最新閲覧日:

前から思っていたのですが。
発展途上国で、物価が違うので
100万円で豪邸を立てることができたりすると聞いたことがあります。これに基づいて
その国で 金(ゴールド)を買ったとします。
できれば、その国に行かないで国内で買えたら良いのですが、で、それを 国内で換金するとどうなるのでしょうか?
ようは、発展途上国(土地+家)<日本(土地+家)

発展途上国(金)<日本(金)
ならば、どうなるのかなと思っています。
もちろん、単純に税金など、実際の足を使って運んでいると、交通費など実費がでるので、国内にいて、うまく
買える方法があれば良いのですが?
この理論はあっているのでしょうか?
もし、問題点があればどの辺でしょうか?



発展途上国で金を買うとどうなるか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

金の相場はロンドン,ニュ-ヨ-クの金相場があります。

東京にも金相場がありますが,世界の金相場の影響があります.先の回答者の方がいわれていること--世界同一価格で,その国のお金とドルの交換率でその国の大まかに言えば販売値段が決まってきます。国内では日本円とドルの交換率で変わります.タダシ、日本でもドル売りするところがあれば、ドルで金相場+もろもろの手数料(利益分。消費税もも含む)で.日本でも買えます.金の価格の差より、生活水準の違いで、ものが日本より安く買えるので、金もと思われるのでしょう、
発展途上国は金の持ち込み、持出に法的規制をしていますので、実際上は、現地の法律を調べることも必要ですし、賄賂を求めることもありそうです.法に触れるも既定以上は没収が有りますので、注意いが必要です.これは旅行案内にも大まかなことは掲載されています.
    • good
    • 0

金は国際市場で取り引きされていますので、為替を無視すれば世界における価格は同一といえます。


大ざっぱに言えば、取引市場は1つだけということです。
一方、家や食料品などは、取引される市場が非常に多く存在しています。
それは、そのモノが空間を越えて移動できない、もしくは(食料品など)移動させると価値が下がる恐れがあるためです。
その結果、顧客はその地域の人が中心となり、その地域の物価水準や人件費などが、そのモノの価値を決定することになります。

つまり結論は、途上国で100万円の豪邸は建てられても、金は日本で買う「金」と同じ量しか買えないことになります。
(但し、最初に書きましたように、為替の問題は残りますので、買える金の量は完全に同じではありませんが・・・)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ