ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

ゴルフ会員権は、会計上は投資その他の資産に分類されますが、税法上は無形固定資産に分類されるそうです。

本当なのでしょうか?


そうだとするならば、なぜゴルフ会員権は税法上は無形固定資産に分類されるのでしょうか?
なぜ会計と税法上では分類に違いが出るのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ゴルフ会員権は、税法上は無形固定資産になると解されている。

方式に関わらず、施設利用権(法令13条8号)が主要な権利として包含されているためだ。
http://www.nta.go.jp/ntc/kenkyu/ronsou/32/232/ro …

会計上は、施設利用権は特定のものを除き投資その他の資産とされているため、ここに違いが生じる。

なお、評価損等の計上の可否を判断する必要があるため、税法上も資産につき減価償却資産であるかどうかのみで取扱いを決することはない。また、会計上「投資等」の区分はもはや存在しない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

施設利用権という言葉をヒントに色々と調べてみました。

本当に勉強になりました。

お礼日時:2014/01/09 15:11

ゴルフ会員権は契約上株式になっている場合と会員権になっている場合と二つあります。


株式の場合は通常の株式と同様に投資等となります。会員権もそれに準じて投資等にするのが普通でしょう。
ただし税法上はこの区分ではなく、減価償却が可能かどうかの区分が問題となります。BS上の科目がどうであれ、償却できるかどうかで処理が適正かどうかになるということです。
基本的に非減価償却ですが、実務上は会員権といってもその契約の中身をよく調べる必要があります。
たとえば修繕負担金が入会と同時に支払われる場合があります。これは普通は10年等の期限を切った費用負担です。
この場合はその部分だけ長期前払費用にして、その期間で修繕費に振り替えることができます。
入会時の契約をよくご覧になることですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
又、返事が遅くなって申し訳ございませんでした。

減価償却が可能かどうかがポイントなんですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/01/09 15:09

ゴルフ会員権は確か投資等ではなかったでしょうか?


減価償却せずに売買価格により変動するからだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

会計上は投資等に分類されるようですが、税務上は無形固定資産になるようです。

お礼日時:2014/01/07 08:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む

Q建物の解体・取り壊し費用の科目名を教えて下さい。

表題の通りですが、
色々な例を調べていますと3通りあります。
1)解体・取り壊した建物の除却損に含める。
2)取り壊した後に改めて新築し建物の取得原価に含める。
3)修理費等の費用として処理する。

税理士の例題解答では
1と2が出てきます。
実務的には3もあるようです。

その使い分けを教えていただけませんか。
特に2について
解体された建物と新築された建物との関与の程度なのかな
とも思うのですが、いかがでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

なるほど…問題を見た限り、回答が「除却損」となるポイントは…。

「老朽化したため、取り壊し」

の、一点のみです。

「老朽化したため、取り壊し」ということは、「既存の建物には資産価値が無い(評価額0円)」と解釈できます。
この「価値が無い資産」を帳簿から外す(処分する)行為は「固定資産の廃棄」と位置づけられ、処分時に発生した損失は費用に計上することができる…とされています。
故に、取り壊し後に新規に建物を取得する場合であっても、回答は「除却損」ということになります。

いやいや、なかなか良くできた例題ですね。
取引日付や経過日数は、おそらく減価償却費の算定や月数按分の算出。
それと「引っかけ」の意味もありそうです。

この例題のように、簿記の試験問題には余計な情報が含まれていることが多く、全体を見すぎてしまうと逆に訳が分からなくなってしまいます。
回答のポイントは、だいたい一つか二つですので、それを見極めることが重要になります。

以上、参考になれば幸いです。
長文、駄文ご容赦ください。

Q家賃の保証料の消費税について

こちらには税金に詳しい方が多く参加されているので教えてください。

賃貸住宅を契約する時に賃借人が保証人をたてる代わりに保証会社に「保証料」を支払えば、保証会社が家賃支払を保証してくれますが、この保証料は金融取引の際の保証のように「信用の保証としての役務の提供」として非課税取引になるのでしょうか?それとも、それには該当しないとして課税取引になるのでしょうか?

Aベストアンサー

あくまでも最終的には、税務署等にご確認される事を前提に、確かに金融取引ではありませんが、内容的に見て、賃借人が支払不能に陥った場合、保証会社が代わりに家賃分を賃貸人へ弁済するのであれば、まさしく「信用の保証としての役務の提供」に該当すると思われますので、やはり非課税となるのでは、と思います。

#1の方が掲げられている通達については、賃貸人に支払うべきものについての事ですので、ちょっと違うと思います。

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q消費税・法人税の中間申告の納付時の仕訳のやり方について

いつもお世話になっております。
消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時
の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。(実際の処理は税理士さんにお願いしております)
また、違う会社では、消費税については「仮払金」(資産)であげているのは同じなのですが、法人税については中間納付の時点で「法人税および住民税等」(費用)という科目で処理しており、同じく期末で税理士さんにお願いして最終処理しているようです。
仕訳の方法については特に指摘もないことから、この2社どちらのやり方でもかまわないの(間違いではない)だろうとは思うのですが、上記2社のやり方では法人税の期末の仕訳はそれぞれどのようになる(違いがある)のでしょうか?
実際の部分は税理士さんにお願いしていることから、期末の仕訳がどうなるのか、いまいちわかりません。
すいませんが、大まかでかまいませんので、期末の仕訳がどうなっていくのか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・仮払金の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[仮払金]*****
           /[未払法人税等]*****

・法人税等の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[未払法人税等]*****

Q法人税・消費税修正申告納付の仕訳

税務監査が入り、前期分の法人税及び消費税の修正申告を
納付しなければならなくなりました。
処理後の仕訳の方法を教えていただけますでしょうか?

修正申告分法人税納付
法人税充当額 / 預金

修正申告分消費税納付
未払消費税 / 預金
それとも、租税公課など他の科目がよいでしょうか?

Aベストアンサー

消費税については、消費税に関する経理方法が税抜経理か税込経理かで取扱いが異なります。
税込経理の場合には回答No.1の方の回答にあるとおり損金経理を行うことになりますが、税抜経理の場合には、No.2の方が書いてあるとおり、その修正税額の発生原因に沿った計上が必要になります。
計上方法がわからなければ税務調査を担当した税務職員に確認すべきです。
税務調査で指摘があったときには、それについて今期はどのように経理すべきか、また今後同じようなことが発生した場合にどのように処理すべきかを徹底的に確認し、誤りをなくすことが必要です。

Q決算時における投資有価証券、ゴルフ会員権の評価損の仕訳の方法

決算をむかえ今期は実態と乖離した資産の適正な記載をしたいと考えています。
仕訳のやり方が分からず困っております。

固定資産の【投資その他の資産】の投資有価証券、ゴルフ会員権の
取得価格と期末の時価の乖離が大きく4,080万円の評価損が出ています。

具体的には1億100万円の資産が6,020万円になり、負債は変わらず、
純資産の部の【評価・換算差額等】 その他有価証券評価差額金 △4,080万円
で負債及び純資産合計で6,020万円となるのが正しいのでしょうか?

借方                     貸方
ゴルフ会員権  500万円        ゴルフ会員権 4,300万円
その他有価証券評価差額金 3,800万円

借方                      貸方
投資有価証券    20万円       投資有価証券 300万円
その他有価証券評価差額金 280万円

これだと株主資本等変動計算書で「その他有価証券評価差額金」が△4,080万円で
賃貸バランスが取れず印刷までこぎつけません。
(弥生会計08年の会計ソフトを使用しています。)

これを貸方で「その他有価証券評価差額金」 4,080万円として
借方は繰延税金資産(流)で良いのでしょうか?

これだと「資産」の合計も「負債及び純資産合計」も変わらないと思いますが、
翌期にはどう処理すれば宜しいでしょうか。


繰越利益剰余金が相当マイナス(繰越損失)もあるので
この件で税金はかからないと認識していますが大丈夫でしょうか

貸借対照表(B/S)のみで損益計算書(P/L)には影響ないと考えていますが
こちらの認識も正しいでしょうか?

全くの素人で不明を恥じ入るばかりですが、どなたか経理に明るい親切な方のご教授を
どうぞ宜しくお願い致します。

決算をむかえ今期は実態と乖離した資産の適正な記載をしたいと考えています。
仕訳のやり方が分からず困っております。

固定資産の【投資その他の資産】の投資有価証券、ゴルフ会員権の
取得価格と期末の時価の乖離が大きく4,080万円の評価損が出ています。

具体的には1億100万円の資産が6,020万円になり、負債は変わらず、
純資産の部の【評価・換算差額等】 その他有価証券評価差額金 △4,080万円
で負債及び純資産合計で6,020万円となるのが正しいのでしょうか?

借方             ...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.1&3の者です。丁寧な御礼をありがとうございます。

> 勘定に相違の出るゴルフ会員権はひとまず棚上げして「その他有価証券」のみの評価損の計上の仕方と考えてご教授頂ければ幸いです。

そうすると、弥生会計の設定上の問題をご検討なさってみてはいかがでしょうか。


ご質問文から、貸借対照表ではバランスしていることと思います。その上で、株主資本等変動計算書上での貸借バランスの差額は4,080万円でしょうか。そうすると、「その他有価証券評価差額金」の額は株主資本等変動計算書へちゃんと反映されているのだと思いますので、株主資本等変動計算書の設定に問題のある可能性が高いように思います。

すなわち、最近は弥生会計をまったく使っていないので弥生会計上の表示についても存じておりませんが、4,080万円が「その他有価証券評価差額金当期変動額合計」や「評価・換算差額合計」などに反映されるような設定となっていないことなどが考えられます。(弥生会計に株主資本等変動計算書を正しく計算させるためには、使用者が何らかの設定をしておく必要があるのかもしれません。)


他方、株主資本等変動計算書上での貸借バランスの差額が3,800万円であり、仕訳入力段階では「ゴルフ会員権」勘定を用いていらっしゃるのなら、一般的処理との相違がバランスしない原因となっている可能性があります。

すなわち、「ゴルフ会員権」は「投資有価証券」とは異なる科目として取り扱われるのが原則ですから、弥生会計の原始設定上も「ゴルフ会員権」に「その他有価証券評価差額金」を用いることが出来ないこととなっている可能性があります。この場合には、弥生会計の設定を変更するか、設定変更できないときは仕訳を工夫したり弥生会計外で組み替えたりする等で対処せざるを得ないように思います。

ANo.1&3の者です。丁寧な御礼をありがとうございます。

> 勘定に相違の出るゴルフ会員権はひとまず棚上げして「その他有価証券」のみの評価損の計上の仕方と考えてご教授頂ければ幸いです。

そうすると、弥生会計の設定上の問題をご検討なさってみてはいかがでしょうか。


ご質問文から、貸借対照表ではバランスしていることと思います。その上で、株主資本等変動計算書上での貸借バランスの差額は4,080万円でしょうか。そうすると、「その他有価証券評価差額金」の額は株主資本等変動計算書へちゃんと...続きを読む

Q入会金と会費の勘定科目を教えて下さい。経理税務

お世話になっております。
質問させてください。
一般社団法人の経営○○支援センターに、
入会金50000円、会費70000円を支払う事に
なりました。
勘定科目はどのように処理すれば良いでしょうか?
入会金は繰り延べ資産に計上しなければいけないので
しょうか?
少額ですし、共に会費で処理して問題ないでしょうか?
ご指導の程、よろしくお願いいたします。

お世話になっております。

Aベストアンサー

その支出の性格が不明ですが、仮にその性格が繰延資産に該当する内容であっても20万円未満であれば支出時の損金とすることができます。(法人、個人とも)

したがって、会費でも雑費でも問題ありません。

Q保険金収入があったときの仕訳

おはようございます。
店舗内のガラスが割れてしまい保険会社より保険金が振込されました。

↓以下の処理をしようとしているのですが正しいでしょうか?
保険金収入は不課税処理

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
******* 修繕費  / 当座預金 *******
******* 仮払消費税/
※まだ決まってないので***
----------------------------------------------------
社内の人に聞いたら、相殺で残りは利益にと言われました。
(仮受金でとっておき修理の請求が来た際に相殺、あまりを雑種とのこと)
総額主義の原則に基づくと相殺は間違った処理だと思うのですが、それでも宜しいのでしょうか?上記の仕訳意外に処理方法などあるのでしょうか?

過去の質問等を拝見しましたが不安で質問させて頂きました。
新任で色々と行き詰っておりアドバイス頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

社内の人の言われる相殺とはどのようなことを示すのでしょうか

例えば、保険会社から 90万円を現金で受け取り、その日のうちに修理代を現金で80万円支払った場合

 1)総額主義
   現金 900,000  雑収入 900,000
   修繕費 800,000  現金 800,000

 2)純額主義
   現金 100,000  雑収入 100,000

ということはあり得ます。

でも保険金が当座預金に振り込まれ、修繕費も預金から支払えば、
特に入金日と支払日が異なる場合はなおのこと、ご質問者が書かれたように

保険金収入
900,000 当座預金 / 雑収入  900,000

ガラス修理
800,000 修繕費  / 当座預金 800,000

のように総額主義になりますが。

Qゴルフ場の年会費についてです。

ゴルフ場の年会費についてです。

法人会社ですが、従業員も社員、パート合わせても大しておらない会社です。

そのうちの1人の社員(営業)がゴルフ接待をします。
ゴルフの接待は他の社員はしないので、会員権等も会社では持っておらず、その社員が接待した場合のゴルフの領収書に関しては交際費として処理しておるのですが、今回ゴルフ場の年会費が含まれている領収書をもらってきました。
この場合、この年会費は会社の経費として処理して問題ないのでしょうか?

そして経費とするならば、通常の交際費としての処理(ちなみに金額は10,500円でしたの課税?)として処理で良いのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

個人名義の会員権は、会社目的以外に個人でも使える性格のものですから、無条件で会社負担にはできません。

会社が業務上の目的と認めて負担するのであれば、交際費となります。

交際費としない場合には、本人の給与となり、年末調整が必要です。

ただ、実務的には本人が会社目的中心で保有しているのが実情であれば、たとえば所得税を含めて相当額を賞与に上積みするとかで、目立たなくする方法はあるでしょう。

それにしてもずいぶん安い年会費ですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング