35億年前に誕生したと言われる一番最初の生命ってどうやって誕生したのでしょうか?
聞いたところによると、もともと宇宙にあったアミノ酸が原始地球の海の波打ち際の泡の中に集まり、たんぱく質が生成されて誕生したと言うことですが・・・
また、そのような単純な生物(バクテリア?)はどうやって自己複製能力を身に付けたのでしょうか?

皆さんどう思います?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>実験などで、幾つかのアミノ酸を組み合わせて簡単な生物を創ったりできるのでしょうか?



オパーリンの学説(仮説)は有名ですよね?以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
ここに記載のある「原始スープ」の実証実験のことでしょうか?

http://www1.plala.or.jp/yossie/ikimono/ik01.htm
(生命の起源)
この「コアセルベート」とはキーワードになります。

http://www.ky.xaxon.ne.jp/~rima7131/sinka/
(ミラーの実験)
いろいろ問題があるようですが・・・?
全般として宗教論「キリスト教」に関するものでしょうか?

http://www.gsc.riken.go.jp/j/words/situgioutou3. …
(「タンパク質とDNAは、どちらが先に存在したのでしょうか?」)
「RNAワールド説」も面白そうですね?
現在でも「レトロウィルス」が存在しますからね?
この中に記載がありますように、仮にこの仮説が正しいとしても、ではその「RNA」はどのようにして出現してきたのでしょうね・・・?
参考文献もあります。

オパーリンに関しては、
======================================
物質→生命→理性/A.I.オパーリン[他]/岩波書店/1979.7 
生命の起原への挑戦/A.I.オパーリン,…/講談社/1977.7 
生物界の弁証法/オパーリン,プラトー…[他]/たたら書房/1975 
生命の起原/オパーリン[他]/岩波書店/1969 
生命の起源/オパーリン[他]/岩崎学術出版社/1968 
宇宙と生命/A.I.オパーリン,…[他]/理論社/1963 
生命/オパーリン[他]/岩波書店/1962 
=========================================
ご参考まで。

補足お願いします。

参考URL:http://www.t3.rim.or.jp/~thama/QA/items/seibutu3 …

この回答への補足

参考になりました。ありがとうございます。
そうです。
原始地球において、太陽光線や化学反応で自らエネルギーを生み出し(利用し)、増殖機能を持つ生命体が発生し得ることの証明がされているかどうかが知りたかったのです。
まだ証明はされていないようですね。
でも◎http://www1.plala.or.jp/yossie/ikimono/ik01.htm に書かれていたように、ある種の膜の中に幾つかのアミノ酸が凝集し、偶然たんぱく質が生成されそうな気はしますけどね。
それらがどのような仕組みで自己複製機能を身につけたかが早く解明されてほしいですね。

僕はキリスト教にある「神」が創造したという説よりも偶然が重なって生命が誕生したという説のほうがよっぽど科学的で現実的だと思いますけどね。

補足日時:2001/06/03 11:06
    • good
    • 0

以前NHKの番組でも放映していたように記憶してますが・・(確か、驚異の小宇宙:生命の誕生?)?



以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「科学史年表」
「35億年前」のところに記載があるように、
嫌気性生物⇒シアノバクテリア⇒植物プランクトン⇒真核生物の祖先⇒嫌気性生物DNA+ミトコンドリアDNAの共生⇒真核生物の誕生

これも仮説(?)だろうと思いますが・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.coara.or.jp/~sanken/beppudic/science. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、参考URLサイトの紹介、ありがとうございます。
生物の進化がよく分かりました。生物ってすごいですねー。
しかし、生命の発生は不思議ですよね。
実験などで、幾つかのアミノ酸を組み合わせて簡単な生物を創ったりできるのでしょうか?
もしできるのだったらその仕組みを知りたいものです。

お礼日時:2001/06/03 01:03

SF映画でしかそのような事柄に触れた事のない素人です。


もともと自己再生能力を持った生物そのものが隕石等に付着して多種類地球に到達し、環境に適応し得たものが繁殖したのだ、というのを見た事があります。
あ、およびでないですか? こりゃまた失礼致しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かにその可能性もあると思います。
先日、宇宙空間で生きのびることのできる微生物が見つかりましたからね。
噴火などの原因ですでに生物のいる星から吹き飛ばされて地球にやってきたのかもしれませんね。
もしそうだとしても、元の星の生物はどうやって発生したのでしょうか?
・・・謎ですね~。

お礼日時:2001/06/03 00:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浄化槽から泡があふれて困っています。

 2週間ほど前に浄化槽の鉄製のふたの周りから茶色い泡があふれて業者に連絡しました。その業者とは年間保守点検契約を結んでおり、8月の点検では異常がなかったのに「この泡はなんですか?」と聞いたところ、「普通に泡が出ただけですよ。時々起こりうることです。」と言われ消泡剤で泡を消しただけで業者の措置が終わりました。「異常ではないですか?」と念押しをしましたが、「大丈夫です。」と言われました。
 ところが今朝前と同じ所と1.5mくらい離れた別のふたからも大量の泡(前回と同じ茶色い泡)があふれ隣の家から苦情が来ました。これって異常じゃないですか?
 ちなみに前回以降洗剤など背面活性剤を含むものは一切使っていません。なぜ泡がたつのか?この泡は何なのか?どう処置すればいいのか教えてください。

Aベストアンサー

ご参考に
http://w-wallet.com/page537.html

浄化槽は微生物や原生動物で汚水中の有機物を分解させて浄化していますが
微生物層に異常が生じた場合泡が発生するということです。

対策
消泡剤で泡を壊し、微生物層の回復を待つ。
過剰な汚水の流入をなくし、微生物層の回復を待つ。

Q生物 誕生 35億年前 根拠

こんにちは、
生物の誕生が今から35億年前だというように言われていますが、何を根拠にしているのでしょうか?
ふと、考えました。
もしお分かりの方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

約40億年前じゃなかったでしたっけ?
(まあ、このレベルの年代の話だと5億年くらいは大した誤差じゃないような気もしますが)

最も信頼できる「最古の化石」がおよそ35億年前のものですので、35億年前には生物がいた。ということは明らかです
http://www.paleo-fossil.com/paleo/fossil/oldestfossil/oldest_fossil.htm

また、隕石などの研究から地球(及び太陽系の)誕生は約46億年前とされていますので、生命が地球起源である限りそれよりも古いということはありえません
http://www2s.biglobe.ne.jp/~t_tajima/nenpyo-1/se-0-2.htm

で生命が誕生したのは?
化石として残る程度まで生物の身体が出来上がってくるのにかかる時間、地球ができてから生命が発生しうるまでに要するであろう時間を勘案し、38~40億年とされているようです
(単に中間を取っただけのような気もする…)

Qビールの泡とサイダーの泡

ビールの泡と、サイダーの泡の違いを教えてください。
何故、ビールの泡は、上にかたまって、なかなかなくならないのでしょうか?
サイダーとか、コーラの泡は、
直ぐに、はじけて消えてしまいます。
この違いは、何なのでしょうか?

Aベストアンサー

・ビールの泡
http://www.geocities.jp/beerforum/bbubble.html
サイダーには蛋白質・ホップ樹脂がないためはじけて消えるのです。

Qたんぱく質をアミノ酸に分解する仕組みを何といいますか?

たんぱく質をアミノ酸に分解する仕組みを何といいますか?

Aベストアンサー

「消化」

Qミューズ 泡ハンドソープ

薬用せっけんミューズの泡ハンドソープのつめかえ用で泡モイストとオリジナルは泡ハンドソープシリーズだったらどの本体でも普通に使えるんでしょうか?

Aベストアンサー

泡タイプでしたら、普通に使えますよ。
他のメーカーが販売しているものでも、泡タイプなら使えます。
最初は香りが混ざって、少し変な香りになるかもしれないですが・・・

Qたんぱく質を構成するアミノ酸

たんぱく質を構成するアミノ酸には20種類あると聞いたのですが、どうして
20種類なのか教えてください。なぜ、21種類以上ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

そもそも、タンパク質がどのようにしてできるかはご存知でしょうか?
三つずつの塩基配列によって一つのアミノ酸は決定します。
コドン表というものを知っていますか。つまり、人間が自分の情報として持っている本(遺伝子)を読む際に暗号となるもの(塩基)が、三つ組になって一つのアミノ酸を示すのです。その塩基には4種類あって、記号化するとA,U,C,Gです。この中から、三つを選んで並び順を決める方法は64通りありますが、実際のアミノ酸は20通りですね。それは、同じアミノ酸を示す三つ組もあるからです。一つ間違えても(変異が起こっても)影響を与えないために、だそうですが、その結果アミノ酸はたまたま20種類になったのではないでしょうか。コドン表を見たら少しは納得が行くかもしれません。
質問の意図する答えではなかったら、ごめんなさいね。

Q泡消火薬剤について

危険物の甲種を勉強していますが合成界面活性泡消火剤とたん白泡消火剤を比較した場合それぞれの長所、短所を教えてください。いろいろ調べたのですが、たん白泡消火剤についての利点がなかなか見つかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

しばらく危険物の仕事をしていないので記憶で書いていますが

タンパク泡
一般的なものの商品カタログ
http://www.d-kasei.co.jp/img/DKair.pdf
長所
安いww
経年劣化が少ない
泡の保持がいい

短所
水溶性、アルコール類の消火には向かない

危険物消火に関しては、タンパク泡が基本なので
特徴といってもほかのほうがタンパク泡に比べて○○という評価になる印象を持っています
ただ、これから配備される分は
タンパク泡+3点セットから
メガフォーム+大容量泡放射砲に変わると思います

界面泡
長所
寒冷地性能に優れている
短所
危険物消火には普通使わない(駐車場やビル等の油火災が想定されるところに設置される)
泡の保持が弱い

実際、界面活性剤泡は、北海道で配備されていたようなのですが
2003年の十勝沖地震での2度のタンク火災
1回目の火災は、報道や消防報告書を見ている限り
消防法や防災施設が想定しているとおりの消火で終わったのですが
2回目の方は、浮き屋根沈降により、油面が露出したので
引火防止のため界面活性剤泡を展開していたが
泡保持が弱く、泡の追加を繰り返していたため
泡の水と油との摩擦静電気で引火したとされています
これで、そのときまでも特例許可だった界面泡が
危険物施設では、使えなくなりました

ただ、このときで脚光を浴びて優位に立った
メガフォーム
http://www.gear-m.co.jp/bousai/lineup01/megaform.htm
水溶性、アルコール類消火については国家検定が無いので危険物でも使えるのですが検定は界面活性剤しか取れなく
これは特例許可を取っています
原理は水性膜消火です
ただ、価格がタンパク泡の10倍ぐらい高いんでなかなか手が出せない
という話もあります

しばらく危険物の仕事をしていないので記憶で書いていますが

タンパク泡
一般的なものの商品カタログ
http://www.d-kasei.co.jp/img/DKair.pdf
長所
安いww
経年劣化が少ない
泡の保持がいい

短所
水溶性、アルコール類の消火には向かない

危険物消火に関しては、タンパク泡が基本なので
特徴といってもほかのほうがタンパク泡に比べて○○という評価になる印象を持っています
ただ、これから配備される分は
タンパク泡+3点セットから
メガフォーム+大容量泡放射砲に変わると思います

界面泡...続きを読む

Q原始生命は今でも誕生し続けている?

太古の海の中で無機物から有機物が、そして最初の原始生命が誕生しましたが、この現象は今でも起きているのでしょうか?

理屈に従えば太古の海の組成を再現して実験すれば生命が誕生する様子を確認できると思うのですが、そういった話を聞いたことがありません。これはなぜでしょうか?

最初の一体が生まれることが出来たのなら現在の海の底でも生命が誕生し続けていなければつじつまが合わないと思ってしまうのですが、詳しい方がおられましたら以上のことをお聞きしたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

太古の海中で有機物が生命機能を持ったレベルに発展するのには非常に長い時間がかかりました。少なくとも、現代の人間の一世代程度どころか、数千万年~数億年、というスパンの長さですからとても継続して変化を観察できるものではありません。

だとしても数億年前から始まったものが現代に誕生しても良いではないか、という人もいるでしょうが、
これらは生命体の形に到達する前に、自由度の高い生物の餌として全て捕食されてしまっています。なので、今となっては不可能でしょうね。

ただ、原始生命の頃の種のまま今でも深海のホットスポット周辺で生きている生命や、プランクトンなどの
微生物類(これも、原始生命に比べたらはかなり高度に進化した代物ですけど)は今でも多数存在します。

Q泡で出る安価なボディーソープ教えて下さい

2歳の子供に現在ライオンのバストロジーを使っています。

赤ちゃんの頃はベビー用の泡で出るタイプの物を使っていました。
今まで色々様子をみましたがアレルギー肌ではないようですし、乾燥する季節も過ぎましたので普通の安価なものに変えたいと思っています。
オムツでウンチをしちゃった時や沢山汗をかいた時などもシャワーしますので、泡で出るタイプが使いやすくて便利です。

ビオレやナイーブのように安価で泡タイプのものは無いのでしょうか?
今ジョンソンボディケアが気になっているのですが、これは泡で出るとは表示していないので泡タイプではないのですよね?

お勧めの泡タイプのボディーソープを教えて下さい。
出来るだけリーズナブルなものを希望です f(^-^;)

Aベストアンサー

#1です。再度失礼します。

> 泡の出ない普通のソープを入れてもちゃんと泡で出てくるんでしょうか?

#2さんへのお礼に口出しで申し訳ありません。
泡ボトルに普通のソープを入れても泡で出てきません。
ハンドソープとかでもそうですけど、普通のソープと泡タイプのだと
原液の粘りが違うんですよ。
普通のはねっとりしてて、泡タイプのはさらっとしてます。

普通のソープに水を足して少しさらっとさせれば、泡で出てきますが
水と原液の割合も難しいですし、水で薄めることで使用期限も
短くなるような気もします。
ちなみに、私は小さめの泡ボトルを使ってハンドソープでこれをやってます。
手なら多少なにかあっても、それ程ダメージは酷くないかなと思いまして(^-^;)
体に使うものなら、泡タイプのソープを買って入れ替えたほうがいいと思います。

Q生きているバクテリアと死んでいるバクテリアは何が違うのでしょうか?

表題の通りなのですが一体何が違うと思いますか。
動物や昆虫などでは複雑すぎて入り口さえ分かりませんので最小単位のバクテリアをモデルに考えてみたのですがそれでも全く分かりません。

思い切って数を減らし仮に分子が100個集まって生命現象が起こったと強引に考えた場合生きている状態と死んでいる状態では各々の分子にどんな違いが有るのでしょうか。100個で生命現象が起こるとは到底思えませんが極限まで小さく単純化してみると何か突破口が開けるような気がして・・・

当然酸素や窒素、水分子などが生きているなどと言う事は意味を持ちませんが非生命が集まりそれに何かの条件が加わると生命活動が始まる。

21世紀の科学でも分かっていない事ですが様々な仮説を聞いてみたいと思って質問して見ました。
どんな荒唐無稽な話でも良いですから回答者様の説を教えて下さるとうれしいです。

Aベストアンサー

何十億でも何兆でもいいですが、すごい数の列を思い浮かべてください
その1つ1つがドミノの列でそのドミノが一斉に倒れています。

これはいろいろな化学反応を例えています。

上記の状態が、生きているという状態です。
そのドミノがストップしている状態が、死んでいるという状態です。

さて、このドミノの列、どの列が「生きているを定義するのか?」

わかりません。

なぜなら1つ1つに見えていた列ですが、実はあるところでは合流したり、分かれたり、互いに影響し合っているからです。

今の科学でわかっているのは、数個のドミノの列が存在している、どういう仕組みで倒れている、倒れると何かが起こる、ということくらいです。

それ以上は想像しかできませんし、想像は既に科学ではありません。
哲学で答えを探すことをお勧めします。
どれか1つだけでは成り立たないからです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報