マンガでよめる痔のこと・薬のこと

タイトルが世間体としては不適切かもしれません。申し訳ありません。

そのタイトルの人物は、私です。

先天性か後天性かは先生に聞いてなかったのでわかりませんが、私は発達障害の軽度、鬱、強迫性障害、記憶が何でも飛ぶ、二重人格ではないが自我の若干の解離、といった、まぁ、複雑といってもいいのでしょうか。

そして嫌われ者です。嗤われ者です。過去、いじめられたり、そして多大な迷惑をかけてしまいました。

でも、私は、普通に生きてきたつもりです。

何故、そんな人間が生まれてしまったのでしょう。

病院の先生は、環境であると仰ってました。家庭環境、生活環境だと。
そして私も。何故、私は、こんな自分になる前に、その違和感に気づけなかったのでしょう。

先生の仰ってることは、正解でしょうか。すいません、先生の言い分、最近よく分からなくて。

皆さんは、どういった原因があると思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

前向きな考え方を癖づくのはどうでしょうか。


嫌われない人間は世の中にいない、頭がおかしい人ほどアイデアが豊富…
要は色んな見方を身に付ければ有効活用できる選択肢が増えるというものです。
後ろ向きな考えが育ってしまってるので前向きな考えをまず根付いてみてはどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それは一理ある解決方法であって、原因の答えになってません。申し訳ないですが、原因についてお聞かせください。

お礼日時:2014/01/06 10:36

環境も大きな原因のひとつでしょうし、何か精神的ショックがあって、そうなってしまう方もいらっしゃるでしょう。

発達障害や鬱は、遺伝要素もあるみたいですね。

迷惑をかけた、と自覚されるのは素晴らしいことだと思います。本当に迷惑をかけている人はそれに気づかないものです。そんなに悲観的にならず、今は、お医者さんと共にご自分の幸せに向かって、治療を進められるのが良いのではないでしょうか。

私も過去に鬱になり、周りの人に多大な迷惑をかけてしまいました。いまは、その時に迷惑をかけた人たちに少しでも恩返ししようと、毎日を生きています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

お礼日時:2013/12/30 14:02

>いじめられるということは、私の場合は、気持ち悪いことやってた自分だから虐められてもしょうがない、という意味です。



 では、これで、帳消し(貸し借りなし)で、ちょうどいいのではないでしょうか?



>嫌われる理由も、自分勝手にやってたから、嫌われて当然だという意味です。わかりにくくてすいません。

 では、これからは、自分勝手にやらないようにしていけばいいだけのことではないでしょうか?(一度には無理ですが、少しずつ、、)


 
>何故、そんな人間が生まれてしまったのでしょう。

 これは、先生の回答と同じになってしまうかと。


>何故、私は、こんな自分になる前に、その違和感に気づけなかったのでしょう。

 それは、無理というものです。
子供の頃の責任は、親にありますから、、、。
(自分の意思では、どうにもできませんし)


 私は、誰にも嫌われない人生なんて、不可能だと思います。


嫌われたって、いいのではないでしょうか?

 嫌われることで、逆に、強く成長できることが、あまりにも多いから、です。

私も、嫌われ者です。
(最初は、歓迎されても、必ず、嫌われます。ただ、その時からが、もっと強くなれるチャンスだと思っています。逆境にチャンスあり、というか)

 ただ、全部に、嫌われることは、あり得ないです。(経験上。誰かに嫌われれば、誰かに好かれる、というか)


あなたのような方が、強く成長していくのが、少なくとも、私には、嬉しいのです。

 
>皆さんは、どういった原因があると思いますか?

 失礼かもしれませんが、あなたの過去の質問を見てみました。
すると、あなたの母親は、私のお婆(おばば、と呼びます)と、実に、よく似ています・・・。(私の、母親の母親、です)

 ですから、共感を覚えました。


ちょっと、人様よりも優れた頭脳を持ってしまった、ということでしょうか。

 あなたの“お礼文”を読んでいると、まるで、質問者さんとは別人のような感じさえします。(ひょっとして、このサイトの運営の方?と思ってしまいました。 わざと、トボけて、質問を出したのかな?と。 履歴を公開されなければ、そう思ったままです。)


 ご自分を活かせる“何か”が見つかると、いいかと思うのですが・・・。



 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も、俺も、どちらも自分です。ややこしくて申し訳ありません。
あの荒ぶった質問は、悔しく悲しいままに勢いで書いていたものでして。

私は、何も出来ない中ですが、でも、都合いい考えはもう嫌なのです。嘘も、言い訳も、私はもうしたくない。できているか不明なので、これはできている、とは言えませんが。

だから、貴方の言葉の、帳消しだ嫌われ者はいないだとか、その言葉を、私が言い訳や嘘にして都合よく使うのが怖い。だから、まだその言葉は判断できない。

ご回答有難うございます。

お礼日時:2013/12/26 21:00

>一概に彼らは悪くない。


>でも、私にも問題があったのです。

 見事に、うつ病の真っ只中ですね。


>ま、いっか、とは思えません。そんな投げやりにしたら、私はそれこそ頭が可怪しい。

 これは、あなたの“長所”なんです。


>貴方の解答は、医者のいうことは信じるな、というふうに聞こえます。

 医者は、あなたが治る“お手伝い”をするだけです。
信じるとか信じないとかではないです。
 主人公は、あくまで、あなたなのです。


>私の受け取り方全てが私という最低な結果を生み出した、ということですね。

 うつ病の状態ですと、こんな風に、自分を導いてしまいます。

私の受け取り方にも因ることもある、ということですね。となります。
 最低か最高かなんて、誰にも分かりません。



>>そして嫌われ者です。嗤われ者です。過去、いじめられたり、そして多大な迷惑をかけてしまいました。

矛盾だらけの文章です。
嫌われ者は、いじめをやるから、です。
 いじめられて、多大な迷惑をかけてしまいました、って、囲碁?


>>何故、そんな人間が生まれてしまったのでしょう。

人間、一人一人、違うのが本当です。(当たり前ですが。
個性が強いということは、人間性が強い、ということです。
 ロボットみたいなのが、いいのでしょうか?

  まぁ、誰でも、好きで生まれてきたわけではないんですが・・・・(笑


>>先生の仰ってることは、正解でしょうか。

世の中に、正解なんてないのが、本当です。
試験などでは、正解がありますが、あれは、採点をしやすくするため、です。
 一般的には、正解は、無限にあります。


>>すいません、先生の言い分、最近よく分からなくて。

 やっぱり、何か、囲碁みたいなんですが。


 
 まぁ、うつ病真っ只中なので、何を書いても、伝わらないかと思うのですが・・・。


  もう少し、休養された方が、いいかと思います。


ゴロンと横になっていても、何の問題もないんですし。

この回答への補足

いじめられるということは、私の場合は、気持ち悪いことやってた自分だから虐められてもしょうがない、という意味です。

嫌われる理由も、自分勝手にやってたから、嫌われて当然だという意味です。わかりにくくてすいません。

補足日時:2013/12/25 22:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

囲碁? だとか、よくわからないけど、ご回答有難うございます。

お礼日時:2013/12/25 22:03

私も専門家ではありませんが、意地悪な人(がいる環境)が貴方を「嫌われ者」にしているのです。



意地悪をしない優しい人ばかりの環境だと仲間はずれにはしませんし、いじめもしませんし、障がいや病気を馬鹿にしないで快く助けたりしてくれます。
もちろん迷惑だと思っていません。
意地悪な人の方こそ迷惑です。

人は大なり小なり障がいや困ったことを抱えています。
それを助け合うのが人間というものです。

障がいを持っているから「頭がおかしい」とか「嫌われ者」とか思わないでください。
健康そうに見える人たちからはちょっと変わっていると捉えられる事もありますが、普通の人だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう。でも、私は過去、その虐められる理由を持っていたのも事実です。一概に彼らは悪くない。
貴方の言うとおり、そういった身勝手な人間もいたのかもしれません。
でも、私にも問題があったのです。

でも、貴方の言う形で嫌われ者、頭が可怪しい人間が生まれるのも事実。再確認しました。ありがとうございます。

お礼日時:2013/12/25 17:42

分かりません。


専門家じゃないので・・・

よく分からないというのは、主治医の先生は、説明が下手なのかもしれません。
主治医の先生には内緒で、他の医者にも診察を受けてみたらどうですか?

家庭環境、生活環境に問題があることに気付けないのは、当たり前だと思います。
産まれた時から、そういう環境にいるなら、違和感を違和感と感じず、疑問も持たないでしょう?
気付かないのは、仕方ないのではないですか?
そのことで、ご自分を責める必要は無いと思います。

家庭環境、生活環境に問題があったというのなら、親や生まれて来る家庭は、子供には選べないですから、setuno_057さんには気の毒な話ですが、「運が悪かった」のだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえ、専門的な意見、も、求めているには求めているのですが、しかし、そういった方じゃなくても、一般的な方は、どういった意見を持つのかな、と疑問をいだいております故、貴方の意見も参考になります。ありがとう。

お礼日時:2013/12/25 12:07

No.3です。


お返事をありがとうございます。

医師はプロですし、
信じるなと思ってるわけではありません。

ですけど、現状、質問者さまの納得いくような説明をお医者様はできていないからこうして悩まれているわけですよね。

私も鬱になった時、まわりから頭ごなしに「医師は薬漬けにするだけだから信じるな」などと言われて、
じゃあ何を信じればいいんだ?と悩んだことこがあります。

なので医師や診断を否定するつもりはないです。

私の担当医が「発達障害」という診断をしてくれたことで、いままでの疑問が腑に落ちたのでとても感謝しておりますし、
私の困難を理解してくれる味方です。

でも、鬱がいまほど認知されていなかった時のように、発達障害もまだまだ解明されきっていないものだと思うのです。
だから自分なりにいろいろ考えてみただけです。

圧力がかからなければ骨折をしないのと同じで、
発達障害も鬱も環境によっては生まれないものなんじゃないかな
とふと思ったことがあるのでここでお話しさせていただきました。

うまく説明できてないかもしれないです。
わかりにくかったらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

追記ありがとう。
これから貴方の言葉、ゆっくり考えてみます。

お礼日時:2013/12/24 23:16

どんな病も医師の言うことが絶対ではありませんけど、その病に関しては医師と同感です。

違和感に気づけなかったのは医師同様、私にもわかりません。なぜなら、私達はあなたそのものではありませんから。。。ただ、質問内容に書いてある病の数々………自分が自身を信じれなくなると、そうなります。過度になるにつれて人格(元を信じない役)を作っていく。こういったことは各々の人生の中で誰も教えてはくれませんし、仮に言われたとしても、幼い頃に理解出来るものでもない。どうすれば良いのかは、自分と向き合う他ないと。

【負けてたまるか!】【ま、いっか!次、次】のようになれれば、改善しますが、やめて退いた方が楽…をどうしても選んでしまう性格になっていませんかね。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえ、その違和感の件は、私が思ったことです。医者は、環境がどうだとか言ってました。

ま、いっか、とは思えません。そんな投げやりにしたら、私はそれこそ頭が可怪しい。
適当に簡単に放り投げて終わせちゃ駄目なものだから。

お礼日時:2013/12/24 22:40

私も軽度発達障害と診断されました。



先生はしょせん他人事なので、こちらが納得できるようなことをズバリ言ってくれるとは限りません。
なので当事者として考えてみました。


発達障害は環境のせい。
というのはいろんな意味があると思ってます。

(1)苦手なことをやらなければならない環境に行ってしまった場合

求められることが多い環境で、発達障害が「見つかった」場合。私はこれです。

昔は発達障害なんていなかった。発達障害なんて嘘。誤診。という意見もあります。
それはそうです。
昔と違って、今は何でも臨機応変にいろんな仕事ができなければいけないから。
一人当たりに求められる仕事が増えるほど
、それぞれの苦手が発覚したりパンクするのは当然ですよね。
電話の取り継ぎだけしてればいい仕事をして生計を立てられる世の中ではありません。

たとえば...

ひっきりなしにかかってくる顧客からの電話に対応をしながら、そのあとはすぐに見積書の計算(速く正確に)、時々部下の書類を添削、絶妙なタイミングで上司に報告、
パソコンは速く正確に打てなければならず、エクセルの関数も使えて当然。
残業せずに終わらせて帰る。

こんなスーパーマンが「標準」になり、それが出来なかった人から脱落していく。転職したり、鬱になるかたちでドロップアウト。

あなたはいつも、何一つとして「みんなと同じように」「人並みに」できないですか?
いつもじゃないはずです。
例えば、
お箸は きれいに持てていたり、字がきれいだとか、絵がかけるとか、漢字は得意だとか 好きなことは満足に出来るとか。小さなことをあげてみると、何もできないわけじゃないはずです。

だけど出来ないこともたくさんある。
たまたまその出来ないことをやれと言われて、努力してもできない。ということで診断を受けて 発達障害に気づく。

私は接客のアルバイトではいつもほめられてました。一生懸命だし、笑顔で接客できるからと。
学校でも国語と英語はできました。
だから自分は何の問題ないと思ってたのですが、
就職して経理をやったら、何にもわからない。すぐ忘れるわ、数字の桁は間違えるは、怒られてばかり。
これはおかしいと思って、テストを受けたら発達障害と言われました。

もう一例として、
たとえば、かなりの発展途上国では発達障害などというものはないと思いますよ(認識されていないことは存在しないのと同じ)。
毎日 朝起きて、家族の畑仕事の手伝いをしたり兄弟と走り回ったりしてご飯を食べて寝る生活だったら、あなたも「なんでみんな出来ることができないのか?」「人と違う」ってそれほど言われないんじゃないかと。兄弟より友達少ないけど、兄弟よりちょっと多く親に怒られるけどまあいいか!とかそんなくらいに思ってたと思いますよ。
あなたの出来ることをメインに求められている生活なら、発達障害なんて言葉知らなかったと思いますよ。

(2)その環境にいる人々の価値観によって「変人」が生まれる

つまり文化の違いとも言えます。

日本でいい大人が裸足で歩きまわってたらニヤニヤして、変な人がいるよ~って目で見られますよ。

でも先日、どこかの海外の人がテレビで、家から近くにいく場合に靴ははかない、バスで移動するならそんなに汚れないから靴ははかないと言っていました。
その考えで日本に来たら、どんな肩書きの人でも立派な「変人」です。

私が極寒の富士山の頂上へ行ったとき(下に4枚着て冬のダウンを着込んでも鼻がたれるくらい)、外国人観光客は半袖半ズボンで何食わぬ顔。
われわれ日本人は彼らを「あいつら変人」「あたまおかしい」と言って見てましたよ。

(3)育つ過程で、発達障害(極度の苦手)が自然に矯正されなかった場合

私は発達障害なのに、人の気持ちはわかるしコミュニケーション能力は優れてて珍しいと言われました。
それは私の親が厳しくて、ずーっと顔色を伺うような生活を小さい頃からしてきたことがそうさせたと、先生は言ってました。つまり、小さい時に運良く矯正されていたのです。

苦手なことを小さい時に矯正されなかったことのことを、現代の日本では「発達障害」とするんじゃないかと私は思ってます。

私は算数ができません。小学生の足し算引き算から。何回教わっても忘れる。教えてもらった瞬間は理解できて感動するんですが、次の日には忘れてる。
だから「嫌い」だし、できなくてもその時は困らなかったし、いいや!と思っていて、大人になって初めてヤバイと思いました。仕事で毎日何も出来なくて、怒られて、毎日まわりに申し訳ない気持ちに押しつぶされて鬱になりました。


子どもの頃はまだ頭もやわらかく、可能性にあふれてます。それに学校や塾で矯正する時間が多いです。

他の人が子どもの時にその凄まじい時間をかけて自然に育んできた能力を、大人になってから取り戻すには、かなりの努力が必要で、多少は改善できても、同等のレベルの訓練をするのはほぼ不可能に近く、「病気」と扱うしかないほど大変なことなのです。それを発達障害とカテゴライズしているだけじゃないでしょうか

(4)遺伝

発達障害の診断の際、両親のことは聞かれませんでしたか?
たしかにうちの父は公務員ながら、自分のほしいものはいくら借金しても買うし、お金の計算ができない人でした。
自分に似てるなと思いました。
でも父は計算をしない仕事でしたから、気づかなかったんでしょう。、

(5)脳の違い
発達障害って、ある脳の物質の分泌が少ないらしいですね。
でも私は思うんです。その物質って過度のストレスでも減少すると思うし、必ずしも発達障害に結びつくとは限らないだろうと。

それから

なんで今まで気づかなかったのか?と私も考えましたけど、気づいてても何も変わらなかったと思いますよ。

日本は、「こうあるべき」「標準」にこだわるんですよね。

これらが発達障害が生まれる理由。

発達障害者が必ずしも「あたまがおかしい」「嫌われ者」とは限らないので、それはなぜいじめられるのか?嫌われるのか?という別の過去の質問が参考になるかもしれません。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3643065.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴方の解答は、医者のいうことは信じるな、というふうに聞こえます。
発達障害は病気ではなく、その人のできない部分が医者への客である患者の人を通院として繋ぎ止めておく材料である「病気と称して発達障害」たらしめている、という言い方ですよね。

参考URL拝見させて貰います。ありがとう。

お礼日時:2013/12/24 21:56

一概に環境といっても具体的な理由の説明にはなりません


同じ家庭の兄弟でもほぼ同じ環境下で性格はかなり違ってきます
問題は自分の受け取り方(考え方)なんだと思います
生まれつきの性格というものもあるでしょう
とはいえ、好ましくない人格だと自分が思っていても、他人から見れば望ましい性格である場合もあるのです
質問文を読んでいるとどうも自分の性格判断を誤っているように思ってしまうのですが

ずばり「自分が大嫌い」ということではないでしょうか
自信がなく他人の足手まとい、後悔ばかりで結果の出せない己の生き方がたまらなく嫌になって辛いのではないかと思います

でもね、あなたのように他人に対して申し訳ない気持ちを抱えて悩んでいる人がいるのを知ると人間も捨てたものではないと感じます
他人を利用するだけ利用して感謝するどころか当然の権利のようにふるまう自称普通の人に囲まれて生きているとついそう感じます

先生の言われることは一般論的なものかもしれません、仕事ですから分からないとも言えませんからね
自信を持ちなさいとか自分を愛しなさい、まして頑張りなさいなんて助言は意味がありません

完璧な人に非力な手は必要とされません、でも弱点で悩み苦しむひとにとっては力強く差し伸べられる手になれるかもしれません
それは弱いと思い込んで助けを求めている人が、実際にはお互い同士助け合っていることになるはずです

誰でも弱点はありますが人はそれを知られないように努めます攻撃する者もいるからです
しかし、自分の弱点を知ってそれを認められる人はほんとうに強くなれますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の受け取り方全てが私という最低な結果を生み出した、ということですね。

環境は一切関係ないと。

お礼日時:2013/12/24 21:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング