教えて!goo限定 1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

ご覧になって頂き、ありがとうございます。

現在、国産2Lミニバンに乗っているのですが、
一度はオープンカーに乗りたいと思っている普通のサラリーマンです
2009年辺りの、ボルボC70の2.4、イオス2.0のいずれかを購入を夢見ています
ただ、ご多分に漏れず、車両自体は購入できても、維持が出来ないのではと不安に思っています。

中古車販売店や、所有者のお話を聞いて浮かんできた、
漠然とした輸入車の維持費についてのイメージなのですが

・金額の過多は個人の価値観によって大きく異なる為、
 輸入車の維持費については、噂が大きく分かれている。
 高いという意見も、普通と言う意見のどちらも正しい。

・性能を維持する考え方の違い
 国産:10年位で多くの部分が寿命を迎えてしまうが、寿命内はほぼノーメンテナンス
 輸入:各部品の寿命は短いが、車齢は国産の数倍まで対応可
 *部品代だけなら購入~廃車までの総費用を年に割り戻せば同等?
 
・主治医の重要性
 ディーラー、町工場、プロショップの開拓(使い分け)が大きく輸入車ライフを左右する。

・と思いつつ、国産車より維持費はかかるものと覚悟する

個人の希望的な想像では、
道路を走っている車を眺めていると、結構な割合で外車は走っていますし、
良く聞く外車は壊れるというお話は、実際は外車に乗った事の無い方の
比較的古め(20年以上前?)の憶測が今でも消えていないのでは?
とも思います。
輸入車に乗っている方の、皆が皆、お金持ちではないでしょうし・・・

故障の範囲が外車と輸入車で大きく異なっていることによる差なのかとも思っています。
ブレーキディスクが消耗品だなんて、国産車乗りには想像できませんでした(汗)

現在のミニバンの維持費は
車検11万円程
一年点検1万円程(オイル交換込)
半年点検6千円程(オイル交換込)
です。後はタイヤ、バッテリー、ワイパー位しかかかっていないのですが、
輸入車だとこうはいかないのでしょうか?

実際のオーナーの方や、整備に携われている方にご意見いただければと思っています。
どうぞ、宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>外車は壊れるというお話は、実際は外車に乗った事の無い方の(中略)の憶測が今でも消えていないのでは?



その通りでしようね。
そもそも、外車と国産車は「設計思想」が異なります。
国産車だと「故障しない事」を大前提に、設計を行っていますよね。
タイミングベルトなんか、10年又は10万キロまで交換不要をうたっています。
が、外車は「故障するのは当たり前」を大前提に、設計を行っています。
私の車(ドイツ)のタイミングベルトなんか、4年又は6万キロで交換推奨です。
ベンツ・BMWに限らず、新車でも「当たり外れ」がありますしね。
国産車の感覚(メンテナンスフリー?)で乗ると、「外車は壊れる」と感じるのです。
メーカー指定のメンテナンスを行えば、(原則)壊れる事はありません。
1997年代の旧MINIでも、最低限のメンテナンス(オイル交換・グリス注入・締め直し)をすれば故障しません。

>故障の範囲が外車と輸入車で大きく異なっていることによる差なのかとも思っています。

これも、一理あるでしようね。
寒冷地(ヨーロッパ大陸・スカンジナビア半島)仕様の車を、高温多湿の日本で走らせる訳です。
保安基準を日本仕様に合わせて、同時に電子制御プログラムを変更した程度ですからね。
私の車の取説「猛烈な寒波に備えて、強力なヒーターを標準装備しています」(笑)
レギュラーガソリン・ハイオクガソリンの「オクタン価」自体が、EUと日本で数値が異なります。
自動車使用環境(自然環境・道路環境など)が、全く異なりますからね。
故障の範囲は、車種によって全く異なります。
同じEUの英国・仏蘭西・独逸・伊太利亜の車でも、故障発生箇所・範囲が異なります。
国産車と比べると・・・。

>輸入車だとこうはいかないのでしょうか?

質問者さま次第ですね。
先ず、質問者さまが「ブランド志向」「純正品志向」なのか否か。
他にも回答がありますが、ディーラーとは別に「主治医」を持つ事が大事です。
主治医だと、事前に告げれば汎用品又は中古部品で修理をしてくれます。
例えば、バッテリー交換。
ディーラーでは、(ボッシュ製)35000円。町の主治医では、(パナソニック製)21000円でした。
既に、14000円も差がありますよね。
例えば、フロントワイパー(モーター・リンク)交換。
ディーラーでは、純正部品10万円。町の主治医では、リビルト部品28000円でした。
純正品に拘りがなければ、外車も国産車並みの維持費ですよ。
まぁ、他にも回答がありますが「近所に、外車に強い車検整備工場が在るか否か」ですね。
スタンド車検でも、外車正規ディーラーからの転職者(整備士)が常駐している店があります。
パパママ経営の小規模店でも、ベンツ・BMWなどが外来・入院している車検整備工場があります。
主治医が見つかれば、多少の「我がまま」もきいてくれます。^^;
ニュース速報!
ロイターによると、「ボルボを買収した中国人会長・社長と、ボルボ生え抜き役員とで対立発生!」との事。
中国人会長・社長は、「ボルボは、大型で華やかな高級車でBMW・ベンツ化を目指す!」と主張。
ボルボ役員は「今まで通り、安全性を重視した北欧的な控え目なデザイン」を主張。
スウェーデンにいるボルボの幹部も、役員に同調。
個人的には、ボルボがベンツ・BMWになると特色が無くなると思うのですがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。

書き込みをありがとうございます。

仰る通り、もともとの設計思想が異なるものを、
同じ土俵(基準)で壊れる壊れないを判断する事に、
そもそもの無理があるのでしょうね。

勝手にドイツ車は比較的日本車に近いイメージがあったのですが、
そうではないのですね、
個人的には、中古車で当たり外れがあるのは仕方がないと思っているのですが、
新車の当たり外れは、実際に体験してしまうと、残念に思ってしまうかもしれませんね。
ただ、新車でしたら保証対応があるでしょうから、そんなに問題にはならないのでしょうけれど。

最低限のメンテナンスとは
・オイル交換
・グリス注入
・締め直し
も含まれれるのですね、貴重な情報をありがとうございます。

確かに、ガソリン自体に差がありますもんね。
試験は行っているのでしょうけれど(コンピュータ上で変換しているだけかもしれませんが・・)、
製造国のガソリンと同じ程は行わないでしょうしね・・・
偶に、オクタン価を調整する為に、給油の際に、
レギュラーとハイオクを自分で調整されている方がいるようですが、
恐らく比重が異なるであろうガソリン自体が、タンク内で上手く混ざり合うのか
微妙に思われます。
当方積雪地帯な為、「猛烈な寒波に備えて、強力なヒーターを標準装備しています」は
羨ましいですね(笑)

ついつい、欧州車と一括りにしてしまいそうになりますけれど、
国(文化)が違いますから、大きな差があるのでしょうね、
特に、仏蘭西、伊太利亜は最初の1台としては警戒してしまいますね(汗)

メンテナンスの方向性ですが、コストパフォーマンス優先で考えたいと思っています。
ですので、汎用品・リビルド品を有効に利用していきたいと考えています。
ちょっとズレますが、食品なんかではパッケージは違うけれど、
中身を作っている工場は同じなんてことは多いですし、
実は純正と異なるのはラベルだけのような、優良な社外品を見つかられればと思っています。
見極めが重要になりそうですね。

メンテナンスショップの方とお話しさせて頂いていると、
仰る通り、汎用品・リビルド品についての知識については、お店によって、
かなりの差があるようでしたので、地道に探したいと思っています。
スタンド車検は、一番危険だろうと(安かろう悪かろう)だと考えていたのですが、
そういった場合もあるのですね。
今度、なじみの店員さんにお聞きしてみたいと思います。

規模のメリットで、コストが抑えられることは期待したいですが、
特色は残して頂きたいですね。
中国サイドに引っ張られ過ぎない事を祈るばかりです。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/01/20 13:01

ボルボだと以前、850 D車に乗っていました。


>ディーラー、町工場、プロショップの開拓(使い分け)が大きく輸入車ライフを左右する。
 ディーラーは定価対応ですが、日本車同様アッセンブリー交換が増えてきたので高めです。
 私が購入したボルボ/スバルでは、「工具はSnap-on指定で、
 またサービスマンを本国での研修に参加させたりするので、工賃は高めです。」と言っていました。

 エンジンオイルはバルボリンで1万チョット、12カ月点検は3万円くらいだった気がします。
 車検は諸税込みで20万円だったと記憶しています。

 町工場やプロショップは、歯の治療で言えば自由診療/金歯みたいなものなので
 全く同じ内容で比較しても、1万円のところもあれば2万円のところもあるのが現実ですから、
 高いか安いかは状況/相手次第に思います。

 先ずは、購入店の技術レベルと工賃システムの適正さがポイントになると思いますが、
 ベラボウに高い修理ってエンジン、ミッション以外ではあまり無い気がします。

 リビルト品を扱うディーラーであれば、驚くような費用にはならないと思いますが、
 850のドアミラーの付け根が折れた時、ベース部のパーツを換えようとしたら
 アッセンブリー交換になるため6万何がしの費用がかかり、
 また、ベンツではエアコンの温度調整ツマミが取れたので価格を訊いたら
 コントロールユニットごと交換なのでやはり7万何がし、、、。
 
 まぁ今ならパーツ類は、オークションで安くで手に入ると思えるので
 そう言う点では日本車と大差ないと思います。

スウェーデンだろうがドイツだろうが、本国の人たちが皆富裕層なんてことはないので安心しましょう。
フラッグシップモデルは別にして、主力モデルのスタンダードタイプは結構安いものです。

日本車で言えば、タクシー仕様のクラウンにオプションをいっぱいつけてロイヤル、
商用ワンボックスに色々付けてミニバン、になったようなモデルを
日本仕様として輸入するから高くなっているだけですから。

何もメンテをしないのに壊れない日本車の方がオカシイ、と考える欧州人ですが、
最近の欧州車もノーメンテに近くなって来た感があります。

転んでヒザのケガをした時、
骨折の疑いでも無ければ、自宅で消毒なりシップなりで対処するものでしょう。
直ぐに病院に行くような過剰対処をし過ぎているのだと思います。

日頃から、ガレージメンテで自車のコンディションを知っていれば
メンテ予算はヘタな日本車よりも抑えられると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

850(^^)
ボルボらしい車種ですね!

書き込みをありがとうございます。

最近は、アッセンブリーが交換多いみたいですね。
同じ不具合でも、お店にって単体で対応出来るか、
アッセンブリーでの対応になるのかが異なるようですので、
そのショップが、その車種のメンテナンスに長けている(お財布に易しい)か
どうかを図る一つの目安になるのかもしれませんね。

・・ディーラーで行うと、点検は3倍程度、車検は2倍程度の予算が必要なのですね、
貴重な情報をありがとうございます。

町工場やプロショップは、歯の治療で言えば自由診療/金歯・・なるほどですね
分り易い例えをありがとうございます。

悪い話は広まり易いせいか、エンジンこそあまり聞きませんが、
ミッションは偶に聞きますので、そういった車両に当たりたくないなと祈っています(汗)

仰る通り、自分で出来る範囲のメンテナンスを増やしていけば、
そこまで心配ばかりする必要はないのかもしれませんね。

そうですね、日本に輸入されている車両の多くがフルオプションような状態の為、
高級品のイメージが強いのですが、素体ならば、そこまでの価格とはならないのでしょうね。

ショップへメンテナンスに向かう頻度について、
分り易い例えをありがとうございます。
確かに、自分で状態がつかめれば、過剰対応は控える事が出来そうですね。

これから、車の状態を見極める方法を探していきたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/01/23 12:21

はじめまして。

僕は英国車に乗っているのですが、普段乗りではなく週に1回です。

おっしゃるとおり、消耗品(部品の寿命)が短いのもかなりあります。

僕が特に意識しているのは【エンジン、ミッション、パワステ、足回り】です。乗っていて少しでも異変を感じたら、【主治医】さんに相談しています。

全て完璧に整備された状態がベストですが、予算によっては優先順位をつけて治しています。

維持費ですが、走行距離が少なく年式が新しければそんなに掛からないと思います。

僕は普段は軽に乗って信頼できる主治医を見つけ輸入車ライフを送っていますよ(^^)

読んで頂きありがとうございます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

書き込みをありがとうございます。

週に1回英国車に乗られているという事は、恐らく完全に、
ご趣味で乗られているのですね。素敵ですね。

やはり消耗品の寿命については、気を付ける必要が高いのですね。
大物の異変を直ぐに感じ取れる事が出来ると良いのですが(汗)

優先順位をつけて修理・整備を行うのは、費用を抑えて輸入車に乗る為には、
大切な事となるみたいですね。
自分も、そのようなスタンスで整備をしたいと思います。

2台体制というのも、有効な手段の一つだとはお聞きしてはいるのですが、
固定費用(駐車代、保険、税金)の問題が頭を掠めてしまって、
中々手が出ないですね(汗)
ただ、そのように大切に乗られた方が、結局出費は抑えられるのかもしれませんね。

私も、楽しい輸入車ライフを送りたいと考えています。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/01/20 17:19

もうかなりわかってらっしゃる方のようなんであれこれ言う必要ないんじゃないのかな、あとは気に入ったクルマ買ってクルマに教えてもらうだけ、みたいな。

教えてもらうっつーより答え合わせ的な。

まあまあ荒削りな所はあるよね。例えば車検に11万円も!取られてんのにあとはワイパーとバッテリーと。。。っつっちゃう。俺のクルマ、前の車検で5万円しか取られてないよ?多分あなたのミニバンもおんなじ位で上がっちゃうんじゃないの?本当は。ただ車検の時にセンサー類とかブレーキ類の消耗品交換が含まれてるから、交換した実感が伴ってないだけっつー。。。10年ノーメンテナンスなわけねえよ。なら10年間5万円で上がんないとウソだよね。

でさ、アメリカなんかは合衆国っつーほどだからひとつひとつの州が別の国、って位に州法が違って多くの州が日本の車検って奴を設けてないってパターンが多いでしょ?ヨーロッパなんかでもイギリスは日本以上に厳しい車検があるけど大半は車検がないでしょ?でもよく俺が例に出すギリシャ人なんかよその国に借金してまでバカンス取っちゃうダメ人間の集まりでしょ?イタリア人なんかエンジンから火ぃ噴いててもそこにお姉ちゃんいたらすぐケツ触っちゃうからね?そんな連中が車検ない所でクルマ走らせたら。。。タイヤからワイヤ出てるくらいならかわいいモンだよ?明らかに、子供やおばあちゃんが見ても!このエンジン、アウトだろ、って変な音出てても「でもまだ動くから」っつーワケ分かんねえ頭悪い事言って走らせちゃうからね?実際そういうので事故が多かった時期があったんっすよ。信じらんないだろうけど、ラリーやレースではシートベルト装着すると却って危なくて、ドーン!っつったら外に放り出された方が安全、って80年代まで信じられてたんだからね?

そういう連中に替えるべき消耗品。。。それこそタイヤやワイパーからO2センサーやカムシャフトセンサーやフューエルポンプやブレーキパッドなんかの性能や環境や燃費に直結したパーツまでを強引に替えさせるためにセーフティーモードを設けたり警告灯早めに点灯させて不安をあおる方法を取ってるんっすよ。欧州安全基準で決まってるんっすわ。
それを知らない日本人は警告灯点いただけで大騒ぎしちゃう、エンジン掛からないで大騒ぎしちゃう。。。そもそもギリシャ人とそんな変わんない人達なんだけど、視野が狭かっただけっすよね。

で、最初に自慢した5万円の車検の内訳は、俺が警告灯点く前にセンサー類なんかの消耗品替えて来たから、車検の時には替える所がなかっただけ、なんっすよ。シビアに来るから、早めにやっちゃうんだよね。
で、ディーラー通さなくても純正品若しくは純正同等品がネットショップなんかでも手に入るからね。ワイパーブレード替える、位の軽作業なら自分でやっちゃえば工賃浮くからね。そもそもプラグ交換ができればある程度の所までは誰でも交換できるものが多いんっすよ。日本の自動車部品は共販っつって、いわゆる独占状態で異常なほどに部品代が高いんっすよ。そこん所を突いて信頼できるメーカーが分かって来ると、日本軽自動車並みの維持費でDセグメント位までなら乗れちゃうんっすよ。


ただね、2014年の俺はチョイと警鐘を鳴らしたい所があってね?チョイとお付き合い下さいね?


確かにこのやり方だと安く維持できるんっすよ。だけどそもそもずぼらな人には不向きなシステムだよね。ずぼらってのはおおらかと被ってる場合があるから、それはそれで『イイ人』の個性でしょ?そこをよぉく考えて乗るか乗らないか、を考えたほうがイイっすよ。
ホントは出来んのに!やろうとしないで出来ないと決めつける成人式済ませた連中が多すぎるんだよね。やってみて、とことんやってみてやっぱダメだった、ならしょうがねえな、なんだけどやりもしないで「でもぉ。。。」とか言われるとひっぱたきたくなるよね。でこのサイトでハッパ掛けて来たんだけど、そもそも折り紙の鶴も折れません、ホチキスの針を交換する事も出来ません、って人、リアルにいるからね?マジで。じゃあその人ただのダメ人間かっつったら。。。モノ売らせたらトップセールスだったり、人笑わせるの得意だったりするんっすよ。ダメじゃあないの、ただ鶴が折れないだけ。

っつー事でね、昔から「欧州車は乗り手を選ぶ」ってのはホントだね。メカニカルなチョイ深い所までマメになれる人じゃないと欧州車は乗れないよね。マメにならないとすぐ停まっちゃうトラップが仕掛けられてるからね?そこを見て「面白そうだなぁ。。。」って思えないなら乗らないほうがイイよね。そもそもそういう人はクルマに乗る事自体のっちゃあいけない人なんだけど。。。今はプリウスがあるから、いっか。


っつー事でね、マメになるのが苦にならないかどうかを考えるのが一番肝心だと思えるようになって来た今日この頃なんっすわ。自分はどっちなのか、で考えるのが最初だと思うっすよ?

もちろんカッコいいからつい買っちった、は大いにアリだと思うよ?昔からイイ女は金が掛かるが相場だからね?それを金が掛かるで諦めるなら、今のあなたはそこまでの奴って事っすよね。で、イイ女であればあるほど当たって砕ける価値もあるっつー。。。男のマロンっすね。


なんか、とりとめのない話でごめんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。
書き込みありがとうございます。

実は情報収集を行っている際に、色々と書き込みを拝見させて頂いていました。
とてもお詳しいですよね。
その域に達する事が出来れば、殆ど全てが想定内の事なのでしょうし、
不具合が起きても、動じる事など無いのでしょうね。

ご指摘の通り、ブレーキ類も含めれています。
金額にばらつきがある。=ノーメンテナンスではない。
全くその通りですね。

車と限らず、機械の性能を維持するためには各部品の寿命を見極める必要が
あるのだと思いますが、つい(悪い癖ですね、これから改善しなければなりません。)
何でも一式、ユニット単位で行ってしまいます。
工賃を考えると、一緒に行った方が良い部品もあるのでしょうが、
これからは、交換の目的・必要性に気を付け(整備の実感を得)たいと思います。

なるほどですね・・
確かに、日本の工業製品の場合だと、警告灯が表示される状態というのは、
往々にして、かなり重症の場合に限られる場合が多いと思いますので、
他の国の製品の場合でも、同じように捉えてしまいますが、
表示灯を点灯させる具合と言いますか、
不具合を表示させる必要性が日本と全く異なるのでしたら、
日本車と比べて、故障表示が出やすくて当然ですよね。
同じようなマークでも意味と緊急性に関する認識が違うのですから。

正直な所、今回、教えて頂いた事情を知らない方は、とても多いように思います。
そのせいもあって、輸入車は故障が多いと感じる方も多いのでしょうね。
新車で購入する方達は、納車時に一通りの説明があるのでしょうが、
多くの中古車販売店だと何もないでしょうし(汗)

5万円で車検なんて初めて聞きました(驚)
純正品も探せばネットで購入する事が出来るのですね。
頭から社外品で探す必要が有ると思っていました。
ありがとうございます。
信頼できるメーカーを探し出すのには、またパワーが必要になりますね!
車の整備が出来る=プラグ交換同等作業が出来る。
が目安になるという事なんですね。
目標が出来ました。勉強していきます。
Dセグメントが軽自動車並みとなれば色々夢は広がりますし、頑張る甲斐が有るというものですね。

「折り紙の鶴(中略)ホチキスの針」というような方には、幸い?お会いした事が有りませんが、
自分の身近でも「分らないから出来ません。」で終わったしまう方はいますからね。
「・・・分らないから調べる。もしくは教えて下さい。」って発想にはならないんだ・・っと思いましたよ(汗)
でも、確かにダメな人って訳じゃあ無いですもんね。
非常に難しいですね。

よく「欧州車は乗り手を選ぶ」とは聞いていましたが、そういう事だったのですね。
ようやく得心がいきました。
幸い、これから始める趣味として、自分は面白そうと思える側の人間のようなので、もっと深みにはまっていきたいと思います(笑)

何事も、勢いは大切ですもんね。
情報収集は続けながらも、あまりに頭でっかちにならず、
始めたい気持ちが強くなってきていますので、
仰っているように、気に入る車を購入して、車自体に教えて貰おうかと考えに傾いています。

車との付き合い方を考えるうえで、貴重な情報を教えて頂きまして、
ありがとうございました。

お礼日時:2014/01/20 17:18

ここ15年で3台の輸入車を乗り継いできました。


維持費は国産車よりは掛かると思います。
年々壊れにくくなってきているような気はしますが、何年かに一度、大きな出費があります。
ただ、維持期間で割返すと年間維持費が国産車より極端に大きい訳でも無いとも思います。
一番大きな出費だったのは、某イタリア車に乗っていたときですが、1回目の車検の時(走行距離30000km位)、車を引き取りに来て貰ったその場でフューエルポンプが昇天し、更にタイベル交換までしたので、車検代と油脂類も合わせて60万ほど掛かったことがあります。
今はどうか分かりませんが、当時のイタ車はタイベル交換目安が30000kmと言われていました。
その後乗った某フランス車は120000までは大丈夫だと言われましたので、外車という括りより、メーカー・車種と車体の当たり外れによって左右されると思います。

私の印象では、維持費以上にリセールバリューがないことの方が金銭的ダメージは大きい気がしています。
中古車でお探しなら、あまり問題無いかもしれません。

私は同時に国産車も所有していますが、やはり輸入車のほうが乗り味というか、それぞれ独特の感覚があって楽しく乗れています。
そういった味わいは、維持費が多少かかろうが、それに見合う、あるいはそれ以上の悦びになると感じています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。
書き込みをありがとうございます。

3台乗り継がれて、そのように感じられるのでしたら、
傾向として、現れる可能性の高い事なのでしょうね、

維持期間で割り返した場合の、維持費について国産車と、
それほど差が無いのでしたら、少し安心して踏み込めると思います

一回目の車検で60万円ですか!
覚悟が無かったら、その時点で腰が引けてしましますね。
自分も、10年前に一度先代のアルファスパイダーの購入を検討した事があるのですが、
ディーラーマンも素直に維持費はかかりますよと言われていたので、
それ以来、イタ車は避けていました(汗)タイベルが30,000kmとは・・・

現在、中古車で検討しているのですが、
車体については慎重に選びたいと思います。

中古車で検討している自分にとっては、ありがたい事でもありますが、
リセールバリューは低そうですね。
登録3年以内の車体でも新車時価格の半額以下で購入できますし

車は移動手段と割り切っている方の求める性能も確かに重要ですが
自分は車に必要な性能とは楽しさとであると思いますので、
運転自体が楽しいと思えるカーライフを過ごしたいと考えています。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/01/20 13:02

輸入車に乗って居ますが、おっしゃるとおり主治医を見つける事は重要ですね。


新車であればディーラーで3年なり、5年なりの補償とは別に整備のためのプランなどを用意されていることも有りますので(1年点検が2年間無料、オイル交換2回まで無料・・・等)意外とお得だったりします。
こういうものをうまく使いこなせば国産車とほとんど変わらないと思います。

故障については、最近では国産でも同じだと思いますが、あらゆる箇所がコンピューターで監視、制御されているので少しでも異常があるとすぐにアラームやフェイルセーフモードに入ってしまうので、これを「故障」と勘違いして大騒ぎされる事も多々あると思います。


>ブレーキディスクが消耗品だなんて、国産車乗りには想像できませんでした(汗)
ブレーキバッドやディスクも特に欧州と日本ではスピードレンジが異なるのでブレーキの性能そのものが違っています。
普通に考えるとパッドとディスクがお互いを削りあって発生する摩擦によって減速するわけですから
減らない方がおかしいのですけどねw
ですので、純正品の交換時期が来たら社外品で国内仕様(概ね効きが弱くなりますが)の物に替えてしまうという対策もありますし、工夫次第で経費は如何様にでもなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

書き込みありがとうございます。

なるほどですね。
車に限らない事ではありますが、
目先の出費金額にとらわれ過ぎず、総合的に考える必要があるのですね。
購入する際には、補償範囲にも気を付けたいと思います。

最近の車は本当にコンピュータの監視が厳しいそうですね、
しかも、そういった表示はディーラー(無料)や一部のショップ(有料)でないと消せないと聞きますので、
なかなか厄介みたいですね。

知人がアウディに乗っているのですが、サブのコンピュータを交換する必要が有り、
町工場で取り寄せて貰ったそうですが、取り寄せ後、プログラムの設定は必ずディーラーで行う必要が有り、
それなりの費用が発生してしまったと言っていました。
商売上手というか何と言うか(汗)
タイヤ空気圧など、確認が容易で、明らかに大丈夫な場合は自分で消せると良いのですが・・

仰る通り、物理的に考えれば、ディスクが削れない訳が無いですもんね、
国産車にしか乗っていない為、そういった考えがすっかり消えていました。
>社外品で国内仕様(概ね効きが弱くなりますが)~
は、一般的な国産車ユーザーの感覚に合った仕様になるからという事ですね。

これからは、ディーラーにお任せするだけでなく、
工夫していきたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/01/17 17:21

自分もずっと25年以上輸入車ばかり乗り継いでますが、20年落ちとか30年落ちとか趣味で買った古い欧州車を除けばほとんど壊れた記憶は無いですよ。


もちろん元が安い大衆車好きなんで維持費は元々たかが知れてますが…。

内容に関してはほぼご指摘通りだと感じます。
特に主治医の存在は大きいですね。
経験からも国産車のようにディーラーお任せだと相当維持費はかかるだろうと思います。
これは基本的に自己責任の思想で作られた車だからだと思います。
つまり安い整備で上げてある程度のリスクを覚悟するのも自己責任。
これを国産車並に運用しようとするからお金がかかると…
安く上げるには賢い消費者にならねばなりません。
放っておけば高くなる、それでなくても外車価格なんてのがあるくらいですから。
取れる所から取ってやろうと言うのもビジネスですから…。

自分はお馴染みの小さな工場に出してますが、車検辺りはオイル交換やワイパーなど出来る事は自分でやってから出します。
○○はやってありますから…これはディーラーだと難しいでしょう。
オイルは安いので充分だし、ワイパーゴム辺りは国産品流用も出来ます。
それさえ自分でやらないなら正直輸入車は金かかりますよ。
後は自己責任です。
最低限の整備とはそういう話です。
しかし予防整備が出来ないからトラブルはどうしても後手後手になってしまいます。
消耗品の交換時期などの管理や異音や異常状態の察知などはオーナー自身の判断となります。

いい主治医を見つけるの結構大変です。
輸入車ショップは癖のある経営者多いから相性ってのが結構大きいです。
だから口コミってのがあまり当てにならない…
自分も固定するまで工場を10年近く点々としました。
良心的な工場は商売下手だったりしますから、案外愛想が悪かったりします。
商売上手なショップはやはりビジネス優先的な印象を受けます。

輸入車の場合、安く上げる=自己責任だと考えて下さい。

自分の場合はイタリア車、フランス車の大衆車が主ですが、長い事輸入車乗って気がついたのはわざわざ日本で少数派である輸入車を選ぶってのは、ある意味で海外の思想を生活に取り入れるような物だと思います。
つまり違い自体を楽しむと言う事ですね。
イタリア車はイタリア人のように扱う、フランス車はフランス人のように…そういう風に作らえているんだとしみじみ感じます。
全く一緒ならわざわざ輸入車に乗る意味は無いでしょう。
自分はこの差が楽しめるかどうかが、輸入車が楽しめるかどうかだと思ってます。

今の欧州車は昔ほど壊れないですよ。
壊れると言っても内装部品が取れるとか、ゴムや樹脂の劣化が早いとか…そんな感じ。
それさえも故障だと言う人もいますから、壊れるの判断は人それぞれです。
自分は出先で動けなくなるような状態を壊れるってことだと思ってますが、そういう意味では今の欧州車はほとんど壊れはしないです。

ただ…、ネックはATですね。
これは出先でトラブルと動けなくなります。
特に最近の2ペダルMTは複雑怪奇です。
メーカーで結構仕様が異なるらしいし、下手な工場じゃ扱えない所もあります。
基本あちらはMTですから、ATがトラブルの元となるケースは多いです。
自分はMTしか乗らないので、このリスクからは無縁ですけど。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

25年以上も輸入車を乗り続けられているなんて凄いですね!
相当にお好きなのですね。

やはり主治医の存在は輸入車ライフを送るうえで、
重要なポジションを占めるのですね。

それぞれの車が作られた国の文化によるのでしょうね
日本:手を掛けないのが当たり前
多くの外国:ある程度は自分で見るのが当たり前、そう言えば映画でも一般家庭の風景として、
      車いじりしている様子が流れたりしますもんね。

ビジネスとして考えれば、取れる所から取るのは至極まっとうな流れであるとは思いますが、
消費者としては切ないですね。

多くの外国の方々が、恐らく自身で行っているであろう
最低限の整備を自分で行えるかどうかが、
ある程度の、分かれ目になるのですね、
今まで敷居が高いと感じていたのですが、これからは自分で出来る整備に関しても
情報を集めたいと思います。

予備知識のない現段階で思い浮かぶのは
・オイル交換
・ワイパー交換
・点検簿に記載されている6か月点検程度のチェック
・エンジンルーム内の何かしらの漏れ滲みのチェック(予防整備?)
位を行えば合格ラインなのでしょうか。

思い出してみると、以前偶々みていた、サラリーマンのポルシェオーナーの方のブログでも、
オイル交換はご自分でされていました。
お金を掛けないという事は、自分の手を掛ける(自己責任)という事なのかもしれないですね。

仰る通り、輸入車ショップは癖のある経営者の方が多いようですね、
自分のような情報収集の段階でも感じられた事ですから、
実際に付き合うとなるとさらに大変なのでしょうね。

輸入車と付き合うには、車だけというよりも
車を通じて文化を楽しむくらいの気持ちでないと駄目なのですね。

旅先で動かなくならないのであれば、自分としては安心できる範囲です。
当方、積雪地方なので、旅先で動かなくなる事は本当に辛いです。

ATのトラブルは輸入車のトラブルとして
よく気お聞きしますね、特にBMWのミニでは
構造上、必ず摩耗によるトラブルが発生するので
避けた方が無難ですとアドバイス頂きました。
自分も本当はMTに乗りたいのですが、需要が無いのか、
高級品扱いな為なのか、本国にあるMT仕様は導入されていないので、
諦めようと思っています。個人輸入は正規購入よりも、さらに維持費が心配ですので・・

ほとんど壊れた記憶が無いと言うお言葉のは勇気づけられました
ありがとうございます。

お礼日時:2014/01/17 12:29

こんばんわ。

一応輸入車オーナーです。私も周りの車関係の友達に反対されたのにもかかわらず買いました。

そして今は後悔しているくちの者です。私が思っていたより数倍、故障をし、数倍お金がかかります。輸入車の多くは距離数が少ないのは手放すしかない。。。という方も少なからずいたんだなあと今ならわかります。

因みに足回りの部品消耗で、国産なら1~2万で済むところを部品が高く、国産ならではの融通が全くきかない為に11万かかりました。バッテリーも国産ではないのでもっとかかります。

国産の後に輸入車に乗ったので国産って本当に凄いんだなあとつくづく思います。


お金に余裕があるか、趣味が車。もしくは自分で整備できる。とかでないと、かなり家計を圧迫しますよ(>_<)参考にされば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急な書き込みをありがとうございます。

好きで購入されて後悔されているという事は、
とても大変な思いをされているのですね・・・お疲れ様です。

時代なのか、私も車の話をすると否定的な反応を頂く事が多いですね。
特に輸入車についてですが(汗)

確かに、輸入中古車を見ていると、
1万キロ以下という一見優良?な個体も比較的多いと思っていたのですが、
そういった事情の結果なのかもしれませんね。

私も車種を絞り込むのに、
地元の老舗の輸入中古車販売店の営業の方にお話を聞いていたのですが、
フォルクスワーゲンでは単体(2万円位)で交換できるベアリングが
ボルボだとユニットごと(15万円位)の交換になるので、
おススメ出来ませんとのご意見を頂いていました。

そのあと、ボルボのプロショップの方にお聞きしてみると、
そんなことは無く、むしろ純正品以外の部品も多く使用できるので、
比較的維持はし易いとのご意見も頂きました。

お店の経営方針(整備方針?)によって同じ症状でも、
対応に必要な費用に大きな差が出るのかもしれませんね

お金に余裕は無いながらも、
趣味とは言えると思っていたのですが、
整備は自分では出来ないので難しいところですね。

貴重な体験談をありがとうございました。

お礼日時:2014/01/17 12:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシトロエン ってやっぱ故障多いですか?

新しいC5が出て購入の候補として気になっています。
フランス車は乗ったことがなく、まわりにもユーザーは居ません。

気になるのはやはり大きな故障の有無です。
乗るからには10年は大きな故障無く乗りたいです。

もちろんマイナートラブルはある程度仕方がないと思っているのですが
特に足回りなど特殊そうなので心配です。

どなたかシトロエン(特に最近のモデル)を所有されている方で
経験談を教えてください。

ちなみに私は現在アウディA4を所有しています。

Aベストアンサー

こんばんは、私も新米ながらC4ピカソのオーナーをやっています。
まだ歴は短いながらも、トラブルは皆無でプロダクツとしては独創性も含め素晴らしいと感じています。

ですから故障に関してはあまり私は心配してません。あってもシトロエンだから、とかフランス車だから・・・という事ではなく、アウディも含めたドイツ車勢と大差ない程度と思って居ます。
いわゆる外車乗り特有の宿命位はあろうかと・・・。
その点は貴殿のアウディも同等でしょう。

しかし、C5、C6はシトロエン特有のハイドロサスがやはり最大の普段からのメンテの肝となるでしょう・・・、しかしそこが他社にない最も独創的、かつ象徴的で最大の魅力ですのでこれを抜いてはC5以上の車種を選ばれる意味合いは大きく薄れてしまうでしょうし、何のためのシトロエン、ハイドロ車なのか判りません。ぜひ機会がお有りなら国産車ともちがう、また貴殿が慣れ親しんだドイツ産高級車とも違う、フランス車だからこその「ふんわり、しっとり、もったり感」な独特のシトロエンライドを堪能なさって頂きたいと思います。
車なのに、船のような乗り味、雲の上を走ってるような感覚を味わえるのはハイドロでないC4ピカソ乗りの私からすれば羨ましいです。

私が心配なのは故障でなく、アフターです・・・・。
正規ディラーが元々少ないのに、更に輪をかけてどんどん減っています・・・・。
よもやオペルみたく日本撤退では・・・・・・・。
と戦々恐々です・・・。(汗)
でも、シトロエンファンなんで仕方有りません・・・・。
お願いですPSG何とか細々でいいので存続して下さい・・・。
只でさえ、一番近いディーラーまで2時間掛かるんですから・・・私の場合・・・。(泣)
正直、アフターまでも充実してるドイツ車勢が羨ましいです。
でも、だからこそC5などはドイツ車勢と比較して遙かに希少な車種という魅力も生まれるんでしょうが・・・。

ところで、偶然私は今日、シトロエンディーラーへいって参りまして、初めてC5の実車を拝見し、試乗はしませんでしたが、車内にも入って確認して参りました。

別に変な意味でなく、貴殿の様なドイツ車派?にはあのような車がやはり魅力的に映るのでしょうか・・・?

私も雑誌ではずっとみてましたが・・・・・実車をみると「いや、私にはこのC5はフランス車っぽくないというか・・・なんというか、ドイツ車を意識しすぎというか。独特のドイツ勢の様な威圧感、張り出し感がちょっと・・・・・。」と感じてしまいました・・・・。
車内も、かっちりしすぎており、フランス車特有のルーズな感じと、走ることばかりじゃなく明らかに景色を楽しむこと前提のむやみな視界の広さ、開放感に欠け、なんか良くも悪くも無駄が少なく、変な感じも無かったのが物足りなかったし、機能的過ぎて窮屈に感じました。
無論、私が変人のフランス車ファン前提の話ですが・・・。

正直、らしくない車を造ったな・・・・と・・・・。
隣にあったのが同じ高級車ラインのC6でこれがまた逆にたまらんくらいに、まさにフランス車!シトロエンらしい、実に変態(笑)の極み!っつー車だっただけに、逆に私にはどうにも・・・・と今日感じてしまいました。

でも、貴殿の様な目の肥えたドイツ車オーナー殿はまた違う風に捉えられるのですね、きっとこれが今の欧州のトラディッショナル、本流なんだろうな・・・と思い帰路につきました・・・。

C5,人それぞれですが、シトロエン渾身の一台ですので、少しでもシトロエン仲間が増えることを願っています。

人とかぶることはホント少ないですよ。

こんばんは、私も新米ながらC4ピカソのオーナーをやっています。
まだ歴は短いながらも、トラブルは皆無でプロダクツとしては独創性も含め素晴らしいと感じています。

ですから故障に関してはあまり私は心配してません。あってもシトロエンだから、とかフランス車だから・・・という事ではなく、アウディも含めたドイツ車勢と大差ない程度と思って居ます。
いわゆる外車乗り特有の宿命位はあろうかと・・・。
その点は貴殿のアウディも同等でしょう。

しかし、C5、C6はシトロエン特有のハイドロサ...続きを読む

Qプジョー206の車検が高かった。。

プジョー206を新車で購入し、去年はじめての車検でした。走行距離は27000キロで、ワイパー、オイル、 エアコンのフィルターなど細かいものの交換をしただけなのですが、23万かかりました。正規ディーラーです。
来年の車検までには、国産車に変えるか、正規ディーラー以外のところでの車検を検討中です。
でも、ディーラー以外でも、プジョーをまかせて大丈夫かどうか心配もあります。できればプジョーは気に入っているのでまだ乗りたいのですが、、、。
プジョーだけど、ディーラー以外で車検したかたっていらっしゃいますでしょうか?

Aベストアンサー

私は、ちょっぴり変わった車ばかり所有していますが、そのランニングコストは国産車と変わらずに維持できています。ここから先は、なかなか皆さん知らない話です。正規ディーラーなら・・・とか、皆さんよく書かれていますが、実際に日本のディーラーが本当の正規ディーラーと言えるのでしょうか?まず、ここにあるプジョーをとりあげてみると、プジョージャパンなるものはありません。(プジョーが直接経営という意味)結局は輸入代理店から正規ディーラーとしてプジョーと契約しているわけです。つまり、正規デーラーを経営している日本の会社からすれば、クレーム処理は、部品そのものは本国から送られるものの、それにかかる手間賃は、まったくの赤字となります。なので、有償修理の場合、ほとんどが輸入車だからと言って、時間工賃単価を引き上げています。こんなからくりで、輸入車についてはほとんどが、どこへ行っても工賃が高いということになります。だから、車検のときなんかディーラーにとっては格好のカモが着た言うことになります。
お乗りのプジョー206ですが、そろそろいろんな素人には良く分からないことを言われて、ほとんどが有償修理と言われだす頃と思います。そして、これだけお金が掛かるので、今なら新車をお買いになると、○×安心パックというのがあるので・・・。とかも、言われるかも知れません。
安価にプジョーを維持したいなら、まず、自分で修理を覚えること!なんて言っても、日本はそういう文化ではないので、きっとそれなら日本車へと思うでしょう。ここからが、裏技的ですが次回、修理や点検を受けるのは、日本車のディーラーを当たりましょう。モータースはやめてください。結局同じです。近所にあるどこでもいいんです。一軒一軒足を運んで、「本当に申し訳ないんですけど、見ていただけますか?」と聞いてみましょう。今は、トヨタサービスだって他社の車を扱う時代です。日本車のディーラーの場合、日本車の時間工賃で作業してくれる場合が多いです。修理箇所に不具合でた場合でも、対応してくれるはずです。入会金でも払うつもりで、日本車ディーラーで12ヶ月点検を受けると良いでしょう。そこのサービスは不都合な箇所について相談に乗らざるを得なくなります。しかし、このときも大柄な態度を決してとってはいけません。嫌われて、正規ディーラーに行ってくれと片づけられてしまいます。

私は、ちょっぴり変わった車ばかり所有していますが、そのランニングコストは国産車と変わらずに維持できています。ここから先は、なかなか皆さん知らない話です。正規ディーラーなら・・・とか、皆さんよく書かれていますが、実際に日本のディーラーが本当の正規ディーラーと言えるのでしょうか?まず、ここにあるプジョーをとりあげてみると、プジョージャパンなるものはありません。(プジョーが直接経営という意味)結局は輸入代理店から正規ディーラーとしてプジョーと契約しているわけです。つまり、正規デ...続きを読む

Qルノー、プジョー、シトロエンどれがよい?

ルノー、プジョー、シトロエンどのフランス車がよいでしょうか?


燃費、乗り心地、国産車に負けないところはありますでしょうか?

Aベストアンサー

好みだと思います。
以下経験も含めた個人的感想です。

一番フランス足車らしいのはルノーだと思います。
プジョーはルノーより若干ドイツ車寄りかな?
ルノーより足回りはシッカリしてると思います。
シトロエンは今でも相変わらずシトロエンですね(笑)
見た目からして、どっかトンガッてます。

スポーツモデルとなるとちょっと違ってて、ルノースポールはかなりサーキット重視的なカップカーのような車ですね。
プジョーはどっちかと言えばGTIの名前通りGT的なホットハッチだと思います。

この辺は好みでしょうね。
シトロエンとプジョーは今は同じグループです。
それでも味付けは違います。

長距離の移動に関しては仏車は得意ですよ。
むしろコンパクトでもそちらを重視して設計されているように感じます。
高速使って何百キロなんて移動なら自分ならシトロエンのディーゼル辺りを選びたい所ですね。

Qプジョーの故障の多さは?

今、プジョーの購入を検討しています。
フランス車は故障が多い、当たり外れが多い、
など色々うわさを聞くんですけど、実際のところどの程度なのでしょうか?

Aベストアンサー

プジョーに関わらず外車の場合はある程度(かなりと言う車もありますが)の故障は当たり前と言う感覚で乗らないといけないかも知れませんね。
メージャートラブルは別にして、接触不良やセンサーの故障で警告ランプの点灯などはよくありますね。走行不能になるトラブルはそれほど多くはないですがそれでも時々起こる車もありますね。

プジョーに関して言えば、306時代のものであればシフトレバーのトラブルでDレンジから下へ下げられない、バキュームのホースの一本が破れやすくなっているためにエンジンがふけない、黒煙が出る。窓のモーターのトラブル等がよくありましたね。

307、206に関しては方向指示器のレバーがリコールが出てますが、交換しても再度出る場合がある。AT自体に問題があり、ATFを2万Km毎くらいに交換しないとバルブがつまり、変速しなくなったりショックが大きくなったり、これは保証で部品交換やAT交換に応じてくれますが、5年過ぎるとそれも無理です。交換後も改善はされていないので2万Km毎のATF交換が必要です。

後は、正規ディーラーの入れ替わりが激しいため、前のモデルの修理が現在のディーラーでは対応するコンピュータ診断ができなくて困ったり、モデル毎の固有のトラブルを知らなくて無駄な修理をされたりと言う事もあります。

上記の306の黒煙の時にはディーラーでO2センサー交換で約5万円(実際はうちでホースの交換、無料でしましたが部品代100円工賃10分くらいのもの)と言った例もあります。

正直国産並の故障の少なさを求められるのならお勧めできません。

プジョーに関わらず外車の場合はある程度(かなりと言う車もありますが)の故障は当たり前と言う感覚で乗らないといけないかも知れませんね。
メージャートラブルは別にして、接触不良やセンサーの故障で警告ランプの点灯などはよくありますね。走行不能になるトラブルはそれほど多くはないですがそれでも時々起こる車もありますね。

プジョーに関して言えば、306時代のものであればシフトレバーのトラブルでDレンジから下へ下げられない、バキュームのホースの一本が破れやすくなっているためにエンジンがふ...続きを読む

Q外車はよく故障すると聞きますが、本当にそんなに故障するのですか?

よく、外車は燃費も悪いし、すぐに故障してダメになると聞きますが
そんなに言うほど故障するのですか?

1、外車を街中でよく見かけますが、やはり故障ばかりしてるのでしょうか?

2、フォルクスワーゲンを考えているのですが、やはり故障多いですか?どのような故障が多いですか?

3、一番故障の少ないメーカーと多いメーカーを教えてください。

Aベストアンサー

日本車と比べれば故障が多いです。多いと言われますが、発想も環境も違うので。

(1)まずは日本車が品質が最も良いのは間違いありません。
(2)高温多湿の日本に向かない部品もあります。
 ドイツ車のゴムは日本ではスグボロボロになります。
 寒さ対策は結構配慮されていますが、暑さに対してはあまり考慮が無いようです。
(3)車の部品は換えて維持する発想です。
 よくヨーロッパの家具や家は直して長く使うと言いますが同じ発想です。部品を換えると新車感覚に近く戻ります。(相当換えての話ですが) 日本車は使い捨て感覚なので、大きくリフレッシュしてもあまり戻りません。なのでヨーロッパ車は古い物も走っていますが、日本車はあまり古い物は見かけませんね。デザイン的にもスグ陳腐化するのが日本車ですが。(やはりある時期で乗り捨てる車なのでしょうね)

2、3はわかりません。
外車となればインド車や中国車も対象だと広すぎて、、。
ドイツ車に比べて アメ車は相変わらず故障は多いようです。(固体差や当たり外れも大きいですね)

Qフランス車の特徴教えてください

日本ではドイツ車と日本車の比較はよくされるので、ドイツ車の性能乗り心地はわかります。
でも、フランス車に関しては、単体での性能のち心地の情報は記載されているものの、日本車との比較特に乗り心地とハンドリングの比較は少なくて情報が少ないように感じます。
そこで、フランス車の乗り心地とハンドリングについて日本車特にトヨタ車(わかり易いので)と比較して、どうなのか教えてください。デザインは好き嫌いや趣味性の違いがあるのでここでは取り上げないでもいいです(写真や情報でわかるので)。よろしくお願いします。
とくに、プジョーのネコ足?とはどんなものなんでしょうか?

Aベストアンサー

フランス車とトヨタ車との比較???無理でしょ。そもそもトヨタはフランス車、特にルノーを手本にしてるんだからね?

今でこそ世界のトヨタっつってるけど、昭和30年代の国産乗用車黎明期にクラウンがようやく富士山登頂しました、っつってる時にアルプスを普通に走ってたルノーが良い手本になったんっすよ。日本は山岳地帯が多いから、っつーのが酸素が薄くなる山岳でも安定したエンジンを求めた理由なんだけどね?で、フランス車の中でもルノーは「働くクルマ」としてガッツリ働いてくれるって評判だったんっすよ。トラックの日野もこの頃ルノーのノックダウン生産乗用車を出してたからね?日野ルノーっつって。
で、ルノー5っつってシートがゴム(!)、それも自転車の荷物しばる奴みたいなゴムの紐を何本も渡したシートが採用されたり、ってフランス流のコストダウンがふんだんに行われてたクルマがあったんっすよ。今見ても「ああ!クルマってコレで充分なんだよねえ!」っつー位スッカスカです。それがトヨタの手本になって今に至ってるんっすよ。基本働くクルマって、スッカスカで充分だからね?

で、ステアリングフィールっつっても。。。そもそもトヨタはルノーの働くクルマを参考にして(ほぼ模倣って話もあり)作ってるからほぼ一緒っす。雑に言って大回りなんっすよ。フェラーリやポルシェみたいなショートストロークで弱アンダーステア、とかロータスみたいにレスポンスが素直でクイック、っつーのと異質の、トラック並の大回りなんっすよ。
逆に言えばトヨタに慣れ親しんだ皆さんにしてみれば一番親近感が持ってる、違和感というものを1個も感じないのが実はルノーのクルマなんっすよ。ステアリングどころかエンジンまでもトルクもパワーもスッカスカな非力なエンジンなんだけど踏み込めばすぐレッドゾーンに行きたがる、いわゆるぶん回すエンジンで、トヨタ(ヤマハ)はそこまで模倣してるんっすよ。理由はただひとつ、そういうエンジンは面白いから。

それにね、猫足ってのはフランス車でもシトロエンやプジョーみたいな「働くクルマじゃない」奴に良く使われるんっすよ。だからルノーでもアルピーヌは猫足っつーけどルノー5はフワッフワ、っつーんっすよ。だってね、ルノー5は運転席のドア開けるでしょ?それだけで横にフワッフワ動くからね?やっこいねえ!。。。っつって笑うのがお約束ね。

で、猫足ってのはロングストロークのサスペンションでショック吸収領域が広いんっすよ。石畳を指摘された方がいる通り、古代ローマ帝国の支配下にあってローマ帝国に忠誠を誓っていた地域は石畳で道路整備されてたから今でもそこかしこに石畳が残ってるんっすよ。だからフランス車とイタリア車はロングストロークなんっすね。逆に古代ローマ帝国時に北の果ての野蛮人(バーバリアン)と蔑まれていたドイツでは雪が多いから凍った路面でも状況を感知しやすいようにショートストロークになったんっすよ。で、トヨタはルノーを手本にしてるから今でも伝統的にロングストローク、と。

ただしなやかに駆け抜ける様が猫の敏捷性に喩えられた猫足と、トヨタのロングストロークは根本的に違うんっすよ。

猫足の場合ショック吸収領域の奥に踏ん張る領域があるからね?この領域はドイツ車とほぼ同じ踏ん張り具合だからね?だからラテンのクルマの特徴としてカーブに入るとズン!と傾いてからの粘りがすごい。フェラーリやランボルギーニはこの足回りのせいでステアリングの挙動が変わる、っつー癖が出て来るんっすよ。で、今の技術を持ってすれば制御は可能なんっすけど「それじゃうちのクルマ買った意味がねえから」ってわざと残してるんっすよ。運転する喜びに繋がってるんっすね。
だけどトヨタの足回りは働くクルマのルノー5だから。荷物フル積載以上に乗っけても石畳の上走れるように、ってただフニャッフニャなだけっす。それをクラウンに搭載してんだから。。。言ってる意味、分かります?踏ん張る領域とか、そういうのがない茹ですぎたスパゲッティみたいな奴なんっすよ。驚いた事に、今のトヨタでもほぼコレだからね?

でも特性が最もよく似てるのはトヨタとフランス車特にルノーなんっすよ。で、日産も今はルノー傘下でしょ?って事は。。。近年の日産ユーザーも実はフランス車が一番慣れ親しんだ、違和感ゼロの奴なんっすよ。それ以前の日産はイギリス車が手本だったんっすけどね。


とりあえず、こんな感じっすかね。

フランス車とトヨタ車との比較???無理でしょ。そもそもトヨタはフランス車、特にルノーを手本にしてるんだからね?

今でこそ世界のトヨタっつってるけど、昭和30年代の国産乗用車黎明期にクラウンがようやく富士山登頂しました、っつってる時にアルプスを普通に走ってたルノーが良い手本になったんっすよ。日本は山岳地帯が多いから、っつーのが酸素が薄くなる山岳でも安定したエンジンを求めた理由なんだけどね?で、フランス車の中でもルノーは「働くクルマ」としてガッツリ働いてくれるって評判だったんっ...続きを読む

Q新社会人にプジョー206swは維持できるのか?

私は今年から新社会人(高卒)になります。

【MT、走行8万km以内、50万円前後、軽自動車以外】

↑の条件で中古車サイトや販売店を回ってみたのですが
国産車の中ではなかなか見つけることができませんでした…

外国車にも視野を広げてみたところプジョーの206swに目が留まりました。
しかし、外国車は国産車と比べて維持費や故障率、費用が高くなると聞きます。
車が大好きなので極端に国産車と差が無ければ気にしないのですが8年前ぐらいの外国車なだけに不安があります。

それと、私の住んでいる近くにはプジョーディーラーが無くて何かがあったときは不安です。

※そこで、質問は2つあります。
1.8年以上経つ206swの年間の維持費や車検費は国産車とどのくらいの違いがあるのでしょうか?
2.新社会人にプジョー206sw(いきなりの外車)はどうなのでしょうか?

206swに限らず猫オーナー又は経験者の方は思ったことをズバッと言って下さると幸いです。

回答の方をよろしくお願い致します!

Aベストアンサー

>外国車は国産車と比べて維持費や故障率、費用が高くなると聞きます。

確実に、高いですね。
12ヶ月点検・24ヶ月点検・車検でも、民間車検整備工場では断られる事が多いです。
結果的に、ディーラーでの点検・車検になりますからね。
専用部品ばかりで、汎用品を(原則)使わないので高くなります。
ヤ○セは、全ての見積りが有料ですよ。
車検見積りでも「諸費用約78000円+異常個所部品交換約10万円でしよう」との回答でした。
正式な見積りは、自動車をバラスので費用(見積代)が必要です!でした。^^;
近所の(ベンツ・BMW・VWなど)外車専門工場では、車検見積りで85000円でした。
(一部部品交換を行います)
質問者さまも、近所に外車につよい整備工場があれば問題ありません。

>国産車と差が無ければ気にしないのですが8年前ぐらいの外国車なだけに不安があります。

価格の値段に差がなくても、中古車(特に外車)は当たり・外れが100%あります。
知人が買ったBMWは、ポンコツ過ぎて購入価格以上の修理費をかけています。
逆に、同じBMWでもオイル交換だけで順調な場合もあります。
国産車と同じ感覚で乗れるか否かは、運試しですね。

>私の住んでいる近くにはプジョーディーラーが無くて何かがあったときは不安です。

ディーラーが無くても、最悪「中古車販売店が、自社内に整備工場を持っているか否か」です。

>8年以上経つ206swの年間の維持費や車検費は国産車とどのくらいの違いがあるのでしょうか?

他にも回答がありますが、購入した車種の状態次第。「当たるも八卦・外れるも八卦」です。

>新社会人にプジョー206sw(いきなりの外車)はどうなのでしょうか?

別段、気にする事はないですよ。
車検でも、20万円前後準備できれば問題ありません。
但し、購入前に「タイミングベルト交換」を確認して下さい。
国産車と異なり、4年6万キロ前後で多くの方は交換しています。
国産車にように「10年10万キロ」感覚だと、外車には乗れません。
基本的に「自動車は、壊れる」事を基本に購入して下さいね。

>外国車は国産車と比べて維持費や故障率、費用が高くなると聞きます。

確実に、高いですね。
12ヶ月点検・24ヶ月点検・車検でも、民間車検整備工場では断られる事が多いです。
結果的に、ディーラーでの点検・車検になりますからね。
専用部品ばかりで、汎用品を(原則)使わないので高くなります。
ヤ○セは、全ての見積りが有料ですよ。
車検見積りでも「諸費用約78000円+異常個所部品交換約10万円でしよう」との回答でした。
正式な見積りは、自動車をバラスので費用(見積代)が必要です!でした...続きを読む

QBMWの修理代はボッタクリじゃないの?

私は平成16年式のBMW735Iに乗っておりまして、おかげさまで9年目になりました。
しかし、まだ新しい頃から電気系統の故障が多く、修理代に悩まされております。
今現在でも年1~2回くらいのペースで不具合が生じています。

表記の件ですが、今年初めにバッテリーが上がってしまいました。
新車から8年も使っていたからそろそろ寿命かと思い、ディーラーで新品と交換しました。
しかし先日、再びバッテリーが上がってしまったのでディーラーに検査してもらったら、
なんと漏電していたとのこと。
この車はまだまだ乗るつもりでいたから、当然ながら修理してもらいました。
そしたら、請求書を見てビックリ!


セーフティインフォメーションモジュール交換 168,000-
工賃 26,250-

税込合計 ¥194,250-


なんでこんなに高いの??
ディーラーに説明を求めたら、専門用語を言われてサッパリわかりません・・
以前から感じていたのですが、BMWはワザと壊れやすく設計していて、
整備で儲けようと考えているのでは?
と、下衆な憶測をしてしまう現在であります。

しかし、国産車では考えられない故障であることは明確ですし、
べらぼうな額を請求されたことも事実です。
外車の整備をされている方や、そういう関係に詳しい方がいらっしゃったら、
ぜひお知恵を拝借いただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

私は平成16年式のBMW735Iに乗っておりまして、おかげさまで9年目になりました。
しかし、まだ新しい頃から電気系統の故障が多く、修理代に悩まされております。
今現在でも年1~2回くらいのペースで不具合が生じています。

表記の件ですが、今年初めにバッテリーが上がってしまいました。
新車から8年も使っていたからそろそろ寿命かと思い、ディーラーで新品と交換しました。
しかし先日、再びバッテリーが上がってしまったのでディーラーに検査してもらったら、
なんと漏電していたとのこと。
この車はまだま...続きを読む

Aベストアンサー

>なんでこんなに高いの??

BMWだからです。

>BMWはワザと壊れやすく設計していて、整備で儲けようと考えているのでは?

国産車の感覚と、外車の感覚は異なります。同じ程度に考えると、痛い目に遭いますよ。
質問者さまの場合、まだ軽症です。
私の後輩なんか、新車納入年度に2回も修理工場行きでした。
当初は、メーカー保証期間中で無償でしたがね。
今では、毎年ボーナス分を修理代金に用いています。(涙)
が「故障もまた楽し!」と、割り切っている様です。

>ぜひお知恵を拝借いただけたら幸いです。

他にも回答がありましたが・・・。
BMWは、「庶民を対象にした車種」ではありません。
EU諸国・北米などでは「セレブ階級のカローラ」なんです。
日本だけ、異常な人気なんですね。
ファッションも同様。
日本では、ビトンだ!グッチだ!シャネルだ!。20代前後の女性が大量に買っていますよね。
海外では、考えられない世界なんです。
BMWも同様。
バブルの後遺症で「BMWは、若干高価なカローラ」と思っています。
当時は、BMW・ベンツ・ボルボは「六本木のカローラ3兄弟」の一種に過ぎませんでした。^^;
本国の顧客対象がセレブですから、この顧客対象基準で見ると質問者さまの工賃は標準か安いです。

余談ですが・・・。
民主党政権が考えている庶民の年収を、ご存知ですか?
海江田元経済産業省大臣国会答弁「年収1200万円世帯は、金持ちで無い。庶民だ!」
今政争になっている消費税率が10%になっても、民主党公認の庶民には痛くも痒くもありませんよね。
が、民主党公認超貧乏人の私には消費税率10%は非常に厳しいですがね。
後輩などから維持費を聞いているのでBMWなんか、とんでもありません(負け惜しみ)。
まぁ、好きで買った自動車ですから愛着を持って乗り続けて下さい。
決して、BMW自体が悪いのではありません。
オールドMINI、オペル、シトロエン、フィアット・・・。
皆、楽しみながら休日には修理・メンテナンスを楽しんでいます。
かく言う私も、某ドイツ製自動車の修理・メンテナンスに悪戦苦闘してます。(笑)
実物大のタ○ヤ製プラモデルと割り切ると、楽しいですよ。

余談2。
BMWだと、外車が得意な町の車検修理工場でも修理が出来ます。
正規ディーラーよりも、若干安いです。
近所の工場は、社長と従業員3名程の小さな修理工場なんです。
が、ベンツ・BMW・サーブ・ボルボ・VWなどEU諸国の外車が常時入庫してます。
(ディーラーからも、修理依頼があるようです)
質問者さまも、安心できる近所の車検整備工場を探してみては!

>なんでこんなに高いの??

BMWだからです。

>BMWはワザと壊れやすく設計していて、整備で儲けようと考えているのでは?

国産車の感覚と、外車の感覚は異なります。同じ程度に考えると、痛い目に遭いますよ。
質問者さまの場合、まだ軽症です。
私の後輩なんか、新車納入年度に2回も修理工場行きでした。
当初は、メーカー保証期間中で無償でしたがね。
今では、毎年ボーナス分を修理代金に用いています。(涙)
が「故障もまた楽し!」と、割り切っている様です。

>ぜひお知恵を拝借いただけたら幸い...続きを読む

QVW Polo、Golf 所有の方に質問です

30歳、1歳の子供がいる主婦です。
先日この歳でやっと免許を取得しました。
ずっと都内在住でしたが、今度埼玉に移ることになり、初めて車を所有します。
いろいろな車を見ましたが、自分としてはVWのPoloとGolfのかっこよさに敵う国産車がありません。(出来ればGolfが欲しい)
走りも国産車にないようなものらしいですね。まぁ私は運転初心者なのでそこはよくわからないかもしれませんが。

VWが欲しいですが、維持費等がやはり気になります。いろいろ調べると個体差によることにつきるかと。運が悪く壊れやすいものにあたれば維持費で泣くのかと。
あまり維持費が出るのであれば、とりあえずは国産車に乗り、数年後お金に余裕が出来たらVWにしようかな~とも思います。
国産車に乗るなら割り切って子育てママに向いてそうなTOYOTAポルテにでもするか、小型SUVの日産デュアリスにしようかと思います。
でもどうせ買うならこれに乗りたい!というものを買うべきか…と悩んでいます。(デュアリスはちょっと乗ってみたいですが)

そこでVW Polo、Golf 所有の方にお聞きします。
保証期間5年まで延長すれば、5年間はどんなに壊れても修理費などは一切かかりませんか?車検代はどのくらいでしょうか?
その他こんな臨時出費があるよ、こうゆうことはリスクだよ等教えていただけると助かります。
ちなみに買うとすれば新車で年内購入予定、ローンは組みません。

30歳、1歳の子供がいる主婦です。
先日この歳でやっと免許を取得しました。
ずっと都内在住でしたが、今度埼玉に移ることになり、初めて車を所有します。
いろいろな車を見ましたが、自分としてはVWのPoloとGolfのかっこよさに敵う国産車がありません。(出来ればGolfが欲しい)
走りも国産車にないようなものらしいですね。まぁ私は運転初心者なのでそこはよくわからないかもしれませんが。

VWが欲しいですが、維持費等がやはり気になります。いろいろ調べると個体差によることにつきるかと。運が悪く壊れやすい...続きを読む

Aベストアンサー

欧州車を乗り継いでいます。
ゴルフも以前に乗っていました。

有料の5年保証に入れば、ユーザー側の責任による故障以外は、5年間は故障しても無償修理になります。
つまり通常、新車を買うと3年保証が付いてきますが、単にそれが2年延長になるだけです。

しかし、消耗部品の交換は有料です。

たとえばバッテリーですがポルテあたりですと、ピット作業もしてくれるホームセンターなどで交換を頼めば、バッテリー代が5千円程度。それに工賃が500円とか300円とかです。

輸入車の場合、ホームセンターなどで適合するバッテリーは、まず売っていません。
売っていたとしても「外車の交換作業はお断りします」というケースが多いです。

ディーラーで交換すると、3万円以上になると思います。
少し容量が大きめなら、4万円・5万円とかになっても普通です。

通販で適合する安いバッテリー(整備工場専用品とか、韓国製バッテリーなど)が売っているので、昔はそういう物を買って自分で作業すれば安く済みましたが、最近の車は完全に電源を切ってしまうと色々不具合が出たりするので、基本的には補助バッテリーをつないで交換するなど、ある程度の知識が必要になるのでおすすめしません。
車をDIYで整備しない、もしくはする知識など無い一般的ユーザーであれば、基本的にディーラーに作業を頼む事になるので、国産車に比べてかなり割高な料金になります(部品代が高いので)。

オイル交換もポルテなどであれば、量販カーショップの安売りオイルの中から適合するオイルを入れればいいですし、フィルターも安い汎用品が売っています。
フィルター交換も含め、工賃も入れて3千円程度で済みます。

ですが輸入車の場合は、安売りオイルでは対応できません。
メーカー認証オイルを使わないと、何かのトラブルが出た場合に保証の面で不利になります。

今乗っている車はVWでは無いですが、ドイツ車でして、ディーラーでオイル交換をしています。
オイルのみの交換で2万円弱掛かります。

ゴルフの時もディーラーでお願いしてましたが、たしかオイルとフィルターの交換ごときで、1万円ちょい掛かってたと思います。

また後々「スタッドレスタイヤも欲しいな」なんて時、ポルテあたりでしたら量販カーショップで国産スタッドレスタイヤとアルミのセットで4万円程度で買えますが、ドイツ車の場合はハブ径が合ったホイールを使わないとだめなので、基本的にはVW車専用設計のホイールを選ばないとだめです。
それにスタッドレスを合わせて買うと、ポロクラスでも安くて10万円程度はします。

つまり、量販カーショップなどで扱っている商品・サービスは、基本的に国産車をターゲットにしています。
ですので輸入車の場合は、輸入車の整備が出来るショップ、もしくはディーラーで整備をお願いする事になります。
下手に、量販カーショップに整備を任せると壊されかねないと言う心配も・・。
ですので故障以外の面でも、国産車に比べて費用が掛かります。


次に故障頻度ですが、最近のドイツ車は、ディーラーや知識のあるショップで整備・部品交換をしている限り、国産車とそれほど大きな差はないですが、こんなところが壊れるの?という事はしばしば。

また5年を過ぎると、どうしても故障の可能性は上がってきます。
しかも有料修理になるので、故障しやすい車だった場合は、ここから地獄が始まります。
自分の場合、ゴルフは今みたいに2年延長保証が無く、単に3年保証だったので、4・5年目からの修理代は結構掛かりました。
ちょっとした故障で、20万とか30万とかザラでした。

手放すまでに最終的に掛かった修理代金は、軽く150万円を超えたかな。

その後に買った車は5年保証に入って、さらに5年以内に乗り換えているので、故障修理による出費は無いですね。
ただ、故障の修理代が無料だったとしても、車が故障すると数日間はディーラーに預ける事になりますし、これから出かけると言う時に故障されると予定がパーになってしまいます。
デート中だと彼女が怒りだします・・。

車検時の費用ですが、基本的な金額は国産車と大差ないです。
むしろVWはダウンサイジングコンセプトのメーカーでなので、車体の大きさに比べてエンジンの排気量が小さいので、税金的に有利です。
ただ消耗部品の交換が入ると、かなり派手な金額にもなります。

総じて「故障する」「お金はかかる」「いろいろめんどくさいかも」という事を納得したうえで、それでも魅力があるのであれば買いだと思います。

「車にお金をあまりか掛けたくない」「とにかく信頼性が重要」「車は移動手段の道具」というのであれば、国産車を強くお勧めします。

自分は、ドイツ車に乗ってしまってからは、今のところ国産車で「これいいな!」と思える車に出会って無いです。

車の造り、設計思想など、本当にすごいです。
高速道路を走ってみれば、その違いがよくわかると思います。
走行安定性が全く違います。
さらにシートが本当にいいです。

ポロはドイツで言えば、非常にベーシックな車ですが、シートだけは上級車種と大差ない物がついています。
ドイツ車で、シートの質に手を抜いた車を見た事は無いです。

車格は違いますけど、東京・大阪間を往復するのに「クラウンかゴルフのどちらかで行ってきて」というケースがあったら、間違い無くゴルフを選びます。
シートやサスペンションの設定が良いので、疲労感が段違いです。

ですが「そんなに長距離は頻繁に乗らないし、そんなに車に拘りもない。費用も掛けたくない。」という場合であれば、絶対に国産車が良いと思います。

ポルテあたりの大きさですと、都内でも楽々走れますし、故障も少ないし、とにかく費用が掛からないです。
移動の道具と考えるのであれば、ポルテは良いと思います。

欧州車を乗り継いでいます。
ゴルフも以前に乗っていました。

有料の5年保証に入れば、ユーザー側の責任による故障以外は、5年間は故障しても無償修理になります。
つまり通常、新車を買うと3年保証が付いてきますが、単にそれが2年延長になるだけです。

しかし、消耗部品の交換は有料です。

たとえばバッテリーですがポルテあたりですと、ピット作業もしてくれるホームセンターなどで交換を頼めば、バッテリー代が5千円程度。それに工賃が500円とか300円とかです。

輸入車の場合、ホームセンター...続きを読む

Q外車の車検安く済ませたいのですが。。

来月、7年目の車検を受けるのですが、5年目の車検の時、ディーラーにお願いしたら、最初は14万くらいです!と言っていたのに、点検をしたら、交換しなきゃいけない部品がありまして・・・と結局24万請求されました。
今まで、ランプやオイルの交換まで、殆どディーラーにまかせっきりな状態でした。

でも、今年は、経済的な事情もあり、何とか安く済ませたいのですが、○バックや、ガソリンスタンドの車検や点検でも、問題は無いのでしょうか?
7年目と言う事もあり、きちんとした点検を受けなくて、車が故障してしまうのは困りますし、あと3年は乗りたいと思っています。

車について詳しい方、ぜひ、ご意見をお聞かせ願います。

Aベストアンサー

輸入車は定期的にディーラーに整備に出すことをお勧めします。そういう意味では、車検がちょうどいい時ではあります。

国産車の場合、オイル交換とバッテリー交換程度のメンテで、10年10万キロ程度はトラブルなしで走り切れます。
一方、輸入車はそういう設定にはなっていないことが多いです。
3年毎、5年毎とか、3万キロ、5万キロといった具合に定期的に部品交換を行うことを前提にしているメーカーが多いです。しかしこの定期交換をしっかりやっている車は、国産車と違って20年20万キロを走っても、まだまだ現役、元気に走るという形です。

格安車検は、あきらかに壊れている部分を交換といった程度の整備です。輸入車独特の各部品の定期交換には対応していません。部品交換を怠った時、大きなトラブルになる可能性はあります。
あと3年は乗りたいというのも、一般的な国産車の10年10万キロで寿命という発想がありますよね。しっかりメンテすれば、まだまだ走ることは可能ですよ。
自分はVOLVO、BMW、ポルシェといった輸入車何台かを乗り継いでいますが、ドライブ会とかで30年前の車とかも参加して、普通に走ってますよ。

輸入車は定期的にディーラーに整備に出すことをお勧めします。そういう意味では、車検がちょうどいい時ではあります。

国産車の場合、オイル交換とバッテリー交換程度のメンテで、10年10万キロ程度はトラブルなしで走り切れます。
一方、輸入車はそういう設定にはなっていないことが多いです。
3年毎、5年毎とか、3万キロ、5万キロといった具合に定期的に部品交換を行うことを前提にしているメーカーが多いです。しかしこの定期交換をしっかりやっている車は、国産車と違って20年20万キロを走って...続きを読む


人気Q&Aランキング