私は蒼の~、天赤が大好きです。天篠原千絵先生の映像化された作品がいくつかあると聞いたのですが、ご存知の方教えてください。。漫画と比べた感想なんかも教えてもらえたらうれしいですっ!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

闇のパープルアイはNo1さんの仰る通り、ドラマ化しましたね。

(私は第1話ですでにアウトでしたが・笑)だって倫子が雛形だし…紫の目が異様だし…。。。

海の闇・月の影はビデオ化(アニメ)してます。確か4巻位だったと思います。これも結構…。。個人的にはギャフンでした。原作台無し…。声が違う~~~!と感じました。
CDも出ていますが、これまた…。クラシックや歌が入ったCDです。(相当歌がへたくそ・苦笑です)

激しく違和感を感じた作品達でした(汗
普通にマンガだけの方が良かったかも…と個人的には思います。特にCDは止めておいた方がいいかも!?
    • good
    • 0

すっごい昔漫画バージョンで観たような記憶がありますね・・・。

y-tomoは赤天以前の作品全部持ってましたけど・・・。闇のパープルアイかその次の双子の何でしたっけ?「海の闇・。。。」何とかってやつ。
どちらも漫画でビデオになってたような~・・・。でも、つまらないかったって記憶が残ってない気がするので・・・・。すみません。余りに昔過ぎて・・・・。もう、十数年前です。参考にならなくてすみません。
    • good
    • 0

雛形あきこの「闇のパープルアイ」


1996年7月~9月。
まあ、おおむね、悪くはなかったのだけど、ただひとつ、成長した慎ちゃんの役が「渡辺いっけい」だったことが残念でたまらない。
(未確認。違う俳優さんかも? でもあんなカンジ)
以来、彼が出演するドラマを見るたびに、ため息とともに
「慎ちゃんはな~、困ったナ~」
と思ってしまいます。……今でも……。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q篠原千絵先生の漫画でお勧めは?

先日、漫画喫茶で篠原千絵先生の「水に棲む花」を読み、
そのお話の面白さに心を惹かれました。

他の作品も購入して読んでみたいと思うのですが、
時間&お金の都合でどれか一つに絞りたいと考えています。

下記4作品のうち、皆様のお勧めを教えて頂けたら…と思います。

○蒼の封印(全11巻)
○海の闇、月の影(全18巻)
○天は赤い河のほとり(全28巻)
○闇のパープル・アイ(全12巻)

Aベストアンサー

篠原千絵先生、私も好きです!!
どの作品も、切なくて泣けるし・・・
私の中で、間違いなくナンバーワンです(笑)

篠原先生の漫画は、どれもよくて、選ぶのが難しいです・・・。
ちなみに私は、すべて持ってますが。

蒼の封印、海の闇・月の影、闇のパープルアイは、単行本のほかに、文庫版も全巻でていますので、こちらだと一冊に単行本二巻~三巻分は入ってますので、お値段は単行本よりやや高いですが、お得かな・・・と。
天は赤い河のほとりも、やっといまボチボチ文庫版がでてきている途中です。
単行本では、最新刊 海に墜ちるツバメ がでています。
古いものだと、陵子の心霊事件簿(全二巻)というのもあります。
とてもいい作品です。

本当にどれも良くて迷いますが、私は 天は赤い河のほとり をオススメします。
物語の壮大さ、ストーリー、どれをとっても満点です。
これ一冊で、笑ったり、泣いたり、感動したりできます。

Q蒼天の拳について

北斗の拳と同じ人が描いていると思うのですが、絵の質が随分落ちますよね。わざと落としているのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

作者の原哲夫さんは、円錐角膜という目の病気を患っており、長時間の作画は出来ない状態です。(絵を描く人にとっては致命的な病気のようです)
片目で描いているそうなので、そのためではないでしょうか?

個人的には、そのような状態であれだけの画が描けるというのはすごいと思います。

Q「蒼天航路」って面白いですか?

三国志関連の書籍に興味を持っています。
「蒼天航路」というマンガを文庫で見つけたのですが、面白いんでしょうか? 曹操が主人公ということなのですが、
どのように描かれているんでしょうか? 教えて下さい!

Aベストアンサー

 一般的に、曹操は天下の奸物、悪役もいいところの人物ですが、
「蒼天航路」では、常人の尺度を超えた非常に魅力的な人物として描かれていますので
劉備なんかよりずっと天下人たる器の人間に思えてきます。
逆に劉備は器の広さははかり知れないものの、大変情けない人間です。
そしてもう一人、諸葛孔明に至っては・・・・
スーパー歌舞伎で猿之助が新しい孔明像を造りだしたと評判ですが
誰も想像のしなかったようなタイプの人物として描かれています。

 あとはご自分でお読みになるといいと思います。
恐らく三国志についてお詳しい分、余計に
目からうろこが落ちたような気分になると思いますので
あえてこれ以上詳しくはお教えしないことにします。

Q蒼天航路:荀彧文若の最後の紙について

蒼天航路での荀彧文若の最後の紙について質問です。

作品の終盤で、荀彧文若が曹操から箱を贈られます。
箱の中にくしゃくしゃに丸められた紙が入っており、それを広げると白紙。物語の中で荀彧はこれを好意的に受け止めています。

これはどのように解釈すれば良いのでしょうか。
・お前に通達するものは無い。
・元気になったら雪合戦しようぜ。
・または何かの謀略(空箱と同じ)。
なのかな、と思ったのですが今一つ要領を得ませんので、皆さんのご意見をを伺いたいのですが、どなたかこれだ! と思われる答えをご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

尚、この作品は曹操に好意的なので、空き箱の謀略と同じ意図で描かれているとはちょっと考えにくいです。

Aベストアンサー

その三百二十一 漢―くに―の回(荀の死の前の回)のラストで
荀の様子を聞いた曹操が
「俺が荀にしてやることは何かないのか?」という台詞と
雪合戦の約束をした回想
そして「冬の到来にはまだ早いぞ!」

私はただ単に
「死ぬのは早すぎる」「雪合戦の約束を忘れるな」
と捉えたのですが。
扉絵などに荀と雪景色が使われていましたし。

あとは「荀は荀でしかない」ということではないでしょうか?
曹操や漢、周りのことにとらわれずにすべて忘れて、真っ白な荀でいろと。

荀は丸められた紙を見て当初はマイナスな捉え方をし、
自死の為薬を大量に飲み込んでから真相に気づいた
―だと思うのですが。

Q蒼天航路

現在、横山光輝の三国志を読んでいて、
次に、蒼天航路を読もうと思うのですが、
面白いですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

蒼天航路、面白いです。
今年読んだ漫画のなかで一番面白いです。
いままで読んだ中でも、うーん・・・、
3つのなかに入ります。
(あまり漫画は読まなかったけれど)

でも、横山さんの三国志の描き方と、
蒼天航路の描き方はかなり違っていると思います。

なので、あまり先入観を持たずに、
なにも三国志のことは知らないんだくらいの気持ちで読むと、
ハマるかもしれないです。

うん? 自分が思っていた印象や現代で明らかになっている事実と違うと感じても、
登場人物の台詞や表情を深読みしていくと、
おもわず、
「あ! なるほど・・・ うーん、まいった」
となることもあります。

三国志演義で表立っていなかった人も、ぐっと出てきているし、
表立っていた人への描かれ方もずいぶん方向性が違うけれど、
個々のそんな違いが、時間をかけると同じ(似ている)にみえたりします。

深くて面白いですよ。
おすすめです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報