出産前後の痔にはご注意!

初めて質問しますので、わかりにくいところもあるかもしれません。
その際はご指摘ください。

先日、会社の従業員が退勤中に事故をおこしました。(マイカー通勤)
原因は自分の不注意でカーブでスリップし、縁石を乗り越えて路肩に落ちました。
単独事故で相手はいません。
怪我はとくになく、道路の周りで壊したものもありません。

次の朝、保険屋さんに手配してもらったレッカー車で引き上げてもらいました。
車の方は直すよりも買った方が安く、もう走れる状態ではありません。

レッカー車で引き上げる際結構てこずり、難作業ということで保険の対応だけではまかなえず、
いくらか追加料金を払いました。


ここまでが事故の状況で、ここからが質問です。

これから怪我が発覚したりして、仕事を休んだり病院に行く際は『労災』ということはわかりますが、
レッカー車の追加料金や、車の修理代、等は会社で負担しなくてはいけないのでしょうか?
またそのレッカー代や修理代は『労災』適応になるのでしょうか?

従業員の家族から何とかなりませんかと言われております。

何とかしてあげたい気持ちもあるのですが、簡単に返事はできませんでした。

わかりずらいかもしれませんが、詳しい方回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%B4%E5%83%8D% …
保険給付 の項参照
業務災害(通勤災害)に関する保険給付として
療養補償給付(療養給付)
休業補償給付(休業給付)
傷病補償年金(傷病年金)
障害補償給付(障害給付)
遺族補償年金(遺族年金)
葬祭料(葬祭給付)
介護補償給付(介護給付)
※ 全て人的給付で、物に対する給付はありません

また、
「通勤による災害は、直接には使用者側に補償責任はないため、業務災害の各給付(年金)名から補償という文字をはずした名称を用いる。」
とも書かれており、会社側も補償義務はありません
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

迅速な回答ありがとうございます!!本人はかわいそうですが、このご時世で会社も余裕がないので、別の形で支援しようと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2014/02/13 20:51

1.車の任意保険。


2.会社の労災保険。
3.健康保険。
の順に適応されます。
車は車両保険に入っていれば適応されますが
入ってなければだめです。
2.以降は身体に関する補償だけです。
会社が判断するのは2.だけです。
だから相当者の要求はのめないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ためになりました!!ありがとうございます!!

お礼日時:2014/02/13 20:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q通勤途上の自損事故での任意保険と通勤災害の関係について

先日、バイクで通勤途中、自損事故で骨折してしまいました。
会社からは「任意保険に入っているならまずは任意保険で申請し、保障できない分は労災保険でカバーする」と言われ、保険会社からは「この場合は労災保険で申請してください」と言われました。
通勤災害は認められるような感じなのですが、労災保険と任意保険の関係・優先度が良く分かりません。
このあたりを教えて欲しいと思います。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

自損事故と第三者による事故とではケースにより対応が違ってきます。
自損事故、通勤災害ですから労災が優先されます。(健保 適用外)

任意保険加入ということですが、補償内容によります。
人身傷害加入なら、労災でカバーされた分の足りないところは補償されます。治療費実費負担部分・休業損害など また慰謝料(精神的損害)・通院交通費は担保されます。

自損事故傷害であれば、定額補償1日あたり入院6,000円 通院4,000円支払いされます。

人身傷害加入ならこちらが優先 自損事故傷害は対象外です。

Q通勤中の事故について

自分の車で通勤が認められている会社で仕事をしています、1週間前に通勤中に事故を起こしてしまいました。
信号待ちで停車している車にぶつかってしまいました。
私は自賠責しか入っておらず相手の車の修理代が120万かかるそうですこういう場合のことなのですが、
・車を買い換えたほうがいいと言われましたが、私はローンが組めないので現金でするしかないのですが貯金がありません。
・相手の車はローン中であと2年ぐらい残っているとのことです。
・会社に借りようと相談したが無理で、労災のことなどを聞きたかったのですが会社は関係ないみたいな感じに言われました、お金は分割でしか払えませんが相手は車をすぐに用意してくれと言っています。
このようなときはどうすればいいですか詳しい方ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どうすればもなにも、現実問題として、あなたが分割でしか支払うことしかできないのなら、それ以上のことはできないじゃないですか。
まさか銀行強盗をして金を用意するわけには行かないし。
相手が車をすぐに用意しろと言って来ても、無理なものは無理と言いましょう。
あなたは確かに加害者ですが、だからと言って被害者の奴隷になったわけではありません。
被害者意識丸出しに加害者にたかって来る被害者がいますが、そんなのはヤクザと一緒です。
あなたが無理だと言っているのに、相手が大声でわめいたりすれば恐喝罪になります。
相手が冷静に示談交渉に応じる気がないようなら、「では裁判を起こしてください。今後は裁判所を通じてしかあなたと話しません」と言って下さい。
それ以降は電話に出る必要もないし、家に来たら追い返せばいいのです。帰らない時は不退去罪で110番通報して下さい。
なお、相手が民事裁判を提訴して来ても、あなたは弁護士を立てる必要はありません。修理代以上の判決が出ることはないし、たいていは裁判官が和解を勧告してきます。

Q通勤時の交通事故、労災にするべきか

会社からの帰宅途中で交通事故にあいました。
こちらの過失はまったくなく、相手100%です。
任意保険会社より、労災が得との話がありましたが、任意保険会社の支払いが安くなるだけではないでしょうか。
怪我した本人は、会社に迷惑になると使わないつもりなのですが・・・

後遺障害が出るのは明確で、4級になると医師が診断書に明記しています。
また、人工骨頭置換の手術をしましたので、10~20年後再手術の必要な可能性が高いのですが、その件も医師が診断書に記載するそうです。

休職期間は3ヶ月で初期は有給で処理してくれます。

後遺障害の慰謝料や再手術を考えると労災にすべきなのでしょうか。

ネットで調べていたら、労災を使わないと治療費が高くなるので、治療費で使ってしまい慰謝料が少なくなるとあって心配しています。病院に早く伝えなければいけないので、どなたか教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

労災が使えるなら、絶対に使ったほうが得です。



まず、通勤災害なのでそれで、会社の労災保険料が上がる事は無いそうです。

続いて、休業補償も任意保険から出る場合でも、労災からも支給されます。

自動車事故の場合は、治療費等は労災ででても、最終的には相手方の保険会社へ労災から請求が行くとは思います。

せっかくの権利なので、使えるなら、使われた方が良いと思います。

将来的な心配もあるので、労災は分厚い補償があるので、絶対に労災にしておいた方が良いと思います。

参考URL:http://www.kachinet.com/tsuusai.htm

Q通勤途中、交通事故に遭いました・・・。

きのうの朝、仕事に向かっている時交通事故に遭いました。
場所は見通しのいいセンターラインのあるT字路(信号なし)です。
画像添付しました。(私ピンク、相手青)

そのときは私の後ろ、相手の後ろどちらも後続車はおらず
写真の 止まれ と書いている狭路に右折待ちの車が広路ギリギリに止まっていました。

私が直進、相手が対向車線のセンターラインギリギリに止まっていて
きちんと停止していることを確認して普通に直進をしていたところ、
相手がいきなり右折してきたので
急ブレーキ&クラクションを鳴らしましたが間に合わず・・。(40~50キロくらいのスピードだったと思います。)
私の車の運転席側がぐちゃっとなりました。
相手は真ん中がベコっとへこんでました。

警察を呼び、処理をしてもらい
保険会社に連絡して状況のことなどを説明しました。

どうやら相手は自分が被害者と思っているようです・・・
自分が右折しているところに私が突っ込んできた!!
と保険会社に説明をしているようです。

私はきちんと止まっているのを確認して進んでいます。
こういった場合の過失割合ってどうなるのでしょうか・・・?

あと、事故に遭ってから背中と首の間が熱くなり、気持ちが悪いので整骨院に行きました。
まだ今も気持ち悪くて、これから通院をするので保険を使って通院をするつもりなのですが
物損事故から人身事故に切り替えをするのに現場検証とかややこしそうで気が重いです・・・。

私の保険会社から相手の保険会社に私がきのう整骨院に行った話をしたのですが
それから相手から何回も携帯電話に着信があって怖いです・・・。

会社にも事故のことを話しており、通勤中の事故だから労災使ってもいいと言われました。

事故で通院は初めてのことでよくわからないのですが
労災で通院か車の保険で通院どちらがいいのでしょうか・・・?

知り合いで通院してお金もらったとか言っている人がいたのですが私には当てはまらないですよね?

保険の仕組みがよくわからなくて・・・。
経験者の方に教えてもらいたいです。
よろしくお願いします。

きのうの朝、仕事に向かっている時交通事故に遭いました。
場所は見通しのいいセンターラインのあるT字路(信号なし)です。
画像添付しました。(私ピンク、相手青)

そのときは私の後ろ、相手の後ろどちらも後続車はおらず
写真の 止まれ と書いている狭路に右折待ちの車が広路ギリギリに止まっていました。

私が直進、相手が対向車線のセンターラインギリギリに止まっていて
きちんと停止していることを確認して普通に直進をしていたところ、
相手がいきなり右折してきたので
急ブレーキ&クラクションを...続きを読む

Aベストアンサー

直接電話をかけて来て「そっちが悪い、大したケガではないでしょ!!」などと言うくらいだから
相手の人は自賠責加入のみで、任意保険に入っていない可能性もあります。
取りっ逸れの無いように質問者さんが入っている自動車保険の「弁護士費用特約」を活用しましょう。
 ●弁護士特約を使った段階では等級ダウンになりません。

>私の車の運転席側がぐちゃっとなりました。
>相手は真ん中がベコっとへこんでました。
 自車の運転席側のどの位置、相手車の真ん中ってどの位置? この位置は重要です。
 自車の運転席側と言ってもフロントフェンダーからリアフェンダーまであるし、
 常識的に考えれば相手車の真ん中はフロント(バンパー)部分だと思いますが、
 接触した位置によって50:50から100:0くらいの差があります。

※ちなみに警察は(民事非介入の立場があるので)過失割合には何の判断も示しません。
 「こういう事故がありました」という記録を残すだけです。

>保険の仕組みがよくわからなくて・・・。
 自動車保険について簡単に説明します。

人身/ケガについて
  治療費+遺失損害(後遺症)が120万円になるまでは自賠責保険(いわゆる強制保険)で賄う。
  それを超える場合は、加害者が自腹を切って支払うか、
  加害者が入っている対人賠償(任意)保険、
  または、自身で入っている人身傷害保険で補うことになります。

  保険金請求の手続きは、相手が入っている(自賠か任意)保険会社が行います。
  過失割合が7:3程度では過失割合による減額はされません。

 自由診療ばかりではなく、健康保険を使用した治療も受けられます。
  最終的には、健康保険が負担した費用は後日、自賠責保険から支払われるので、
  健康保険組合等の負担はありません。

 一番の違いは、「健康保険適用の治療」を受けるか「医者任せの自由診療の治療」を受けるか、です。
 自由診療(歯医者で言えば金歯やインプラント治療)だと、
 あっという間に自賠責の上限120万円に達してしまうことが多いのですが、
 完治せずに治療を続ける場合は相手の負担(保険会社)になるので、
 自由診療を承知しない(満額が支払いわれない)可能性が出てきます。

 従って、人身事故扱いにして、治療が長引くことが想定されたら
 健康保険を使った治療を受けた方が良いかと思います。

 労災は申請しても100%承認されるわけではありませんが、人身は100%認定されます。


対物/クルマの修理代について
  自賠責は人身のみが対象の保険なので、修理代は1円も出ません。
  過失割合に応じて、各自、修理代の負担があります。
  対物(任意)保険に入っていなければ、自腹、もしくは各自の車両保険を使うことになります。

  例えば、自車の修理代が50万円、相手車の修理代が40万円、
  過失割合が自車:相手車=2:8の場合

 a.自車の修理代50万円の8割(40万円)を相手(が加入する対物保険)から賠償してもらう
 b.相手車の修理代40万円の2割(8万円)を自腹または自分が入っている対物保険で賠償する

 aとbの状況から、相手から32万円(受取金40万円-賠償金8万円)を受け取ることになります。
 不足する18万円は自腹を切るか、車両保険に入っていれば車両保険を使うことになります。
 過失割合が1:9なら41万円(45万円-4万円)受け取るので、自己負担は9万円になります。

そんな相手にお金を払うのはシャクにさわるでしょうが、仕方がありません。
後あとの交渉は弁護士に任せて、治療に専念した方が良いかと思います。

人身と対物は別々に示談書を交わすことになります。

事故車両を見れば、大体の事故状況が解りますから、現場検証/聴取において
相手がとんでもない虚偽をし続けない限り、当事者同士が会話することは無いと思います。

直接電話をかけて来て「そっちが悪い、大したケガではないでしょ!!」などと言うくらいだから
相手の人は自賠責加入のみで、任意保険に入っていない可能性もあります。
取りっ逸れの無いように質問者さんが入っている自動車保険の「弁護士費用特約」を活用しましょう。
 ●弁護士特約を使った段階では等級ダウンになりません。

>私の車の運転席側がぐちゃっとなりました。
>相手は真ん中がベコっとへこんでました。
 自車の運転席側のどの位置、相手車の真ん中ってどの位置? この位置は重要です。
 自車の運...続きを読む

Q会社の車で仕事中に事故 修理費は誰が?

友人のことなのですが、どこに相談したらいかもわからないし・・とのことなので、変わりに質問させて頂きました。

個人医院で訪問治療のお仕事をしている友人が、先日移動の際に車とぶつかりました。
相手側へは保険で解決なので、自社の車の修理代についてお聞きしたいのです。
当初は、保険で大丈夫という感じだったようですが、自分側の保険?は、対象になっていないようです。
ディーラーだと高くつくと思い、知り合いの修理所へお願いしたようです。(後々、自分に払えと言われた時のことも考えてのようです)
Dr.との話し合いは、まだしていないようですが、そもそもケチなDr.ですので、恐らく修理費は貰えないだろう・・とのこと。
更に事故当時「保険の級が変わるから差額は相談ね」みたいなことも言われています。
彼女はパートですので、↑こんなのを払わせれていたら働いている意味がありません。
保険の差額のことは、どう考えてもオカシイと思うのですが、
修理代については、一般的にはどんな感じなのでしょうか?
友人が修理に出したので、とりあえずは友人がお金を払うことになります。
領収書を渡してDr.からお金を貰うことは出来るのでしょうか?

足りない部分がありましたら、補足致しますのでよろしくお願い致します。

友人のことなのですが、どこに相談したらいかもわからないし・・とのことなので、変わりに質問させて頂きました。

個人医院で訪問治療のお仕事をしている友人が、先日移動の際に車とぶつかりました。
相手側へは保険で解決なので、自社の車の修理代についてお聞きしたいのです。
当初は、保険で大丈夫という感じだったようですが、自分側の保険?は、対象になっていないようです。
ディーラーだと高くつくと思い、知り合いの修理所へお願いしたようです。(後々、自分に払えと言われた時のことも考えてのよ...続きを読む

Aベストアンサー

少し悩まれているようなので先の回答では簡単に述べましたが、詳しく回答しましょう。

まず、労災は関係ありません。労災はあくまで労働災害が発生した場合の身体の治療にかかわるものであり、物損は対象外です。

まず被用者(従業員)が業務遂行中に事故を起こした場合の使用者(会社や雇い主)の責任を含む関係は少々ややこしくなっています。

事故の相手(第三者)に対して責任があるのは、被用者と使用者、被用者の監督者になります。これは民法715条第1項、第2項にて、

ある事業のために他人を使用する者は、被用者がその事業の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、使用者が被用者の選任及びその事業の監督について相当の注意をしたとき、又は相当の注意をしても損害が生ずべきであったときは、この限りでない。

使用者に代わって事業を監督する者も、前項の責任を負う。

と定められているからです。これを使用者責任といいます。
ところでこの民法715条の第3項には、

前2項の規定は、使用者又は監督者から被用者に対する求償権の行使を妨げない。

と定めていることから、第三者に対して使用者が賠償した場合に、その賠償の全部または一部を従業員に請求することが出来ます。

今回はこの部分は保険でまかなわれますので問題ありませんが、残りの使用者自身の車の賠償についてもやはり上記と同様に考えることが出来ます。

では何時でも被用者は使用者に損害を与えた場合に全額賠償しなければならないのかというと、それではあまりにも被用者の責任が過大になりすぎるため、信義則(民法1条2項)により、制限されるというのが判例です。

つまり、業務で行った行為のリスクは基本的には使用者が負担すべきであり、被用者がすべてリスクを負うことはないということです。とはいえ、使用者が被用者に期待してもおかしくない注意義務などを被用者が怠っていた(重過失)などの事情があれば、そのリスク(被用者に期待される注意義務を被用者が怠った)まで負担するのは適切ではないと判断されます。

実際の判例でも、これは被用者の勤労形態や被用者に求められている業務上の地位、給与などと使用者の規模、立場、両者の経済的格差、そしてその事故に対する被用者の過失の程度、普段からの使用者による被用者の管理体制・不備などを考慮して総合的にその責任の割合は決められます。

過去の判例を見ると、100%使用者の責任のケースから100%被用者の責任とされたケースまで実に様々であり、話は単純ではありません。どの程度が妥当なのかは先に述べた観点で判断されます。

パートの賃金と、具体的な損害額が不明なので今回どの程度の負担をするのが適当なのかの推測は避けたいと思います。

少し悩まれているようなので先の回答では簡単に述べましたが、詳しく回答しましょう。

まず、労災は関係ありません。労災はあくまで労働災害が発生した場合の身体の治療にかかわるものであり、物損は対象外です。

まず被用者(従業員)が業務遂行中に事故を起こした場合の使用者(会社や雇い主)の責任を含む関係は少々ややこしくなっています。

事故の相手(第三者)に対して責任があるのは、被用者と使用者、被用者の監督者になります。これは民法715条第1項、第2項にて、

ある事業のために他...続きを読む


人気Q&Aランキング