中小企業の働き方改革をサポート>>

アクセス初心者です。
もともと、誰かが作成した金額計算のフォームの消費税の部分で悩んでます。

消費税が5%から8%に上がるので、今まで入っている顧客データの金額はそのままで、
チェックボックスを作って、チェックを入れたら8%で、チェックが入ってない、今までのデータは5%のままにしたいのですが、チェックボックスをデザインビューで作成しても、形だけで、チェックの意味付けのやり方が分かりません。

VBAとか、入れるのかも知れませんが、どこをクリックして何を入力すれば良いのかも分かりません。
全くの初心者なので、チェックボックス以外のやり方も思いつかず、お手上げです。

クエリに何か式を入れるのかもと思っても、何をどう入れたら良いのかも分かりません。

詳しい方、教えていただけませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「顧客データの金額」をどのようにデータとして持っていて、金額計算フォームを使ってどのように「顧客データの金額」を計算しているかによって対応方法が変わってきます。




・データテーブルの構成、クエリの構成やフォームの構成がどのようになっているのか

・「顧客データの金額」は、税込み金額のみをデータとして持っているのか、税抜き金額と税込み金額を両方データとして持っているか。

・金額計算のフォームで、税抜き金額と税率から税込み金額を計算するのか。


金額計算のフォームにチェックボックスを追加したとのことですが、
チェックボックスのON/OFFで税率の切り替えを行って、「顧客データの金額」の表示を切り替えるだけなのであれば、下記の例で確認ができると思います。


・金額計算のフォーム上にテキストボックス(非連結)を追加で貼り付けする。
 テキストボックスのラベルは仮に「税込み金額」とでも設定する。

・「税込み金額」テキストボックスのプロパティで、コントロールソースに下記のような計算式(税込み金額の計算式)を入力する。

=[税抜き金額]*IIf([チェックボックス].Value,1.08,1.05))


詳細な情報が不足しているため、踏み込んで具体的な案を示すことが困難ですが、多少なりとも
ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング