出産前後の痔にはご注意!

この度40才になりましたが、日本史をあらためて勉強したくなりました。

先日、仕事の関係で岐阜県に行き、関ヶ原が近かったので行ってみました。中学校、高校の歴史の時に関ヶ原の歴史を習っているはずなのに全く思い出せませんでした。

そこで、あらためて縄文くらいから昭和初期くらいまでの歴史の勉強がしたくなりましたが、オススメの本などあるでしょうか?ネットで検索しましたが、膨大な量の日本史本がありまして、どれから手をつけていいのか・・・よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (28件中1~10件)

単に知識や教養として覚えるだけなら、教科書でも良いでしょうがどうせ覚えるなら小説などで流れとして楽しく覚えたほうが良いと思いますね。


なにせ歴史は人生の教科書となりますから、学問の教科書で人生の教科書を学ぶ必要は無いというわけです。

ウィキペディアの武将や偉人のページを見てるだけで知識はあらかた付きますし、ウィキペディアを読みながら分からないところをここで質問、というやり方でもかなり覚えられますよ。
最初から通史を学ぼうとせずに、平安なら平安だけ、とか室町なら室町だけとか時代を絞ったほうが良いかな。
なんならコーエーの歴史シミュレーションゲームの「信長の野望」なんかも良いかも知れませんよ。
勢力変遷を体感的に覚えられますし武将の名前と経歴は覚えられますし、なにより戦場や地形を3Dマップで感覚的に理解できるが良いですね(3D一枚マップのタイトルに限る)。
図解解説だとかビジュアルなんとか見たいな本を何度も読んだことがありますが良く理解することができず、信長の野望のグーグルアースみたいのを見れば一瞬で理解できてしまいました。
百聞は一見にしかずでは無いですけど戦争の変遷は絵で見るより3Dのマップで経過的に見るほうが感覚的に頭に入ってきますね。
    • good
    • 0

mellow91 さん こんにちわ。



私はmellow91 より一回り以上年上ですが、昨年から歴史を調べだしました。
私の場合の動機は、昨年7月4日、娘夫婦がアメリカで暮らしいるためか、今日はアメリカ独立記念日かと、ふと思いました。その時、「日本」は国家としていつ頃、どうやって完成したのかを調べたくなったのがきっかけでした。最初に調べたのが、「建国記念の日」でした。ご存じのとおり2月11日ですよね。
この「建国記念の日」の由来すらこの年になって正確に知ることになったのです。
そこで、ますます歴史に好奇心を持ちました。最初に調べるポイントを3つ持ちました。一つは日本列島はいつ頃どうやってできたのか。二つ目は我々日本人の祖先はいつ頃、何処から、どうやって来たのか。三つ目は日本は「古代国家」としていつ頃、どうやって完成したのか、です。
本屋に行っては色々探しましたがmellow91 さんが言うように、色々ありすぎて悩みましたね。内容の浅いものから深いものまで沢山あります。ちなみに解りやすそうな1冊を買いました。歴史作家 鈴木旭著:「面白いほどよくわかる古代日本史」です。
ある程度解りやすかったですが、欠点は、どの本もそうですがそこに書かれている事柄や人物に対して深堀しようとすると、その都度インターネットで調べなければならない点です。
そこで私は現在、Wikipediaを中心にインターネットで調べることにしています。
縄文時代、弥生時代、古墳時代、飛鳥時代等をキーにWikipediaで勉強し、その中の気になる事項にリンクがあればその場で更に調べられます。
また、私の場合、歴史は人物の歴史だと思っていまして、歴史上の出来事プラス関連人物の人となりも勉強してます。(誰が何をしただけではつまりません)

最初は、古代国家建設の飛鳥時代までを目標にしましたが、それ以降も調べたくなり現在江戸時代まで来ています。丁度、時期的にも合う「元禄赤穂事件」のところです。
歴史を勉強して面白いのは、断片的な記憶だったものが、その時代背景や朝廷や幕府、それらを取り巻く色んな人たちの思惑・野心・未来への思いなどにより、頭の中で断片的だった事柄が繋がっていく過程が面白いところかなと思います。
興味があるところは深く、そうでないところは浅く、繋げていっています。

長文になってしまいましたが、インターネットでもある程度調べられ、疑問が出てくればこの「教えて」で質問もさせていただいています。

楽しく勉強されることを祈っています。
    • good
    • 0

山川 日本史


が一番だと思います。
高校でもよく使われてますよ。
    • good
    • 1

高校の日本史の教科書はいかがでしょうか。


そこから興味を持った時代を深く掘り下げるのがいいと思います。
    • good
    • 2

素晴らしいことだと思いますよ。



山川の日本史の教科書はいかがですか。
    • good
    • 1

月刊歴史読本なんか、面白いですよ。

    • good
    • 1

逆説の日本史はどうでしょうか


通史で古代から現代まで解説されてます
    • good
    • 2

まず国の成り立ちから勉強しましょう。

読みやすい本として竹田恒泰著「現代語古事記」をおすすめします。
    • good
    • 1

男は黙って戦国時代

    • good
    • 0
この回答へのお礼

戦国が一番好きだったと記憶しています。そこからはじめたいと思います。ありがとうございます!

お礼日時:2014/01/05 17:26

教科書を買えばいいのではないでしょうか。


僕はネットのウィキペディアを読みあさりました。
知りたいことがすぐわかるので便利です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。教科書ですか。それは思いつきませんでした。てっとりばやく学べますね!

お礼日時:2014/01/05 17:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歴史を勉強したいのですが・・・。

30代の女性です。
自分のこどもが小学校、中学校・・と成長していき勉強をしている姿を見るにつけ、私も英語やら中国語や資格試験等は勉強してはいるけれど、学生時代歴史の勉強はずいぶん苦手意識からやってこなかったなぁと、今になって恥ずかしく思います。

学生時代、歴史というと、つまらない年号を覚えるだけなんて先入観があったんです。でも日本史でも世界史でも、勉強することで、現在の世界がどのように作られてきたか、日本と世界のかかわり等を知ることもでき、とても意義のある科目なのですよね。
映画を観るにも、新聞を読むにも、人と話をするにも、歴史の知識は必要です。
学生時代、どうしてこういうことに気がつかなかったんだろう?

30代後半の私が「歴史(日本史・世界史ともに)を勉強したい」と思ったら、どこからスタートしたらよいのでしょうか?小6のこどもの社会科の教科書を読み始めたらいい?小6よりもっと低い学年のからがいいのかな?そして徐々に中学生の教科書・・・という風に?

歴史に詳しい方のアドバイス、お待ちしています。
よろしくご教示願います。

30代の女性です。
自分のこどもが小学校、中学校・・と成長していき勉強をしている姿を見るにつけ、私も英語やら中国語や資格試験等は勉強してはいるけれど、学生時代歴史の勉強はずいぶん苦手意識からやってこなかったなぁと、今になって恥ずかしく思います。

学生時代、歴史というと、つまらない年号を覚えるだけなんて先入観があったんです。でも日本史でも世界史でも、勉強することで、現在の世界がどのように作られてきたか、日本と世界のかかわり等を知ることもでき、とても意義のある科目なのですよ...続きを読む

Aベストアンサー

そうですね~、みなさんの発言にあるように
「マンガ」→「小説」
で覚えていくのが一番よさそうですね。

マンガで歴史に興味を持てるようになれば、自然と
小説にも入り込めます。
歴史小説を読み漁るようになれば、日本史の流れは
自然と頭の中に入るようになります。

教科書を読むのは、その後でもいいくらいです。

私の場合は
 「三国志  」(横山光輝;マンガ) 小・中学生
 「史記   」(小学生向けの本)  小・中学生
 「項羽と劉邦」(司馬遼太郎;小説) 中学生
 「竜馬がゆく」(司馬遼太郎;小説) 20歳頃
と進んでいき、後は一気呵成に司馬サンの作品と、
他の作家(海音寺潮五郎;池波正太郎など)にハマッて
いきました。

マンガでは、上記の三国志の他に
 ・伊賀の影丸(伊賀のカバ丸ではありません ;^^)
 ・エロイカ (ナポレオン。ベルバラの続きになっている)
ですかね。
それから、下記の方の発言にある
 ・るろうに剣心・花の慶次郎・あさきゆめみし
 ・日出処の天子・天上の虹
もひととうり読んでいます。

「封神演義」については、マンガの方がかなり原作を外れ
ており、当然ながらベースとなった中国史をかなり無視し
ていますので、原作の小説を読んだ方が歴史の勉強にはなる
でしょう。

石ノ森正太郎の「マンガ日本の歴史」が通史という観点で
はよさそうなのですが、あいにく読んでいませんので詳しい
意見は控えます。
それから「ベルバラ」もまだ読んでないですね。読もうか
と思いつつも、ちょっと男性には近づきがたい雰囲気があ
りますので...

おっと大事なのを一つ忘れていました。
 「風雲児たち」 (みなもとたろう;マンガ)
です。コレさえ読めば、江戸時代全般、特に後期から幕末
にかけての歴史はバッチリです。
日本史の教科書なんて目じゃありません。それに読んでいて
とにかく面白いですし。


時代別にまとめると
[大和時代]
 ・日出処の天子(山岸凉子)
[奈良時代]
 ・天上の虹  (里中満智子)
[平安初期]
 ・空海の風景 (司馬遼太郎)
[平安末期~鎌倉幕府成立]
 ・吾妻鏡   (竹宮恵子)
 ・義経    (司馬遼太郎)
[応仁の乱~戦国初期]
 ・箱根の坂  (司馬遼太郎)
[戦国時代]
 ・天と地と  (海音寺潮五郎)
 ・国盗り物語 (司馬遼太郎)
 ・反逆    (遠藤周作)
 ・関ヶ原   (司馬遼太郎)
[江戸時代]
 ・風雲児たち (みなもとたろう)
[幕末]
 ・風雲児たち 幕末編(みなもとたろう)
 ・竜馬がゆく (司馬遼太郎)
[明治時代 中期]
 ・坂の上の雲 (司馬遼太郎)
といったところでしょうか。

そうですね~、みなさんの発言にあるように
「マンガ」→「小説」
で覚えていくのが一番よさそうですね。

マンガで歴史に興味を持てるようになれば、自然と
小説にも入り込めます。
歴史小説を読み漁るようになれば、日本史の流れは
自然と頭の中に入るようになります。

教科書を読むのは、その後でもいいくらいです。

私の場合は
 「三国志  」(横山光輝;マンガ) 小・中学生
 「史記   」(小学生向けの本)  小・中学生
 「項羽と劉邦」(司馬遼太郎;小説) 中学生
 「竜馬が...続きを読む


人気Q&Aランキング