これからの季節に親子でハイキング! >>

 
虹、真っ赤な夕日、オーロラ、富士山、サンゴ礁、摩周湖、かげろう、・・・・いろいろ考えられよー。
しかし自然界が生み出した最高の芸術作品として唯一つを選ぶとするなら、やはり女体の美を除いて他にあるまい。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (44件中1~10件)

答えを追加します。


前回の答えの付録です。


美しいものは、素直に美しい
けれども、それが芸術であるか否か・・という事になると
美しいもののみが芸術であるとは言い切れない

美しいことも芸術には違いないが
美しいだけが芸術ではない
芸術には、美しくないものも含まれる
芸術の本質が美醜を超えたものであるとするならば、どのようなものなのでしょう・・

簡潔に言えば、芸術とは
常に新鮮で、人の心を打つもの・・でしょう

難しく言えば
新たなる主観の展開をもたらすもの
新しい精神の展開を図るもの、また、図り得たものが芸術と呼ぶに相応しいと思います。
そこには時間という壁はなく、古いものが新しい・・という事もあり得ます。

そうした精神的な見方、解釈を推し進めれば・・

芸術とは、「あなた」という存在なしには有り得ない
「あなた」という知る存在なしには、芸術はない

極論すれば・・
「あなた」が存在することが、すでに芸術であり
「あなた」が知るすべてが芸術である
と言えるかもしれません・・


「あなた」が知る自然が、どのような自然であれ
そこに、心を打ち、新鮮な主観の展開をもたらすものであるならば、芸術といえるでしょう。
自然が芸術である可能性は、自然のすべてにおいて有り得ると思います。
最高作品とは・・それもまた
自然のすべてにおいて見る事が可能なのではないでしょうか

自然の最高の芸術作品とは・・
何気ない自然の中に満ち溢れている

それを見る事ができるのは
「あなた」だけ・・です。

「あなた」によって、「あなた」次第によって
自然は、常に新しい最高作品を見せてくれる。
「あなた」が見なければ
自然は芸術にもならず、最高作品もまた、そこには無いのだと思います。
最高作品とは、人それぞれという「あなた」にしかないのだと思います。
「あなた」が見たものが・・最高作品です。


「あなた」という「あなた」と、私という「あなた」が見た最高作品は違う・・
だだそれだけの事かもしれません
共通しているのは、人間としての感性のあり方であり
その内容は、人それぞれによって違う・・という事なのでしょう。




美しさという感性の憧れが、やがては美しくないものにも向けられてゆく
そこに自然とは、大きく現れてくる
そこから見返した美しさとは、前に見た美しさとは違う
広い大きな自然の中の一つの美しさです
一つのみが最高作品ではないと知る時
何気ない自然は輝いて見えてくる・・

自然は、やはり全てが最高作品なのでしょう
そんな気がします・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素晴らしい回答頂きました。
ありがとうございます。
 

お礼日時:2014/01/20 19:33

よく訳の分からない抽象的な不思議なオブジェが好きだと


気づいてそういう作品について調べていたらこの質問を見つけました。

考えましたが思いつきません。
ストーンヘンジは好きですがあれは人工物です。
星は好きですが、芸術作品としてというよりより宇宙への興味からです。

思いつきませんでした。
そしてわたしが好きな系統が芸術分野のなんという分野なのか、
自分がなぜああいうものが好きなのかも全然わかりません・・。
    • good
    • 0

私の尊敬する人々の 人間精神です。



精神も自然が生み出したのです。

M子さん R子さん 宮沢賢治 岡田監督?
    • good
    • 0

あなたの目から見て美しいと思うものが


あなたにとっての一番です。
わたしは自然の植物や動物をみると
涙が溢れてきます。
    • good
    • 0

美しいという事と、芸術的である事には違いがあります。


単に美しいだけが芸術ではないと思います。
いかに美しくても、心に訴えるものがなければ芸術ではないと思います。
美しさとは芸術的である事の一部にしか過ぎない。

そこで、その事によるならば
自然界が生み出した最高の芸術作品とは・・

それを知る「あなた」です。
そして、あなたが知る「自然のすべて」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 
ありがとうございます。
 
美しいと感じるものが美しいってことですか。
う~む、美しいな。
 

お礼日時:2014/01/06 01:04

雪の結晶!


あれはほんとすごいと思います。
人工物じゃないかと疑うほどです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 
ありがとうございます。
 

お礼日時:2014/01/06 01:00

私は人間の精神だと思います。

美しいものを美しいと思う心。困難に遭遇して苦悩から何かを生み出す心。主体的に動的に発展していく心。これこそ自然界の最高傑作でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 
 
ありがとうございます。
 
これについてパスカルは人間は考える葦であると表現しました。 
 

お礼日時:2014/01/06 00:59

沖縄のサンゴ礁でしょうか。

あんなきれいなものが世の中にあるんですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 
きれいな海は守らなければいけませんね。
 

お礼日時:2014/01/06 00:56

達観されてますね。


でも、ひどく同意です。
人間だからでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 
ありがとうございます。
 

お礼日時:2014/01/06 00:56

>自然界が生み出した最高の芸術作品とは何か


 
>虹、真っ赤な夕日、オーロラ、富士山、サンゴ礁、摩周湖、かげろう、・・・・いろいろ考えられよー。
>しかし自然界が生み出した最高の芸術作品として唯一つを選ぶとするなら、やはり女体の美を除いて他にあるまい。

⇒月並みですが、野山、光や雲、雨や露…、そういう「自然の風物の綾なす風景そのもの」が一番美しいと思います。まさに、自然が四季折々我々に贈ってくれる「最高の芸術作品」だな~と感じ入りながら、次のように歌ってみました。

春:野に摘みし 若菜の膳に 陽は香り 大地の恵み 生を寿ぐ
夏:道端に 踏みしだかれし ハルシオン そはさなりにも なお可憐なり
秋:白露も 久しと思わば 思わるる 晩秋の野は 驚きに満つ
冬:悠久の 時の流れを 拒むがに 椿は白きを 凛と研ぎすむ

絵画のオブジェとしては、確かに女体も素晴らしいと思います。ルノワールは言ったそうです。「もしこの世に女性がいなかったら、自分は画家にならなかっただろう」と。しかし他方、古来より「山紫水明」とか「花鳥風月」を描いた名画も数多くありますよね。何より、自然の綾なす美に比べ、女体の美は「ほぼ一瞬のうちに」飽きてしまいます。

というわけで、奥行き・広がり・多様性・恒常性…、どの観点から見ても、「自然の、風景の、風物の美に勝るものはない」、と思う次第です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 
>何より、自然の綾なす美に比べ、女体の美は「ほぼ一瞬のうちに」飽きてしまいます。

女体の美に踊ってもらえば飽きることはないでしょう。
 

お礼日時:2014/01/06 00:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

1  2  3  4  5 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング