人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

X線CTにおいて、X線発生源は(1)反射型 (2)透過型と
大きく2種類あると思います。

元は反射型が開発され、その後拡大率を上げるために透過型が
開発されたはずですが、最新式のX線CTスキャン装置には未だ
反射型の管が設置されています。

カタログ等では、ハイパワーと謳っているようですが本当でしょうか?
反射型がハイパワーであるならその原理を知りたいです。

また、他に透過型に対する利点があればそれを教えていただければと思います。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

CT 意味」に関するQ&A: CTの意味

A 回答 (1件)

私は一応専門家のつもりですが、ご質問をちゃんと理解することが困難です。


「X線CTにおいて、X線発生源は(1)反射型 (2)透過型と大きく2種類あると思います。」の反射型と透過型というのが明解ではありません。つまり、CTで用いるX線発生源は、制動輻射を用いた普通のX線管であり、この分野で反射型と透過型という分類は滅多にしません。こんなことを当たり前のように書かれても、CT関係者の多くにとっては意味不明でしょう。

わからないので検索してみると、「科学技術Xの謎」というwebページに、X線管のタイプには次のようにわけられると記されています:「電子が電極にぶつかって反射するようにX線が出る反射型」と「電子とX線が同じ方向に出る透過型」がある。
このことでしょうか?あまり普遍性のある分類とは思いませんが、そしてこういう話では無いのかも知れませんが、ともかく、このwebページの路線にそって回答すると以下の通りです。

方向による分類に無理矢理当てはめると、普通のX線管は、電子の走行方向とX線の発生方向との関係からすると反射型と言うことになります。透過型を使おうとすると、ターゲット電極はごく薄くなくてはなりません。そうでなくては、発生したX線は通り抜けていくことができないからです。一方、そんなごく薄いターゲット電極では熱容量が小さい。従って焦点で消耗した大量の電力による熱ですぐ電極が壊れる。そういうX線管はごく特殊な目的に使われる珍しいタイプのX線管です。

「ハイパワーと謳っているようですが本当でしょうか」ハイパワーですよ。どのくらいをハイパワーというかは基準の取り方次第ですが。CTのX線管は例えば120kV, 500mA(つまり60kW)くらいまでの電力を焦点の数平方mmに投入します。タングステンターゲットが溶融する瀬戸際までぶちこみます。パルスではなくて連続で。もっとも、この電力の大部分が焦点で発生する熱に也、その1%か2%程度が取り出せるX線になるだけですけどね。要求する側からすればこんなのハイパワー出力ではない、作る側からすればハイパワーである、ものは言い方次第。それでも、他のX線発生原理に比べれば結構なものなのです。

「反射型がハイパワーであるならその原理を知りたいです。」原理は安直には無理ですから、とりあえず制動X線を勉強してください。透過型のハイパワーは難しいというのは前述した熱的な問題です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。

反射型・透過型についてですが、simoriimori様の方で調べていただいた
通りの内容で理解しております。

論文やHP、書籍などにおいて反射型・透過型の話が出てきたので
一般的な概念なのかと思っておりました。
門外漢なもので、そのあたりはご容赦ください。

透過型は熱的な問題でハイパワーが難しいということについて非常に参考になりました。

後はもう少し勉強してみたいと思います。

お礼日時:2013/12/25 13:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QX線はガラスのレンズで屈折するのか?

X線はガラスのレンズで屈折するのか?
なんでこんな疑問を思いついたのか自分でも分りませんが
気になって仕方がないです。

X線はなんでも透過してしまうので屈折しない気もしますが、
普通の光線もガラスを透過するのに屈折する事から考えると
屈折する気がします。

重要度は皆無ですが、解る方がいればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

答えはすでに書かれていますので、理由を簡単に説明します。

元々物質の中の原子、分子が入ってきた光の電場で振動するときに、位相遅れが起きるのでそれが光の位相を変えることになり、「屈折率」と通常呼ばれる光の位相遅れの量が生まれます。
レンズはこれを利用した物です。

ところがX線は可視光よりも振動数が非常に早い(大きい)電磁波です。
そのため、この原子/分子はあまりにも振動数が早すぎてついていけないので、そのまま透過するか、あるいは共鳴が強すぎて吸収されてしまいます。

一般に屈折率は波長の関数であり、何でも屈折するとは限らないと言うことです。
(X線でもガラスを通す波長ならば、本当にわずかだけなら屈折はすると思いますが、レンズを作れるほどではありません)

Qミリシーベルトと電圧の関係について教えてください

X線について勉強していたらミリシーベルトという単語が何度も出てきました。フィルムバッチや検量計を用いればよいようですが、X線装置の電圧・照射時間・距離などからミリシーベルトの値を導くことができるのでしょうか?実はかなり以前に感じていた疑問なのですが、今回実際にX線装置を使用することになり、この疑問を解決したく質問させていただくことに致しました。私が思っているよりも複雑な計算が必要な気がしますが・・・ちなみに私が使用する予定のものは40KVです(これは一般的に強い装置と言えるのですか?)。例えばこの発生装置から50センチ離れた所で1秒間X線を照射したとしたら何ミリシーベルトくらいになると考えられるのでしょうか?自分で質問しておきながら変な質問かなぁ・・・とも思えますが、どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

●等価線量と吸収線量
1 ミリシーベルト 1 mSv は (1/1000) Sv (Sievert)。等価線量(線量当量とも呼ぶ)の単位です。
種々の放射線の人体への影響を統一して表そうという(無理のある)尺度ですから、もともとが目安です。(つまり等価線量の概念自体がホンマカイナといわれちゃう部分を含んでいます。)
 吸収線量 [Gy (グレイ:Gray) = J/kg]と線質係数[Sv/Gy]を用いて
(1) 等価線量[Sv] = 線質係数[Sv/Gy]× 吸収線量 [Gy]
 吸収線量というのは質量あたりの吸収エネルギーのことで、これは物理的に明確な概念です。線質係数は、放射線の種類によって生体への影響が異なることを補正するためのいささかエー加減な係数で(すが、幸いX線を基準にしているので)X線の場合1にします。つまり
(1') 等価線量[Sv] = 1[Sv/Gy]×吸収線量[Gy]

●照射線量
 ある特定のX線管において、X線管電圧を一定に保ったとき、照射線量(X線が空気をイオン化する能力を表します)は
(2) 照射線量 [R(レントゲン)] ∝ X線管電流[A(アンペア)] × X線照射時間[s(秒)]
という関係にあり、この右辺の値が分からなくちゃいけません。照射時間だけじゃダメなんです。(∝ は比例の意味です)

 さてご質問の40kVのX線管の出すX線ですけど、X線光子のエネルギーが最小0keVから最大40keVまで分布している。光子のエネルギーが低く透過力が弱いので、医療用としてはごく特殊にしか使われないほど。なにしろカラーテレビのブラウン管が出すX線とほぼ同じエネルギーですんで、数ミリの普通のガラス板でほぼ遮蔽できます。つまり、もし被曝すれば皮膚・皮下脂肪・筋肉でほとんどのX線光子のエネルギーが吸収されることになります。特に目の角膜は要注意ですね。メガネを掛けるだけで全然違うでしょう。
 電子がぶつかるターゲットの材質や、ターゲットと照射窓のなす角度によって、ターゲット内でのX線吸収が大きく異なり、さらにX線管(真空管ですね)の中から外に出てくるまでの間にX線が通り抜けた物質(ガラスや金属)によるX線の吸収の影響が非常に重要になってきます。つまり同じ電圧・電流を印加しても、照射線量は装置ごとに著しく違います。ことにこのぐらい低いエネルギーのX線になると、装置ごとの違いがますます大きくなります。
 これを念頭に置いて、の話ですが、ご質問のX線装置の単位時間・単位電流当たりの照射線量は、1mの距離において1 [R/A/s] 位じゃないかな、と見積もられます。もちろんこれはおおざっぱなオーダーに過ぎず、実測しなきゃ絶対ダメです。
50cm離れた所、という条件は、単位体積当たりの吸収エネルギーがX線源と吸収物体の距離の2乗に反比例するということ
(3) 照射線量 ∝ 1/(距離)^2
から、だいたい 照射線量[R] ~4 [R/A/s] (しつこいけど、この4という数字は極めて怪しい。0.1~10位であってもおかしくないですよ。)
 また、「X線源」というのは、電子ビームがX線管の中でターゲットにぶつかる焦点(focus)の位置のことです。だから問題のX線管の構造を知らないと、距離を正確に測ることすらできません。

●照射線量Xと吸収線量
 吸収線量は、X線のエネルギーと、被曝する人体組織の組成に依存します。
 しかし、ご質問の条件のようにX線のエネルギーが低いと皮膚や脂肪や筋肉でほぼ100%吸収される。そうすると、これまたおおざっぱですけど1[R]の照射によって大体0.01 [Gy]ぐらいの吸収が生じると考えて良い。つまり、
(4) 吸収線量[Gy] ≒0.01 ×照射線量[R]
です。

●そうすると、50cmの距離において
(*) 等価線量[Sv] ≒1[Sv/Gy] × 0.01 × 照射線量[R]
       ~ 0.01 × X線管電流[A(アンペア)] × X線照射時間[s(秒)] / (距離[m])^2
ということになる。(~は、大体こんなもの、の意味です)
念を押します。これは凄くいい加減な見積りです。1桁ぐらい違っていても全然おかしくない。ホントは測らなくちゃダメなんですよ。

●計算間違いは毎度の事ですので、チェック宜しく。

●等価線量と吸収線量
1 ミリシーベルト 1 mSv は (1/1000) Sv (Sievert)。等価線量(線量当量とも呼ぶ)の単位です。
種々の放射線の人体への影響を統一して表そうという(無理のある)尺度ですから、もともとが目安です。(つまり等価線量の概念自体がホンマカイナといわれちゃう部分を含んでいます。)
 吸収線量 [Gy (グレイ:Gray) = J/kg]と線質係数[Sv/Gy]を用いて
(1) 等価線量[Sv] = 線質係数[Sv/Gy]× 吸収線量 [Gy]
 吸収線量というのは質量あたりの吸収エネルギーのことで、これは物理的に明...続きを読む

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Qサイズ(W・D・H)の表示順についての質問です。

サイズの表示順についての質問です。
カタログなどで商品のサイズが20×30×10などと表記されているのですが、W×D×Hの順序でしょうか?それともW×H×D? 基本的なことで申し訳ありませんが教えてください!

Aベストアンサー

幅W×高さH×奥行D が多いです。

椅子の場合は 座面の高さ SHが入ります。

テーブルは 長い方W 短い方はD 高さは H

で お打合せしてます。


人気Q&Aランキング