ヨーロッパとアメリカでは環境(問題)に対する考え方がどのように違うのでしょうか?
ヨーロッパは二酸化炭素の削減を積極的に行なっているようですが、アメリカは京都議定書に批准しないと問題になっています。また、そのような考え方はどのような背景から異なってくるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

shoyosiさんが言っている意見は私も同感です。

日本人は特に疎いような気がするのですが、地理学というか環境学というか、人が住む地形・気候など環境という中の地理的・地形的な部分で思想が植え付けられる部分は多いはずです。よく、故郷が懐かしいというのも無意識に幼き頃、見慣れた風景がインプットされているからとも言われます。日本は海に囲まれ、四季があり自然が豊かともいわれ、人口が多すぎなければ、食料も豊富な国だと思います。が、人口は過多ですし、夏は高温多湿、冬は寒冷乾燥な気候は、特に人間にとっては住み難いです。しかも、平地が少ない火山地帯ですしね。

話を戻しまして、政治的にも思想が影響されていますよね。
他には個人主義の確立から、自国の問題は自国内で解決する事がヨーロッパはしっかりしていると思います。これはモンロー主義とは異なる意味です。米国はというと、世界の中心でいなければならない為にエネルギー問題、食料問題含め、他国と多く関わっている上での事なので、帝国主義が少なからず存在しているような気がします。日本もそうです。世界一紙の消費をしている日本はインドネシアやマレーシア、フィリピンの森林伐採によりなり得ています。ちょっと言葉が乱暴なのですが、自国さえよければ他国には金を払っているのだから構わないという気持ちの問題もあります。

米国が子供という意見ではないのですが、自国で生産、消費、問題解決をサイクルできる思想と仕組みがヨーロッパの国にはあり、立派だなと思わせるところがあるような気がします。

米国には日本からみても、強国でリーダーシップを発揮して欲しいですが、トップであるがゆえ、トップである事のエゴを多少感じます。
    • good
    • 0

もともと、アメリカにあるモンロー主義的な考え方、すなわち、他大陸で行われているいろいろな取り決めには、できるだけ、干渉しないでおこうという考え、に加え、アメリカは国土が広く、人口密度が低く、周囲が大海に囲まれていて、他国の環境悪化が直接には、影響しないという、自然的特性をもっています。

このようなのが、相互にからみあったのが、背景だと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電気自動車は二酸化炭素を削減できるのですか

電気自動車の普及に力を入れているようですが、原発がなくなって、火力発電で電気を作ってそれを、送電し自動車に充電。これとガソリンを車にいれて動かすのとでは、どちらが二酸化炭素を削減できるのですか。燃料を燃やして府ミスを沸騰させ電気をおこし、発電それを送電し、充電。それと運動エネルギーにかえて走ると行くことは、各工程でエネルギーロスがあるのではないのでしょう。それだったら直接ガソリンで走った方が効率がよく、二酸化炭素を削減できるのではないでしょうか。学者の人は、自動車が走っているところはクリーンですが、発電しているところはダーティとは考えないのでしょうか。

Aベストアンサー

みなさんがいろいろおっしゃっていて、かなり言い尽くされたと思われるので、
気になったのをひとつだけ。

> 燃料を燃やして水を沸騰させ電気をおこし、発電それを送電し、充電。
> それと運動エネルギーにかえて走ると行くことは、各工程でエネルギーロスが
> あるのではないのでしょう。
> それだったら直接ガソリンで走った方が効率がよく、二酸化炭素を削減できるのではないでしょうか。

この話のなかで重要な工程が一つ抜けていませんか?
ガソリンスタンドにガソリンを輸送するという工程です。
送電によるCO2排出量を考えるのならば、ガソリン輸送によるCO2排出量も
考えなければならないのでは?
これって送電に比べると結構大きそうですけど。

Q二酸化炭素排出量削減

京都議定書に伴って、日本にも二酸化炭素の削減目標があるわけですが、

(1)現状として、県レベルではどのようなことをやっているのか?
(2)県や市町村レベルで二酸化炭素削減のためには今後どんな工夫がひつようなのか、またどんなことが出来るのか?

みなさんの考え、専門家の方の見解等聞かせてください!!

Aベストアンサー

こんばんは(^^。

最近は、県や市の庁舎、あるいは公立の病院などで"ESCO"へのアプローチが盛んなようです。
今、経産省の庁舎のESCOも募集してます。

ESCOとは、省エネの専門の会社が、それぞれの建物にあった省エネ方法を診断、提案、施工して、それによって浮いた電気料金や熱料金の一部を報酬としてもらうという仕組のことです。

詳しくは↓のURLを(^^

参考URL:http://www.jaesco.gr.jp/

Q京都議定書の批准国について

今現在、京都議定書に批准している国を教えて下さい。
また、参考にした文献やURLも教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

こんなサイトを見つけました。
「全国地球温暖化防止活動推進センター」

こちらに、条約交渉関連のページ、「京都議定書への署名、批准国一覧」のページなどがあります。
ご覧下さい。

Q米国が京都議定書を批准?

米国が民主党政権になれば、京都議定書を批准するという話を聞きましたが、本当なのでしょうか?

Aベストアンサー

政権が変わったから、どうなるか誰もわからないでしょう。

今、国ではなくて企業が動き始めています。
キャップアンドトレード方式がアメリカでは始まっています。

炭酸ガスの削減が、国益になると考えれば、動くのがアメリカの政治だと思います。
国益にならなければ、国際条約には批准しない国です。国際単位のメートルもキログラムも使わない国ですから。

ひとついえることは、地球環境の研究はアメリカが、一番進んでいるということです。
そして、地球環境に関しては世界最大の悪者ですが、それを自覚していることも事実です。

カナダとかオーストラリアは、一人当たりの炭酸ガスの発生量が、アメリカとほぼ同です。しかしこの2つの国は、まるで自然環境保全をしているような姿勢を見せています。

Q5万t-CO2の二酸化炭素ガスと同等の温室効果を有する亜酸化窒素ガスの質量

原子量を炭素12、窒素14、酸素16とし、亜酸化窒素ガスの地球温暖化係数を310とするとき、5万t-CO2の二酸化炭素ガスと同等の温室効果を有する亜酸化窒素ガスの質量を求めるにはどうしたらよいのでしょうか。
単純に、
5万t÷310=5,000/31 t
でいいのでしょうか。

Aベストアンサー

正確には不明・・・なんじゃないですかね

一番温暖化に影響あるのが水蒸気で水蒸気が12マイクロメートル以上の広範囲で吸収しているのに対して、二酸化炭素は15マイクロメートル付近
 亜酸化窒素ガスは又違いますし資料によってどのガスがどの波長を吸収しやすいか、書かれ方が微妙に違います
 

参考URL:http://www.geocities.jp/obkdshiroshige/ondanka/ondanka.htm


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報