「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

血縁関係が濃い夫婦にできた子供は、遺伝的に何か問題がある(でてくる)のでしょうか?
・叔父と姪の結婚の場合(父方の親族関係)
戸籍上ではありえないらしいですが、親戚の養子にもらわれる等して実際にありえます。
・いとこ同士の結婚の場合(父方の親族関係)
問題というのは、身体が弱いとか精神的に弱いとか、多胎児が生まれてくるなど、肉体的精神的な部分です。
補足しますので宜しくお願いいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

この前、テレビでやっていましたが、中国の山奥に住む部族が、他の部族の血が混じらずにずっと村の中だけで婚姻を続けてきた結果、こどもが育ちにくく、近い将来、滅亡します。



上の表現は極端ですが、先天的に精神病になりやすいというのはあります。なぜそういえるのか理由は、プライバシーもあるのでご容赦ください。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

回答して頂きましてどうもありがとうございました。
おかげでとても助かりました。

お礼日時:2004/05/06 15:28

私の両親は、いとこ同士です。


しかも恋愛結婚です。

私はいたって健康です。
肉体的にも精神的にも。

参考までに。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

回答して頂きましてどうもありがとうございました。
おかげでとても助かりました。

お礼日時:2004/05/06 15:33

私の母方のおじとおばがいとこ同士で結婚しています。

その子供達(私の従妹)には、なんら異常はありません。更に、そのいとこは結婚して子供もいますが、なんら異常はありません。

ですが、先天的になんらかの病気があれば話は違います。常染色体性優性遺伝性の病気であれば片方の親がその因子を持ってれば子供に出る可能性はありますが、常染色体性劣性遺伝性の病気の場合は、両方の親に因子がなければ子供に出る可能性はありません。結局、似てる遺伝子をもってますから、この因子を持ってる確立は赤の他人同士で結婚するよりも高いですよね。だから、血族結婚は問題が出やすいのだと思います。でも、全くなければ全く関係ない話ですよね。

ここに例をあげて、近親婚の場合のある病気の確立がでてます。

http://www.rui.jp/message/06/99/86_caa4.html

ただ私は素人ですので、心配であれば、産婦人科などに遺伝子外来がありますので、そこで検査してもらっても良いのではないかと思います。

戸籍上ではなくて養子などになった場合の、近親婚にかんする色々が下記のページに載ってました。

参考URL:http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/konin.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答して頂きましてどうもありがとうございました。
おかげでとても助かりました。
HPの紹介で色々調べることができました。
助かりました。

お礼日時:2004/05/06 15:32

>・叔父と姪の結婚の場合(父方の親族関係)


ご質問者が書かれているように民法で禁止されている3親等以内なのでありえません。
養子等でありえると書かれていますが、戸籍で血縁関係はたどることが出来ますので、ありえません。
婚姻届は受け付けられません。

>・いとこ同士の結婚の場合(父方の親族関係)
優生学的には発生確率は上がるようです。ただあくまで確率的な問題ですから、実際のケースでどうなるのかは確かなことはいえません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答して頂きましてどうもありがとうございました。
おかげでとても助かりました。

お礼日時:2004/05/06 15:31

以前、ラジオの人生相談で同じような相談がありました。

男性からの相談で
「いとこの女の子が自分に気があるそぶりで、自分としても気になっているが、将来のことを考えると・・つまり結婚→子供を儲けることを考えると、付き合っていいものかどうか」という内容でした。回答者は医学博士の方で、「いとこ同士の結婚は、障害を持った子供が出来る確率が高くなる。2代目、3代目になって出てくる。もう、そのいとこのことが好きでどうしようもないというならいたしかたないが、まだ恋愛の入り口に立つかどうか迷ってる時点であるなら、止めておいた方がいい」というご意見でした。

ちなみにわたしの祖父母はいとこ同士の結婚です。間に出来た子供4人、孫4人はみなごく普通です。その下のひ孫はまだ出来てないので、4代目については分かりませんが・・。

あくまでも素人のわたし個人の考えですが、血縁の濃い者同士の結婚は、障害を持った子供が出来る確率が普通の結婚より高くなる。が、「確率」の問題なので、濃い血縁の結婚でも、健康な子供が出来る場合もある。ということではないでしょうか。でも、2代目3代目に・・などということになると、今独身で結婚願望のあるわたしとしては、ちょっと不安を感じることもあります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答して頂きましてどうもありがとうございました。
おかげでとても助かりました。

お礼日時:2004/05/06 15:31

結婚して子孫を残す=優秀な遺伝子を伝える という効果があります。

血縁関係のない者同士で結婚して子孫を残す場合、今までに無い組み合わせで残すように働くらしいと最近言われているようです(一目ぼれや結婚したいと思う動機も遺伝子の違いで証明できるそうです)。

血縁関係にある場合、遺伝子にすでにあるエラーをどんどんコピーしてしまうという話でしたが…

かなり断片的ですが、この話を聞いて妙に納得しました…
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答して頂きましてどうもありがとうございました。
おかげでとても助かりました。

お礼日時:2004/05/06 15:31

本家の親父です。


親戚で4組のいとこ結婚を知っています。遺伝の問題は横に置きます。生まれた子どもの健康・能力面で答えます。

A:平凡な男、平凡な男、平凡な女、平凡な女
B:てんかんの男、平凡な男、平凡な女
C:平凡な男、平凡な男
D:平凡な女、平凡な男、平凡な男
*ここで平凡とは、「健康面で著しい障害がなく、生活能力を普通に持ち合わせている。しかし傑出した才能を持っているわけではない。」という意味です。

平凡な男からでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答して頂きましてどうもありがとうございました。
おかげでとても助かりました。

お礼日時:2004/05/06 15:30

こんばんわ。


遺伝的なことはわかりませんが、私のまわりでは2組のいとこ同士の夫婦がいます。
一組は私の叔父の娘が叔父の奥さんの弟の息子と結婚して小学生の男の子がふたりいます。上の子(小学校高学年)は両足首が曲がって生まれてきました。手術して5歳頃までギブスをしていましたが今は元気よく走りまわっています。下の子(小学校低学年)は今のところはいたって健康です。
もう一組は母の職場の人ですが子供がふたりおり、上の子は目が見えません。下の子は知的障害があります。
やはりこの事から濃い血縁夫婦の子供は何らかのリスクを背負って生まれてくる可能性は高いと思います。
あくまで私の知る限りですが・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答して頂きましてどうもありがとうございました。
おかげでとても助かりました。

お礼日時:2004/05/06 15:29

これから書く事は素人的な考えなので、専門家の意見があったらそちらを参考にしてください。



男性の遺伝子はXY、女性の遺伝子はYYって話は知ってますよね?
それを基に考えてみました。

・曾お爺さんの遺伝子がA(X)とB(Y)の組み合わせ
・曾お婆さんの遺伝子がC(Y)とD(Y)の組み合わせ

・その娘(お婆さん)が二人ともB'(Y)とC'(Y)とします。

・娘1(お婆さん)の息子(お父さん)はE(X)とB''(Y)の組み合わせ
・娘2(お婆さん)の娘(お母さん)はF(Y)とB'''(Y)の組み合わせ

この時女の子が生まれた場合
・B''''(Y)とB'''''(Y)
・B''''(Y)とF(Y)
・B'''''(Y)とF(Y)
の3パターン

・B''''(Y)とB'''''(Y)の似た遺伝子が重なるといったいどうなるのだろう??もしかしてこれが影響してるのだろうか?
って素人的に考えています。
実際どうなんだろう・・
親戚のこのパターンで生まれた女の子がハンデを持っていたので・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答して頂きましてどうもありがとうございました。
おかげでとても助かりました。

お礼日時:2004/05/06 15:29

血縁が濃い場合の結婚では、遺伝的に問題が出てくると


よく聞きますよね。
父の親戚には、いとこ同士で結婚した方がいますが、
子供さんはいたって健康のようです。
父は親戚が多いので、会ったことがない人がほとんどで、
昔は近所に住んでいたのですが、今は引越ししたので
会うこともないので詳しくは分かりません。

もしかしたら稀なケースなのかもしれませんが...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答して頂きましてどうもありがとうございました。
おかげでとても助かりました。

お礼日時:2004/05/06 15:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいとこ同士の子供は無事生まれるか?

私は今、妊娠5週目です。相手は自分の父親の姉の子供。いわゆるいとこです。血が近い為、体の異常や色々な問題と一緒に生まれてきてしまわないか、心配です。自分もいとことの子供を産んだ方、または出産に詳しい方、教えてください。できれば健康で元気な子供でいてほしいです。

Aベストアンサー

法律的に言えば、確か3親等未満の結婚を禁止しているはずです。 ですから、従兄弟同士は4親等に当たるため、結婚・出産はOKとなりますが。
遺伝子学的には、両父が兄弟の場合は止めた方が賢明です。両母が姉妹とか片母と片父が兄弟ならあまり問題は発生しないようです。(父の遺伝子はかなり強く引き継ぐらしいです)
mimika1985さんについていえば、旦那?の母と自分の父が姉弟ということで、それほど心配はいらないと思いますが・・・質問文には、お腹の子供の父親と婚姻関係にある記述がないので、そちらの方が心配です。

Q近親相姦で生まれる子供は血が濃いので生涯になりやすいと聞きますが、これ

近親相姦で生まれる子供は血が濃いので生涯になりやすいと聞きますが、これは法律で禁じるほど重大欠陥ですよね。では、医学的な見地から言うとその血が濃いとはどういうことでしょうか?何となく血が濃くなることは分かるのですが、濃いとはどんな欠陥ですか?

Aベストアンサー

遺伝子の中には「劣勢遺伝子」と「優勢遺伝子」と言うのがあります。

ある種の劣勢遺伝子はそれと対になっている優勢遺伝子が一緒になっている時は、遺伝子が発現しませんから、その劣勢遺伝子に起因する先天的な病気は出ません。

もちろん、その劣勢遺伝子を持っていない場合は、その劣勢遺伝子に起因する先天的な病気は出ません。

運悪く、その劣勢遺伝子が2つとも揃ってしまうと、その劣勢遺伝子に起因する先天的な病気を持ったまま生まれます。

優+優=先天的な病気が発現しない
優+劣=先天的な病気が発現しない
劣+優=先天的な病気が発現しない
劣+劣=先天的な病気が発現する

遺伝子は「対」になってますから、遺伝子の同じ位置に同じ劣勢遺伝子が並んでしまった時だけ、遺伝病を持って生まれるのです。

他人同士が性交渉して生まれた子は、遺伝子の同じ位置に同じ劣勢遺伝子が並んでしまう確率は、かなり低いです。

しかし、遺伝子の配列がかなり似ている近親同士では、遺伝子の同じ位置に同じ劣勢遺伝子が並んでしまう確率がかなり高くなります。

この「遺伝子の同じ位置に同じ劣勢遺伝子が並んでしまう確率がかなり高い状態」を「血が濃い」と言います。

例えば、遺伝子の特定の場所、合わせて3ヶ所が「脳が無い状態で生まれる劣勢遺伝子の場所」だと仮定します。

この3ヶ所に

劣:劣
劣:劣
劣:劣

と言うのがピッタリ揃った時だけ、無脳症で生まれてきます。

ある兄妹(親が同一なので、遺伝子が似ています)が、

兄    妹
劣:劣 劣:劣
劣:優 劣:劣
劣:劣 劣:優

と言う遺伝子を持っていた場合、この兄妹が子供を作ると1/4の確率で「脳が無い子供」が生まれます。

このように、近親相姦では「普段は表に出て来ない遺伝子が表に出てきてしまう確率が高い」のです。

遺伝子の中には「劣勢遺伝子」と「優勢遺伝子」と言うのがあります。

ある種の劣勢遺伝子はそれと対になっている優勢遺伝子が一緒になっている時は、遺伝子が発現しませんから、その劣勢遺伝子に起因する先天的な病気は出ません。

もちろん、その劣勢遺伝子を持っていない場合は、その劣勢遺伝子に起因する先天的な病気は出ません。

運悪く、その劣勢遺伝子が2つとも揃ってしまうと、その劣勢遺伝子に起因する先天的な病気を持ったまま生まれます。

優+優=先天的な病気が発現しない
優+劣=先天的な病気が...続きを読む

Q4親等間にできた子供の影響について

現在、親の兄弟の子供同士で付き合っている方がいます。本人同士は本気で愛し合い、出産も考えているようです。法律上では4親等間なので結婚は認められているのですが、二人の間に出来た子供に血族間による悪影響があるか心配なのだそうです。以前聞いたことがあるのですが、天皇は度重なる血族婚によって、何らかの影響が出て、現在の美智子妃殿下をお迎えになったとか。やはり血族婚は4親等離れていても影響があるのか、とても不安なのだそうです。出来れば、確立(%)のような表現で回答していただけると非常に嬉しいです。ちなみに二人の両親より上の血族間での結婚及び出産は無いそうです。かなり専門的な内容なので、どこに相談や質問をして良いのか分かりません。どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#1の方がおっしゃる
「いとこ婚では奇形児が生まれる確率が50%」ということが
いったいどのような根拠からでてきたものなのかがちょっと疑問ではありますが・・・。
人間にはどこかしら不完全なところがあって生まれてくるのが普通ですから、
「乙武くん」のような方からうまれつきの小さなアザまで、
「奇形」がいったいどの範囲をさすのかも不明確ですし。

さて本題のほうへ戻りますが、
そもそも、日本人は外国からの侵略を受けて外国人の血が混血するような歴史がほとんどなく、
そういう意味では非常に「血が濃い」と言って良い民族です。
さらに欧米などと比べると「いとこ婚」「いとこの子供同士の結婚」
「遠い親戚ではあるが、血族間の結婚」ということが非常にひんぱんに行われています。
しかし日本人に「奇形が多い」「先天障害を持った人が多い」などということはありません。
秘境の少数民族などの例を見ても、それは明らかです。

血族間の結婚は確かに他人婚と比べれば劣性遺伝による病気などの確率が上がりますが
だからといってそれを理由に子供を作らないようにするほどのものではありません。
(問題があるのなら、そもそもいとこ婚が禁止されていることでしょう)
現実には、他人婚のカップルの間でも不幸な偶然で病気の遺伝子が一致してしまい、
遺伝病を持った赤ちゃんが生まれることだってあるのですから。

確かに天皇家でかつて行われた血族婚は「いとこ婚」どころのものではなく、
「異母兄弟姉妹での結婚」「おじと姪、おばと甥での結婚」のような非常に著しいものもありました。
その時代のモラルは「父親が同じでも、母親が違えば他人」というものだったからです。
あきらかに病弱だった人や精神的に異変をきたしている人もありましたが
それでも天皇家の人達の多くは健常な人達でした。
また、流産を繰り返したり不妊の妃の方も多かったのです。
これも一種の「良くない遺伝子を次の世に残さない自然淘汰」と言えるでしょう。
今とは医療の体制も違うのですから、「風邪をこじらせて肺炎で死んだ」というひとたちまでを
全て「遺伝のせいで身体が弱いから風邪くらいで死んだ」などとしてしまってはおかしいですよね。

日本の一般人の間では、1000年以上の長期にわたって近親婚を繰り返してきた家系はほかにないでしょう。
その非常にまれな家系と「一般人のいとこ婚」を比較して遺伝病や奇形の心配をしなくても、という感じを受けます。

もしもすでに血友病などの「うちの一族には多い」というご病気の気配があるのならば
心配するお気持ちもわかりますが、そうでないのならばせいぜい大学病院などの
「遺伝外来」(産婦人科や小児科に専門外来としてあることが多い)などへ
ご相談になる程度でよろしいように思います。

#1の方がおっしゃる
「いとこ婚では奇形児が生まれる確率が50%」ということが
いったいどのような根拠からでてきたものなのかがちょっと疑問ではありますが・・・。
人間にはどこかしら不完全なところがあって生まれてくるのが普通ですから、
「乙武くん」のような方からうまれつきの小さなアザまで、
「奇形」がいったいどの範囲をさすのかも不明確ですし。

さて本題のほうへ戻りますが、
そもそも、日本人は外国からの侵略を受けて外国人の血が混血するような歴史がほとんどなく、
そういう意味...続きを読む

Q精神病は遺伝しますか?

私の父方の家系には精神病に掛かった人が非常に多くいます。祖父、伯母が精神分裂病、従兄弟がうつ病、叔母は自殺願望、そして私の姉も精神分裂病を発病しました。精神病と遺伝の関係を教えてください。
精神病は伝しないとの解説を読んだことがあるのですが、なんだか不安になります。
もし遺伝するなら私や父も予防が必要ですよね?
どのようなことに気を付ければいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 
わたしは専門家でも何でもありませんので、こういう質問に回答してよいのかどうか分かりませんが、参考として聞いてください。

精神分裂症は、鬱病以上に複雑な精神の失調状態です。鬱病の遺伝性については、先に、別の回答で次のように書きました(参考URL):

>鬱病は、体質や気質と関係あることが知られていて、体質や気質は遺伝します。けれども、同じ体質や気質を受け継いだ兄弟姉妹のなかで、全員が病気になるということはなく、何かのきっかけで、ある人が発病することがあります。

>「鬱」の因子と「躁」の因子,その他、色々複雑な原因があって、鬱病になるようです。鬱病というのは、一つの病気というより、色々な病気や症状が重なっている状態だとも言えます。

精神分裂症の場合、遺伝的素因というのものも確かに幾らかあるようです。しかし、仮に遺伝的素因があっても、一つではないと考えられます。

人間の主体自我は、構築がたいへん難しく、バランスが難しいです。それは社会や文化や地域の人々や伝統や、家族との関係などで、構成されて行きます。自我がどのように自己構成するかは、社会の文化や、家族関係や幼少期の経験、成長経過などが大きく関係します。

脳の神経伝達回路(ドーパミン回路)が、何かの理由で、神経伝達に失調を来すとき、分裂症を発症する場合としない場合があります。この神経伝達回路の失調の可能性は、決定的ではありませんが、遺伝的に何か影響関係があります。しかし、この回路の失調は、何がバランスの取れた状態かよく分からないというような面もあります。

分裂症を発症した人の場合、この回路がかなりおかしくなっていることが多く、過剰な神経伝達を抑えるための薬物を投薬します(これが普通、精神分裂症に対し、医師が投薬する薬で、メイジャー・トランキライザー=強力精神安定薬と言います。ただしこれは症状がきつい場合で、弱い場合は、マイナー・トランキライザーを処方します)。しかし、こういう過剰な失調、伝達回路の狂いが,遺伝的に決まっているかというと、これはそうでないようです。

この神経回路の失調、伝達異常は、普通の人でも一時的には起こり、鬱病の人でも、神経症の人でも、躁病の人でも起こります。誰でも起こるのだと言えます(更に、メタンフェタミンやコカインなどの覚醒剤を使っていると、この回路が狂ってきて、強い擬似精神分裂症状になります。この場合は、覚醒剤の成分物質が、脳の回路を壊しているのです。覚醒剤を使うと、誰でもこういうことになります。ただし、覚醒剤中毒と分裂症の症状は、強い場合,似ていますが、「本質は、まったく別」です)。

遺伝的な要因としては、この回路の伝達異常が比較的、起こりやすいというのがあるようです。しかし、それだけではなく、人間関係に関する、交際のなめらかさを決めるような遺伝的要因が関係している可能性があります。この場合も、こういう遺伝的な失調は、誰でもあることです。

他にも遺伝的素因があるかも知れないですが、発症していないで、家族などに分裂症に罹患した人がいる場合、確かに、こういう遺伝的素因がある可能性が高いですが、それは普通の人より、少し敏感な程度だと思えます。

成長の途上で、家族や外部の人と、色々な人間的関係を持って、自我が構成されて行くのですが、この過程で、遺伝的素因が強く影響する場合があるということです。

仮に遺伝的素因など、まずないといえる人、家族や親族を何代にも渡って調べても、分裂症の人などいない普通の人でも、育ち方や,置かれた環境によって、発症することがあります。

普通の人でも、断眠4日とか3日とかすると、幻覚が出てきますし、おかしな妄想的な思考も出てきます。また、長期に仕事が忙しく不眠の上に、不合理で納得行かない仕事上の圧力を耐えていると、妄想が段段できてきて、神経症になり、分裂症にもなります。

どの程度かということと、もう一つ、精神的に失調しても、外から見ると判断がつかず、普通に見える場合、そういう神経症的分裂症的時期をやり過ごすと、発症に誰も気づかないし、本人も気づかないで、そのまま生活を続けて行くということになります。

遺伝的素因とは別に、成長の途中の自我構成の時期に、失調の「表現様式」の学習のようなものがあり、外から見て、この人はおかしい、というような失調を言動などで外に示す人は、日常生活で、おかしいということになることがあります。

遺伝的な影響も、確かにあるのですが、それよりも、もっと、生育環境や、自我の構成の仕方や、社会の文化や、属する集団の「正気」の考え方、それとどううまく付き合って距離を取るかの「技術」の問題、広い意味で人格のありようと、その人格が生活する場、家庭、社会、集団のありようが大きな問題になります。

一卵性双生児の場合、遺伝的素因は同じですが、その後の成長でも、両者を一緒に育てると、互いに心や行動の了解が容易であるので、自分と兄弟の自我の区別がはっきりしない形になることがあります。無論、大人になれば、互いに他者ですが、幼児期や子供の時に、同じような自我構成を作り出してしまうことが多いのです。

一卵性双生児を別々に育てたても、発症の相関があったように思いますが、逆にこのことは、遺伝的「決定」ではないという証拠にもなるのです。(分裂症は、「素因」が「生育過程での自我構成」に作用し、これにストレスなどが加わって発症するのです。「素因」は強弱の違いで、すべての人が自我を構成する限り、すべての人にあると考えられます)。

遺伝的素因は、二つや三つではなく、もっとたくさんあると思えます。しかし、この「素因」というのは、精神分裂症になる遺伝的「決定因子」ではなく、普通の人より、失調に陥り易く、それから抜け出しにくいとか、それを外部に表現し易いとか、外部環境の圧力に対抗しずらい自我とか、対人的に臆病になりやすいような要因ということです。

精神分裂症は、極端には、すべての人が、軽い状態で短い期間なら、みな、そういう状態になると考えるのが妥当だと思います。

遺伝的素因は、間接的には確かにあるが、それはかなりに影響するに低く、主に、人格形成に関係し、19世紀の西欧の場合はともかく、現代の日本の社会では、精神分裂症を発症する人は、発症前の生活や言動に、発症後のありようと連続した特徴があるということになります。

普通の人が、ある日、突然におかしくなるのではないと言えます。元々自我は、WIN・OSではありませんが、おかしいことがたくさんあり、おかしいままに、自分自身と他者と、社会と集団とのあいだで,何とかバランスを取って日々生きているのが人間です。

お姉さんが発症されたとのことですが、年齢が分かりませんので、また、わたしは専門家でも何でもありませんので、間違っているかも知れませんが、お姉さんの発症前の状態、他人との関係や、自分についてどう思っていたか、何か変なところはなかったか考えてみられることです。多分、そういう性格特徴の延長上に発症症状があると思います。

何とかバランスを保っていたのが、維持できなくなるのが発症で、突然おかしくなるのではないのです。

あなた自身については、自分の性格や人生について、これはこれで「わたし」なのだと思うことです。色々悩みやその他のことがあっても、別におかしくない、「わたしはわたし」だと思うことです。他人と違うというのは、自我はみなそうなので、仮にかなり違うとか言われても、そういうわたし、なのだということで、「どう違うかをよく知った上」で、そういう自分だと自己肯定することです。

ある程度「ユーモア」を持って、自分を客観的に、距離を置いて眺めてみることを心がけることです。ユーモアを持ってというのは、自分の欠点や心の悩みを、まあ、人生はこういうもの、と「心の余裕」を失わないことです。

他人との関係で、悩むことがあれば、「他人は他人、わたしはわたし」で、冷静になり、どうも悩みがきつい場合は、気晴らしなどをして、拘らないようにすることです。別に、分裂症の予防とかではなく、精神のバランスを保って、ストレスをうまく乗り越えるには、going my way の心で、余裕とユーモアで、ものごとを、自分自身を眺めるということです。

また、精神分裂症をあまり気になさらないことです。仮にそうなったところで、大したことではないのです。重症の場合は困りますが、それは現代では珍しいですし、重症でも、時間をかけて治療すれば、ほとんどの人は軽い状態になります

あなたのお父さんですが、これまで何も目だった問題がないのなら、大丈夫です。妄想症の発症の可能性はありますが、歳を取ると、大体、妄想をみな持つようになります。不安神経症などの神経症と一緒になった場合は、困りますが、これまで、色々な苦労があっても、社会生活を営んでこられたのなら、気になさることはありません。

「なったときは、なったとき」とは無責任ですが、これが、ものごとを、冷静に客観的にユーモアを持って眺める、受け取るということです。「くよくよしないのが長生きの秘訣」というのもありますが、同じようなことが言えます。
 
>No.332425 質問:うつ病に処方される薬の役割
>http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=332425
 

 
わたしは専門家でも何でもありませんので、こういう質問に回答してよいのかどうか分かりませんが、参考として聞いてください。

精神分裂症は、鬱病以上に複雑な精神の失調状態です。鬱病の遺伝性については、先に、別の回答で次のように書きました(参考URL):

>鬱病は、体質や気質と関係あることが知られていて、体質や気質は遺伝します。けれども、同じ体質や気質を受け継いだ兄弟姉妹のなかで、全員が病気になるということはなく、何かのきっかけで、ある人が発病することがあります。

>「...続きを読む

Q近親(はとこ)間の妊娠

交際して1年になる彼がいます。
彼は近親者(はとこ)で、先日プロポーズを受け、結婚を前提にして交際を続けていました。

双方の両親には、お付き合いをしていることは伝えてあり、来月に双方の両親(いとこ同士)に結婚の了承をもらおう・・・と考えていたのですが、まだ結婚の件は伝えてありません。

2週間半ほど前、避妊に失敗してしまい、彼が中で射精してしまいました。
その後、生理予定日を迎えても生理がこないのと体温が高いこと、右胸がチクチク針で刺されるような痛みと下腹部中央のひきつれるような痛みが続き、まさか・・・と思い、時期早々ではありましたが「妊娠検査薬」を使ってみたら、陽性反応が出てしまいました。

彼は子供が出来ていたら産んで欲しい、と言ってはいますが、私たちは親戚同士ですから、子供はあきらめよう・・・と思っていたので、無事に子供が健康に生まれてくるのかが心配です。
両親に反対されてもなんの知識もないため言い返すこともできませんし、とても不安でたまりません。

親戚同士(はとこ)で妊娠・出産となる場合、障害を持つ子供が生まれてくる確立はどれくらいなのでしょうか?

交際して1年になる彼がいます。
彼は近親者(はとこ)で、先日プロポーズを受け、結婚を前提にして交際を続けていました。

双方の両親には、お付き合いをしていることは伝えてあり、来月に双方の両親(いとこ同士)に結婚の了承をもらおう・・・と考えていたのですが、まだ結婚の件は伝えてありません。

2週間半ほど前、避妊に失敗してしまい、彼が中で射精してしまいました。
その後、生理予定日を迎えても生理がこないのと体温が高いこと、右胸がチクチク針で刺されるような痛みと下腹部中央のひきつれ...続きを読む

Aベストアンサー

はとこって六親等離れて居るので、ほとんど赤の他人に近いのでは?
おじいさんおばあさんの代が兄弟だって言うだけでしょ?
四親等からは結婚も出来るわけだし、そんなにリスクが高ければ、親戚同士は結婚禁止って話になるはずだし。

それより私が気になったのは、障害児が生まれるかもしれないから、子供はやめとこうと言うのであれば、それは、はとこだからではなくて、はじめから子供は持たない方がいいですよ。

赤の他人同士だって、ちゃんと障害児は生まれるわけだし、その確率は思っている以上に高いですよ。
私が最近いろいろ聞いているのでは、軽度発達障害の子供は6~7%存在するみたいです。
これに他の障害を持った子供を合わせていけば、10人に1人くらい何らかの障害があるって言われるのではないかな?
昔だったら、軽度発達障害の子供は障害児に入らなかったけど、最近はちょっとでも気になったらそういう障害名が付いてしまう時代です。
もしも、お子さんがそんな風に言われた時に、正しい知識で、はとこ同士での結婚のせいではないと言い切れないのであれば、ここは諦めるしかないのでは?

本当にお好きな方との間の子供さんなのだから、障害があろうがなかろうが、頑張って産んで育ててあげて欲しいのが私の気持ちですが、ご本人次第ですしね。

ちなみに私は、赤の他人と結婚して障害児(自閉症)を産んだ人間です。
我が子が障害児と判ってから、障害児の産まれている割合などしっかり勉強したら、こんな感じだった訳です。

親になるのは、今の時代、みんな怖いですよ。
障害児でも頑張れると思われたら、産んでくださいね。

はとこって六親等離れて居るので、ほとんど赤の他人に近いのでは?
おじいさんおばあさんの代が兄弟だって言うだけでしょ?
四親等からは結婚も出来るわけだし、そんなにリスクが高ければ、親戚同士は結婚禁止って話になるはずだし。

それより私が気になったのは、障害児が生まれるかもしれないから、子供はやめとこうと言うのであれば、それは、はとこだからではなくて、はじめから子供は持たない方がいいですよ。

赤の他人同士だって、ちゃんと障害児は生まれるわけだし、その確率は思っている以上に高い...続きを読む

Q遺伝で障害を持った子が生まれる確率が高くなるのでしょうか・・・?

遺伝で障害を持った子が生まれる確率が高くなるのでしょうか・・・?

結婚を考えている彼女がいますが、結婚を快諾してくれないでいます。
彼女には不安があるようです。

それは、私の弟が知的障害者だということです。
(弟は、24歳ですが、目を離していても全く問題なく、仕事にも一人で行っています)
彼女はかなり言いにくそうにしていて、やっと聞き出せたのですが、弟自身が心配なわけでなく、将来生まれてくる子供がそうだったら、と考えると不安で仕方ないようです。
彼女は養護施設で働いているので、余計にそう感じるのかもしれません。

彼女が言うには、障害者がいる場合、その家族の子供にも障害者が産まれてくる可能性が高いと言っています。
つまり僕にもその遺伝子が強くあることを心配しているようです・・・。

僕はそれを言われて正直かなりショックでした・・・。

僕は自分の子供であれば、たとえ障害者であろうとも育てていく覚悟はあります。
最初から障害を持った子が生まれてくると思っている親はいませんし、僕だってそうです。

たとえ他の人より少しだけ高い可能性があるとしても、そこが不安になられて結婚を戸惑われると・・・ショックが大きいです。

とはいえ彼女の不安もわからないではないのです。
言いにくいのを正直に言ってくれたのですから、それを乗り越えて結婚できる道を考えたいと思っています。

前置きが長くなりましたが、質問は2点です

(1)障害児が生まれる確率は遺伝などで本当に高くなるのですか?
(2)その遺伝があるかどうかを調べる術はあるのでしょうか?(精子を調べる等)


障害のある子どもさんをお持ちの方がいらっしゃれば、お気持ちを害したかもしれません。
私も兄として弟に27年間接してきましたが、かけがえのない大切な弟です。
障害を持つ人たちに偏見の目は一切ありませんので、このような質問をお許しください。

遺伝で障害を持った子が生まれる確率が高くなるのでしょうか・・・?

結婚を考えている彼女がいますが、結婚を快諾してくれないでいます。
彼女には不安があるようです。

それは、私の弟が知的障害者だということです。
(弟は、24歳ですが、目を離していても全く問題なく、仕事にも一人で行っています)
彼女はかなり言いにくそうにしていて、やっと聞き出せたのですが、弟自身が心配なわけでなく、将来生まれてくる子供がそうだったら、と考えると不安で仕方ないようです。
彼女は養護施設で働いているので...続きを読む

Aベストアンサー

難しい問題ですよね。

遺伝的に想定できないようなご夫婦から産まれてくることもあれば
やはり、どうしても同じ家庭や親族に偏って産まれてくることもありますし。
どうしても施設などにいると、兄弟や親族などに偏っているケースを見ていれば
怖くなるのかも知れません…。

うちは子供二人ともアスペルガー症候群ですし、親族には自閉症が二人います。
他にも診断を受けていないものの生活上問題や困難を抱えている家族親族は多く
医師にそれとなく指摘されている者もいます

ただ、子供を産む、というのはそういうことだと思います。

どんなに心配があっても、なくても
早産や、出産のトラブルで脳に障害を負うこともありますし
産まれてきても成長過程や大人になってから障害を背負うこともあります。

子供を産むというのはそれを背負うと言うことです。

でも、だからといって誰もがそのことを本当に身近に、リアルに想像して居る訳じゃないと思います。
実際本当に重度障害で一生介護…とかまでイエスといえなければ生めないのであれば
なかなか子供を持つことに覚悟を持てるかどうか。

さて、ここで問題になるのが
実際に遺伝的に確率が高くなるかどうかより
「彼女がそれを気にしている」ということではないでしょうか

もしも、遺伝ではなく「たまたま」二人の間に障害のあるお子さんが産まれてしまったら?
彼女も、彼女の家族も、すべてあなたの血筋のせいにするのではないでしょうか…。
その時に耐えられるか、ご家族がうまくいくか、というのが大きなテーマでしょう。

全く障害者と無縁の生活をしていた人がいたずらにおそれているのとはまた違うので
説得したり、弟さんが自立していることで障害者の予後を見せる、ということも
効果が薄いかと思います。

精子を調べてもわかりません。

出生前診断であれば、羊水を検査することでダウン症など一部の遺伝子疾患などは解る場合があります。
ただ、これは妊娠中期に障害がわかったら中絶する前提で行う検査であることと
検査の影響で流産する可能性があるということ
この検査では解らない障害も世の中には多々あるというデメリットはあります。

ところで、市役所、大きな病院、保健センターなどに「遺伝相談」というのが設置されているところがあります。

お住まいの地域に「遺伝相談」がないか調べてみてはどうでしょうか。

病気など、お子さんへの遺伝についての相談を受けてくれます。

産婦人科施設
http://www.jaog.or.jp/JAPANESE/PUB/IDEN/iden.html

保健所など(yahoo検索)
http://search.yahoo.co.jp/search?fr=slv1-gyao&p=%E9%81%BA%E4%BC%9D%E7%9B%B8%E8%AB%87%E3%80%80%E4%BF%9D%E5%81%A5%E6%89%80&ei=UTF-8

どんな健常なお子さんでも、夫の理解や協力がなければ
育てていくのは大変ですし
責められようものなら、それはとても苦痛です。

たとえ障害があっても、この人となら育てていけるだろう

そう思ってもらえると良いですね。

長くなりました。

頑張ってください。

難しい問題ですよね。

遺伝的に想定できないようなご夫婦から産まれてくることもあれば
やはり、どうしても同じ家庭や親族に偏って産まれてくることもありますし。
どうしても施設などにいると、兄弟や親族などに偏っているケースを見ていれば
怖くなるのかも知れません…。

うちは子供二人ともアスペルガー症候群ですし、親族には自閉症が二人います。
他にも診断を受けていないものの生活上問題や困難を抱えている家族親族は多く
医師にそれとなく指摘されている者もいます

ただ、子供を産む、というのはそう...続きを読む

Qいとこの孫同士の結婚

母と彼の祖父がいとこです。
家族の紹介で知り合いましたが、いとこ同士の孫になるのであまり気にせずお付き合いを始めました。
お互い好きになって真剣に将来の事を考えた時、結婚して子供も欲しいなーと思うのですが血が近いと、お互いのDNAの劣性した部分が前に出てきて障害を持った子になりやすいとよく聞きます。
お母さんは、いとこの子供の子供なので他人に近いので考える必要はないと言います。ただ子供を生むなら五体満足に生んであげたいので不安なのです。
あと女の子が生まれた時やはりできるだけかわいらしい子に生まれて欲しいと思うのですが、混血やハーフの人は血が離れているせいか綺麗な人が多いですよね。
血が近いとその逆になってしまうのか、と考えてしまいます。
勿論、見た目がすべてではないですが女の子であれば見た目は関係ないとは言い切れません。
もし身の周りに近親者同士で結婚した方がいればその子供は健康で元気であるか、見た目はどんな感じか教えて頂ければ幸いです。
もちろん、彼とはこれからお付き合いを続けていきますが、子供に障害ができる可能性が高ければ彼と子供を将来作るかどうかなど相談したいと思います。
子供は欲しいのですが、幸せな人生を送らせてあげられるかという不安が常にあります。
ちなみに彼と私はまったく見た目は似ていません。
ご回答お待ちしております。

母と彼の祖父がいとこです。
家族の紹介で知り合いましたが、いとこ同士の孫になるのであまり気にせずお付き合いを始めました。
お互い好きになって真剣に将来の事を考えた時、結婚して子供も欲しいなーと思うのですが血が近いと、お互いのDNAの劣性した部分が前に出てきて障害を持った子になりやすいとよく聞きます。
お母さんは、いとこの子供の子供なので他人に近いので考える必要はないと言います。ただ子供を生むなら五体満足に生んであげたいので不安なのです。
あと女の子が生まれた時やはりできるだけかわ...続きを読む

Aベストアンサー

いとこ同士、つまり4親等以上離れていれば法律的にも医学的にも問題ありません。いとこ同士はけっこういますよ。有名人では確か佐藤栄作首相がいとこ同士の夫婦でした。あなたと彼の場合、五親等離れているのですから、まったく問題ありません。

Q何親等から結婚できる?

結婚する相手として、親族はダメと聞いたことがあります。何親等離れていたらいいのですか?
ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

自分から真上(両親・祖父母など)、真下(子、孫など)を直系血族、自分の配偶者の真上(両親・祖父母など)は直系姻族といい、これらとは何親等離れていてもすべて婚姻できません。

これに対して、自分の兄弟姉妹、叔父叔母、いとこなどは傍系血族といい、四親等目からは婚姻することができます。
自分から見て血のつながりを見て行くと、親が1親等、親の親である祖父母が2親等、親の親の子である叔父叔母が3親等、親の親の子の子であるいとこが4親等ですね。

傍系姻族(配偶者の兄弟姉妹、叔父叔母など)とは問題なく婚姻することができます。

なお、実子と養子との兄弟姉妹関係なら婚姻することができます。
養子と養親とは養子関係離縁後も婚姻できません。

その他細かい規定がありますが、とりあえずこんなもんですね。

Q甘やかされて育った子供と厳しく育てられた子供の性格は?

甘やかされて育った子供はわがままになると言われますが、本当のところどうなんでしょうかね?
逆に厳しく育てられた子供は、どうなるんでしょう。
単純にわがままの反対はがまんだとおもうので、がまんのできる子に育つと考えていいでしょうか?

みなさんの意見を聞かせてください。
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対する達成感がなく(実際には分からない)、どこまでやっても『やり遂げた』という気持ちがあまり具体的にわいてこず、そのうちに『出来ていないんじゃないか』『不十分なんじゃないか』といった不安感に襲われ、やる前から諦めてしまう、さらに悪い状態なら欝になる。

厳しく育てられてきた場合は逆に、厳しい事を聞かなければならないというプレッシャーから、人の顔色を見て育つようになりがちです。求められている事をきちんとこなしているか、これで叱られないだろうか。
なので叱られる事がないようにするために褒められる事もなくなり、結果愛情を求めるようになってしまい傾向があります。

そう考えると、kiccaさんのおっしゃるとおり、やはり叱るべきところはきちんと叱り、その上で甘やかす部分も作ってあげ、そのメリハリをきちんとしてあげるというのが理想だといえますね。

叱る事によって社会のルールをきちんと理解させてあげ、褒める事によってその子のもつ才能を伸ばしてあげる。時には自分の行いを子供の前で反省する事もあってもいいですし、あえて子供を褒めるように料理のお手伝いを頼んでみたり(きれいに切れたね、上手に盛り付けられたね、など)。

それによって、自分自身の『気付き』も生まれてくるものですよ。

子供を育てるのではなく、子供の人生を育てる事が本当の意味での『育児』なんですよ。
自分の経験を見直して、『反面教師』として受け取った事に対しては『私は○○をされて嫌だったから子供にはしない』と考えて、楽しく人生を送る事が出来るように導いてあげてくださいね。

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対す...続きを読む

Q近親婚の子供が障害を持つ可能性が高いのはなぜですか?

近親婚の子供が障害を持つ可能性が高いのはなぜですか?

Aベストアンサー

 遺伝について、高校生物程度の知識があるとして説明します。

 ヒトはいろんな遺伝子を持っており、誰でも病気や障害の遺伝子をいくつか持っていると言われます。でも誰もが病気や障害になるわけではないのは、それらの遺伝子が劣性で、二つそろわないと発現しないからです。

 いま、Aさんがいて、ある障害の遺伝子x(劣性)を持つとします。でもAさんはもう一つの遺伝子X(優性)を持ち、このため障害は発現していません。Aさん自身にも自分が障害の遺伝子を持っていることはわかりません。
 Aさんの結婚相手がxを持っていなければ、Aさんの子どもには障害は発生しません。でもx遺伝子は半分の確率で受け継がれています。子どもの結婚相手もxを持たなければ、Aさんの孫にはx遺伝子が 1/4 の確率で受け継がれます。でも、孫にも障害は発現しません。
 Aさんの孫同士(いとこ同士)が結婚したとすると、両者がx遺伝子を持つ確率が 1/16 になり、それらの両親からの子どもが xx の劣性のホモになる確率は 1/4 です。そして、その場合、障害が発現します。

 x遺伝子自体が珍しく、例えば何万人に一人しかないような遺伝子なら、親戚同士の結婚でない限り、めったにxxの組み合わせの子どもはできませんが、この遺伝子を持ったヒトの孫であるいとこ同士だと 1/64 の確率で xx の組み合わせになることになります。

 障害などが必ずしも一つの遺伝子で発現するとは限りませんので、これは一つのたとえですが、要するに、親戚同士でなければめったに出会わない劣性遺伝子が、親戚同士だとである可能性がある、ということだと思います。

 なお、この例のAさんというのは、特別な人ではなく、あなたであり、私であるのです。
 

 遺伝について、高校生物程度の知識があるとして説明します。

 ヒトはいろんな遺伝子を持っており、誰でも病気や障害の遺伝子をいくつか持っていると言われます。でも誰もが病気や障害になるわけではないのは、それらの遺伝子が劣性で、二つそろわないと発現しないからです。

 いま、Aさんがいて、ある障害の遺伝子x(劣性)を持つとします。でもAさんはもう一つの遺伝子X(優性)を持ち、このため障害は発現していません。Aさん自身にも自分が障害の遺伝子を持っていることはわかりません。
 A...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング