【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

オートマ車に乗ってます。車についてはあまり分かりません。ふとした疑問です。アクセルを強く踏むか弱く踏むかで車にかかる負担は変わってくるのでしょうか。とすれば、具体的に車の中のどこがどのように負担されるのでしょうか教えてください。

A 回答 (7件)

強く踏むとエンジン負荷が大きくかかり


エンジンへの負担は大きくなります。

気にしなくても良いです。
    • good
    • 0

理論上は変わると思われますが、そんなことで影響が出る車は世の中に販売されていません。

    • good
    • 1

そんなに違いは無いと思います。


ガタがくるのが早くなったりするかも知れませんが、動いてる限りエンジンは振動するものですし、大差ないと思います。
    • good
    • 0

公道で常識的な運転をする限り、全く関係ありません。



アクセルを限界まで踏んづけて、6000回転まで使うようなシチュエーションってあります??
そんなことをずっと繰り返せば、エンジンやトランスミッションなどに影響が出るでしょうけどね。
私の車だと1速(CVTというオートマです)で一杯まで踏んだら80km/hぐらい出ます。そんな使い方しますか?

レーシングカーのような使い方をしなければ、問題ありません。
    • good
    • 0

tannpopodesu こんばんは



アクセルの強弱の問題ですね。

アクセルを当然思いっきり踏んだら先様が書かれてるとおりいろんな場所に負担が掛かります。
燃費と書かれてる方もおりました。  その通りです。

エンジンが付いてるボルトにゴムで補強してるのですがそこにも負担が掛かります。
これは、一例です。
このように、エンジンが止まってる所が有りますが、そこがエンジンマウントと言います。
これが、ヘタることも多いのです。
http://video.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82% …
少し解りにくいですが、エンジンが動いてる違いが判るでしょうか?
これが、一例です。勿論、他にも負担はかかります。 エンジンだけでなく駆動系に対しても。。。。。
多い例が、改造してエンジンの馬力が上がって改造して他はノーマルのままの場合、クラッチが割れたり(この場合鉄板を吹き飛ばして室内に飛んでくることも有りますよ。)
あくまで、一例ですが、このように車に対して負担が掛かるのは、エンジンだけではありません。
ボディーも当然ストレスを受けます。 どういう風にかというと、スポット溶接が剥がれたりしボディーがフニャンフニャに成ったり、いろんなケースが考えられます。

車によって、この車種の欠点が有ったりします。
平成最初の スカイラインGTーR とフェアレディーZの馬力は同じです。
しかし、車の丈夫さは皆様がご存知のように400cc足りないGT-Rの方が丈夫でした。
このように、車種の違いにも有りますが、個体差にも有ります。

車は、一台一台が工業製品でもあります。
中には、当たり、ハズレ、というものが有ります。

回答として少しあいまいに成りましたが、何処が、負担かは車の構造にもよりますし、一概にこれと言えないですが、
大まかには、書かせて頂きました。
参考に成れば幸いです。
    • good
    • 0

負担、日本語の意味理解していますか。


強く踏めば、まずアクセルのワイヤー(最近は電子式もありますが)、より多く引っ張られます=負担より大。アクセルのリターンスプリング、より強く引っ張られます=負担より大。
その他の稼働部分、より多く、より高い回転数に、等すべて負担がより大になります。
当然スピードが出れば路面の凸凹、車体にもより大きな負担がかかります。
    • good
    • 0

アクセルを強く踏めば、エンジンは力強く走ろうとします。


ですので、すべてに負担がかかります。

車の稼動部分全てに負担になります。
エンジンの中でピストンなど動いていますのでそう言った部分全て、
ミッションの中も動いていますのでミッション中の部品全て、
またタイヤも早く減りますし・・・
ガソリンも早く減るので、財布にも負担がかかります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアクセルを踏むと変な音がするように・・

国産のオートマ車なんですけど、
今朝から、アクセルを踏むと変な音がするようになりました。
表現がむずかしいのですが、金属がこすれ合うような音?みたいな。
普通に走行はできるのですが。

そういえば、オイル交換とかメンテ類は、一昨年の車検以来何もしていません。
それ以来どのくらい走行したかは全然チェックしていなくて。
(現在は77000キロくらいです)
遠出はそんなにしないのですが、毎日の生活に頻繁に使用しています。
新車の頃は、マメに気をつけてオイル交換や定期点検していたのですが
もう今はぜんぜんで・・。

今日は日曜で行きつけの修理工場がお休みです。
できれば夜乗りたいので、オートバックスなんかで治る程度のものなら
すぐに行きたいと思うのですが。

私は女性で、車(特にエンジンや機械面)には全く知識がありません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

既に良い回答が出ていますね。
vitaminzaiさんの場合と同じかどうかはわかりませんが、
参考になればと思い、私の経験を記します。

私は以前、エンジンオイル交換を怠ったために、エンジンを壊したことがあります。
テレビで有名になった「某 エンジンオイル添加剤」を過信して、オイル交換を怠ったのです。
エンジン内にスラッジと言う「汚れとオイルの塊」が出来ていて、エンジンの回転がスムーズでなかったのです。音も気になっていました。

信号が変わって、調子に乗って「急アクセル」を踏んだ瞬間に壊れました。(回転数4500~5000rpmを越えてところでした。)
車種にもよりますが、修理には2000ccクラスで70万円程度かかります。

今回の対応は、ブレーキパッドだけでなく、
使用状況を伝えて、エンジン内の汚れのチェックもしてもらいましょう。
今回はオイル交換前にエンジン内洗浄もしてもらうことをお勧めします。

基本的に、点検整備が済むまでは
☆☆☆「急アクセル」は踏まないでください。☆☆☆
やさしい運転ならば大丈夫だと思います。

別の話ですが、
エンジンの外部についているベルトやプーリー(ベルトがかかっている輪)が滑って「キュルキュル」と金属的な異音(摩擦音)を出す場合もあります。これは簡単に直ります。

既に良い回答が出ていますね。
vitaminzaiさんの場合と同じかどうかはわかりませんが、
参考になればと思い、私の経験を記します。

私は以前、エンジンオイル交換を怠ったために、エンジンを壊したことがあります。
テレビで有名になった「某 エンジンオイル添加剤」を過信して、オイル交換を怠ったのです。
エンジン内にスラッジと言う「汚れとオイルの塊」が出来ていて、エンジンの回転がスムーズでなかったのです。音も気になっていました。

信号が変わって、調子に乗って「急アクセル」を踏んだ瞬間...続きを読む

Q車の運転、アクセルの踏み方って、、、。

娘が最近運転免許を取りました。

娘の運転の助手席に乗ったら、
かかとをつけずにアクセルを踏んでいるんです。
びっくりして、
「それじゃ、安定しないでしょ。
 かかとをつけてみて。」
と言ったら、
「ほんとだ、この方が楽だぁ。」
って言うんです。

後日、友人に話したら、
「最近は、自動車学校で、アクセルはかかとを離して踏むように指導してるんだよ。
その方がブレーキペダルに踏み変えやすいから。」
とのこと。
びっくりしてしまいました。

そうなんですか?

Aベストアンサー

元、指導員です。思いがけないご質問に驚きました。

確かに法律で決まっている訳ではありませんし、何らかの(目先の)都合で、そのように指導している教習所があっても不思議ではありませんが、あくまで基本は

「かかとを支点にアクセル」です。

やむを得ない事情で、かかとを浮かすこと(人)も例外的にはあります。
しかし、多少足が小さいとは言っても、通常はかかとを着けてのアクセル操作が十分可能です。
(本ご質問では足のサイズは関係ないようですね)

教習所の設備として、模擬運転装置を有する教習所であれば、実車での教習の前に「模擬運転教習」があり、その中の映像教材でも「かかとを着けてアクセル」との説明が繰り返し出て来ます。

模擬運転装置を有する教習所では、技能教習の1時限目に組み込まれているため、必ず体験することになります。
その時点で、プロ意識のある指導員(←ここが重要)ならば、アクセルを踏む際のかかとの位置や、足のウラのどの部分でアクセルを踏むのかなど、明らかに理解出来ていない場合には、ひとりひとりの足(+体格)に合わせて、実際に靴(足)を掴んで基本フォームを教えます。

ただし、模擬運転装置(高額です)の設置は義務ではないため、各教習所の方針(台所事情)によっては、1時限目から実車という所も少なくありません。

しかし、模擬運転教習の有る無しにかかわらず、本来なら早い段階でアクセルペダルの踏み方を指導員が確認すべき問題です。
(残念ながら、こだわらない指導員が多いのは事実でしょう…)

私の経験では、靴のサイズが20cm程度であれば、問題なくかかとを着けたアクセル操作が十分に可能ですが、上手く操作出来ないとすれば、座席の位置と運転姿勢にも問題があり、足のサイズだけでは片付けられません。

◆アクセルペダルの踏み方 (基本的な参考例)

◇(女性は初めのうち抵抗があるかも知れませんが)
右ヒザをある程度開きます。当然、つま先も右に傾きます。
アクセルペダルの(上下の)真ん中かもっと下を、親指で踏むような意識を持ちましょう。踏むポイントが上すぎると小刻みな調節が難しくなります。
必然的に小指側はペダルの右にはみ出し、斜めにペダルを踏む格好ですがそれでOKです。

◇右足が内股になって、つま先が左に傾き、小指側でアクセルペダルを踏むと操作しにくいと思われます。

その理由は、人体の構造(筋肉や関節)からも、内股で小指側での微妙なアクセルコントロールは、かなり難しい作業になるからです。
とっさの時に、ブレーキペダルに足を移しにくい原因にもなります。
(ただし、極端に内股の方は無理に矯正しない方が良いこともあります)

車外からは見えない訳ですから、女性でもヒザ(股)を開いて運転すると、滑らかなアクセルコントロールと素早いブレーキペダルへの移行が可能です。

※かかとをアクセルペダルの内側に置き、親指で踏むスタイルの方が脚の長さを有効に使えて、ドライビングポジションにほんの少し余裕が生まれます。

疑念を持たれた方は実際に試してみて下さい。

これもまた参考までに。
◆オートマチック車(AT車)のブレーキペダルの踏み方です。

◇速い速度からのブレーキングでは、かかとを着けずにブレーキペダルを踏みます。
(皆さんのおっしゃる通りです)

◇微速(超低速)~低速時、すなわち渋滞中や、狭路、車庫入れなど、止まることを目的としたブレーキングではなく、クリープ現象を抑えゆっくりとした速度作りの場合には、かかとを床に着けてブレーキペダルを踏んで構いません。
その方がコントロールしやすいはずです。
(勿論、かかとを着けなくともOKです)

つまり、使い分けをして良いということですね。

◆ワンポイントアドバイスです。

◇いつもより強めの制動力が必要な場合には、軽くハンドルを押しながらブレーキを踏んで下さい。

上体が安定すると、しっかりブレーキを踏むことができ、いつもより短い距離で止まれます。
(ハンドルが壊れるほど強く押す必要はありません)


ご質問の指導内容が現実に行われているとすれば、誤った教習だと思いますが、No.2さんの回答を拝見すると、残念ながら現実のようですね。

情報源は伏せて、全国指定自動車教習所連合会へ問い合わせてみようと思います。

長々と失礼いたしました。

元、指導員です。思いがけないご質問に驚きました。

確かに法律で決まっている訳ではありませんし、何らかの(目先の)都合で、そのように指導している教習所があっても不思議ではありませんが、あくまで基本は

「かかとを支点にアクセル」です。

やむを得ない事情で、かかとを浮かすこと(人)も例外的にはあります。
しかし、多少足が小さいとは言っても、通常はかかとを着けてのアクセル操作が十分可能です。
(本ご質問では足のサイズは関係ないようですね)

教習所の設備として、模擬運転装置を有す...続きを読む

Q長時間のアイドリングによるクルマへのダメージは?

たとえばガソリンエンジンの普通乗用車で、車内でゆっくりと映画を観たい時などは、二時間くらいはアイドリング状態でいると考えられます。そこで以下の事を知りたいのですが
(1) 1~2時間のアイドリングは、車のどこに負担を与えるのか。その原理も加えて。

(2) 2リッターDOHC、NAエンジンだと、ガソリンはどのくらい消費するのか

以上、お願い致します。なるべく無駄なアイドリングは避けるつもりですが。

Aベストアンサー

いろいろな複合要素が絡んできますね。
車の年式や整備状況、走行距離、アイドリングの頻度、季節などの時期、日向か日陰か、風があるか、ないか。
だから、時間だけでは判断できません。

極端に言えば新車で1回だけ2時間のアイドリングをしても特に影響はないですが、昔のキャブの車では、1時間のアイドリングでも、エンジンルームの熱で、燃料が気化し過ぎてアイドリングが止まったりします。

で、どこに負担がかかるか?というご質問ですが、私がどこに注意しているかと書かせていただくと、
「1時間アイドリングしたら、50km走ったと思う」
事です。
現在の走行距離に、アイドリング時間×50kmで車のメンテナンスをしてください。
だから、2時間のアイドリングを15日関すれば、1,500km走行したのと同じですから、走行距離が1,500kmでも、合計で3,000kmになりますからオイル交換をしてください。
その他のメンテナンス、ファンベルトやタイミングベルト、ラジエター液なども計算上の走行距離で交換するようにしましょう。

そうすれば、いろいろかかる負荷に関して、少しはフォローできると思います。


ガソリンの消費量は、環境省では10分で0.14Lといわれています1時間では840ccということになりますね。
http://www.env.go.jp/earth/cop3/dekiru/ta_03-2.html
排気量は分かりませんが、1時間1L程度でしょう。

いろいろな複合要素が絡んできますね。
車の年式や整備状況、走行距離、アイドリングの頻度、季節などの時期、日向か日陰か、風があるか、ないか。
だから、時間だけでは判断できません。

極端に言えば新車で1回だけ2時間のアイドリングをしても特に影響はないですが、昔のキャブの車では、1時間のアイドリングでも、エンジンルームの熱で、燃料が気化し過ぎてアイドリングが止まったりします。

で、どこに負担がかかるか?というご質問ですが、私がどこに注意しているかと書かせていただくと、
「1時間...続きを読む

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。


人気Q&Aランキング