5/27 回答が連続投稿される不具合が発生しております

私はまだ子供で11歳なのですが、死ぬのがとても怖いです。

ネットで色々調べてるのですが、ネットを見ると死んだ後は無だそうです。

寝てる時のように、何も感じることもなく、自分が眠っているとも感じず、ただ無らしいです。

私はその無が怖くてしかたありません。

何も感じれないのが怖いです。楽しめないのがいやです。喜べないのがいやです。悲しめないのがいやです。家族や友達と楽しく喋ることができないのがいやです。

また生まれ変わりたいんです。生まれ変われなくても、また死後の世界に行きたいです。(アニメのABのような)
また家族や友達と出会いたいです。

とてつもなく怖くて、考えると泣きそうです。どうしたらいいですか。
死はまだまだ先です。時間が空いている時でいいので回答お願いします。

A 回答 (15件中1~10件)

他の方が言っているように死んだらどうなるかは誰も知りません。

マンガで見るような雲の上の世界かもしれないしちがうかもしれません。しかし、「死にかけた」人はいます。大きなけがや、病気で生死の境をさまよった人もいます。私が聞いた話によると、三途の川が見えたそうです。とてもきれいな川だそうです。近づこうとしたそうですが、近寄れなかったそうです。きっとまだ生きられるからかもしれません。
でも、この話もあくまで「伝聞」です。私が実際に見たわけではないので確証はありません。
一番いいのは、何も考えないことです。
死後を考えるより、今や未来の楽しいことを考えた方が何倍も楽しいでしょう。
なので死後を考える必要はないのです。
今を生きましょう!
    • good
    • 0

自分の感情が パッ ときえてしまうって怖いですよね・・・。


その瞬間今まで培ってきたものがすべて無になるし
私も正直メッッチャ怖いです(笑)
だけど その培ってきたものが消えるっていうのは
自分の中の事だけです。
周りの家族や友達の心の中には残ります。
もしかしたら 語り継がれるかもしれません(笑)
それはなくても
この世にいい意味でも悪い意味でも
「私」ってものが残るように
今を生きてます。

生まれ変わることができないから
一度きりの人生を
楽しむべきだと思います。
    • good
    • 0

死んだ後のことを話してくれる人はいないので、本当のことはわかりません。


ichgosakiさんは、色々調べたんですね^^
その結果死ぬことは「無」だったんですね。

色々な死ぬことのあり方があっていいと思います。
宗教によっても考え方が違います。

ichgosakiさんの思う「死ぬこと」でいいと思います。

また生まれ変われる。死後の世界に行ける。また家族や友達と会えるって思っていていいとおもう。

私も生まれ変わったらまた、今のお父さんとお母さんとお姉ちゃんがいいなって思うし、今の旦那さんがいいなって思います。

死ぬことって怖いけど、いつかは、大切なお父さんやお母さんにも友達にも訪れることだから、その人たちも無になったんだ~って思うよりまた会おうね!!って思ったほうが悲しみが減る気がします。

いつ誰に死が訪れるかわからないので、いやな気持ちでお別れがこないようにケンカしても仲直りしてから、また明日ね~って言いたいなって思っています。

たくさん悩んだり、考えたりすることはとてもいいことだと思います。
友達とも色々話してみてはどうですか?
    • good
    • 0

私と全く同じです。



私も、中学生の時からその「無」が怖くて怖くて、

夜寝てる時にたまに目が突然覚めて、恐怖が襲い、

飛び起きる時もあるくらいで重症です。

私はもう47ですが、今でもそうで、年を取ってくると

死が近くなるのでひどくなっています。

あまり、なぐさめにはならないですが、私はその恐怖

から逃れられるのは死ぬ時だと思っています。

その時は、痛くも痒くも暑くも寒くもなくなるのですから、

それまで楽しく生きていくしかないです。
    • good
    • 0

僕も同じくらいの年の時に同じことを考えて泣いていました。

死んだらどこに行くんだろう。無ってなんだろう。ずっと生きていたいって。でも、いつか必ず人は死ぬものだし、永遠の命っていうのもつらいものだと思います。それに、大人になるにつれて楽しいことが増えていきます。その楽しいことが楽しすぎて、僕は「死んだらどうなる」っていうこと自体を忘れてしまうぐらいでした(笑)

まあ、夜どうしても眠れないのなら、これから君を待ってる未来を考えていればいいでしょう。そんなことで泣かないで!これからもっと楽しいよ!
    • good
    • 0

死んだ後は、無ではありません。


体に宿っている魂というか霊が抜け出して、本来の世界である「あの世」に戻っていくだけです。
記憶も、意識も無くなりませんし、周囲の人たちも見えるし、彼らの会話も聞こえます。そして、生きている人たちの考えていることも分かるようになります。

でも、生きている人からは、自分の体は見えなくなりますし、自分の声も相手に聞こえません。相手の体に触っても、その手は、相手の体をすり抜けるだけとなります。
ただ、一部の霊能者は、死んだ人の姿を見ることができ、声を聞くことも可能です。

そして、あの世に戻れば、先に死んだ人たちやペットに会うこともあります。そして、次に生まれ変わるまで、あの世で生活します。(トイレも不要、食事も睡眠も不要な、便利な生活となります)

まあ、こういう生まれ変わりのシステムが有ると分かっていても、死んでしまえば、生きている人たちとは、しばしのお別れになるのは事実ですし、生きている人が、先に死んだ人に会えるのは、自分が死んだ後ですから、寂しいのは仕方ないことです。親友が遠くに引っ越すとき、その地で生きているとしても、別れは悲しいわけですからね。


そして、怖がろうが、泣きたくなろうが、誰もがいつかは死をむかえます。でも、生まれ変わりの仕組みが分かれば、そして、信じることができれば、もう怖くなくなると思います。
ただ、その人が、ホントにそのことが分かるのが、1ヶ月後か、1年後か、20年後か?それは分かりません。

例えば、鉄棒の逆上がりのやり方は、先生から教えてもらえます。でも、実際にそれができるのは、いくらか練習した後になりますし、中には、逆上がりができないままの生徒もいるかもしれません。
それと同じで、このことは、一種の悟りであり、大自然の中で、夕暮れの空を見ているときとか、日の出を見ているとき、ふと分かるようなものかもしれません。
そして、このことが分からずに死んでいっている方も多いことでしょう。

私たちは、この世でいろんなことを学ぶために、そして楽しむために生まれてきています。その目的を達成して、元いた世界に戻ってゆくのです。その魂は永遠の命を持っているのです。
怖がることは何もありません。
    • good
    • 0

例えば、知らないことをやる前は怖いモノです



それは、経験していないからです


人は経験から知識を得て、自分のモノにします


その知識から、やったことのないことでも、想像や想定ができるようになります

そのことで、不安を消したり準備ができるようになります


さて、死ですが

それは最後に経験するもので、その後のモノにはなりません


ですから、後悔のないように今を生きることをしましょう

今生で、たくさんのことを経験して、自分を成長させていくとにワクワクしてください
    • good
    • 0

私も永遠の命がほしいです。

善人は永遠に生きられるそうです。
    • good
    • 0

53歳 男性



命あるものは必ずいつか死にます

特別な事をしたら免除される

そんな事もありません

それなら死は皆平等にいつかやってきます

それならその時が来るまで、楽しいことやりたい事、行きたい所

食べたい物等々自分がしたい事をやっていきましょ

そしていつかその時が来たら良い人生だったと思える様に
    • good
    • 0

生老病死は誰も避けることは出来ません。


生まれた限り必ず死は訪れます。
因果応報と言ってこの世で悪いことを重ねると
来世は三悪趣に落ち
良いことを重ねると三善趣に生まれ変われると
言われてます。
決しいて無になるわけではありません。

しかし、人間て無知なものです。
貴方がこれが良いことだ、正しい行いだと
信じて行動したことが本当に正しいのか
どうか解りません。
貴方が正しい、良いと思って行ったことは
本当は悪い行為かもしれません。
だから独善的にならず謙虚に過ごし
自分自身に恥じるような行為をせず
阿弥陀仏に救いを求めると罪は許され
来世は必ず極楽浄土という素晴らしい
世界に導いていただけます。
私はそう信じてますので死に絶望感を持ちません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング