以前に亡くなった父方祖父母の相続権について質問した者です。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8358934.html

現在、戸籍を遡って遠方の市町村役場から戸籍を取寄せ、
まだ不十分ですがおおよその様子がわかってきたところです。

そこで、風の噂ですが、父方祖母がくなっているらしいという情報を得ました。
(戸籍はまだ祖母の現住所までたどれていなく、亡くなっているか確認がとれません)

普通であれば、他の遺族が戸籍を調べて私あて連絡してくるハズなのでしょうが、
特にそのような連絡は受けていません。

もし本当に死んでいるのであれば、相続はどうなってしまったのでしょうか。
無効として何か動かなければならないでしょうか?

また、仮に相続といっても、現金等の形が残りにくいものしかないとしたら、
再配分を求めても難しいのでしょうか。

情報不足で申し訳ありませんが、現状で取りうる対策や対応方法があれば
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

前回の質問にいくつかの回答のうち、ご自身に都合の良い部分だけに着目しているように思えます。



正鵠を射ているのは、No7toratanuki氏の回答、
>こういう、現実の質問にたいして、建前を言っても何も解決しません。
>遺留分をどうやって証明するのですか。
>会ったこともないのに。
です。


お父様が実子なのでlion-fiatさんが法定相続人であることは間違いありませんし、必要があれば先方から戸籍をたどってlion-fiatさんに連絡が来ることもあるでしょう。
大事なのは「必要あれば」の部分です。


・おばあ様名義の「土地」「建物」「自動車」「株式等有価証券」があればそれは名義が登録(登記)されているので名義変更(遺産分割)に際してかならずlion-fiatさんに連絡が来ますが、名義を変更せずそのまま放置している可能性もゼロではありません。名義を変更しなくてもそれまでどおり使い続けることができるからです。
(自動車は廃車手続きの際に名義変更が必要ですけどね)
ただ、一般に、高齢の女性がこれらの資産を持っていることは少ない(夫の名義であることが多い)と考えられます。
また、仮にこれらの資産を持っていたとしても、余命いくばくもなくとなった時点で同居(近在)の配偶者や子供たちに名義変更していることも考えられます。
こういった贈与は、20年以上つれそった配偶者に対しては大きな控除があるのでほぼ無税で贈与できます。
子に対しても贈与税を軽減する方法がいくつかあるので、合法的に資産を譲渡してしまうことが可能なのです。

・おばあ様名義の「預金」「貯金」については、金融機関が死亡を知ったら凍結されますが、その前にキャッシュカード等で全額引き出してしまえば、lion-fiatさんに連絡することなく分割が終了してしまいます。

・おばあ様のタンスにしまってあった現金や金塊や和服、宝飾品も、近親のもので分割してしまえばlion-fiatさんに連絡する必要はありません。


と、現実を考えれば、実際にはlion-fiatさんに連絡しなくてもすむことが多いのです。
さらにいえば、「久しく連絡を取っていない法定相続人(lion-fiatさんや弟さん)」がいることは皆が知っているので、相続発生の際、面倒(lion-fiatさんへの連絡)が生じないような準備をしておくことは、先方にとって当然の防御として考えられます。


で、冒頭のメッセージに戻りますが、
>遺留分をどうやって証明するのですか。
仮に、lion-fiatさんの知らないところで実際の遺産分割が行われていたとしても、
「おばあ様にはどのような遺産があったか」
「その結果、lion-fiatさんの法定相続分はどれほどになり」
「それが侵害されている」
という主張をしなければなりませんが、
その第一歩「どんな財産を持っていたか、知っていますか?」が絶望的だということを指摘しています。
取引金融機関・支店が分かれば、法定相続人として預金出入り明細の開示を請求することができますし、住んでいる土地の地番が分かればその土地を所有者を調べることもできますが、なにか、そういった手がかりをお持ちですか?

よく知らない人は「弁護士に頼めば・・・」といいますが、先方遺族の立場でいえば、仮に弁護士経由で問い合わせをしても回答する義務もなにもありません。弁護士経由で問い合わせたら先方も弁護士に相談し「ほっておきなさい、知らないといった返事をする必要すらありません」という回答を得るでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりfunoeさんの指摘のとおりかと思います。
私もほぼ同様に推定しています。
今までの話の経緯からすると、先方は私(と弟)の存在を本当に知らない(知らされていない)ようです。
事前に不動産や金融機関等、十分な下調べをしてから接触するようにしようと思います。
都合のよい部分というか、ピントがずれた回答にはとくに訂正や補足せず、参考にもしていません。

お礼日時:2014/02/11 22:54

人が亡くなったら、すべてが相続手続きがあるとは限りません。


手続きが必要でなければあなたへの連絡も必要がなかったのかもしれません。

相続発生時にあなたが未成年であれば、あなたの親権者が相続手続きを行っている可能性もあります・

相続発生時においてあなたが成人しており、遺産があれば、相続手続きが必要となり、あなたが法定相続人である限り、あなたの署名捺印(実印)がなければ、金融機関や不動産などの相続手続きは行うことはできないことでしょう。ただ、タンス預金や自宅保管の財産などは、知らずに遺産分割され、あなたが知る由もない状態になっている可能性もあることでしょうね。

相続人が平等の権利を持つということは、同居していたりした相続人もそうでない相続人も同じであり、同居していた人がすべての遺産をあなたに開示しなければならないとは限りません。ただ、手続きの必要性から同居していたような人から手続きを求められることが多いのも事実です。
しかし、不動産などは名義変更しなくとも、利用しようと思えば、誰かが文句を言わない限り自由に利用できてしまうことでしょう。

あまりにも放置していれば、実際に利用している人の申し出により時効取得されてしまう可能性もあります。相続手続きに期限はありませんが、時効には注意が必要です。
相続手続きとは別に考えるのが相続税の申告ですが、こちらには期限もありますし、期限を過ぎれば延滞税などもかかることでしょう。

相続人であるかどうかを確認し、遺産があれば、その権利を主張することは可能です。遺産があるかどうかの調査は、不動産や金融機関であれば、相続人であることの証明と相続人本人の本人確認書類があれば、ある程度調べることは可能です。ただ、相続人の調査と遺産の調査をしても、財産がなかったり、すでに処分ができてしまっているような遺産については、簡単に取り戻すことはできず、専門家を入れての争いになる可能性もあります。また、親族関係が崩れる可能性も含まれています。

ご自身で調査できるところをしたうえで、専門家へ相談されることですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり不動産以外の財産は特定が難しそうですね・・
不動産であれば仕事柄、多少の調査は可能です。

お礼日時:2014/02/11 22:46

>普通であれば、他の遺族が戸籍を調べて私あて連絡してくるハズなのでしょうが、


特にそのような連絡は受けていません。

 父方の祖母さまは、10年前にはお父様の葬儀に来てくださったのですよね?
 その後、お父様の法事のときにご連絡はされていないのでしょうか?
 お母様は、祖母さまの連絡先はご存知ないのですか?

 相続には、プラスの相続のありますが、借金などのマイナスの相続もあります。
 マイナスの相続だった場合、相続放棄の手続きをすることが多いのですが、その時には他の相続人と相談したりする必要はありません。

 祖父様、祖母様の名義の預貯金であれば、遺産分割協議をして手続きをしなければ払い出しは難しいですが、祖父様、祖母様の名義でなければ相続財産ではないです。
 現金であれば、それが相続財産であるとどうやって証明するかですよね。

 個人的には、借金などのマイナスの相続が有るとわかった場合には、相続放棄の手続きなどしなければならないし、プラスの相続の場合には、他の相続人が自分名義にしたければ、貴方が相続人なのでなんらかの連絡はしてくると思います。
 連絡が無いのは、不動産があったとしたら、そのまま故人の名義のままであるとか、ほとんど遺産がないと考えますけど。

 一度ゆっくりお母様に父方の親戚のことを聞いてみてはいかがですか?
 お父様に兄弟がいたのであれば、そちらに連絡を取るほうが、事情が良くわかると思います。
 

この回答への補足

残念ながら、父方の親戚は全員がそれぞれに仲が悪く、お互いの葬儀にさえ出ないありさま。
母は直接の連絡先を知らず、かろうじて連絡のつく父方の親戚経由でないと連絡が取れないのです。

補足日時:2014/02/11 22:45
    • good
    • 1

"普通であれば、他の遺族が戸籍を調べて私あて連絡してくるハズなのでしょうが、


特にそのような連絡は受けていません。"
  ↑
それが普通かもしれませんが、遺族が質問者さんに
連絡する法的義務があるか、疑問です。
また、質問者さんへの連絡方法が判らない、という
こともあり得ます。
あるいは、質問者さんを無視して、遺産配分してしまった
のかもしれません。


”もし本当に死んでいるのであれば、相続はどうなってしまったのでしょうか。
無効として何か動かなければならないでしょうか?”
     ↑
権利の上に眠るものは保護されない、というのが
法律です。
誰かが教えてくれる、なんてのは甘くないですか?
自分で動かないと、永久にそのままだ、という
可能性があります。


”また、仮に相続といっても、現金等の形が残りにくいものしかないとしたら、
再配分を求めても難しいのでしょうか。”
     ↑
時効になる以前であれば、当然権利はありますが
その場合でも、どういう財産があり、俺の取り分は
これだけあるはずだから、それをよこせ、という
形になります。
相手が協力しなければ、自分で調査する必要が
あります。


”情報不足で申し訳ありませんが、現状で取りうる対策や対応方法があれば
 教えてください。”
   ↑
こういうことがあるから、普段のつきあいが大切な訳です。
それはともかく、まず相手に問い合わせて、相続がどうなのか、
遺産はどんなものがどれだけあるのかを調べなければ話に
なりません。
相手が協力しなければ、自分で調べるか、専門家に依頼するか
しかありません。
口を開けて待っていても、誰も何も入れてくれません。


(相続回復請求権)
民法 第884条
相続回復の請求権は、相続人又はその法定代理人が相続権を侵害された
事実を知った時から五年間行使しないときは、時効によって消滅する。
相続開始の時から二十年を経過したときも、同様とする
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q死亡直前に現金贈与と死亡後の生命保険受取で相続放棄(税金)No2

たびたびすみませんが前回(6月19日)の続きの質問です

1.死亡直前に現金贈与(以前より相続時精算課税制度利用中で2500万を超えません)

2.死亡後の生命保険受取で相続放棄
(生命保険非課税枠は使えないのは承知してます。)相続税の基礎控除は使えますよね?

1.2 ともに相続放棄しても他の遺産(土地とか)+(1+2)合計額が相続税の基礎控除枠内(1000万×法定相続人の数+5000万)に収まっていれば税金の必要はないと解釈してよろしいのでしょうか?

申し訳ございませんが ご返答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

他の遺産というのが、他の相続人が受け取る被相続人からの全ての相続財産(相続放棄されているのであればそういう意味と思いますが)、という事であれば、お書きになられている通りで間違いなく、税金はかからない結果になると思います。

税金以外の部分では、#1さんがお書きになられているような点も出てくるとは思いますが。

Q亡くなった母の再婚前の子どもの相続権について

父は6年前に亡くなり、母は半年前に亡くなりました。
母は父と再婚する前、子どもが二人いました。
母は前夫とは昭和26年に離婚し、父と昭和28年に再婚しました。
父が昭和44年に買った土地の上に私が、平成7年1月に二世帯住宅を建てました。
今回平成27年2月に母が亡くなった時に、父が死んだ際の相続もしていなかったので
手続きをしようとして、母に二人の子どもがいることがわかりました。
この二人の子に、父が買って、現在私が建てた家がある土地の相続権はあるのでしょうか?
この問題が解決しない限り、私は父の土地を相続できないのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

半年過ぎても遺留分の請求がないのでしょうか?

であるなら、確かに他の回答者の通りで、通常相続であれば、異父兄弟への遺留分の相続が発生します。

しかし、土地相続ではなく、借地法の規定で、20年の時効規定がありますので。自身の立てた2世帯住宅の時効が、今年の1月に既に迎えておりますので、その土地はあなたの土地だと主張可能になりますので、そのまま登記を自身に変える手続きで構いません。

相続ではないので、遺留分を支払う必要もありません。

土地に関してはこのような法の救済措置があります。

遺留分請求については、10年が時効です。
万一10年以内に請求を受ける場合があったのなら。母親名義の銀行口座にあった預金の1/4をお支払いください。
当然ながら、葬儀費用などを差っ引いて構いません。

Q相続税の基礎控除額

父が急逝しました。 相続税の基礎控除額を教えてください。 法廷相続人は子供が3人です。それぞれ成人しています。 遺産は不動産(築40年の古屋つきの約70坪の土地)、預金、生命保険等があります。

Aベストアンサー

>法廷相続人は子供が3人…

5,000万 + 1,000万 × 3人 = 8,000万円
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm

>遺産は不動産(築40年の古屋つきの約70坪の土地…

土地は路線価、路線価の定められていない土地なら固定資産税評価額。
建物は固定資産税評価額。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4602.htm

>預金…

死亡日の残高。

>生命保険…

故人自身が受取人であったのでない限り、相続財産ではなく、証書で指定された受取人のもの。
全員に分割する必要はないが、相続税 (場合により所得税) の対象にはなる。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q私の家内の相続(亡くなった姉と実在の婿養子がいます)

私は二人姉妹の妹と結婚しています。
義母は既に亡くなり、義父田舎にが一人ですんで、週に一度、昔の会社の仲間達とゴルフするために都会に出てきます。
家内の家は田舎では大きな屋敷を構え、田畑や山を所有するとともに、都会にも義父がサラリーマン時代に建てた家があります。 

姉も結婚して家を出ていましたが、田舎の家を継いで欲しいとの話があって、姉の夫が婿養子となり都会の家をもらい、田舎の家はサラリーマンの定年を迎えたら帰るということで家を継ぎました。
親の面倒としては義父が週に一度、都会に出てくるのでその世話をするという程度です。
姉夫婦には二人の子供が居ます。

私は田舎出身なので相続は家の跡継ぎがするものと考えていて、実際、私の実家については殆ど長兄が相続したこともあり、家内の場合も親の面倒を見て、かつ、家のまつりごとを行う姉と義兄(婿養子)が継ぐものと思っていました。

ところが、姉が病気で無くなり、義兄も後添い(但し、未入籍)をもらったことから、それまでに家のことに一切かかりあわない義兄への不満なども重なり、義父との間で折り合いが悪くなり、今後は私・家内が面倒見ることになりました。その旨兄にも伝えたとの事です。

私も義父は家内の親であることから、面倒を見るのは厭うわけではありませんが、家内自身、相続が不十分なまま面倒だけ見るのは少し合点が行かないということで、主張すべきは主張するということになりました。

そのためにも相続に関して十分な知識を得たくご質問いたします。
私の知識ですと養子が実子扱いになり相続も人数分に等分と考えて家内の姉、家内、義兄のうちの1/3が家内の相続権かなと思っていました。

先日、友達が遺産相続で信託銀行と話したときのことを聞いて、気になる内容がありました。

その方は二人の健在な娘を持っておられ、姉の配偶者が婿養子となっており、我が家と殆ど同じケースです。
友達と婿の折り合いは悪く、できたら婿に相続させたくないということをいつも言っています。
その方がおっしゃるには、信託の方は娘さん二人に財産は行き、婿養子は関係ないといわれたとの事です。

友達の勘違い、聞き間違いもあるかと思いますが、お聞きしたいのは、私の家内の相続権は1/2なんでしょうかそれとも1/3なんでしょうか。

私は二人姉妹の妹と結婚しています。
義母は既に亡くなり、義父田舎にが一人ですんで、週に一度、昔の会社の仲間達とゴルフするために都会に出てきます。
家内の家は田舎では大きな屋敷を構え、田畑や山を所有するとともに、都会にも義父がサラリーマン時代に建てた家があります。 

姉も結婚して家を出ていましたが、田舎の家を継いで欲しいとの話があって、姉の夫が婿養子となり都会の家をもらい、田舎の家はサラリーマンの定年を迎えたら帰るということで家を継ぎました。
親の面倒としては義父が週に一...続きを読む

Aベストアンサー

>姉の夫が婿養子となり…

(1) 単に女性側の姓を名乗っているだけですか。
(2) それとも、舅さんと姉婿さんとの間に養子縁組がされていますか。

>私の知識ですと養子が実子扱いになり相続も人数分に等分と考えて家内の姉、家内、義兄のうちの1/3が…

それは (2) の場合で、(1) ならあなたの奥さんが 1/2、2人の甥か姪が 1/4 ずつです。

>その方がおっしゃるには、信託の方は娘さん二人に財産は行き、婿養子は関係ないといわれたとの事です…

それは (1) ですね。

---------------------------------------

まずは、(1) か (2) かを確かめましょう。

Q生命保険金は相続税?

夫が死去し生命保険金(4,700万)が出た場合の事を教えてください。
受取人は妻、子供は2人(共に成人している)いる場合、相続税(?)はどうなるのでしょうか?基礎控除5,000万やら、500万×相続人数など、よくわかりません。受取人は妻ですが、子供も相続人になるのでしょうか?また、相続税はいつ頃、いくらくらい支払うものなのでしょうか?
生命保険以外の財産は、土地・住宅が約600万ありますが、借り入れも400万ほどあります。

Aベストアンサー

被相続人(夫)が被保険者・保険料支払人、相続人(妻・子)が受取人とする生命保険の場合みなし相続財産となります。この場合、非課税限度額は500万×法定相続人3人の1500万まで非課税となります。

建物は固定資産税、土地は路線価(地域により固定資産倍率)

相続税の評価財産
土地・建物 600万(マンションですか??、金額が??)
現預金や株式等?万
生命保険金 3200万円
借入 ▲400万

合計3400万円

相続税の基礎控除は5000万+相続人3人×1000万で8000万円ですので、この金額を超えると相続税の納付の必要があります。その他、小規模宅地の特例、配偶者控除がありますので、おそらくまずはかからないとは思います。税金はおそらく発生しないものの申告の必要性(期限は死亡日より10月以内)は文面からは何とも言えません。いずれにせよ、一度、税理士または市町村の税務相談等でもご相談された方がいいと思います。

その際は以下のものをお持ちになると良いと思います。
・預金残高(死亡日から1年ぐらい遡って、大きい引き出しがある場合はその旨も)
・借入残高
・固定資産税の納付書(課税明細)
・土地建物の登記簿謄本(法務局でとる)
・生命保険金の支払明細
・路線価(下記で調べる)

その他、税金以外として相続登記も必要です。お忘れ無く・・。

参考URL:http://www.rosenka.nta.go.jp/main/MAIN_H16/index.htm

被相続人(夫)が被保険者・保険料支払人、相続人(妻・子)が受取人とする生命保険の場合みなし相続財産となります。この場合、非課税限度額は500万×法定相続人3人の1500万まで非課税となります。

建物は固定資産税、土地は路線価(地域により固定資産倍率)

相続税の評価財産
土地・建物 600万(マンションですか??、金額が??)
現預金や株式等?万
生命保険金 3200万円
借入 ▲400万

合計3400万円

相続税の基礎控除は5000万+相続人3人×1000万で8000...続きを読む

Q被相続人(父親)の娘の夫には相続権なし?

法定相続人に関して教えて下さい。

5年前に父親が亡くなりました。母は健在です。私の兄弟姉妹は5人です。

そのうちの一人の姉が昨年、亡くなりました。 姉には子供が2人います。

被相続人(父親)の法定相続人は、母と兄弟姉妹の4人、そして亡くなった姉の相続分として子供2人になるかと思っています。 亡くなった姉の夫には相続権はない。と思っていますが正しいでしょうか?

Aベストアンサー

>5年前に父親が亡くなりました…
>そのうちの一人の姉が昨年、亡くなりました…

父の遺産分割がまだ完了していなかったという意味ですか。

>亡くなった姉の夫には相続権はない。と思っています…

父の相続手続きを遅れてやっているということなら、間違っています。

相続というのは、手続きが済んでいようがいまいが、旅立ちと同時に完了しているのです。
父の法定相続人の一人である亡姉も相続していたのですから、今度は亡姉の遺産分割です。
亡姉の分の 1/2 は姉婿、残り 1/2 を甥・姪で均等割です。

つまり、父の全遺産のうち、1/20 は姉婿にいきます。

これを二次相続と言います。

----------------------------------------

もし、順序が逆で姉が父より先に旅立っていたのなら、たしかに姉婿は父の法定相続人にはならず、姉の分は甥・姪のみで均等割します。

Q相続と生命保険について整理したくご教示ください。

相続と生命保険について整理したくご教示ください。
前提として例えば…
生命保険契約(契約者=保険料支払者:被相続人、死亡保険金受取:相続人のうちの特定者1名)で1000万円を一括受取(年金としない)。
法定相続人は3人。但し、この保険金の受け取りは遺産分割協議により1人のみ。遺言なし。

(1)受取人は1人だが、相続人は3人なので、当該保険金の基礎控除は
500万円×3=1500万円
の為、この保険金1000万円は全額相続税の対象額から控除できる、との理解で合っていますでしょうか?

(2)この保険金を含め(みなし相続財産?)相続財産評価額が、8500万円であれば、
8500万円-1000万円<5000万円+1000万円×3
と成る為、相続税も発生しない、であっているでしょうか?

(3)相続税、保険金受取に関して両方とも申告は不要、との理解で合っていますでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。

>保険金受取に関して一時所得?雑所得?も申告不要でしょうか
不要です。
貴方の場合の保険金は、一時所得や雑所得ではなく相続税の対象です。
でも、非課税枠に入ってしまうということです。

Q遺産相続(亡くなった父の使い込み)

 独身の伯母が亡くなり、父と叔父が相続を受けますが、1年後、まだ相続完了していないうちに父が亡くなりました。その後、伯母の通帳のうち1冊を父が使い込んでいたことが発覚し、叔父は私(長男)に、伯母の死亡前後に父が引き出した金額も計算に入れるよう言ってきました。公平性という点から一応納得出来る意見ですが、税理士は伯母死亡の3年前までの贈与までさかのぼって調査する必要があると言っていました。この判断は正しいですか?そうだとすると、生前伯母が叔父と険悪であったことから、伯母が父や母へ好意で譲っていた金銭なども含めて、叔父に取られてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

1.民法における「みなし相続財産」について。
相続分の計算については、具体的な数字を使ったほうが説明しやすいので、叔母の遺産を次のように仮定します(設例を参考に、実際の数字を当てはめて計算してみて下さい)。

預貯金の残高2000万円(計算を簡単にするため不動産はないとします)、負債なし(負債も相続財産です)。このほか父に生前贈与分1000万円がある。

(1)計算する場合、まず、特別受益となる生前贈与された財産を計算上戻します(民法903条1項)。これを「みなし相続財産」といいます。事例では、預貯金2000万円+父への生前贈与1000万円=3000万円が「みなし相続財産」です。
兄弟だけが相続人の場合、均等分割が原則ですから、1/2にすればいいのですが、既に贈与されたものは遺留分を除き、実際には、取り戻せません。
(2)この「みなし相続財産」について、まず、各人の計算上の相続分を試算します。父と叔父はそれぞれ1500万円(3000万円×1/2)となります。
(3)父の相続分は、生前贈与された分を引きます。1500万円-1000万円=500万円となります。
(4)叔父については、分配可能な遺産総額2000万円のうち1500万円を相続することになります。
 
では、預貯金の残高1000万円、このほか父に生前贈与分2000万円がある、としたら計算は次のようになります。

(1)と(2)は上記と同じ結果です。
(3)父の相続分は、生前贈与された分を引きます。1500万円-2000万円=▲500万円となりますが、マイナス分を吐き出す必要はないので、ゼロとなります。
(4)叔父については、分配可能な遺産総額1000万円のうち1000万円を相続することになります。
 
なお、被相続人(=叔母)の意思が、特定の相続人を特別扱いするというものであった場合は、その意思が尊重されますから、生前贈与を考慮せずに、これを除外した残りの財産だけを対象に法定相続分に従った分割を行うことも可能です(民法903条3項)。ただし、遺留分の制約はあります。

2.遺留分について。
相続人が最低限受け取ることのできる相続分を、「遺留分」(民法1028条)といいます。相続人が父と叔父の2人だけの場合、それぞれの遺留分は1/2×1/2=1/4と計算されます。叔母の「みなし相続財産」のうち1/4は、叔父が遺留分として受け取る権利があります。

上記の例でいえば、「みなし相続財産」3000万円×1/4=750万円が叔父の遺留分となります。もし、父が生前贈与で叔母から2500万円の贈与を受けていたら、叔母の預金残高500万円に加えて、250万円(=750万円-500万円)を代償として父から叔父に渡すことになります。

遺留分の算定の基礎となる「贈与は、相続開始前の1年間にしたものに限り」認められます(民法1030条)。ですから、相続財産に戻し入れるのは、1年前までの贈与を考えればいいと思います。

3.「税理士は伯母死亡の3年前までの贈与」について。
税理士のいう3年以内の贈与というのは、相続税法基本通達19-1に規定されています。詳細は、国税庁HPから該当箇所を下記、参考URLに貼っておきますので、ご参照下さい。
 この規定は、相続税を納税するほどの多額の遺産であれば、相続税法上、必要な規定であると思います(税収を確保したいという国税庁の思惑がある)。
 相続人が2人の場合、5000万円+1000万円×2人=7000万円まで非課税です。
要するに、叔母の遺産が生前贈与分を含めて7000万円を超えるのなら、3年前の贈与まで遡る必要がありますが、それ以下なら、3年前のものまで考慮する必要はなく、民法の遺留分の規定通り1年前の贈与まで考慮すればよいものと思います。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/4161.htm

1.民法における「みなし相続財産」について。
相続分の計算については、具体的な数字を使ったほうが説明しやすいので、叔母の遺産を次のように仮定します(設例を参考に、実際の数字を当てはめて計算してみて下さい)。

預貯金の残高2000万円(計算を簡単にするため不動産はないとします)、負債なし(負債も相続財産です)。このほか父に生前贈与分1000万円がある。

(1)計算する場合、まず、特別受益となる生前贈与された財産を計算上戻します(民法903条1項)。これを「みなし相続財産」...続きを読む

Q相続税の基礎控除の考え方

いきなりですが、よろしくお願いいたします。

4人家族(夫、妻、子2人)で、夫が1億円を残してなくなったとします。
法定相続人は妻、子2人で、妻5,000万、子2,500万ずつ相続したとして、
相続人3人ですと基礎控除額は8,000万円ですよね。
そこで疑問なのですが、この8,000万円の基礎控除は
どのように差し引いて考えればよいのでしょうか?

私の認識では、
1億円の財産から8,000万円が控除され、残りの2,000万円が相続税の対象となり、2,000万円のうち、
妻は法定相続分の2分の1の割合から1,000万円が、
子供は4分の1の500万円ずつが相続税の対象となるということでしょうか?
(たぶん、上記のように考えなくても妻の相続財産は、
配偶者控除で1億6千万円までOKと考えてもよいのですよね。)

上記の子供の相続税の対象額(500万円)の認識があっているとして、
基礎控除からさらに生命保険金控除の500×3=1,500万円、
退職金控除500×3=1,500万円差し引けるとすれば、
子供2人もさらに1,000万円ずつの控除が受けられることになり、
相続税は免れるという認識でよろしいのでしょうか?

自分の認識がどこまであっているのか教えてください。

いきなりですが、よろしくお願いいたします。

4人家族(夫、妻、子2人)で、夫が1億円を残してなくなったとします。
法定相続人は妻、子2人で、妻5,000万、子2,500万ずつ相続したとして、
相続人3人ですと基礎控除額は8,000万円ですよね。
そこで疑問なのですが、この8,000万円の基礎控除は
どのように差し引いて考えればよいのでしょうか?

私の認識では、
1億円の財産から8,000万円が控除され、残りの2,000万円が相続税の対象となり、2,000万円のうち、
妻は法定相続分の2分の1の割合から1,000万...続きを読む

Aベストアンサー

>1億円の財産から8,000万円が控除され、残りの2,000万円が相続税の対象となり、2,000万円のうち、
>妻は法定相続分の2分の1の割合から1,000万円が、
>子供は4分の1の500万円ずつが相続税の対象となるということでしょうか?
>(たぶん、上記のように考えなくても妻の相続財産は、
>配偶者控除で1億6千万円までOKと考えてもよいのですよね。)

ここまでは、ほぼ考え方としては合っています。

ただ、生命保険と退職金については、ちょっと違います。
これは、控除というより、非課税として取り扱われますので、500万円×法定相続人の数、により計算した金額を超える部分の金額が課税対象となってきます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4114.htm
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4117.htm

ですから、仮に、生命保険・退職金共に、それぞれ1,500万円以上もらっているのであれば、それを含めての遺産総額1億円であれば、そこから1,500万円の非課税分を生命保険・退職金それぞれ引いた後の、7千万円が課税価格の合計額という事になり、そこから遺産に係る基礎控除額を引く訳ですので、今回のケースで言えば、相続税は全くかからない事となります。
(もちろん、評価そのものが合っている前提ですが)

例えば、受け取った保険金が2千万円であれば、そこから1,500万円を引いた残りの500万円が課税対象となってくる訳です。

>1億円の財産から8,000万円が控除され、残りの2,000万円が相続税の対象となり、2,000万円のうち、
>妻は法定相続分の2分の1の割合から1,000万円が、
>子供は4分の1の500万円ずつが相続税の対象となるということでしょうか?
>(たぶん、上記のように考えなくても妻の相続財産は、
>配偶者控除で1億6千万円までOKと考えてもよいのですよね。)

ここまでは、ほぼ考え方としては合っています。

ただ、生命保険と退職金については、ちょっと違います。
これは、控除というより、非課税として取り扱われま...続きを読む

Q亡くなった父の預金の相続について

亡くなった父の預金の相続についての質問です。
家族構成は父(非相続人)、母、私(長男)、次男です。
3月に父が亡くなり、父の遺産が郵便局と銀行の預金だったのですが
その時は何も知らず、母に口座の凍結解除の為のハンコと署名をしてくれと頼まれ、よく分からずにそのまましました。
そこで質問なんですが・・

既に母名義の預金になっていると思いますが、私にも相続出来る権利はありますか?母は全てが自分のものと言ってます。
家庭裁判所で相談をしたのですが、担当してくれた人に「すでに母名義になっているのであれば難しい」と言われました。
ちなみに私は母とは血が繋がっておらず(再婚で次男は母の連れ子)、父が亡くなって喪が明けた後、家を出て行きました。
現在は母と次男はアパートを借りて住んでます。
家には寝たきりの祖母がおり、これからも何かとお金がかかるので、少しでも多く遺産を受け取りたいと思っています。
なにかいいアドバイスありませんか??

Aベストアンサー

もし押したハンコが実印で、印鑑証明と戸籍抄本と住民票を勝手に取られ、遺産分割協議書を勝手に作成されたのであれば相続は完了しているかもしれません。あなたは、すでに相続を放棄したことになっているかもしれないです(というか、おそらくそうです)。
銀行口座の凍結を解除するためには遺産分割協議書が必要ですから、押したハンコは実印であるような気がしますが・・・。

直筆でサインしてあり、実印・印鑑証明がそろっている状態では、異議の申し立てはかなり困難ではないかと思います。
家庭裁判所の人のいうとおり「すでに母名義になっているのであれば難しい」ということになります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング