プロが教えるわが家の防犯対策術!

複数の病院通いで、10万円を超えました。
確定申告(医療費控除)の手続きに行く際、病院の領収証は、病院ごと(薬局、タクシー)にクリップ止めなどして、まとめていけばよいのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

> 確定申告(医療費控除)の手続きに行く際、病院の領収証は、病院ごと(薬局、タクシー)にクリップ止めなどして、まとめていけばよいのですか?



takoyaki1966 さんは、給与所得者(会社員・パート)という事の前提で回答します。
税務署に行って、会場のパソコンに入力します。
会場には、パソコンは多数ありますが、全部ふさがっていると、順番待ちです。
入力方法が分からなければ税務署の人に聞くのですが、他の人が聞いていると、その人が空くまで待つしかありません。

医療費の領収書は、必ず、今年平成25年1月1日~12月31日を、医療機関・薬局ごとに、家族が居れば個人名ごとに、まとめて、小計の金額も計算しておきましょう。
この、医療機関・薬局ごとに、個人名ごとに入力が必要となります。

それから、勤務先から貰った「源泉徴収票」も必要ですから、忘れないようにして下さい。
この「源泉徴収票」からの数値(金額)も、税務署の確定申告で必要になります。


なお、還付される税金は、給与所得者の「源泉調書票」や、そのほかに年金等の「源泉徴収票」に書かれた所得税を、合算して所得税を再計算して、その結果、合算した所得税の「一部が返金」されるだけです。
かかった医療費の全部が返金されると勘違いされている人が居ますので、念の為。

-------------------------

税務署での医療費還付の確定申告には、国税庁のサイトからのアプリ・ソフトと同じです。
http://www.nta.go.jp/
現在は、過去平成24年分からの過去5年分のあぷ・ソフトが、出ていますので、今年の平成25年分には適用外です。
今年平成25年用(平成25年1月1日~12月31日)のアプリ・ソフトは、来年平成26年1月中ごろにアップされます。

もし、takoyaki1966 さんが、税務署での待ち時間が苦痛ならば、来年平成26年1月中ごろにアップされたら、そのソフトで医療費還付の確定申告を入力しましょう。
入力すると、還付される税金が自動計算されます。
そして、それを印刷して、税務署の窓口に提出するだけです。

なお、印刷して提出ならば,e-TAX(電子申告納税)の「登録は不要」です。
つまり、e-TAXのシステムを利用して、自動計算して、印刷で提出です。

私も10年近く、e-TAXのシステムを利用して、自動計算して、印刷で提出をしています。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

大変ご丁寧な回答、どうもありがとうございます。
感激いたしました。

お礼日時:2013/12/25 20:26

医療費控除を受けようとする場合の領収証の数が多数(数十枚以上)となる場合、税務署から「医療費の明細」を作成して添付するよう要請されます。


これは、一方的な税務署の都合とばかりも言えません。
枚数が多くなれば、集計漏れや重複計算もまた起こり得ます。
医療機関などの別、治療を受けた人別、あるいは日付毎等の整理方法があるかと思いますが、領収証のサイズや色等は発行者毎に違います。
医療機関など別の方が比較的整理し易いと思われます。
    • good
    • 1

専門家紹介

FP税理士としてあなたに最適なプランをご提供します。

詳しくはこちら

専門家

質問内容が若干曖昧な気もしますが、全てを一つにまとめてバラバラにならないようクリップ止めしておけば良いです。

単に合計額が計算できれば良いだけなので、病院(薬局)ごとの束を複数作る必要はないです。(領収証の大きさを合わせてまとめた方が扱いやすいとは思いますが)

医療費控除だけなら、ネットでフォーム入力するだけなので、そんな申告書作成も難しい事では無いですけどね。(来年用のフォームは年明けに)申告書の書き方が分からず税務署に相談に行くのであれば、年明け本格的確定申告シーズン前に行きましょう。

税金の事は本家のこちらへ http://www.nta.go.jp/index.htm
    • good
    • 10
この回答へのお礼

いろいろご丁寧にありがとうございまいた。
感謝です。

お礼日時:2013/12/25 20:28

>病院の領収証は、病院ごと(薬局、タクシー)にクリップ止めなどして、まとめていけばよいのですか?


そうですね。
できれば「医療費の明細書」を作成して持って行きます。

参考
http://www.city.minami-alps.yamanashi.jp/kurashi …
    • good
    • 11
この回答へのお礼

どうもありがとうございます!

お礼日時:2013/12/25 20:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療費控除 何度も同じ病院に支払った場合の明細書の記入の仕方について

初めて医療費控除の申請を行いたいと思っております。
いくつか質問させて頂きたいのですがよろしいでしょうか?どうぞよろしくお願いいたします。

以下のHPを参考にしております。
http://homepage1.nifty.com/shikari/data/medical/medical_list.htm

1.国税庁のページにて明細書を入手いたしましたが、
病院への支払い一回毎に一行使用するのでしょうか?
または、同じ病院で何度も治療を受けた場合は
(妊娠中の検診など)
支払った金額全てを足して一行に書いてしまってかまわないのでしょうか?
(かかった病院ごとに一行使用)

2.「支払った医療費」の欄に交通費も足した金額を記入してかまわないのでしょうか?
その場合、交通費の内訳は「治療内容・医薬品名」の欄に”(バス代片道○○円*2)*通院した回数”とでも書き添えればよいのでしょうか?

3.申請時には所得税の確定申告書も提出することとありますが、これは自宅で記入して税務署にもって行った方が税務署で記入するよりはるかに待たされる時間等は短縮されるものなのでしょうか?

初めて医療費控除の申請を行いたいと思っております。
いくつか質問させて頂きたいのですがよろしいでしょうか?どうぞよろしくお願いいたします。

以下のHPを参考にしております。
http://homepage1.nifty.com/shikari/data/medical/medical_list.htm

1.国税庁のページにて明細書を入手いたしましたが、
病院への支払い一回毎に一行使用するのでしょうか?
または、同じ病院で何度も治療を受けた場合は
(妊娠中の検診など)
支払った金額全てを足して一行に書いてしまってかまわないのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

1.
同じ病院に、同じ人が、何度か医療費の支払いをした場合、1行にしても大丈夫です。(つまり、かかった病院ごとに1行使用でOK)
ただ、同じ病院でも、家族それぞれ受診した場合は、○○病院・夫・いくら、○○病院・妻・いくら、とした方がいいみたいです。

2.
交通費も足した金額でOKです。
明細は分かればいいので、書かれているような方法で大丈夫かと思います。

3.
記入のしかたが分かっているようでしたら、自宅で記入して持っていった方が、絶対に待ち時間は違います。
というか、税務署で待たされるのは「自信が無い・分からない」などの理由で、無料相談コーナーを利用する人のようです。

すでに記入済の書類でしたら、提出だけの列に並びます。
こちらの方は、内容の詳しいチェック(たとえば、医療費控除に不適切な内容まで申告されている、源泉徴収票や添付書類と金額が違う=記入しまちがえている、など)はしません。
受領印を押すだけなので、かなり並んでいるように見えても、待つのはほんの数分です。

また、私の地元の税務署の場合、無料相談コーナーは昼休みの時間帯申込をしないのですが、提出だけなら昼休みの時間帯も、総務課?だか、昼休みのお留守番当番?の職員が受け取ってくれます。

極論ですが、郵便でも提出できますから、これだと確実に待ち時間0です。

<余談>
明細は、明細書の表に直接記入するのでも良いのですが、私の場合、表計算ソフトを使って、家計簿のように「日付、受診した人、受診した病院、治療内容、交通費、通院ルートやそれぞれの料金などの詳細」を一覧表にして、印刷しています。
税務署からもらう明細表は、封筒のようになっているので、表の部分には「別紙の通り」とだけ書いて、自分で作って印刷した表を、領収書と一緒に封筒に入れています。

1.
同じ病院に、同じ人が、何度か医療費の支払いをした場合、1行にしても大丈夫です。(つまり、かかった病院ごとに1行使用でOK)
ただ、同じ病院でも、家族それぞれ受診した場合は、○○病院・夫・いくら、○○病院・妻・いくら、とした方がいいみたいです。

2.
交通費も足した金額でOKです。
明細は分かればいいので、書かれているような方法で大丈夫かと思います。

3.
記入のしかたが分かっているようでしたら、自宅で記入して持っていった方が、絶対に待ち時間は違います。
というか、税...続きを読む

Q医療費控除と生命保険と確定申告

去年の2月から6月まで高額医療費控除を使って、入院で約85万かかったんですが
生命保険が降りて、少しプラスになりました。
去年一年の医療費に入院費を合わせると100万越えます。
聞いた話しだと、医療費ー10万の残りの10%ぐらいが戻ってくると聞いて、それだと10万以上戻ってくるかも、と思って確定申告しようと思っていました。
ですが・・・他の人からは、保険でむしろプラスになったのであれば、申告したら払うはめになるかもよと言われました。
税務署で確定申告するとき生命保険に入ってるかと保険金が降りたのかって分かるんですか?
こう言った場合は、申告はどーするべきですか?
貰えるものは貰いたいと思うのですが
生命保険は、個人でかけてる事だしと思いまして・・・
すいません、わからないので、どなたか教えて下さい、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(Q)去年の2月から6月まで高額医療費控除を使って、入院で約85万かかったんですが生命保険が降りて、少しプラスになりました。
(A)ならば、この分の医療費控除は受けられません。
生命保険の入院給付金などが非課税なのは、
このようなとき、医療費から差し引くからですよ。
非課税のお金を貰って、しかも、その原因となった入院から、
その費用に関する税金の還付を受けるというのは、
二重取りになりますよ。

(Q)去年一年の医療費に入院費を合わせると100万越えます。
(A)入院で85万円かかったということは、
その他の費用が、15万円ということです。
この15万円は、医療費控除の申告ができます。
(もちろん、申告が認められる内容ならば、という条件付きです)

(Q)医療費ー10万の残りの10%ぐらいが戻ってくると聞いて、それだと10万以上戻ってくるかも、と思って確定申告しようと思っていました。
(A)15万円(上の計算)-10万円=5万円。
所得税率が10%ならば、5000円が戻ってきます。

(Q)他の人からは、保険でむしろプラスになったのであれば、申告したら払うはめになるかもよと言われました。
(A)生命保険の入院給付金などは非課税なので、
申告したら、不足分を指摘されて、追加の税金を取られる
ということはありません。

(Q)税務署で確定申告するとき生命保険に入ってるかと保険金が降りたのかって分かるんですか?
(A)税務署が保険会社に問い合わせをすれば、すぐに答えてくれます。
毎年の生命保険料控除を申請していれば、税務署は
どこの生命保険会社と契約しているのか、すぐにわかります。

ついでに言えば、死亡保険金・解約払戻金・満期保険金などは、
100万円を超えると、保険会社は税務署に支払調書の提出義務が
生じます。(法律で、提出義務が決められている)
なので、このようなお金は、税務署は何もしなくても、把握できる。
このような面では、保険会社と税務署は、仲良しと思って良いです。

(Q)こう言った場合は、申告はどーするべきですか?
(A)上記の通り、
85万円の入院費用に対して、それ以上の給付金が出ているならば、
この分は申告できません。
総額100万円-85万円(入院費)=15万円
について、保険会社からの給付がないのならば、
この15万円については、医療費控除の申請を出せます。
計算は、上記の通り。

ついでですが、
「税務署には、どうしてわかるのですか?」
という発想をしないでください。
税務署には、すべてわかると考えた方が良い。
日本の税務は、納税者の申告制です。
つまり、税務署は、納税者が正しく申告するということを前提にして
仕事をしています。
だから、正しくないことをしたときは、厳しいです。

(Q)去年の2月から6月まで高額医療費控除を使って、入院で約85万かかったんですが生命保険が降りて、少しプラスになりました。
(A)ならば、この分の医療費控除は受けられません。
生命保険の入院給付金などが非課税なのは、
このようなとき、医療費から差し引くからですよ。
非課税のお金を貰って、しかも、その原因となった入院から、
その費用に関する税金の還付を受けるというのは、
二重取りになりますよ。

(Q)去年一年の医療費に入院費を合わせると100万越えます。
(A)入院で85万円かかったと...続きを読む

Q医療費控除の通院に係る交通費、こんなことは可能ですか?

医療費控除の通院に係る交通費で、JRやバスは領収書をもらえないと思います。

実際は(1)会社の最寄駅から病院の最寄駅までの交通費を請求(添付)すべきであるのに、(2)自宅の最寄駅から病院の最寄駅までの交通費で虚偽の請求(添付)するなんていうことは可能なのでしょうか??

ちなみに交通費の額は(1)<(2)という場合です。

Aベストアンサー

 私の場合はそれほど高額ではなかったからなのかもしれませんが
きちんと書類がそろっていれば、そんなに厳しくチェックされることはないと思います。
もちろん電車移動でしたから領収書なしです。
後段で述べましたように、私も途中駅までは会社から交通費が出ていて定期利用だったので
1年目は請求せず、2年目ではじめて請求したのですが
その食い違いさえ問題にされませんでした。
ですから、いきなり受付窓口にいかずに、
先に用紙をもらってきて、すべて記入していくとスムーズにすみますよ。
別に悪いことをするからではなくて、税務署の方も助かるのです。
大半の人は、レシートやら領収書持参でやってきて、
どうやって申告したらいいんですか?ということから始めるようなのです。
だから申告に時間がかかるとぼやく人が多いのです。
問題がなければ5分程度で終わります。
そこでいろいろ受け答えしている間にもろもろの事情がばれるかもしれませんが
na0hさんがどこにお勤めで、会社から定期券が支給されていることなどは
記入用紙からはわかりません。
少なくとも定期のことは自分で言わない限りばれません。
第一、自宅から通院するのが一般的ではないでしょうか。
私鉄を利用すればもう少し安くなるにもかかわらずJR利用をしたという申告でしたら
それは疑われると思いますけど。

 ちょっと会社と病院と自宅の位置関係がわからないのですが
会社から病院に通院した後は自宅に帰るのではないのですか?
だったら、自宅から通院していると言い切ってしまっても不思議ではありませんね。
会社から病院へ、そして会社に戻って、その後どこに帰るのでしょうか?
会社から自宅への距離はどうなっているのでしょうか?
遠いので、会社の近くに部屋を借りて住んでいるとでも?

 はっきり言うと、使ってもいない金額を申告して余分にポケットに入れようという企みですから
決しておすすめしていいことではないと思いますが
できるかできないかということでしたら
堂々と受け答えをしていれば認められると思いますよ。
その後のことは皆さんおっしゃるように良心の問題ですから。

 私の場合はそれほど高額ではなかったからなのかもしれませんが
きちんと書類がそろっていれば、そんなに厳しくチェックされることはないと思います。
もちろん電車移動でしたから領収書なしです。
後段で述べましたように、私も途中駅までは会社から交通費が出ていて定期利用だったので
1年目は請求せず、2年目ではじめて請求したのですが
その食い違いさえ問題にされませんでした。
ですから、いきなり受付窓口にいかずに、
先に用紙をもらってきて、すべて記入していくとスムーズにすみますよ。
別...続きを読む

Q見やすい医療費控除の書き方

サラリーマンのですが、2008年にかかった医療費が年間10万円を
超えたので、確定申告を行なおうと思っています。
本人のみなのですが、かかった病院が10以上あり、同じ病院でも複数
日かかったりしています。また、時間差で同様にかかったケースもあります
(例:1月と11月に風邪を引いて同じ病院にかかった)
同じ病院でも、院外処方してもらった薬局が異なる場合もあります。
それらを別紙にまとめて提出しようかと思いますが、みなさんはどのよう
な方法を取られているでしょうか??

・日付ごとにまとめますか?病院ごとにまとめますか?
・院外薬局で薬を調合してもらうときは、かかった病院との関係がわかる
ようにした方がいいのか?それとも独立させていいのか?
・交通費はまた別途用紙を作成するのか?それとも診療費に加えるのが
いいのか?等々

つまりはどうすれば見やすいのか?ということだと思います。

色々方法はあろうかと思いますが、みなさんの申告方法を教えていただ
きたく思います。

宜しくお願いします

Aベストアンサー

「見やすい」ではなく、「基本的には、ルールに従って」、なんです。
ルールとは、日付ごとにまとめるのではなく、病院ごとにまとめるって事なんです。

生計を一にしている家族の分は合算できるので、まず人ごとに分類し、同じ人の中では病院ごとに分類します。同じ人・同じ病院の中では、日付順に領収書が連なっていれば、分かりやすいです。
「生計を一にしている」とは言っても、本来は、その医療費を支払った人が医療費控除の申告対象なんですが、生計を一にしている家族の誰が支払ったのか/この人が支払ったわけではないのか、証明も否定もするのは困難ですので、生計を一にしている家族の分は申告できます。

なので、病院ごとにまとめるのが正解です。
院外薬局での調剤は、かかった病院との関係は、税務署側は求めていません。調剤など医療に関係する費用なのか、そうでないか、が問題ですので、独立させて構いません。

交通費については、診察費に加えるよりも、別にした方がいいです。
診察費に加えた金額を書くと、領収書の金額と異なるため、分かりにくいからです。
私の場合は、税務署で無料配布している明細表(領収書を入れる袋になっている)を参考に、それに交通費の記入欄を追加した表を自分で作成し、表計算ソフトに入力~優先順位を「人ごと」「病院ごと」「日付順」の順番にしてソート~合計しています。
1行ごとに入力した自作の表を領収書と一緒に入れます。

「見やすい」ではなく、「基本的には、ルールに従って」、なんです。
ルールとは、日付ごとにまとめるのではなく、病院ごとにまとめるって事なんです。

生計を一にしている家族の分は合算できるので、まず人ごとに分類し、同じ人の中では病院ごとに分類します。同じ人・同じ病院の中では、日付順に領収書が連なっていれば、分かりやすいです。
「生計を一にしている」とは言っても、本来は、その医療費を支払った人が医療費控除の申告対象なんですが、生計を一にしている家族の誰が支払ったのか/この人が支...続きを読む

Q「診療明細書」と「請求書兼領収証」 医療費控除

病院に行ったら「診療明細書」と「請求書兼領収証」をもらったのですが
医療費控除を受ける場合、どちらの資料が必要になるのでしょうか?
どちらも捨てちゃだめですか?

Aベストアンサー

「診療明細書」は項目ごとの点数だけです。もっとも1点が10円になりますが保険適用前の金額です。

「請求書兼領収証」は点数を×10して診療費を計算して自己負担率(10%とか20%)を掛けてそれが請求金額になっています。
医療費控除申告に使うのはこちらです。

「診療明細書」は捨ててもかまいませんが次回との比較には参考になりますね。

Q確定申告を書き間違えた時の訂正方法

生まれて初めての確定申告をしています。
2箇所ほど書き間違えてしまいました。
訂正は 2本線を引いてその個所に 捺印すれば良いのでしょうか? 御指導くださいませ。

Aベストアンサー

以前申告書の内容が間違っているという理由で、税務署から呼び出しを受けた経験があります。その時は署員の人に言われて2本の訂正線で消して、捺印させられました。あなたのおっしゃっている方法で正解です。訂正印は申告書の上の欄に捺印するものと同じ印鑑を押してください。

Q10万円未満でも医療費控除の申請をすれば住民税が安くなりますか?

1年間の医療費が10万円(もしくは所得の5%以上)を超えたら医療費控除の対象になる事は知っています。しかし10万円を超えなくても(還付金がなくても)、申請をしておけば、住民税が安くなると言う事を聞いた事があります。
(1)実際にそれは本当でしょうか?

(2)どれくらい医療費がかかれば住民税に影響があるのでしょうか?

(3)昨年は年間で25000円くらい医療費がかかりました。
この場合は申告すれば多少なりとも住民税が安くなりますか?
またその場合、いくらぐらい安くなるものでしょうか?

(4)昨年住宅を購入したので今年は確定申告をしに税務署に行くのですが、医療費控除の場合も同じく税務署でいいのでしょうか?
それとも区役所に医療費控除を申請してから、税務署で住宅ローン控除の申請をするのでしょうか?
(住宅ローン控除1年目と医療費控除が重なった場合、どこにどの順番で行ったらいいのでしょうか?)

ご存知の方がいらっしゃれば教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

10万円、または所得の5%、のどちらか安い方を差し引いた金額が「控除額」になります。
そのどちらか安い方を超えていない場合は、10万円または所得の5%を差し引いた結果、控除額が0円になってしまうため、「医療費控除、控除額0円」という申告になってしまうので、意味がありません。

「所得税の還付金が無くても、住民税が安くなる(ことがある)」というのは、たとえば住宅ローン控除をした結果、所得税の負担が0円になってしまっていても、住民税の計算の時は住宅ローン控除は差し引かないため、もし医療費控除の控除金額がある場合は(ここが重要)、所得税の還付金が無くても確定申告しておけば、その医療費控除が住民税の軽減に反映されるということです。

また、住宅ローン控除が無い場合でも、基礎控除や配偶者控除・扶養控除の金額が、住民税の計算時は(所得税の計算時に比べて)少なめなので、所得税は0円でも住民税の所得割が発生するケースがあります。
こういう時も、医療費控除をすることで、住民税の負担を減らすことができます。

しかしながら、くどいようで申し訳ありませんが、あくまでも「医療費控除の控除額がある場合」の話です。10万円または所得の5%を超えていない場合、つまり控除額が根本的に無いのに、控除金額が発生しない程度の医療費の金額を申告しても、何の意味もありません。

医療費控除は、もともと、確定申告で所得税の負担を軽減させることができます。負担が軽減された上で、住宅ローン控除の控除可能額がある場合は、その範囲で軽減されます。
税金の計算の仕組みとしては、「医療費控除をした後の金額から、住宅ローン控除を差し引く」のですが、申告の手続きとしては、医療費控除も所得税の確定申告に適用されるものなので、1回の確定申告で医療費控除も住宅ローン控除も行います……質問者さんの場合、所得の5%が25000円より少なければ、医療費控除の控除額が発生しないので、医療費控除の必要はありませんが。

10万円、または所得の5%、のどちらか安い方を差し引いた金額が「控除額」になります。
そのどちらか安い方を超えていない場合は、10万円または所得の5%を差し引いた結果、控除額が0円になってしまうため、「医療費控除、控除額0円」という申告になってしまうので、意味がありません。

「所得税の還付金が無くても、住民税が安くなる(ことがある)」というのは、たとえば住宅ローン控除をした結果、所得税の負担が0円になってしまっていても、住民税の計算の時は住宅ローン控除は差し引かないため...続きを読む

Q還付金はいつ振り込まれますか?

本日、ちょっと早いですが、医療費控除を受けるために税務署で申告をしてきました。
1~2ヶ月で還付金が振り込まれると説明を受けましたが、この空いている時期に申告しても、その程度は日数がかかるものなのでしょうか?
15日締めなので、15日までにすると早いなどと言う話も聞いたことがあるのですが、どうなのでしょう?
ケースによりけりだと思いますので、明確な答えはないと思いますが、「私はいつ頃申告して、このくらいで振り込まれたよ」という経験談がありましたら、教えてください。
なかなか大きな額になりそうなので、早く振り込まれないかなと待ちわびています(笑)

Aベストアンサー

所轄の税務署や、提出時期等によって違いますので、本当にケースバイケースとは思います。

ただ、15日締めという事はないです、随時申告を受け付けて、順次、還付のための処理をしていく事となります。
申告書提出の際は、税務署の方は基本的に長めに言われますので、1~2ヶ月と言われたものと思います。

早い方では2週間ほどで振り込まれた、という話も聞いたことがありますし、この時期であれば、おそらく1ヶ月はかからないものとは思います。
(もちろん保証はできませんが)

Q医療費控除における「補填額」の証明について

お世話になります。
今年、医療費控除を申告しようと思うのですが
申告する金額は実際に発生した医療費から
「保険金などで補てんされる金額」を引いた額になると聞いています。
これに関する書類は何を添付すればいいのでしょうか?

医療費が高額になるため、
加入している保険組合から高額療養費の給付があり、
今回はこの給付が補填される金額に該当しますが、
その金額を証明する書類が存在しません。
医療費は病院の領収書がすべてですが、
補填額は振り込まれた自分の銀行口座の通帳の記録がすべてです。
これをコピーでもすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

医療費控除に関しては、支払った医療費の領収書は提出又は添付が義務付けられていますが、保険金等により補填される金額については、特に書類の添付は要件となっていませんので、実際に補填された金額を医療費の明細書等に記載されれば、特に何も添付されなくても全く問題ありません。

ただ、税務署に申告に行かれる場合には、確認のため、金額がわかる書類の提示を求められる可能性がありますので、通帳等の入金された金額がわかる書類を持参された方が無難とは思います。
(もちろん、提示自体も要件とはなっていませんが)

Q医療費控除は簡単ですか?(医療費が11万でもする価値ありますか?)

毎年、医療費が、11万程度になります。(眼科、歯科、耳鼻科、皮膚科など掛かりつけの医療機関が多いためです。また薬局にも良く行きます。)
ただ、怪我などの大きな病気になることは少なく、細々としたものばかりですので、領収書を集めて申請する手間を考えると、申請する程の物でもないと思っています。
よくマネー誌などで、10万円を超えそうだったら、少しでも薬局で何か買うなりして、10万円を越してしまった方が、医療費控除が受けられるから得!みたいなことが書かれていますが、そんなに得なのでしょうか・・??
申請方法が煩雑で、手間賃を考えると全く割りに合わないと思うのですが。それとも、簡単な申請方法があるのでしょうか?

現実のところ、もし申請の手続きの時給を1時間千円として換算すると、利がでてくるのは、何万円ぐらいからなんでしょうか。。?

Aベストアンサー

医療費控除は1度経験すれば、思ったほど面倒でもないと思いますよ。
基本的には少しでも戻るならやってみてはどうでしょう。

税務署で頂く申告セット?(用紙と、説明書と、領収書を入れる封筒)の封筒に内訳を書くことになっていますが
私は、封筒には別紙明細と記入し、エクセルで表を作って添付しています。
表は病院毎にまとめ、通院日、診療費、薬代、交通費と記入しています。1ケ月に1度位整理しておくと、結構楽です。

医療費の控除だけでなく、税金の見直しにも影響されるみたいですし、
毎年の恒例みたいにしておくとよいのではと思います。

私は何年か前に医療費の少ない年があり、それからしていなかったのですが、今年の始めに3年分を申告しました。

一度に3回分はさすがに疲れて、絶対1年毎にしようと思いましたよ(笑)

まぁ面倒と言えば面倒かもしれませんが、最初に書きましたが、経験すれば慣れ・・・ってこともありますし。

一度チャレンジ?してみては如何でしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング