今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

職場で年末調整の結果と源泉徴収票をいただきました。
私はパートなので、できれば年収を103万以内に抑えたいと思っています。

源泉徴収票には
支払金額 1,049,236円
給与所得控除後の金額 399,236円
所得控除の額の合計額 396,981円
源泉徴収税額 100円
生命保険料の控除額 16,981円

と記載されていました。

この場合、私の年収は103万は超えているということになりますか?
わかる方がいましたら教えてください(>_<)
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

超えています



支払金額 1,049,236円 ← 103万オーバーしてます。

いわゆる103万とは
給与所得者の基礎控除が65万あります

それと控除対象配偶者の要件の一つとして「年間所得が38万円以下」という条件があり
これを合計すると103万になります。

なので控除後の所得が38万以内でないといけません

65万引いたのが給与所得控除後の金額 399,236円で


所得控除の額の合計額 396,981円 ← まちがっていませんか?
生命保険の16981を引くと 382,255円ですよ ← これが38万越えています

382255円から38万引いた2255円が所得税対象となり、所得税が100円徴収されています、

■ていうか
所得税が1円以上、ある時点で103万(非課税額)越えていると一目瞭然ですよ^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明をありがとうございました。
来年からはしっかり計算しようと思います!!

お礼日時:2013/12/25 10:34

あやや・・・


19,236円オーバーしてまんがな!
せやから税金を「100円」も払っとる事になりま!
>源泉徴収税額 100円
もうちと計算して働かんとダメでんな。
お国に「100円進呈」してることになりまんで!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりそうなんですね(>_<)
もっと計算して働きます。
ありがとうございました!

お礼日時:2013/12/25 10:24

>この場合、私の年収は103万は超えているということになりますか…



はい。

>支払金額 1,049,236円…

「年収」の言葉は税用語ではなく確たる定義はありませんが、一般にはこちらを指します。
ところで、

>私はパートなので、できれば年収を103万以内に抑えたいと…

何で?
お金が欲しいからこそパートに出ているのではないのですか。
俗に言う“扶養”の問題ですか。
だとしたら誰に扶養されているのですか。

もし夫婦間の話であれば、税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
扶養控除は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。

「配偶者控除」は、配偶者の「合計所得金額得」が 38万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76万円未満なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>給与所得控除後の金額 399,236円…

これが税用語でいう「合計所得金額得」です。

よって、夫は今年分の所得税について、配偶者控除 38万が、配偶者特別控除 38万に代わるだけで、去年に比べて何の損得もありません。

199,236円多く稼いで 100円の所得税があなた自身に発生したことを考慮しても、199,136円が家計にプラスされたのです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しいご説明ありがとうございました!!
もっと税金について詳しく調べてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/12/25 10:30

「支払金額 1,049,236円」


残念ですが、103万を超えています。

すでに、源泉徴収票が出来ていますから、いまさらどうしようもありません。
こればかりは、会社任せにせず、給与明細等でじぶんで計算して働くしか無いです。
ただ、130万は超えてないので、社会保険料は払う必要はありません。

http://money-lifehack.com/working/646
    • good
    • 1

 総支払金額=年収 ですので、あなたの年収は103万円を超えています。



 年間所得は399,236円です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
超えてしまったみたいですね。
次回からはしっかり計算してみようと思います!!
ありがとうございました。

お礼日時:2013/12/25 10:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するQ&A

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパートで103万を超えてしまった場合

夫の扶養にはいり、パートタイマーで働いています。

1月に平成17年の源泉徴収票をもらい、確認したところ、103万を少し超えて109万になってしまいました。
(昨年、ちょうどパートからパートへ転職をしたのですが、その際、ちゃんと計算したつもりが、私のミスで少し多く働きすぎてしまいました)

源泉徴収票をみると、支払い金額が109万円、給与所得控除後の金額が443000円、所得控除の額の合計額が390000円とあります。

1)これは私の年収は443000円ということになるのでしょうか?
2)夫の会社に連絡をしないと夫の給料から何か引かれるのでしょうか?
3)確定申告をする必要があるのでしょうか?

うっかり103万を超えてしまった場合、どのように対処すればよいのか、ご教示ください。

Aベストアンサー

こんにちは。

配偶者控除が受けられない場合でも、所得が76万円以内であれば、配偶者特別控除が受けられます。
所得443000円の場合の配偶者特別控除額は36万円です。配偶者控除が38万円ですから、2万円に対する所得税分を追加で収める必要があります。
大まかに言えば2000円程度と思います。

但し、配偶者特別控除を受けられなかったことにより、2006年は、奥様は、控除対象配偶者ではなくなります。よって、毎月の所得税額が2005年に比べて扶養者1人分増えることになりますので注意してください。とはいっても、年間で払うべき所得税額が増えるということではなく、あらかじめ毎月分割して仮徴収する額が増えるということです。最終的には年末調整で調整されるので問題はありません。
毎月の手取額が少し減るのでさびしい、というところでしょうか。

Qパート収入が103万を超えそうです。主婦で旦那の扶養になってます。

パート収入が103万を超えそうです。主婦で旦那の扶養になってます。
今年になり、シフトが激減すると言われたので、もうひとつ仕事を見つけてみましたが、思っていたよりもあんまり収入が減ることなく、このままでいくと103万を超えて、おそらく110万くらいになりそうです。一応、職場には超えそうなので、シフト調整をお願いしていますが、あんまり無理も言えません。
103万を超えると、扶養控除の問題、市民税などもかかわると言われて、困ってしまっています。
市民税ってどのくらいくるのでしょうか?旦那の税金もかなり増えるのでしょうか?
わかりやすく説明していただけるとうれしいです。お願いします。

Aベストアンサー

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円以上の収入(月収108334円以上)があるとはずれなくてはいけません。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。

103万円を超えると確かに貴方やご主人の所得税や住民税は増えますが、働いた以上にかかることはありません。
なので、130万円ぎりぎりで健康保険の扶養からはずれなければ、働いたなりに世帯の手取り収入は増えます。

ただ、貴方のご主人の会社で「家族手当、扶養手当」が支給されている場合、103万円もしくは130万円を超えると支給されなくなるということがあります。
これは、会社の規定なのでご主人の会社に聞かないとわかりません。
もし、103万円を超えると支給されなくなるなら、その額によっては103万円以下に抑えるという選択もあるでしょうね。

>103万を超えると、扶養控除の問題、市民税などもかかわると言われて、困ってしまっています。
市民税ってどのくらいくるのでしょうか?
110万円だとした場合で基礎控除以外の控除がないとした場合
住民税は「均等割」と「所得割」の2つの課税です。
均等割 4000円(市町村によってはこれより数百円高いこともあります)
所得割 120000円×10%=12000円
計16000円です。
なお、103万円でも所得税はかからなくても、住民税(均等割4000円、所得割5000円)はかかります。

>旦那の税金もかなり増えるのでしょうか?
ご主人の所得により所得税の税率変わるので何とも言えませんが、普通の所得なら税率5%か10%でしょう。
所得税 70000円(配偶者控除と配偶者特別控除の差)×5%=3500円 もしくは
    70000円(配偶者控除と配偶者特別控除の差)×10%=7000円
住民税 20000円(配偶者控除と配偶者特別控除の差)×10%(所得に関係なく)=2000円
計5500円もしくは9000円増えるだけです。

7万円収入が増えますので、税金の増額分引いても手取り収入はプラスです。

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円以上の収入(月収108334円以上)があるとはずれなくてはいけません。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は...続きを読む

Q130万の壁 源泉徴収票の見方

お恥ずかしながらよく分からないので、教えていただけませんか。


結婚退社し、会社から頂いた私の源泉徴収票には

支払金額:127万円
給与所得控除後の金額:空欄
所得控除の額の合計額:6750円
源泉徴収額:2万6820円

とありました。 
これは130万の壁以下で、働けていますか。
交通費はどうなるのでしょうか。

Aベストアンサー

NO3です。
簡潔に。
1夫が加入してる健康保険の被扶養者になれるか。
なれます。
理由
婚姻後無職になるので、「今後一年間の収入見込み額」は当然にゼロ。
ゼロは「130万円以下」なので、妻は収入要件に該当する。

なお健康保険組合の被扶養者となると、自動的に国民年金の加入が不要になります。
これは第3号被保険者といいます。配偶者つまり夫が加入してる年金制度が保険料を負担します。


2、別の話「税金のこと」
夫の税金の計算で「配偶者控除」が受けられますが、これは妻の年間給与収入が103万円以下の場合です。
質問例では127万円の給与を妻がすでに受け取ってるのですから、夫は配偶者控除を受けることができません。
ただし「妻の年間給与収入141万円」までなら、夫が配偶者特別控除を受けられます。
「税法の扶養にはならないが、特別控除を夫が受けららる」という言い方になりましょうか。

面倒な話でありますが、とにかく「健康保険、年金の話」と「税金の話」は切り離して考えないと、混濁します。

Q所得が103万超えてしまったのですが、どうすれば・

いつも丁寧な回答頂き有難うございましす。
今回、私自身のパートの年間収入なのですが、計算間違いで103万を超えてしまいました。
11月後半に主人の会社からきた申告の紙には、103万が超えないと思い込んでいたので、
特に気にせずに、収入は103円以下でとくに何も書かず提出していまいました。

12月の給料合計で超えてたのが分かった為、いまから戻してもらうことも言いにくく
どういう順序の手続きで配偶者特別控除などの申請をしたらいいか分かりません。
このような状態で私に出来ることはどうしたらいいのか悩んでいます。

もう一つもし私みたいに気づいた方ならまだ良いですが、
超えたのに気づかないでそのままいた場合、どんな事(罰則やどうなってしまうか等)に
なってしまうのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>どういう順序の手続きで配偶者特別控除などの申請をしたらいいか分かりません。
まず、ご主人が会社に「再年末調整」をやってくれるのか確認します。
やってくれるなら、あとは会社の指示に従って、書類の出しなおしをすればいいです。

やってくれない場合は、来年、ご主人が配偶者控除から配偶者特別控除に変える確定申告をします。
来年、2月16日から3月15日までの間に、貴方とご主人の源泉徴収票、印鑑を持って税務署に行けばいいです。
貴方が代理でもいいです。

>超えたのに気づかないでそのままいた場合、どんな事(罰則やどうなってしまうか等)になってしまうのでしょうか?
追徴の所得税の額によっては、会社を通し税務署から通知がきます。
延滞税などが発生することもあります。

なお、貴方の年収が105万円未満なら、控除額は配偶者控除と同じなので、本来ではありませんがそのままでも問題は起こりません。
ただ、ご主人の会社で、貴方が税金上の扶養(103万円以下)の場合に、「家族手当」が支給されるということなら問題です。
会社にそのことを申告しておかないといけないでしょう。

>どういう順序の手続きで配偶者特別控除などの申請をしたらいいか分かりません。
まず、ご主人が会社に「再年末調整」をやってくれるのか確認します。
やってくれるなら、あとは会社の指示に従って、書類の出しなおしをすればいいです。

やってくれない場合は、来年、ご主人が配偶者控除から配偶者特別控除に変える確定申告をします。
来年、2月16日から3月15日までの間に、貴方とご主人の源泉徴収票、印鑑を持って税務署に行けばいいです。
貴方が代理でもいいです。

>超えたのに気づかないでそのまま...続きを読む

Q130万の壁【扶養扱い/源泉徴収票の見方】

お恥ずかしながら全く無知ですので
ご教授いただければと思います。

現在派遣社員で働いており(週5日 1日6時間)、
社会保険にも加入しています。
税金の負担を少なくしたい、夫の扶養に入りたい、と考えており
色々調べましたら、103万の壁・130万の壁というものが
あると知りました。

平成20年度の私の源泉徴収票を見ましたら

支払金額:190万円
給与所得控除後の金額:119万円
所得控除の額の合計額:64万円
源泉徴収額:2万7千円

とあります。

この場合、私の収入額は「支払金額:190万円」になるのですか?
それとも「給与所得控除後の金額:119万円」になるのでしょうか?

サイトで源泉徴収票の見方を調べましたが
いまいち判りませんでした・・。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

扶養控除の計算、難しいですよね。
103万円は、所得税がかかる基準です。
130万円は、社会保険加入に対する基準です。

パート収入は、通常給与所得となります。よって年収から給与所得控除額を差し引いた残額が給与所得の金額となります。給与所得控除額は最低65万円ですから、所得税の場合には基礎控除38万円をプラスした103万円以下でほかに所得がなければ税金はかかりません。

というわけで質問者さまの場合は
給与所得控除後の金額:119万円
に基礎控除38万円を足して=157万円ですから
税金の支払い対象になります。

130万円は社会保険の年収基準額なので、こちらも
結果的にご主人からの社会保険から外れて、ご自分で社会保険を支払う必要があるということです。

つたない文章で恐縮ですが、参考になれば幸いです。
わかりやすいサイトがあるのでリンク貼っておきます。

参考URL:http://www.nabejim.com/fuyo

Q源泉徴収税額とは・・・・・

現在、派遣社員として某企業で働いています。「給与所得の源泉徴収票」というのが送られてきました。源泉徴収税額のところに、97360円とか書いてあったのですが、これってこれから払わないといけないでしょうか?ちなみに源泉徴収税って何ですか?

Aベストアンサー

源泉徴収税って所得税ですよ。年収に応じて所得税を
払います。

ちなみに所得税は月々の給料で少しずつ仮に引かれて
います。で、年末調整でそれを再計算して正しい年間
の所得税額を計算します。

で、senta200さんからみて月々払っているのが多ければ
還付(戻ってくる)されるし、払っている額が少な
ければ徴収されます。

源泉徴収税額のところに97360円とかいてあるのは
年間のsenta2003さんの所得税ですよ。
だからこれに毎月払っている額を照らし合わせて
差額が還付か納付になります。

Q扶養の内で働くパートの住民税は??

夫の扶養内で働くパート勤務です(5年目)。
今年初めて私・妻個人宛に住民税の支払い納付書が届きました。
夫も会社で天引きされています。

昨年の私の収入は98万円。パートをはじめてからは最高額ではありますが、103万円を超えないと住民税も発生しない・・・という認識があったので戸惑っています。
ちなみに、社会保険の支払い(雇用保険)は昨年度約6100円です。

払う対象なのでしょうか??

Aベストアンサー

40過ぎの会社員です。

住民税の場合、非課税枠は103万円ではありません。
所得割と均等割でも非課税額が違うという非常に分かりにくい設定になっています。
一般論で言うと、下のサイトが分かりやすいです。http://www.zeirishiblog.com/zeihon/item_11453.html
お住まいの市町村のHPで、住民税を検索してみられると、市町村によっては分かりやすい表があったりもします。
98万だと、市町村によっては住民税がかかることもありえます。

もう一つの可能性は、市町村の誤りですね。
支払納付書には、計算のための内訳が書かれていないでしょうか?
非常にレアケースだそうですが、会社側からの給与報告が誤っていて、市町村からの住民税決定が間違っていたというケースを知っています。
一度、内訳をご確認なさる事をお勧めします。

いずれにしても放置されると、払う意思がないんだ、脱税だと受け取られて、余計なお金まで催促されます。
お住まいの市町村へ、第一期の締め切りまでに、ご相談なさる方がいいですね。

Q扶養の年収はいつからいつまで?

同じような質問を捜しましたが良く分からなかったので教えて下さい。

今年から扶養に入りました。
年収を103万以内に収めようと仕事をしてきましたが、年収とは1月から12月まで仕事をした分だと思っていましたが、12月に仕事をしたものは翌年1月に支払われますよね。

ここでいう年収とは実際に受け取る金額で調整するのが、正しいのでしょうか?
つまり、2004年12月~2005年11月までを103万円にするのか、実質仕事をする2005年1月~12月までで計算するのかどちらでしょう。

てっきり後者だと思ってましたが、もし前者だと、
今月で1049564円で、19564ほどオーバーしてしまいます。

そこで、もし前者だとした場合、
(1)どれくらい税金が違ってくるのでしょうか?
 大きく違ってくるのであれば、オーバーした分は、
 無給でもいいかなとも思ってます。
 
(2)オーバーした分は翌年の給料として支払ってもらえる よう会社に頼むことは問題ない
 のでしょうか?それができるなら、そうしたいです。

どちらにしても会社と相談ということになると思いますが・・・。全く初心者で申し訳ありませんが、よろしく
お願いします。

私の理解力が足りないのか、こんなにごちゃごちゃしているのであれば、家庭の事情でパートにしましたが、来年からはフルタイムで働きたいと思います。

同じような質問を捜しましたが良く分からなかったので教えて下さい。

今年から扶養に入りました。
年収を103万以内に収めようと仕事をしてきましたが、年収とは1月から12月まで仕事をした分だと思っていましたが、12月に仕事をしたものは翌年1月に支払われますよね。

ここでいう年収とは実際に受け取る金額で調整するのが、正しいのでしょうか?
つまり、2004年12月~2005年11月までを103万円にするのか、実質仕事をする2005年1月~12月までで計算するのかどちらでしょう。

てっきり後者だと...続きを読む

Aベストアンサー

所得税法では、給与所得の収入金額については、基本的には、定められた支給日により計上すべき事となっています。

従って、給与が翌月払いなのであれば、2005年1月~12月までに間に支給されるべき金額、すなわち、2004年12月分~2005年11月分の給与収入金額が、103万円以下であるかどうかにより扶養に入れるかどうかが決まります。

(1)ご主人の方の配偶者控除38万円が控除できなくなりますが、その代わり、配偶者特別控除が、金額に応じて引く事ができます。
仮に、1,049,564円であれば、所得金額は1,049,564円-650,000円(給与所得控除額)=399,564円ですので、下記サイトの表により38万円控除できますので、ご主人自身の所得税は全く変わらない事となります。
(但し、ご主人の合計所得金額が1千万円を超えていれば配偶者特別控除の適用はないものとなります)
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1195.htm

もちろん、金額が増えるほど配偶者特別控除は減りますので、仮に110万円とすると所得金額は45万円ですので配偶者特別控除は31万円となり、配偶者控除38万円が減るのと比べて、差額7万円の控除額が減る事となります。
実際に税金が増えるのは、簡単に言えば、これに税率を乗じた金額ですので、ご主人の収入にもよりますが、7万円の10%であったり、20%であったりします。

ただ、税金以外で、会社が家族手当を支給されていた場合は、それが支給されなくなるものとは思いますので、その金額の影響の方が大きい場合も少なくないと思います。

(2)あくまでも支給日に支給されるべき金額がその年の収入ですので、翌年の給料としてもらうという事は、一種の脱税行為になりますし、会社がそれに加担する、という事にもなってしまいます。

それと、翌月払いの給料の場合、稀に、会社によっては、支給日でなく、○月分で1月分~12月分まで当年に含めて源泉徴収票を発行するケースもあります。
(もちろん正しくはないのですが)
その辺の区切りも会社の方に確認されておいた方が良いとは思います。

所得税法では、給与所得の収入金額については、基本的には、定められた支給日により計上すべき事となっています。

従って、給与が翌月払いなのであれば、2005年1月~12月までに間に支給されるべき金額、すなわち、2004年12月分~2005年11月分の給与収入金額が、103万円以下であるかどうかにより扶養に入れるかどうかが決まります。

(1)ご主人の方の配偶者控除38万円が控除できなくなりますが、その代わり、配偶者特別控除が、金額に応じて引く事ができます。
仮に、1,049,564円であれば、所得金額は1,049...続きを読む

Q学生バイトです。103万円を超えてしまいました…。

タイトルの通りです。103万円を1000円ちょっと超えてしまいました……
職場に電話しましたが、もう振り込まれてしまっていてどうにもならないとのことです…。
頑張って調整していたのに思わぬ深夜手当がついてしまったようで、もう絶望の淵に立たされた気分です。
少しでも越えてしまうと、税金をたくさん取られてしまうのですよね?
何とか出来ないでしょうか?学生なので、何か免除になったりしませんか?
それか、個人的に寄付を毎月5000円くらいしているので、その分何か免除にならないでしょうか…。
寄付は関係ないですかね…
ああもう本当に困っています…どうか知恵をお貸しください…よろしくお願いします。

Aベストアンサー

扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養があり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。

貴方の場合、税金上の扶養にはなれませんが、健康保険の扶養は大丈夫ですから、医療費などは考えなくていいです。

>少しでも越えてしまうと、税金をたくさん取られてしまうのですよね?
いいえ。
貴方自身は勤労学生控除を使えばかかりません。
ただ、親は貴方を税金上の扶養にできないので、親の所得税や住民税は増税になります。

親の所得がわからないので所得税の税率がはっきり言えませんが、通常の所得なら
所得税 630000円(控除額)×10%(税率)=63000円
住民税 450000円(控除額)×10%(税率。所得に関係なく)=45000円
計108000円 増税になります。

>何とか出来ないでしょうか?
できません。

>学生なので、何か免除になったりしませんか?
貴方の場合は、勤労学生控除があるので130万円までなら所得税かかりません。

なお、このことを親に言わないと、あとから税務署から会社を通し通知が行きます。
貴方を税金上の扶養からはずす確定申告をしてもらう必要があります。

扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養があり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。

貴方の場合、税金上の扶養にはなれませんが、健康保険の扶養は大丈夫ですから、医療費などは考えなくていいです。

>少しでも越えてしまうと、税金をたくさん取られてしまうのですよね?
いいえ。
貴方自身は勤労学生控除を使えばかかりません。
ただ、...続きを読む

Q扶養控除の金額を超えた場合どうなるかを教えて下さい。 

扶養控除の金額を超えた場合どうなるかを教えて下さい。 

現在、23歳で今年の3月末まで2年弱フルタイムアルバイトとして働いていました。 

父の扶養に入っていて、去年の収入が140万~150万と103万?を超えてしまっているのですが、この場合どうなるのでしょうか?

私自身、お恥ずかしいですがまったく保険や税金の仕組みが分かっておらず
最近市民税の封書が届き気付いたのですが、
一昨年までは来ていなかったので何も考えておりませんでした。。。

ちなみに前に働いていたお店は社員さんにも保険がなく、給与明細はメモ書き程度で、お給料の計算間違いなどもありました。 

年末調整もしてくれていないと思うのですが。。。

私もよく分かっていなかったので、確定申告などもしていません。


扶養控除の金額が超えた場合、罰金はいくらぐらいくるのでしょうか?

私が知っていればしっかり対処できた問題だと思い
今になって色々調べているのですが、 
難しい文章が多くなかなか理解できません。 

詳しい方に、是非教えていただけたら嬉しいです。 

よろしくお願いしますm(__)m

扶養控除の金額を超えた場合どうなるかを教えて下さい。 

現在、23歳で今年の3月末まで2年弱フルタイムアルバイトとして働いていました。 

父の扶養に入っていて、去年の収入が140万~150万と103万?を超えてしまっているのですが、この場合どうなるのでしょうか?

私自身、お恥ずかしいですがまったく保険や税金の仕組みが分かっておらず
最近市民税の封書が届き気付いたのですが、
一昨年までは来ていなかったので何も考えておりませんでした。。。

ちなみに前に働いていたお店は社員さんにも...続きを読む

Aベストアンサー

扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円以上の収入(月収108334円以上)があるとはずれなくてはいけません。

お書きの内容だと、去年おそらくお父様は税金上も健康保険も貴方を扶養にしていると思われます。
まず、税金上の扶養は今からでもいいので、お父様が貴方の扶養をはずす確定申告をしてもらい控除分の税金を納めてもらうことです。

>扶養控除の金額が超えた場合、罰金はいくらぐらいくるのでしょうか?
今、すれば延滞金(罰金)は、ほとんどかからないでしょう。
ただ、控除分の所得税は納めなくてはいけません。
なお、追徴の税金はお父様の所得がわからないのではっきり言えませんが(所得により税率が変わる)
普通の所得とした場合

貴方が去年22歳なら
630000円×10%=63000円
貴方が去年23歳なら
450000円×10%=45000円
です。

また、住民税も
貴方が去年22歳なら
450000円×10%(所得に関係なく)=45000円
貴方が去年23歳なら
330000円×10%(所得に関係なく)=33000円
増額変更されます。

もちろん、お父様が貴方を税金上の扶養にしていなければ追徴はありません。
扶養は貴方の所得が扶養の範囲でも、お父様がそのような申告を会社にしていなければ、税金上の扶養にはなっていません。

>年末調整もしてくれていないと思うのですが。。。私もよく分かっていなかったので、確定申告などもしていません。
源泉徴収票をもらっていないなら発行してもらってください。
なお、源泉徴収票は雇用主が発行することが法律で義務づけられています。

年末調整されていないなら、確定申告すれば所得税戻ってきます。
また、国民年金払っていればその分控除でき、税金安くなります。
今からでも、源泉徴収票、年金の控除証明書、印鑑、通帳を持って務署に行き確定申告すればいいです。

あと、健康保険の扶養ですが、今、健康保険に入っているからいいということはありません。
貴方が健康保険の扶養からはずれなくてはいけないことが健康保険に分かった場合、もし、去年、貴方が受診していれば、さかのぼって扶養を外されますから、健康保険が負担した7割分の返還請求がお父様にきます。

扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円以上の収入(月収108334円以上)があるとはずれなくてはいけません。

お書きの内容だと、去年おそらくお父様は税金上も健康保険も貴方を扶養にしていると思われます。
まず、税金上の扶養は今からでもいいので、お父様が貴方の扶養をはずす確定申告をしてもらい控除分の税金を納めてもらうことです。

>扶...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報