初めての店舗開業を成功させよう>>

as often as not なのですが、辞書により頻度が異なって解釈しているように思えます。

例えば、
OALDでは、「=usually」 としている一方、
英辞郎では、「as often as not 大抵、しばしば◆100回のうち50回くらいの頻度で。50%くらいの確率で。」としています。
http://oald8.oxfordlearnersdictionaries.com/dict …
http://eow.alc.co.jp/search?q=as+often+as+not
(英辞郎で大抵と訳していながら、50%とする説明自体もおかしいと思いますが)

他の辞書ですと、最低50%以上としているものもあります。
Dictionary.com 「Fairly frequently, more than or at least half the time」
http://dictionary.reference.com/browse/more%20of …
Webliio  「(どちらかと言えば)しばしば, たびたび 《★頻度は少なくとも 50%ほどはという場合》」
http://ejje.weblio.jp/content/as+often+as+not

どの位が実際には正しいのでしょうか?

50%以上と言っても、それがusuallyにはそのままつながらないのが普通の感覚かと思うのですが、、、実際、「しばしば」「たびたび」をusuallyだとは思いませんよね?


他に調べたネット辞書をみてみますと、
Colllins 「quite frequently」
http://www.collinsdictionary.com/dictionary/engl …
Cambridge 「usually」
http://dictionary.cambridge.org/dictionary/briti …
goo辞書 「しばしば, たいてい ▼「半ば規則的に」ということ」
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej3/58712/m1u/a …
(「たいてい」なら、usuallyに近いと思いますが、「しばしば」ですと、週一回遅刻している人に対しても「彼はしばしば遅刻する」と言えると思うので一貫した訳になっていないかと。)

実際の使われ方としてはどのような感じなのでしょうか?

A 回答 (2件)

まず、似た表現のmore often than notから確認します。


ちょっと妙な表現ですが、

oftenである > oftenでない

ということですね。つまり、半分より上だといいたいのです。

as often as not

oftenである = oftenでない

ということになり、半々ぐらいだーーという意味なのですが、これは半分以上ということになります。

majorityという語があります。本当は半分以上という意味ですが、しかし、その意味もあるのですが、大多数という意味にもなっています。
このmajorityと同じような感じに使われているのが
as often as not/ more often than not
なのです。理屈にあわないかもしれませんが、majorityと同じように考えてください。

以上、ご参考になればと思います、
    • good
    • 0

quite usually , frequent


であれば、ニュアンスは、頻繁にです。

これにむりやり、しばしば、などの訳語
をあてたうえで、日本人は、50%以上
をしばしばとは思わない、と議論しても
はじまりません。


「頻繁」で50%以上とおぼえるのがよ
いと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qafter thatとand thenの違い

after thatは辞書でその後、それから
and thenは次に、それから
1、何か違いはあるのでしょうか?
2、after thatは文末にしか来ないのですか?
3、僕が見たのは(A),and then (B).なのですが文頭や文尾に来ますか?

Aベストアンサー

after that の that は名詞で、「そのこと」のように、文の前の部分ででてきた事象を指しています。ですから、何らかの事象が事前に述べられている必要があります。事象というのは、基本的に、何らかの行動です。I went to school. とかです。

and then は、「そして」、「それから」ということで、その前に、事象を述べる必要がありません。つまり、 I was sleepy, and then I went to bed. のようなつながりになることが出来ます。つまり、単なる事態状況の変化を意味する言い方です。

after that は、文末にも、文頭にもくることができます。
and then は、文末に来ることはまずありません。

Qturn out/turn offの違い

「turn off」と「turn out」は「(スイッチ)を消す」という意味があると思うのですが、その違いがわかりません。「消す」以外で意味が違うことは辞書などで理解しましたが、「明かりを消す」に「turn off」を使ったら、「不正解」とチェックされてしまいました。
どうか教えてください!

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

>「明かりを消す」に「turn off」を使ったら、「不正解」とチェックされてしまいました。

これを不正解するかどうかはその人の英語表現理解力と英語と言う言葉への理解のレベルによって変わってくるでしょう。

つまり、この表現はturn outと言う単語とまったく同じレベルで「明かりを消す」と言う意味になる、意味にならない、と言う事なのです。

言い方を変えると、この二つの表現で「明かりを消す」と言う意味だと断言するには両方とも弱い、と感じるのが私の意見なのです。

明かりを消す、と言う表現を二つの単語で表現するにはこれらではまず出来ない、と言う事なのです。

しかし、その意味で使われる時と状況がある、と言うことを重要視すれば使えるし使われている、と言うレベルなのです。 しかしこれをしないのであればこれらは「明かりを消す」と言う意味にはならないのです。 いろいろな意味を持つ、つまり、いろいろなフィーリングを出せる表現だと言う事なのです。

そのいろいろな意味を持たせないで明かりを消すと言うフィーリングで使う表現はlightと言う単語とoffないしoutを使うしかないのです。

ですから、
turn the light/lights off
turn off the light/lights
turn out the light/lights
shut off the lights
shut out the lights
cut off the lights
switch the light/lights off
時には
push the light off

そして命令式にLight off!!だけでも「明かりを消せ」と言う意味として使われるわけです。

時と状況と書きましたが、これは、明かりのことを言っていると分かっていると言うときと状況のことをさしています。 そして、「分かっているわけですから」代名詞を使って、turn it offと言う風にも使われますね。

そして、その「分かっている状況」が存在すればわざわざthe lightを持ってきて他動詞的な使い方をしなくてもturn offと言う表現は使えますが、turn outと言う表現は使いにくくなります。

ここに、副詞として使われているoffとoutのフィーリングが生きているわけでこの違いを知る必要が出てくるのです。

offはカットする(電流が届かないようにすると言う意味でturn off,switch off,push off、光が届かないと言う意味でshut off/sut off)で、outは外に出しておく、ない状態にしておく、と言う意味合いで使われているわけです。

ですから、一番使いやすいturn offでは明かりのスイッチをオフにすると言うフィーリングで使うわけです。 しかし、キャンドルやランタンや昔の枕火や灯篭などにはturn offと言う表現は使わないわけです。 turn outと言う表現の方がぴったりなのですね。 明かりを「なくす」と言うフィーリングなのです。 shut out the lightも同じ「なくす」のフィーリングがでてくるわけです。

スイッチと言うフィーリングが含まれているわけですから、turn off, switch offの反対のフィーリングを出すにはturn on, switch onと言う表現が使われるわけですね。

光を遮断して消すと言う意味合いで使われる、cut off, shut offのoffは切り離すと言うフィーリングのoffなので、cut on, shut onと言う表現をするわけにないかなくなるのですね。

そしてturn out, shut outではoutの反対の意味合いを持たせるinを使ってturn in, shut inと言う表現にはならないのですね。 なくすと言うフィーリングから「存在させる」と言うフィーリングの表現が必要となり、変化をさせる・変えると言う意味合いで使われたとするturnはスイッチがないところでは簡単には使えないことになってしまうわけです。 つまりこの組み合わせだけとして使われているわけでoff-on, out-inと言う副詞を変えれば意味を変えることが出来ると言うわけではなくなってしまうわけです。 ですから、ここでturnを変化させる・変えると言う意味合いで使われていると言う解釈は使えないと言うことなのですね。

さぁ、どうですか? turn offは不正解とした人や文法書はどれだけ正しいと思いますか? 私ですか? もちろん正解としますよ。 今の電気の時代で明かりを消すと言う事は電流(のスイッチ)をonにするかoffにするかで明かりをつけるのか明かりを消すのかをするわけですからね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

>「明かりを消す」に「turn off」を使ったら、「不正解」とチェックされてしまいました。

これを不正解するかどうかはその人の英語表現理解力と英語と言う言葉への理解のレベルによって変わってくるでしょう。

つまり、この表現はturn outと言う単語とまったく同じレベルで「明かりを消す」と言う意味になる、意味にならない、と言う事なのです。

言い方を変えると、この二つの表現で「明かりを消す」と言う意味だと断言するには...続きを読む

Qjoinとjoin in

他動詞としてのjoinと自動詞としてのjoin(join in~でつかうもの)の使い分けがいまいちつかめません。なにか目安となる考え方はないでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

OXFORD現代英英辞典には次のように記されています。

join : to become a member of a group
join in :to take part in an activity with other people

ですから、基本的には join は「一員として集団に加わる」で、join in は「活動に参加して協力する」の意味になります。例を挙げますと、

join a club
join a company
join a group
join a team
join a labor union
join an army

join in club activities
join in talking politics
join in the joke
join in a folk dance
join in a contest

ですが、これも厳密に分けることは難しいですから、次のようなものはどちらも可能になります。join in の方が「協力して活動する」のニュアンスが濃くなりますね。

join (in) the celebrations
join (in) the discusssion
join (in) a conversation

最後に参考になるページを挙げておきますので、ご参考に。

http://eow.alc.co.jp/join/UTF-8/
http://eow.alc.co.jp/join+in/UTF-8/

こんばんは。

OXFORD現代英英辞典には次のように記されています。

join : to become a member of a group
join in :to take part in an activity with other people

ですから、基本的には join は「一員として集団に加わる」で、join in は「活動に参加して協力する」の意味になります。例を挙げますと、

join a club
join a company
join a group
join a team
join a labor union
join an army

join in club activities
join in talking politics
join in the joke
join in a folk dan...続きを読む

Qas is(was) ... は文法的にどう解釈すればよいのでしょうか?

例を挙げると、英辞郎に、

As is often the case with victims, she doesn't want ....
被害者にはよくあることだが...
As was pointed out at the time, he was no longer ....
すでに指摘されたように...

などの例文がありますが、
この最初の "as is(was)" を文法的にどう解釈するのか分かりません。

as が 主語なのでしょうか?
それとも何らかの主語が省略された表現なのでしょうか?

英検3級止まりの英語力でも分かるように説明していただけたら助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) Do in Rome as Romans do.
ローマ人がするようにローマでは振舞え(郷に入りては郷に従え)
(2) As she said, the river was full of trout.
彼女が言ったように川は鱒であふれていた。
(3) Associate with such a one as you can look up to.
尊敬できるような人と付き合え
(4) As is often the case with victims, she doen't want...
被害者によくあるように(ことだが)彼女は…したがらない

as にはいくつかの意味があります。そのうち「ように、ような」で訳せるもののいくつかの例ですが、(1)(2)は接続詞、(3)(4)は関係代名詞と「されています」。

また(1)(3)は as の後ろから「~ように、~ような」ととり、(2)(4)は主節の内容を受けています。

(2)「彼女が言ったこと」→「川が鱒であふれていたこと」
(4)「被害者によくあること」→「…したがらないこと」

これらの用法の as は

・自分自身(asの導く節)が「~ように、ような」
・相手(主節)の内容を指して「そのように、そのような」

という働きをもち、いずれも中核にあるのは「同じように(な)」というイメージです。

ここからは「文法のための文法」です。

「接続詞」とされるもの
(1) Do in Rome as Romans do.
ローマ人がするようにローマでは振舞え(郷に入りては郷に従え)
(2) As she said, the river was full of trout.
彼女が言ったように川は鱒であふれていた。
では as 節の動詞 do, say はこれだけで用が足りる動詞(つまり自動詞)と辞書で定義されています。つまり完全な文を率いているので「接続詞」であってもいいのです。これはどういうことかと言えば、

「関係代名詞」とされるもの
(3) Associate with such a one as you can look up to.
尊敬できるような人と付き合え
(4) As is often the case with victims, she doen't want...
被害者によくあるように(ことだが)彼女は…したがらない
においては as 節の動詞 look up to は「他動詞」とされており目的語をとらなければなりません。is には主語がありません。このままでは不完全な文になりますから、as を関係代名詞ということにするのです。

関係代名詞は「文をつなぐ働き」と「主語、目的語、補語」の働きを兼ね備えたものです。

This is the man whom I saw.
whom は文をつなぎ、また saw の目的語になっています。
This is the man who spoke to me.
who は文をつなぎ、また spoke の主語になっています。

まとめれば、働きやイメージは同じか似通っていますが、あくまで文法的観点からは別の品詞と扱われているのです。

なお、#3でおっしゃっているように、様態というより注釈的な使い方ではコンマを使い主節と区切るのが一般的です。

(1) Do in Rome as Romans do.
ローマ人がするようにローマでは振舞え(郷に入りては郷に従え)
(2) As she said, the river was full of trout.
彼女が言ったように川は鱒であふれていた。
(3) Associate with such a one as you can look up to.
尊敬できるような人と付き合え
(4) As is often the case with victims, she doen't want...
被害者によくあるように(ことだが)彼女は…したがらない

as にはいくつかの意味があります。そのうち「ように、ような」で訳せるもののいくつかの例ですが、(...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報