gooID利用規約 改定のお知らせ

eause todo backupのディスククローンを使用してHDD→SSDの移行をしてみたところ、劇的に速度が速くなったのですが、いわゆるアライメントのずれが発生してしまい、4kの書き込みが60MB/sぐらいの速度になっています。決して遅くはないのですが、速くできるならもっと早くしたいと思います。

クローン作成の際に、SSD用に最適化にチェックを入れているのですが、クローンをし直しや、SSDのパーティションなどをdiskpartなどで全削除してクローンをしてみても、4096で割ると0.25の端数が出るような状態になってしまいます。

eause todo backupの使うに当たっての何か設定などが必要で、SSD用に最適化がされていないのでしょうか?
OSを入れなおしても何だか直らないのではないかと心配です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No1さんのおっしゃる通りeause todo backupのバージョンが6.0以上ですか?



もし、それでもアライメントのずれが気になるようでしたら、これを試してみてください。
http://www.forest.impress.co.jp/library/software …

メニューの”パーティション”ー>”詳細処理”ー>”パーティションのアライメント”で最適化できるようです。

小生はこれでずれを解消できました。(速度が上がるかどうかは不明ですが)
参考までに。

この回答への補足

いろいろ調べていて疑問なのですが、アライメントは各パーティションを調整されたのでしょうか?

補足日時:2013/12/24 22:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あっさり直って、速度もそこそこ上がりました。
後はこちらの環境などの影響での差と思われます。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/12/25 00:28

購入したSSDってなんですか?(容量により異なる)


東芝のSSDでも4Kは60MBぐらいしか出なかったりしますけど
4KQD32だと数百MB以上出たりしますが・・・
メーカーが速度などを公開していたりしますし、ネットを探せばベンチ結果がでますから、それに近い値なら、正常でしょう

パーティション開始オフセットは、1,048,576バイトになっていますか?
2つ以上のパーティションがある場合は、4096の倍数ですか?
それなら、正常ですので、問題ありません

EaseUS Todo Backupでも、古いバージョンは未対応ですが、最新のものは対応しているようです
SSD最適化ってものにチェックを入れると、AFT対応です

この回答への補足

売れ行きのよいCSSD-S6T128NHG5Qです。
誤解を招く表記をしてしまいましたが、4kと4kQD32ともに大体60MB/sです。

EaseUS Todo Backupは最新バージョンの6.1を使用しました。

クローンしたSSDは3つのパーティションが作られましたが、調整によりWin7の管理ツールからは、システム予約済みとOSの入っているAのパーティションがあります。それぞれ開始オフセットは「17408」と「239,612,928」となっています。これらの数値は毎回変わりありません。

補足日時:2013/12/24 22:35
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパーティションアライメント調整とは

パーティションアライメントとは


SSDやHDDにパーティションアライメントという言葉がありネットで調べても

なかなか理解しがたいのですが、以下のSSDを最高のパフォーマンスで利用するためにパーティションを調整しようというサイトがあります。

http://www.lifehacker.jp/2011/09/110908_gpartedalignment.html



・SSDは最適なパフォーマンスのためには、64のデータブロックが必要です。Windowsのインストーラーではない、

他の何かによってSSDが初期化されている場合は、パーティションが間違って調整されているおそれがあり、

データの移行が遅くなることがあります



・通常のハードドライブには、63の空ブロックがあり、その後に最初のパーティションがあります。



パーティションが正しく調整されているかどうかを調べるには、スタートメニューをクリックし、

「msinfo32.」と入力してEnterキーを押します。「コンポーネンツ>ストレージ>ディスク」に進み、表示されたリストから自分のSSDを見つけて、

「パーティションスターティングオフセット」を探します。その数字が4096で割れる場合(10進法ではなく)、

パーティションは正しく調整されています。そうでない場合は、調整が必要です。

とあります。パーティションがそろっていない場合はフリーソフトのGpartedというフリーをフトを使用して調整するそうですが、



パーティション開始位置は8の倍数でなければならないとか、4096で割り切れないといけないといわれていますが、

これはSSDでもHDDでも同じでしょうか?特にAFTに対応しているSSDやHDDはこのアライメント調整をきちんとして

やることが大切でパフォーマンスに差が出てくるとされているそうです。



初心者は、単にHDDからデータをSSDに移行したりそういったことをせずに、SSDやHDDをWIndows7のフォーマットをしてから

OSをインストールすれば、自動的にパーティションアライメントは調整され、開始位置は8の倍数や4096で割り切れる数になっている

そうで最大限のパフォーマンスを発揮できるそうですが、私の理解で正しいですか?



となると、AFTに対応したHDDやSSDのOSでのフォーマット時のアロケーションサイズユニットは規定値もしくは4096にしたほうが

良いと言うことでしょうか?512にはしないほうがよいような気がします。

パーティションアライメントを実際にどうやって調整すれば、最大限のHDDやSSDのパフォーマンスが出るのか正しい知識を

教えてください。単にOSでフォーマットをかけて、単純にOSをインストールすればいいのですか?(WIndows7もしくは8)

それとも、パーティションの開始位置を調べてそれが8で割り切れなかったり4096で割れなかったりしたら、フリーソフトで

パーティションアライメントを調整しないといけないのでしょうか?



素人には分かりにくいので簡単に上記のことを解説していただけたら幸いです。



Cドライブ、PLEXTOR 512G SSD PX-512M5P

Dドライブ、Seagate Baraccuda 2TB内臓HDD ST2000DM001

Windows 7 64bit Pro DSP版 SP-1

パーティションアライメントとは


SSDやHDDにパーティションアライメントという言葉がありネットで調べても

なかなか理解しがたいのですが、以下のSSDを最高のパフォーマンスで利用するためにパーティションを調整しようというサイトがあります。

http://www.lifehacker.jp/2011/09/110908_gpartedalignment.html



・SSDは最適なパフォーマンスのためには、64のデータブロックが必要です。Windowsのインストーラーではない、

他の何かによってSSDが初期化されている場合は、パーティションが間違って...続きを読む

Aベストアンサー

基本的には、その認識で構いません。ただし、Windows7/8の環境では、パーティション開始オフセットは最初から1,048,576バイトになっており、4096バイトで割ると256になりますのでズレは全くありません。
→ "単にOSでフォーマットをかけて、単純にOSをインストールすればいいのですか?(WIndows7もしくは8)" これが正解です。

パーティション開始オフセットは、AFTのHDDやSSDをWindowsXPで使った場合、問題になります。WindowsXPでAFT HDDやSSDをフォーマットしますと、32,256バイトとなり4096で割り切れないため、余分なアクセスが生じ特に書き込みでパフォーマンスが低下します。WDCのAFTも同様の問題で、書き込み性能が低下します。SeagateなどHDDでは、AFTであってもWindowsXPで使ってパーフォマンスが低下しない工夫がなされているようです。

また、"msinfo32"でパーティション開始オフセットを調べるのは、安心して使うためには有効だと思います。

"gparted"は、私も日経の記事を読んで知りました。それまで、WindowsXPでSSDを使うため、Easeus Todo BackupやTrue Image等でクローンして工夫してきましたが、なかなかパーティション開始オフセットを1,048,576バイトにできませんでした。唯一、ThinkPad X31のIDE SSDだけはできましたが、それ以外のノートパソコンでは駄目でした。商用ならParagon Softwareのものがありますが、面倒なのでLive CDを焼いて"geparted"を使っています。
http://doplxyz.livedoor.biz/archives/51797623.html  ←皆苦労しています。

IntelのSSDならこの方法が取れるようです。
http://www.pc-master.jp/blog/parts/5278.html

と言う訳で、質問者さんのWindows7 64bit環境では、最初から対応していますのでそのままお使い下さい。

基本的には、その認識で構いません。ただし、Windows7/8の環境では、パーティション開始オフセットは最初から1,048,576バイトになっており、4096バイトで割ると256になりますのでズレは全くありません。
→ "単にOSでフォーマットをかけて、単純にOSをインストールすればいいのですか?(WIndows7もしくは8)" これが正解です。

パーティション開始オフセットは、AFTのHDDやSSDをWindowsXPで使った場合、問題になります。WindowsXPでAFT HDDやSSDをフォーマットしますと、32,256バイトとなり4096で割り切れないた...続きを読む

QAFTアライメント調整の推奨フリーソフト

WesternDigitalのAFT/HDDをXP環境で使用するため、まず
XPで初期化・パーティションを作成、その後WDAlignでアライメント
調整を試みましたが、「このパーティンションは最適に配置されています。
これ以外の操作は必要ありません」とメッセージが出ます。
msinfo32で確認すると、開始オフセットは32,256バイトのままです。
正しく調整して1,048,576バイトにするにはどうすればいいのでしょうか?
また、SeageteのAFT/HDDもあり、同様にXP環境での使用を考えております。
同社はSmartAlignを採用しているので、アライメント調整は不要との
立場からツールを提供していませんが、いろいろ調べると、やはり
調整したほうがいいとのことのようです。

ということですので、別のツールで可能ならば、WD、Seagateいずれも
それで調整したいと思っています。

そこでツールをネットでいろいろ探してみた結果、以下のものが
あるようですが、どれがお薦めでしょうか?
下記以外でもご推奨がありましたらご教示下さい。
アライメント調整だけなので、フリーのものを希望します。
(Paragonはよさそうですが、有料なので除外します)

宜しくお願いします。

・Easeus Partition Master
・MiniTool Partition Wizard
・ExamDisk
・AOMEI Partition Assistant Standard Editon
・Geparted(DOSベース?)
・Diskpar

WesternDigitalのAFT/HDDをXP環境で使用するため、まず
XPで初期化・パーティションを作成、その後WDAlignでアライメント
調整を試みましたが、「このパーティンションは最適に配置されています。
これ以外の操作は必要ありません」とメッセージが出ます。
msinfo32で確認すると、開始オフセットは32,256バイトのままです。
正しく調整して1,048,576バイトにするにはどうすればいいのでしょうか?
また、SeageteのAFT/HDDもあり、同様にXP環境での使用を考えております。
同社はSmartAlignを採用しているので、ア...続きを読む

Aベストアンサー

MiniTool Partition Wizardを使ってますが、新たにパーティションを作成するなら何の問題もなくアライン調整ができますよ。
パーティションを作成する際、Cylinder=アライメント調整無しと、MB=アライメント調整有りが選べます。
(添付画像参照)

Q賃貸マンションのエアコンを管理会社に変えてもらう方法について、

賃貸マンションのエアコンを管理会社に変えてもらう方法について、
お知恵をおかしくださませ。


先日、引っ越しをしたら、1ヶ月の電気代が一気に3倍(1万2千円)にもなりました。
(部屋は30アンペアです)

たしかにマンションが寒いので、エアコンを長時間ONしていますが
朝晩以外は家にいない生活なので、
電気代はエアコンの「古さのせい」としか思えません。
(引越し前は4千円程度の電気代だったので、、、)


こういう場合、管理会社にどう言えばよいでしょうか。
世間的には、10年前のエアコンと比べても、最近のものは40%くらい省エネと言われていますが、
うちのは92年製なので、すごい無駄があるのでは? と思っています。

ちなみにエアコンの温風はしっかり出ているので、
エアコンの暖める性能には問題なさそうです。
でも、電気代は我慢できないので、なんとかしたい! という相談です。

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

家電関係の仕事をしています。いくら問題なく動いてるとはいえ、92年製とは酷い話です。メーカーの想定寿命が約10年、買い替えまでの平均寿命が13年位だと思います。

私は賃貸物件に付いてるエアコンでオーナーの性格がある程度分かると思ってます。とにかく安いエアコンを付ける人や貸し部屋に一番高級なエアコンを付ける人と様々です。広い部屋に容量不足の安いエアコンを付けるオーナーが最悪ですね。容量を上げるようにアドバイスするとみんな口を揃えて自分が使う訳じゃないからといいます。最近は一人暮らし用の部屋はエアコンが付いてないとなかなか借りても付かないようで、ただ付いてればいいというオーナーが多いようです。

今回の場合、大抵のオーナーなら交換してくれるんじゃないかと思います。最近では人が替る度に安いエアコンを買い換えるというオーナーも多いようです。とにかく管理会社と交渉するしかないでしょう。管理会社も店子とのトラブルを嫌うのが一般的です。今回の場合は質問者様が無理な要求をしているとも思えませ。実際に店子にいわれて渋々、『最近の若い奴らは我がままだよな』と愚痴りながら買いに来るオーナーも多いですよ。本来は契約前に交渉しとかなきゃいけなかったんですが!最近人気のお掃除ロボ付きのエアコンじゃなきゃ部屋を借りないなんてつわものもいるようです。

さて質問者様が何畳程度のお部屋にお住まいか分かりませんが、もし交換して貰える事になったとしても部屋の大きさに合わないエアコンを取り付けられたんじゃたまりません。現在発売されているエアコンはどれもある程度は省エネになっていますので、超省エネの高級品に取り替えろとは要求出来ないでしょう。ただし、最低でも部屋の大きさに合ったものに交換して貰えるように努力しましょう。

話がこじれるようであれば、既存のエアコンを撤去してもらい自分で購入する事も検討した方がよろしいかと思います。何年住むつもりか分かりませんが、電気代の差額でエアコンが購入出来るかも?

それともしある程度借りての意見が通らないようであれば、早い時点での引越しを臭わせる!もしくは本気で引越し検討した方がいいかもしれませんね。気分悪いでしょう?

とにかく交渉です。基本中の基本、人間対人間、大人対大人の話し合いの交渉です。気後れする事もなく、普段通り冷静に交渉して下さい。頑張って下さいね。

家電関係の仕事をしています。いくら問題なく動いてるとはいえ、92年製とは酷い話です。メーカーの想定寿命が約10年、買い替えまでの平均寿命が13年位だと思います。

私は賃貸物件に付いてるエアコンでオーナーの性格がある程度分かると思ってます。とにかく安いエアコンを付ける人や貸し部屋に一番高級なエアコンを付ける人と様々です。広い部屋に容量不足の安いエアコンを付けるオーナーが最悪ですね。容量を上げるようにアドバイスするとみんな口を揃えて自分が使う訳じゃないからといいます。最近は...続きを読む

QHDDの回避不可能セクタ数が200

CrystalDiskInfoなるソフトで初めてパソコンのHDDを調べてみました。
健康状態が注意となっており、代替処理保留中のセクタ数が200で回避不可能セクタ数が200となっています。
これを0にするにはどうしたらいいでしょうか?
リカバリーしたら元に戻りますでしょうか?
パソコンは3年前に買ってデフラグは一度もした事がありません。

Aベストアンサー

まず、CrystalDiskInfo(CDI)の値の読み方が違います。
大切なのは生の値で、代替処理保留中のセクタが3個、回復不能セクタが6個あるということです。

結果から言って、HDDは機械自体が故障しています。
直すには、新しいHDDに交換するしかありません。

他の回答者はCDIの警告を出さない説明などをしていますが、それは単純に安全装置をゆるくする様な物で、全く意味がありません。

ちなみに、

代替処理保留中のセクタ……前回の読み取り時にエラーが発生したけど、次に読んだときに正常に読み出せればエラーじゃ無いけど、心配だからマークしておく。

回復不可能セクタ……何度も読んだけど、全く内容が読み取れなかった。だからここは二度と使わないようにしよう。

……と言った物です。
また、CDIの表示で、

現在値……現状の生の値をメーカー独自の計算式で割合にしたもの。状況が悪くなるにつれて、数字が小さくなる。
最悪値……過去、HDDにとって一番劣悪だった現在値が保存される
しきい値……この値を、現在値が下回ったときに、そのHDDは故障と診断される

ということです。
HDD自体は代替処理中も回復不能も現在値が満タンの200なので問題なしと報告していますが、ユーザ側としては生の値にゼロ以外の数字が出たときはHDDの交換時期であると判断すべきであると、個人的には考えています。確実にHDDに保存されたデータが破壊されていますから。

まず、CrystalDiskInfo(CDI)の値の読み方が違います。
大切なのは生の値で、代替処理保留中のセクタが3個、回復不能セクタが6個あるということです。

結果から言って、HDDは機械自体が故障しています。
直すには、新しいHDDに交換するしかありません。

他の回答者はCDIの警告を出さない説明などをしていますが、それは単純に安全装置をゆるくする様な物で、全く意味がありません。

ちなみに、

代替処理保留中のセクタ……前回の読み取り時にエラーが発生したけど、次に読んだときに正常に読み出せればエラーじ...続きを読む

QHDDの交換とシステムイメージの復元について

最近HDDの調子がおかしいので、HDDを交換しようと考えています。
交換後はPCに付属してあるインストールディスクから起動して、
システムをバックアップしてあった外着けHDDから
「システムイメージの復元」をして以前の使っていた状態まで戻そうと考えています。
そこで疑問が出たので質問です。


【質問1】

HDDを交換した場合、上記のやり方でHDDは以前の状態で使えるようになりますか。
(ちなみにHDDの交換はまだやったことは無いですが、「システムイメージの復元」を
外着けHDDから今のHDDに行った時は、一年前のバックアップを取った時の状態まで戻りました。)


【質問2】

システムイメージの復元でバイオス等、OSを起動する前のブート領域まで復元されるのでしょうか。


またバックアップでとってあったシステムイメージの中にブート領域がバックアップが取られているか
確認する方法があれば教えて下さい。
(当方はCドライブしか使っておらず、パテーション別けしてない為、おそらく「システムイメージの作成」の段階では
”C”しかチェックしていなかった記憶があります。)


以上、ややこしい質問で分かりにくいかもしれませんが宜しくお願い致します。




【使用環境】

デスクトップパソコン
OS: windows7 64Bit
グラボ:Geforce GT650
メモリ:8G

周辺機器:USB式のキーボード、マウス

最近HDDの調子がおかしいので、HDDを交換しようと考えています。
交換後はPCに付属してあるインストールディスクから起動して、
システムをバックアップしてあった外着けHDDから
「システムイメージの復元」をして以前の使っていた状態まで戻そうと考えています。
そこで疑問が出たので質問です。


【質問1】

HDDを交換した場合、上記のやり方でHDDは以前の状態で使えるようになりますか。
(ちなみにHDDの交換はまだやったことは無いですが、「システムイメージの復元」を
外着けHDDから今のHDDに行った時は、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

質問1は、バックアップをどうやって行ったかがカギです。

「ファイルのバックアップまたは復元」パネルで「バックアップの設定」で行ったものは、
既にOSが入っていることが前提なのでブート領域を含めた丸ごと復元はできません。
そのバックアップのままでは、質問2についても不可です。


HDDの交換を目的としたバックアップは、
「バックアップと復元」パネルで、左上に出ている

 ・「システムイメージの作成」でバックアップします。
  これでHDDやDVDにイメージを作成してください。
  バックアップメディアがDVDの場合、
  何枚かのDVDを作成すると、
  システム修復ディスクを作るように聞いてくるので、
  このディスクも作成します。

DVDイメージディスクが全てできたら、HDDを交換して、
PCがDVD起動できる状態にBIOSを設定してあることを確認した後、
最後に作った「システム修復ディスク」を挿入してDVDを起動してください。
最初の画面のIMEの選択を終えると、
「システム回復オプション」画面が出ます。
ここで「以前作成したシステムイメージを使用して~」を選んで、
後は指示に従っていけば復元できます。
途中、「コンピュータ上にシステムイメージが見つかりません」という
メッセージボックスが出たら迷わず「システム修復ディスク」を挿入してください。


ちなみに私は、ご貴殿と同じくHDDが不安定になって、
DVDにシステムイメージを保存(3枚程度)し、
異なるメーカーのHDD 1TBに乗せ替えました。

システムイメージの作成では、
バックアップ先として、HDDがDVD,またはネットワークに保存できるようなのですが、
私の場合、ネットワーク保存はパスが見つからず、うまくいきませんでした。


以上、お役に立てたら幸いです。

こんにちは。

質問1は、バックアップをどうやって行ったかがカギです。

「ファイルのバックアップまたは復元」パネルで「バックアップの設定」で行ったものは、
既にOSが入っていることが前提なのでブート領域を含めた丸ごと復元はできません。
そのバックアップのままでは、質問2についても不可です。


HDDの交換を目的としたバックアップは、
「バックアップと復元」パネルで、左上に出ている

 ・「システムイメージの作成」でバックアップします。
  これでHDDやDVDにイメージを作成してください。
 ...続きを読む

Q低電圧対応PC3L-12800について

低電圧対応のPC3L-12800(DDR3L 1600)が付いているノートPCに
通常のPC3-12800(DDR3 1600)をつけても(混在させても)問題ないんですよね?

Lなら低電圧1.35Vで動作しますよってだけで・・

Aベストアンサー

#1さんと同意見です。

実際にCore i5 4200のPC(Toshiba Satellite B554K)に低電圧と明記していない(多分1.5V仕様)メモリを挿しても起動しませんでした。

ただ不思議なことに、同一ブランド、同一型番(PC3LのLナシ)の3枚の4GBメモリのうち、1枚だけは動作が出来たのです。
他の2枚はスロットを挿し替えても、1枚挿しにしても動作不可でした。
”たまたま”とか、”相性”などの類だと思いますが、その後低電圧仕様メモリのデュアルチャンネルで順調に動作しています。

結論として、両電圧対応のメモリを使うか、PCの仕様に合ったメモリにすべきと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報