gooID利用規約 改定のお知らせ

論文で使用する分析について、教えてください!

以下、論文の簡単な説明と現状の問題を書いています.....
長くなります、、しかもかなり分かりづらいです。。
ご容赦くださいm(__)m

私は論文で大学財務を対象とし、分析しています。
こまかい説明は省きますが、「教育費」の推移を考察しています(「教育費」は大学の会計科目から私が独自で定義しています)。

その分析の過程で国立大学の財務を85校全て収集し、統計的な分析も行うこととなりました。
分析では、「教育費の増減」において、「(1)どのような学校種で増減が発生しているのか」ということと「(2)どのような要因によって増減が発生しているのか」という点を分析する必要があります。
「(1)どのような学校種で増減が発生しているのか」というのは、学校種(たとえば、単科大か総合大か、また文系学部を有しているか、など)と、教育費の増減の関係をみるという形です。
「(2)どのような要因によって増減が発生しているのか」というのは、教育費の増減をもたらしている要因(これは、「総支出の増加」と「総支出に対する教育費の割合の増加」の2つです)と、教育費の増減との関係を考えるものです。

当初、(1)と(2)でそれぞれ別に、教育費の増減との重回帰分析を行いました。
ところが、教授から「(1)と(2)の関係を明らかにし、それをもって最終的に教育費との関係を考えるように」と指摘されました。
しかも教授の説明では、(2)の2つの要因から教育費の増減の計算式が(回帰式的にではなく、数理的に)作れるので、それと(1)を関連付けて、教育費の式を考えてみてと言われました。。

その教授が指摘した教育費の計算式は以下の通りです。
D1-D0=(G1-G0)*P0+(P1-P0)*G0+(P1-P0)(G1-G0)
D…教育費
G…総支出
P…教育費の割合
「1」と「0」は、比較をする時期です。

式のうち、一項目は経費そのものが増えたことによる効果、二項目は教育費の割合が増えたことによる効果、三項目は両方による効果です。

私としては、先生が指摘した意味と、この式の意味は分かります(分かっているつもりです(笑))。
ただ、上の式に(1)の要因をどう関わらせるかが全く分かりません!!!!

私は統計も数理的な分析も全くのど素人です。。
(言い訳をさせていただけるのであれば、当初統計的な分析など予定にありませんでした・・教授の気まぐれで、1か月前になって突然やることに・・・泣)
だれか、なにかいい分析手法をご存じの方や、分析の工夫の仕方を思いつく方がいれば、ぜひこのアホな私にご教授いただけませんでしょうか!!

上の文章自体が分かりづらいし、研究の詳細をかけていないので、そもそも質問をハッキリお伝えできていないのは十分承知の上でございますm(__)m
なんとなくのご提案でも十分ありがたいです。。
だれか、私を助けてください(:_;)

よろしくお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

あくまでも私の推測に過ぎませんが、教授先生は、「(1)と(2)の関係を明らかにし~」というご指摘によって、(1)の分析から明らかになったことと、(2)の分析から明らかになったこととを組み合わせることで、何か新しい発見がありますか、ということを問われていらっしゃるのだと思います。

現時点では、(1)の分析と(2)の分析はバラバラで、2つの研究をただ並べているだけになってしまっているのではないですか。

教授先生のご期待に応え、研究の幅を広げる方法はいろいろあると思いますが、私からは、次のことを提案させていただきたいと思います。

1.被説明変数を総支出として、(1)と同様の分析を行う((1)および1.から、学部構成による、総支出の伸び、教育費の伸びの差が明らかになります)。
2.総支出の伸びと教育費の伸びに、教授先生が示された関係を適用する(学部構成による、総支出の伸び、および教育費の伸びに加えて、教育費の割合の変化も明らかになる)。
3.2.の結果を考察する。

教授先生の真意に沿った提案かどうかは分かりませんが、既にデータは揃っているでしょうから、分析は簡単に出来ると思います。分析を重ねて行くと、考える楽しみは級数的に増えて行くものです。大いに楽しんで下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教授アリガトウゴザイマス(*^^*)

あの文章で質問の内容を理解されていること、的確なご指摘、すごいです!!
直接教えてほしいデス笑

「現時点では、(1)の分析と(2)の分析はバラバラで、2つの研究をただ並べているだけになってしまっているのではないですか。」
まさに、仰るとおりです。。
これは先生の指摘を受けてからも、少し反省&納得しました。

ご指摘いただいた手順は大変わかりやすいです!
ありがとうございます!

重ねて、大変申し訳ないですが、より詳しくご教授いただけますでしょうかm(__)m

1で出した分析を、2の手順で「関係に適応する」というのが、少し分かりません。。。
例えば、重回帰によって算出した総経費の伸びの予測式を、先生が示された式の「総支出の伸び(G1-G0)」に代入する、というイメージでしょうか??

かさねがさね、本当にすみません(><)!!!
知識のなさ、理解力のなさ、悲しくなります・・・
簡単な分析法や具体例など、示していただくだけでも大変ありがたいです。。。

「分析を重ねて行くと、考える楽しみは級数的に増えて行くものです。大いに楽しんで下さい。」
仰るとおりですね。
研究を楽しむという視点が今欠けています・・・
質問の内容などについて考えることが研究なのですね。
あんまり他力に頼りすぎないように、とは分かっていますが・・・
泣きたい(::)

in01280128サン、本当に感謝しています(^^)~☆

お礼日時:2013/12/23 14:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング