中小企業の働き方改革をサポート>>

和服は風通しがよく、日本のムシムシした空気に合うといいます。

また洋服は欧米人と頭身などがちがうため、コーディネートもかわるといいます。

たとえば、中国の伝統衣装など日本人と頭身や体型がもしそんなに変わらないとしたら、洋服に比べてあっているんでしょうか。

でも、たとえば風通しは洋服でもいいものがでていますので問題をすでに克服していて、関係がないような気もしますが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは



日本人の体形に合わせたパターンを使っているところの
洋服は着丈、袖丈とも日本人の平均に
合わせていますから、平均的であれば
着用するのは可能です。

ただバランスを考えたとき、同じ日本人でも背の高い人と
低い人では似あうコーデが変わるように、
欧米人と日本人の骨格、また白人と黒人の骨格では
似合うものが自ずと変わってきます。

手足のバランス、腰位置が違うので当然ですが・・・(^_^;)

日本人が正絹から麻まで着物の生地の種類があるのは
日本の湿気という風土の問題からで、
湿気の多い日本では如何に涼しく凌ぐかが大切になってきますよね?

それが海外のモノだとウールや、コットン、シルク、麻になるわけで
デザインも考えたときに麻で作るものは一般的にタイトなものが少ないです。
シルクもですね。

着物は欧州古来のドレスとは違ってウエストを絞るスタイルではないので
日本人のメリハリのない体系には合っているのだと思います。
着物はウエストより上の位置で帯を締めることで全体のバランスが取れてます。

それと黒髪ですね。(茶髪が多いですが、着物は黒髪です)
あの豪華な着物に合う髪の色はやはり黒だと思いませんか?

話が散漫になってすみません。
チャイナドレスも着物も各々ストレートのイメージですね。
メリハリのない民族衣装です。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに東洋人の体形はメリハリが少ないような気がします。

湿度を防ぐためなど生地が影響するわけですね。

わかりやすかったです。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/01/30 17:11

和服は和服が流行っていた当時の日本に合っていた衣服ではないでしょうか。


日本は鎖国が終わってから、欧米文化の良いところを取り入れて自国の文化に融合してきました。
つまり、欧米文化の利点を中心に取り入れた結果、洋服が残りました。
満員電車で通勤したり、重要顧客のところに走って行ったりするには、和服ではあまりにも不便です。
和服は古き良き日本の時代の文化だったと言えるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

便宜性が洋服の利点ということですね。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/01/30 17:12

欧米人の体型がいい。

アジア人の体型が悪い。
このバランスが「いい」「わるい」という判断基準自体、
つまり背が高いのが良くて、低くて足が短いのは悪い。という基準が「欧米産のバランスの良さ」なんでしょうね。
でも、実際、今の我々がそれがバランスの良さだと思っている以上、アジア人がいいわけがないです。
H&MのLサイズが欧米とアジアでサイズとか縦横バランスが違うという話は聞いたことが無いですね。
わたしもLがちょうどいいんですが,大概袖だけは長すぎるんですよね。

例えばダイビングの機材で「レギュレーター」という口に咥えるパーツが有るのですが、欧米メーカーのものでも日本で売っている機種はOOO-J と品番にJがついていて、それはつまり日本人向けにマウスピースが小さいんです。
ファッションブランドにそういうローカライズがないならユニクロを買ってたほうがバランスいいってことか。

そういえば、日本の着物でも中国のチーパオでも金髪の美人が着ても美しく感じないですね。なんか変。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに金髪の美人が東洋の服を着るとバランスか肌の色であまりよくないです。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/01/30 17:13

確かに、タキシードなんかが、その最たるものですが


スーツが似合ってる日本人あまり見た事ないですね。

反面、我々の結婚式の時、嫁さんのお父さんが紋付き袴を着てましたが
恰幅の良い人だったとはいえ、滅茶苦茶似合ってました。

そういえば、相撲解説の北の富士さんも、えらい着物が似合いますね。
それが、フリースなんぞ着て来た日にゃ、げっそりします。

まぁ、ぶっちゃけ、「胴長短足」の日本人には着物の方が似合うんでしょうね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

着物のシルエットと日本人の体形って合うのでしょうね。

タキシードなどは確かにおっしゃる通り少し違和感があるかもしれないです。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/01/30 17:14

>和服は風通しがよく、日本のムシムシした空気に合うといいます。



昔ながらの素材・製法で作った物ならば、そうなるでしょうね。
でも今の和服って化繊の大量生産品がほとんどでしょ?
洋服と変わらない作りの物が「特別優れている」とは思いません。

>また洋服は欧米人と頭身などがちがうため、コーディネートもかわるといいます。

確かにそうですね。
海外スナップのまま着ても、どこか野暮ったくなりがちです。

>中国の伝統衣装など日本人と頭身や体型がもしそんなに変わらないとしたら、洋服に比べてあっているんでしょうか。

体格的には合うかもしれないけど、日本で中国文化発祥の服を着ても「浮く」でしょう。
中国風の建物や中国っぽい雰囲気の場所なんてほとんどないですから。
都市は洋風の建物が大半ですから、チャイナドレスよりはスカートやワンピースの方が合うと思います。
体格的な問題は少ないと思いますが、チャイナドレスやアオザイでは街並みとの調和が取れません。

>風通しは洋服でもいいものがでていますので問題をすでに克服していて、関係がないような気もしますが。

私もそう思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃる通りですね。やはり街並みとの適合も大事ですね。

かなり克服している点では同感ですね。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/01/30 17:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本人の体型にあったファッションとは

20代後半男性です。
今までまったくファッションやオシャレに興味がなかったのですが、そろそろ親や身近な人に服を選んで貰うのでなく、多少のセンスを身に付けておいたほうがいいのではないかと思い、少し服や靴に興味を持ち始めました。
そこで質問ですが、まったくの素人考えなのですが、
ファッションやオシャレをする上で重要なことは、自分自身で似合うか似合わないかを判断するのがいいか、他人(彼女又は妻又はお店の方)に似合うか似合わないか客観的に見てもらうのがいいのか、あるいは単純に自分の興味で、好きかどうかだけで判断すべきなのでしょうか。
また、日本人の体型にあったファッションってどういうものがあるのでしょうか、出来れば具体的なアドバイスを頂ければ幸いです。
ちなみに私は身長178cmぐらいで、体系的にやや痩せ気味、腕が長く、首は細いほうです。

Aベストアンサー

こんにちわ。

同年代のやろうです。
同じように最初はとまどってましたけど、今はダレに言われるでもなく自分の意見を押し通します。
他人の意見なんて聞いてるようで一切聞きません。
彼女にあれがいいこれがいいなんて言われても路線が大幅に違えば一蹴しちゃいます。
別に自信があるわけではなくてひたすら好きな色、興味のある形を選んで着てるだけです。
この人は自分よりセンスある!って思う人の意見なら聞くと思いますけどね。。。

取りあえず最初は気になるブランドをいくつか見つけて一式揃えてみてはどうでしょう。
ブランド毎の特色とかなんとなーく合わせ方なんてのも見えてくるので、後は雑誌とか街ゆく人とか自分の感性を信じていいと思います。

個人的な意見では日本人の体型に合うのは日本のブランドでしょうね。
肩幅がなく胴長で細身の体型の人が多いのでイタリアブランドや英国スーツはかなり人を選ぶ気がします。
あとダボダボ系のヒップホップ系の服装はただでさえ短い足がさらに短く見えるので個人的には苦手です。
細身のパンツにジャケットなんかを合わせると無難に雰囲気出せていいんじゃないかと。(もう夏だけど。。。)
シャツだったらストライプ系で丈が短めのが好みです。できるだけボタンは締めておきます。

ってめちゃくちゃ主観で語ってるので色んな意見を聞けるといいですね。
おじゃましました。

こんにちわ。

同年代のやろうです。
同じように最初はとまどってましたけど、今はダレに言われるでもなく自分の意見を押し通します。
他人の意見なんて聞いてるようで一切聞きません。
彼女にあれがいいこれがいいなんて言われても路線が大幅に違えば一蹴しちゃいます。
別に自信があるわけではなくてひたすら好きな色、興味のある形を選んで着てるだけです。
この人は自分よりセンスある!って思う人の意見なら聞くと思いますけどね。。。

取りあえず最初は気になるブランドをいくつか見つけて一式揃...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報