前から思っていたのですが。
発展途上国で、物価が違うので
100万円で豪邸を立てることができたりすると聞いたことがあります。これに基づいて
その国で 金(ゴールド)を買ったとします。
できれば、その国に行かないで国内で買えたら良いのですが、で、それを 国内で換金するとどうなるのでしょうか?
ようは、発展途上国(土地+家)<日本(土地+家)

発展途上国(金)<日本(金)
ならば、どうなるのかなと思っています。
もちろん、単純に税金など、実際の足を使って運んでいると、交通費など実費がでるので、国内にいて、うまく
買える方法があれば良いのですが?
この理論はあっているのでしょうか?
もし、問題点があればどの辺でしょうか?



発展途上国で金を買うとどうなるか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

金の相場はロンドン,ニュ-ヨ-クの金相場があります。

東京にも金相場がありますが,世界の金相場の影響があります.先の回答者の方がいわれていること--世界同一価格で,その国のお金とドルの交換率でその国の大まかに言えば販売値段が決まってきます。国内では日本円とドルの交換率で変わります.タダシ、日本でもドル売りするところがあれば、ドルで金相場+もろもろの手数料(利益分。消費税もも含む)で.日本でも買えます.金の価格の差より、生活水準の違いで、ものが日本より安く買えるので、金もと思われるのでしょう、
発展途上国は金の持ち込み、持出に法的規制をしていますので、実際上は、現地の法律を調べることも必要ですし、賄賂を求めることもありそうです.法に触れるも既定以上は没収が有りますので、注意いが必要です.これは旅行案内にも大まかなことは掲載されています.
    • good
    • 0

金は国際市場で取り引きされていますので、為替を無視すれば世界における価格は同一といえます。


大ざっぱに言えば、取引市場は1つだけということです。
一方、家や食料品などは、取引される市場が非常に多く存在しています。
それは、そのモノが空間を越えて移動できない、もしくは(食料品など)移動させると価値が下がる恐れがあるためです。
その結果、顧客はその地域の人が中心となり、その地域の物価水準や人件費などが、そのモノの価値を決定することになります。

つまり結論は、途上国で100万円の豪邸は建てられても、金は日本で買う「金」と同じ量しか買えないことになります。
(但し、最初に書きましたように、為替の問題は残りますので、買える金の量は完全に同じではありませんが・・・)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q妊婦だと入国拒否される国がある…?

以前嫁さんとフィジーへ旅行する時に旅行会社の方から…
「奥さん妊娠はしていらっしゃらないですよね?フィジーは妊娠されている方は入国が拒否される国なのですが…」
と言われました。
結婚前の出来事なので、妊娠はしていなかったのですが、無知だったせいか嫁さんとお互い…
「へぇ~。妊娠していると入国拒否される国があるんですか!」言っちゃいました(^_^;)。

それで、質問です。
観光目的で海外旅行する時、フィジー以外で妊娠していると入国が拒否される国って他にありますか?
(マレーシアも拒否されると噂を聞いたのですが…)

☆ちなみに僕ら夫婦ではなく、友人夫婦が旅行を計画しているらしいのですが、最近になって奥さんが妊娠発覚。
それで「確か行けない国があったよね?」の話題になって分からなかったので、質問しましたm(_ _)m

Aベストアンサー

 身近な国では、アメリカで入国を拒否される可能性があります。ご存知の通り
アメリカは国籍については出生地主義を取っているので、誰であろうとアメリカ
国内で生まれれば自動的にアメリカ国籍が与えられます。これを悪用し、臨月の
妊婦さんがアメリカで子供を生んで、アメリカ国籍を取らせようとするんですね。

 この場合は、観光にも商用にも該当しませんので、入国審査官が入国目的を
偽っていると判断し、その場で強制送還になる可能性があります。しかも、目的
詐称は重大ですからブラックリストに載ってしまい、その後5年~10年間アメリカに
入国できなくなる可能性もあるでしょう。たとえ、当の本人に「私は絶対に日本で
子供を生むんです!」という固い意志があっても、それを証明する術はありません。

 なお、出生地主義の国はほかに、カナダ、イギリス、オーストラリア、ブラジル
などが挙げられます。基本的に移民の多い国がそうですね。これらの国が目的地の
場合は、おなかの大きい=いつ子供が生まれてもおかしくない妊婦さんであれば、
入国を拒否される可能性を考慮されるべきでしょう。逆に言えば妊娠のごく初期
であれば、体調の問題を別にして、入国拒否のケースは少ないでしょうね。

参考URL:http://www.complete.co.jp/files/mass.html

 身近な国では、アメリカで入国を拒否される可能性があります。ご存知の通り
アメリカは国籍については出生地主義を取っているので、誰であろうとアメリカ
国内で生まれれば自動的にアメリカ国籍が与えられます。これを悪用し、臨月の
妊婦さんがアメリカで子供を生んで、アメリカ国籍を取らせようとするんですね。

 この場合は、観光にも商用にも該当しませんので、入国審査官が入国目的を
偽っていると判断し、その場で強制送還になる可能性があります。しかも、目的
詐称は重大ですからブラックリス...続きを読む

Q発展途上国への投資。

今は世界的な金余りで、新たな投資先を開拓すべく
マネーは発展途上国などリスクの高い地域へ目を向けています。

途上国への投資で一番硬そうなのは不動産投資ですが
外国人は買うことができません。その国の外貨預金だと
インフレによって実質資産が目減りする可能性があります。
となると後は株式なのですがこれでいいのか疑問です。

発展途上国への投資で一番良さそうな投資とは何でしょうか?
『それがわかればやってる』という答えが返ってきそうですが
そう言わず答えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

株式で良いのでは。日本も発展途上国だったわけですから。
あとは、債券でしょうか。デフォルトのリスクがありますが。

Qフィジーへの行き方

こんにちは☆
実際フィジーに行くわけではないのですが、イングリッシュコミュニケーションの授業で自分が行ってみたい国へ行くと仮定してプランを立て、プレゼンテーションをすることになりました。
より、現実味のあるプランを立てるよういわれました。空港には何時に到着するか、レンタカーを借りるか・・・など言え、だそうです。
JALのサイトから調べようと思ったのですが、フィジーには空港がありますか?
あったとすればそこはなんと言う名前で、どこの航空会社の便で行くのでしょうか。教えてください
お願いします☆

Aベストアンサー

フィジーにはナンディ国際空港があります.首都はスバですが,こちらへの
日本からの直行便はないと思います.ナンディへは,成田からエア・パシフィックが
月・木・土の夜19時に出ています.ナンディ到着は翌朝6:45.
フィジーは日付変更線の西側なので,日付のずれはありません.
あとは大韓航空を使う方法あるのですが,そちらは関空からかも知れません.

成田出発の場合,ナンディには早朝につきますが,旅行代理店のデスクは
オープンしています.レンタカーはちょっと不明ですが,日本で申し込んでおけば
係員が待機してくれると思います.
AVISやHERTSなどの会社のデスクがあったように記憶しています.
フィジーのHPとエアパシのHPを参考URLに.

参考URL:http://www.bulafiji-jp.com/index2.html,http://www.airpacific.co.jp/

Q金の国内価格上昇のニュースについて不明な点があります

「金1グラム3000円台、23年ぶり高値・国内小売り」という題目でニュースがありました。

その中でいまいち分からない点がありました。素人の私にも噛み砕いて説明いただきたいと思います。

▼分からない(説明していただきたい)一文です
「米国景気の先行き不透明感などから海外のドル建て金価格の上昇が続いているうえ、為替の円安傾向が円建て価格を押し上げた」

▼そのニュースです
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20071015AT1J1300315102007.html

Aベストアンサー

米ドルへの信用が弱まり、資金を米ドルで持っているより、金の様な価値のある物として持っていた方が安全と言う考えから、金が買われてその結果金の価格が上昇。

円安については極端な例ですが、円安で円の価値が半分になったとしたら、今まで100円出せば買えた物が、200円出さないと買えなくなる事になりますので、日本円で考えると物の値段が上がる事になります。
(1ドル=100円が、1ドル=200円の円安になれば、1ドルをもらうのに倍の金額を出さないといけなくなります)

と言う事で、金の国内価格が上昇したのではないでしょうか。

Qどこの国の英語を覚えるのが一番いいのか。

世界で最も幅広く使える言語といったらやはり英語ですよね。
しかし国によって発音や使い方が多少違うようですが
どの国の英語を覚えるのが一番いいのでしょうか?
それとも標準英語みたいなものがあるのでしょうか?

国の例としては
アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ
インド、フィリピン、シンガポール、パラオ、フィジーなどなど。

Aベストアンサー

大別するといわゆるイギリス英語(英語)とアメリカ英語(北米語)に分かれるのはご存知と思います。
また、目的が仕事で多くの人に通用するということですね。
どんな人があなたの仕事にかかわり、どういう英語を話す場合が多いかなど知りえませんので、個人の好みというか自分例を示すと北米の標準語がよいと感じます。(イギリスなどで米語を話すとその発音は違っていると言われたり、アメリカでイギリス英語で通したら何を上品ぶっているんだと言われたりした経験や現在の世界の社会情勢などを考慮し、自分なりに決めました。)もちろん北米語でも地方によって俗語や表現、発音に違いはあります。

現在はどういう英語を勉強され、それがどういう状態にあるか知りませんが、アメリカ人と話す機会が多いとかはっきり分からないのなら、それを続けるかどちらでもよいから決めて勉強すべきと考えます。それから発音、表現の違いなどを蓄積していけばよいと考えます。

仕事の関係でいろんな国を渡ってきた経験で言うと、多くの日本人はどちらともつかない日本語英語若しくはそれプラスその現地英語が混ざったようなものを話しています。自分もそうだと思います。

ただし、違うと言ってもイギリス英語を習得したからアメリカ英語をそうするには同じだけの時間が必要であるということはないので、あまり神経質になることはないと思います。

私の例で恐縮ですが、アメリカの他、ドイツ、スイス、オーストラリア、東南、東アジア各国等からの来客が多いです。時に聞きなおしたり、説明したりすることがありますが、それらができれば問題なく、支障になったことは一切ありません。

大別するといわゆるイギリス英語(英語)とアメリカ英語(北米語)に分かれるのはご存知と思います。
また、目的が仕事で多くの人に通用するということですね。
どんな人があなたの仕事にかかわり、どういう英語を話す場合が多いかなど知りえませんので、個人の好みというか自分例を示すと北米の標準語がよいと感じます。(イギリスなどで米語を話すとその発音は違っていると言われたり、アメリカでイギリス英語で通したら何を上品ぶっているんだと言われたりした経験や現在の世界の社会情勢などを考慮し、自分なりに...続きを読む

Qお前が買え!

よく我が家に、株や先物取引関連戦闘員の電話がかかってきたり、セールス戦闘員ショッカーが攻め込んできます。

彼らは、異口同音にこういいます
「この商品は、もうかりますよ!」

だったらあんたが買え!と思いますが、皆さんはこういうセールス戦闘員ショッカーをどう思いますか?

私が絶対儲かる方策を知っていたら、絶対に他人に教えません。

Aベストアンサー

この手の商品セールスで 利益を確実視されるような発言をして商品を販売する事は法律で禁止されていますので、私の場合はその様にセールスしてきた方には、次の様に対応します。
「すみません、もう一度ハッキリと会社名・お名前・「この商品は、もうかりますよ!」と言ってください。念のため録音しますので・・」
と言えば大抵は引き下がります。

それでも引き下がらない輩には
「なるほど、では私の口座に勝手に100万円振り込んでください。その100万円も元に利益を出して、8:2で利益を分け合いましょう。私は自分の口座を使用するので当然8割貰いますが・・・」

手っ取り早いのが
「私の父は ○○証券の総務部長をしていますが、それでも株の話をされるのですか?」
かな!

色々と遊べますよ。。。。

Qフィジーのマナ島

フィジーのマナ島
こんにちは。
今年の年末に初めてフィジーのマナ島に旅行に行きます。
フィジーのナンディ国際空港に到着したあと、フェリーでマナ島に向かうと聞いておりますが、このフェリーにはお手洗いがついているのでしょうか?
フィジーでの両替はフィジー空港で済ませたほうがいいでしょうか?6日間の滞在でしたら、予算はどのぐらいあればよいのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

お手洗いですかぁ?ついてますよぉ!
町中の両替屋の方がレートがいいと思いますが、探すのが面倒なら空港でいいんじゃないでしょうか。
ホテルでの両替が一番レートが悪いと思います。
フィジーもカード社会ですからできるだけクレジットカード利用がいいと思います。
以前フィジーに住んでいました(今年も3ヶ月いました)が、マナは乗換えただけで行ったことはありません。
以前は日本人が多かったそうですが、直行便が無くなって目っきり減ったそうです。
個人的にはマナのちょっと先(ボートで15分位)のマタマノアがお奨めです。
トレジャーアイランドリゾートもちょうど良い大きさでフレンドリーな雰囲気が好きですね。
フィジー本島のビーチはお奨めではないですね。コーラルコーストの景色は良いですがビーチは左程ではありありせん。
ナンディの食事は大したところはありませんが、最近はマーティンタール辺りに割と良い店ができてます。
安くて美味しいインド料理や中華は首都スバですが、車で4時間ですし、スバの海はヘドロです。
治安は以前に比べるとかなり良くなっていますね。
予算?ローカルプライスで旅行してましたので良く分かりません。

お手洗いですかぁ?ついてますよぉ!
町中の両替屋の方がレートがいいと思いますが、探すのが面倒なら空港でいいんじゃないでしょうか。
ホテルでの両替が一番レートが悪いと思います。
フィジーもカード社会ですからできるだけクレジットカード利用がいいと思います。
以前フィジーに住んでいました(今年も3ヶ月いました)が、マナは乗換えただけで行ったことはありません。
以前は日本人が多かったそうですが、直行便が無くなって目っきり減ったそうです。
個人的にはマナのちょっと先(ボートで15分位)のマ...続きを読む

Q金[ゴールド]、土地の価値の普遍性について

金、土地の価値は普遍的(50年、100年後)でしょうか?
私自身は、そう思っていません。ただ、多くの投資家、証券会社は普遍的と信じて居るように思えます。
皆様どの様に思われますでしょうか?

私自身は、
金については、
・昨今の、掘削技術はめざましい物があり将来産出量を増やすことが可能。
・海水中から金属を取り出す技術も進歩する可能性がある。
・人々の価値観が多様化し相対的に金に対する興味を未来も皆が持ち続けるのか疑問があること。
・元素変換技術(50年後では厳しいかも)
これらを考えると、50年後には需要の減少により装飾、電気特性から現在の銅の価値程度になるのではないかと思っていますがいかがでしょうかね?

土地については、
海洋や空間の利用が進み今よりも若干安くなるのではないかと思っています。

ただ、人口爆発や技術の進歩などがあり、50年後の想像は難しいです。

Aベストアンサー

>レイカーツワイル氏の技術的特異点

不勉強で知りませんでした。
この仮説を究極にネガティブにとらえた世界が「ターミネーター」なんですね。(楽しく観ましたけど。)

>庶民にはホラでも技術者と言われる人の間では裏付けがあったのかもしれませんね。

自分で紹介しておいてなんですが、当時の科学者の間でもいろいろな予想が乱立していたと思います。
同じような企画の新聞・雑誌記事の中でたまたま的中(と思える)ものが多かったので目に止まったのかな?と思いました。

>土地については百年前と比べると下がるように思えそうですが、上がっているなど不思議ですね。

ほんとうに、需要と供給のなせるわざですね。
人口増加もありますが、一極集中がここまで進むとは連邦国家のようだった江戸を知る明治の人には想像できなかったと思います。

あとご質問の趣旨からはずれますが、限界といえば石油ですね。
70年代以降みんなが信じていたのは「石油はあと30年で枯渇」説でした。(正確には減耗?と言うそうです。)
21世紀初頭には限界を迎えるはずでしいたが、可採限界は先延ばしになりました。(採掘量のピーク自体はいまのところ大きく変わってないようです。詳しくはないですが。)

陰謀論で語ればいろいろ異論はあるのだと思いますが、未来に対する常識がいかに当てにならないかの良い例だと思います。
陰謀論を言い出すと金への絶対的信頼も疑問を呈するべきですが、今のところ「国家は通貨価値防衛のため金価格を下げようとしている」と言うのが陰謀論のトレンドのようですね。
ほんの十年前は底値を這いずり回っていたのに変われば変わるものです。

また、近年ではコスト高で放置されていたオイルサンド(原油)が採算に合ってきましたし、シェールガス(天然ガス)の採掘技術の進歩で天然ガスの値段はエネルギー価格の上昇トレンドをよそに低迷しています。(オイルメジャーには不都合なはずですが高値維持の陰謀は働いていません。)

両者とも環境負荷が懸念されていますが、従来の原油も流出事故などが後を絶たないのに需要には勝てず生産が抑制されることはありません。きっと採掘は続くのだと思います。
特に天然ガスは原発事故以降需要が増えつつあるようですね。

原発と言えば途上国を中心にあいかわらず原発建設は進んでいます。福島原発が30年以上前のポンコツだったのに巨大地震と津波を受けてもこの世の終わりにならなかったことで、リスクとリターンをドライに秤にかけていると思われます。
今後原発の技術革新が起こると先進国の国民感情とは逆に途上国で原発ブームが来る可能性も考えられますね。(原油の高騰で一番影響を受けるのは需要が急増している途上国ですから。)

一時話題になった「石油を作る藻」はまだまだ夢のようですが、「燃料電池」は夢の段階は抜け出しましたのでこれからの技術革新に期待したいですね。

様々な要素が絡み合ってわたしの思考キャパでは数年先のことでさえなかなか想像がつきません。

>レイカーツワイル氏の技術的特異点

不勉強で知りませんでした。
この仮説を究極にネガティブにとらえた世界が「ターミネーター」なんですね。(楽しく観ましたけど。)

>庶民にはホラでも技術者と言われる人の間では裏付けがあったのかもしれませんね。

自分で紹介しておいてなんですが、当時の科学者の間でもいろいろな予想が乱立していたと思います。
同じような企画の新聞・雑誌記事の中でたまたま的中(と思える)ものが多かったので目に止まったのかな?と思いました。

>土地については百年前と比べ...続きを読む

Qハワイ、グアムVSモルディブ、タヒチ、フィジー、ニューカレドニア

海外で結婚式を挙げようと思っています。

彼-ハワイ、グアム
(定番だし、未開の地は嫌い、彼の家族の希望)
私-モルディブ、タヒチ、フィジー、ニューカレドニア
(ハワイ・グアムは昔から行きたいと思ったことが無い、海が綺麗、水上コテージに泊まりたい、私の家族は私が行きたいところが一番)


そこで質問です。

A-ハワイ、グアム
B-モルディブ、タヒチ、フィジー、ニューカレドニア

AもBも両方行った事がある方は、両方の評価をお願いします(Aの中の1カ国、Bの中の1か国でOK)
それ以外の方もこの国のここが良かったということがあれば、お願いします。

ただし、買い物には全く興味が無いので、ブランド品が購入できるや、日本語が通じるというのは(日本語や英語が通じない国でもバックパッカーで旅しているので、通じなくても全然平気)、良い点には含まないでください。

Aベストアンサー

こんにちは。

候補に挙げられているところ全てに行ったことがあります。
グアム、モルディブ、フィジーに関しては昨年行きました。

海外旅行経験が豊富なようですので、時期選びやそのための情報収集に関しては問題はないかと思いますが、挙式される時期によってお勧めは違ってきますね。どこに行くにしても雨季は外した方がいいです。

それから、挙式に関して言えば、圧倒的にA方が選択肢が多いですし、色々な面で融通が利くと思いますので、挙式そのものに拘るならこちらが有利だと思います。
また、もしご家族も参列されるならこちらの方が楽ではないでしょうか?(旅行そのものも手配や費用も)
あと、今後挙式をした思い出の地に家族が増えてからも気軽に再訪しやすいというのもメリットの一つだと思います。
もちろん、挙式だからこそ滅多に行けないところを選ぶ人が多いですけどね。私もそうだと思います。
それから、ハワイもワイキキ周辺には私も興味が持てませんでしたが、離島なら水上コテージこそありませんが、リゾートとしては満足できると思いますよ。

それからBの中で、フィジーにも水上コテージがオープンするという情報がありますが、今のところはないはずです。
1島1リゾートが多く、島によって雰囲気も料金もだいぶ違います。挙式が出来るかどうかは島によって違うかもしれません。
個人的にはいくらフィジーといえども、日本人ばかりのマナ島で挙式するくらいなら、ハワイの離島の方がよいと思ってしまいます。
また、ニューカレドニアも2つしかないので、タヒチやモルディブのように選択肢が豊富ではありません。
ただ、私自身は挙式で行ったわけではないので、評価というのは難しいですね。
もう少し具体的に補足、ご質問していただければ、分かる範囲で回答させていただきます。

こんにちは。

候補に挙げられているところ全てに行ったことがあります。
グアム、モルディブ、フィジーに関しては昨年行きました。

海外旅行経験が豊富なようですので、時期選びやそのための情報収集に関しては問題はないかと思いますが、挙式される時期によってお勧めは違ってきますね。どこに行くにしても雨季は外した方がいいです。

それから、挙式に関して言えば、圧倒的にA方が選択肢が多いですし、色々な面で融通が利くと思いますので、挙式そのものに拘るならこちらが有利だと思います。
また、...続きを読む

Q市場経済に国を破綻させられた国

以前、たぶんNHKのドキュメンタリーで見たのですが。

投資家たちがその国の通貨だか国債だかを一斉に売りに出してしまい、価値が暴落、国家破綻に陥ったという内容でした。それまで国政不安などなく、むしろ安定した国情だったと思います。投資家達が巨額の利益を得たのは言うまでもありません。
当時の元首がインタビューに答え、「実体のないマネーに翻弄され国が破綻した」と言っていたように記憶しています。

その国が一体どこだったのか、そのドキュメンタリーが何というタイトルだったのか、ながらで片手間で見ていたので全く覚えていません。「国家破綻」で検索してもあまりに多くの国が引っかかり当該国がどれなのかわかりません。

わかる方、覚えていらっしゃる方、いませんか?回答お願い致します。

Aベストアンサー

違うかもしれませんが、タイで起きたアジア通貨危機のことでしょうか?

NHKスペシャルのマネー資本主義の中で、取り上げられていたように思います。
「国が破綻した」とまで言ってかどうか、わかりませんが。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/special/onair/090419.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報