どなたか教えてください。潜伏期間中は、人に感染させてしまうのでしょうか?
潜伏期間について、詳しく知りたいのですが・・・。お願いします。

A 回答 (3件)

全ての伝染病がそうだというわけではありませんが、潜伏期間というのは、何らかの伝染病原体に感染後、発病または外部から感染がわかるまで、の期間なので病原体が密かに潜んで外に出ないという訳ではありませんので潜伏期間中でも十分感染の可能性があります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでしたか。少し前にはしかにかかったのですが、誰にも感染しなかったので潜伏期間は感染しないのかな?と思っていました。きっと他の人は免疫があったのですね。回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/02 11:47

質問検索で水疱瘡でヒットすると、幾つか良い質問や回答がありましたよ。


booksさんの他の質問で、「水疱瘡について」を拝見して、はしかですか・・・大変でしたね。
他の質問を覗いてみてください。見ていましたらすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。他の質問をいろいろ見てみます。

お礼日時:2001/06/02 11:51

人に感染‥ということですから、伝染性の疾患であることを仮定しますネ。

食中毒の潜伏期間などは含まないこととします。
多くの伝染性疾患は潜伏期間中にも感染力を持ちます。
潜伏期間は疾病によって千差万別です。
HIVに感染しても、AIDSの発病までの期間は数年~数十年ですし、梅毒なんかも同じですネ。
そして、その潜伏期間中にも他人に感染させる能力を持っています。
できれば、具体的な疾病の名称を書いていただければ、わかりやすいのですが。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

病名は、はしか、みずぼうそう、風疹、おたふくかぜ等です。
そうですか。潜伏期間中でも感染するんですね。回答、ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/02 11:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインフルエンザの潜伏期間は?

インフルエンザの潜伏期間はどれくらいなのでしょうか。

それから
あまり症状が出てない潜伏期間も周りにうつるのでしょうか。

Aベストアンサー

潜伏期間は1日くらいでしょうね
症状がない期間はウィルスも増えてないと思いますので他人へうつす事もないでしょうね

Qプール熱潜伏期間中の感染について

子供がプール熱にかかったようです。
発熱が見られてからはずっと保育園をお休みしてるのですが、それまでは普通に通っていました。
プール熱の潜伏期間は3日から7日程度と聞いたのですが、この期間中に他の子に移ることってあるのでしょうか。
保育園で他のお友達に広げてしまったのでは・・・とちょっと不安です。

Aベストアンサー

発病直前には感染性をもちますが、流行性耳下腺みたいに発病数日前からという事はないようです。

Q新型インフルエンザワクチン。潜伏期間中に打っても大丈夫?

明日喘息持ちの子供が新型インフルエンザのワクチンを打つ予定なのですが、
幼稚園の仲のよいお友達が今日からインフルエンザになってしまいまし
た。
昨日幼稚園で一緒に遊んだようです。

うつってる可能性もあるので、もしかしたら
潜伏期間中にワクチンを打つことになってしまうかもしれないのですが、大丈夫でしょうか?
(潜伏期間中だった場合、ワクチンを打つことによって、菌をさらに足すことになるのでしょうか?
その場合症状が重くなったりするのでは?と心配しています。)

Aベストアンサー

ワクチンに含まれているウィルスは不活性化されています。平たく言えば死んだウィルスと言うことです。

したがって、菌をさらに足すということにはなりません。

Q潜伏中の結核、感染するのでしょうか?

こんにちは。突然思いもかけない問題に直面してしまったので、質問させていただきたいと思いました。

つい最近付き合い始めた彼氏と、血液提供の話をしていたときに、
「自分は血液の病気があるからできない。」と言われてドキっとして話をよくよく聞いてみると、1年以上前ほどに肺結核になったということでした。(それも10年ほどまえに感染していたものが発病しかけたそうです。)

今は結核菌は眠っていて、(血液中にあるといっていました。)日常生活にもなにも支障はないのですが、感染の危険性はあるのでしょうか?

HIVと同じように、血をさわったり性行為をしてうつるということはあるのでしょうか?


どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは.

まずご質問さまの内容について感想を述べると,
「情報が不足・不正確で回答できない」と感じました.

それでも『拡大している結核の予防の啓蒙』のためと,
少しでもご質問者さまの参考になればと,
「浅学な説明を試みよう」と記述を始めました.

結核菌による人体への影響は,
他の病原菌による病気とは違う点があります.

病原菌が体内に侵入する事を『感染』と言いますが,
感染期には当然身体内外の症状は見られません.
他の感染症の場合,
一般的には菌が侵入すると1~2時間から数日の潜伏期間があり,
その後にほぼ感染者全員が発症しますが,
結核の場合は『感染即発病』とならない所が『結核の特徴』です.
結核では,感染しても一生発病せず過ごす人も多数居るのです.
結核の発症は感染後の経過年数とともに低下しますが,
「20~30年経過しても発症の危険はなくならない」と言われています.

ちなみに60年ほど昔は,日本人のほぼ全員が結核に感染していました.
最近は結核が一時少なくなったので,自然に感染することが少なく,
感染しないために抗体保有者事態が少なくなって,
それゆえの新しい患者の発症例が増加しているそうです.

さらに昔と比較し発症例が少なくなったために,
「医師自体に結核に対する認識が低くなっている」と
啓蒙の必要性を含め自戒している状況を専門医にうかがっています.

結核発症は感染者の体力が落ち,
菌に対する抵抗力が弱くなった場合に,
初めて眠っていた菌が増殖をはじめ,
ようやく身体に症状が現れることによって,
発病が表面化するのです.

『結核の感染は,ほぼ100%呼吸による吸入感染』と言われています.
つまり,結核患者の咳で飛散した菌を,
呼吸で肺に取り入れることで感染(伝染)が行われるのです.
1992年の新規登録患者の52%が菌を排出しているのが,
研究機関によって確認・報告されています.

結核菌による病気の発症部位は全身に及びます.
病名は肺結核・脊髄カリエス・結核性髄膜炎などで,他にも多数あります.

ご質問にある「>血液に結核菌が存在する」に関しては,
既にNo2の回答者さんがご指摘の
『粟粒結核(ぞくりゅうけっかく)』と言われるもので,
『血管内に結核菌が存在すると非常に重篤になる危険な発症例』です.

No2の回答者さんのご説明のように,
冷静になって,もう少し相手の方と,詳しくお話し合いをされることが,
ご心配の事実解明・解決つながるものと思います.

結核治療は55年まえの昔と比較すると,格段の進歩があり,
症状が初期段階であれば,通院治療で完全回復できる現状です.
ご質問者さまも「結核」で検索されて,
結核予防会などから“正確な情報”を得られる事を願います.

この後も気になるので覗いて見ますので,必ずご返事をくださいね.
彼との幸せな人生が送れることを祈っています.

なお回答者は幼い頃,24歳の母を肺結核で亡くしたので,
自分で結核に関する書物を読み漁り知識を得ています.
参考になれば幸いです.

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%90%E6%A0%B8

こんばんは.

まずご質問さまの内容について感想を述べると,
「情報が不足・不正確で回答できない」と感じました.

それでも『拡大している結核の予防の啓蒙』のためと,
少しでもご質問者さまの参考になればと,
「浅学な説明を試みよう」と記述を始めました.

結核菌による人体への影響は,
他の病原菌による病気とは違う点があります.

病原菌が体内に侵入する事を『感染』と言いますが,
感染期には当然身体内外の症状は見られません.
他の感染症の場合,
一般的には菌が侵入すると1~2...続きを読む

Q新型インフルエンザ潜伏期間はうつる?

姉が19日の土曜日から熱が出て、月曜に病院へ行き新型インフルエンザだったと連絡がありました。

20日の日曜日に姉の子供(中1と小1)と夜一緒には食事をしました。
今のところ、子供達は元気だそうですが、潜伏期間が7日だとして、もし、子供達が感染しているとしたら、私も感染している可能性はあるのでしょうか?

姉が言うには『潜伏期間には絶対うつらない!発症した人からじゃないとうつらない!病院で確認したし、ネットでも調べた』と言われました。

私も色々調べたのですが、結果は潜伏期間でも感染するという事です。

私は現在妊娠中で、3歳の子供もいます。なので、神経質になり過ぎだと言われます。

実際のところどうなんでしょう?潜伏期間はうつるのでしょうか?

正月は親戚で集まる予定なんですが、私の子供以外にも小さな子供がいます。
姉の言う通り、潜伏期間はうつらないのなら正月集まっても問題ないのですが、もしうつるとしたら会うのは辞めた方がいいですよね?
ちなみに、姉は昨日熱が下がったそうです。

Aベストアンサー

看護師です。

質問者様がお調べになった通り、潜伏期間でも、新型、季節性どちらもインフルエンザは感染します。

発熱の前日に一緒に食事をしたということですので、お子さんに感染している可能性はありますし、お子さんが感染していたとしたら、質問者様にも感染している可能性はあります。

感染しているかどうかは、感染してすぐに検査しても陰性になることがほとんどですし、発病後でないと分かりませんね。
妊娠されてるとのことですので、発熱があったら、すぐに内科受診することをお勧めします。
不安をあおってしまうかもしれませんが、妊婦さんでもタミフルの服用は問題無いですので、暫くは発熱などに注意して、発熱があったら、すぐに受診して下さい。

参考URLを貼っておきます。

お正月の親戚の集まりは、やめておいた方が無難かと思います。

参考URL:http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/influenza/Se200909070001.html

Qみずぼうそうの潜伏期間中は人にうつす可能性ありますか?

みずぼうそうの潜伏期間中について質問します。

みずぼうそうの水疱が出る1~2日前から人にうつる可能性があると
過去ログで調べたのですが・・・
それ以外の潜伏期間は人にうつす可能性はあるのでしょうか?
(水ぼうそうのウィルスに接触後→水疱が出る1~2日前以外の期間)

ご存知の方がいらっしゃいましたら、お教え頂けますよう
お願い申し上げます。

Aベストアンサー

control of communicable diseaseでは、as long as 5 days、but usually 1 or 2days before ..とあります。

Qインフルエンザの潜伏期間に感染させる?

子供がインフルエンザを発症しました。母である私にも感染している可能性があります。可能性が0ではないので潜伏期間に会社に行って他の人に感染させてしまう可能性はありますか?

Aベストアンサー

感染させてしまう可能性はもちろん、しない可能性もどちらもあります。

ウイルスは目に見えないので、どこにあるのかわかりません。
お子さん以外のウイルスもいっぱいあります。他の方がインフルエンザにかかったとしても、質問者様のせいだとは思いません。

質問者様ご本人がインフルエンザで長期(大体3日以上)休みを取るなら、病院で診断書を取り会社に提出する必要はありますが、潜伏期間かもしれないからと言っていると、限りがありません。
予防の意味も兼ねて、マスクをして出社すればいいのではと思います。

Q日本女性に梅毒感染者激増中 中国では紙幣から梅毒感染 梅毒は強力な感染力で猛威を振るっている。 どう

日本女性に梅毒感染者激増中
中国では紙幣から梅毒感染
梅毒は強力な感染力で猛威を振るっている。
どう予防すべきですか?怖くて町も歩けません❗

Aベストアンサー

町なんか歩いても梅毒に感染しません。紙幣からも感染しないです。質問者様の免疫力がよっぽど低下していない限り大丈夫です。

Qインフルエンザについておしえてほしいんですが…発症するまえの潜伏期間で周りにうつるんでしょうか?

インフルエンザについておしえてほしいんですが…発症するまえの潜伏期間で周りにうつるんでしょうか?

Aベストアンサー

潜伏中でも排菌します。しかしまだ量が少ないので感染率は発症後と比べて低いです。が、感染することは感染します。

Q水疱瘡の潜伏期間に予防接種を受けてもいいのでしょうか?

先週の木曜日に長男が水疱瘡を発症しました。
で、生後4ヶ月の妹に移っている可能性があるのですが、来週水曜日にBCGの予防接種を控えています。
潜伏期間中に予防接種を受けてもいいのでしょうか?
仮に移っているとして、発症までにはまだ10日以上あり、周りに移す可能性はないようなので、受けれるのでしたら受けに行きたいと思っています。
ご存知の方は教えてください。

Aベストアンサー

結論から言えば、予防接種は見送ったほうがよいのではないでしょうか。そもそも、伝染させるというよりは、おこさんの体のためを思えばです。少なくとも、小児科医に相談の上で決定されることを御勧めします。

水痘のウイルスを排出している時期(感染源となる時期)は発疹出現の1~2日前から出現後4~5日、あるいは痂皮化するまでとされます。潜伏期は2週間程度(10~21日)です。
先週木曜日19日に長男さんが発症と考えると、先週火曜日17日には妹さんが感染していてもおかしくない計算です。そこから10-21日間の潜伏期間を考えると、最長で5/8までとなりますから、他の子に感染させることは十分に考えられます。発疹が出る前から感染の可能性がある以上は最大限の配慮が必要ですよね。

参考URL:http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k01_g2/k01_24.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報