初めての店舗開業を成功させよう>>

どなたか教えていただけませんか?
民事訴訟法の少額訴訟について知りたいのです。
少額訴訟で提起していたが、原告がやはり通常訴訟に移行するということは出来るのでしょうか? 手形訴訟であれば、353条本文により可能ですが、少額訴訟にはそのような記載を見つけられません。373条にはありません。準用規定も無いように思います。
これは、少額訴訟は、原告は通常訴訟に移行することが出来ないということでしょうか?
それとも、少額訴訟で提起しているのに、わざわざ通常訴訟にする人はいないから記載がないという考え方でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>少額訴訟で提起していたが、原告がやはり通常訴訟に移行するということは出来るのでしょうか?



直接的に移行させることはできません。

ただし、心変わりしたのであれば、訴えの取下げをした上で、通常の訴えの提起をすることは可能です。勿論、相手方がすでに本案(原告の請求の理由の当否に関する弁論・裁判)について準備書面を提出し、弁論準備手続において申述し、または、口頭弁論をしているときは、相手方の同意を必要とする(民訴第261条第2項)

また、少額訴訟の終局判決に不満があれば、異議申立てをすることが出来(378条)、異議申立てによって訴訟は口頭弁論終結前の状態となり、通常手続きで審理裁判される(379条)ことになります。ただし、反訴の禁止等は準用されますし、異議後の手続きによる終局判決等に対しても控訴できない(380条)等、通常の通常手続きとは多少異なります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
訴訟の係属を使って通常訴訟に移行出来ないんですね。
少額訴訟を一度取下げて、改めて通常訴訟をやり直すのですね。
要は、訴訟資料も証拠資料もそのまま使えないんですね。
よくわかりました。

お礼日時:2013/12/25 15:13

あなたのご質問は大事な記載が抜けていますよ。



何の理由で少額訴訟から通常訴訟に切り替えたいのでしょうか。
それが一番大切、場合によっては少額訴訟でよいということになります。
それによって回答は違ってきますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
単純に、民事訴訟の手続上、可能か否か知りたいと思いました。
理由によって変わってくるのですね。再度調べてみます。

お礼日時:2013/12/25 15:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q通常訴訟に移行??

実は以前こちらに質問しまして、(内容はhttp://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1159175です)小額訴訟を起こすことにしました。請求金額も約57万円で、弁護士費用も馬鹿にならないと思って小額訴訟を選んだのですが、今日被告側から答弁書が送られてきて、向こうが通常訴訟を選んだので、通常訴訟に移行します。なお訴訟費用は原告の負担とする、というものでした。当方も弁護士に依頼してガチンコ勝負してもよいのですが、着手金及び成功報酬でかなり持っていかれても困るため、迷っています。そこで質問があります。
1、通常訴訟費用はいくらかかるのか?
2、私が今から訴えを取り下げることは可能か?
3、被告側も弁護士に依頼しているのを見ると、私に訴えを取り下げさせるためと取れるが、いかがなものなのか?
以上です。実は私のほうも証拠が弱いため、通常訴訟だと分が悪いのです。訴訟自体が初めてのため、よくわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 訴訟費用は敗訴したものが負担するというのが原則です。なので,訴状には「訴訟費用は被告の負担とするという判決を求める。」と書きます。質問者が出された訴状にもそのように書いておられる筈です。また,被告が出す答弁書には「訴訟費用は原告の負担とするという判決を求める。」と書くのが当たり前です。
 訴訟費用については,既に回答があるとおりです。実際に訴訟費用を請求されることは稀ですし,せいぜい訴状に貼った収入印紙代と郵便代程度です。
 
 弁護士に委任した場合どれぐらい掛かるかということですが,弁護士によって額は異なります。
 私がお付き合いしている弁護士独自の報酬規定によりますと,着手金が10万。請求額57万円全額が認められると成功報酬が約10万。合計20万程度ということになります。成功報酬は,判決で認められた額によって変動します。半額しか認められなければ,成功報酬も半分ぐらいになります。
 あくまでも,私がお付き合いしている弁護士さんの場合ですので,参考程度にしてください。
 
 以前の質問というのを参照させていただきました。質問者の方が無過失であるとは言い切れませんし,バイクの修理代(?)を全額を請求しても,過失相殺されるのではないかと思います。また,相手方は「賠償責任はない。」というようなことを主張しているのではないかと思うのですが。

 訴訟が初めての方が,専門家である弁護士と渡り合うだけでも分が悪いのですが,そのうえ,証拠が弱いとなると,かなり分が悪いように思います。

 訴訟費用は敗訴したものが負担するというのが原則です。なので,訴状には「訴訟費用は被告の負担とするという判決を求める。」と書きます。質問者が出された訴状にもそのように書いておられる筈です。また,被告が出す答弁書には「訴訟費用は原告の負担とするという判決を求める。」と書くのが当たり前です。
 訴訟費用については,既に回答があるとおりです。実際に訴訟費用を請求されることは稀ですし,せいぜい訴状に貼った収入印紙代と郵便代程度です。
 
 弁護士に委任した場合どれぐらい掛かるかと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報