いつもお世話になっています。
Access2000を使ってあるデータベースを作っているのですが・・・。
ネットワーク上でアクセスのファイルを共有すると、ファイルが置いてあるPC上ではちゃんとユーザーのアカウントと権限を設定してあるのに、他のPCからLANで開くとせっかく設定したセキュリティが全く機能しません。
LAN上のどのPCから開いてもデータベースの管理者とユーザーと権限を分けるように設定する方法はないのでしょうか。LAN上のすべてのPCのアクセスに同じセキュリティ設定をすれば何とかなりそうですが、そうしないで済む方法があったらご教授願います。
希望としてはユーザーはデータを追加するのみで、データベースの構造も含めて削除や変更は管理者しか行えないようにしたいんですが。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Access95時代の話ですが、2000でも通用すると思い、投稿しました。


質問のように構造を含めた形で変更や削除を禁止したい場合は、
Accessのワークグループ情報を管理するファイル。SYSTEM.MDWを使って、
セキュリティーを設定するしか手が無いと思いますよ。
まず、そのシステムをメンテナンスする為のMDWファイルを作成し、管理者
権限のユーザを作成し、そのユーザで、システムを作成し、セキュリティー
の設定まで行います。
そのAccessファイルを他のユーザが標準のSYSTEM.MDWを使っているときは、
データ追加のみ許すようにするのが、ポイントになります。
私も以前そのようなことをやったことがあるのですが、いかんせん、面倒なのが
ネックです。
テーブル、フォーム、レポートといったそれぞれのオブジェクトに対して、
参照と追加のみ許可する設定にじかんをとられましたし、その後のチェックも
大変でした。
参考になるかどうかわかりませんが、こんな感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もう回答はこないのかと思っていました。。。こんな忘れられた質問に回答してくださってありがとうございます。

データベースは全くの素人なので結局よく分からず、起動時の設定でツールバーなどを片っ端から非表示にしただけで済ませることにしました。
フォームはデータ入力のウィンドウ固定で。これでも周りがアクセスを使えない人ばかりなので、何とかなりそうです。
まさかSHIFTを押しながら起動しようと試みる人はいないでしょうし。

ともあれ回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/08 12:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「リレーショナルデータベース」と「データベース」

「リレーショナルデータベース」と「データベース」は何が違うのでしょうか?
accessはリレーショナルデータベースとの事ですが,普通のデータベースと何が違うのでしょうか?

[データベースはこうだけど、リレーショナルデータベースはこうだよ!]
って教えて頂ければ助かります。

Aベストアンサー

データベースというのはデータの集まりのことで、ソフトウエアのことではありません。データベースという用語は法律でも定義されています。
著作権法第2条第1項十の三
 データベース 論文、数値、図形その他の情報の集合物であつて、それらの情報を電子計算機を用いて検索することができるように体系的に構成したものをいう。

リレーショナルデータベースとは複数のデータベースを組み合わせて(関連付けて)一体として管理するデータベース構造(スキーム)のことであり、組み合わされる個々のデータベースのことはテーブルと呼びます。もちろんリレーショナルデータベースもデータベースの一種です。上記の法律の条文に照らしてみれば明らかでしょう。
EXCELのような表計算ソフトでもデータベース(テーブル)を構築することはできますが、リレーショナルデータベースを構築するには専用の管理機構が必要で、表計算ソフトでは構築不能です。

Accessのようなソフトはこのデータベースを管理・操作するためのソフトウエアであり、分類上「データベースソフト」あるいは「DBMS(データベース・マネジメントシステム)」と呼ばれます。素人向けはデータベースソフト、業務用はDBMSと呼ぶのが普通です。なお、マイクロソフトではAccessのことを、一般向けにはデータベースソフトウエアと呼び、技術者向けにはDBMSと呼んでいるようです。これらのソフトウエアで管理・操作する対象がデータベースでありリレーショナルデータベースなのであって、Accessなどのソフトウエアがデータベースなのではありません。

パソコンが仕事で使われることの少なかった初期(主にホビー・家庭用途)は、パソコン上で動作するデータベースソフトは「カード型」などのリレーショナル機能のないものが主流でした。住所録管理程度であればこれで十分でしたし、当時の表計算ソフトは現在のような大量データは扱えませんでしたから(最大500行とか)、Windows普及以前はデータベースソフトと言えばリレーショナル機能のないカード型ソフトが家庭や零細企業では普通に使われていました。
リレーショナルデータベースがあっても高価で(ビジネス用で一番普及していたdBASEは定価268,000円だったはず)、システム構築も簡単ではないので、システム化の進んだ大手企業やその関連会社でもなければ導入していないのが普通だったと思います。

データベースというのはデータの集まりのことで、ソフトウエアのことではありません。データベースという用語は法律でも定義されています。
著作権法第2条第1項十の三
 データベース 論文、数値、図形その他の情報の集合物であつて、それらの情報を電子計算機を用いて検索することができるように体系的に構成したものをいう。

リレーショナルデータベースとは複数のデータベースを組み合わせて(関連付けて)一体として管理するデータベース構造(スキーム)のことであり、組み合わされる個々のデータベー...続きを読む

QMSアクセスの正規ユーザーです。データベースを配付したい

のですが、アクセス本体がインストールされていないPCでも動作できるように、デベロッパー版を持っている人にコンパイルだけしてもらいたいのですが、これは著作権上、問題ですか?
念のため申し添えますと、私自身はオフィス2000、XP(いずれもプロ)の正規ユーザ、知人はオフィス2000、XP(いずれもデベロッパー)の正規ユーザです。
データベースは私が自分の環境で設計しました。それをコンパイルした実行ファイルを作ってもらい私でも知人でもない第三者等に配付したいのです。

Aベストアンサー

問題はないと思います。
製品カタログ
http://www.microsoft.com/japan/partner/BusinessDevelopment/SalesResources/catalog/catalog.asp
のOffice XP Developer カタログ
http://www.microsoft.com/japan/partner/businessdevelopment/SalesResources/の中に
管理及び配布を支援の中にも書いてあります。
参考になれば幸いです

参考URL:http://www.microsoft.com/japan/partner/BusinessDevelopment/SalesResources/catalog/catalog.asp

QAccessセキュリティ設定でのバックエンドデータ保護

 Accessを使ったアプリケーションによる社内業務改善、初挑戦の者です。

 Access2003で開発したアプリケーションを用いて社内LAN上でデータベース
を共有するため、セキュリティウィザードによって作成されるショートカットを
社内ユーザに配布して運用しています。
 ところが、配布したショートカットのプロパティはユーザが覗くことができ、
そこには実体ファイルの所在がフルパスで記述されている為、これをたどれば
ユーザが実体ファイルに直接アクセスすることができてしまうことに、きづき
ました。
 せっかくセキュリティ設定しても、改ざん(意図はなくても誤操作を含め)
や破壊のリスクがある為、なんとかしたいと考えています。
 回避する方法はないでしょうか?

 なお、アプリケーションファイルはテーブル以外のオブジェクトを含んだ
フロントエンドと、データベース本体(テーブル)のみを含むバックエンドに
分割しており、上記のセキュリティウィザードはフロントエンドに適用して
作成したものです。
 フロントおよびバックエンドのmdbファイル、およびセキュリティ設定の
mdwファイルはいずれも、関係ユーザのみがアクセス可能な社内LAN上の
特定フォルダに置いています。
 万一所在が知られても、セキュリティ設定されたフロントエンドファイルや
セキュリティ設定ファイルは開けないので良いのですが、バックエンドファイル
(データそのもの)が開かれて改ざんされてしまうことを危惧しています。
 つまりファイルが消されてしまう事故は気付くので良いのですが、データの
改ざんは、気付かずに運用継続されてしまう為、安心して運用ができません。

 回避方法のご教示を、どなたかよろしくお願い致します。
 
以上

 Accessを使ったアプリケーションによる社内業務改善、初挑戦の者です。

 Access2003で開発したアプリケーションを用いて社内LAN上でデータベース
を共有するため、セキュリティウィザードによって作成されるショートカットを
社内ユーザに配布して運用しています。
 ところが、配布したショートカットのプロパティはユーザが覗くことができ、
そこには実体ファイルの所在がフルパスで記述されている為、これをたどれば
ユーザが実体ファイルに直接アクセスすることができてしまうことに、きづき
まし...続きを読む

Aベストアンサー

遅くなりました、No.1~3のDexMachinaです。

> (注)2.2で、空のデータベースにインポートするという方法

すみません、職場で作成したデータベースでは、ワークグループ
管理をまだ適用しておらず、管理用のツールだけ先行作成した
状況で、その件は完全に忘れていました(汗)
大変失礼しました。


> 結果 ⇒ 別の他者は開けてしまった。
> つまり現状、開ける人と開けない人が出てきてしまいました。

こちらで確認した限りでは、新規データベースへのインポートにより、
セキュリティウィザードを適用した端末以外から開いた場合でも、
データベースに対する『開く/実行』の設定が正しく反映される
(=権限がない旨のメッセージが出て開けない)結果となりました。

念のため、こちらで行った操作を以下に記述します。
なお、前の回答ではショートカットを使用した起動方法をご紹介
しましたが、上記のテストは「既定のワークグループ情報ファイル
を変更」する形で行いました。
(No.3の冒頭と重複しますが、以下で改めて説明します)

1)Windowsのスタートメニュー等からAccessアプリケーションを起動
2)メニューで「ツール(T)→セキュリティ(T)→ワークグループ管理(G)」
 を選択して『ワークグループ管理者』ダイアログを開く
3)『参加(J)』ボタンをクリックして『ワークグループ情報ファイル』
 ダイアログを開く
4)『ワークグループ(W)』欄のアドレスを、メモ帳などに記録
 (後で元に戻すため)
5)『参照(B)』ボタンをクリックしてファイル選択ダイアログを開き、
  以前にセキュリティウィザードで作成したMDWファイルを開く
  ※一般ユーザーにデータベースを開く権限を与えていないもの。
6)「3)」のダイアログに戻ったら『OK』ボタンをクリック
 (ワークグループに参加したことを知らせるメッセージあり)
 ※これで、既定のワークグループ情報ファイルが変更されます。
7)「2)」のダイアログに戻ったら、『OK』ボタンをクリックした後、
 念のためAccessを一旦終了
8)Windowsのスタートメニュー等から、再度Accessを起動
9)『新規作成』ボタンをクリックするなどして、空のデータベースを
 作成
 →『新しいデータベース』ダイアログで『作成(C)』ボタンをクリック
  すると、『ログオン』ダイアログが開くので、管理権限を持つIDで
  ログオン
10)新規データベースが開いたら、既存のデータベースから適当に
  テーブルなどをインポートしたら、データベースを閉じる
11)「2)~6)」と同様の操作を行い、「4)」で記録しておいたワーク
  グループに設定を戻した後、新規作成したデータベースを開く
⇒【こちらでの確認結果】
  開く権限がない旨のメッセージが表示されることを確認
12)LAN上の適当なところに、新規作成したデータベース(MDB
 ファイル)をコピーし、他のユーザーの端末から開いてみてもらう
⇒【こちらでの確認結果】
  作成した端末以外に3機で確認した限り、どの端末でも開く
  権限がない旨のメッセージが表示されることを確認
  (いずれもWinXP・Pro&Access2003)


この手順を行えば、No.3の補足欄で引用されている英文の末尾で
触れられている通り、Accessの既定のユーザーID「管理者(Admin)」
に対する全ての権限の許可は解除されるはずなので、端末によって
結果が異なることは、理屈的にはなくなる、と思われるのですが・・・(汗)

こうなると、No.2の補足で説明のありました「セキュリティウィザードを
適用したことがないにもかかわらず、バックエンドファイルへのウィザード
適用でエラーとなった」ことが、ちょっと引っかかってきます。

殆どあてずっぽうのようで申し訳ないのですが(汗)、インストールされて
いるAccessのウィザードに何らかの不具合が発生している可能性を
考慮して、Accessを一旦アンインストールしてみるのも手かもしれません。

遅くなりました、No.1~3のDexMachinaです。

> (注)2.2で、空のデータベースにインポートするという方法

すみません、職場で作成したデータベースでは、ワークグループ
管理をまだ適用しておらず、管理用のツールだけ先行作成した
状況で、その件は完全に忘れていました(汗)
大変失礼しました。


> 結果 ⇒ 別の他者は開けてしまった。
> つまり現状、開ける人と開けない人が出てきてしまいました。

こちらで確認した限りでは、新規データベースへのインポートにより、
セキュリティウィ...続きを読む

QODBCデータベースに対するリンクテーブル設定ができません

こんにちは。
ORACLE DBをリンクテーブル設定の対象としたいのですが、うまくいきません。どなたかアドバイスをお願いします。

・既に行った設定
OracleClient及びODBCドライバを使用するPCに導入し、コントロールパネルの管理ツールより、データソースの設定を行いました。
・同機能から接続テストを行い、「成功」と出ました。

・うまくいかない手順
(1)Accessにて新規データベースを作成し、「データベースウィンドウ」が開いている状態にします。
(2)メニューバー→外部データの取り込み→テーブルのリンクを実行します。
(3)「リンク」ウィンドウが表示され、「ファイルの種類」を「ODBCデータベース」に指定すると、強制的に「データベースウィンドウ」表示のみの画面に戻されます。

何故なのかがわかりません。どなたかアドバイスをどうかお願い致します。

Aベストアンサー

ノートンインターネットセキュリティ(アンチウイルスも含む)をご使用の場合に限りますが、オプション→アンチウイルス→その他で『Officeプラグインをオンにする』にチェックが入っていないでしょうか。
これをはずすことで、ODBC経由で接続できるようになる場合があります。

QAccess データベースウィンドウが上に行き過ぎて見えなくなってしまいました

AccessでDBを作っています。
おそらくデータベースウィンドウの位置ドラッグしてしまい、
データベースウィンドウが上に行き過ぎて見えなくなってしまいました。

(現状だと、「テーブル」「クエリ」のあたりがまったく見えません。)
直し方をご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

通常スクロールバーが出ると思いますが、出ませんか?
[ウインドウ]→[重ねて表示]などを試してみてください。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報