聴力を失った作曲家で現代のベートーベンと呼ばれた人が10数年前から作曲していなかったことを、代理人の弁護士を通じてNHKなどに発表した・・・とネットの記事に出ています。

しかし、もし、その弁護士が、本当は代理人ではないのに、代理人だと言って嘘の発表をしたら、本人はもちろん、マスコミも困りますよね。

そういう場合、NHKなどマスコミは、代理人だという弁護士に対して、代理人であることの証拠、例えば委任状などの提示を求めるのが通常なのでしょうか?

また、私たちの日常でも、いきなり、弁護士が「○○さんの代理人だが・・・」と言ってくることがあると思いますが、そのような場合、代理人であることの証拠を求めてもよいのでしょうか?
よいとして、その場合、どのようなものを証拠として提示しろと求めたらよいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

弁護士が誰かの代理人だと主張するのであれば,


報道機関はその事実を確認するために,代理権の有無を確認すると思います。
だって報道機関は,事実を報道するのが目的のはずであり,
それもできないような存在は報道機関とは言えないはずですから。

その代理権の確認方法として一般的なのは,委任状の提示を求めることでしょう。
誰か(受任者)が誰か(委任者)の任意代理人になる場合,
委任者と受任者との間には委任契約が必要ですが,
委任状はそれを表彰するものとしてごく一般的に使われているものです。
(法定代理の場合は委任契約に基づかないので委任状はありません)

この委任状の印鑑については,一部の手続きにおいては実印を押捺し,
印鑑証明書を添えて印鑑照合ができるようにすることが要求されますが,
すべての委任についてそれが要求されるわけではありません。
署名があれば押印すらいらないとされる場合もあります(例:不動産登記規則第47条)。
なので,実印を押していないから無効というものでもありません。

ただ,委任状に実印押捺(ただし印影が判別できるものでなければ意味はない)
+印鑑証明書の添付で委任者本人が作成したという推測が働くので,
そうされることが望ましいと考えられます。

なお,弁護士等の士業者であれば,所属会が発行する会員証等を携帯しています。
所属士業者団体のホームページなどから検索して確認することもできますが,
会員証(顔写真が付いてます)の提示を求めたほうが早いと思います。

一般人が相手の代理権を確認する場合にも,代理権の有無は確認すべきです。
無権代理人を相手に契約等をしても,本人がそれを追認しない限りは,
その効果は本人には及びません(民法第113条)。
過失により相手の代理権の確認をせずに契約をして損害を負ったとしても,
民法第117条2項により責任追及ができないなんてことになったら大変です。
委任状の提示を受けられないのであれば本人に直接聞くなど,
自分が不利にならないように気をつけて行動すべきだと思われます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/02/07 02:03

手続きとしては、#2さんの言うように、委任状のほかに、代理を依頼した本人の印鑑証明などをつけて提示することで「委任」の証明はできると思います。



そのほかに、そもそもその人が「弁護士」であるかどうかの確認がありますが、これはその弁護士と名乗る人に「どの弁護士会に所属しているか」「弁護士登録番号は何番か」「司法修習期は何期か」という質問をするのがいいでしょう。そして、弁護士会のホームページで検索することができます。
https://www.nichibenren.jp/member_general/lawyer …

そしてこのホームページで出てきた連絡先に確認すれば、間違いなく確認することができるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/02/06 22:29

弁護士が代理人である証明を持ち歩いていることは、まず少ないと思います。


私自身交通事故などで相手方の弁護士と話をしたことがありますが、持っていませんでしたね。ただ、聞いたところでは、必要であれば写しを郵送しても良いと言われたこともあります。

私自身税理士事務所での勤務経験がありますが、税理士事務所である証明、税理士や顧客からの委任状などの提出を求められたこともありません。

国家資格者であれば、法に反したことをしない、したら資格の停止やはく奪などの対象となるから、普通そんなことはしないという評価もあるのではないですかね。

質問のように大きな話題性のある事案で嘘の発言を代理人として行った弁護士となれば、弁護士会の処罰は大きなこととなり、その処罰が報道されることで、信頼を失うこととなり、廃業させられる可能性もあることでしょうね。

私は、弁護士であることの確認をし、相手方から聞いている弁護士名であれば、信じるようにしています。弁護士はバッジ(徽章)のほかに資格証明証を持っているはずです。事前に調べる場合には、事務所名や弁護士名と連絡先が分かれば、本物かどうかの確認はできます。
相手から何も聞いていない場合などであれば、信じにくい部分もあるかもしれません。報道での代理人であれば、本人に代理人弁護士が語っていることはいつか伝わります。もしも依頼していない弁護士が勝手にしゃべるようなことがあれば、本人か正式な代理人などが否定をすることでしょうしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まあそうですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/02/06 18:09

どのような取引、行動でも代理人は代理人としての説明義務があります。

その権限を確認しないで法的な手続きを進めるととんでもないことが発生するために、事前に確認しておく必要があります。代理人を選任する場合は委任状に委任内容を際して、実印を押印するとともに、印鑑証明書の提出が必要で、三文判の押印、印鑑証明書のない場合は無効です。不動産取引、法務局、裁判所、官公庁の諸手続き等には必ず提出が義務つけられいます。もし、代理人から何らかの照会等があれば代理人としての証明書の提出を要求しても何ら問題はありません。逆に証明書を見せてから照会等をするのが普通です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当はそうあるべきですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/02/06 18:11

弁護士が、代理人である証拠を示すものは「委任状」しかないでしょう。


受件の際に必ず「委任状」を依頼人からもらいます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセクハラに関しての弁護士相談を予約しました。既に一度、同じ案件で法テラスの無料相談も受けてます。

セクハラに関しての弁護士相談を予約しました。
既に一度、同じ案件で法テラスの無料相談も受けてます。
他の弁護士さんの考えも聞きたいと思い、別の弁護士事務所に相談予約をしました。
一回目の法テラスでは被災地特例法での無料相談でした。
できれば、他の弁護士さんに相談してきたとこは伏せたかったのですが、今回の場合は正直に2回目だと言わなければならないんでしょうか?

Aベストアンサー

以前は無料の法テラスにお願いしましたが、別の弁護士さんの意見なりアドバイスを受けたいので、今回このようにお願いした次第です”・・・と言っていいと思います。
別に伏せる理由もありませんし、こっちはお客なのですから堂々としていればいいです。
言った方が、お互いにやりやすい部分もあります。

Qバイトが仕事をキャンセル。会社の信用を失ったら?

イベントコンパニオンを派遣する会社を経営しています。

私たちの仕事は、取引先に女の子のプロフィール(顔写真など)を提出して、
ルックスやキャリアから判断され、勝ち残ったものだけが仕事ができるシステムです。
もちろん、一度決まった仕事は緊急事態でもない限り、キャンセルできません。

が、先日、Aがメールで一方的に仕事をキャンセルしてきました。
「その日はどうしても東京に行かなきゃならなくなった」
その後は音信不通。こちらの連絡は無視ってやつです。

そんなことでは取引先との信用にヒビが入ります。
体調が悪い場合は診断書などを提出させるので、
東京に行った際の交通手段の領収証をもらおうと思いつきました。
(もちろん、ウソの理由だと分かってのことです)

やっと連絡が取れ、その旨を伝えると、「辞めます」と返信が来ました。
どうやらウソを見抜かれて、最後の手段に出たみたいです。

「まあまあ、落ち着いて。どのみち領収証はどうしてもいるから」

「とにかく辞めます」

この一点張り。完全に東京はウソですねこれは。


連絡が取れなかった間、Aの親に間違えて電話をしてしまったことがあります。
その話を持ち込み「親には連絡しないで欲しい」と返信が来ました。
もう完全に領収証のことは棚に上げています。

間違い電話だったので、その分に関しては丁寧に誤り、
あくまで領収証がいることを丁寧な文章でいいましたが、
「辞めます」の一点張り。

これ以上の深追いはやめて、領収証はいいと答え、
(今まで)ありがとうございました。と打ちました。



非常に腹立たしいのと、自分が最後には大人の対応ができたことを自分に言い聞かせ、
あとは忘れるだけだと思っていますが、
スタッフを差し替えて、またプロフィール選考をやり直すことになるので、
取引先に対しては手間もかけるし、信用も失います。


僕の個人的な感情はこの際省略しますが、
このような場合、A、もしくはAの親に対して、どういった名目でなにができますか?

損害賠償?正式な謝罪?

本当は実家に押し込んで親に事情を説明して本人ともども謝らせたい気分です。


僕はどうしたらいいでしょうか?
何ができるでしょか?

イベントコンパニオンを派遣する会社を経営しています。

私たちの仕事は、取引先に女の子のプロフィール(顔写真など)を提出して、
ルックスやキャリアから判断され、勝ち残ったものだけが仕事ができるシステムです。
もちろん、一度決まった仕事は緊急事態でもない限り、キャンセルできません。

が、先日、Aがメールで一方的に仕事をキャンセルしてきました。
「その日はどうしても東京に行かなきゃならなくなった」
その後は音信不通。こちらの連絡は無視ってやつです。

そんなことでは取引先との信用にヒ...続きを読む

Aベストアンサー

契約不履行で損害賠償を請求できる可能性があります。

>本当は実家に押し込んで親に事情を説明して本人ともども謝らせたい気分です。
難しいかと存じます。仮に、実家へ出向いて、「お引き取りを」と言われれば、退去しなければなりませんし…

Q相続の相談です。電話無料相談や区の無料弁護士さんからお話は聞いたのです

相続の相談です。電話無料相談や区の無料弁護士さんからお話は聞いたのですが、とても不安
なので、ここで質問させてください。
よろしくお願いします。

私の他の質問をみていただくとわかりやすいと思いますが。相続でもめています。


弁護士って必要でしょうか?
長女と、長男でもめておりますが。長女は自分は顧問弁護士がいてそれに相談してるから、関係ないといいます。では その顧問弁護士とお話がしたいとこちらがいうと、長男も弁護士をたてろ、その弁護士としか話さないといいます。
長男夫婦としては、裁判などしないで話し合いで解決したいのですが。
裁判にならないと、相手の弁護士と話せないのでしょうか。
長男も弁護士をたてなければいけないのでしょうか?
家裁で調停なのかな、と考えているのですが、これも弁護士必要なんでしょうか?

Aベストアンサー

相手が弁護士に本当に委任しているのならば、質問者はその顧問弁護士と交渉することとなります。
ただし、質問者に対して弁護士を立てることを強要することは出来ませんし、要求をのむ必要はありません。
長女の余りにも身勝手な主張を認める弁護士もいないでしょうし、ハッタリではありませんか?


>私の他の質問をみていただくとわかりやすいと思いますが

該当質問のURLを貼り付けておくとより有益な回答が得られると思いますよ。

Q=至急=CDで作曲・作詞家とは別の歌手の法的な地位について。

CDで作曲・作詞家とは別で歌手の法的な地位について
どのようになるのでしょうか。
隣接権で正しいのでしょうか?

また著作権法第30条第1項第2号の意味がわからないのですがどういう意味でしょうか。

2.技術的保護手段の回避(技術的保護手段に用いられている信号の除去又は改変(記録又は送信の方式の変換に伴う技術的な制約による除去又は改変を除く。)を行うことにより、当該技術的保護手段によつて防止される行為を可能とし、又は当該技術的保護手段によつて抑止される行為の結果に障害を生じないようにすることをいう。第120条の2第1号及び第2号において同じ。)により可能となり、又はその結果に障害が生じないようになつた複製を、その事実を知りながら行う場合




『又は当該技術的保護手段によつて抑止される行為の結果に障害を生じないようにすることをいう。』
の意味がわからないです。

障害を生じさせなければプロテクトをといてコピーしてもいいのでしょうか?

なるべく急いでいます。
おしえてくだあい。

Aベストアンサー

歌手が自作曲以外(つまり作詞家の創作した歌詞など)を歌唱する場合、歌手は実演家として扱われます。したがって、権利の種類は著作隣接権に属します(実演家人格権は著作隣接権の一部ですね)。

法30条1項2号の意味について。
たとえばVHSのコピーガードは、そのままダビングすると鑑賞できなくなる(画面が極端に歪んだり砂嵐状態になる)仕掛けになっています。これが「行為の結果に障害を生じ」るという意味です。
ダビングしても見られませんから、このコピーガード(技術的保護手段)は複製行為を「抑止」しています。
ここで、コピーガードを解除ないし回避してダビングすれば、複製物は鑑賞することが可能になります。つまり、「障害を生じないようにすること」にあたります。

したがって、コピーガードを解除することによって複製物の利用が可能となるのであれば、その複製行為は複製権(法21条)の侵害となります。

ちなみに、細かい話ですが、コピーガードを「解除する行為」が著作権の侵害になるのではなく、「解除によって可能となった複製をすること」が侵害を構成します。(条文を読めば「複製を・・・行う場合」となっていますから。)

歌手が自作曲以外(つまり作詞家の創作した歌詞など)を歌唱する場合、歌手は実演家として扱われます。したがって、権利の種類は著作隣接権に属します(実演家人格権は著作隣接権の一部ですね)。

法30条1項2号の意味について。
たとえばVHSのコピーガードは、そのままダビングすると鑑賞できなくなる(画面が極端に歪んだり砂嵐状態になる)仕掛けになっています。これが「行為の結果に障害を生じ」るという意味です。
ダビングしても見られませんから、このコピーガード(技術的保護手段)は複製行為を「抑...続きを読む

Q弁護士協会の無料相談時間が20分とあったのですが、それ以後時間でどのぐらいの費用がかかるのでしょうか

弁護士協会の無料相談時間が20分とあったのですが、それ以後時間でどのぐらいの費用がかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

無料相談は延長がありません。20分で打ち切りとなります。
それ以上の相談は、弁護士と個別に行うこととなります。
その場合は弁護士によって相談料が違いますが、30分につき5,000円程度かと思います。
詳細は、弁護士にお尋ねください。

Q現代型訴訟における法律家の役割について

大学の講義で現代型訴訟における法律家の役割について
発表することになりました。図書館で参考資料を調べて
いるのですが、どうもしっくりきません。
現代型訴訟は嫌煙権訴訟がテーマでした。
何か意見をお願いします。

Aベストアンサー

具体的に何を聞きたいのかわからないのですが、何もレスポンスついてないので、何かコメントしてみます。
現代型訴訟の代表とされるのは医療過誤訴訟でしょうか。カルテ等の資料が全部、病院側にあるので、不法行為を立証する患者側には全然資料がない事になります。そこで改正された民事訴訟法では当事者照会などの制度がいろいろと・・・
あと、公害訴訟などの立証が難しいものも現代型訴訟と言われていると思うのですが・・・
民事訴訟法を調べていけばいろいろヒントが出てくるんじゃないでしょうか。

Q私の依頼してる弁護士があてにならず どうしても納得できないので 他の無料相談弁護士に何か知恵があれば

私の依頼してる弁護士があてにならず
どうしても納得できないので
他の無料相談弁護士に何か知恵があればと電話をして最初は受付の女性が出てお話をしていましたが、受付の女性では対応ができなくなったのか、弁護士にかわってお話をしたのですが、
相談は離婚慰謝料問題になります。

その弁護士に依頼もしてないのに

相手の名前は?元旦那に公証役場でいくらもらったの?夫婦でいたのは何年など

私が話したい事を言うとそう言う事じゃなくと

本当に上から目線の弁護士で話してる間に何度電話を切ろうかとイライラしました。

何でもっと相手を訴えなかったの

あなたは何をしてたのと…

この弁護士にこちらの理由を伝えても毒舌で返してくると思ったので軽く離婚に至るまでは色々とありますよね。と軽く返しました

そしたらまた暴言。

私は精神病になり他にも病気になり今でも通院していて

離婚すると言ってもお金がなくやっとの思いで離婚することができました。

何で弁護士さんってこんな人ばかりなのでしょうか

相談をして体調が悪くなり何故

こんな嫌な思いをして色々言われて悔しくて仕方かありません。

依頼してた弁護士にも色々あり

電話相談した弁護士にも不快な気持ちになり

何か楽になれる方法などありますでしょうか?

私の依頼してる弁護士があてにならず
どうしても納得できないので
他の無料相談弁護士に何か知恵があればと電話をして最初は受付の女性が出てお話をしていましたが、受付の女性では対応ができなくなったのか、弁護士にかわってお話をしたのですが、
相談は離婚慰謝料問題になります。

その弁護士に依頼もしてないのに

相手の名前は?元旦那に公証役場でいくらもらったの?夫婦でいたのは何年など

私が話したい事を言うとそう言う事じゃなくと

本当に上から目線の弁護士で話してる間に何度電話を切ろうかとイラ...続きを読む

Aベストアンサー

それは大変でしたね。
現在は、どうですか

相談までは無料の弁護士
沢山いますから
実際に面談して
自分に合う弁護士を
選任しましょう。

いい弁護士さんは
依頼者の話を
よく聞いてくれますよ。

信頼関係が無いと
ダメですからね。
逆に、いい弁護士が
ついてくれると
何かと心強いですよ。

Q代理人と復代理人の違い

最近、工事関係の入札書・委任状なんかに代理人と復代理人がありますが、代表者が出席できない場合は代理人のところに氏名・印を押して入札に出席してました。復代理人はどのような場合に使用しますか?以前、代理人の代理人と聞きましたが、分かるかたがいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

工事関係の入札書や委任状に代理人、復代理人とあるのは、通常は、代表者が入札書を提出するのですが、支店等が契約を代表者の代わりに行う場合には、代表者がその支店等の代表者に年間委任状を交付します。その年間委任状を交付された支店長等が入札に直接参加でできない場合に、復代理人を選任します。本社契約をしている場合に代理人を選任するのと同様、支店契約をしている時には復代理人を選任するのです。

Q相続の相談です。電話無料相談や区の無料弁護士さんからお話は聞いたのです

相続の相談です。電話無料相談や区の無料弁護士さんからお話は聞いたのですが、とても不安
なので、ここで質問させてください。

相続でもめています。
故人を長男夫婦で介護していました。

長女と遺産のことでトラブルです。プラスの財産は欲しいが、マイナスの遺産は払わないといってきました。弁護士さんはちゃんとした借用書があるから、正式ですと言われたのですが。
長女は私は保証人になってないし、ハンコもおしてないから関係ないといいます。
長女は顧問弁護士がいる、訴えてやると、脅すように何度もいってきます。
実際には、まだ何も訴えられていませんが。

プラスもマイナスも相続ですよね?
相続放棄しないって言っているに、つじつまがあわない?
あと、長女と長男がケンカした会話を録音していて、脅迫されたから、訴えてやると、何度もいってきます。これってどうなのでしょうか?


アドバイスよろしくお願いします。

私のほかの質問のよかったら相談にのってください。

Aベストアンサー

先ほどの質問で故人の貯金は数千円、株や土地などの財産はない。となってましたが、そうするとプラスは無いに等しく、マイナスは弁護士も認める借用書のある負債があるということですね。

となると単純相続すればマイナスの負債のみを相続することになりますから、常識で考えれば相続放棄です。

おそらく長女は故人の年金がどうのこうので、それがプラスと思っているのでしょう。

そしてそのプラスは貰って、負債は相続しない、など相続の基本を知らない愚かな話です。その顧問弁護士とやらはまともなのでしょうか。

長男さんはさっさと相続放棄されたら如何でしょうか?

後は長女とその顧問弁護士とで好きにしてもらえば宜しいのでは?

>長女と長男がケンカした会話を録音していて、脅迫されたから、訴えてやると、何度もいってきます。これってどうなのでしょうか?

訴えマニアのようですね。好きにさせれば宜しいでしょう。暴力を振るったならともかく口喧嘩なんて相手にされません。

「家庭に法は立ち入らず」と言いまして兄弟喧嘩に介入するほど警察や裁判所は暇ではありません。

先ほどの質問で故人の貯金は数千円、株や土地などの財産はない。となってましたが、そうするとプラスは無いに等しく、マイナスは弁護士も認める借用書のある負債があるということですね。

となると単純相続すればマイナスの負債のみを相続することになりますから、常識で考えれば相続放棄です。

おそらく長女は故人の年金がどうのこうので、それがプラスと思っているのでしょう。

そしてそのプラスは貰って、負債は相続しない、など相続の基本を知らない愚かな話です。その顧問弁護士とやらはまともなの...続きを読む

Q法定代理人と訴訟代理人

民事訴訟法についてなんですが、法定代理人と訴訟代理人というのがありますが法定代理人とは訴訟能力に欠ける人の能力の埋め合わせであり、訴訟代理人とは裁判を迅速に進めるために訴訟追行権を委任されたもの。と考えていいんでしょうか?また、法定代理人になることができるのに訴訟代理人になることができないなんてことがあるんですか?法定代理人も訴訟代理人のどちらも訴訟追行するのが目的だと思うのですが。

Aベストアンサー

おおむねおっしゃるとおりです。
細かく言うと、法定代理人とは、
 
親権者・後見人・訴訟行為について代理権を与えられた保佐人・補助人
利益相反行為について裁判所が選任する特別代理人
不在者の財産管理人
母がいない場合の嫡出否認の訴えの特別代理人
訴訟法上の法定代理人
訴訟無能力者に法定代理人がいない場合に裁判所が個別の事件ごとに選任する代理人。
包括的代理人ではないが、証拠保全の申し立ての相手方を指定できない場合に裁判所が個別の事件ごとに選任する代理人
ということになります。
いずれも、本人の意思とかかわりなく代理権を持ちます。

訴訟代理人とは、本人の委任を受けて訴訟を追行する者で、原則弁護士となります。その他、下記のような者が訴訟代理人たり得ます。
簡易裁判所で処理される個別事件についてその許可を受けた者
支配人・船舶管理人・船長
国等の指定代理人・在外者の特許管理人
弁理士(特許事件のみ)
司法書士(簡裁のみ)

法定代理人が必要な場合、法定代理人を本人の代理として訴訟を追行しなければなりません。
一方、訴訟代理人は、選任してもしなくてもかまいません。(本人が行っても構いません)
また、法定代理人が訴訟代理人を選任して訴訟を追行することは自由です。

また、利益相反となる場合、本来なら法定代理人たり得る親権者等であっても、法定代理人にはなれません。
この場合は、裁判所に選任された特別代理人が法定代理人となります。

おおむねおっしゃるとおりです。
細かく言うと、法定代理人とは、
 
親権者・後見人・訴訟行為について代理権を与えられた保佐人・補助人
利益相反行為について裁判所が選任する特別代理人
不在者の財産管理人
母がいない場合の嫡出否認の訴えの特別代理人
訴訟法上の法定代理人
訴訟無能力者に法定代理人がいない場合に裁判所が個別の事件ごとに選任する代理人。
包括的代理人ではないが、証拠保全の申し立ての相手方を指定できない場合に裁判所が個別の事件ごとに選任する代理人
ということになり...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報