分光光度計の取り扱いで、0.1~0.8nmの値内でしか正確に計測できないのは何故なのでしょうか?
できればLambert-beerの法則に関係づけて回答をおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ランバートベールの式に関連づけてということですので。



Abs=e c l のほかに

Abs= -logT= -log(I/I0)という式がありますよね。

この式をみると、たとえばAbs=3とは、入射光の1/1000
の強度が検出されたということになります。

この強度を検出する際に当然、誤差があります。
仮に、一つの検出器で入射光と透過光を同時に検出するなら、
その検出器は1~1000のはんいで精密に検出が可能でないと
いけません。それよりはAbs~2程度になるように
溶液を調整した方が好ましいのだと思われます。

私が使っている分光器はAbs(MAX)が5まで設定できますが、
イプシロンが必要なときはAbs~2以下になるようにしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん返答をありがとうございました。
どうにかレポートも間に合いました。
またおねがいしますね。

お礼日時:2001/06/01 22:07

L.-Beerの式より、吸光度Absと、入射光強度I0と、透過光強度Iとの関係は、以下の通りです。



Abs = -log(I/I0)

すなわち、吸光度は、透過率I/I0の常用対数の逆数となります。よって、試料がAbs=1のときは透過率10%、Abs=2は1%透過、Abs=3は0.1%透過…、という具合になります。なお、ホトマルの検出感度はこの透過率の有効数字に支配されますので、吸光度の有効数字が0 < Abs < 1でn桁あった場合、1 < Abs < 2では有効桁数n-1桁、2 < Abs < 3では有効桁数n-2桁…、という具合に精度が悪くなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん返答をありがとうございました。
どうにかレポートも間に合いました。
またおねがいしますね。

お礼日時:2001/06/01 22:07

>できればLambert-beerの法則に関係づけて回答をおねがいします。



こうかかれるとレポート?と思ってしまうので考えものですが、Lambert-beerの法則の成立する条件に希薄溶液ではとありませんか?濃い溶液ではどうなるのでしょう。濃い溶液は吸光度も大きくなリますよね。薄いほうはご自分で機械を使うとわかると思いますが、値のぶれがこれ結構大きいので、あんまり薄いのもやはりだめ。あとは皆さんがかかれているとおり、機械の光源の安定せいを考えればそんな値になるでしょう。あとは検量線と相談になります。

あくまでもあの値は目安です。実際の実験では許される誤差などもかかわってきますので気をつけましょう。
    • good
    • 1

rei00 です。



atching さんの回答を拝見しましたので,追加しておきます。

お使いの分光光度計の吸光度の測定可能な最大強度は 1.0 ではないですか。以前の分光光度計は殆どの物がそうでした。

この場合,測定可能範囲ギリギリでは正確な測定が出来ない,あまり微量でも正確な測定が出来ない,という事で 0.1 ~ 0.8 の範囲にしなさい,という習慣じゃないでしょうか。

ですから,最大 2.0 まで測定できる分光光度計であれば 1.?? まで十分正確に測定できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん返答をありがとうございました。
どうにかレポートも間に合いました。
またおねがいしますね。

お礼日時:2001/06/01 22:06

勘違いされているかと思いますが、吸光度が0.1~0.8ではないでしょうか?0.1~0.8nmの波長は読めませんよ。

すべての場合でその間がふさわしいとは限りません。きちんと検量線をとって直線に乗っているかどうかを確認してから、使用できる範囲を決めるのです。吸光度は透過率の対数ですから、それ以外の範囲では誤差が大きくなることが多いからでしょう。あくまで0.1-0.8は一般論です。
    • good
    • 0

お書きの 0.1 ~ 0.8 nm というのは何の数値でしょうか。



推測すれば,吸光度の事かと思いますが,それでしたら nm という単位ではありません。

nm で表示するのは波長ですが,どの様な分光光度計でも測定波長が 0.1 nm ~ 0.8 nm という事はありません。

この点について補足下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q散乱光とLambert-beerの法則

吸収光と透過光の間にはLambert-beerの法則が成り立つと思いますが、吸収が全く無く、光が反射散乱する場合は濃度と散乱光との間にどういう関係が成り立つのでしょうか?

Aベストアンサー

光散乱はやっかいです.
よく使われるのは Rayleigh の散乱式とかですが,この式が導かれた過程を追ってみればわかると思いますが,いくつも仮定をおかなくてはいけません.実際には Rayleigh 式は現実をよく説明できることが多く,多用されるわけですが.
その他,光の波長と散乱体の大きさ,形,分散状態 (空間配置) によって,理論式も変わってくるため,Lambert-Beer 式のような汎用的な扱いは困難です.

Q分光光度計と蛍光分光光度計

「蛍光」の方で、励起光で、励起状態にした後の蛍光強度の測定というのは、分光光度計で同じ波長のODを測るのと同じ理屈でしょうか?
質問が、的を得ないですみません。
例えば、ある蛍光試薬の、蛍光波長が547nmだとして、励起
後の蛍光強度は、分光光度計で測定したODと同じはずなんでしょうか?
質問の内容が不明な部分は、補足いただくと助かります。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

原理は知らなくても、使えれば良い、と思っていますので。その立場から回答します。ご質問の意図とズレテいればご容赦を

>「蛍光」の方で、励起光で、励起状態にした後の蛍光強度の測定というのは、分光光度計で同じ波長のODを測るのと同じ理屈でしょうか?
 全く違います。原理から言えば、分光光度計は吸光分析、蛍光は発光分析です。

 分光光度計のセルは、二面だけが透明です。一方から入ってきた光を基準としてに、セルの中でどれだけ吸収されたか、それをセルから出てきた光の量との比で表します。比ですから、特定波長(普通は、極大吸収波長)では、どの分光光度計で測定しようと同じになります(pHなどの些細な条件を無視すれば)。また、誰が測ろうと同じ値になるハズなので、1モルの濃度の吸光度は、モル吸光係数として表すことができます。吸光度は、絶対的な値と考えることができます。
 蛍光の場合は、4面透明のセルですね。30年も前に、「1個1万円(私の1ヶ月の生活費)」と聞いてビビッタことがあります。これは、一方から入ってきた光がセル内の蛍光物質に当たり、そこで蛍光を発します。これを入ってきた光が妨害しない90度の角度から測定します(ですから4面透明)。したがって、入ってくる光が強ければ強いほど、蛍光波長での値は大きくなります。すなわち、使う機械、温度などによって大きく左右されます。また、機械的に感度をあげて見かけ上の値を大きくすることも可能です。すなわち、相対的な値なのです。そこで、標準物質をもちいて、その相対的な値として表します。

 溶液Aがある場合、吸光度は、どこで、どの機械で、誰が測ろうとも同じ値になります。モル吸光係数さえ分かれば、検量線を描かなくても、計算できます。
 蛍光強度では、同じひとが同じ機械で測ろうと、同じ値には必ずしもなりません。ですから、毎回標準物質を用い、その相対的な値として表します。

 なお、蛍光強度は、吸光どの1000倍程度の感度がある、と言われています。蛍光を用いるのは、感度が良いので、微量でも測れるからです。
 

原理は知らなくても、使えれば良い、と思っていますので。その立場から回答します。ご質問の意図とズレテいればご容赦を

>「蛍光」の方で、励起光で、励起状態にした後の蛍光強度の測定というのは、分光光度計で同じ波長のODを測るのと同じ理屈でしょうか?
 全く違います。原理から言えば、分光光度計は吸光分析、蛍光は発光分析です。

 分光光度計のセルは、二面だけが透明です。一方から入ってきた光を基準としてに、セルの中でどれだけ吸収されたか、それをセルから出てきた光の量との比で表します。...続きを読む

QLambert-beer則 高濃度領域での誤差

 Lambert-beerの法則を用いて、吸光係数を求める実験をしました。実験はうまくいったのですが、濃度と吸光度の関係のグラフが試料溶液が高濃度の領域では直線にならず、曲がります(吸光度が低くなります)。一般的にこのようになるようですが、なぜなのでしょうか?理由、理論のわかる方、教えて頂けないでしょうか☆

Aベストアンサー

分光光度計は、試料が高濃度の場合の吸光度を正しく測定できないのだと思います。
(Absが2.000とか、それ以上になると正しく測定しない場合が多い(?))

Q原子吸光分光光度計を使って正確に測定するには?

原子吸光分光光度計を使ってミネラル測定をしています。同サンプルを測定日を変えて分析するとppbオーダーで2桁ほどのずれを生じるためどれが正しい値なのか分かりません。どうしたら正確に測定できますか?

Aベストアンサー

>同サンプルを測定日を変えて
検量線が同じように描けているのなら、単にサンプルの保存の問題になります。ですから、他の方も容器との吸着など、保存中の沈殿生成などを挙げておられるのだと。
 測定は、お一人ですが。指導される方がおられるのなら、その方に訊かれるのか一番ですが。

1 測定機器は、フレームレスですか
 Ca、Mgならば、普通(フレーム)の原子吸光ですが。
 私は、Znの1ppb程度のものは、フレームでの測定は、下駄が高くて諦めました。
2 測定金属は
  カルシウムやマグネシウム以外に、何か測定されていますか。まさか、アルミニウム?
  できたら、検量線を描いたときの標準液の最大濃度。
3 検量線は、毎回、ほぼ同じになりますか。
4 サンプルに、酸を加えてから測定していますか。
 塩酸(不純物の金属濃度に注意)などを加えて、というのが普通です。私は、精密分析用の硝酸を加えますが。
 これで、吸着や沈殿の問題は、解決できると想いますが。

Q原子吸光光度計と分光光度計の原理的相違点

原子吸光光度計と分光光度計の原理的相違点とは何なのでしょうか。装置上の違いについても知りたいです。
また原子吸光光度計は金属元素の微量分析に適した装置ですが、検体となる試料溶液の調製にはどんな注意が必要でしょうか。

Aベストアンサー

簡単に書くと、原子吸光光度計は試料を燃やして原子化し、ランプから出た光の吸収具合で濃度を測定するもので測定対象によってランプを変えてやる必要があります。また、試料を燃やすので燃焼ガスや助燃ガスなどが必要です。

紫外可視近赤外分光光度計は、重水素ランプとタングステンランプで測定対象が吸収する波長の光を作り出し、その吸収具合で濃度を測定するものです。

原子吸光光度計で注意するのはバーナーの汚れや燃焼状態ですね。試料は酸で溶解(標準液や試料の酸濃度は一定にする)しますが、測定物質や試料によっては測定に影響する物質が含まれていますので、対策が有る場合は試料に試薬を添加したりします。
元素にもよりますが、高濃度の検量線は検量線の上の方が垂れますので、直線性の取れる濃度の検量線を作りそれに入るように試料を希釈して下さい。また、微量分析全般に言える事ですがコンタミに十分注意して下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報