今度とある試験で、英文の内容について英語で要約をスピーチする形式のもの受けます。試験では、まず15行ぐらい書かれた英文のカードが渡されます。それを1分間で黙読し、その後に音読します。それからさらにそのカードを見ずにその英文の内容についての要約をスピーチしなさいと言う指示があります。(もちろんメモは取れません)。私は音読に気を取られ、音読中になかなか内容の把握まで気をつかうことができず、要約のスピーチの段階となると沈黙してしまうという最悪の状態です。どのような練習すれば、英文の内容について何も見ずに英語で要約をスピーチするこつがみにつきますか。また、英語で文の要約を述べる際に、どんな英語表現を使えば、相手に要点を聞きやすくすることができますか。要約のスピーチの練習法と要約をスピーチする際の決まり文句になるような英語表現の以上2点について、みなさまからのアドバイスをお聞かせいただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

★alamoana★と申します。



難しそうなテストですね!

> 私は音読に気を取られ、音読中になかなか内容の把握まで気をつかうことができず、

私にも経験があります。
「音読すると英文の内容がわからなくなる」原因
をいくつか挙げてみます:

●普段,英語を黙読しているときに「返り読み」
(英語の語順ではなく,行きつ戻りつ読むこと)
をしている。
だから,英語の語順そのままに読まなければならない音読をしたとき,
内容が理解できなくなる。

●普段「返り読み」をしてはいないが,
黙読のスピードが遅いので,
自然な音読のスピードに内容理解のスピードが追いつけず,
理解が困難になる。

●読んでいる英文に関するボキャブラリが足りず,理解できない。

*

これら以外にも原因は考えられますが,ここでは割愛します。

さて,「返り読み」ですが,これは訓練で矯正できます。
スピーチと同難易度の英文を音読みする練習をすればいいのです。
その際,以下の要領でやってみてください:

●一つのパッセージ(passage)を音読している最中は,
絶対に途中で休んだり,戻って読んだりせずに,
パッセージの終わりまで読みつづける。

●音読が「速すぎて理解が追いつかない」と思ったら,
ゆっくり音読しても良いが,休んだり戻ったりはしない。

●1回読み終わったら,「どんなことが書かれていたのか」
を思い浮かべてみる。
このとき,絶対にパッセージ本文を見ないこと!!

●思い浮かべながら,ノートなどに,
覚えていること(これは必ずしも重要な要点でなくてもよい)を
箇条書きにして「英文で」書き出す。
その際,初めは前後関係にこだわらず,思い出した順に書けばよい。

●覚えていることを書き出す作業中に,
「ある情報があったはずだがどうしても思い出せない」
という感覚があるはずなので,そのような部分は,
書き出している英文中に"?"とでもしておく。
たとえば,「数値」などは覚えにくいので,

There were ? people involved in the accident.

などのような書き方をしておく。

●「何か情報があったはずだが,忘れてしまった」という箇所に
集中しながら,同じパッセージの2回目の音読を行なう。
今回も絶対に「一時停止」「返り読み」はしない。

●再び先ほどの英文に,新たに掴むことが出来た情報を
追記する(赤ペンなどで色を変えて)。

●このような音読を必要なセッション数だけ繰り返す。

●そして,パッセージ中で,どうしても意味のわからない部分に
線をひき(ただし,日本語訳はそこにかかないこと),
意味を調べてパッセージ全体が理解できるようにする。

●最後に何回かパッセージを音読し,
「音読しながら意味が頭に入る」という感覚をつかむ。

●別のパッセージで,上と同じ事を繰り返す。

●一度学習したパッセージは,しばらくして(たとえば1週間後)
にまた音読し,「返り読みせずに意味がつかめるか」を確認する。

*

以上の学習法では,
「最も重要なポイントをつかむ」とか
「文中に出てきた情報の前後関係に気をつける」といったことには
配慮していませんが,
この段階では,これらは重視しなくて結構です。

といいますのも,慣れればこういったことは自然にできるようになるからです。

*

試験,がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 詳細な回答をお寄せいただき誠にありがとうございました。大変参考になりました。どんな本にもない大変貴重なお話を寄せていただき、感謝感激です。
 なお、お礼が大変遅くなってしまったことをこころよりお詫び申し上げます。

お礼日時:2001/07/22 16:53

3段階に分けて語ります。


わたしが英語がぜんぜんわからなかった時代にやっていた方法です。
笑ってください!でも、有効でした。


(1)一番、目についた、耳についた単語をつかう。
-This is about xxx.

(2)とにかく「ポイントは3つです。」と言う。
どんな状況でも、ポイントは3つある、と断言してしまいます。
-There are three points.

(3)第一に、第二に、最後に、、、ととにかく思い出せる限り話す。
At first, ......
Secondly, it was said ......
In the end, ........

不思議と(3)でどんなに詰まっても、この形にもっていくと説得力が
あるようです。自分の方でも、(1)(2)まで無理やり声をだすと、
沈黙の恐怖から開放されますから、なぜか話せたりするんですよ!

ご健闘を祈ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答していただきありがとうございました。苦労されて身につけられた体験談は、説得力がありますね。大変参考になりました。このやり方を今後取り入れてがんばっていきたいと思います。

お礼日時:2001/07/22 17:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学の講義の学習内容、という文脈の「学習内容」にふさわしい英語表現を教

大学の講義の学習内容、という文脈の「学習内容」にふさわしい英語表現を教えてください。

Aベストアンサー

contents of learning

実際のどのように試用されているのか?ホントに正しいのか?などはこちらの結果を合わせて確認してみて下さい。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&client=firefox-a&hs=NAl&rls=org.mozilla%3Aja%3Aofficial&q=university+%22contents+of+learning%22&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=

Q英語において音読というのはどれほど意味があるものなのでしょうか?わたしは最近音読がいいと聞いてよくわ

英語において音読というのはどれほど意味があるものなのでしょうか?わたしは最近音読がいいと聞いてよくわからんけどやってみるかと思い始めてみました。順序として最初に知らない単語があるか確認して単語ごとでまず音読をします。その後流し聞きして意味を掴み、ディクテーションを行いサイトトランスレーション、オーバーラッピング、リードアンドルックアップ、音読筆写、シャドーイングという流れでやっています。かなりハードです。優に1時間はかかります。音読をするというだけで憂鬱になってしまいます。なんとなく始めた音読ですが今になってここまでしてやるほどのものなのかと疑問を持ち始めています。正直音読をしていない時でも駿台の全国模試で偏差70はとってましたし、英語ができないというわけではないのです。ただきついのとその割には効果を感じられないのとで今くじけかけてます。音読を行う目的とはなんなのでしょう?そしてそれはどれほどの効果をもたらすのか?そりゃ何かやれば力は上がると思いますが費用対効果の面から見てどうなんでしょう。誰かこの音読に嫌気がさしてきているわたしを救ってください。

英語において音読というのはどれほど意味があるものなのでしょうか?わたしは最近音読がいいと聞いてよくわからんけどやってみるかと思い始めてみました。順序として最初に知らない単語があるか確認して単語ごとでまず音読をします。その後流し聞きして意味を掴み、ディクテーションを行いサイトトランスレーション、オーバーラッピング、リードアンドルックアップ、音読筆写、シャドーイングという流れでやっています。かなりハードです。優に1時間はかかります。音読をするというだけで憂鬱になってしまいます。...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

>音読を行う目的とはなんなのでしょう?そしてそれはどれほどの効果をもたらすのか?

私も疑問に思っているのです。世間的に言われているものは、少し、意味が間違っているのではないかと思っています。この最初の言い出しっぺの國弘正雄さんの『英語の話しかた』(サイマル出版 1970)に、『只管朗読』という言葉が出て、その後『只管音読」に変わったと記憶しています。(只管--しかん・ひたすら)

「音読」と言われ始めたのは、せいぜい、2000年以降で、それまで過去の語学の達人とか呼ばれる人が、音読を「ひたすら」してきたという人は一人もいないはずです。語学上達の方法の中に、正式に「音読」という方法が含まれているとは、私は聞いたことがありません。

小学生になったつもりで、英語を勉強しましょうというのなら分かりますが、それほどに、「音読」を「ひたすら」するということに、一種の自己満足でしかないように思うのです。

國弘正雄さんのこの言葉には、禅寺の修行を思わせるようで「門前の小僧習わぬ経を読む」ということからなのでしょうけれども、私たち一般の人たちが、いくらそうした真似事をしても、なかなか身につくものではありません。まさに宗教のようになってしまっています。

そういう國弘正雄さんも、語学の才能があってのことです。書籍を出した当時から、その後、音読がよいというブームになったことは、長い間ありませんでした。その当時から聞いていたのは、とにかく英語を流しっぱなしにしておく、ということでしたが、これも、実は効果がありませんでした。

>ディクテーションを行いサイトトランスレーション、オーバーラッピング、リードアンドルックアップ、音読筆写、シャドーイングという流れでやっています。

これは、東進の安河内哲也さんあたりが推奨しているものでしょうか。

「費用対効果」という表現よりも、「勉強対効果(work/effectiveness)」でしょうけれども、もし、今、受験生の方だとしたら、そういうものは、まったく方向性が違うようです。仮に通訳になるのしても、そのメインになるものは、リピーティングとシャドーウィングです。

>最初に知らない単語があるか確認して単語ごとでまず音読をします。

私は『赤毛のアン』のアンのように、単語からイメージしてみます。アンは、言葉ひとつひとつを、宝石のように扱います。もし、美しい響きを持っていれば、それだけで自分で言葉にしたくなるはずです。ただ、受験生はそんな悠長なことはやってられないと言うでしょうけれども。

英語試験とディクテーションとの結びつきは、それほどにはありません。長い間続けるべき意味はないと思います。それと、私自身の調べでは、シャドーウィングというものは、それ専用の教材がないと、私たちのようなノン・ネイティブにはうまくいかないのではないかと思います。音読筆者よりも、頭を使って考えることではないかと思います。

ある語学の達人は、流れをもってその言語を読むことだと言っています。その勉強法には流れがないから、嫌気が指してくるのだと思うのです。流れというのは、スピードのことです。精読も必要ですが、スピードに乗って、ある程度の量をこなさないと語学としては見についていかないように思っています。

こんばんは。

>音読を行う目的とはなんなのでしょう?そしてそれはどれほどの効果をもたらすのか?

私も疑問に思っているのです。世間的に言われているものは、少し、意味が間違っているのではないかと思っています。この最初の言い出しっぺの國弘正雄さんの『英語の話しかた』(サイマル出版 1970)に、『只管朗読』という言葉が出て、その後『只管音読」に変わったと記憶しています。(只管--しかん・ひたすら)

「音読」と言われ始めたのは、せいぜい、2000年以降で、それまで過去の語学の達人とか呼ばれる人...続きを読む

Q英語のスピーチの内容を考えているのですが

英語のスピーチの内容を考えているのですが
「わたしは英語がよく分からないお母さんとおじいちゃんに、英語でなら私の気持ちを伝える事ができると考えました。」
と英語でいうにはどうすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

そもそも日本語の意味が私にはわからないので、これだけでは訳のヒントを与えようがありません。なぜ英語がわからない人に英語で“なら”伝わるということになるのでしょう。原文をわかりやすくすると、訳しやすくなりますよ。

Q英語の音読について、英語がしゃべるる方

英語がしゃべれる方に質問です。
音読が英語にいいと聞きましたが英語がしゃべれる方は、
たとえば、あるお話、1段落でもいいですが、何回くらい音読したでしょうか?
また音読した文章の数を教えてください
さらに音読する際、どのように音読したのか?(たとえば、10回音読して次の節に行って、また最初に音読した文書に戻ったり、闇雲に音読したりなどなど)
また音読する際の注意事項(イメージして音読する。辞書は見ない、訳さない、イメージせず認識のみするなどなど)

もしよければ教えてください。
ちなみにこの質問は英語が話せるかたのみお願いします、

Aベストアンサー

私は英語がほとんどできずに英国に留学した際に、学校の予習復習とは別にペーパーバッグの小説を毎晩1ページづつをソラで(本を見ず暗唱)いえるようになるまで音読・リピートし、1ページ言えてから寝るようにしていました。

最初は毎日4時間ほどかかっていたのが、最後の方は30分もあれば1ページをまるまる見ないで言えるようになったので、人間は鍛えればなんでも慣れて・伸びるものだといま振り返っても驚きです。

なぜこの練習をやったかというと、英語の素地がまったくなかったので、最小限の英文のパターンというかデータベースを自分の中に、土台として構築したいと思ったからでした。
パターンというと、その文言だけをとって、型で覚えるのでよくないという人がいますが、そういうパターンではありません。
ちょどジグゾーパズルをやるとき、人はジグゾーのピース(片)を、1つづつ決まった形の場所にすぐに(直に)置けるわけではなく、普通はボードの角や真ん中あたりにピースの「島(画像がはっきりとわかるかたまり)」をつくりながら、ピースをくっつけていくと思います。
その島にあたるような、英語のよりどころが私の中になにもなかったので、わりと普通っぽい英文で書かれたの小説を用い、それを文章として体に埋め込み、単語や短い会話のよりどころにしていました。3ヵ月後には、基本的なセンテンスが口からでるようになっていました。

ただ、過去の回答にも何度か書いていますが、私はDVDの映画のセリフをまるまる1本(通常1時間半以上)をシャドーイングするなど、やると決めたらあまりギブアップしませんでした。
また上記の留学のときも、予習復習に3時間は取られていましたので、それに加えて暗唱に3~4時間ということは、授業の時間も加えると1日ほとんど英語についやしていたことになります。

人によって性格は違いますし、英語の訓練も、よい方向、効率が上がる方法、飽きない方法は異なると思います。自分にあったメソッドは、自分で探すしかないのです。

私は英語がほとんどできずに英国に留学した際に、学校の予習復習とは別にペーパーバッグの小説を毎晩1ページづつをソラで(本を見ず暗唱)いえるようになるまで音読・リピートし、1ページ言えてから寝るようにしていました。

最初は毎日4時間ほどかかっていたのが、最後の方は30分もあれば1ページをまるまる見ないで言えるようになったので、人間は鍛えればなんでも慣れて・伸びるものだといま振り返っても驚きです。

なぜこの練習をやったかというと、英語の素地がまったくなかったので、最小限の英文...続きを読む

Q英語の文章を読んで、自分で英語で要約するという練

英語の文章を読んで、自分で英語で要約するという練習をしたいのですが
おすすめのサイトなどはありますか?


長さは、最初はあまり長いとつらいので、プリントしたらA41枚から2枚くらいでおさまりそうなものがいいです

ジャンルは問いません
政治、生物、環境、文化などなど
すこし難しそうなものでも、力になるものならがんばります!


わたしは今留学中なので、要約したものはこっちの先生に見てもらおうと思っています
こういう感じの宿題も出るのですが、もっと練習したいと思って


まだまだレベルが低くてあまり難しいのはできませんが、これから力がついてきたときのためにもうすこしレベルが高いものも教えていただけるとうれしいです

Aベストアンサー

こんにちは。私は、TOEIC900超、教員免許と修士号取得の英語学習者です。質問された方のレベルがわからないので、一応、簡単なものから難しいものまで、レベル別に集めてみました(新聞社系中心です。新聞社のサイトだと何でも記事がそろっているので)。難しさは星で表してみました。(星が多いほど難しい)。

◎おすすめサイト1(CNNのサイト)難易度:★★★
私の一押しサイトとして、アメリカの中学生から高校生(大学生)を対象としたサイトCNN Students はいかがでしょうか?毎日ニュースが配信されますし(長期休暇時をのぞく)、先に映像と音で見て、内容を理解してから要約作業に入ることができます。(スクリプトが必要な場合は公式サイトで配布されています)。司会者、すっごいクールでかっこいいですよ。私的には彼の「問いかける」スタイルが好きです。

ここのニュースを見ていると、時事に詳しくなりますし、ついでにアメリカの歴史や人権問題にも詳しくなれます(学生向けサイトなため、ニュース番組の作りが教育的になっています)。放送内容以外にも、学生向けの教育的な記事(社会問題など)を扱っているページも充実しています。

サイト: http://edition.cnn.com/studentnews/


◎おすすめサイト2(タイムズ社のサイト)難易度:★★
Time for kidsというサイトもあります。有名なタイムズ社の記事を、小学生から中学生向きにわかりやすく書き直しているものです。記事の長さもちょうど良く、いろいろな分野の記事を読むことができます。小学生向きとはいえ、なかなかレベルも高いですし、記事の内容には信頼性があります。
サイト: http://www.timeforkids.com/news


◎おすすめサイト3(VOAのサイト)難易度:★
VOA(ヴォイスオブアメリカ)というサイトもあります。ESL学習者向けにわかりやすい表現で記事が書かれています。ビデオやスクリプトがついているのもあります(ただし、音声は私にはゆっくりすぎて我慢できません。読むにはいいのですが)。語彙を制限しているので、易しいです。
サイト: http://www.voanews.com


◎その他おすすめ 難易度:★★★★★★★
あとはワシントンポストとか、ニューヨークタイムズとか、ロイターとか、語彙レベルが高いですが、興味に応じて読んだらいいかと思います。自分に興味のある分野、専門分野の記事なら、意外と難しくても読みやすいと感じる人も多いようです。一つ一つの記事はそれほど長くなりません。3社とも定評があります(教養あるアメリカ人が読む新聞)。科学が好きな人なら、専門サイトとして、NASAのサイトもおすすめです。

ワシントンポスト:http://www.washingtonpost.com
NYタイムズ:http://www.nytimes.com
ロイター:http://www.reuters.com
NASA:http://www.nasa.gov

ということで、同じ「英語好き」として書かせていただきました。ちなみに、要約記事を選ぶにあたっては、自分が理解できるギリギリより少し易しめのものを選んだ方がいいです。また、先生によっては信憑性のないサイトから記事を選ぶことを嫌う人もいるので(Wikipediaはダメなど)、確認しておいた方がいいかもしれません。

Have a fun with English! See you !

こんにちは。私は、TOEIC900超、教員免許と修士号取得の英語学習者です。質問された方のレベルがわからないので、一応、簡単なものから難しいものまで、レベル別に集めてみました(新聞社系中心です。新聞社のサイトだと何でも記事がそろっているので)。難しさは星で表してみました。(星が多いほど難しい)。

◎おすすめサイト1(CNNのサイト)難易度:★★★
私の一押しサイトとして、アメリカの中学生から高校生(大学生)を対象としたサイトCNN Students はいかがでしょうか?毎日ニュースが配信されますし(...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報