こんにちは。
現在父が持っている住宅地を贈与してもらい、
現在自分が持っている(贈与後7年ぐらい経過)土地と
合筆して一筆にした場合、税法上どうなるのでしょうか?
住宅の3000万円控除は使えるのでしょうか?
全部の地目を宅地にした場合と、
その他(雑種地など)にした場合の両方が知りたいのですが。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

居住用不動産の譲渡所得の特別控除は、


1.自己の居住の用に供している家屋
2.(1)とともに譲渡したその敷地の用に供されている土地
ということで、家屋が主体です。

土地と家屋の所有者が異なる場合は、原則適用不可ですが
親子でその家屋に居住しているような場合は、所有者が異なっていても
大丈夫でしょう。

一番すっきりするのは、土地と家屋の贈与をうけてから
居住の用に供した後譲渡することですが、贈与税の負担と譲渡税の
軽減と比較する必要があります。

地目の変更あるいは合筆は必ずしも必要ないでしょうが
家屋の敷地として社会通念上認められるものである必要があります。

勝手解釈は火傷のもとですので、当局にお尋ねになるのが最良と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご指名してご迷惑でしたら申し訳ありません。

短期間ではあっても、贈与後に居住すれば可能性は残されているのですね.
上記のアドバイスを踏まえながら、
当局に問い合わせてみます.

何度もお答え頂きまして、ありがとうございました.
また何かありましたら、
よろしくお教え頂けますよう、お願いいいたします。

お礼日時:2001/06/16 21:14

親から子への住宅取得資金の贈与の特例


今年から550万円になりました。
これは居住用家屋の取得資金ですから
更地の取得は、基礎控除110万円のみです。
金額が分かりませんが、かなりの負担になるでしょう。

住宅を建築して自己の居住の用に供した後であれば
第三者に売却した場合、譲渡所得の3000万円控除は
適用になるでしょう。


いずれにしても、合筆の必要は無いと思います。

この回答への補足

レス、ありがとうございます.

何せ、田舎の土地なので、
面積の割には価格が安く、住宅地の部分は3000万円控除を使っても、
まだまだ余裕があります.
反面、現在自分名義になっている雑種地は、
時価がはっきりしなかった(贈与してもらった当時)ため、
取得価格を路線価にして贈与してもらったもので、
実勢価格とはかなりの乖離があります。
第三者へ譲渡した場合は、ほぼ全てが課税対象となって、
贈与の場合の所有年数の通年により長期譲渡所得の控除しか使えないので、
合筆すれば、3000万円控除の余裕のある部分を、
雑種地の控除分として活用できないかと思いました.

現在、その住宅地には、昔居住していた建物があるので、
そこに父の名義のまま居住して、
土地のみ贈与してもらった場合はどうなのでしょう?

もし、ご存知でしたらお教え頂けないでしょうか?

補足日時:2001/06/11 08:53
    • good
    • 0

合筆に関してですが、用途によっては不要です。

接道については、別々の土地でも(一筆でなくても)一体として敷地が利用可能であれば、建物は建築できますよ。
また、固定資産税の面で、一筆に合筆して地目を「宅地」にすると、通路部分や雑種地があっても全体が宅地として評価されると思いますので、利用計画を考慮して検討すべきと思います。

この回答への補足

遅くなってすみません。

この場合の合筆は、
もし、3000万円の居住用住宅に関する課税控除で使えるなら、
その方が有利なので、
お伺いした次第です。

もし、ご存知でしたらこの点についてもお教え下さい。

補足日時:2001/06/07 05:37
    • good
    • 0

贈与税と所得税の質問が一緒になっていると思いますが、



1.父からの住宅地の贈与
 これは贈与税が課税されます。
 
2.住宅の3000万円控除
 これは、居住用不動産の譲渡所得の特別控除(所得税) のことでしたら、親から子への譲渡ですから適用なし

3.地目の質問
 これは固定資産税の問題でしょうか?

いずれにしても、質問が漠然としています。
 

この回答への補足

レスを頂きましてありがとうございます。

説明がつたなかったようなので、
改めて補足させてください。

>現在父が持っている住宅地を贈与してもらい、
ここで、居住用の不動産を取得するための贈与の制度
(一生に一回、300万円まで、というのがあったと記憶してますが
路線価と、時価の乖離が著しいので有利か、と思うんですが)
を利用したいと思ってます。

>現在自分が持っている(贈与後7年ぐらい経過)土地と
>合筆して一筆にした場合、税法上どうなるのでしょうか?
>住宅の3000万円控除は使えるのでしょうか?
これは、贈与の後(もちろんしばらく居住したのち)、
親子以外の第三者への売却を考えています。

>全部の地目を宅地にした場合と、
>その他(雑種地など)にした場合の両方が知りたいのですが。
居住用の資産として贈与してもらう不動産なので、
一筆にする場合(もともと他の部分は宅地以外の地目なので
合筆にすれば何らかの地目を選択しなくてはならないはず、
また、合筆にしないと、その他の土地は無接道地になるので、
合筆したほうが何かと便利か、と)、
地目が宅地で無いと住宅の3000万円控除が使えないのか、
それとも、実際居住してるかどうかということだけでいいのかどうか?
という意味で書かせていただきました。

意味がわかりづらく、申し訳ありません。
もしよろしければ、もう一度ご教示願えませんでしょうか?

補足日時:2001/06/02 02:12
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅借入金等特別控除と贈与について教えて下さい

 昨年の確定申告で住宅借入金等特別控除の適用を受ける為に税務署の方に教えて頂きながら計算明細書を作成しました。
 今年2年目で職場に申告書を提出するので記入していて疑問が生じました。
 両親から贈与を受け、「借入金年末残高」と「取得対価の額から特例の適用を受けた金額を引いた金額」のどちらか少ない方の金額で申告するとありました。
 私の場合、
   取得対価は家屋8,588,742 土地 6,360,000 合計14948,742
          贈与額7,000,000
          借入金年末残高2,019,581 でした。
 「取得対価の額から特例の適用を受けた金額を引いた金額」を計算する際家屋から贈与分を
引いた1,588,742円で申告することになったのですが、取得対価の合計ではなく家屋から
引くのでしょうか?教えていただいたことなので間違いはないと思いますが、そのようなことが
どこにも記載されていないので引っかかっています。贈与は家屋のみ等の決まりが
あるのでしょうか?

 どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

 昨年の確定申告で住宅借入金等特別控除の適用を受ける為に税務署の方に教えて頂きながら計算明細書を作成しました。
 今年2年目で職場に申告書を提出するので記入していて疑問が生じました。
 両親から贈与を受け、「借入金年末残高」と「取得対価の額から特例の適用を受けた金額を引いた金額」のどちらか少ない方の金額で申告するとありました。
 私の場合、
   取得対価は家屋8,588,742 土地 6,360,000 合計14948,742
          贈与額7,000,000
          借入金年末残高...続きを読む

Aベストアンサー

家屋だけか、家屋と土地の取得に対して適用されます。なので、年末残高の金額で控除可能です。
詳しくは↓をご覧ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4503.htm

Q居住地と納税地について教えてください。

居住地と納税地について教えてください。
今現在、A市に居住しているのですが、納税は実家のあるB市で行っております。
やはり、A市に住んでいればA市に納税を行うのが基本なのでしょうか?
初歩的な質問で申し訳ありませんがわかる方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

質問から想像すると、住民票の異動をしていないのではありませんか?

住民票は本籍とは異なり、異動の手続きは義務です。
法律違反となっている可能性があります。

法律上、住んでいる住所で納税すべきです。

経験がありませんが、問題となれば、A市への申告と納税のうえ、B市への更正の請求と還付手続きが必要でしょう。

基本とかではなく、法律を守って納税しなければなりません。
法律では、原則と例外があります。あなたがそれを選択するのです。定めが無いことをすれば、法に抵触することになります。

Q「所得税の納税地の移動に関する届出書」の納税地について

引越しのため、「所得税の納税地の異動に関する届出書」(http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syotoku/pdf/06.pdf)
を提出しようと思っていますが、わからないことがありました。

(1)「異動前の納税地」、「異動後の納税地」には、それぞれ、異動前と移動後の住所を記入するのかと思うのですが、一番頭にある「納税地」という欄には、異動前の住所を記入すればよいのでしょうか。

(2)事業所がない場合は、3の「事業所当の所在地及び事業内容」は記入しなくてよいのでしょうか。

ご存知の方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記の施行令第57条を厳密に読むと、この届出は異動後に提出しますので、
頭の納税地は、異動前、後の各税務署共、異動後の納税地を記載すれば
よいでしょう。

所得税法施行令
(納税地の異動の届出) 第五十七条
 法第二十条(納税地の異動の届出)に規定する届出は、同条の納税地の
異動があつた後遅滞なく、異動前の納税地及び異動後の納税地を記載した
書面をもつてしなければならない。



所得税の納税地は、国内に住所を有する場合はその住所地です。(所法15条)
また、住所のほか、居所、事業場等を有する場合は、その住所地にかえて、
その居所地、事業場等の所在地を納税地として選択することができます。(所法16条)

「上記以外の住所地・事業所等」は法定事項でもありませんので、
事業場等がない場合はは空欄でかまいません。

Q社会保険の扶養と税法上の扶養

これまで月収入を10万8000円以内におさめ、社会保険枠の夫の扶養に入ってパートとして働いてきました。

出産を控えて2月末でパートを退職し、今後は無収入になるため、今までの社会保険枠の扶養に加え、所得税法上も扶養に入ることになるのではと推測しています。そこで、何かしら手続きが必要になるのかどうか、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

所得税の扶養については、1月~12月までの給与収入金額が103万円以下(所得金額でいえば38万円以下)の場合に扶養に入れますので、2月末で退職されるのであれば、今年については、その後就職されないのであれば、その時点から所得税の扶養にも入れるものと思います。

具体的な、手続きについては、ご主人が会社に、年初(又は昨年末)に扶養控除等申告書を提出しているはずですので、その中の「控除対象配偶者」の欄に、ご質問者様の氏名や生年月日等を書き加えれば、扶養に入り、その月以降については、扶養に入った所で源泉徴収税額の計算をする事となります。
ですから、ご主人が、会社の担当者にその旨を伝えれば、手続きができるものと思います。

Q昨年度の確定申告をする際の税法は?

はじめまして。
昨年度(平成17年度)の確定申告をまだしておらず、
今回しようと思い、申告用紙を記入しているところです。
そこで、はたと疑問を持ちました。
平成17年度と今年平成18年度とでは、税法が変わり、
定率減税が20%→10%に変わりましたよね。
そういった場合、平成17年度の還付申告をする際は、どちらの税法が適用されるのでしょうか。
いろいろとネット等で調べてみても記載されていないようなので質問させていただきます。
どうかご回答くだされば本当に助かります。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

平成17年分の確定申告は、その当時の税法が適用されます。
したがって、定率減税は、20%(25万円限度)の適用になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報