gooID利用規約 改定のお知らせ

よく見かける電力計について質問です。
電力計のコードか何かが接触し短絡すると爆発が起こるみたいですけど、具体的にどことどこがふれたら爆発するんですか?
そして、なぜ爆発が起こるんでしょうか?

気になったので教えてください、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

電力量計の焼損は一般的には異相短絡のみです。


内部回路のほとんどは空間が広い事もあり充分な線間距離を保てていますが、電源線の一時側と二次側は微妙な間隔しかなく、セパレーターと呼ばれる絶縁材のみで離隔されています。
雷害による影響も否定はできませんが、そのほとんどがケーブル接続部の端子ネジの緩みが原因です。
端子のネジが緩む事によって接触抵抗になり、そこから僅かに熱が発生して長時間かけて難燃性のセパレーターを炭化させます。
計量器箱は湿気や埃などを防ぐようには作られていないため、炭化した部分に付着するとやがてトラッキングが起きてリークが発生します。
リークが始まればセパレーターの炭化は一層進み、更に端子ネジ部が緩みます。
そこまでくるとセパレーターの絶縁性能は皆無になりますし、ほとんど線間の離隔などなくなります。
あとは時間の問題で、自然に起こるか誰かが計量器一時側配線に触れるかすると一気に異相短絡が起きます。
これが端子緩みによって起こる計量器短絡のメカニズムです。

それ以外の短絡もありえない話ではありませんが、通常それらの場合は誰かの故意による過失ですので割愛します。
    • good
    • 3

電気料金のためのメーターの事を指すご質問と思うのですが、


回ってる機器が入ったガラスの器は窒素ガスで封していてまったく燃えません。
(落雷の場合、メーターも屋内も焼ける場合と屋内機器だけ被害と変わる事はある)

電力ケーブルの刺さる端子側のショートは電柱側直結のエネルギーになるので
屋内のブレーカーと漏電遮断器以降のショートと段違いの威力がある事と、
電柱から3本線ケーブルで来ているのを利用者が色分け合わせや検電メーター無しで
繋いで間違うと普通の100ボルトが掛かっている屋内コンセントの器具配線に対して
産業用やエコキュート・太陽光発電などで繋ぐための200ボルトが流れてしまい、
そこでコンデンサ部品破裂や中が焦げて煙が上がる事故が起きるのはあります。

電力量計器、メーターまでは電力(配電事業)会社の管理下なので
転居廃止した建物では電柱とメーターまでは繋げたままにしてあり、
必要によりメーターの端子台の封印を切って「屋内行きケーブル」を外します。
(メーターには精度検定のため期限毎に交換する必要もあります)
入居前に電話問い合わせし、利用者が屋内の契約アンペアブレーカーが下げてある点を
確認していて繋ぐ依頼をすれば、立会い無しでも正しく接続工事してくれます。
基本は接続時に立会い、立ち入りして配電盤の説明と契約用紙渡しが必要です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブレーカーの定格遮断容量について

カテゴリが違っていたら、申し訳ありません。
ブレーカーの仕様に定格電流と定格遮断容量とありますが、違いや意味を教えてください。定格電流は、その電流値を超えた場合にトリップするものだとは認識しているのですが。遮断容量は大きいほうがいいのでしょうか?詳しい説明をお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に225Aの電流を流したとしても遮断器はOFF動作しません。
しかし、アメリカ製の250AF/225AT(フレームという概念についての説明は、割愛します)の遮断器に225Aの電流を流すと遮断器はOFF動作を起こします。
これは、規格の考え方の違いでどちらが正しいとかという問題ではありません。しかし、一つの電気設備で、複数の規格を採用しなければならない場合などは、保護協調上注意を要する点であります。
この定格電流値以下で遮断器を利用している限り、遮断器の開閉操作を行ったとしてもメーカーが保証する回数まで(一般に数千回~数十万回)は、操作が可能である値という意味もあります。

一方、遮断容量は、その遮断器が、流れている電流を遮断できる最大の容量を表していると思います。
一般的に電気的な容量とは、電圧×電流×時間で表されます。これは、エネルギーの容量を表し、遮断容量の場合も同じです。よって、容量であるにも関わらず電流値であると捉えらえることは間違いだと思います。
しかし、現実には、遮断容量が、電流値で表されていることが多いのも事実です。
その理由は、日本の(多分全世界でそうだと思いますが?)電源事情が、定電圧送電方式となっているからです。即ち、電圧の項は、定数として扱えるため、変数となる電流値で表せば事実上問題がないのと、実用上合理的となるからだと思います。
実際の遮断器に書かれている、遮断容量の記載を見ると判るのですが、使う電圧によって遮断できる電流値が変わります。これは、遮断容量が変わるのではなく、遮断容量は同じであるため、遮断できる電流値が変わることを意味しています。
同じ型の遮断器を異なる電圧で使用する場合など勘違いし易いので、注意が必要です。また、動作時間が変更できる機能がある場合も遮断できる電流値は変わってきますので注意のほど。
電流を遮断すると言うことは、アーク電流によるエネルギー放出(一般的に、熱、音、光の形で放出される)を、遮断器構部分で絶えうる必要があります。
定格以上の容量を遮断しようとすると熱により接点が溶着したり、溶断してしまうことがあるようです。

最後に、遮断容量の大きいものの方が良いのかどうかと言う点については、必要な遮断容量が確保されていらば、最小値でかまわないと思います。
皆さんもご指摘している通り、遮断容量が大きくなると、値段、寸法、納期(受注生産品になったり)が大きく(高く、長く)なります。
必要な容量とは、その回路に流れる最大の電流値(容量を電流値で表した場合)で決まります。一般的に、最大電流値となるのは、短絡時となります。
ただし、エネルギーの供給源は、電源だけとは、限りません。例えば、三相誘導電動機が接続されていると電動機の運動エネルギーがエネルギー供給源となり数サイクルの間電源となりますので注意が必要です。
さらに、定格電流を超える電流値を、遮断した場合は、メーカーの保証動作回数までの動作が保証されるわけではありません。
短絡電流の遮断については、動作特性をよく調べて使用してください。経済性を無視すれば、一度短絡電流を遮断した遮断器は、交換すべきだという人もいます。

以上、だらだらと述べましたが、少しでも参考になればと思います。

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に...続きを読む

Q電気の線をショート

あくまで例えばの話なんですが、家庭の電気配線をなにかの過ちで短絡させた場合、分電盤のリミッターが作動して電気が遮断されますよね。(もちろん電気が生きてる線を短絡させることは大変危険なことですが)

これがもしリミッターから先の電線。つまりリミッターから電気メーターにつながる電線を短絡させてしまった場合どんな怖いことが起こるんでしょうか?爆発したりするんですか?近隣世帯は停電になるんでしょうか?それとも電気メーターの中にリミッターのような遮断する装置が入ってるのでしょうか?

いきなり変な事を聞くようですいません。でも電気工事をしてる方なんかは気になったりしないでしょうか?例えばエアコン取付で壁に穴をほぐ時や換気扇の穴をあける時なんか誤って電気のケーブルにぶち当たらないかとか・・

Aベストアンサー

電気工事屋も人間ですから,ときには考えられないようなドジをやることがあります。

ご指摘の箇所を短絡させれば,かなりの音と火花(火の玉と言ってもよい)が飛びます。
付近に燃えやすいものがあれば,火災になる可能性はあります。

メーターの向こう側に,「キャッチ」という保護素子が付いていますので,近所への大きな影響は一応
阻止されます。
ただし,瞬間的な電圧降下のために,蛍光灯(近所の家の)が一瞬チカッと消える程度のことは起きるかもしれません。

Q人工(にんく)について

工事の見積を業者からとったのですが、単位がm(メートル)などではなく人工(にんく)で記載されていました。普通、1人工あたりの金額はどのようにして決めるものなのでしょうか?見積書の項目によっては、『0.33人工×単価(一人工)』と、なっています。
分かりやすく説明していただけると助かります。お願いします。

Aベストアンサー

>1人工あたりの金額はどのように?

簡単に、
『一人の人が一日労働するのに、会社としてどのぐらいの原価になるか』です。
0.33人工というのは、8時間(通常の1人工)の1/3ということで、約2時間40分の作業ということを表します。

単価/人工は会社の規模で間接経費がまったく違うため、大きく変化します。
小さな会社ほど、工事面積当たりで計算した方が有利な傾向にあります。

大雑把に言えば、設計・管理¥30000
        一般技術者¥20000~24000
        実務者  ¥15000~18000
ぐらいになっているのかな?
(業種によっても違いますので、かなり大雑把です)

Q単相モーターと三相モーターの違い。その利点と欠点。を教えてください。

位相の数が違う。といってもその「位相」って言葉から複雑怪奇。バカにでも理解できるようにわかりやすい言葉で教えてください。
単相と三相の利点と欠点。使い分け方。マメ知識なんぞ教えてください。
恥ずかしくて誰にも聞けないんです。

Aベストアンサー

一番大きな違いは、簡単な構造で、起動できるか(自分で回転を始められるか)どうかだと思います。一番簡単な構造である 誘導電動機で三相の場合はスイッチを入れるだけで回転を始めますが、単層の場合は、唸っているだけで回転を始められません。単相電動機でも何らかの方法で回転させれば、(例えば手で回しても良い、回転方向は、回してやった方向で決まる。)回転を続けます。この方法には、コンデンサー起動、反発起動等がありますが 1/2HPぐらいまでの小さなものに限られます。町工場など住宅地では、三相交流の供給が受けられませんので苦労したこともありました。


hp

Q電柱の昇り方

今度、(普通の)電柱に昇ることになりましたが、今回が初めてなので、よく昇り方が分かりません。
「胴づな」を使っての昇り方を教えてください。
(注意点とか、コツとかをお願いします。)
昇り方が掲載されているサイトでもいいです。

Aベストアンサー

電柱の登り方を説明したサイトは見当たりませんね。
上り方を説明しますと、
電柱に登るときはURLの(胴ベルト型安全帯1本つり・U字つり兼用)を使います。
1.左側の伸縮調節器を握り本フック側(小さい方のフック、緑じゃ無い方)の綱を十分に引き出す。
2.胴綱を電柱にひと巻きして、右のD環にフックをかける。(フックがしっかりかかったかどうか目で確認)
3.足場ボルトを交互につかみながら昇柱しますが、このとき胴綱が足場ボルトに引っかからないよう両手の親指と人差し指の間にかけて綱を上へ手繰りながら上ります。
4.障害物があって昇注できなくなっら、補助フックを足場ボルトかワイヤー、バンド金具等に引っ掛けて本フックを外し障害物をかわします。障害物をかわしたら再び本フックを右のD環に掛けて補助フックを外します。本フックか補助フックのどちらかが必ずかかっているようにして登って生きます。また外したフックは必ず左のD環に掛けておく。
5.作業位置まで昇柱したら、右手で足場ボルトをつかんで体を支持しながら左の伸縮調節器の後ろ側の綱を引くと綱を短くすることができます。適度な長さになったら、安全のため補助フックを近くの足場ボルト等に引っ掛けておきます。その後、綱に体を預けると両手を離して作業ができます。
6.降りるときは、右手で足場ボルトをつかんで体を支持しながら、左の伸縮調節器を握り体を電柱から離すようにして綱を伸ばし、登ったときのようにして降りていきます。

ただし、未経験の方だけで柱上作業をするのはやめてください。必ず電気工事会社や電力会社に頼んで訓練を受けるようにしてください。その場合、必ず地上で電柱を使って安全帯の操作訓練を十分に行ってから昇柱してください。
これを見ていきなり電柱に昇る事が無いよう回答は「自信無し」としておきます。

参考URL:http://www.fujii-denko.co.jp/anzenn_what.html

電柱の登り方を説明したサイトは見当たりませんね。
上り方を説明しますと、
電柱に登るときはURLの(胴ベルト型安全帯1本つり・U字つり兼用)を使います。
1.左側の伸縮調節器を握り本フック側(小さい方のフック、緑じゃ無い方)の綱を十分に引き出す。
2.胴綱を電柱にひと巻きして、右のD環にフックをかける。(フックがしっかりかかったかどうか目で確認)
3.足場ボルトを交互につかみながら昇柱しますが、このとき胴綱が足場ボルトに引っかからないよう両手の親指と人差し指の間にかけて綱を...続きを読む

Q中性点とアースの違い

配線図を見ると、トランスの中性点から、接地線が「アース」がとられていますが、中性点とアースは、同じなのでしょうか?中性点から、アースをとっても、同じなのでしょうか?地中から、トランスに電流を逃がすのと、直接中性点に逃がすのと、違いは、?あるのでしょうか?

Aベストアンサー

中性点とアースは、同じなのでしょうか?
@どちらも大地に接地極を埋設しているのですが目的は全く違います。変圧器内で高圧と低圧が混食すれば電灯やコンセントの100V回路に6,600Vの高電圧が印加されて大変危険です。B種アース(トランスの中性点のアース)があれば高圧側(変電所等)でその電流を感知して地絡継電器が動作し高電圧を遮断できます。
中性点から、アースをとっても同じなのでしょうか?地中から、トランスに電流を逃がすのと、直接中性点に逃がすのと、違いは、?あるのでしょうか?
@中性点にアースを接続しては絶対ダメです。もし接続すれば電源線から負荷を通じて中性線に流れる電流(負荷電流)がアースを接続したところから分流して漏電電流になります。当然漏電ブレーカーはトリップします。

Q分電盤を交換する時

自宅の分電盤を交換しようと考えています。
前に電気工事店に勤めていた頃
新築の一般住宅ばかり工事していて電力会社と接続されていない配線ばかりをやっていたのでわからないことがあります。
分電盤交換時、幹線の充電部は危険なので一時的に切り離そうと考えているのですが
電流制限器の一時側の充電されている幹線を電力量計の二次側で切り離してよいものか疑問に思っています。
電力会社へ何か申請などしなければならないでしょうか?
封印がしてあるので何らかの連絡はしなければならない気がするのですが・・・
もしくは充電状態で工事をしなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

先ず、電力計の2次側をはずしますが、
この時封印を切るのですが、事前に供給電力会社に連絡をして
指示を仰いで下さい。(無断で切ることは出来ません)
封印を切る許可が得られれば、作業の開始です。

Q電力の単位KWとKVAの違いと換算方法

単位KWとKVAの違いが分かりません。どっちも電圧E×電流Iじゃないんですか?換算方法とかあれば教えてください。

Aベストアンサー

KWはその装置の消費する本当のエネルギーで有効電力と呼ばれます。
KVAはその装置にかかる電圧の実効値と電流の実効値を
かけたもので皮相電力と呼ばれています。

皮相電力[kVA]から(有効)電力[kW]への換算は、
有効電力=皮相電力*力率 
でこの力率は電流の位相と電圧の位相が完璧に一致している抵抗のような負荷の場合は1になります。
逆に,コイルやコンデンサ成分のあるような負荷(モータなど)は位相がずれるためにこれより小さく(普通0.8くらい)になります。
なぜこのような2通りの表現があるかというと,皮相電力が規定してあると電流絶対値が決まりますので,必要なブレーカの容量,電線の太さなどが決まります。
電力だけだと,決まりません。

Q電気の引き込みについて、 2種電気工事士の素人が電気の引き込みをDIYですます方法はありますか?

こんにちは、ご覧頂きありがとうございます。

うちの建物の外側にどうしても電気をもう一回線引きたいのですが
東京電力の人にメーターとリミッターをつけてもらうまでに必要な
材料と構造的要件などを詳しくお教え頂けますか。

今ある配線から分岐させる事ではなく、新たにメーターをつけ
別契約で電気が欲しいのです。

できないという前提ではなく、
こうすればできるよ!というニュアンスでお答え頂けると大変助かります。

今時点で必要かなと思っているのは、
(1)引き込み金具(壁付けのため)
(2)メーター固定板
(3)ブレーカーボックス(4)
(5)漏電ブレーカー
(6)2P1Eまたは2P2Eの安全ブレーカ
(7)ケーブル類

と思ってます。

ケーブル通線で東電で工事してくれる箇所と自分でやらなければならない箇所も
アドバイス下さい。

どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

東京電力は自分ん家の工事さえ出来ないんですね。
私は関西電力管内ですが(私も電気屋ではなく、2種免許を持っているだけの身です)うちの倉庫へ電気が欲しく関電に聞くと
「普通は登録業者しか申請(工事)は出来ないけど、ご自身(私)の倉庫であなたも2種免持ってるならいいよ」
って普通に申請も工事も出来ましたけど。
もちろん、今ではバリバリに電気は使えてます。
こちら(施主)側がする工事としては、引き込み線,メーター,リミッター以外は全てします。
引き込み金具とは、壁にアングルを付けるだけで良いと思います。
もちろん、メーター盤はこちらで取り付けします。
お分かりかと思いますが、引き込み点は2.5m以上、メーター取り付け位置は1.8m~2.2mの間です。
その他は東電の内線規定を見れば分かると思います。

※No.1さんが仰っている1つの家に2のメーターについての詳細は分かりませんので東電に聞くのが一番だと思います。

Q中性線欠損保護機能付の主幹ブレーカーのリード線の接続位置について。

中性線欠損保護機能付の主幹ブレーカーのリード線の接続位置について。
検出するリード線は負荷側のN端子に直接接続すると不具合でますか?
素朴な疑問なのですが・・・。

Aベストアンサー

>検出するリード線は負荷側のN端子に直接接続すると…

その端子が接触不良を起こしたときしか作動しません。
電路の途中に入れるブレーカなら、それでかまいません。

分電盤の主幹に使うのであれば、リード線の長さが許す限り遠くの方で接続すれば、N端子から接続点までのどこかで欠相した場合にも保護できます。
主幹から分岐までの母線には、いくつものボルト締め箇所ができるのが通例ですので、なるべく遠いところに接続します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報