中小企業の働き方改革をサポート>>

母が統合失調症と躁鬱をもっています
もう発症からは20年位たっていて入院歴はありません
本人の病識があまりありません
通院をしていますが、何度も断薬を繰り返し再発を繰り返しています
病識をもってもらえば、もう少し良い方向に行けるかなと思いますが、
病院などでは家族に頑張って説明して頂くしかない、または無理矢理入院をさせることで理解してもらうと言われます
もう高齢にもなりつつあるので入院は体力的な部分も心配です
本人にはもう何百回も様々な方法で説明はしました
病識がないこと自体が症状なので、難しいことだと思いますが、病識がある方も沢山いらっしゃいます
みなさんの場合どのようにして病識をもってもらっていますか?もしなにかアドバイスがあればお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私が直面している問題と重なる部分があるので回答とは言えないかもしれませんが・・・。



私の母親も同じです。
発症から10年程であることと、入院歴があること(断薬による症状悪化のため、8ヶ月間の入院)が違うくらいでしょうか。
入院中の状態が薬のせいで見るに耐えないもので、入院を継続するより自宅で私が看護したほうがましに思えたので退院させました。
結果それがプラスだったのかマイナスだったのかを2択で判断するならばプラスだったと思います。
代償は大きかったですが・・・。
参考程度のものとして読んでいただければと思います。



年金を受給するような年齢の世代だと、精神病は恥という気持ちが強く出てしまうのではないかと思います。
ですので、病識があまりないように見えてしまうという表面に現れるものとは別に、それを表に出したくないという心理が強く働いていることが大きな要素のひとつとして存在するということを踏まえて対処する必要があると思います。

心を患っていない普通の人であっても、自分が受け入れたくないことというのは誰にでもあります。
ましてや、薬を飲んでいる病人ですので、自分が妥協して受け入れようとしたとしても、無意識にそれを拒否してしまう作用が働く結果として受け入れられないこともあるということを踏まえたうえで接することが重要なのではないかと思います。

家の場合は、躁転したときが厄介なので、その兆しが現れたらガツンとへこませます。
ただし、へこませすぎると大変なことになるので加減が難しいですが・・・。
持ち上げてへこませてまた持ち上げてへこませて、そうめんをゆでるときに、ふきこぼれないように水をさすような感じで、コントロールします。
その結果、退院して丸一年になりますが、症状は極わずかですが回復基調に傾いてきています。
調子のいいときは、一見すると健常者とかわりがない程度になりました。


説明もしますが、自分が患者になった感覚で説明しないと頭に入っていかないので、相手の心に響きませんし、説明していることにならなくなってしまって、当人からすればイジメを受けているようなものに感じてしまうことも十分にありえます。
相手を、3歳児から小学校入学前の子供と同レベルの思考判断レベルだという気持ちで言葉や話しかけ方+怒り方が必要です。
ただし、相手は自分が年長者で親であるゆえのプライドというものも持っているので、自尊心をくすぐったり、時にはガツンとへこませて話を聞かせる体制を作ってから話をする。
そういう微妙な加減が必要なので、こっちが精神的にまいってしまいます。

事実、私自身が壊れてしまってきているので、失敗例としてのアドバイスとして改良して頂ければと思います。
私自身が壊れていくさまを見せることも、自分がどういう状態なのかをわからせる見本になるという趣旨でやっていることなので、うちの母親は病識はあるといえる状態になっています。
薬もきちんと飲みますし、躁転したとき以外は比較的安定した形で病人です。

母親の自尊心を子への愛情と天秤にかけさせて、理解させる手法です。
もし、実行しようと思ってしまったときは、前もって担当の先生に相談されたうえで、それにどんなリスクが伴うのかを理解してから実行するか否かを考えてください。

わたしは今、「死にたいわけではないけれど、生きていたいわけでもない」という危ない状態なので、専門家のアドバイスを受けた上で役立てていただければ幸いです。
    • good
    • 0

《病識をもってもらえば、もう少し良い方向に


行けるかなと思》われる根拠が不明なのですが……
極めて言葉が宜しくないのですが
私が受講した精神保健福祉講座によれば、
ムカ~シは《基地外》と言われて、座敷牢の
ようなところに閉じ込められていた病気ですし、
重層的な思考が無理な病気ですので、
お母さまは、言葉の説明が伝わるような状況にはない
と思われるのですが……こうしたことは
質問者さまには受容し難いことなのでしょうね。

質問者さまが、どうしたいのかが決まれば、
措置入院のような対応なども取れますので、
1度、保健所さんを訪れて相談してみませんか。

それにしても、
分裂病(=精神分裂病=統合失調症)と
双極性障害(=躁うつ病)の併症がおありであるのは、
何ともたいへんですよね。
どちらも遺伝的な要素が考えられる病気ですが、
家系に、そうした人がいたのでしょうか。

お大事に!
Good Luck!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
言葉が足らずすみません

母は仕事をしたい気持ちが強くて
もうなん十個も仕事をしては調子悪くなって辞め、または仕事がまともに出来ない、人付き合いが下手で文句を言われて辞めたり、クビになったり…
病気を繰り返し、暗記も苦手で動きも遅く、そして人とのコミュ二ケーションがとても下手になってしまいました
なので本当に仕事がしたいのであれば病気を好評してやるか、リハビリなどに参加してコミュ二ケーションをももっ上手にできるようになればなと思っています
それと精神病ではないから病院には行きたくない、お金もかかるから嫌だと言います
申請すれば医療費免除も受けられますが病識がないため、そんな申請をするなといいます
病識を持てれば、そういったリハビリや同じ病気の方との交流で友達ができたり、申請して受診もスムーズにいくのではないかと思っています

病識を持つことは無理なのかなとも思うのですが、病識をもって病気とたたかってる方も沢山いらっしゃるので無理なことではないと思っているのですが
どうやって持ってもらえばいいのか…
保健所には相談に行ったことはあります(>_<)
やはり入院させるしかないのでしょうか

なかなか難しいですよね

あ!他に血縁では今のところいないです。

お礼日時:2013/12/23 15:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【統合失調症】なぜ病識(自分が病気であることの意識)が無い人が多いのでしょうか。

私の知人が、統合失調症と思われる配偶者を持ち、困っています。
本人ががんとして病院へいかないそうです。

こちらのOKWAVEの質問、回答を拝読しても、ご質問者に病気の意識がないというか
よもやご病気では?という回答があっても、自分が病気だと認めず、回答を
無視するような方もおられるように見受けられます。
(失礼な言い方でしたら大変に申し訳ありません。)

もちろん、ちゃんと病識を持ち、治療を受けられておられるかたもたくさん
いらっしゃると思います。

私がうつで入院しているときも、自分は統合失調であると認めている人はもちろん
いましたが、自分は病気でないと思いこんで、医師や看護士に抗議をしている人も
いました。

精神保健福祉法第23条など、手立ては知っておりますが、私は「なぜ
自分が
病気だと思えないのか」が知りたいです。

自分は病気だ、楽になりたい、そう思えれば治療が飛躍的に進み、
その人の人生も明るいものになっていく可能性があるのに....。

もしよろしければ、体験者の方でも、どなたでも、なぜ病識がないのか
教えて
いただけませんでしょうか。
なにとぞ宜しくお願いいたします。

私の知人が、統合失調症と思われる配偶者を持ち、困っています。
本人ががんとして病院へいかないそうです。

こちらのOKWAVEの質問、回答を拝読しても、ご質問者に病気の意識がないというか
よもやご病気では?という回答があっても、自分が病気だと認めず、回答を
無視するような方もおられるように見受けられます。
(失礼な言い方でしたら大変に申し訳ありません。)

もちろん、ちゃんと病識を持ち、治療を受けられておられるかたもたくさん
いらっしゃると思います。

私がうつで入院していると...続きを読む

Aベストアンサー

統合失調症の病識の無さはそれ自体が「統合失調症の症状」です。
例えば、統合失調症で出現する症状に幻覚や幻聴などがありますが、
これらは患者さんにとっては「実際に見えている・聞こえている」ものとして認識されます。

もし、あなたの目の前にあるこのページが他の人には見えていないと言われたら信じますか?
これだけの返信ももらっているのに何で?とか、ページを探せていないだけではないか、と思いませんか?
もし、あなたがご家族等誰かに言われ、傷つくような内容の話について「そんなこと言ってない」と言われたら、忘れているだけだ、都合が悪いから覚えていないんだ、と思ったりはしませんか?

私達は通常、自分が見たり聞いたりした事を「現実」と思っています。
その現実が「これは自分にしか見えて(聞こえて)いない、錯覚だ」と疑うことはほとんどないのではないでしょうか。

統合失調症を持つ方の人生を描いた映画に『ビューティフルマインド』というものがあります。
あのような症状は稀だと言う指摘はあるのですが、統合失調症を理解する一歩としてはわかりやすいと思いますので、ぜひご覧になってください。

統合失調症の病識の無さはそれ自体が「統合失調症の症状」です。
例えば、統合失調症で出現する症状に幻覚や幻聴などがありますが、
これらは患者さんにとっては「実際に見えている・聞こえている」ものとして認識されます。

もし、あなたの目の前にあるこのページが他の人には見えていないと言われたら信じますか?
これだけの返信ももらっているのに何で?とか、ページを探せていないだけではないか、と思いませんか?
もし、あなたがご家族等誰かに言われ、傷つくような内容の話について「そんなこと言...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報