わたしは映画がめちゃくちゃ好きなんですが、みなさんは今まで大体どのぐらいの本数を観ておられるのでしょうか。
最終的には映画関係の仕事、できたら評論家になりたいと思っているので、参考までに教えて頂けたらと思います。
できたら映画暦とかも教えてほしいです。
ちなみにわたしは映画暦15年、450本程度です。
ビデオやテレビ放送(字幕・吹き替えともに)も含めて下さって結構です。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

chewbacca1757さん、こんにちは。



C3PO(Starwars)が大好きなtipsです。

自分は映画ノートブックをつけています。(手書きですが。)
題名と簡単な感想をインパクトがあった映画内の小物、
また観たいかどうか、主演の人の名前、見た日付などを書いてます。

映画はそれほど好きではなく、見たい人が出ているからみる、
聞きたい台詞、聴きたい音楽があるからみるというかんじです。
スターウォーズも、C3POが出てくるシーン以外は、
あまり真剣に見ていません。
これは、映画関係の仕事につきたい人には悪い例です。
映画を心身の滋養としてしかとらえていないからです。

よい例は、きっとみなさんが答えられているような例だと思います。
映画関係の本もたくさん出ていますので、
本屋さんに行ったときに、手にとってみて、ご自分がめざしていく
方向性を、みつけるとよいとおもいます。

どちらにお住まいかしりませんので、参考になるかわかりませんが、
早稲田大学内に、演劇博物館があります。(要身分証明書)
映画、演劇を目指していく方にとって、有益な書物が多くあるとおもいます。

うまくいけば、早稲田大学の映画研究会の方と、
お知りあいになれるかもしれません。

だれでも、最初は「すき」っていうきもちから、はじまるとおもいます。
めちゃくちゃすきっていうきもちを、ずっと忘れないで頑張ってくださいね。

参考URL:http://www.waseda.ac.jp/enpaku/info/info.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tipsさん、はじめまして、こんにちは!
お答え有難うございました。
なるほど!そうか、こういうノートブックのつけ方もあったんですね!
映画を観てすぐに、細かい感想や自分なりの批評をつけるのはしんどくても、インパクトのあった小物とかシーンやセリフ等をメモしておくと、後になっても思い出しやすくていいですね。
わたしは手帳に映画のタイトルを書いて、面白かった度として☆印をつけているだけだったのですが、また観たいかどうか、というのも大事なことですよね。
皆さんの回答を見て、自分の認識の甘さをヒシヒシと実感しているところなのですが、実はわたしもtipsさんと同じ映画の見方をしています。
ハン・ソロとチューイのシーン以外は早送りとかするときもあったり・・。
わたしは大阪在住ですが、友人が神奈川にいるので教えていただいた博物館も、ぜひ一度訪れたいと思います。
>だれでも、最初は「すき」っていうきもちから、はじまるとおもいます。
>めちゃくちゃすきっていうきもちを、ずっと忘れないで頑張ってくださいね。
有難うございます!わたし全然ダメやん・・・と、ちょっぴりへこんでいたので、すごく嬉しいです。
頑張ります!時間かかっても頑張ります!
どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/06/03 00:22

 現在44歳で、映画歴38年ぐらいです。

最初に劇場で観た日本映画の記憶は、6歳の時の「キングコング対ゴジラ」、外国映画の記憶は、12歳頃の「猿の惑星」です。自らの意志で観に行った最初の外国映画は、高校一年の時の「ゴッド・ファーザー」です。小津安二郎・黒澤明・溝口健二・山本薩夫・市川崑など日本映画の黄金期の監督の作品に触れて日本映画に目覚めたのが大学生の頃でした。
 今までに何本観たかははっきりしませんが、4、5年前から観た映画のスタッフ・キャスト・感想を書いたデータベースを作っています。そこに入っている映画の本数で言うと、2014本になりますので、3000本以上は観ているかもしれません。私が再び映画を頻繁に観るようになり、データベースまで作り始めたきっかけは、大林宣彦監督と少しだけお話する機会があって、その結果、自分の好きなものを捨ててはいけないという刺激を受けたからです。大林監督とお話ができた1995年11月13日以来、私は毎年、200~300本映画を観続けています〔そのうち、劇場で観るのは40~60本です〕。そして、観た映画については、できるだけ感想も書いています。全く書かない作品もありますが、中には、9000字ぐらいに及んだ作品〔「七人の侍」〕もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
映画はを見始めたのが6歳からなんですね!スゴイ!
その頃は一体何をしていたのかさえ思い出せないのに・・・。
大林宣彦監督とお話されたのですか!
羨ましい!
尾道3部作シリーズを撮られた監督ですよね?
彼の「ふたり」はわたしが観た数少ない日本映画の中でかなりの上位に位置します。(間違っていたら申し訳ないです)
>自分の好きなものを捨ててはいけない
 そうですよね!これってすごく大事なことですよね。
わたしもこう思ったからこそ、いまさらながらに映画関係の仕事につく努力を始めようと思ったのです。挫折しても挑戦しないよりかはずっといいですよね。
「七人の侍」は、リメイクの「荒野の七人」を観てから観たのですが、9000字とは・・・・!
その感想を一度読ませて頂きたいものです。
自分が気付かなかった面白さや、魅力、新たな観点など、なるほどと思わせられることが書いてあるのでしょうね。
よく、一番好きな映画は?とか、オススメの映画は?とか聞かれますが、絶対これ!と言える1本がなかなかありません。
1本にしぼる必要もないのですが、いつ聞かれてもすぐに名前のあがってくるような深く心に染み付く映画、そういうものに出会えるようわたしも頑張ってもっともっと映画を観ていこうと思っています。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/03 14:21

>ハン・ソロとチューイのシーン以外は早送りとかするときもあったり・・



結構似てますね。。

自分はC3POに、一目ぼれで(映画かなにかの予告でみたとき)
ああ、なんてすごいかっこいいんだとおもってそれいらい、
グッズを集めています。
お気に入りは、エアーソファです。C3POの上に座るのも
へんですが。
家に遊びにきた人に、うけます。部屋にはそのようなものがたくさんあります。
部屋のいたるところで、黄金色に輝いてます! ぴかぴかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ううーん、C3POに一目ぼれとはやりますね。
しかもエアーソファなんて!
わたしも座りたいです。
音声機能つきとかで、座ったら「何をするんですか!」とか言ってくれたら笑けて涙が出そうです。
チューイグッズを買いあさったら、部屋がまっちゃっちゃで、しかもロン毛のためにいっぱいダニが集まりそうなので、怖くてできない・・・。
わたしも黄金色に光り輝く部屋を訪れてみたいです。
さりげなく専門家になってるところがステキなtipsさん、どうもありがとう!

お礼日時:2001/06/03 13:58

少し本筋とは離れた(離れすぎかも)経験談です。

ごめんなさい。
高校まで東京在住で、やたらと近くの試写会情報が入手出来るので、各種情報誌・マンガ雑誌・TVラジオ告知など、色々な手段で情報を得て試写会に行きました。(4年間で約百本)
その内、3回だけ映画会社の社内試写室での試写会というのがありました。
映写後に、(多分)宣伝担当者とのディスカッションみたいなのがあり、ホンネの感想を聞かれた記憶があります。向こう側はかなり真剣でした。
もし、質問者の方がそういう環境にあれば、リクルートの手段としてそういうチャンスも利用できるんではないかな、と思い書き込みをしました。
自分自身は、映画歴は30年ですが本数となると不明です、マニアックに走ってまして。
脱線話で失礼しました。m(_ _)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え有難うございました。
経験談、非常にありがたいです。
社内試写会っていうのがあるんですね。
初めて知りました。東京はいいなぁ。
大阪にもあるのでしょうか。探してみます。
今までは、雑誌などで映画評を募集しているところに投稿したりするしかアピール法はないだろうなぁと思っていたのですが、そういう方法もあるんですね。
しかもなんだか楽しそうですね。
そして今気付いたのですが、個人で映画館に足を運ぶのはお金がかかるからなぁなどと思っていたのですが、試写会という手があったか!
全く頭の中からとんでいました。恥ずかしい・・・。
脱線なんてとんでもないです!
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/02 23:59

映画暦25年、2000本くらいだと思います。

でも映画館で見たのは半分くらいであとはテレビとビデオですが・・・学生時代は三本立てとか多くあって良く行ってました。500円くらいで映画3本見れてお徳って感じでした。子供の頃はマンガ祭りとか言って「12立て?」とかすごいのもありました。これも12本ってカウントして良いんですよね?さすがに全部2回見たら朝6時頃から夕方6時くらいまでかかっちゃいました。映画館で家から持っていった「お弁当」食べた記憶があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。
しかし12本立てって・・・・。
めっちゃ笑えますね。すごいマンガ祭りだ!本当にお祭りだ!
それを子供の頃にみたdragon1さんはすごいです!
映画館でお弁当って、遠足とかみたいにおいしく感じるんではないでしょうか?
500円で映画3本ていうのもかなりお得ですよね。
チケットショップとかで、たまに800円券とか出てる映画を観ると、内容に関わらず非常に得した気分になりますが、500円でしかも3本っていいなぁ。
ですがみなさん軽く1000はクリアしておられるのですね。
ううむ、甘かった・・・。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/02 23:43

映画暦50年ぐらいです。

1万本以上は観てると思います。
高校時代に映画館で1年間に200本観た記録があります。
大体1,2秒シーンを見ただけで題名がわかります。
が、最近はあやしくなっています・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え有難うございました。
1万本以上・・・・!!
ううむ、すごすぎる・・・。
あと9500本以上観なければ1万にはいかないですよ・・。
しかも映画館で1年に200本って!ほとんど通い詰めじゃないですか!羨ましい限りです。
今は映画の日などに千円でちまちまいってますが、週1回のことなのでなかなか日があわず、見逃した映画が数多く。
わたしは観る映画のジャンルもアクションとかB級とかホラー、ミステリー、サスペンス等に偏っていたりするので、これからは毛嫌いせずにいろいろ観なくては、と今さらながらに思い知らされました。
どうも有難うございました。

お礼日時:2001/06/02 22:53

見た映画の数はわからないけれど持っているLDは300枚くらいかな。



見た映画のリポートをつけていくことをすすめますよ。
簡単なメモ程度じゃなくて
その映画をいろいろな方向から見ることを覚えると
ライターとして重宝されますよ
どんなダメ映画でもほめるとか、
どんないい映画でも欠点を見つけるとかいろいろな見方してね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え有難うございました。
>どんなダメ映画でもほめるとか、
>どんないい映画でも欠点を見つけるとか
そうですよね。それが評論の基本だと思います。
映画のリポートか。それはしていませんでした。
今からでも、ちょっとずつ過去観た作品を思いだして書いてみます。
いい練習になりそうです。
しかしLD300枚ってすごいですね!
羨ましい!!うちはビデオが溢れていて、そろそろ整理しなければと、まいってるところです。
DVDにきりかえようかな。
どうも有難うございました。

お礼日時:2001/06/02 22:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画「アナと雪の女王」字幕版?吹き替え版?

映画「アナと雪の女王」が人気ということで見に行ってみたいのですが、字幕版と吹き替え版。どちらがおすすめでしょうか?

Aベストアンサー

 名前を忘れましたが監督が来日した時、アナ役の神田さんが「生まれて初めて」を生で歌ったら、感動して涙を流したとかいうエピソードが伝わっていますし、

 Lt It Go の歌唱を見聞きするかぎり、訳はすばらしいし、松さんの歌もうまいですし、

 一般論ですが、字幕は非常に情報が省かれています。中途半端に英語がわかると、「あれ、いま字幕と違うこと言ってなかったか」と悩む元。考えていると次の展開についていけなかったりして困ることがあります。

 訳が悪いと吹き替え版も意味が納得できない場合もありますが、歌唱の名訳ぶりを考えると、そんなことはなさそうですし。

 ということで、「アナと雪の女王」に関するかぎり、かなりの自信をもって、吹き替え版をお勧めします。

 いっしょに歌うバージョンと静かに見るバージョンがあるみたいなので、そっちに気をつけた方がいいんじゃないでしょうか。
 

Q映画を評論する者と映画を制作する者の違いはどこにあるのでしょうか?

この前、島田紳介の深い良い話というテレビを見ていました。
そこで紹介されていた映画監督の小津安二郎の言葉。

『どうでもいい事は流行に従え。重要なことは道徳心に従え。芸術のことは自分に従え。』

この言葉を聞いて、ものすごく深い言葉だなあと思いました。
モノを作り出す人だからこそ言えることばだと思いました。
しかし、島田紳介と松尾貴史 は「う~ん」にしていました。
島田紳介はいい人だし、好きだけど、やっぱりこの人は他人を評論する人で、モノを作り出す人、創造する人ではないんだなと感じました。
つくづく評論家と制作者は違う生き物だと思う。

例えば、一つ具体的な例を挙げると、
「映画を評論する者」と「映画を制作する者」の違いはどこにあるのでしょうか?

Aベストアンサー

本来、映画評論家は、一般の映画鑑賞者を代表して、すばらしい映画をすばらしいと、そして、くだらない映画をくだらないと白黒つけるのが仕事だと思います。もちろん、各評論家はそれぞれのものさしを持っているので、その白黒のつけ方は評論家によって様々な結果となりえます。映画評論家は一般の映画鑑賞者よりも、映画的な知識や一般教養を豊富に持っており、一般の映画鑑賞者が気づかないような、思いもよらないような解釈をして、一般の映画鑑賞者に「なるほど」と思わせる事が出来、一般の映画ファンは自分の映がの見方の浅はかさを思い知らされます。本来、そのはずです。もちろん、一般の映画鑑賞者よりも知識貧困な映画評論家がいれば、この役割を果たす事は出来ません。

すばらしい映画評論家は、すばらしい映画を的確に「すばらしい」と評価する事が出来、そのすばらしい映画を製作した者も、その映画評論家のおかげで報われます。例えば、アメリカの全ての映画評論家に酷評され、一般の映画鑑賞者も見向きもしなかった『俺たにに明日はない』(67)という映画が、ポーリン・ケイルというたった一人の映画評論家の雑誌での絶賛によって、評判が高まり、結局、大ヒットとなり、今では「歴史的に非常に重要な映画だ」と評価されているような事例もあります。

観客にとっても映画評論家は有用です。もし、すばらしい映画評論家を見つける事が出来れば、一般の映画ファンは、その人の評論を参考にして、次に公開される映画を見るか見ないかを決められます。又、見た映画のよくわからないところや、気づかなかったところを教えられます。

しかし、繰り返しますが、それもこれも、優秀な映画評論家である場合に限られます。知性の高い映画評論家の評論文を読むのは下手な映画作家が作ったくだらない映画の何倍も重要だと考えます。

つまり、「常に、作家の方が存在価値があり、評論家は作品にたかる寄生虫だ」とは必ずしもいえないと思います。
蓮實重彦氏や町山智浩氏などの専門家のみならず、ダウンタウンの松本さんや、坂本龍一さんの映画の見方なんかは、独特で大変勉強になる事があると思います。

もちろん、「あんた、何言ってんの?」という映画評論も山ほどありますが、それは「何言ってんの?」という映画作品が山ほどあるのと同じ事だと思います。

質問の答えになってないかも知れません。

本来、映画評論家は、一般の映画鑑賞者を代表して、すばらしい映画をすばらしいと、そして、くだらない映画をくだらないと白黒つけるのが仕事だと思います。もちろん、各評論家はそれぞれのものさしを持っているので、その白黒のつけ方は評論家によって様々な結果となりえます。映画評論家は一般の映画鑑賞者よりも、映画的な知識や一般教養を豊富に持っており、一般の映画鑑賞者が気づかないような、思いもよらないような解釈をして、一般の映画鑑賞者に「なるほど」と思わせる事が出来、一般の映画ファンは自分...続きを読む

Q吹き替えと字幕の使い分け

吹き替えと字幕をどのように利用し分けたらいいですか?
アクション、ドキュメンタリー、ミステリー、ホラーなどジャンルごとに最適なものを教えてください。

Aベストアンサー

DVD鑑賞での個人的(主観)意見でしか言えないですが。

■吹き替え■
ホラー、アクション、コメディ、SF、
アニメ、ファミリー、ファンタジー、アニメ

■字幕■
ドラマ、サスペンス、戦争、社会派、ミステリ、
ドキュメンタリータッチの映画

でも一概には言えないです。

例えばよくしゃべる映画なんかは
ジャンル問わず吹き替えにする事はあります。
読むのでいっぱいいっぱいで画面を楽しめない。
あと、専門用語が多いもの、長編(3時間とか)なども
疲れてしまうので。

あくまで個人的傾向ですが。

Q吹き替えと字幕が一緒じゃないのはなぜ?

洋画で字幕と吹き替えって一緒じゃないですよね?どうしてなのでしょうか?それぞれ効果を考えてわざと変えているのでしょうか?まさか翻訳者が2人いるわけないですよね?いつもどちらで観ようか考えてしまいます。

Aベストアンサー

「字数」の問題です。
映画字幕は「1秒間に4文字以内」までしか表示してはいけない、という決まりがあります(これ以上だと読むのが大変になります)

たとえば、ある台詞を2秒かけて喋っている場合は、その2秒間で8文字まで出せます。
ですから、決まった文字数内で、意味やニュアンスを伝えなければならないので、
吹き替え版よりも、簡潔な台詞が多くなります。
(この字数内で「人を感動させたり」「笑わせたり」「泣かせたり」しなければならないので、大変な仕事ですな)

参考URL:http://www.tvgroove.com/kh/khgm06.html

Q2D=吹き替え、3D=字幕、という棲み分けについて

嫁がディズニーが好きなので、ディズニー映画を見に行きます。
そのためのチケットを取ろうとネットで調べていると、
ディズニー映画に限らず、
2D=吹き替え版、3D=字幕版という棲み分けがなされているようです。
(今まで私が一覧で見たことがあるものはすべてそうでした)

このような棲み分けが成されているのには何か理由があるのですか?

たとえば3Dに字幕を載せるのよりは、音声トラックだけ吹き替え音声にしてしまう方が
楽なように思えますし、2Dにも字幕を載せる方が簡単だと思いますし…。

何か理由があるのであれば知りたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

3D・2D上映での字幕版・吹替え版のありなしは、作品によりけりですね。

デジタル上映による3D映画は、2005年12月公開『チキン・リトル』からです。日本では2館のみの上映でした。2007年12月公開『ベオウルフ/呪われし勇者』で37館まで増えました。しかし、その後しばらくは3D版は吹替え版のみで、字幕版は2D版のみでした。このため、「3Dは吹替え/2Dは字幕」という印象の人が多いと思います(質問者さんとは逆ですね)。字幕があると3D映像を観るのに邪魔なのかなと当時は推測してました。

2008年10月公開『センター・オブ・ジ・アース』でも3D版は吹替え版のみだったように思いますが、2009年12月公開『カールじいさんの空飛ぶ家』『アバター』では3D版に字幕版もありました。なので、2009年にデジタル上映の3D版に字幕版が登場したと思われます。

現在では、大ヒットしそうな作品などでは、3D字幕・3D吹替え・2D字幕・2D吹替えの4種類が映画館でかかります(IMAX版とIMAXデジタル版や、HFR版については考えないで、ここでは4種類の“版”とさせて頂きます)。そうでない作品は、スクリーン数に限りもあるし、4種類の版のうち、3種類や、2種類や、1種類で公開されます。また、2~4種類の版で公開されても、客入りをみて2週目以降などに上映される版の種類が減っていきます。

つまり、作品によって4種類中どの3種類もしくは2種類や1種類の版で公開するかは異なり、劇場によって配給側が用意した種類のうちどの版を上映するのかは異なり、劇場・作品によってどの版から公開終了していくのかも異なります。

例をあげると……

3D字幕・3D吹替え・2D字幕・2D吹替えの4種類は、公開中の『ホビット 竜に奪われた王国』など。
http://www.eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=181#days

3D吹替え・2D字幕・2D吹替えの3種類(=3D字幕がない)は、『ウォーキング with ダイナソー』など。
http://www.foxmovies.jp/wwd/movie/index.html

3D字幕・2D字幕・2D吹替えの3種類(=3D吹替えがない)は、公開中の『アナと雪の女王』など。

3D字幕・3D吹替え・2D字幕の3種類(=2D吹替えがない)は、『ゼロ・グラビティ』『タイタニック 3D』など。
http://www.eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=176

3D字幕・3D吹替え・2D吹替えの3種類(=2D字幕がない)は、『LEGO(R) ムービー』『怪盗グルーのミニオン危機一発』など。
http://www.eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=207

3D字幕・2D字幕の2種類(=3D吹替え・2D吹替えがない)は、『ファイア by ルブタン』など。
http://fire.gaga.ne.jp/news/?page_id=8

3D吹替え・2D吹替えの2種類(=3D字幕・2D字幕がない)は、『プレーンズ』など。



また、3D字幕・3D吹替え・2D字幕・2D吹替えの4種類があった2012年6月30日公開『アメイジング・スパイダーマン』を、10スクリーンある109シネマズ グランベリーモールでみると、1週目と2週目は3D字幕・2D字幕・2D吹替えの3種類(=3D吹替えがない)、3週目は3D字幕・2D字幕の2種類(=2D吹替えが終了した)、その後はわからず、7週目になると2D字幕の1種類(=3D字幕が終了していた)となります。
http://web.archive.org/web/20120630143405/http://109cinemas.net/grandberrymall/schedule/timeSchedule.shtml
http://web.archive.org/web/20120714070803/http://109cinemas.net/grandberrymall/schedule/timeSchedule.shtml
http://web.archive.org/web/20120814035157/http://109cinemas.net/grandberrymall/schedule/timeSchedule.shtml


あと、No.1さんが字幕を見るときと映像を観るときの焦点について書かれてますが、実際には字幕も映像もスクリーンに映されてますので、焦点は同じです。頭の中ではスクリーンより手前やスクリーンより奥に見えてますが、眼の水晶体で合わせる焦点は2D上映と同じになります。

3D・2D上映での字幕版・吹替え版のありなしは、作品によりけりですね。

デジタル上映による3D映画は、2005年12月公開『チキン・リトル』からです。日本では2館のみの上映でした。2007年12月公開『ベオウルフ/呪われし勇者』で37館まで増えました。しかし、その後しばらくは3D版は吹替え版のみで、字幕版は2D版のみでした。このため、「3Dは吹替え/2Dは字幕」という印象の人が多いと思います(質問者さんとは逆ですね)。字幕があると3D映像を観るのに邪魔なのかなと当時は推測してました。

2008年10月公開『セ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報