出産前後の痔にはご注意!

会社で47KW程度の太陽光発電を設置しますが、パネルの下側の草刈りなど結構大変そうですので、できれば芝生か何か手のかからない日陰でも育つ種をまこうかと考えています
何かいいものはありませんでしょうか
土目は黒い土です(山砂ではありません)
教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

芝生は短くきれいにそろっているイメージを持たれますが、


あれは手入れをしてるからですよ。
雑草と同じようにバラバラに生えてきます。
姫ザサ、姫ヤブランなど姫がついてヤブなど、
日陰にの生えるものなら短くそろって生育も遅いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
笹ですか、調べます

お礼日時:2014/02/13 17:04

 


 少し前にTVで放映していましたが、そこにヤギだったか羊だったかを放牧して雑草をすべて食べ尽くさせていましたよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も見ました
ありがとうございます

お礼日時:2014/02/26 14:09

>ありがとうございます


費用をかけられないものですから、、、、

芝を業者に張らせると平米1,500円ぐらいはかかりますし
水代、肥料、薬品代で年間平米600円程度はかかります。
除草シートの材料費は平米400円程度なので
自前で社員に貼らせれば平米500円もあれば足りるでしょう。
毎年張り替えても芝の水代にもなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
早速検討します
ありがとうございます

お礼日時:2014/02/14 08:30

>できれば芝生か何か手のかからない日陰でも育つ種をまこうかと考えています


芝生は
子供より手がかかります。
日が当たらないと育ちませんし頻繁に刈らないと濃くなりません。
コンクリート、アスファルトで覆うか除草シートでも隙間なく貼った方が簡単でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
費用をかけられないものですから、、、、

お礼日時:2014/02/13 17:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクローバーを芝生代わりに植える事について

来月、生まれてはじめて自分の庭を持つので
今からガーデニング出来るのを楽しみにしている者です。

いつもこちらには大変お世話になっているのですが、
「芝は手入れが大変」「クローバーの庭もステキ」
などという、過去のいくつかの回答を拝見して、
南の芝生を植える予定だった所に、
クローバーの種をまいてみようかな、と思い始めました。

その方が早く「緑の庭」になりそうだし、
お金も掛からず、手入れが楽かなぁ…という理由からです。

そこで、実際にクローバーを植えられた方に質問なのですが、
(1)クローバーを庭に敷き詰めてよかった事はなんですか?
(2)反対に困った事はありますか?
(3)クローバーにはアブラムシがつくと思いますが、
 他の植物に悪い影響などはありませんか?(他の花も植える予定です)

6歳と3歳の子どもがいて、庭では子ども達を遊ばせる予定です。
(草の汁で服を汚すのはかまわないので…)
アドバイス等ございましたら宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

誰の浅知恵かわかりませんが、クローバーは庭には向きません。失敗します。庭は一時のものではなく1年を通じて考えなくてはなりません。

クローバーは早春から生育しますが、根の張りが非常に浅く、乾燥に弱いのです。ですから、年中水をやらなくてはなりませんし、一旦夏の暑さで枯れると、土の地膚が露出し、砂埃も立ちます。また、葉や土中に虫が付きやすく、殺虫剤が欠かせません。

そもそもクローバー(レンゲの類)は田畑の休耕期にはやして、そのまま耕し肥料にする目的ですので、一年中育てるにはかなり無理が必要です。

思い出してみてください。公園でクローバー(シロツメクサ)が密生していることがありますが、それは「部分的」だったのではないですか?芝生の公園の片隅にあるいは芝生に混ざってシロツメクサが生えることはあっても、シロツメクサだけがグランドカバーとして育っているところはまず無いはずです。

根が浅いために、他の雑草が生育しやすく、タンポポやナズナ、その他いわゆる雑草がどんどん増え、結局は何も手入れをしない空き地と同じ荒れた状態になります。冬には根も枯れる部分が必ず出てきますから、翌年は「部分的なハゲハゲ状態」から出発し、再び除草と殺虫の繰り返しです。

一方芝生は、葉よりも根です。早春や初夏には他の雑草が生えてきますので2週間に1度の芝刈りは必要です。けれども、害虫は皆無と言ってよいほどですから殺虫剤は不要です。

年間の管理は芝刈りと若干の施肥だけですので、トータルとしての管理は非常に少ないのです。一度生育してしまえば、メンテナンス費用は非常に少ないのです。

総じて、芝生で「手間とお金がかかる」とお思いの方なら、他のどの植物でもダメです。芝生が最も安価で手間がかからないからです。

■ガーデニングはトライアンドエラーです。私も現在の芝生にするまでに品種や植え方など4年をかけています。クローバーを試すこともなさってもよいですが、徒労に終わることと、お子さんが緑の絨毯で遊ぶチャンスを逸しないことを願います。

■悪いことは申しません。基本は芝生で、日当たりのよい一部分にクローバーの種をまいておき、春にシロツメクサの花が咲いて花輪を作れる程度にしておくことをお勧めします。

誰の浅知恵かわかりませんが、クローバーは庭には向きません。失敗します。庭は一時のものではなく1年を通じて考えなくてはなりません。

クローバーは早春から生育しますが、根の張りが非常に浅く、乾燥に弱いのです。ですから、年中水をやらなくてはなりませんし、一旦夏の暑さで枯れると、土の地膚が露出し、砂埃も立ちます。また、葉や土中に虫が付きやすく、殺虫剤が欠かせません。

そもそもクローバー(レンゲの類)は田畑の休耕期にはやして、そのまま耕し肥料にする目的ですので、一年中育てるには...続きを読む


人気Q&Aランキング