昨年知り合いの方が亡くなり、遺言によってその方の面倒をずっと同居して見てこられた次男の方が土地と建物を相続することになったそうですが、その方は末っ子のため他の兄弟が慰留分を請求するといってきているそうです。(まだ実際には請求はきていません。)ところがそれより先に、裁判所より、建物に関して担保等に当てないようにとの仮処分の通知がきたそうです。知り合いの方が亡くなったのは昨年の4月、遺言を開示したのが8月。仮処分の通知がきたのが12月だそうですが、この場合、現時点でその兄弟たちには慰留分の請求をする権利があるのでしょうか。あるとするとそれはいつまであるのでしょうか。またその仮処分にはどの程度の権限があるのでしょうか。
法律に関してはまったくの素人ですので、まとまらない文章で申し訳ありません。宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

処分 本」に関するQ&A: 本の処分

A 回答 (4件)

>そこで法律の詳しい人に相談したところ、向こうから裁判をかけてくるま


>でほおっておけと言われたそうです。tk-kubotaさんの回答を拝
>見させていただくと、ほおっておいてはいけないのではないかとかんじま
>したが、やはり、起訴命令申請をして、裁判をした方がよいのでしょか。
>そしてその場合、裁判の費用はどちらが持つものなのでしょうか。


仮処分の通知を受けて、そのまま放置していて一向に差し支えありません。でも半年以上になるのですよネ 普通は遅くとも1から2ヶ月以内にきますが、この場合一寸おかしいですヨ
ですから起訴命令の申請をしても本裁判を起こしてこないことも考えられます。起こしてきたとしても貴方の勝訴となるかも知れません。仮処分債権者も保証金を積んでいますので、それもそのままにしていること自体がおかしなことですから。
次に費用の点ですが、起訴命令申請は無料です、でも司法書士などに書いてもらえばその手数料は必要ですが僅かです。本裁判にかかる費用は仮処分債権者が出します。ただし結果的に貴方が負ければ、その分を支払うようになります。当然勝てば出さなくて結構です。これらは訴訟費用ですが弁護士費用は訴訟費用に入っていません。弁護士に依頼したなら依頼した方が負担します。結果的に勝っても負けても弁護士費用は依頼した方の負担です。
まず司法書士に起訴命令申請を書いてもらい本裁判をやってきたなら弁護士に依頼してはいかがでしよう。数万円以内で終わりになりそうな気もします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この度は貴重なご返答をいくつもいただき、本当にありがとうございました。tk-kubotaさんのご意見を伝えましたところ、とてもよくわかりましたとのことです。いつまでもそのままにしておいて解決がつくものでもなく、また、日々重い空気の中で生活しているのにも耐えがたく、tk-kubotaさんのご返答により、やっと重い腰をあげたようです。病気の父を全面に支えてきた知人の気持ちを察すると同情の念にかられますが、法律には逆らえないこと、法律の前には全て無情であることを、私も痛感いたしました。
お礼が遅くなり、申し訳ありません。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/06/22 22:41

>一定期日以内に本訴を提起するよう催促する「起訴命令申請」についてで


>すが、一定期間とは具体的にどのくらいの期間なのでしょうか。

仮処分は本裁判に先だって債務者の意見を聞かないままで決定するのが原則です。ですから債務者としてはたまりません。そこで、債務者はその仮処分に対して「異議申立」をするか又は「本裁判はなんだ訴えるなら早くしろ」と本裁判を早くするよう催促することができます。その申請のことを「起訴命令申請」といい裁判所に申請します。裁判所が受理すれば債権者に「○○までに本裁判をやりなさい。」と通知します。「その○○までに」とはその通知を受け取って2から4週間です。その日までに本裁判をしてこなければ仮処分を取り消すよう申請すれば取消となります。

>次に、仮処分をそのままほおっておいた場合、強制執行という形がとられ
>ると聞きましたが、実際そんなことも行われるのでしょうか。

仮処分をそのままほおっておいて強制執行は絶対ありません。ただし、仮処分のあとに来る本裁判をそのままほうっておけば欠席判決で敗訴となり、続いて強制執行となり得ます。貴方の場合は、現在どこまで進んでいるのでしようか。その進行状況によって手の打ちようが変わってきます。

この回答への補足

補足の質問にご回答くださりありがとうございます。
知り合いの方は、あまりに頭に来て、遺留分減殺請求書がきていたのですがほおっておいたので、仮処分の決定がきたそうです。そこで法律の詳しい人に相談したところ、向こうから裁判をかけてくるまでほおっておけと言われたそうです。tk-kubotaさんの回答を拝見させていただくと、ほおっておいてはいけないのではないかとかんじましたが、やはり、起訴命令申請をして、裁判をした方がよいのでしょうか。そしてその場合、裁判の費用はどちらが持つものなのでしょうか。
再度の質問で、本当に申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。

補足日時:2001/06/02 23:23
    • good
    • 0

その方の亡くなったあとに仮処分が来たわけですから、仮処分債権者の相手は法定相続人全員を相手としているに違い有りません。

ですから、遺留分をどうするかと云うことよりも、その仮処分をどのようにするかを先に考えなければなりません。
その仮処分には「当事者目録」と云って債権者と債務者の名前が記載されていますから債務者(相手方、被申立人等のこともあります)全員の名で「起訴命令申請」をして下さい。これは一定期日以内に「本訴」を提起するよう催促するもので、これをしなかったら仮処分は取り消すことができます。本訴が来たなら、その内容によって争い、決着をつけてから今度は兄弟が話し合うなり訴訟で遺留分等決着することになります。
 

この回答への補足

さっそくご回答いただきありがとうございました。教えていただいたなかで、更に補足で質問です。
まず、一定期日以内に本訴を提起するよう催促する「起訴命令申請」についてですが、一定期間とは具体的にどのくらいの期間なのでしょうか。
次に、仮処分をそのままほおっておいた場合、強制執行という形がとられると聞きましたが、実際そんなことも行われるのでしょうか。
宜しくお願いします。

補足日時:2001/06/01 23:27
    • good
    • 0

 他の兄弟の持っているこのような権利を「遺留分減殺請求権」といって、民法1042条に規定されています。

それによりますと、「遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があつたことを知つた時から」1年間、または、「相続の開始」から10年、どちらかが経過すれば、時効により消滅します。この場合は、今年の8月と思います。
「仮処分」は裁判所から法務局へ直接嘱託されて登記されますので、以後、物件について、権利の移転、設定が事実上できなくなります(登記できなければ、第三者に主張できません)。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q即時抗告の審理はどこがするの?

民事訴訟法上「即時抗告ができる」と規定のある決定については即時抗告できると理解しているのですが、高裁の決定に対して即時抗告すると、どこが審理するのでしょう?同じ高裁の合議審が審理するのですか?それとも最高裁が審理するのですか?
教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>申立てる先によって、一回しか見てもらえないということになってしまいますよね。

 それは審級制度の問題ですから、法解釈論としてはやむを得ません。最高裁判所の負担軽減の要請と、違憲立法審査権を有する終審の裁判所としての役割、法令の最終的な公権的解釈を図る法律審としての役割に鑑み、民事訴訟法は最高裁判所に対する抗告は、特別抗告と許可抗告に制限しているのです。ちなみに、旧法では特別抗告しか認められませんでしたが、決定、命令に関する判例の統一の必要性から(特に民事執行法、民事保全法において)、新法では許可抗告制度が導入されました。

Q根抵当権と処分禁止仮処分(建物収去請求権保全) 2

(1)根抵当権の設定
(2)処分禁止仮処分(建物収去請求権保全)
と順番に付いた不動産物件を(1)の抵当権者が競売にかけることを
(2)を付けた人が阻止することは出来ないのでしょうか?

(1)の関係者が競売で落として名義変更時に抵当権も一緒に付ける
そして裁判がある程度進むとまた競売
を繰り返されており裁判が進まずに困っております。

Aベストアンサー

拝読しましたが、「その後土地明渡の裁判をしていたのです。」と言うことで「ある程度進んだ頃に競売をされ所有者がBからAに移り名義変更と一緒にCという会社の抵当権が付けてあり・・・」といいますが、akiradayonさんとして、何故、その建物収去土地明渡の訴訟でBからAに訴訟の引き受けの手続きをしないのですか ?
それをすれば、AはBから訴訟を承継するので、抵当権が設定されようと全く関係ないことです。
抵当権があっても、勝訴すれば抵当権は無視され、取り壊しの強制執行はできます。
私は「(1)根抵当権の設定(2)処分禁止仮処分(建物収去請求権保全)」と言うので、土地に抵当権があり、その土地所有者が(2)を阻止したところで、土地の抵当権実行では無意味なので、「何を考えているの ?」と思っていました。
「お礼欄」のようであれば、抵当権があろうと全く関係ないし、元々、土地所有者が処分禁止仮処分などの必要ないです。(してもかまいませんが)
再度言いますが、本件の場合、建物に抵当権があろうとなかろうと関係ないです。
弁護士ならば、ツーカーで簡単な案件です。

Q即時抗告について

審判が告知され、私は元夫に対して支払いという審判が告知されました。納得が出来ないので相手に支払いをしたくありません。私は即時抗告をしました。即時抗告をすることによってどんなことがあるでしょうか?また審理を1からやり直すでしょうか?どれぐらい時間を要しますか?私の場合は即時抗告をして審判で告知された内容履返すことは可能でしょうか?お金を支払わないで済む方法はないでしょうか?教えてください。
(これまでの経緯は私の以前の質問をご覧ください)

Aベストアンサー

以前の経緯は私にはわかりませんが、一般的に即時抗告についてお話しますと、
即時抗告とは不服の申立の1つです。
ですから、抗告権者が、何をどのようにしてほしいか具体的に記載する必要があります。
例えば「原審判を取消し、更に相当な裁判を求める。」と言うようなことが一般的ですが、
勿論のことその理由が必要です。
理由がなければ原審却下です。(実務では、ほとんどがそのようです。)
ですから、ほとんどの場合は、1週間以内で結論はあります。
覆す決定は期待薄と言っていいと思います。
従って「お金を支払わないで済む方法はないでしょうか?」は、その方法はほとんどないと言っていいと思います。

Q建物の滅失 処分禁止の仮処分

建物の滅失登記をする際、処分禁止の仮処分の登記がある場合、何か留意する点はあるのでしょうか?自力で調べてみましたがよく解りません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ウィキペディアで、処分禁止の仮処分の意味を調べると
自分の所有する不動産の登記が他人名義になっているため、抹消登記を求める訴訟を提起
する場合に、相手方(債務者)が訴訟係属中に第三者に登記を移転してしまわないようにす
るなど、登記請求権を保全するために不動産の処分を禁止するための仮処分。この仮処分
命令がされると、登記簿に処分禁止の登記がされる(53条1項)。もし処分禁止の登記の後
に債務者から第三者に登記が移転されても、債権者が後日、本案訴訟で勝訴した場合は、
第三者への移転登記を抹消することができる(58条2項、不動産登記法111条)。と紹介され
ています。

 質問者は、質問内容に「建物の滅失登記をする際」と書いていますので、すでに建物は
滅失しており、質問者が当該建物の所有権名義人であることを前提にお答えします。

 建物滅失登記は、「滅失した建物を滅失した」と申請するのがその登記の目的です。
よって、それは事実の登記であって、その旨の登記を行うことは違法ではなく、むしろ滅失
しているにもかかわらずその旨の登記を行わないことの方が違法です。

 ただ問題は、処分禁止の仮処分がなされた建物を滅失したという事です。滅失登記申請を
行った事ではなく、取り毀しを行った行為が問題だと思います。本案訴訟で原告が勝訴すれ
ば、被告である登記名義人は当時所有者でなかったことになるのではないかと思います。
さすれば、他人の物を取り毀したことになり、不法行為による損害賠償はもちろんのこと、
器物損壊罪の罪さえ問われることになりはしないかと思います。

 ここら辺は、民事と刑事との境界線ですので弁護士の判断を仰いで下さい。

 ウィキペディアで、処分禁止の仮処分の意味を調べると
自分の所有する不動産の登記が他人名義になっているため、抹消登記を求める訴訟を提起
する場合に、相手方(債務者)が訴訟係属中に第三者に登記を移転してしまわないようにす
るなど、登記請求権を保全するために不動産の処分を禁止するための仮処分。この仮処分
命令がされると、登記簿に処分禁止の登記がされる(53条1項)。もし処分禁止の登記の後
に債務者から第三者に登記が移転されても、債権者が後日、本案訴訟で勝訴した場合は、
第三者への移転登...続きを読む

Q即時抗告から決定までについて

昨日、高裁から即時抗告の結果が郵送で来ました。
昨年12月に家裁にて子供の監護者決定となったのですが、相手に即時抗告されていたようです。
そこで質問なのですが、即時抗告した際に抗告された相手にもその旨の通知等はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

 即時抗告には,控訴の手続きが準用されます(民訴331条)。
このため,抗告をした場合も,相手方のある内容であれば,抗告状を相手方に送達する必要があると考えられます(民訴289条1項)。

 もっとも,何に対して即時抗告をしたかにもよりますね。
 

Q仮処分権利者が遅れる登記を単独抹消するときについて質問です。 1 所有権移転 A 2 処分禁止仮処

仮処分権利者が遅れる登記を単独抹消するときについて質問です。

1 所有権移転 A
2 処分禁止仮処分 B
3 抵当権設定 C
4 抵当権設定 D
5 所有権移転 E

この時、勝訴判決によりBがAの所有権を移転するときに、Bは遅れる登記のC,D,Eを単独抹消できるかと思います。
その際、これらの抹消登記は一括申請できるのでしょうか?
詳しい方、ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一括申請はできません。登記の目的、当事者が違うからです。

Q忌避申立の簡易却下と即時抗告

(1)忌避申立が簡易却下されると裁判手続停止効がないというのが判例の立場ですが、簡易却下に対して即時抗告はできますか?
(2)即時抗告できるとして裁判手続停止効は生じますか?
(3)即時抗告の却下又は棄却に対して再抗告、特別抗告又は許可抗告をした場合に裁判手続停止効は生じますか?

Aベストアンサー

(1)即時抗告はできます。(民事訴訟法25条5項)
(2)即時抗告は執行停止の効力があるので(民事訴訟法334条)理論的には止まるわけですが、実務では、さっさと続行しています。(実務経験上)
(3)即時抗告以外の抗告は執行停止の効力はないです。(同法同条)

Q不動産の仮差押と処分禁止の仮処分の費用の違い

債務者の不動産に抵当権を設定する契約書を交わしたのですが、実行してくれません。そこで、「処分禁止の仮処分」を申請して抵当権を設定するか、「仮差押」を申請(並行して支払い督促を予定)するか迷っています。
「仮差押」の場合は、差押さえ、競売によって、供託金は返ってきますが、「仮処分」の供託金は返ってこないようなので(この理解で正しいですか)。詳しい方、この費用の違いについてご教示ください。

Aベストアンサー

誤り
抵当権設定登記請求訴訟を起こし、勝訴すれば、担保の事由が消滅したので、担保取り消しの申し立てをし、供託金を取り戻すことができる。
民事保全法4-2
民事訴訟法79-1

Q袴田事件再審 静岡地検が即時抗告

この期におよんでさらに抗告

ばかじゃないでしょうか 日本の検察は

この展開で袴田氏が死刑になるわけがない

時間をのばして担当者がみんな死んでいる、

という状況にしたいのが検察でしょうか

---------------
袴田事件再審 静岡地検が即時抗告
産経新聞 3月31日(月)17時0分配信

昭和41年に静岡県清水市(現静岡市清水区)で一家4人を殺害したとして強盗殺人罪などで死刑が確定した袴田巌さん(78)に対する静岡地裁の再審開始決定について、静岡地検は31日、決定を不服として即時抗告を申し立てた。東京高裁の即時抗告審であらためて再審開始の可否が審理されることになる。

Aベストアンサー

面子が潰れるのは避けたい

例え避けられなくとも、自分が人事異動で他の地検に移るまでは先延ばしにしたい

Q亡くなる直前の遺言書と贈与契約書について

父がガンで入院中ですが、余命数週間といわれています。意識はまだしっかりしています。相続人は、後妻(現在の妻)、後妻の子(私)、先妻(没)、先妻の子3人で、合計5名です。

 財産は、家とその土地(500万円程度)、預貯金100万円程度で、少ないですが(相続税はかからない)、父の意思は先妻の子3人には財産をやりたくないとのことで、(1)公正証書の遺言(全部母へ)、もしくは、(2)贈与契約書(公正証書-全部母へ)を作成しようと考えています。借金、連帯保証は無いとは思うのですが、もしかするとあるかもしれません。

 この場合、(1)と(2)では、法的な効果は変わってくるのでしょうか。借金がない場合は同じでも、ある場合は、贈与にしておく方が安全かとも考えています。効果が同じであれば、時間もないので、早く完了する方がいいです(さっそく公証人役場へお願いしようと考えています)。

アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

余命数週間なんですよね・・・

お父様がお亡くなりになった場合、お亡くなりになる前3年間にお父様から相続人に贈与された財産は、全て『遺産』とみなされます。  (すなわち相続税を減らすため事前に財産を贈与によって減らしておきたいならば、死ぬ3年以上前にやらなければいけません。)

今回お母様に贈与しても、余命数週間ということなら全てお父様の遺産とみなされます。公正証書遺言で全部お母様としておいた方がいいでしょう。

なお遺言書で全てお母様に相続させるにしても、法定相続人の子供には遺留分があります。子供が質問者さんをいれて4人ですので、先妻の子1人につき、1/16(法定相続分の1/8の半分)の遺産を請求できる権利があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報