恋愛小説が人気の唯川恵さんの作品を読みました。
OL経験があるということで対象とする読者もやはり
OLになるのか職種も違う自分はイマイチでした。
口コミで人気が広がるのでしょうか。核心をついているセリフもありましたのでムキになってるだけかもしれません。文中に「ぶす」という言葉を登場させる点が好きになれません。はっきりいって外見の美醜は本人に責任はなく親の遺伝子であると思います。世の中に外見礼賛思考が
ある事が悲しいです。唯川さん自信、外見礼賛論者なのかな?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「肩越しの恋人」読みましたが、私は全然そんなこと思いませんでした。


唯川さんの小説って、さらりとして文章も読みやすい恋愛物が多いですよね。だから人気があると思います。
#2さんと同じく中身が薄いというか、深くない感じで、私も若い頃しか読みませんでした。でも直木賞をとられたので久しぶりに読みました。

はっきり言って、私はブスに分類される女ですので、美に対するコンプレックスありますよ。
ホントに本人の努力では限界があります。
女は、本当に自身の美醜にこだわりますよね。それで人生も違ってきますしね。
世の中の、ほとんどの女性は悩んできたと思います。だからこそ、小説のネタにもよくなります。

作家自身さんが、外見礼賛論者でなくても、登場人物として出すことは多いです。それだけではないですか?
私の場合、小説の登場人物に好感を持つ事は少ないです。たいてい、嫌なやつ、理解できないやつ、友達になりたくない人です。(そんな本のほうが楽しいじゃない?)また、実際の世の中もそうなんですよね~。

桐野夏生さんの「グロテスク」読んだことありますか?これなんて、奇跡的な美人と、それを見てきた、容貌に恵まれない2人の女が登場人物です。2人の怖いくらいのコンプレックスの負のエネルギーが凄かったです。

林 真理子さんも(最近はとても綺麗ですが)小説の中では、美人の女王さまがよく登場します。また、上手にかかれてます。

最後に、若い頃は(30歳くらいまで)は、本人の責任ではないですが、30後半以降は、男性同様、自己責任の部分が大きくなりますよ~。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すごく参考になりました。ありがとうございます。
桐野さんのOUTは読みました。やはり女の外見コンプレックスは内容の中にありました。グロテスク読んでみます。林真理子さんは凄いと思います。自身のこれまでの経緯と考え方がしっかりされている。強い人で女版村上龍じゃないかというくらい説得力と迫力はありますね。女性が外見によって歩む人生が違うこと、学生時代に見せ付けられました。美人な子が二人そろって医者と付き合っていました。就職もバンバン内定とっていました。衝撃です。

お礼日時:2004/05/04 17:09

違うタイトルの本ですが、何冊か読んだ事があります。



個人的には私もそんなに好きではありません。
というか面白くない(中身が薄いように感じたから)
読んだ時は大学生の頃とOLやっていた時ですけどね^^;

外見に関する内容も少々出てきましたが、あまり好きになれません。外見は確かに影響があると思います。
だからと言って外見が全てでもないですからね。あまり気にする事ないと思います。女王様体質の人は時々でてきます、もしかしたら唯川さん自体がそういうイヤな体験をした可能性もありますから深く考える事もないでしょう。
あくまで本の中の話ですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。
実は本を薦めてくれた姉に不満を言ってしまって
すごく叱られました。面白くなかったことを言うのは
まずかったようです。唯川さん自身が嫌な体験をされた
というところで何となく安心しました。
そういう考え方もありますよね。

お礼日時:2004/05/04 17:03

何を読みましたか?

この回答への補足

「肩ごしの恋人」です。
この作品に対する感想も何件か読みましたが私と同様に
登場人物のキャラクターには違和感を感じている方は
まぁまぁいらっしゃいました。特にスキになれないのは
「るり子」という女王様体質の女性です。

補足日時:2004/05/02 03:22
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在公募しているエッセイに、応募しようと検討してま

すが郵送で送る場合原稿は折り曲げて送っては、だめでしょうか印象悪くなりますか応募要領には明記されていないので困っております、原稿はA4サイズの紙にワープロ書きです(3枚程度)又封筒はどのサイズですか切手の値段は?経験者の方教えて下さい、お願い致します

Aベストアンサー

マンガの原稿ではないので、折り曲げても困らない気もしますが
折り曲げた部分の印字がかすれて読みづらくなることがあるかもしれませんので
念のため折らずに送ったほうがいいかもしれません。
封筒は角形2号(角2号)がA4サイズの紙が入る大きさです。(100円ショップでも売ってます)
配達中に原稿が折れ曲がらないように厚紙を当てて、雨に濡れても大丈夫なように
ビニール袋に入れてから封筒に入れるとバッチリです。

切手の値段ですが、重さで料金が変わってきます。
http://www.post.japanpost.jp/service/standard/one_price.html
キッチンはかりで構わないので重さを量り、上記ページの
定形外郵便物の料金を見て切手を貼ってください。
はかりがない場合は、郵便局の窓口へ持っていけば大丈夫です。

Q唯川恵さんの本名、どなたかご存知ありませんか

今年直木賞を受賞された、唯川恵さんの本名をご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

hakusan さん、こんばんは~☆♪

> 唯川恵さんの本名をご存知の方、教えてください。

宮武泰子(たいこ)ですね。
下記URLをご参考にして下さいませ。

http://www.tokyo-np.co.jp/00/ikw/20020117/lcl_____ikw_____002.shtml


ではでは☆~☆~☆

参考URL:http://www.tokyo-np.co.jp/00/ikw/20020117/lcl_____ikw_____002.shtml

Qコラムやエッセイを書く仕事

雑誌や新聞などに、コラムやエッセイを書く仕事をいつかしたいと思っています。
私はずっと海外暮らしなので、そのことなど綴れたらと思うのですが、コラムニストやエッセイストになる方法は読んだのですが、公募ガイドなどで応募する他にも方法はあるのでしょうか?

自分が住んでいる国以外でも、旅へ出て、その国のエッセイやコラムも書くことができたら面白いなと思っています。
旅のコラムを、例えば雑誌や旅行のガイドブック等に掲載してもらいたいと思った場合、どのように始めたら良いのか教えて頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

>旅のコラムを、例えば雑誌や旅行のガイドブック等に掲載してもらいたいと思った場合、どのように始めたら良いのか教えて頂けたら幸いです。

実績がないと、いきなりは無理ですね。
あなたは既に自分の原稿が、どこかに掲載されたことがありますか?
商業誌でなくても、公のものに掲載された自分の原稿がいくつかないと難しいですね。商業誌がベストですが、極端に言えば、校内誌や社内誌でもいいでしょう。最低数点は必要です。
ジャンルが違っては意味がありません。コラムなら、その種のもの。論文の原稿では、コラムには向いていないということです。

そういった掲載原稿がなければ、公募(旅の雑誌など)で最低限、入選しなければならないでしょう。ただ入選した程度では、コラムなど書かせてくれませんよ。

雑誌社は、あなたの実力が分かりませんから、いきなりコラムを書かせてくれといっても、相手にしてくれません。
ただ、雑誌はフリーのライターを常に募集しています。
ガイドブックは専属のライターですから難しいですね。

すでに掲載されたコラム向きの原稿を、数点お持ちですか?

>旅のコラムを、例えば雑誌や旅行のガイドブック等に掲載してもらいたいと思った場合、どのように始めたら良いのか教えて頂けたら幸いです。

実績がないと、いきなりは無理ですね。
あなたは既に自分の原稿が、どこかに掲載されたことがありますか?
商業誌でなくても、公のものに掲載された自分の原稿がいくつかないと難しいですね。商業誌がベストですが、極端に言えば、校内誌や社内誌でもいいでしょう。最低数点は必要です。
ジャンルが違っては意味がありません。コラムなら、その種のもの。論文の原稿...続きを読む

Q畠中恵のねこのばばはいつ文庫化するか

最近畠中恵先生の「べしゃらけ」を文庫で買い面白かったので「おおぬしさま」も買いました。
そして、アマゾンで調べると「ねこのばば」が単行本で出ているのを知って、図書館で借りようと思いました。だけど、文庫を買ったろきの楽しみにしようと思い借りるのを止めて文庫化を待つことにしました。
それで、文庫化がいつになるか調べてみたのですが自分の力では見つかりませんでした。
どなたか「ねこのばば」いつ文庫化するか知ってる方はいませんか?

Aベストアンサー

えー、恐らく質問者さんが言われているのは『しゃばけ』『ぬしさまへ』のことだと思いますが……。

『しゃばけ』の単行本が発行されたのが2001年12月。
文庫本が発行されたのが2004年4月。
この間2年4ヶ月。

『ぬしさまへ』の単行本が発行されたのが2003年5月。
文庫本が発行されたのが2005年12月。
この間2年7ヶ月。

ということは、平均して2年半くらいの間隔で文庫本化されていることになります。
で、『ねこのばば』が発行されたのが2004年7月。
ということは、文庫本になる目安としては2006年12月前後くらいになる計算になります。

もっともこれは以前出た本からの推測ですので、今年の後半くらいになったら、こまめに新潮社のサイトなどをチェックしたほうがいいでしょう。

参考URL:http://www.shinchosha.co.jp/ http://book.shinchosha.co.jp/shabake/index.html

Q自分で書いたエッセイを応募するには…

質問のタイトルがヘンでしたが、エッセイのような身辺雑記を書くのが好きで、ブログに毎日書いています。

日本エッセイスト・クラブが発行している「○○年版ベスト・エッセイ」も好きで毎年買っていますが、自分で書いたエッセイを応募するにはどうすればいいのでしょうか。

小説の場合は素人が投稿するコンテストを設けている雑誌がありますが、エッセイの場合は聞いたことがありません。

自分が書いたエッセイを発表したり、応募したりする場をご存知の方がいらっしゃれば教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

エッセイのコンテストはたくさんあります。雑誌の「公募ガイド」や下記のサイトなどで、自分に向いたものを見つけてください。

文学賞・新人賞への公募ガイド
http://kobo-joho.jpn.org/kobo/index.htm

Q東電OL殺人の本

上記の本があるそうで探しています。
出版社と著者をおしえてください。

Aベストアンサー

「東電OL殺人事件」佐野眞一 新潮社 1,800円

参考URL:http://www.ywad.com/books/685.html

Q料理(レシピ)に関するオススメのエッセイを教えてください!

最近になって、林望さんのエッセイにハマりました。氏は料理にも造詣が深いようで、オリジナルレシピを集めたエッセイ本もありますし、イギリス生活の思い出を綴ったエッセイ等、料理に関係のない題材のエッセイでも、レシピを紹介してあったりします。
当方も料理は好きなので、おもしろいエッセイを読みつつ、レシピも知れて一石二鳥というエッセイを他にも探しています。レシピだけでなく、東海林さだおさんのようにレシピではなく、食べ物そのものに関するエッセイも好きです。

このように、食べ物やレシピに関するエッセイを書いている作家さんや文化人などの本をご存知でしたらぜひ教えてください!

あと、米原万里さんのエッセイも最近になって読み始めました。林望さん、米原万里さんのエッセイが好きならこの人のエッセイもオススメ、というのもありましたら、こちらも併せてご教授いただけたら幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは。林さんと米原さんのエッセイどちらも好きです(^o^)ので良かったら参考にして下さい。
●石毛直道さん「食べるお仕事」
 和田誠さんの表紙に惹かれて読みました。国立民族博物館館長の石毛さんならではの知識に裏打ちされた、でもサックリ軽いお話がとても面白いです。すみません絶版のようですので図書館か古書店などでチェックしてみて下さい。アマゾンにも多分あると思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31078959
●森枝卓士さん「食べてはいけない!」
 数年前に流行った「買ってはいけない」のような告発本シリーズではありません^m^。地球上で暮す民族の中でタブー視されている食べものについてのお話です。難しい学術本ではありませんので気軽に読めます。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31981288
●辺見庸「もの食う人びと」
 「食べる」というテーマでバングラディシュやチェルノブイリで暮す人達を取材した一冊です。ルポですがとても読みやすいのでお勧めです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19963391
●椎名誠さん「あやしい探検隊焚火発見伝」
 椎名さんはアウトドアをされるのでエッセイの中でも割と食べものに関する話を書かれていますが、これは特に食べものに関してのエッセイです。リンさんと呼ばれるあやしい探検隊の料理長林政明さんとの共著でレシピもしっかり載っています。キャンプなどで活躍すると思います(狸料理は微妙ですが^m^)。最後の対談集もなかなか面白いです。林さん自身も本を書かれています。文庫化されていますが、残念ながら絶版ですのでもし図書館などで見かけたら読んでみて下さい。岩魚料理とかメチャクチャ美味しそうです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30475457
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18700131
●岡崎大五さん「アジア飯店」
 アジアを旅行した際に出会った、美味しい食べ物変わった経験などが沢山綴られています。ドリアンを密輸した話などドキドキ感が伝わってきて面白かったです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30616351
●桐生操さん「やんごとなき姫君たちの饗宴」
 桐生さんの「やんごとなき」シリーズの最新刊(多分)です。昔の姫君たちの食卓や美食家と呼ばれた人達の話、また料理がどうやって出来たかなどが軽い読み口で沢山書かれています。最後の方は名品が沢山載っていますので、旅行などに行った際にも役立ちます。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31472875
 米原さんのエッセイの繋がりでお読みになるなら、米原さんのお友だちでシモネッタ(米原さんが名づけたそうです)とよばれている^m^
イタリア語通訳者田丸公美子さんをお勧めします。通訳業での奮闘ぶりや通訳仲間達の裏話、イタリア人の気質などユーモアたっぷりに書かれていて声に出して笑えます。米原さんの話も少し出てきます。「パーネ・アモーレ」や「シモネッタのデカメロン」が面白かったです。9月に新刊も出るようですよ。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31419390
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/32007462
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/32125156
 あと林望さんがお好きなら多分鹿島茂さんはいかがでしょうか?フランス文学者で大学の教授なんですが、古書コレクターで家計が大変になった話や買い物が大好きな日常など、なかなか面白い話が満載です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30608057
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30872592
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31364432

 長文失礼しました。ご参考までにm(__)m。

こんにちは。林さんと米原さんのエッセイどちらも好きです(^o^)ので良かったら参考にして下さい。
●石毛直道さん「食べるお仕事」
 和田誠さんの表紙に惹かれて読みました。国立民族博物館館長の石毛さんならではの知識に裏打ちされた、でもサックリ軽いお話がとても面白いです。すみません絶版のようですので図書館か古書店などでチェックしてみて下さい。アマゾンにも多分あると思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31078959
●森枝卓士さん「食べてはいけない!」
 数年前に流行った「買っ...続きを読む

Q『東電OL症候群』を読んで

『東電OL症候群』を読み始めました。その前の『東電OL殺人事件』から関心を持っています。色々な面で目を離せない事件なのですが、どうしても心の中の引っ掛かりとして理解できないのが、亡くなってしまったこのOLを、そうした行動に駆り立てた心の中なのです。

この本の中では多くの女性から、共感された手紙が数多く寄せられたことが書かれていますが、たとえば“誰とでも寝る”ということと“お金をとって不特定多数の男と寝る”というのは全然違うことだと思うし、あれほどまでに自分を貶めてしまう行動が、どんな動機によるのかを考えると本当に不可解に思うのです。

もしこの本を読まれて、私はこんなふうに思う、というようなことを感じた方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

私もこの事件にはとても関心を持ちます。
彼女の生き様の不可解さ、冤罪事件なのかどうかなど謎が謎を呼ぶというか、なんとも釈然とせず気持ちの悪さを覚えます。

『東電OL殺人事件』は読みましたが、読み終わっても彼女がなぜあのような行動を取ったのか、私にはどうも納得の行く答えが得られませんでした。
もっとも彼女が亡くなった今、誰にも出せない答えかもしれませんね。
もしかすると彼女自身にもわからなかったのかもしれないとも思います。

残念ながら『・・・症候群』のほうはまだ読んでおりません。図書館に予約をいれているところです。
ですからご質問の内容とずれるかもしれませんが、前著を読んだだけの感想です。

非常に優秀ないい子でずっとエリートできた彼女が、溺愛していた父親の死に相当な精神的ショックを受け、拒食症になり、仕事上での挫折があり、そのストレスがまるで自傷行為のように売春という行為にいたったのかなと。
彼女は親しい友人も同僚もおらず、愚痴を聞いてもらったり、遊んでストレスを発散したりできず、自分の中にどんどん溜め込んで行ったみたいに思えます。
理想が高すぎて自分が卑小で自分を認めてあげることができなかった。
それで自分をどこまで貶められるか自虐的な快感を得ることが、ストレスの発散につながったのではないかな。
誰でも快感を求めますね。
彼女はそれが快感だったのではないか。性的に、ということだけではなく。

気になるのは親子関係です。
母親は彼女の「お仕事」を知っていたみたいですね。
知っていてなにも言わなかったのでしょうか。
近親者の話が聞けていないので、今ひとつ彼女の人間像が浮かび上がってこないのです。
これは想像ですが、父親を溺愛するあまり母親に対する嫌悪みたいなものがあったのかな、と思ったりもしますが、どうなのでしょう。

拒食症だったというのもポイントのように思います。
極端に走るという性格が元来あったのかもしれません。
それがストレスや家庭環境などと複合して極端に出てしまったのではないでしょうか。
その行為そのものに固執して依存しているように思われます。
食べないことに固執してしまうのと同じように。

・・・などと書いてきましたが、私も今だにもやもやした気持ちでいます。
どんなに分析しようが本当のところは誰にもわからないのかもしれませんね。

できれば『・・・症候群』を読んでからご質問にお答えしたかったのですが。
まだ何人か予約待ちでしばらく手にすることができないようです。

私もこの事件にはとても関心を持ちます。
彼女の生き様の不可解さ、冤罪事件なのかどうかなど謎が謎を呼ぶというか、なんとも釈然とせず気持ちの悪さを覚えます。

『東電OL殺人事件』は読みましたが、読み終わっても彼女がなぜあのような行動を取ったのか、私にはどうも納得の行く答えが得られませんでした。
もっとも彼女が亡くなった今、誰にも出せない答えかもしれませんね。
もしかすると彼女自身にもわからなかったのかもしれないとも思います。

残念ながら『・・・症候群』のほうはまだ読んでお...続きを読む

Qオススメのユーモアエッセイ

こんにちは。
最近、ユーモアエッセイを読んでみたいなと思っております。
土屋賢二さんのエッセイは全部読みました。
そこで、他の方が執筆なさったユーモアエッセイを読んでみたいなと思っています。

そこで、皆さんがオススメのユーモアエッセイを教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も、大のツチヤファンです。
もし、ツチヤ先生のエッセイが面白いなら、下記のエッセイあたりは、笑いの質が似ていて、面白く読めると思います。

臨機応答・変問自在 森助教授VS理系大学生
森博嗣/著 講談社新書 680円
こちらは、名大の建築家の助教授。エッセイではありませんが、学生の珍問奇問に対する回答が爆笑物です。

延長戦に入りました
奥田英朗/著 幻冬舎文庫 495円
スポーツを扱ったエッセイなのですが、スポーツが好きでなくても、いやスポーツが嫌いな方ほど笑えるかもしれません。ユニークな視点が光ります。

どくとるマンボウ航海記
北杜夫 新潮文庫 400円
ある意味古典ですので、「そんなもの知ってる!」というのでしたら御免なさい。でも、今読んでも面白いです

Q能町みね子さんがOLを止めた理由

最近「オカマだけどOLやってます」という本を読みました
ブログが元になっている本なのでブログを見ていると、今はOLではないようなことが書かれていました

書籍のほうは全て読んだのですがブログはかなり量が多く止めた理由について書かれている部分が見つかりません

休業しているだけなのでしょうか?細かいことですいませんがよろしくお願いします

Aベストアンサー

NO.1です。
ごめんなさい、質問を読み違えておりました。
ブログを辞めた理由ではなくOLを辞めた理由なのですね。
見当違いのことを書いてしまって申し訳ございません。

憶測なのですが、彼女は手術前にOLを辞めたのではないでしょうか?
そういう記述がブログにあったような気がします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報