はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

高知市の教育界は、解放同盟に乗っ取られているのですか。教員の研修に、いつも同じ解放同盟の方を呼ぶというのが理解できません。他県で、解放同盟との『話し合い』しているんですか。何のためですか。
解同市協で教員研修 高知市A中 全教員40人に森田益子前議長が講演
高知市立A中学校で夏期の「研修」と称して全教員40人を、部落解放同盟高知市連絡協議会(竹内千賀子議長)事務所が入る建物に連れていき、森田益子・同市協前議長の講演を聞かせていたことが、このほど分かりました。

「研修」があったのは7月31日。A中の校長は「教員に介護の勉強をしてもらいたいと思い、やさしいグループの介護施設の見学を計画した。この施設には市協の事務所が隣接しているので、森田さんに部落解放の歩みについて話してもらった。昨年まではやっていない。初めての取り組みだ。解同だからということではない。誰であっても地域に学ぶことを大切にしている」。

市教委人権教育課の吉岡潤課長は「研修の目的に合致していれば、(解同事務所での研修も)ありうるのではないか」と容認する姿勢。

高知市内の小中学校では、小笠原政子・元一ツ橋小教諭への森田益子氏による「部落民宣言」の強要とプライバシー侵害が認められた一ツ橋小事件の高松高裁判決(94年)、在職死亡した沢谷楠寛・朝倉中校長の死因に解同市協の確認糾弾を認定した高知地裁判決(02年)を受けて、解放同盟と学校現場とのあからさまな関係は一定回避されてきた傾向もありましたが、時間の経過と事件の風化の中で、再び癒着する流れが出てきていることは重大です。(2008年10月19日 高知民報)





高知県庁ホームページ - 部落解放同盟高知県連合会との話し合いの概要


部落解放同盟の「同和行政発展・継続全国大行動」の一環としての話し合いの申し入れ に応じたもの。 ... 人権施策を推進するための基本方針については、高知県人権尊重の 社会づくり条例や人権教育のための国連10年高知県行動計画、 ...

www.pref.kochi.lg.jp > ... > 組織でさがす > 文化生活部 > 人権課 -

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

どこの地方公共団体でも、大なり小なり、教育界と当該同盟といった「アンタッチャブル」な閉鎖的利権団体に対する癒着・団結は以前から明確に存在していますね。


当該同盟を有する地域を学区とする小学校・中学校への、要求されるがままの優先的設備改善等々は、一昔前から何ら変わることはありません。
橋下さんにはこのあたりにも大ナタを振るってもらいたいのですが、彼も諸般の事情からそのあたりへは触れずじまいであるところが滑稽なところですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/01/04 09:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング