「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

私的にはトヨタ車だと思うのですが、人にもドライバーにも安心、安全なオプションをフルで装備したと想定したら、どの車でどういうオプションがあって、いくらくらいになるでしょうか、、。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 難しい問題ですね。



※車両の衝突安全性は、J-NCAP(ジェイ・エヌキャップと呼びます)という衝突実験で優劣が判断されていますが、この実験項目は、実際の自動車事故の8割程度しか満足してなく、どうしても『実験により証明出来ない』衝突安全性の範囲が残ります。
 これはEUの衝突安全基準EURO-NCAPや北米の安全基準FMVSSでも同様で、『路上のあらゆる衝突事故で最も安全なクルマ』というと、実は誰も証明していません。

※各地域のNCAPやFMVSSを判断基準とすると、日本のメーカのクルマはどれも大差はありません。(全ての基準を満足し、それ以上でも以下でもない、ということです。)

※先進的なカーメーカも勿論あって、そういうところでは公的な安全基準とは別に、それらよりかなり厳しい社内基準を設定しています。こういうカーメーカのクルマは、他の『公的基準+α程度しか研究していない』メーカのクルマよりも安全である可能性はあります。
 そういうメーカは、欧州であればメルセデス、オペル、ボルボなど(ドイツ車が特に多いですね)、日本ならトヨタです。
 但し、各社の社内基準は最重要機密に属する話なので、衝突安全性の全てが公開されることはありません。
 よって、そういう先進的なメーカのクルマは『他社製より安全である可能性が高い』だけであり、『他メーカ車を出し抜いて圧倒的に安全』とは言い切れない(それを証明出来ない)ということになります。

 っというワケで御質問に対しては、『多分、恐らく、トヨタでしょう』というアイマイな回答になります。
 
 最後に余談ですが、2点ばかり。

※ワタシ、一応クルマの研究で食ってる研究者なのですが、トヨタとは全く関係なく、トヨタの肩を持つイワレなどゼンゼンありません。といいつつ・・・トヨタのエンジニア達の名誉の為に。
 トヨタは確かにコスト優先の姿勢をチラ見せする事があり、一部のユーザに不信感を抱かせることもあるでしょう。それはそうですが、1件か2件の事件だけを見てトヨタの全てのクルマが『コスト優先で危ないクルマ』と考えるのは、あまりに先入観に囚われ過ぎたヒステリックで冷静さを欠いた判断である、と指摘しておきます。(ま、お気持ちはわからんでもありませんが・・・ワタシもこういう仕事をしていなかったら、トヨタさんのクルマは好きになれなかったでしょう。)
 特許や論文を調べるまでもなく、トヨタ以外のどの国産メーカも、トヨタが持つ衝突安全デバイスの技術レベルに達していないという点を認識するべきです。
 カーテンエアバッグ(特にリヤの)、パッシブなムチ打ち防止シート(こっそりと2代目プリウス以降のトヨタ車に採用されています)など、トヨタが『デファクト・スタンダード』を打ちたてたデバイスもあります。
 コスト優先だから、儲け主義だからトヨタは何もかも危険、ということはありません。

※大きなクルマ=安全、ということは、現代のクルマには(全く、ということはないにしても)必ずしも当てはまりません。
 車両のサイズよりも、設計年度の新しいクルマ=安全、という見方の方がより現実に則していると言えます。
 センチュリーの衝突実験は見たことがなく、ここからは憶測の域を出ないのですが・・・センチュリーの車体設計年度は決して新しいワケではなく、最近のクルマの方が高い衝突安全性を持っている可能性はあります。
 ただ、同レベルの設計技術が使われているなら大きい車体の方が安全なのは当然で、現状で一番安全なクルマは、恐らくレクサスの大きめのヤツではないか?と思われます。
 価格は・・・レクサスのHPで調べてみてください。決して安くはありません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。・・本質と事実、それと同時進行する評判とは温度差がある、と感じます。ありがとうございます。

お礼日時:2014/01/19 21:12

トヨタの、センチュリーの防弾ガラス使用ですね。


ベース車で1000万を超えたと思います。

現在量産として生産されている中では、一番安全な車になります。

宮内庁用車であれば、もっと安全ですが、市販されていませからね。

宮内庁仕様車になれば、ボディへの防弾処理、エンジンも低速高負荷走行を行っても、オーバー人はまずしない様に、通常車よりも格段に耐久性などがあげられています。

本来、総理大臣用、一部大臣用に用意される予定でしたが、日本の予算の関係上発注が見送られている位の価格です。


一般の市販車として考えた場合、トヨタは安全よりコストや売れ行きを重視するメーカーです。
現実的に、トヨタは、「全車カーテンエアバックを装備する!」と発表しましたが、ディーラーから、「値段型無くなって他社との競争に負ける」と言う声が上がったために、安全より値段を優先させて、この装備は全車標準装備にいまだになっていません。
安全より値段を優先すると言う事を国内で態度で表明したと言う経緯がありますからね。


後は似たり寄ったりと言う所でしょうね。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

センチュリーはデザインが古く感じますが、今風のセダンにすれば高くても買う人が居るかもしれません。ランボルギーニやマセラティが珍しくなくなった昨今、身近にお金持ちの方が増えた気がしますので。。ありがとうございました!

お礼日時:2014/01/19 08:23

安全性能に最も力を入れているメーカーはスバルだと思います。



CMでお馴染みの衝突軽減装置を普及させた先駆者です。性能も素晴らしいですが、それ以上に安価で提供した事が大きな功績だと思います。
他メーカーにも以前から似たような機能は存在しましたが、何十万もするオプション扱いで普及には程遠い存在でした。

スバルは事故防止だけではなく、衝突安全性にもかなり力を入れています。
軽からミニバンまで販売している総合メーカーではないのでトヨタ等とは比べにくいですが、スバルの主幹車種は全て最高評価を得ています。

因みにレガシィのアイサイトなどを装備した最高グレードは350万円ぐらいです。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

確かに誰でも手が届く価格でのアイサイトです。おっしゃる通りです。この技術に関してはトヨタが追随する形になっています。ありがとうございました。

お礼日時:2014/01/19 08:24

特別では無く一般のセダンなら、トヨタに変わりないがレクサスLSかな。


なんだかんだで1500万円以上はします。

この回答への補足

回答ありがとうございます。他車には無い装備、例えばどんなものがあるのでしょうか。

補足日時:2014/01/18 23:01
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/01/19 08:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q輸入車よりも安全性が高い国産車には何がある

輸入車よりも安全性が高い国産車には何がありますか?
とかく「国産車は安全面が弱い」と言われますがこれは今もそうなんでしょうか?

Aベストアンサー

いなかのくるまやです。

今の時代、どんな車もそれなりに安全性は考慮されています。
国産車だから外車より劣悪だ・・というのは迷信です。

英国の故ダイアナ妃はベンツのSクラス後席で死亡しました。
(かなりの速度だったというのは言われていますが)

で、最近気づいたのですが・・。
渦中の民主党幹事長O氏の移動の足は「アルファード」みたいでした。
政治家のセンセというと、かつては「ベンツが定番」だったと思う
のですが、昨今はほとんどその姿を見ないと思いませんか・・??

政治家のセンセというのは「分刻みのスケジュール」が求められる、
極めて多忙な方が多いと思うんです。当然、安全性も絶対条件です。
そのようなお方たちが「おベンツ様」を選ばなくなったってのが。(苦笑

おそらく真夏の首都高渋滞でエアコンの即死やら、あるいは
車そのものが動かなくなったり・・・など、貴重な体験をされた
センセたちが増殖したんじゃないかと邪推したりしてしまいます。(笑
(おいっ!このままじゃ国会に間に合わんじゃないか!・・みたく)

前述の民主党幹事長O氏がアルファードを選ばれたのは、やはり
「信頼性と安全性と快適性の調和」ではなかったかと・・・・。

そういったVIPの方々すら選ばれる国産車ですよ。
決して外国製自動車に比して安全性で劣悪であるなどとは到底思えません。

これまた突飛な意見ですみませんけど・・。

by 国産車バンザイ主義者(外車派の方すみません)

いなかのくるまやです。

今の時代、どんな車もそれなりに安全性は考慮されています。
国産車だから外車より劣悪だ・・というのは迷信です。

英国の故ダイアナ妃はベンツのSクラス後席で死亡しました。
(かなりの速度だったというのは言われていますが)

で、最近気づいたのですが・・。
渦中の民主党幹事長O氏の移動の足は「アルファード」みたいでした。
政治家のセンセというと、かつては「ベンツが定番」だったと思う
のですが、昨今はほとんどその姿を見ないと思いませんか・・??

政治...続きを読む

Q追突事故に強い車を教えてください

後方から追突された時に、乗員の生存(非受傷)率が高い
車の車名( 分かれば型式も )を教えてください。
ただし、次の条件を満たしている事とします。

1.定員5名の普通乗用車であること
2.10年(10万km)程度乗り続けられること
3.一般的な立体駐車場(幅:1800mm以下、高さ:1550mm以下)
  に駐車できること
4.輸入車・国産車、新車・中古問いません
5.予算は200万円±50万円程度

個人的には、高速域での走行が想定されている欧州車
(BMW3/x1シリーズ、メルセデスCクラス、VWゴルフ/パサート)の
中古が良いのでは?と考えています。

※私は、都下在住です。
 メンテ経験は、日常点検のほか、オイル、オイルフィルター交換、
 プラグ交換、ブレーキパット、フルード交換等の軽整備レベルです。
 ただ、今の環境ではウマ掛けするような場所がなかったり、
 廃液の処分も難しいため、整備は整備工場さんにお願いしています。

実は、先日、高速道路上の渋滞最後尾で、ハザードを点滅させて停車していたところ、
後方から普通乗用車に約80km/hの速度で追突される、玉突き事故に遭いました。

まだ、肉体的にも精神的にも運転できる状態ではない
(自分の後ろから車が近づいてくる気配を感じただけで恐怖を覚えます)のですが、
我が家には車が必須なことから、次の車は安全性能を最重視して
購入したいと考えています。

また、軽自動車やリアオーバーハングの短い車両は避けたいと考えています。
⇒今回の追突事故の衝撃は、BピラーとCピラーの間まで伝わっていました。
 一方前部は、ボンネットが「山」になっていて、
 運転席から前がほとんど見えませんました。
 もっと大きい車、もしくはもっと高速で追突されていたら、
 と思うと怖くて眠れません。
 ちなみに、乗っていた車はUSアコードワゴンです。

今回の交通事故に遭い、公道を走るすべての車両に、
スバルのアイサイトやメルセデスのレーダーセーフティパッケージのような、
衝突防止装置が装着される日が来ることを願うようになりました。

運転者の不注意や予想外の出来事が原因の交通事故で悲しむ人が、
いなくなって欲しいと思うからです。

みなさんのご回答お待ちしております。
よろしくお願いいたします。

後方から追突された時に、乗員の生存(非受傷)率が高い
車の車名( 分かれば型式も )を教えてください。
ただし、次の条件を満たしている事とします。

1.定員5名の普通乗用車であること
2.10年(10万km)程度乗り続けられること
3.一般的な立体駐車場(幅:1800mm以下、高さ:1550mm以下)
  に駐車できること
4.輸入車・国産車、新車・中古問いません
5.予算は200万円±50万円程度

個人的には、高速域での走行が想定されている欧州車
(BMW3/x1シリーズ、メルセデスCクラス、VWゴルフ/パサート)の
中古が...続きを読む

Aベストアンサー

そりゃラダーフレームがある車に決まっています。
そんな高級車を買う必要はありませんし、
今時の車には、トランクルームのフルパッケージかなどが進み
余分スペースなどは皆無です。

大中古のパジェロやランクルやビッグホーン。
車幅も5ナンバーです。
ロングボディだと、
これらの車の二列目シートまでつぶすには
20トンくらいの大型トレーラーが必要です。

乗用ボディで言えば
もちろんセンチュリーですね。
やはり同様にラダーフレーム車両であり
総重量3t近いすべて溶接によって止められたボディが
ほぼ絶対の耐久性を持っています。
トランクルームも無駄に後ろに長いです。

あと、
映画などで目にすることも多いと思いますが
ラダーフレームの入ったアメ車=ハイウェイパトロールが採用するような車は
同様にラダーフレームで衝突させるようなシーンが続出しますが
全く前後方向にはつぶれませんね?ごらんの通り。

平成6年以降のバブル崩壊後の国産車において
こういう無駄な頑丈さを持った車は
絶滅しました。
欧州車はもっと昔から絶滅していますが・・・。
80年代くらいまでの欧州乗用か、
唯一ラダーが生き残ったのは90年代までの
SAABかVOLVOだけですね。

リアオーバーハングの長い車など
今時の車にはほぼ存在しません。

そりゃラダーフレームがある車に決まっています。
そんな高級車を買う必要はありませんし、
今時の車には、トランクルームのフルパッケージかなどが進み
余分スペースなどは皆無です。

大中古のパジェロやランクルやビッグホーン。
車幅も5ナンバーです。
ロングボディだと、
これらの車の二列目シートまでつぶすには
20トンくらいの大型トレーラーが必要です。

乗用ボディで言えば
もちろんセンチュリーですね。
やはり同様にラダーフレーム車両であり
総重量3t近いすべて溶接によって止められたボディが
...続きを読む

Q中高年が運転しやすい車は?

60歳前後の夫婦ですが、年齢的なことも考えて2000ccから1500ccクラスの車に乗り換えようと考えています。
夫婦共有で使いたいので、大き過ぎず小さ過ぎずが条件です。
日常の買い物に使ったり、たまに高速道路で遠乗りもしますので、それに耐え得る車といえばどんな車がいいのか迷っています。
価格的には200万円以内で収めたいのですが・・・・。
また購入したからには最低10年は乗りたいと思います。
お勧めあったら教えてください。

Aベストアンサー

ずっとお持ちになられるようでしたら、衝突安全性の高い車がいいですね。高齢(65歳以上)の方を高齢運転者と考えて、自動車会社は研究を進めているはずです。

1)衝突安全性の高い車を選らんだ方がいい理由は以下のとおりです。

・高齢者の方は、衝突時の体の耐性が極めて落ちます。
はっきり言うと、特に側面衝突時の致死率が高くなります。(古いアメリカのデータですが報告されています。)脳の衝突時の損傷、心臓の損傷が大きいです。現在、高齢者(特に70歳以上)の方は気をつけたほうがいいです。
これは試乗しても分かりませんし、セールスマンに聞いても他社のデータまでは分からないでしょう。
現在では、車の衝突安全性はほとんどの車を公的機関でテストをし、JNCAPという試験結果を出しています。リンク先を添付します。この中から、気に入った車を選んで、クリックいてみてください。
結果が出てきますが、星が5つ以上ある車を、特に高齢になったときには選ばれたほうがいいと思います。

http://www.jafmate.co.jp/anzen/ncap/test.html

・ブレーキやハンドルのアシスト装置など予防安全のついた装置が高齢者の方には事故防止に非常に効果的です。自分で気がつきませんが、視力とか、体力が70過ぎになると落ちてきます。大学と高齢者の方に実験者に乗っていただいたり、ドライビングシミュレータを使って、研究をやりましたが、確実に事故防止の効果はあります。
但し、まだトヨタクラウンや日産フーガ、本田の高級車などの一部の車にしか着いておらず、値段が効果です。
今、高級車を買われて、これらの装置ついた車に乗るか、しばらく待って、ほとんどの車にABSやエアバッグなどのようにつくようになってから、そのときに買い換えるか、いずれかがよいと思いますが。
mimoreさんの対象車ではないと思いますが、参考に最新のクラウンのホームページを載せます。これには最新の事故回避の装置がついています。

http://toyota.jp/crownroyal/safety/active/index.html

2)日常の買い物、や高速道路はどの車を買ってもまったく問題はないと思います。

3)意外と問題になるのは、シートです。長時間乗っていると、腰に負担がかかりますから、腰に気を使っておられるならば、車は選ばれたほうがいいですね。この場合は、その車を購入されるお客様が高齢の車がいいと思います。そういう車の場合、メーカーは中高齢の方の体型にあわせてシートの高さや配置、形状を考えて作っています。
自動車会社は、若い人を対象にしたようなことを言って販売促進活動をしますが、本当はどのくらいの人を対象に車が作られたかは、パンフレットに出ているモデルの年齢を推定すれば分かります。

4)後は、ご自身の好みで選ばれるのが、一番だと思います。質問に書いてあるご年齢から推定しますと、モータリゼーシュヨンのさなかで、車に乗られてこられた世代だと思います。10年乗られると思うのならば、昔からほしかったブランドを買われるのもいいと思います。
但しそのときには、先ほどの衝突安全性の確認をインターネットで調べておかれたほうがいいと思います。

ずっとお持ちになられるようでしたら、衝突安全性の高い車がいいですね。高齢(65歳以上)の方を高齢運転者と考えて、自動車会社は研究を進めているはずです。

1)衝突安全性の高い車を選らんだ方がいい理由は以下のとおりです。

・高齢者の方は、衝突時の体の耐性が極めて落ちます。
はっきり言うと、特に側面衝突時の致死率が高くなります。(古いアメリカのデータですが報告されています。)脳の衝突時の損傷、心臓の損傷が大きいです。現在、高齢者(特に70歳以上)の方は気をつけたほうがいいです。
こ...続きを読む

Q高齢者が運転しやすい自動車を推薦してほしいです。

うちの父(70歳代後半)は、
4~5年前に新車で買った「トヨタ アベンシス セダン」に乗っていますが、
しょっちゅう車をボコボコに傷つけています。
コーナーセンサーついてるのに意味無し。
小傷やへこみの修理費用総額で、ちょっとした車一台買えてるんじゃないか・・・と思うくらいです。


今のところ、家の車庫やその辺の塀にぶつけてるみたいですが、もし人身事故でも起こしたら・・・と思うと、怖いです

でも、今でも現役で仕事をしていることから、少なくとも、あと2年は自分で車を運転する・・・と主張すると思うのです。
(よっぽどのことが無い限り、75歳以上の毎年の免許更新も大丈夫だろうし)

で、いっそ、運転しやすい車に乗り換えたほうがいいんじゃないかと、思い立ちました。
でも、どんな車がいいのか、よく分かりません。

ちなみに、今乗っている「アベンシス」は、私が見立てたんですが、
大きすぎず、小さすぎず、運転しやすいということと、それなりに風格があって・・・という両面を満足させたつもりだったのですが・・・

そこで、70歳以上の高齢者でも運転しやすそうな、かつ安全性がしっかりしている車、なおかつコンパクトすぎない車を推薦していただけませんでしょうか?
軽自動車やコンパクトカーだと、もし衝突した場合、運転者を保護するスペースが少ない(衝突物との距離が短い)ので安全面に不安があります。
(実際は、そうでもないのかな?)


全然想像がつかないので、とりあえず予算は問いません。
サイズは、アベンシスより少しでも小さければいいです。
どうか、宜しくお願いいたします。

うちの父(70歳代後半)は、
4~5年前に新車で買った「トヨタ アベンシス セダン」に乗っていますが、
しょっちゅう車をボコボコに傷つけています。
コーナーセンサーついてるのに意味無し。
小傷やへこみの修理費用総額で、ちょっとした車一台買えてるんじゃないか・・・と思うくらいです。


今のところ、家の車庫やその辺の塀にぶつけてるみたいですが、もし人身事故でも起こしたら・・・と思うと、怖いです

でも、今でも現役で仕事をしていることから、少なくとも、あと2年は自分で車を運転する・...続きを読む

Aベストアンサー

私も既に還暦を過ぎましたが70代の従兄弟からチェイサーからの乗り換えの相談を受けて、ホンダのフィット1300を進めましたが、シンプルで視界も良くて運転しやすく、何処にでも行ける、しかも驚くほどの低燃費と喜んでいます。
最近はバックモニターだ、センサーだと何かと着いてますが、一切無い方がかえって良いです。
IQも案外サイドミラーの幅が広すぎて狭いところは通り難く、あの場がでかいドアは隣の車に当てる可能性は大です。
しかも過剰なほどのエアバックなどを付けて価格を吊り上げているだけです。
前席のエアバックと、シートベルトさえあれば、それ以上は要りません。
ABSや横滑り防止なんてものも、無しで何十年も乗って来た物にとっては邪魔でさえあります。
よく高齢者が乗りにはでかくて丈夫な方が身を守るといわれますが、でかいほどぶつけた時の相手に与える被害が大きくなりますから、軽くて小さい車に乗る方が良いのです。
でも軽自動車は車幅が狭く、長年普通車に乗っていた者には狭くて窮屈で惨めさを感じます、更にボディのわりにあまりに非力ですから、安全とは言えないばかりか、その面でのストレスが溜まります。

その意味でもバランスの取れたフィット辺りが一番良いかと思います。

おそらく人生最後の車かもしれません。惨めではなく乗りやすかったと喜んでもらえるのが一番だと思います。

私も既に還暦を過ぎましたが70代の従兄弟からチェイサーからの乗り換えの相談を受けて、ホンダのフィット1300を進めましたが、シンプルで視界も良くて運転しやすく、何処にでも行ける、しかも驚くほどの低燃費と喜んでいます。
最近はバックモニターだ、センサーだと何かと着いてますが、一切無い方がかえって良いです。
IQも案外サイドミラーの幅が広すぎて狭いところは通り難く、あの場がでかいドアは隣の車に当てる可能性は大です。
しかも過剰なほどのエアバックなどを付けて価格を吊り上げているだけで...続きを読む

Q高速でも安定性の良い・疲れない車

今まで高速道路はあまり利用しなかった私ですが、これから数年間
結構な頻度で高速道路を利用する事になりました。(しかも長距離)

今乗っている車がそろそろ買い替え時期なので、これを機に高速安定性、
安全性の高い車に替えようかと思うのですが、例えばどんな車があるでしょうか?
条件としては、車両150万前後の車で、新車・中古車は問いません。
皆さんからのご意見をお聞かせ下さい。

ちなみに今乗っているのは1400ccクラスのいわゆる「ファミリーカー」です。
加速性能に関してはこれでも十分かな?とは思っているのですが・・・。

Aベストアンサー

まず、直進安定性の高いクルマを見極める方法をお話したいと思います。
しかし、これは一般論ですので、そのクルマによって特性が異なりますので、これ
に当てはまらない場合も多々あります。

 ・ホイールベース(前後のタイヤの間)が長い
 ・トレッド(左右のタイヤの間)が広い
 ・車体の全長が長く全幅が広く、全高が低い
 ・タイヤの幅が広い
 ・タイヤのサイドウォールが薄い
 ・サスペンションが割と硬め
 ・前輪駆動

ちなみに、これらはカタログを見れば一目で分かります。
タイヤは、自分でインチアップするなりすれば安定性がかなり向上します。
サスペンションについても同様です。
しかし、このようにお金をかけたくないと言うのであれば、純正の状態で、
安定性の高い車種を選ばなければなりません。
駆動方式による安定性の違いは、それほど意識する必要はありません。
確かにFF(前輪駆動)は、前輪で車体を引っ張るので安定感がありますが、
FR(後輪駆動)でも何ら問題を感じません。

 ・ホンダ アコード
   排気量2000ccのミドルセダン。他に1800cc有り。
   3年落ちで110万円程度からあります。
   2000ccでエンジンは150psあるので不足なし。

 ・ホンダ アコードワゴン
   排気量2300ccのミドルサイズステーションワゴン。
   エンジンはDOHCとSOHCの2タイプ。SOHCエンジンで160psあるので不足なし。
   3年落ちで130万円程度からあります。

アコードワゴンのDOHCエンジン搭載のSiRのページを紹介しておきます。
僕が作成・管理していますが、2月下旬に閉鎖予定です。
ちなみに、都合により内容は異なります。
都合についてはhttp://www3.tokai.or.jp/yoshi-drive/index.htmlから、
インプレッションを参照してください。
レジアスも、全高が高い割には安定してますよ。さすがに160km/hにもなると、
かなり横風が怖いですけどね。120km/hで巡行する分には、風が強くてもあまり
問題ありません。ちょっと意識しないといけませんが、ローダウンしてタイヤを
インチアップすれば解消されるでしょう。僕は、そうして自分流にカスタマイズ
していくつもりです。

外国車を奨めていらっしゃる人もおられますが、実際、2000cc以上の国産車なら
ほとんど問題ありません。外国車の場合、故障した時などの費用が高い場合が多く
ディーラーなども少ないのが難点だと思います。

参考URL:http://www01.vaio.ne.jp/Yoshi/AW/index.html

まず、直進安定性の高いクルマを見極める方法をお話したいと思います。
しかし、これは一般論ですので、そのクルマによって特性が異なりますので、これ
に当てはまらない場合も多々あります。

 ・ホイールベース(前後のタイヤの間)が長い
 ・トレッド(左右のタイヤの間)が広い
 ・車体の全長が長く全幅が広く、全高が低い
 ・タイヤの幅が広い
 ・タイヤのサイドウォールが薄い
 ・サスペンションが割と硬め
 ・前輪駆動

ちなみに、これらはカタログを見れば一目で分かります。
タイヤは、...続きを読む

Q高速道路長距離走行 一番楽な車は?

日本の高速道路を千km以上運転する場合に、一番楽(疲労が少ない)車は、何でしょうか?!

どの区間も法定速度は超えないペースで、途中適切な休憩も取り、所要時間は統一した場合です

具体的な車種よりも、カテゴリーやイメージがありがたいです

例えば、アウトバーンで鍛え上げられた、欧州乗用車の大型ハイパワー車とか、長距離走行に特化したトラックなど

それらの車の運転は、十分に慣れている前提でお願いします

Aベストアンサー

No.1です。
空荷のトラックの走行性能、キャブサスペンションの効果(乗り心地)を知らないと
「トラックが快適だとは思えない」という固定概念が出来るのは致し方ないか。
超ロング4t以上になると、グッと快適度が増す感じです。

漁港や農産地から日々1千キロを往復しているトラッカーが
Sクラスのハイヤーにでも転職したら早々に長距離を辞めるでしょう、きついから。

乗用車が「ドドンッ」と通過するような段差を
トラック、バスは「トンッ、、、、トッ」と通過していくので
疲労度がかなり違うというもの。
低周波は結構、身体が堪えるものです。

乗用車のシートで比較すると、
ジャガー>ボルボ>プジョー>>メルセデス、BMW って感じで疲労は少ないです。
但し、ハイバックを立て気味にした正しいドライビングポジションを取ることが条件。

Qスバル車の耐久性ってどうなんですか?

自動車でもメーカーや車種によって耐久性の違いってあると思います。

例えば、あのメーカーはミッションが弱いとか、あのメーカーは電装品がすぐ壊れるとか、あの車種はあそこの箇所がよく壊れる、とかです。

それで言うと、スバル車ってどうなんでしょうか?
やっぱり販売台数からみても小さい会社なので、作りこみや部品の精度なんかにコストはかけていないのか?
それとも車作りにこだわりがあると評価も高いブランドだけに、そのあたりも他社より優れているのか?

自分はMTのレガシィB4ターボの中古の購入を検討しています。
15年・15万キロは重大な故障がないかぎり乗り続けたいのですが、実際
スバル車の耐久性ってどうなんでしょうか?


特に気になる点は
・エンジンのオイル漏れ
・MTミッションの耐久性
・ターボの耐久性
・エアコンや各所操作系、電装系のトラブルのおこりやすさ
などです。

水平対向エンジンはオイルがにじんできやすいのが弱点と聞いたことがあります。
15年・15万キロをシリンダーガスケットの交換などの大掛かりな整備無しで乗り切ることは可能でしょうか?


この他にも、レガシィ以外や、上記の特に気になる点以外でもいいのでスバル車全般の「各箇所の耐久性」について詳しい方や経験のある方がおられましたら教えていただけませんか?

よろしくお願いします。m( . . )m

自動車でもメーカーや車種によって耐久性の違いってあると思います。

例えば、あのメーカーはミッションが弱いとか、あのメーカーは電装品がすぐ壊れるとか、あの車種はあそこの箇所がよく壊れる、とかです。

それで言うと、スバル車ってどうなんでしょうか?
やっぱり販売台数からみても小さい会社なので、作りこみや部品の精度なんかにコストはかけていないのか?
それとも車作りにこだわりがあると評価も高いブランドだけに、そのあたりも他社より優れているのか?

自分はMTのレガシィB4ターボの...続きを読む

Aベストアンサー

乱暴な使い方おせず
規則正しいメンテナンスをすれば 持ちます。15万kmは楽勝ですね
相性の良いオイル 高級でなくてもよいのですが 5千kmを越えぬように交換していけば良いと思います。
自分は車検の度に クーラント、ミッション、デフオイル、ブレーキオイルを交換してます 車検と一緒にやれば安く済みます。
 パワステオイルは車検2回に1回の割合で交換
自分は BG5 GT-Bを 9年9万km ノントラブルでした。

オイル漏れ、にじみは どんなエンジンでも7~8万kmまでに起きるものです N社 SRエンジンオイル漏れで有名です。
メンテナンス性の悪さを言われますが M社デアマンテの横置きV型エンジンのほうが 大変です 
水平対抗エンジンにに慣れてる ディーラー及びスバル専門チューニングショップさん曰く 問題なく出来ますよ!と当然ながら言ってくれます。
エンジン基本ブロック自体 もうかなり古く OHVからの設計変更での進化エンジンです 新型エンジン開発に予算が出せないメーカーですが その分 他社に無いほど長い期間熟成させてきたエンジンでもあります。 

余談ですが 知り合いの大工さん サンバーを32万km走行で使ってます。 国内メーカー内でも 小型車・軽共に 耐久性は高い方でしょう。

車のエンジンピーク 一番調子が良く出る所 T社は 2.7万km位当たり SUBARUは 4.5~5万km位当たりに設定してるそうです
技術者談
このことからも T社は 馴染みは早く来ますが その後下降線だといえます。 車として美味しい期間が短いといえます。
こういわれてみると なるほどと思い浮かぶ事が自分にはあります。

乱暴な使い方おせず
規則正しいメンテナンスをすれば 持ちます。15万kmは楽勝ですね
相性の良いオイル 高級でなくてもよいのですが 5千kmを越えぬように交換していけば良いと思います。
自分は車検の度に クーラント、ミッション、デフオイル、ブレーキオイルを交換してます 車検と一緒にやれば安く済みます。
 パワステオイルは車検2回に1回の割合で交換
自分は BG5 GT-Bを 9年9万km ノントラブルでした。

オイル漏れ、にじみは どんなエンジンでも7~8万kmまでに起...続きを読む

Q快適に中・長距離走行の出来る車・おすすめの車を教えてください。

快適に中・長距離走行の出来る車・おすすめの車を教えてください。

快適に走行できる車を探しています。
これまで車を所有していなかったのですが、購入を検討しています。

現在の近場への移動(買い物等)は家族所有のコンパクトカーを利用しています。
通勤は電車通勤ですので、今回購入する車を使うのは休日に出掛ける時のみで、暇なときはドライブにでかけたいと思っています。(運転自体は好きです)
また、人を乗せることがある為、”スポーツカー”と言えるような車種は避けたいと思っています。
ただし、乗せると言っても1人乗せる機会が時たまあるだけですので2シーターや2+2でもなんの問題もありません。
むしろ後席はオマケ程度でOKです。使いません。常に畳んでおきます。3列シートは対象外です。

上記の条件で探してみて、以下のような車種については詳細の調査や実車を見学、中古車サイトで一通りチェック済みです。
・トヨタ ハリアー
・日産 スカイライン
・日産 スカイラインクロスオーバー(後席の狭さに惹かれました。頭ぶつかる)
・ホンダ アコード(ちょっと高級路線すぎかも)
・スバル レガシィB4
・マツダ アテンザスポーツ
・マツダ アクセラスポーツ
・マツダ CX-7(後席の狭さに惹かれました。頭ぶつかる)

今回は、私の希望に合う上記車種以外のオススメを教えて頂きたいです。
国産車のみで考えている為、予算は度外視でとりあえず多くの選択肢を持ちたいと考えています。

その他の条件は以下の通りです。
・駆動方式:問いません
・排気量:2000cc~
・燃費:どうでもいいです
・年式:平成15年時点では生産されていたor平成15以降の車種
・ボディ形状:セダン・クーペ・ハッチバック・ワゴン・SUV
・サイズ:一応3ナンバーのみ。落ち着きが欲しいのそれなりの幅は欲しいです。

トヨタ・日産・ホンダのフラッグシップ級は除外でお願いします。(クラウン・マジェスタ・フーガ・シーマ・プレジデント・インスパイア・レジェンド)

あまり角ばったデザインは好きではありません。
例えばSUVではハリアー・CX-7は良いのですが、エクストレイルは苦手です。

外車は中古相場が安く心惹かれますが、消耗品はともかくパーツがなんでも高そうなイメージがある為今回は国産のみとさせてください。
シトロエンDS3とかVWシロッコとか大好きです。

快適に中・長距離走行の出来る車・おすすめの車を教えてください。

快適に走行できる車を探しています。
これまで車を所有していなかったのですが、購入を検討しています。

現在の近場への移動(買い物等)は家族所有のコンパクトカーを利用しています。
通勤は電車通勤ですので、今回購入する車を使うのは休日に出掛ける時のみで、暇なときはドライブにでかけたいと思っています。(運転自体は好きです)
また、人を乗せることがある為、”スポーツカー”と言えるような車種は避けたいと思っています。
ただし、...続きを読む

Aベストアンサー

レガシィの悪いところが見つけられないみたいなのでアドバイスを・・・
(私は、先代レガシィワゴンに5年、現行レガシィに5日、のオーナーです)


・内装の質感
スバル車全般ですがトヨタ車と比べると1~2ランクほど下を行きます。300万のレガシィが200万のカローラと同程度です。270万のインプレッサ2.0GTなんて100~150万の車と同等の内装だしね。

・ワイパー
拭き終わって一番低い位置に戻ろうとした瞬間、運転席側のワイパーがからピュイって水が跳ねて拭き取ったばかりの助手席側のフロントガラスに場所に水滴が付きます。

・デフロスター
冬場にフロントガラスが曇ってるときにデフロスターを使うと助手席側の上のワイパーで拭けないエリアの曇りは取れません。風が届かないみたい。。。

・シート
モデルチェンジを繰り返すたびにとシートが悪くなっています。腰痛がある人が先代に乗ると速攻で腰痛再発です。だからレカロシートにしてる人が多いんです。現行型になってマトモになったみたいだけどね。でも合皮な感触が気に入らない。


これらがどおでも良くなるぐらいに褒めるべきトコロはいっぱいあるのですが、
それは簡単に検索できると思うのであえて書きません。

レガシィにするなら先代の3.0Rにしましょう。大人が楽しんで乗る車です。

私は現行レガシィワゴンに乗り換える時、スバルは辞めてトヨタのブレイドのマスターG(中古)にしようと本気で悩みました。

レガシィの悪いところが見つけられないみたいなのでアドバイスを・・・
(私は、先代レガシィワゴンに5年、現行レガシィに5日、のオーナーです)


・内装の質感
スバル車全般ですがトヨタ車と比べると1~2ランクほど下を行きます。300万のレガシィが200万のカローラと同程度です。270万のインプレッサ2.0GTなんて100~150万の車と同等の内装だしね。

・ワイパー
拭き終わって一番低い位置に戻ろうとした瞬間、運転席側のワイパーがからピュイって水が跳ねて拭き取ったばかりの助手席側...続きを読む

Qスバル車はボディ剛性が強いって本当ですか?

スバル車は他社の同車種に比べてボディ剛性が強いと聞いたことがあるのですが、本当ですか?

Aベストアンサー

ある部分そうとも言えます。人間が感じるのは剛性「感」であって構造的な強度とはちょっと似て非なる所です。雑誌で「剛性感が高い」と書いてあっても強度試験をしたわけじゃありませんから。例えばアセスメントの星の数で表す衝突試験では今やどのメーカーでも大差はないですよね。しかし人間が体で感じるということはとても大事な所です。ただ堅くすればいい物でもなく車体のどの部分の振動を押さえるか、床や天井諸々、音、感触等で決まっていきます。それらはそのまま快適さに関わってきます。実際スバルはそこが大変得意なようです。
 ちなみにインプレッサのSTIは溶接箇所をノーマルより増やして強度を高めてあるのは事実です。

Q頑丈な車。

高速道路で、また痛ましい事故があったようです。トラックが、後方から追突して来て中に居られた方、数名は死亡されたようでした。毎回思うのですが、頑丈なシャシーの車なら、多少はマシなのかと考えますが、よく言われる車に、ボルボがあります。見た目たいした感じはしないのですが、やはり、ボルボは頑丈なのでしょうか?買うならV40のような安いボルボでもいいと考えます。また、以前、知り合いの自動車修理工場にBMW(現行3)があり、フロントフェンダーが外してありました。覗くと、そのドアヒンジを見て、驚いたのですが、とにかく太く(ぶ厚く)日本車のヒンジなど子供のオモチャに見える程、重厚な感じを受けました。「これは、勝てんわ!」と言うのが、正直な感想でしたが、ボルボに限らず、BMW、ベンツ、アウディ等も、やはりそれなりに強度はあるのでしょうか?規格が根本から違うのでしょうか?

Aベストアンサー

ことしの N-CAP(ヨーロッパ安全テスト)でボルボは高い評価を得ていましたね。

http://www.euroncap.com/bestinclasscars2011.aspx

日本のメーカーも高い評価を得ていますよ。

2006年の安全テストでは、スバルレガシーに完敗したので、
VOLVOは自身のホームページに謝罪文のような広告を掲載しています。
http://www.volvocars-japan.com/contents077.htm

VOLVOは特殊なマーケティングをする会社です。
大型トラックを得意とするメーカーなので、操縦性より頑丈さが売り物のようなところがあります。
日本で商品展開するとき、その頑丈さに目をつけた商社が、安全性を前面に打ち出して、富裕層を取り込んできた歴史があります。

N-CAPの中で評価が低いのはJEEPなどの頑丈な車体を持つモデルです。
このタイプは、不正地を走行するために頑丈な車体構造、
ラダーフレーム(ハシゴ型)トラックやダンプに使用される構造になっています。
衝突実験の動画を見れば判ると思いますが、車体が変形することで衝撃を吸収するようになっています。
コンパクトカーの衝突テスト
http://minkara.carview.co.jp/userid/474823/blog/13173578/

高いところから飛び降りる場合を考えてみてください。
柔らかいマットレスのほうが、硬いコンクリートより安全に着地できます。
同じように柔らかい車体のほうが、衝突時の安全性が高いのです。

バイクのヘルメットの中にも白いスポンジが入っていますが、これも衝撃を吸収するためのものです。
成分的にはスーパーの食品トレーと同じものです。食品トレーの上に重いものを落とすと、跳ね返らず静止します。これはスポンジの部分が変形してエネルギーを吸収しているためです。

欧州車、特にドイツの車のシャーシーは、日本車に比べ重たい傾向があります。
走行速度が高いので、重たいほうが有利なのです。
150km/h以上では、バイクでも、2ストのNSR TZRより、ハヤブサなどの重量級のほうが安定していますし、安心してブレーキを握れるのと同じです。
これは、戦後の自動車産業が戦時中の航空機産業から技術を受け継いだ影響もあるのですが、
頑丈で、撃たれても落ちない機体に強力なエンジンを積んだアメリカ
ガソリン直接噴射と加給機を使用(現在のダウンサイジングエンジン)急降下速度高いドイツ
非力だけども燃費の良いエンジンと軽量な機体、急降下すると運解する日本
それらの特徴が、今の車にも受け継がれています。
しかし、今後炭酸ガス排出量の規制から、欧州車もだんだん軽量化されてくるでしょう。
車体の軽量化では、まだ日本がリードしていますが、ドイツでは革新的な研究が進んでいます。

この10年 ドイツ自動車産業の技術革新は大きく進歩し、大幅なコストダウンと品質の改善が進んでいます。
バブルのころのドイツ車とクラウンやカローラを比べると、カローラのほうがドアやボンネットのつなぎ目が精密にできていました。車体の精度も日本車のほうが数段上でした。
(黒い車に写りこむ風景を見れば判ります)
しかし、現在、アウディやVWの車を見ると、トヨタと同じかそれ以上の精度で作られています。

ドイツ車のボディの精度を大きく改善したのは、レーザー加工技術です。
この分野では、現在ドイツが最も進んでいます。
パソコンのMACBOOKの電源ボタンや、液晶の上にあるマイクの穴などはレーザーで加工されています。
髪の毛も入らないような精密な加工です。
レーザーでは精密な加工を高速度で行うことができます。
http://www.laser-concierge.com/kakou/kakou008.php

アウディなどでは、レーザーを使用した溶接で車体を組み立てていますが、スポット溶接ではなく連続して溶接するので車体の強度が高くなります。
三菱のコルトラリアートが車体強度を出すために連続シーム溶接を施していますが、それをレーザーで行っています。
http://response.jp/article/2008/04/23/108551.html

レーザー加工技術では、日本ではトヨタが最も進んでいますが、ドイツには遅れています。

そのほか、車体の軽量化のためにアルミニウムやマグネシウムを使ったり、プラスチックと金属の強固な接着技術の研究が進んでいます。
特にマグネシウムの技術では日本は大きく遅れています。

車体の強度が高い車と柔らかい車では、ボディの寿命は柔らかいほうが長持ちします。
硬いボディでは走行中の衝撃や振動を吸収できないので、金属疲労や電装品の耐久性などの問題が生じます。
硬いボディはフルマラソンを下駄で走ると同じで、膝や腰を痛めます。

ことしの N-CAP(ヨーロッパ安全テスト)でボルボは高い評価を得ていましたね。

http://www.euroncap.com/bestinclasscars2011.aspx

日本のメーカーも高い評価を得ていますよ。

2006年の安全テストでは、スバルレガシーに完敗したので、
VOLVOは自身のホームページに謝罪文のような広告を掲載しています。
http://www.volvocars-japan.com/contents077.htm

VOLVOは特殊なマーケティングをする会社です。
大型トラックを得意とするメーカーなので、操縦性より頑丈さが売り物のようなところがあります。
日本で...続きを読む


人気Q&Aランキング