さぁー貯蓄するぞっと会社から資料を取り寄せたところ、半年前は年金利0.2~0.35%となっていたのに今じゃ0.08%になっていました。これって今預けた金利がずーっと続くのでしょうか?だとしたら、今から始めるのがすごーく損をするような気がして。また、預け先によって金銭信託、期日指定定期預金、財形貯蓄積立保険、公社債投信などいろいろあってどうしたらいいのかわかりません。教えてください。貯蓄の目的は、将来のマイホーム購入資金と子供の教育資金です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

金融関係で仕事をしている者です。


今春、各行一斉に金利が下がり、
気分が乗らないお気持ち、お察し致します。
将来もこの情勢が続くかどうかは、大変むずかしい問題ですが、
少なくとも財形貯蓄については、
始められた方が損しないと思います。
一度「日本銀行情報サービス局 金融広報中央委員会」
(参考URL)の情報を是非ご覧ください。
金融に関する基本的なことが、全般的に解ります。

また、各商品に関しての解説は、
下記サイト↓をご覧になれば、大体わかると思います。
http://www.saveinfo.or.jp/kinyu/guide/mokuji2.html

少しおおざっぱですが、下記サイト↓でも分かり易くまとめられています。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/4961/UO …

tsuru2001さんの書かれている貯蓄の目的から、
「財形住宅貯蓄」と「一般財形貯蓄」を
まず始められることをお勧めします。
財形住宅貯蓄は、勤労者が住宅を取得する目的で設けられたもので、
住宅購入資金の頭金が計画的に準備できる一方、
財形持家融資が受けられます。
一定の要件を満たせば、財形年金とあわせて元利合計550万円
(郵貯は元本550万円、簡保は払込保険料550万円)
までは利子に税金がかかりません。
また一般財形貯蓄は、財形の目的が特に限定されたもの
ではありませんので、一般の金融商品と同様、
利息には20%の税金がかかりますが、
給与から控除されるため、お金を貯めやすいという点は
メリットといえます。
またいざという時、財形融資制度を利用することができます。

例えば、財形貯蓄に加入していると、比較的有利な条件で、
本人又は子供が、教育を受けるために必要な資金を
借り入れることができます。
融資額は、最高450万円までです。
また、住宅資金の融資も、一般財形貯蓄・財形住宅貯蓄・
財形年金貯蓄を1年以上続け、
その残高が50万円以上になっている場合は、
住宅を買う時に財形融資制度を利用することができます。
財形融資の最大のメリットは、融資額が大きいという点です。
残高に応じて最高4000万円までの融資を受けることができます。

最後に、下記サイト↓でも、金利に関しての面白い話が見れますよ。
http://www.hokuriku.ne.jp/abc/economy/kinri.htm
どうぞ、あまり悲観的にばかりならず、
一番有利な預け入れ方法を検討しましょう。

参考URL:http://www.saveinfo.or.jp/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とっても詳しく説明してくださって感激しました。
早速、アドバイスに従って財形貯蓄を始めました。
勉強になりました、ありがとうございます。

お礼日時:2001/06/20 21:17

私も財形貯蓄をしていますが、郵便局の財形定額貯金は一般の定額貯金(3年以上で0.08%)に0.1%上乗せの金利で0.18%のはずです。

あちこちの金融機関、金融商品を比較する必要は、現在の超低金利の中で必要でしょう。下の人が回答していたように郵便局の場合、年金は385万円まで非課税、住宅は550万円まで非課税だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
預け入れ先によってずいぶん変わるんですね。
ほんとに色々と勉強になります。

お礼日時:2001/06/20 21:22

財形貯蓄ではないのですが、住宅金融公庫に「つみたて


くん」というのがあります。
目的は、住宅資金の積み立てですが、解約してそれ以外の用途にも使えます。
利回りは年1%ほどで、5年ほど積み立てれば、途中解約しても、銀行の定期利息よりは有利になります。
最近、人気が出て来ているようです。
住宅を建てる際の割増融資も有ります。

最低積立額は半年毎に20万円を3年から5年間積み立てます。
参考URLに詳細の説明があります。

参考URL:http://www.jyukou.go.jp/tumitate/tumita11.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
いろいろあるんですね、貯蓄の方法も。
とても参考になりました。

お礼日時:2001/06/20 21:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q財形奨励金って課税?非課税?

給与や賞与から財形を天引きで積み立てる際に、会社から「財形奨励金」という名目で5%ほどの奨励金がつきます。
これは課税対象なのでしょうか?それとも非課税なのでしょうか。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

財形奨励金は経済的利益として課税対象となります。

Q財形年金と財形貯蓄について

財形貯蓄と財形年金の違いが分かりません。 主人(地方公務員)の給与明細に二つの欄がありますが、財形年金の欄に毎月金額があります。毎月28000円。ボーナス時77000円のようです。(結婚前に会計課の方に若いときに早めに掛けていたほうがいいとアドバイスをもらい、毎月4000円から28000円に増やしたそうです)。 これは掛けすぎとかいう問題はないでしょうか? 無知ですみません。教えてください。 そのほか、共済短期・長期、年金ゆとり と引かれものが多いです・・・。

Aベストアンサー

●皆さんが、お答えのとおりで、
「財形貯蓄」には、「一般財形」と、「財形住宅」と、「財形年金」の、3種類が、あります。

「一般財形」は、一般の「定期預金」や、「金融債」などと、同様に、「お利息から、国税15%、地方税5%、あわせて20%差し引かれ」ます。

「財形住宅」と、「財形年金」には、「おひとり様、あわせて元本550万円まで、非課税枠(お利息に対して、税金がかからない)」が、あります。

なお、「一般財形」は、「おひとり様、何契約でも、できます」が、
「財形住宅」と、「財形年金」は、「おひとり様、それぞれ、1契約ずつ」しか、できません。

http://www.daishi-bank.co.jp/yokin/yokin/z-ippa.html
http://www.daishi-bank.co.jp/yokin/yokin/z-juta.html
http://www.daishi-bank.co.jp/yokin/yokin/z-nenkin.html

Q財形貯蓄ってやる意味あるんでしょう か? 奨励金や財形融資制度が利用できる財形貯蓄は別として

財形貯蓄ってやる意味あるんでしょう
か?

奨励金や財形融資制度が利用できる財形貯蓄は別として


財形貯蓄というのは給与から強制天引きにして、お金の流動性を低くしているだけですよね?

流動性を低くしているのに、金利は低く(0.01〜0.04%ほど)、財形住宅貯蓄などの非課税のメリットはほぼないように思えます。

財形をやるくらいなら、普通預金にいれておいていざというときにすぐ使えるようにしたほうが有用だと思うのです。

それをふまえて、財形貯蓄のメリットを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

財形貯蓄ははっきり言えば、現在の
政府政策からすれば、前時代的で、
邪魔な存在ではあると思います。

ですから、個人型の確定拠出年金の
改正など、推し進められているんだと
思います。

強いてメリットを上げるなら、
①住宅財形は税制上の優遇がある。
②国債運用などの証券会社の財形は
 パフォーマンスがよい。
③元本保証などの規定が定められて
 いたりするので、より安全ではある。

といったところですかね。

私は時代もあって②でかなり得を
しました。
20年以上1.5%のパフォーマンス
を維持できました。

会社にもよるんでしょうかね?

今では住宅財形でちょこっと
頭金ができたら、すぐ家買えよ。
って位の使い道でしょうね。

そんなに制約はないと思うんで、
現在の政策や経済動向にあった
財形貯蓄を考えるべきだと思います。

いかがでしょう?

Q今300万円余裕資金ありますが、これを預けるのにベストなのは?

今300万円資金ありますが、これを預け運用するのにベストな先は?
何年後に使用するかはまだ決まっていない資金です。

最近の金利情勢に疎いもので、アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

この種の質問にはいつもどのようなアドバイスが良いか迷いますが、一応、今まで預貯金中心で運用経験が無く、新たに余裕資金を運用する場合を想定します。

この場合のアドバイスはこれこれの金融商品がお勧めとか云うアドバイスはしません。むしろいろいろな金融商品を試して、一定期間投資するというものです。結果的に分散投資とはなりますが、むしろ質問者の「運用経験」に投資する意味合いを持っています。一定期間の後、投資したものがどのような経過をたどり、ある一定の結果(運用成績)となるので、これを細かにチェックしてみれば、他人からのアドバイスでは決して得ることのできない運用/投資の経験を得ることができます。なお開始前には事前の調査と結果の予測も忘れてはなりません。

さて分散するので個々は小口資金となるので、試すのに都合の良い金融商品を考えてみました。
国内株式:TOPIX連動 ETF
国内不動産:J-REIT(不動産投資信託)
国内債券:個人向け国債 or MMF
海外株式:Bricsの株式投信、US/ヨーロッパの投信
海外債券系:外貨MMF(2種類程度)
海外不動産:アメリカの不動産投信(REIT)

小口資金の制約から投信が多くなっています。個々の具体的な商品はぜひご自分で!
この経験を積めば、「これを預け運用するのにベストな先は?」等の質問ではなく、もっと具体的な質問が出てくるはずです。

この種の質問にはいつもどのようなアドバイスが良いか迷いますが、一応、今まで預貯金中心で運用経験が無く、新たに余裕資金を運用する場合を想定します。

この場合のアドバイスはこれこれの金融商品がお勧めとか云うアドバイスはしません。むしろいろいろな金融商品を試して、一定期間投資するというものです。結果的に分散投資とはなりますが、むしろ質問者の「運用経験」に投資する意味合いを持っています。一定期間の後、投資したものがどのような経過をたどり、ある一定の結果(運用成績)となるので、こ...続きを読む

Q助成金と奨励金の違い。

助成金と奨励金の違い。
ハローワーク等で雇用や会社設立し条件があえば助成金がもらえますが、助成金と奨励金と
名称がちがっています。
これはなにか理由があるのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)助成金とは,事業や研究などに助けて成就させること。力を添えて成功させること。
(2)奨励金とは特定の事業などに促進・発達を帰するたねに交付する金銭的給付。補助金。助成金。

Q職場の財形貯蓄を新規にはじめたいのですが

いろいろ金融機関・商品があり利率もそれぞれ異なるので迷っています。
その中から候補に考えている財形商品はふたつで三菱東京UFJ銀行の期日指定定期3年(0.4)、またはスーパー定期5年(0.6)、明治安田生命保険の財形貯蓄積立保険(1.5)(カッコ内はそれぞれ予定利率とあります)の一般財形と住宅財形と年金財形ですが、利率をみるとあまり高い率ではないようで財形でなくてもいいかなとも思ってしまいます。
預けるのは毎月5万円以内くらい、ボーナス時50万円を年2回で会社の財形と個人での預け入れ、どちらが有利でしょうか。財形の仕組みは読んだのですがいまいち理解できません(汗)利率がよくないのに社員ほとんど加入しているという事実にも疑問なのです。財形を利用するのは自力で貯金ができないから?それだけの理由でしょうか。
我が家は30代後半夫婦・小学高学年の息子が二人おりますが長男の教育資金として100万円ほど持っているだけでほとんど貯金していないためこの資金補強も最優先にしなければなりません。子供の年齢を考えれば預金期間はせいぜい6年ほど。
転勤ばかりで住宅購入のめどは立ちませんが満期500万円のつみたてくんを支払い完了しています。これは老後、中古マンションでも購入できればと思い貯めたものです。
あと、半端に預けたゆうちょを合わせれば300万円ほどあります。このような経済状態ですが会社の財形にするほうが将来、得でしょうか?

いろいろ金融機関・商品があり利率もそれぞれ異なるので迷っています。
その中から候補に考えている財形商品はふたつで三菱東京UFJ銀行の期日指定定期3年(0.4)、またはスーパー定期5年(0.6)、明治安田生命保険の財形貯蓄積立保険(1.5)(カッコ内はそれぞれ予定利率とあります)の一般財形と住宅財形と年金財形ですが、利率をみるとあまり高い率ではないようで財形でなくてもいいかなとも思ってしまいます。
預けるのは毎月5万円以内くらい、ボーナス時50万円を年2回で会社の財形と個人での預け入れ、ど...続きを読む

Aベストアンサー

財形のご案内の前に。

教育資金をお考えのようですが、
まず、、公立の幼稚園から大学までに1人あたり必要な金額は1千万円といわれています。私立になると、2000万弱とお考えください。

さて、財形の魅力ですが、
ご存知の通り給与天引きの為、確実に貯まります。
ポイントは2つ。
1)融資がうけられる
2)非課税制度がある
と個人的には思います。

財形貯蓄制度には、一般財形貯蓄、財形住宅貯蓄、財形年金貯蓄の3つがあります。一般財形以外の2つは、元利合計550万円まで非課税です。一般財形は、20%源泉分離課税で、税金がひかれます。銀行などで預金すると、利息に税金がかかるので、財形は無駄がない?といえるかもしれません。

ただし、非課税の財形住宅貯蓄・財形年金貯蓄は、それぞれ目的が決まっていて制限があるので、多目的には使用できません。

それに対して、一般財形は課税されますが、給付金の制度があります。
一般財形貯蓄を1年以上続けている人が、教育、育児、介護、自己啓発等の目的で50万円以上引き出した場合、給付金(最高21万円)が支給される制度があります。ただし、制度の導入は事業主の任意のため、ご確認ください。

また、財形貯蓄制度を利用する人は、貯蓄の種類に関係なく融資制度を利用することができます。金融機関の借り入れより、利便性はいいと思います。

財形融資制度は2つあります。
1)持ち家融資・・・50万円以上の残高があれば、残高の10倍(最高4000万円)まで受けられる。
2)教育融資・・・残高規定なし。残高の5倍(最高450万円)まで受けられる。
1・2ともに、1年以上財形貯蓄の継続が必要です。

財形のご案内の前に。

教育資金をお考えのようですが、
まず、、公立の幼稚園から大学までに1人あたり必要な金額は1千万円といわれています。私立になると、2000万弱とお考えください。

さて、財形の魅力ですが、
ご存知の通り給与天引きの為、確実に貯まります。
ポイントは2つ。
1)融資がうけられる
2)非課税制度がある
と個人的には思います。

財形貯蓄制度には、一般財形貯蓄、財形住宅貯蓄、財形年金貯蓄の3つがあります。一般財形以外の2つは、元利合計550万円まで非課税です。一般...続きを読む

Q携帯電話のワンセグ・GPS機能等と販売奨励金の関係について

携帯電話のワンセグやGPS機能(座標測位のみ)は、ドコモなどキャリアとの通信を行いません。(番組表取得や地図取得などでは通信しますが)
なのに、契約を解約するとワンセグが使えなくなったり、GPSは契約中でも携帯電波の圏外では測位自体を行ってくれません。

1円端末など販売奨励金があった時代は、月々の料金から端末代(販売奨励金)を捻出していたので、早期に解約されると端末代が回収できなくなるため、このような制約を課していたと思うのです。

ところが昨今、販売奨励金の廃止が相次いでいます。ドコモも905iから始めました。おかげで端末代が5万円台にまで急騰しています。
販売奨励金を廃止したのであれば、端末代は全額消費者が払っているので、上記制約を課し続けるのはおかしいと思うのですが、みなさんはいかがお考えでしょうか?

Aベストアンサー

一部勘違いがあります。

販売奨励金に関しては1番の方と2番の方が指摘していますので省略します。
要は「無くなったわけではない」です。

もうひとつ、購入時の契約があります。
携帯電話会社は「端末単体」の販売はしません。
必ず回線契約とセット売りになります。
「機種変更」でも「買い増し」でも購入時には「契約電話番号」と「機種の製造番号」を記録します。
それがセットになっている場合に機体の機能が使えることになります。

携帯電話「販売」会社によっては、「白ロム」として、電話機単体販売を行っているところがありますが、それは「携帯電話会社」の了解を取っているわけではありません(黙認はされているようですが)。

「自社の会員に限り、搭載されたサービス(機能)をすべて利用可能」という形式は、会員制○○(スポーツクラブ等)の様に世間一般に広く普及しているものですので、「制約を課し続けるのはおかしい」とも思えません。

NOKIA E61の様に「端末はメーカから購入し、SIMカードは好きなものを(といっても国内ではドコモとソフトバンクのみですが)使用可能」という機械は「(契約ナシで)初めからすべての機能が使える」様になっていますよ。

一部勘違いがあります。

販売奨励金に関しては1番の方と2番の方が指摘していますので省略します。
要は「無くなったわけではない」です。

もうひとつ、購入時の契約があります。
携帯電話会社は「端末単体」の販売はしません。
必ず回線契約とセット売りになります。
「機種変更」でも「買い増し」でも購入時には「契約電話番号」と「機種の製造番号」を記録します。
それがセットになっている場合に機体の機能が使えることになります。

携帯電話「販売」会社によっては、「白ロム」として、電話...続きを読む

Q財形貯蓄(住宅)について

財形を始めようと思っているんですが,転職なども視野に入れて
今の会社におります.
そこで,転職の際に財形の扱いはどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

財形のいいところは、金利に対する所得税がかからないところです。しかし、今の金利情勢では、他の金融商品と受け取れる金利は大差ないですよ。

Q新卒者採用の奨励金制度

新卒者採用の奨励金制度
今日のニュースで、卒業後1年以上経過している新卒者を雇用採用すると、雇用採用した会社側に奨励金が配られるらしいんですが、これは本当の意味の新卒者にとっては非常に不公平な制度だと思います。
なぜなら、この二者がどちらも同じ能力を有していた場合、採用試験においてどちらかを選ぶといったら、奨励金制度のある前者を採用するはずです。これによって後者の雇用機会がかなり減少すると思うのですが、みなさんはこの制度をどう思いますか?

Aベストアンサー

あまり新卒者の人に悪い影響はないと私は思いますよ。

企業は新卒者を育てるのに一人当たり何十万円・数百万円を
研修等で投資していると言います。
それだけ新卒者の人は「育てやすい・伸びやすい」とも言えるのでしょう。
新卒者を優遇する傾向はやはり根強いでしょう。

また逆に、卒業後1年以上就職していなかった人を採用するのは
企業としては躊躇せざるを得ないのではないでしょうか。
なぜなら、へばり付いてでも就職するという「覚悟・執念」が見えにくいからです。
覚悟や執念がない人を採用しても「3年でさようなら」とかでは
新卒者に投資した何百万円が無駄になるわけですからね。

それに、就職がし辛いのは大企業の話であって、
奨励金よりも投資するお金のほうが大きくなるのでは?
また、この奨励金が助かるであろう中小企業には
やはり人が集まりにくいというのは変わらないのでは?

Q一般財形貯蓄保険型のメリット、デメリット

会社の一般財形貯蓄に入ろうかと考えています。
いろんな種類があるようですが、
金銭信託型や期日指定定期型よりも積立保険型の方が利率が高く、
普通に考えると、積立保険型の方がかなり得のような気がするのですが、
積立保険型には、どんなデメリットがあるのでしょうか?
商品比較表だけを見ていてもよく分からないのですが...

Aベストアンサー

通常ですと長期間積み立てないと
保険の分だけ、何年かは元本割れ
状態となる商品が多いと思います。
確認してみてください。

定期などより金利はよいし、
信託型は変動金利で下手をすると
マイナス金利の影響で金利が
ほとんどなくなる可能性があります。

蛇足となりますが、
お勤めの会社によるのかもしれませんが、
私は証券会社で国債で運用する一般財形
をしていました。
ずっと低金利の時代でしたが、長期運用
で、年2%程度の実績で安定していました。


人気Q&Aランキング