directNIC(www.directnic.com)でドメインを取得して、今ODNで動かしているNTベースのWEBサーバでこの新しいドメインを使いたいのですが、NIC側でDNS1とDNS2を入力する欄に何を入れて、サーバ側ではどのように設定したらいいか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

DNSには、自分の接続しているプロバイダーのDNSのアドレスを入れればいいです。


後は、自分のドメインサーバーのホストレコード(Aレコード)に、自分のWEBサーバーのホスト名とIPアドレスを登録すればいいです。
自分のドメインサーバーとは、directNICで運用しているサーバーですよ。
そこに、あなたのドメイン名を運用するDNSサーバーがあると思います。
そのDNSサーバーは、インターネットに対してあなたの取得したドメインの情報を公開するためにあります。
あなたが使うためにあるのではありません。
あなたが、使うのは、一番自分の身近に有るDNSサーバーです。
ちなみに、DNS1,DNS2の2つを入れる必要はありません。DNS2は、予備です。
DNS1に問い合わせて、返事がない場合に、DNS2を使います。
    • good
    • 0

 サーバのIPアドレスは固定IPって事でよろしいでしょうか? それもグローバルIPですよね?



 それならば、自分の所で運用しているDNS1で、取得したドメインをひける様に設定すればOKです。
 hogehoge.jp を新たに運用したいのなら、hogehoge.jpのIPをNTサーバのIPにしてあげればいいのです。
 そして、directNICで、hogehoge.jpのDNSをDNS1にして上げれば、IPがひける様になります。

この回答への補足

どうもありがとうございます。


>サーバのIPアドレスは固定IPって事でよろしいでしょうか? それもグローバルIPですよね?

はい。そのとおりです。

>hogehoge.jp を新たに運用したいのなら、hogehoge.jpのIPをNTサーバのIPにしてあげればいいのです。

ここのところを具体的にご教示頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

補足日時:2001/06/07 11:24
    • good
    • 0

ODNってダイアルアップ接続ですよね?



 それでしたら、DNS1はお使いのODNのDNSを書くべきです。
 もう既に、ドメインを取得していて、バーチャルドメインを運用したい(それに類する事)って事なら、やり方がまた変わってきます。

 もう少し環境を書いて下さいね。
 これだけですと、ちょっとわかりません。

 接続方法は?
 既存のドメインがあるの?
 DNSの運用は(ODN側? それとも自分の所)?

 等の事を補足して下さいね。

この回答への補足

すみません。常時接続です。
既存で運営しているドメインはあります。
で、DNS1は自分のところでDNS2がODN側です。
宜しくお願いします m(__)m

補足日時:2001/06/04 23:25
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qwww.a.comとwww.a.p.comは別?

例えば銀行の暗証番号を、本物とそっくりなサイトをつくることで盗みとる場合があります。
そこでURLを見て確かめたいんですが、見方が分かりません。
http://www.***.co.jp
が正しいサイトとすると、
http://www.***.php.co.jp
は全く別のサイトになりまよね?

また例えば

http://www.***.co.jp/databaseが本物のとき、
http://www.***.co.jp/newdatabaseもそのサイト内のページで、偽物サイトではない、
つまり…co.jpや…comまでが正しければ、その後がどんな文字列でも正しいサイト内のどこかのページのURLであって、偽物サイトには繋がらないんですか?

最後に、URL自体の偽装はできるんですか?質問だらけでごめんなさい。お願いします

Aベストアンサー

基本的なドメインという物を覚えて下さい。
http://www.***.co.jp
この場合のドメインは「***.co.jp」です。
http://www.***.co.jp こちらはURLになります。
   
で、「***.co.jp」これを持っていれば「△△.***.co.jp」は自分で作成できます。
他人では一切作成できません。
つまり、「***.co.jp」の前に「.」を付加して作成した物は「***.co.jp」のサイト内ということです。
   
この「co.jp」は日本の会社でなければ取得できません。
似たもので「.jp」があります。こちらは汎用jpという種類のドメインで example.jpを取得すればhoge.example.jpは作成できます。
同じように「.com」「.net」「.org」などもっと様々なドメインが存在します。
種類に関しては以下のようなページで紹介されています。
http://www.nic.ad.jp/ja/dom/types.html
     
結論として表題の「www.a.comとwww.a.p.comは別?」ですが、頭のwwwは考えなくてもよくて「a.comとa.p.comは別?」ということになり、先にも書きましたがこのドメインは「a.com」と「p.com」ですから全くの別物です。
「a.p.com」は「p.com」を持っていれば自由に作成できます。

基本的なドメインという物を覚えて下さい。
http://www.***.co.jp
この場合のドメインは「***.co.jp」です。
http://www.***.co.jp こちらはURLになります。
   
で、「***.co.jp」これを持っていれば「△△.***.co.jp」は自分で作成できます。
他人では一切作成できません。
つまり、「***.co.jp」の前に「.」を付加して作成した物は「***.co.jp」のサイト内ということです。
   
この「co.jp」は日本の会社でなければ取得できません。
似たもので「.jp」があります。こちらは汎用jpという種類のドメインで e...続きを読む

QダイナミックDNS自宅サーバと職場のダイナミックDNSサーバとの接続

 質問いたします。
 自宅はinclのフレッツISDN回線(AtermIW50/DをTAとして使用)と、plalaを経由してのBフレッツ回線(ルーターはAirStation G54/P を使用しての54Mbpsの無線Lan)を併用しています。
 どうすれば、ウイルスバスターなどのワクチンソフトの
ファイアウォールなどを回避して、自宅と職場での
ファイルの共有ややりとり、あるいはアプリの使用が
可能になりますか。
 ぜいたくな質問で恐縮ですが、よろしくお願いいたします。
 また。VPNというものを構築するとうまくゆくとか
いう話も聞きますが、詳しい方、説明願えれば幸いです。

Aベストアンサー

AirStation G54/Pのオンラインマニュアルを簡単に見てみました。
本来ならVPNでの通信がいいのですが、IPSecのパススルーなどにはまだ対応していないようなので、
Windows機能だけのVPN通信は難しいと思われます。
そうなると外部VPN機器が必要になります。
VPNを使わないとなると静的IPマスカレードでサーバ公開という形になります。

セキュリティを考慮すると、この時点であきらめておいた方が無難でしょう。
※ファイル共有をインターネットに公開するには、かなりのリスクがあることを認識しておいてください。
 例えば、共有フォルダにウイルスを置かれたり、ファイルを消されたりといったような。

一応以下に設定する手順を記載してみます。

まずは静的IPマスカレードでPCをインターネット上に公開します。
http://www3.melcoinc.co.jp/download/manual/net/wbrg54_120/katsuyo/chapter16.html
この手順の中ではWWW(80/tcp)を公開していますが、今回はファイル共有なので
「139/TCP」を設定いたします。

で、この静的IPマスカレードを設定するだけ接続できません。
AirStation G54ではデフォルトのパケットフィルタルールで、
ファイル共有のフィルタが設定されているからです。
これを外さなければいけません。

ただ、これを単純に外すだけではセキュリティ的に全然だめです。
一応AirStation G54では送信元(これがSourceIP)によるパケットフィルタができます。
これによって、特定のPCのみしか接続できなくなります。
ここで問題なのが、接続元のIPアドレス。
固定ではないのでDDNSを取得したと思うのですが、
AirStation G54で送信元のIPアドレス欄にmypc.example.comといった
ドメイン名(これがFQDN)で指定できるかです。
#オンラインマニュアルにはパケットフィルタの設定詳細を見つけられませんでした。

ですが、理論的にはIPアドレスを偽装(IP Spoofing)されたら、接続出来てしまいます。
ただ、IPアドレスを偽装して通信を行う(TCPセッションをはる)のはかなり困難です。
ですが、今回のようにFQDNで設定した場合、DNSの偽装(これがDNS Spoofing)の問題もあります。
こちらはIPSpoofingよりは簡単に偽装できてしまいます。

こういったトータル面でみてもVPNを張れないなら別手段を検討するのがいいと思います。
例えばインターネット上のファイル共有スペースを使うとか
VNCやpcANYWHEREといったリモートツールを独自の暗号化セッションで使うとか
TELNETやFTPをSSHで使うとか。
#長くなるので詳細は割愛させていただきます。


あと、ありきたりのアドバイスなので設定済みかとは思いますが、
無線LANで WEP(128(108)bit)で暗号化+MACアドレスでの制限
は最低限設定しておきましょう。

あと全然関係ないところで反応しますが
>ドスパソコンでWin98SEで設定することになるのですが。
>
Windowsパソコンなのでは?
DOS/Vパソコンということかな?

AirStation G54/Pのオンラインマニュアルを簡単に見てみました。
本来ならVPNでの通信がいいのですが、IPSecのパススルーなどにはまだ対応していないようなので、
Windows機能だけのVPN通信は難しいと思われます。
そうなると外部VPN機器が必要になります。
VPNを使わないとなると静的IPマスカレードでサーバ公開という形になります。

セキュリティを考慮すると、この時点であきらめておいた方が無難でしょう。
※ファイル共有をインターネットに公開するには、かなりのリスクがあることを認識しておいてく...続きを読む

Q複数ドメインをサーバにwwwなしであてられますか

1つのIPアドレスで複数ドメインを設定した場合に、
ドメインにwwwをつけずにアクセスできるように
設定が可能でしょうか?
BINDのnamed.confにヒントがありそうですが、、、
サーバはLinuxでApacheです

例)hogehoge.comとhogehoge.netで
http://www.hogehoge.com/ → http://hogehoge.com/
http://www.hogehoge.net/ → http://hogehoge.net/

Aベストアンサー

質問の意味がよくわかんないのだけど。
>ドメインにwwwをつけずにアクセスできるように
つまり、ホスト名ってこと?

恐らくこういうこと?
100.100.100.100に hogehoge.comとahoaho.comを割り当てる。で、Webサーバーは www をつけずに引きたい。

もしこれなら、どちらかをメインにしてもう一つをエリアス(CNAME)でいけるんじゃない?
で、別にWebサーバーはwwwがついてなくちゃいけないわけじゃないから、(あんなのただ、わかりやすくしてるだけだし) oraora.hogehoge.comって名前をWebサーバーに当ててもいいよ。
named.confよりもzoneファイルとrevファイルをいじることのほうが多いんじゃないかな

QDHCPサーバとDNSサーバについて教えてください。

DHCPサーバとDNSサーバについて教えてください。

会社で数台あるDNSサーバの内の一台を撤去することになりました。
それに伴って、DNSサーバやクライアントPCに振っているIPアドレスの変更を実施することになりました。

DHCPサーバにどのような設定をしたら、クライアントや他のDNSサーバのIPアドレスを
変更(更新)することが出来るでしょうか?

参考になるサイト等も教えていただけたらうれしいです。

私の知識が乏しく、必要な情報が足りなかったらすみません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

DHCPサーバが何で行われているのかで設定などの変わってきます
何かしらの機器(例えばルータ)なら機器名や
OSでやってるならOSは何なのかの情報あった方が
提示もされやすいと思いますよ

DNSサーバが数台ある環境という事なので
多分そんなものは使ってないと思いますが一般家庭で使われるような
ルータはDHCP有効にすれば大抵は自分自身のLANIPをDNSとして配布します

Q3Com NIC Diagnosticsについて

アプリケーションの追加と削除から
『3Com NIC Diagnostics』を削除してしまいました。
『ネットワーク』-『アダプタ』-『プロパティ』が
見れなくなってしまいましたが、ネットワークは正常に接続はされています。
『3Com NIC Diagnostics』NICの診断アプリケーションとのことなのでネットワークの接続自体には問題無いと思うのですが、大丈夫でしょうか?
また、その他に問題があるでしょうか?
どなたか御詳しい方がいらっしゃいましたら、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

3COMから再入手できませんか?

http://www.3com.co.jp/support/index_download.html

参考URL:http://www.3com.co.jp/support/index_download.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報