界とは違った、新しい世界の幕開けを予感させた。

 「母国アメリカではけっして歓迎されることのない」一個人を、日本人は心から歓び、迎え入れてくれた。日本人は、われわれ1200万人のアメリカ黒人が「同じ有色人種であり、同じ苦しみを味わい、同じ運命を背負っている」ことを、心から理解してくれているのだ。」
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/964059/


人間は好き嫌いのほかに生理的嫌悪ということもあります。戦後は戦争の被害ということも理由に付け加わりました。

オバマ大統領はなぜ黒人なのか。ハーフではないのか。白人男性の主人と黒人女性奴隷の間に生まれた子どもは、生まれながらにして奴隷であり、色が白いほど高く売れたと聞きます。人種差別に法的に最終的な決着がついたのは1964年(昭和39年)かともいわれます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E6%B0%91%E6%A8%A9%E9%81%8B%E5%8B%95

>日本人の君はまだマシな方だ
そんなわけで、白人にすれば納得ずくというより、無理やり人種平等を誓わされたわけで、本人からみた多層な差別意識があるのはある面いたし方がないと考えます。

武力ということではないにしても、要は実力で認めさせるほかはないと考えます。

アジア人という定義の仕方に白人目線を感じます。つい近年まで白人は有色人種を人間とは見ていませんでした。「奴隷、当時のヨーロッパでは『黒人が白人と同じ人間である』という考え方はなかったのである。
『法の精神』で知られるモンテスキュー。
社会学の父と讃えられるフランスの哲学者でさえ「黒人が人間だと考えるのは不可能である 彼らを人間と考えるなら 我々がキリスト教徒でないと認めざるをえなくなる」と語っている。」
http://www.fujitv.co.jp/ainori/st/st361.html

有色人種を人間と認めざ...続きを読む

Q不景気なのになぜ?大学進学率高いの?

最近の大学進学率の高さは異常と感じます。

30年ほど前までには、大学進学する高校は限られていました。ところが、今は、かなりレベルの低い高校からも大学進学をするようです。

また、逆に、優秀な高校から経済的理由で進学を断念する優秀な高校生が就職をしているよです。

不景気なのに、なぜ?進学率が高いのでしょうか?

せっかく、親が大学に入れても、肝心の子供は年に何回かして、大学に行かず、辞めてしまうケースが沢山あるようです。

しかも、親が、一日でも大学に行ってほしいと頼んでいる家庭も多いようです。

30年ほど前までは、考えられないことです。

無意味な大学進学が現在の就職率の低さを招いてはいないでしょうか?

優秀な高校生しか大学進学をしない時代に戻らないとだめなのではないでしょうか?

Aベストアンサー

大卒だろうが高卒だろうが就職難です。
不景気だからこそ進学率が上がっているのです。
高卒での思うような就職が難しい。専門職でもない限り、今どきの高卒なんて使いものになりません。
なので就職を先延ばしするために大学や専門学校に進学するのです。
それでも就職難には変わりないけど。

もともと大学へ行ってまで勉強する気力のない子が無理やり大学に入るので、続かないのです。

<優秀な高校生しか大学進学をしない時代に戻らないとだめなのではないでしょうか?

そうですね。高卒でも働ける場が増えれば良いのです。
昔はそういう職場も多かったのに、製造職などは賃金の安い外国人のワークエリアになってしまって日本人ははじき出されてしまいました。

Q英検準1級ってどれくらいのレベルなの!?

就職活動中の大学4回生です。わたしは英検を受けたことがなくて、6月にある英検を始めて申し込みました。2級と準1級を申し込んだのですが、準1級はかなり難しいと聞きました。どれくらいの差があるものなのでしょうか。ちなみにTOEICは620点くらいです。730はないと無理って友達から聞いたんで申し込んだのことにへこんでいます。

Aベストアンサー

2級と準1級の差は、結構あるように思います。
2級は高校卒業程度、準1は短大2年終了程度、そして1級は4大卒程度、という目安を主催者側は出してくれているようですが(たぶんです)、実際にはこのとおりにはいかない場合もあるようです。
大学生にとって、英検準1級のレベルとして一番分かりやすいのは、大学受験時の偏差値です。
大学受験の模試などで常に英語の偏差値70~75を超える高校生は、英検も準1級に合格します。
実際、このレベルを要求する大学では推薦入試の出願条件に英検準1級合格(またはTOEFL520←PBT)を課すところもあります(知ってるところだと上智)。
私は個人的にペーパーテストの分野で英語教育が一番しっかりしているのは大学受験業界だと思うので、準1級に合格したければ、そこらへんの下手な英会話教室や検定試験用の参考書やるよりも、早慶上智レベルの受験英語やるのが一番賢明だと思ってます(もちろんその後に試験に準じた勉強も必要ですが)。

Q内閣総理大臣の任期について。

内閣総理大臣の任期についてなのですが、アメリカでは四年で二期までですが日本ではどうなっているのでしょうか?
憲法第七十一条には「内閣総理大臣は、衆議院の解散や衆議院議員の任期満了により国会議員の地位を失っても、次の内閣総理大臣が任命されるまでの間は、その地位を失うことはない」とありますが何期できるのですか?
知っている方は教えてください。

Aベストアンサー

 日本の内閣総理大臣は,「1期○年」と決まっている訳ではありません。
 首班指名されてから,衆議院選挙後の首班指名まで,或いは辞職・死亡するまでが1期と言えるでしょう。というより,「第○代」と言う言い方をします。
 
>何期できるのですか?
 制限がないので,何年でもできます。
 ただ,自由民主党では,総理には党の総裁が就くことになっています。自由民主党の総裁の任期は現在,3年と定められており,2期までと定められていますから,最長6年ということになると思います。
 でも,自由民主党は総裁公選規程をコロコロ改正しています。昔,中曽根氏が総理総裁の時,総選挙で大勝したから,総裁任期を1年延長されたりしました。

参考URL:http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/ichiran.html

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q昔と今の大学受験の難易度

この質問までの経緯を説明しますと

<高校で>
担任「今は少子化で、選ばなきゃ誰でも大学に入れるからねー。お前らは幸せっちゃ幸せだよねー。俺らのときは、ベビーブームって言って、倍率とか大変な数字だったから、きつかったんだけどね・・・今より受験は難しかったよ。」

<予備校で>
英語講師「長文も昔と比べるとすごいレベルが上がったんだよね。昔の早慶の英語も今みたら、楽に感じるよ。そんだけ求められてるものが増えたんだろうね。」

数学講師「医学部の数学なんかも、昔はもう少し易しかった。理工系のが、全然難しかった。全体的に難化してる。」


どっちもなにか違和感あるんですけど、実際はどうなんでしょうか。
科目ごとの評価でも構いませんので、お聞かせください。

Aベストアンサー

僕もNO2さんに賛成ですね。
単純に大学がどんどん定員を増加し続けてるので入学が簡単になるのは当たり前です。

と言うか大学側のスタンスが「優秀層を採る」から「育てる」方にシフトしてる部分が大きいです。
大学の入試科はそれで採ってるのに、その考え方が大学全体に一体化無く、昔のスタンスで講義を進めようとする教授が多いのが問題ではないかと思います。組織の問題ですね。
要するに育てる能力が低い=無能だと言う事ですけれど。
例えば外国人学生はどんどん増えてますが、日本語で授業をしてスコアが悪いのをその学生の責任にするようなものです。英語なら理解できたかもしれないし、適切な語学サポートがあれば優秀だったのかもしれない。数学受験で入ってないのに、それも分かっておらず「数学の能力が低い」と言ってプンプン怒ってる。そういう先生は少なくないですね。

事実、東大入学レベルは上位0.8%ぐらいなんですけど、ハーバードは上位5%程度で入れます。
でも後者の方が圧倒的にレベルは高いですよね。
日本は多様な人材を採ってそこから育てて行こうって言う欧米型にシフトしてる印象を受けます。
プロ野球のスカウトと同じですね。
4番バッターばっかり採っても勝てないんですよ。
それで使えなかったら可哀相だけどこぼれていくだけだし。
いまの大学入試ってそういう感じですよ。


個人的に、試験自体は「受験地獄」と言われた80年代の第二次ベビーブームから90年代前半が最難関だったと思います。特に都市圏の私立は難関で日当駒船なんかでも浪人生があふれてました。
医学部も難関だったのですが、一気に難関化したのはバブル崩壊以後の1990年代中盤からですね。
今の医学部は医療費抑制が話題になる中で医師ブームも落ち着いたし、医学部定員はその時期の200%になろうとしてますから最難関の時期に比較すれば簡単にはなってます。まだまだムズかしいですけど90年代後半の医学部ってギャグみたいにムズかったですから。
薬学部などは90年代に乱立した為に易化がとても進んでますけどね。
バブル崩壊後はあらゆる業界が不況でリストラも進まなかった為に大手企業が0採用などを行いました。結果悲惨なものになりましたし、特に割を食ったのは事務や営業の担い手の文系職でした。
よって国立理系、公務員、医師などが手堅いと言うことで一気に難化しましたね。
親に聞いたら当時の公務員なんか「滑り止め」「コネばっかり」だったそうですから、今の時代とだいぶ違いますよ。


そういう「流れ」みたいなものはあると思いますよ。
日本ではマイナーですけどIIT(インド)や北京大(中国)は1000人に1人の秀才しか受からないと聞きます。じゃあ東大と比べてどっちが上か?って言うとランキング上は圧倒的に東大なんです。
人口が違うんですから国によって難易度が違うのは当たり前のことです。


今の大学の試験自体は易化してると思います。
一方で過去の人の映像インタビューを見てみるととてもレベルが低いですし、プレゼン能力は無いなと思います。
バブルだけでなく6,70年代も面接はほとんど「がんばります」で受かった時代だったと思われます。
英会話能力やネット関連の能力も相当低かったでしょう。求められてないし、機材も無かったですから。
1970年の大阪万博のガイドの英語を聞いてると相当酷いですからね。
でも当時は日本で最高峰の才媛で英語の得意な女子大生ばっかりだったと聞きます。
あれぐらい喋れる奴はいまの大学生では腐るほどいますからね。
要するに試験自体は易化してるけど、若い世代が特別あほなわけではないだろうと言うのが僕の意見です。
もし試験内容がプレゼンと英会話、ワードエクセルなどのIT系であれば、現代の若者の圧勝ですよ。

こういうのは気にしないでいいと思います。
また時代そのものより個人の努力や優秀性が大事だと思いますよ。
日本が文明開化する前後で英語やオランダ語を取得したのは漢文(中国語)素読を幼少期に行っていた武士の若者たちでした。
「生まれた時代が悪かった」なんて言わずに一生懸命に英語を勉強してたようですし、以後の世代の庶民なんかよりずっと立派な英語を使いました。
だから優秀な奴も無能な奴もどの世代も一定存在するんだと思います。

僕もNO2さんに賛成ですね。
単純に大学がどんどん定員を増加し続けてるので入学が簡単になるのは当たり前です。

と言うか大学側のスタンスが「優秀層を採る」から「育てる」方にシフトしてる部分が大きいです。
大学の入試科はそれで採ってるのに、その考え方が大学全体に一体化無く、昔のスタンスで講義を進めようとする教授が多いのが問題ではないかと思います。組織の問題ですね。
要するに育てる能力が低い=無能だと言う事ですけれど。
例えば外国人学生はどんどん増えてますが、日本語で授業をしてスコアが...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報