ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

カナダの大学を卒業して、アメリカの大学院へ行くということは可能なんでしょうか?
カナダで興味のある大学があるのですが、将来的にはアメリカで働きたいと思っているので、大学院はアメリカへ行きたいと考えています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

    #1さんのおっしゃるように、日本の学部を出て、アメリカの大学院に入れますから、何ら問題は無いと思います。



    ただしこれは「学籍」の話で、カナダでアラブ文学をやり、アメリカの院で宇宙物理学をやるのなら、学部の一年生から学課の取り直し、と言うのに近い事になるでしょう。

    要は、カナダの学部での専攻と、アメリカの院での専攻分野の整合性で、#2さんのおっしゃる通り、似ていれば2年か3年余分、かけ離れていれば5年もそれ以上も、と言うことになると思います。

   アメリカの院は博士養成所で、こいつダメだな、と思われたら残念賞に修士をくれて追い出すので、そのつもりで行くのがいいでしょう。 
    • good
    • 0

こんにちは。



カナダの大学を卒業して、アメリカの大学院へ行きたいとの事ですが、普通にできると思います。
とはいえ、問題がないわけではありません。

一般的にカナダの大学はアメリカよりカリキュラムが先行していることが多い(カナダはアメリカより一般教養の比率が少なめ)ので、専攻が同じなら、学部でアメリカの大学院レベルの科目を取らなければ学位取得ができない可能性があります。結果、アメリカより余計に学位取得の時間がかかる可能性があります。
具体例として、卒業率の問題が挙げられます。よく、アメリカの大学ランキングの本で卒業率というのが出ているのですが、これは4年間で卒業できた人の比率を出しています。いっぽう、カナダの大学の卒業率は7年間で卒業した比率を出しています。一見同じような数字が出ていますが、カナダの大学は卒業するのに時間がかかることが伺えます。

この問題が発生するかどうかについては、自分の興味のあるカナダの大学・専攻のシラバスと、アメリカの大学院のシラバスを突き合わせてみればわかります。
    • good
    • 0

日本の大学を卒業して米国の大学院に進学することは可能ですから、カナダからでも問題ないと思います。

ただ、米国は修士と博士の区別がないので、その点は注意する必要があります。院の進学には推薦状、TOEFLのスコア(英語圏の出身だと免除)、GREのスコア、研究計画書と色々必要な書類があって、出願の1年前ぐらいから時間をかけて揃える必要があるので、気を付けてくださいね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング