出産前後の痔にはご注意!

こんにちは。
少し前に病気になってしまい、その際に貰ったメッセージの一つに「身体を治す事に専念して下さい。」という物があり、気になりました。
「お大事に」だとか「早く元気になるといいですね」だとか、見舞い言葉のフレーズは数多くあると思いますが、題に挙げた物はそれに当たるのでしょうか。
このフレーズで検索しても、病気の方へのアドバイスとしてヒットします。

見舞いのメッセージを頂いた事自体感謝しております。ただ単に気になっただけで、「こう言われて頭に来た」というわけではありません。
このフレーズが見舞い言葉として適切かどうか、ご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

条件付で適切・・・と考えました。



普通は お大事に なのですが、それが職場
の人だったら、後は私達に任せて専念して
という意味で使うでしょうし、家族だったら
面倒なことは、お父さんに任せて専念して
と言うでしょう。
本人との関係により、それは適切な言葉になる。

後のことに責任をもてない人が言う場合は、
適切じゃない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
後のことは任せて、という意味合いは確かに納得できました。

お礼日時:2014/02/18 14:40

あなたと、それをおっしゃった人との関係にもよりますね。



仕事関係、会社関係からの言葉だったら

(仕事の事は気になさらずに、我々にまかせてください)「どうぞ、お身体を治す事に専念して下さい。」

と、最初の(かっこ)の言葉が隠れた状態での、お見舞いの言葉になりますし
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回は、やや疎遠な友人からです。
仰る通り、仕事関係の方からのメッセージと考えたら確かに納得できますね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/02/18 14:45

23歳、女です。



見舞い言葉としては適切ではないような気もします。
病気になり、安静にしていなければいけない時に
元気良く動き回っていたらその台詞を言いますかね。

たぶん、
「仕事は上手くやっとくので、直して元気になってくださいね!」
というのの要約?かと思います。
こっちは心配しないで、直してね!という気持ちの表れかと。

以上、参考まで
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
フレンドリーというより、ビジネスライクな印象ですね。
納得できました。

お礼日時:2014/02/18 14:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上司に「ご報告まで」は失礼?

上司に対して些細な事をメールで報告する時に
メールの最後に「ご報告まで」と付けるのは失礼ですか?

「ご報告までです」ならOKですか?

Aベストアンサー

「ご報告まで」は「ご報告まで申し上げます」の省略形です。
上司に対しては失礼です。
「ご報告までです」は日本語としておかしいです。
省略しないで元の形のままにするか
「ご報告いたします」
「ご報告申し上げます」
でお願いします。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q了解と承知の違いって?

先日、目上の方、或いはお客様に対して「了解(致しました)」というのは失礼である、「承知いたしました」「かしこまりました」の方が良い、という話しになりました。了解には謙譲の気持ちが入っていないのではないか、というところまでは行き着いたのですが、明確な違いが分かりません。「了解」は身内言葉だという意見もあるのですが、根拠が曖昧です。ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

基本的な言葉の意味がわかっていないのではないでしょうか?
まず、「了解」も「承知」も名詞です。
なので、「いたしました」という敬語を用いているのでどちらも問題ないと思います。
では、意味はどうなるか。

了解・・・物事の内容や事情を理解して承認すること。例文:「お申し越しの件を了解しました」

承知・・・
1 事情などを知ること。また、知っていること。 わかっていること。例文:「無理を―でお願いする」
2 依頼・要求などを聞き入れること。承諾。例文:「申し出の件、確かに―した」
3 相手の事情などを理解して許すこと。多く下に打消しの語を伴って用いる。例文:「この次からは―しないぞ」

だそうです。

「かしこまる」これは、命令・依頼などを謹んで承る意を表します。なので、お客様に何か用件を頼まれた際には、これ一言でOKですね。

上記2つの言葉の謙譲語は「承(うけたまわ)る」なので、本来なら「承りました」が正解では???

Q上司へ体調を気遣うとき。。

出張先の上司の体調を気遣うときの、最後の締めくくりで悩んでいます。
「ゆっくりお休みになってください」では何か違和感を感じるのですが、
ほかの言い方など教えてください。

Aベストアンサー

では今日もお疲れ様でした。ゆっくりおやすみください。で良いと思います。
何よりも貴方がこんなに心配し、気遣いしてくれることを喜ばれると思います。
貴方の心遣いが伝わるのを祈っています。

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q親が亡くなった人にかける言葉

先日、私の職場の同僚のお父さんが亡くなりました。
私は、こういう経験がなく、今度彼女に会ったら何て言ったらいいのかわかりません。
もう3日も休んでいるので、何も言わないのもおかしい気がするし。
それとも、触れるべきではないのでしょうか?
今度会ったときに何て言おうかと悩んでいます。
相手を気遣い、かつ不快にさせないことばがあるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。 30代オンナです。

私は5年前に実母を癌で亡くしました。
そのときに会社の皆さん、友人たちにいろいろな言葉をかけてもらいました。
「大変だったね」「何かできることあったら言ってね」等々なぐさめやねぎらい(お通夜・お葬式は大変だった!)の言葉はどれもありがたいものでした。

ただ、うちの母親の場合56歳という若さで亡くなったのでそれは私自身とても残念で悲しいことでした。
唯一「まだ、若かったのに残念ね・・」という言葉には正直辛く感じました。

わたくしごとをゴタゴタ並べてしまいましたが、やはり何か言葉をかけてあげたほうが良いと思います。
腫れ物を触るように気をつかっていただいたことがあり逆にこっちが気をつかっちゃったりしたことがありました。

ただ、なくなった直後は葬式やら事務手続き等でとても忙しくて亡くなったんだ実感というものが感じられません。
できたら、落ち着いた頃に(49日が終わり、2か月くらいたったころ)食事にでも誘ってお話を聞いてあげてみてください。

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q「大変」と「誠」の違い

「大変申し訳ございません」と「誠に申し訳ございません」は
どちらの言い方が正しいのでしょうか?
(申し訳ございませんの言い方には突っ込まないでください・・)
色々調べてみましたがわかりませんでした。
それぞれの意味は、大変=たいそう、誠に=本当に だと思うのですが、実際は使い分けできていないような気もします。
ほかにも「~感謝して」「~ご迷惑を」などがあると思いますが、
どのように使い分るのが正しいのでしょうか?
ご教示ください。

Aベストアンサー

「大変申し訳ございません」
の大変は「申し訳ない」程度を表わしている。

これに対して、
「誠に申し訳ございません」
「申し訳ない」程度ではなくて、「心底から」という
悔いている心理状態を表わしている。

このように大変と誠にはそれぞれが独立しているので
同時に使うこともできる。
・誠に大変申し訳ございません。
・大変、誠に申し訳ございません。

Q訃報に対してのメールの返し方

こんばんは。

会社の上司の親がなくなり、
その訃報の知らせを上司がメールで社員全員に送ってきたのですが、
メールでお悔やみの言葉を返そうと思うも、いいお悔やみの言葉が出てきません。

どなたか、簡潔ながら"らしい"お悔やみのメールの例を
どなたかご教示くださいませんか?

※メールではなく直接言ったら?ということですが、上司がメールを希望しているので。。。

Aベストアンサー

こちらをご参考に。
http://allabout.co.jp/family/ceremony/closeup/CU20050525A/

メールで多くの方にお知らせしているなら、返信も多く受けられると思います。
そのため、長文にせず、月並みのお悔やみの言葉と、上司ご本人を気遣う一言があると良いと思います。

同じ部署の上司なら、忌引きでお休みされるときのサポートや、葬儀のお手伝いを聞いてみるのもいいかもしれません。


人気Q&Aランキング