はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

辺野古の海って、そのうち20メートル相当の津波が来るそうですけど!

その場合、米軍基地って、

迷惑なゴミの山として、弾薬、爆薬、ミサイル、毒ガス、生物兵器、化学兵器、核兵器満載のガレキとして、海を漂流するのですか?



M8・5で東海岸津波20メートル 琉大准教授予測
沖縄タイムス - 2011年5月10日
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-05-10 …

沖縄本島沖の琉球海溝を震源とするマグニチュード(M)8・5の地震が発生したとの想定で、本島沿岸部に押し寄せる津波の高さ(波高)を琉球大理学部の中村衛准教授(41)=地震学=が予測した。沖縄があるユーラシアプレートに、太平洋側のフィリピン海プレートが沈み込む同海溝は、巨大地震を引き起こすひずみがたまっている恐れがあり、予測によると東海岸の広い範囲で20メートルを超える津波が発生。5階建ての建物に相当する標高15メートルの地域まで、浸水する危険があると警鐘を鳴らす。

中村准教授ら琉大研究班は2008年から、名古屋大、県水産海洋研究センターなどと合同で地震発生予測調査を実施。沖縄本島の南約100キロの琉球海溝の海底で、プレート同士がくっつき、ずれる時の反発で地震を起こす固着域を見つけた。この固着域がずれることにより「M8を超える巨大地震が発生し、沖縄本島は震度6前後の揺れに見舞われる可能性がある」と指摘する。

県が07年3月に出した津波・高潮被害想定調査は、沖縄周辺の海底活断層などでM7・8の地震を想定。津波が海岸から陸地へかけ上がる高さを示す遡上高(そじょうこう)は、東海岸では、名護市内の15メートルを最高に、2~7メートル前後と予想されている。数値が高いのはV字型湾になっていて、波が集まりやすい地形だからだ。

一方、琉球海溝でM8・5の地震が発生した場合、遡上高は「現在の県の被害予想の2~3倍に達する」と中村准教授。沿岸部の波高は東村平良が26メートル、南城市でも20メートル以上を予測。小さな離島や沿岸部の市街地など標高15メートルの地域が浸水する危険がある高さだ。さらに、西海岸にも波が回り込み、那覇市では10メートルに達する恐れがあるという。

東日本大震災を引き起こした日本海溝付近から東北の三陸海岸までは約200キロ。対して琉球海溝から沖縄本島までの距離が約100キロと短いことから、中村准教授は津波は東日本大震災の半分の20分程度で本島へ到達するとみる。「高台に避難する時間はかなり短いだろう。従来は3階建ての建物が避難の目安だが、今後は6階建て程度の建物に目星を付ける必要がある。まずは3階に避難し、さらに上の階を目指す心積もりを」と強調した。

津波想定なく「心配」 辺野古アセス 審査会委員
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-186807-story …
2012年1月28日

 審査会で委員からは津波などの自然災害時における環境や地域住民への影響について記述がないことに対し、「非常に心配だ」などと不安視する声が上がった。昨年3月の東日本大震で、防災対策が社会全体の課題となっている中で、あえて一行も触れないという不可解な評価書となっている。
 琉球大学教授(環境防災工学)の仲座栄三委員は「津波災害時の記述が全くない。福島原発事故のこともあり、非常に心配だ」と発言。宮城邦治会長は1960年のチリ地震による津波で、名護市大浦でも高さ3・85メートルの津波を観測し、真喜屋では3人の女性が犠牲になったことに触れ、「(基地のような)構造物ができれば、あの当時と違う潮流ができて、影響を受ける」と指摘した。
 準備書に対する住民意見の中には「自然災害によって受ける影響についての想定と対策を記述するべきだ」との意見があった。対する評価書での事業者側の見解は「災害時の影響については環境影響評価の対象ではないことから、準備書には記載していません」だった。
 琉球大学理学部教授の大出茂委員は「辺野古は琉球海溝に面していて、海溝型の地震が起きらないとも限らない。もし、造られた基地に劣化ウラン弾や放射性物質が貯蔵されていた場合、津波が来たら全てが消失することになりかねない」と警鐘を鳴らした。
 宮城会長は「基地内にはどんな兵器や爆弾が配備されるか分からない。自然災害時の環境への影響、地域住民への影響についてしっかりとした対応、コメントがあるべきだ」と注文を付けた。

◆怒り越え、あきれ笑いも

 分厚いデータを基にしながらも基地建設ありきの筋立てや「住民理解を求める」とうたうが説明責任を放棄―。県アセス審査会では、どう転んでも事業実施にたどりつく評価書の書きぶりに、怒りを通り越し笑いが生まれる場面もあった。
 騒音のウミガメへの影響予測について「これはすごく驚いた」と辻瑞樹委員(琉大農学部教授)。騒音を嫌って辺野古から他地域に逃避したとして、国内個体は減少傾向にあり逃避先での頭数増加による生存競争が起きる可能性は低い―とするくだりだ。辻委員は「タンチョウに例えると、今減ってしまって釧路湿原にしかいない。湿原に何か造っちゃったけど、ほかに空き地がいっぱいあるから大丈夫ですよね、と言ってるようなもの」と話した。


wikipedia: 連動型地震より
琉球海溝の巨大地震

南海トラフ南西端から続いている歴史文献などの記録がない奄美群島沖の琉球海溝(南西諸島海溝)プレート境界でも、推定M9クラスの超巨大地震が数千年に一度の割合で発生する可能性が示唆されている[13]。海底地殻変動の観測[14]によれば、測定用の海底局が沖縄本島から北西方向へ年間7cm移動していることから、推測される固着域(アスペリティ)は幅約30 - 50kmでプレート間カップリング領域が形成されていることが判明した[15]。

また、南海トラフから琉球海溝までの全長約1000kmの断層が連動して破壊されることで、震源域の全長も2004年のスマトラ島沖地震に匹敵する非常に細長い領域におけるM9クラスの連動型地震、あるいはM9クラスの二つの超巨大地震が連動して発生する可能性があるとも指摘されている[16][17][18][19][20][10]。これは、御前崎(静岡県)、室戸岬(高知県)、喜界島(鹿児島県)の3つの海岸にある、通常の南海トラフの地震が原因と推定されるものより大きな平均1700年間隔(直近は約1700年前)の4つの隆起からなる隆起地形が根拠となっている。


中部琉球海溝でM8クラス地震が起こった場合の津波
http://seis.sci.u-ryukyu.ac.jp/hazard/tsunami-ok …

1771年八重山地震津波(明和の大津波)
http://seis.sci.u-ryukyu.ac.jp/hazard/EQ/

沖縄の歴史地震
http://seis.sci.u-ryukyu.ac.jp/hazard/large-eq/h …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

地震 北朝鮮」に関するQ&A: 北朝鮮のミサイル 発射後、海に落ちてどうなるか?地震が起きたり海に汚染とか魚とかに影響はないのですか

A 回答 (6件)

元々なんで辺野古が普天間基地の移転候補地になったのかというと、地元で招致活動があったからです。

地元が招致するから、じゃあとなって候補地にしたら突然反対運動が起こりまして、そのためにアメリカの関係者が「沖縄人はたかりの名手」という発言につながったのです。

んで、自民党政権とアメリカ政府との間で辺野古への移転で同意していたのに、あの自称宇宙人の民主党首相が突然「最低でも県外」と言い出してややっこしくなっちゃったんです。そのために辞任に繋がってしまいましたね。辞任直前、「秘策はある」といっていたのですが、辞任後にインタビューで「秘策っていってましたけど、なんだったのですか」と記者に尋ねられて、「なんか言わないといけないなと思った」とそんなものはなかったことをあっさりと認めました。ホントこの人って真正のバカ殿だと思う。なんか突然これまた策もないのにイランを訪問して、それについて怒られたら出席したパーティで「イランことするなと言われまして・・・」と発言(本当)。お前、もしかしてそれが言いたくて身を張ってギャグやったのかと。

それで政権が自民党に戻ったので、元の鞘に収まったというわけです。グアムへの移転はアメリカ側が嫌だといってるんだからしょうがないですよ。反対運動お盛んなりし頃、沖縄県知事もなぜか辺野古移転反対の立場をとったのですが、元々辺野古の人たちが招致活動したときに後ろ盾になってたのが仲井真さんだったんですけどね。で、今あっさり認めちゃったでしょ。あの「県内移転は絶対ありえない」という強硬姿勢はどこいったのやら。ただ、仲井真さんがそういう人だというのは沖縄の人はよく知ってたみたいです。

ちなみに劣化ウラン弾は湾岸戦争で初めて実戦投入されてから「ヤバい」という話の枚挙にいとまはないのですが、アメリカ政府は公式に「別に健康への影響は一切ないっす」という態度を崩していません。一応「元兵士が訴える様々な症状との因果関係は不明」ということになっています。いやどう考えたってヤバいと私も思うんだけどさ。
    • good
    • 0

日本列島は地質が新しく地震が起こり易いということですので、容認するしかありません。

如何わしい予想を信じていたらマイホームも建てられません。要するに如何に速く逃げるかだけだと思います。繁栄する町は危ない所にある、住んでいる人間が悪いという評論家がいます。地震頻発期というのなら沈静期もある筈です、のんびり冷静に生き延びましょう。しかし自然破壊は困りますね。
    • good
    • 0

>迷惑なゴミの山として、弾薬、爆薬、ミサイル、毒ガス、生物兵器、化学兵器、核兵器満載のガレキとして、海を漂流するのですか?


毒ガス、生物兵器、化学兵器 これらは戦闘で使うことは禁止されている兵器です。
貧者の核兵器と呼ばれ、核を開発・運用できるほどには金のないところが使用し、その場合は国際的な非難を浴びることになります。
なので、これらをアメリカが持つ必要はありません。
ただし、防御の為の対策はしますから、アメリカのどこかでは保有して研究材料にします。

弾薬などの兵器類は、コンクリートで防御された収納庫に入れられています。
爆弾の直撃でも喰らわないと破壊することは出来ません。
津波によってある程度の破壊はあって、すぐに使用できるとまではいかないでしょうけど、流出したりすることはまず考えられません。

破壊されるのは、地上にある飛行機や格納庫、宿舎などの建物と言うことになります。
漂流するほど軽い物では無いですよ。

20mですか。
沖縄自体が壊滅ですね。かまいませんけど。
    • good
    • 0

(1)まず基地なので、危険な平気は防護施設に入っているはずです。


そうでなければ、まぐれの砲弾が1つ着弾しただけで、大爆発をおこしたり
します。ですから、津波に対しても防御はできているはずです。

(2)化学兵器、生物兵器、毒ガス
 これらの兵器は主に、劣勢な側が安価で戦況を立て直そうとするためのものです。
世界で比べるものがなく強い米軍にはこれらの兵器は必要ありません。
ですから、通常兵器と少量の核兵器しか装備していないはずです。
逆に、化学兵器、生物兵器の防御対策用の装備は非常に多いです。

(3)地震のおこる確率
沖縄はプレートのエネルギーが集中する地域ではありますが、その割に
地震が少ない特殊地域でもあります。これは、岩盤が蛇紋岩で、摩擦が小さく、
プレートのエネルギーを分散するからだという説が出ています。
通常、日本の東海岸にはプレート型の巨大地震が100~150年に一度の
割合で起きていますが、沖縄は250年くらいおきていません。
また、蓄積されたと想定されるエネルギーよりも地震規模は小さいです。

(4)地震や津波の無い場所
日本で全く地震がおこらない場所はありません。
太平洋側ならば全ての場所で津波の被害の可能性があります。
東アジアで奔走の確率が高いのは、ミャンマー、チベット、北朝鮮なので、
やはり、基地の立地として沖縄が最適なのです。

米軍基地を辺野古に作ることによって、新たな環境破壊がおこり、沖縄県民の
負担が増えることは理解できます。
でも、逆に米軍基地が無ければ3年後に尖閣諸島は中国の領有となるでしょう。
10年後には沖縄本島も中国の支配下におかれるかもしれません。
ひょっとしたら、中国の軍事力の伸びを考えると、米軍基地があても10年後に
尖閣諸島が領有されている可能性もあるのです。
そういう国家としての大きなリスクがありますので、いろんな問題はあると
思いますが、米軍基地は必要なのではないでしょうか?
    • good
    • 0

科学的にいえば、津波はV字型の湾の一番奥が一番被害が大きく、岬のように突き出たところは被害が少ないです。


東日本大震災の際も、津波被害が多かったのは、東北地方の太平洋岸がリアス式海岸であったことが一つの要因でした。

辺野古基地の予定地は海岸から突き出た岬の先に作られ、しかもすぐ先に平島という島が盾になる位置関係にあるので、津波の被害は非常に限定的になるでしょう。
    • good
    • 0

対策は講じてるでしょうね。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング