『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

見逃しました!
どんな内容だったか、なるべく詳しく教えて欲しいです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

エート、かなりうろ覚えになってきたんですが・・・


一組目が小学生のお子さんを病気で亡くされた方でした。
お子さんを亡くされた後、家で気配を感じることが多く、
何か言いたいことがあるのではないかというご依頼でした。
その子は小学校の運動会に出ることを楽しみにしながら、果せず亡くなったらしく、
江原さんが「新品の運動靴がどこかにあるはず」と言うと、
家族の方が驚きながらそう言って、持ってきました。
そして、その子が生きていた時のように、食事をテーブルに用意しその脇に運動靴を置き、家族と最後の夕食をさせ、普段のまんまどおりの家族と過ごさせると成仏したようです。
非常に家族に対して感謝している様子と、家族がほんとに大好きだったと言ってるというのを伝えてました。
見ている私もジーンときてしまいましたね。

もう一組は、子どもの頃父親を亡くし、その後再婚した母も亡くなって、その再婚相手に二十歳まで育てられたという、
非常に苦労して育った2兄弟のお兄さんが亡くなって、その方のもとに行ってました。
すごく兄弟仲が良く、支え合っていきてきて、
弟が結婚した後もお嫁さん含めてほんとに仲が良かったみたいです。
お子さんが生まれた時もすごく喜んでくれたのに、子育てが忙しくなるにつれて、次第にお兄さんと疎遠になってしまったのを気にしていたままにしていたある日、
停車中の車にバイクでぶつかって事故死した報が届いたそうです。
江原さんから、仕事を含めいろんなことがお兄さんに重なり、生きる気力を無くしてしまって自ら突進していったらしいと聞いて、すごくショックを受けてました。
どうやら、自分の死が家族の離散や不幸の引き金になってしまっことを悔やむ亡き父親の無念と、お兄さんの今生の無念の波長が合い、呼び寄せてしまったらしいです。
と、まあこんなかんじで、お兄さんの天国からの手紙を読んで涙涙で終わってました。

江原さんの番組は私も好きでよく見ているので、他の番組と重なってないか不安なので、一応はっきり覚えてるとこだけ書いてみました。ふう (;^_^A
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとうございます。
なかなか回答がなく、皆見ていないのかな?と残念に思っていました。
少しでも教えてもらう事ができ、なんかスッキリしました。なぜか江原さんのは、ただの霊視と言う感じではなく本当に皆の為にしている事だなぁ~って思って凄く好きなんです。

お礼日時:2004/05/09 02:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今夜放送の『天国からの手紙』見た人!

今夜放送の『天国からの手紙』見損ないました。

一番最後の亡くなった漁師さんの回は見たのですが、それ以外の分、ぜひ知りたいので、見た方いましたら教えて下さい!!!

新聞の番組欄を見て、興味津々だったのに残念です。

Aベストアンサー

まさに、今ビデオで見ました!
私はああいうのを信じるタイプなので、本当に泣きました。
では、詳しく紹介します。

1.シングルマザーと息子の死
シングルマザーの二人の息子がいた依頼者Aさんでしたが、
突然の事故で下の子を失いました。
原因は頭骸骨の骨折。手術の甲斐もむなしく、12歳で彼はこの世をさりました。事故に関して、自転車でこけたところをみたという証言がありました。しかし、自転車に傷すらつかないような軽い事故で骨折するのかという疑問がありました。その理由を知りたいという想いで番組に応募。

事実:事故死の原因は彼の通っていたスイミングスクールで滑って転倒し、飛び込み台の角で頭を強打。そのときに骨折したようである。
自転車でこけたのはその後。一瞬意識を失ってこけたようです。
その後、家にもどり意識不明に。

そして彼が成仏できない理由、江原さんを通して伝えたこと、それは・・・彼は生きているとき寂しかったそうです。その寂しさを家族にわかってほしかった。学校でも悪口を言われるいじめを受けていました。それを誰にも相談できず孤独で寂しかったそうです。家族は忙しく、母はシングルマザーということもあり忙しくてなかなかいえなかったそうです。
お兄さんのことは大好きであり、うらやましかった。お兄さんは友達も多くて。そんなお兄さんのことが大好きでした。
そして、彼はお母さんに「ぼくはいないほうがよかったんじゃないか。早くなくなってよかったんじゃないか」と聞きました。彼は、お母さんが、自分を離したいとおもっているんじゃないかというおもいがあったそうです。
そしてお母さんも、生活が苦しくて、一瞬でも、彼がいなければ。。。と思ったことを後悔しています
そして彼にあやまりたい、彼につたえたいと・・・
シングルマザーは子どもにたくさんの幸せをあたえたかった、しかい彼は自分のことを一生懸命愛してくれる母を求めていました。
そして、彼が最後に家族に願ったこと、お母さん、家族がしあわせになってほしい。自分がいじめられて苦しんでる分、お母さんが人となかよくできるのであればいい。そんなけなげな想いでした。

2.母娘の話
母、真美さんは(当時30歳)は娘さんをつれて、再婚。そして三人で新しい家族を築きました。
しかし、初めての3人の家族旅行の日、旅行先で真美さんが体調不良に。診断の結果、胃がんで余命2ヶ月の宣告を受けました。そして、余命一年という、半分うその告知をしました。
そして闘病生活に。数日後、真美さんは結婚式を挙げます。夫は、看病するため会社を休みました。
告知から5ヵ月後。。。真美さんは再婚からわずか8ヶ月で帰らぬ人となりました。
その後、夫は真美さんの娘=血のつながらない子を引き取って育てると決心しました
その後、家族の周りで不思議な出来事がおこります。
家族の思い、再婚して幸せだったのか、何を思っているのかを知りたいということでした。

真美さんが残した想い。泣き顔のような顔で江原に「助けてください」とすがっているらしいのです。
そして、まず娘さん(10歳)に。
娘さんがよく不思議な現象が起こるという娘さんの部屋へ。
母「いろいろうるさく言ってごめんね」
母は毎日、娘の生活を見て、娘の不安を感じ取っているそうです。そして、まず真美さんの母へお願いします。
真美さんと母は生前、いつもぶつかりあっていたそうです。お互いわかるのに分かり合う努力をしなかったそうです。そして、もう仲直りしようと言うのです。で、母に、娘を自分(真美さん)だと思ってもういっかい育ててほしいと母にわが子を託しました。
そして、真美さんは娘にたずねます。
真美さん「お父さんと一緒にいるの苦痛?」(補足:再婚のため、真美さんの娘さんと、父は義理の親子です)
真美さん「無理に仲良くしようとしているよね」
娘「がんばって仲良くしないとお母さんが困っちゃうと思って・・・
お母さんが心配すると嫌だから。。でも、どうしたらいいんだろうって思って。」
真美さんが、娘さんに一番伝えたかったことは、無理して一緒にいることないよって。
自分が決めたことがみんなを苦しめていることがつらい・・・
江原(真美さん)「一番はどうしたい?」
真美さんは娘の心の中をわかっています。けどあえて娘に聞きます。
娘「お父さんには悪いけど・・・離れてほしい・・・・」
「一緒に暮らしたくない・・・・それが本当の気持ちです。」
「でも、ママが二回も離婚することになっちゃうから・・・それが嫌で・・・ママの病気のときもお父さんはよくやってくれたから、離れてっていえなくて。。。。。」
正直な気持ちを隠してまでみんなが一緒にいてばらばらになってしまっては、自分が娘を苦しめてしまう。それがあって成仏できなかったようです。
そして、夫には、、「感謝の気持ちでいっぱいです。なくなったその日最後まで寄り添ってくれてありがとう。人生の最後にこんなにもたくさんの愛をくれてありがとう。」です・
そして、「夫にも、夫の新たな人生を歩むことを願っています。自分との思い出はずっと忘れないでほしい。でも、あなたを愛することは、あなたの幸せを願うことだから、あなたにも幸せになって。」と言っているそうです。
真美さんはわずか8ヶ月という短い結婚生活でしたが、一生分の愛情をくれた夫に感謝し、娘には、これからの人生で本当に愛する、愛してくれる人をみつけて幸せになってね。いつまでも応援してるよ。」
人を愛し、愛されるということを娘に伝えたかったことだそうです。

とりあえず、前半です。
後半はまた時間あるときに投稿します
中途半端ですいません・・・

まさに、今ビデオで見ました!
私はああいうのを信じるタイプなので、本当に泣きました。
では、詳しく紹介します。

1.シングルマザーと息子の死
シングルマザーの二人の息子がいた依頼者Aさんでしたが、
突然の事故で下の子を失いました。
原因は頭骸骨の骨折。手術の甲斐もむなしく、12歳で彼はこの世をさりました。事故に関して、自転車でこけたところをみたという証言がありました。しかし、自転車に傷すらつかないような軽い事故で骨折するのかという疑問がありました。その理由を知りたいという...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む


人気Q&Aランキング