12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

今、大学一回生の息子が公認会計士になりたいから
塾に通わせてほしいと提案してきました。

LECという塾です。

公認会計士について私も少し調べてみたところ、
短答式と論文式に分かれているそうですが、
LECという塾のカリキュラムに従えば、一年で短答式に
合格できるそうです。

しかし、ネットでは短答式はとても難関であると書かれており
一年では難しいという意見が多数を占めていました。

親としては是非、通わせてあげたいのですが
いかんせん家計が厳しいです。

こういうのは本人の問題かとは思いますが、
現実的に考えて、LECでの一年短答式合格コースは
どうなのでしょうか?

息子は一年かけて合格にほど遠い点数なら諦める。
といっています。

ちなみに合格までにかかる費用は30万ほどで、
息子は日東駒専の大学です。


詳しい方がおられましたらぜひ回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

会計士試験に受かった者です。

ご参考になれば。。
まず、LECはブラックです。素人が本気で目指すなら大原かTACをお勧めします。そして、1年では合格できません。短答式は実力があれば受かるという質の試験ではないので、予備校の謳い文句に踊らされないことです。
私は2010年12月から始めて3年近くかかりました。大原に通っていましたが、授業料だけで締めて100万かかりました。後、交通費、食費も勘案すると。。当人にバイトする余裕はあまりないので、家計への負担はかなりのものになります。
私の家もあまり裕福ではなかったので、まず社会人になりお金を貯めてからチャレンジしました。
もし息子さんに覚悟があるなら、私が歩んだ道もありだとは思います。でも積極的には勧めません。私は運がよかっただけです。実際、大原やTACでも100人生徒がいて論文まで数年かけて受かる人は20人いるかいないかです。公認会計士は仕事柄あまり有名な資格ではありませんが、司法試験に引けを取らない難易度です。
よく考えて足を踏み入れなければ、その後の息子さんのキャリアにも傷が付きます。実際、私自身、既卒数年でまだ試験受からない子を何人も知ってます。ちなみに彼らは国立卒や関関同立卒です。
    • good
    • 4

そもそも難関中の難関ですので、受かるかどうかは本人次第。

数年浪人しても受からない連中もいますが、数年浪人して受かっても監査法人では採用されないので、公認会計士にはなれない。
そのうえ監査法人が赤字続きで今後会計士制度自体がどうなるか?ふつうのサラリーマン化するならふつうの会社のほうがいいですよ。
海外では会計士の地位は税理士並で日本の会計士と差があるので、海外と同化している現在では海外の会計士並に扱われつつあります。そもそも海外では一生を会計士で終わる人もすくない。将来は企業のCEOなどに招かれることを目標としてますので、コンサル中心。会計士としての収益はコンサルより少ないので、会計士は肩身も狭い。
日本もジョジョにそうなりつつありますね。すでに会計士を先生と呼ぶ習慣は無くなりつつあります。まあ勉強だけできる日本の会計士の地位はプライドだけになりつつあります。
    • good
    • 1

1


既に日商簿記1級に合格している。

知能指数が高く、特に勉強などしなくても学年でトップクラスだった。

身びいきなしで、地頭は良い。記憶力は抜群である。

上記にすべて当てはまってるなら、もしかしたら一年で短答式に合格できるかもしれません。

この「かもしれません」は「できない」と言い切るとできた人から苦情が出るのを避けるという意味があります。
心配しなくても、出来る人などいませんので、できないと言い切ればいいのですが、人間には謙虚さが必要なので「かもしれません」としております。

奥歯に何かが詰まったような言い方はしないでくれというなら「一年間での短答式試験合格は無理」です。
すでに公認会計士試験の学習をしてきたが合格できないという方が「一年間で合格」なら可能でしょう。

ちなみに「1」の簿記1級でなく、2級3級というレベルでしたら「お話になってないです」。
公認会計士は、会計界のトップクラスの知識の習得は必須なのですが、日商簿記1級合格するにも「1年間の勉強で合格した」ら御の字です。
とてもではありませんが、一年間で公認会計士の短答式試験に合格するレベルになど達することは「不可能な話」です。
    • good
    • 0

こんにちわ



>>公認会計士について私も少し調べてみたところ、
短答式と論文式に分かれているそうですが、
LECという塾のカリキュラムに従えば、一年で短答式に
合格できるそうです。
・公認会計士は司法試験と並ぶ、最難関試験になります。
・1年で合格はできないことはないと思いますが、難しいと思います。こういう宣伝は真に受けない方が身のためです。
・ではなぜ最難関試験なのか、下記の事が考えられます。

(1)7科目を勉強する。
http://startpage-cpa.com/exam.htm
・一番の難しさは(1)だと思います。会計士試験の難しさは複数の科目を同時進行で勉強する必要があるということです。
・税理士試験のように1科目づつどっしり勉強(それでもボリュームと内容が半端なく難しく、5科目合格までかなりの年数かかった私ですが・・・)するのと異なり、この試験は広く、浅く勉強して進めていかないと太刀打ちできない試験だと思います。

(2)ボリュームが凄い
・税理士試験もそうですが、とにかく1科目のボリュームが半端ないと思っておいてください。
・会計士試験の場合、専門学校では朝答練、夜答練等がかなりありますので、他の回答者と同意見で、平日、土日、祝日すべてを勉強にささげる覚悟がないとまず不可能だと思います。受験者の大半が学生か無職といわれているのはこのためです。
・働きながら勉強とか考えている場合、さらに困難だと思います。

(3)論理的思考力と作文能力が求められる。

の3点になると思います。一度、専門学校での会計士セミナーに参加して、講師に聞いたほうがよいでしょう。


>>息子は一年かけて合格にほど遠い点数なら諦める。
といっています。
・厳しい言い方になりますが、息子さんは将来どの職業を目指しているのでしょうか??
・例えば、経営コンサルティングを目指す、金融業界に入る、一般企業に入る、会計事務所&税理士事務所に入り会計・税務等の仕事をやり、将来独立したいとか目標がありますでしょうか??
・mk1031さんは息子さんに上記の事をしっかり質問をしたほうがいいです。大事なのは何の職業につき、どんな事をやるために会計士の勉強をするのかということになります。
・目標があって勉強すれば非常にいいですが、もし、職業の目標があいまいの場合、会計士試験を断念して、他の試験を目標としてもよいと思います。
・会計士試験はかなり難しいですので、上記の目標を見失うと1年1年が過ぎ、取り返しのつかない事もありえます。
※大学卒業したら、就職も考えないといけません。

http://www.weekly-economist.com/2013/04/19/特集-食えない税理士-会計士-2013年4月16日特大号/
・勉強もそうですが、勉強以外の能力(例:コミュニケーション能力、その他(サークル、運動、その他))も必要になります。
※会計士、税理士試験の資格がなくても、他の資格取得による勉強(ランク低いですが)や仕事の勉強で、マネージャクラスまでなった人もいます。
・是非とも、息子さんが将来、社会に通用できる人間になることを応援したいと思います。頑張ってください。
    • good
    • 1

潔くあきらめてはいかがでしょうか?


会計士試験は次元の違う試験ですから。凡人では一生勉強しても受からないでしょうね。

ご参考になればと思います。
    • good
    • 7

みなさん答えているとおり、1年で取るのは不可能ではないけど難しいと思います。


というより、ゼロから初めて1年で取れたら受験の本書けるくらいのレベルだと思ってください。

ただ息子さんがどうしても取りたい、というなら就職あきらめて勉強するという道もあります。
親御さんにとっては就職しないのは不安かと思いますが…

それと息子さんがどこまで本気でいっているのかも判断しなねますし、そもそも向き不向きもあります。

それに大学生なら自分で塾代くらいだしなよ!と思っています。アルバイトでも3カ月もすれば十分貯まる額ですし、だいたいこの手の資格学校は分割払いOkなので本人が払うべきなのでは?とも思います。

「資格学校に行けば受かる」というのは幻想です。基本は本人がどこまで本気で取り組めるか、です。
学校に通う前に過去問なり問題集なり買ってみて手を伸ばせば届く距離にあるのか、全くダメなのか判断してからでも遅くないと思います。
    • good
    • 0

私は、もう少し下のランクの資格試験の受験経験しか有りませんが、よく「必要学習時間◯千時間」と言われているのは、


予備校の勉強+予習復習を真剣にその時間やって、
それでも合否を争える最低レベル、
合格するには、さらなる努力か、その試験に対する適性が必要、
ということだと思います。
もしくは、講師との当たり外れということもあるでしょう。

公認会計士は、3000時間と言われていますが、週6日ペースで、コンスタントに毎日10時間。
もちろん大学にも行けないし、アルバイトや男女交際なんてやっているヒマは有りません。
それでも、上記のレベルです。

昔のように、のんびりした時代なら、まず今年度の試験を、大学に行きながら、独学で受験し、その感触で、どうするか決めるというのが良いと思うのですが、今の就活事情では、それもままならないし、
不合格時のことを考えると、大学卒業は確保したいし、
難しいですね。
    • good
    • 0

分かりやすくざっくり言えば弁護士や医者、官僚になりたいと言っているような感じです。


一年で受かろうと思ったら学校の勉強なんかしている暇ないんじゃないですかね。
頭が良いとか悪いとかではなく、大学受験で一橋や上智あたりに現役で受かるくらいの勉強に対しての集中力がないと一年では無理でしょう。
向き不向きによっては司法試験より手こずるかもしれません。
しかし、合格すれば難しいだけあって税理士の資格も同時にとれますし、年収も高額が約束されます。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日商1級と公認会計士試験の差

日商簿記1級に合格したので、次に公認会計士試験を目指そうと思います。
公認会計士試験合格者にお伺いしたのですが、
公認会計士試験の難易度(勉強量)を10とした場合、
日商簿記1級の難易度(勉強量)はいくつくらいでしょうか?
3くらいあると嬉しいのですが。。。

Aベストアンサー

かなり盛り上がっている(?)書き込みだったので、参加させて下さい。

ちなみに、会計士と1級両方持ってます(会計士受験の過程で1級取得)
10とした場合の難易度は↓でみなさんが言い尽くした感があるので、
少し違った視点で書いてみます。
それは「会計士試験受験前年に1級を受験」して感じた1級のレベルという視点です。

ちなみに、その時の状況は・・・
商業簿記・会計学・・・制限時間1.5H→1Hちょい終了
工業簿記・原価計算・・・制限時間1.5H→45分程度で終了
(ただ、ぽろぽろ落としていて結果は82点ほどでの合格でしたが)

こんな感じでした。私が受験した回はP/L作成問題が出題でしたが、
連結が出題なら1Hはかからないと思います。
また、工業簿記・原価計算についてはパズル的要素が強い問題ですが、
会計士講座で管理会計をがっちり固めていれば、極めて短時間で解くことは可能です。
これは、私のみでなく、共に学習していた会計士受験仲間も同様でした。
逆にいうと、それだけ会計士試験で学習する内容は幅広くかつ内容が深く、難易度が高いものだと言えると思います。

つらつらと書きましたが、少しは両者のレベル差が伝わったしょうか?
1級に合格されたのなら、適正は少なからずあるかと思います。
会計士受験が許される環境なら、挑戦するのも選択肢の一つかと思いますよ。
悔いなきよう、決断して下さい。

かなり盛り上がっている(?)書き込みだったので、参加させて下さい。

ちなみに、会計士と1級両方持ってます(会計士受験の過程で1級取得)
10とした場合の難易度は↓でみなさんが言い尽くした感があるので、
少し違った視点で書いてみます。
それは「会計士試験受験前年に1級を受験」して感じた1級のレベルという視点です。

ちなみに、その時の状況は・・・
商業簿記・会計学・・・制限時間1.5H→1Hちょい終了
工業簿記・原価計算・・・制限時間1.5H→45分程度で終了
(ただ、ぽろぽ...続きを読む

Q公認会計士をめざす息子の前途は・・・?

息子が公認会計士をめざしてもう8年になります。大学3年くらいから初めて、3年目くらいに一度だけ短答式に合格したのですが、論文式に通らず3年が過ぎて短答式免除期間がおわってしまい・・もう一度やりなおしとなった時は不況の波であり得ない厳しさになってしまいました。それでも毎年2回づつ受検はしていますが今回もだめでした。今年で29歳になります。このまま続けることは親としては経済的に限界になってきています。私(母)の給料はまるごと仕送りの状態です。そもそも大学4年出すにも精一杯だったのにいつのまにか・・・でも本人のプレッシャーも相当なものだと思うので、お金のことは言わずただ応援してきました。始めた頃は会計士が不足していたはずなのに、時代の変化が憎いです。さて現実年をとると辞めて就職するにしてもただでさえ就職難なのに8年間いくら勉強してきたと言っても資格がなければ0と同じですよね・・それともその努力を認めてくれる会社が果たしてあるでしょうか・・?今後の息子の道はどうなってしまうのかとても心配です。本人は今年の夏の試験で区切りをつけるとは言っていますが、同じ頃はじめた友人が既に合格して監査法人で活躍しているだけに可愛そうで涙が出ます。どなたかアドバイスや体験談をお願いします。

息子が公認会計士をめざしてもう8年になります。大学3年くらいから初めて、3年目くらいに一度だけ短答式に合格したのですが、論文式に通らず3年が過ぎて短答式免除期間がおわってしまい・・もう一度やりなおしとなった時は不況の波であり得ない厳しさになってしまいました。それでも毎年2回づつ受検はしていますが今回もだめでした。今年で29歳になります。このまま続けることは親としては経済的に限界になってきています。私(母)の給料はまるごと仕送りの状態です。そもそも大学4年出すにも精一杯だったのに...続きを読む

Aベストアンサー

2010年度合格者です。

合格時の年齢は20代半ばです。

大学卒業して軽いバイトをしながら2007年試験から受け初めて短答式を2007に合格したものの息子さんと同じく3度論文に落ち免除が切れ、2010年に短答を改めて受験及び合格しそのまま論文も2010年(受験回数計4回目)に合格しました。

就職状況等状況が状況だけに悲観的な意見が多くなってしまうかもしれませんが経験等自分の思うところ回答してみます。

息子さんが短答式に合格した年度はわかりませんが多分06年か07年だと思います。

この間の短答式は比較的今よりは合格が簡単だったと言われたりします。

又2010年に短答式を受け直した時、自分の受けた教室は一度短答式に受かって免除が切れてしまい再受験した方のみでした。
一度受かっておりその後も2年間論文の勉強を続けている方たちですから当然半分くらいは再度受かると思っていましたが、番号をみる限りかなりの方たちが落ちていました。

論文式の成績や論文式の科目合格の有無などわからない点は多いですが、受験回数など質問から読み取れる部分から推測するに論文まで今年合格できる可能性はかなり低いのではないでしょうか?

しっかりと自己分析した上でまだ伸ばせると思える部分があり(希望観測ではなく)、少なからず前年よりそれなり伸びていないと長く続けても結果を残すのは厳しいように思います。

もしかしたら伸び悩んでいたりしませんか?

また会計士の場合試験合格=資格(バッチ)の取得ではありません。

いくつかの要件を満たした上で資格を取得できることになりますが、その中に実務要件があります。

この実務要件もどの会社でもいいわけでなく一定の要件があります。

要件の緩和や景気改善など将来的に見込まれるかもしれませんが未就職者の数などを考えると短期的には就職状況の改善はかなり難しいでしょう。

これらを考えると合格したとしても会計士になれない可能性も現状ではかなり高いです。

実際自分も含め、合格しても監査法人はおろか一般事業会社にすら就職の決まらない方は多くおります。

未就職者問題の解決を図るよう会計士協会等も一応の努めてはいるようですが、抜本的な解決は期待できないように思います。

質問を見る限り職歴はないと思いますし、年齢的に合格しても就職はかなり厳しいと思います。(20代半ばでも英語力や学歴がある程度よくないと書類の時点で落とされるように感じます。)

又、ある人材会社で言われたのですが、公認会計士試験合格よりも事業会社では日商簿記一級の方が評価が高いと言われました。

勿論全てではないでしょうがそういった会社も多いのも事実なんだと思います。

こういった事などを勘案すると、簿記一級などをもっているのであれば直ちに就職した方がいいと思いますし、自分が同じ立場でもそうすると思います。

しかしながらやはり諦められない気持ちや上記のような現状がわかっていてもなんとか合格だけはしたいと思ったりすると思います。

現状では進んでも退いても棘の道だと思いますし、同じ棘の道ならせめて合格して区切りをつけたいと思ったりもすると思います。

実際自分は去年そのように思いました。

なので今年で最後と本気で思っているのであればラストチャンスを与えてどちらに転んでも悔いの残らないようにしてあげる方がいいのかなと思います。


色々書きましたがいくらかアドバイスを書かせて頂くと、まず日商一級をお持ちでないようでしたら特別な対策はしなくてもいいので絶対に6月に受けた方がいいです。

万が一ダメだったときに簿記資格すらないと本当に何も残らなくなってしまいます。

また、論文を受けていたときの成績開示をすることをお勧めします。

2010年からは細かい成績もでるようになったのですが、それまでは成績開示をしないと細かい成績がわかりませんでした。

論文はやはり自己採点が難しいですし、結構自分の手ごたえと点数がずれることが多いです。

大問ごとではありますがどの程度点数がきているのかみることで自分の手ごたえがしっかり結果に繋がっているかみることができます。

繋がってなければ勉強方法を改善する必要があると思います。

就活対策は受からないと無駄になるためそのような余裕がないかもしれませんが、気分転換代わりでもいいので合格後どういったことがやりたいかや軽い自己分析程度で構わないので就活の準備もした方がいいと思います。

中小法人などでは年齢などでばっさりでなくエントリーシートの内容を見てくれてると感じるところもありました。

なので少しでも対策するといくらか就職可能性はあがる思います。

大したアドバイスも回答もできませんでしたがご参考になれば幸いです。

2010年度合格者です。

合格時の年齢は20代半ばです。

大学卒業して軽いバイトをしながら2007年試験から受け初めて短答式を2007に合格したものの息子さんと同じく3度論文に落ち免除が切れ、2010年に短答を改めて受験及び合格しそのまま論文も2010年(受験回数計4回目)に合格しました。

就職状況等状況が状況だけに悲観的な意見が多くなってしまうかもしれませんが経験等自分の思うところ回答してみます。

息子さんが短答式に合格した年度はわかりませんが多分06年か07年だと思います。

この間の短答式は比較的...続きを読む

Q高卒で公認会計士…会計士に学歴は関係有りますか?

こんにちは。
私はこの夏、公認会計士を目指し勉強を始めた者です。
会計士は第一次試験に合格さえすれば、私のように高卒の者にも平等に権利が与えられると思い、頑張っていたのですが…

先日一次試験について調べていたところ、その受験者数の少なさに驚かされました。よくよく調べてみると、二次試験合格者のほとんど全ての方が、大卒であり、
監査法人その他の大手会社の求人欄にも大卒以上が応募資格に入っていました。
以前、高校卒業後すぐに会計士の勉強をし、二十歳そこそこで二次試験に合格した方が話題になりましたが、私の場合、このままストレートで合格したとしても、24歳後半です。

経歴としては、、、高校卒業→二年間フリーター→某美術系学部入学即中退→CGスクール→フリーのCGクリエイター→そして現在に至ります。
こんな私ですが、、、図々しい事に、、、大手監査法人(中央青山監査法人)や、
企業の顧問を目指しています。
一応、上記のところは大卒のみとはなってはいなかったのですが、、、
やはり大卒と言うのは(会計士の就職において)必要条件なのでしょうか?
必要であれば大学入学も真剣に考えています。

長くなりました。
どなたか、ご意見お聞かせ下さい。
お願いします。

こんにちは。
私はこの夏、公認会計士を目指し勉強を始めた者です。
会計士は第一次試験に合格さえすれば、私のように高卒の者にも平等に権利が与えられると思い、頑張っていたのですが…

先日一次試験について調べていたところ、その受験者数の少なさに驚かされました。よくよく調べてみると、二次試験合格者のほとんど全ての方が、大卒であり、
監査法人その他の大手会社の求人欄にも大卒以上が応募資格に入っていました。
以前、高校卒業後すぐに会計士の勉強をし、二十歳そこそこで二次試験に合格した方...続きを読む

Aベストアンサー

さて、貴方は何歳まで生きるつもりなのでしょうか?
35才までですか。40才ですか?
不治の病で、余命が分かっているのでしょうか?
そして、貴方にとって公認会計士になる事は、人生の目標なのですか、
単なる生きる手段の一つなのですか?
公認会計士になる事がかっこいいから、なりたいのですか?

そして、質問に答える前に、私は、公認会計士の世界は知りません。
これが前提で、お話します。

私は、1浪をし、地方都市にある国立大学法学部に入学しました。
家を離れ初めての下宿生活で嬉しく、自立する為にバイトに励みました。
ここで、あるホステスさんと知り合ったのです。彼女を知ってからは、
大学も行かず、彼女の部屋でごろごろし、寝泊まりしていました。
それから、2年後、家族が複数人、ガンとなりまた、この都市でも色々あり、
実家に戻ることにしました。
さらに1年、私の家は、父親と私の二人となったのです。
ここで、私は、何をしたいのか。真剣に考える必要がありました。
次の年、私は、いくつもの私立大学法学部を受け、当時偏差値で49.7
の大学に入学する事ができました。
それからは、真剣に勉強しました。
公務員試験の模試では、国(1)も、絶対確実の判定でした。
成績は、全優で、学部長賞を受けることができました。
この大学生活で得た物は、大学では司法試験受験の為の補講をもうけてくれ、
そのときに、当時司法修習生として、教えてくれた人は今でも私にとって
よき相談相手です。
仕事の都合で、この人の事務所に行くと、近くの繁華街で、2件3件と飲みに
連れていてくれます。
数人の親友も出来ました。教養部では、仏文学の教授の家に招かれ、仏文学論を
幾度か議論したり、ていねいに教えてもくれました。
この大学には、私と小中高と同じ学校に通学していた幼なじみが、英語の非常勤
講師として、働いていました。
これらの大学生活は、非常に充実しており、現在の生活の陰の支えとなっていま
す。
 就職は、年令がネックとなりましたが、自分を認めてくれる所に勤務できたと
思っています。

 公認会計士になる事だけが目的であれば、それもいいでしょう。
 しかし、絶対合格できるのですか?
 であるなら、大学生活の傍らでの合格可能でしょう。
 可能性は無限大です。しかし、身の程も考えておきましょう。
 少しくらい、心のゆとりをもつ4年間もすばらしいものです。
 公認会計士に関連する、経営・経済学部の自分が入学できる程度の
大学でいいのではないでしょうか?
 あとは、貴方の努力次第と思います。

さて、貴方は何歳まで生きるつもりなのでしょうか?
35才までですか。40才ですか?
不治の病で、余命が分かっているのでしょうか?
そして、貴方にとって公認会計士になる事は、人生の目標なのですか、
単なる生きる手段の一つなのですか?
公認会計士になる事がかっこいいから、なりたいのですか?

そして、質問に答える前に、私は、公認会計士の世界は知りません。
これが前提で、お話します。

私は、1浪をし、地方都市にある国立大学法学部に入学しました。
家を離れ初めての下宿生活で嬉し...続きを読む

Q公認会計士の勉強を諦めるか続けるか

私は現在大学二年生です。
1年の冬から勉強を始め、今月の短答試験を初めて受けました。しかし、合格点には程遠い点数しかとれませんでした。そこで次の5月短答を受けるか悩んでいます。予備校のカリキュラム的にも5月の対策は含まれていますし、まだ挑戦できる年齢なのでたった一回の受験で諦めるのは色々な面でもったいないとは思います。しかし、今回の受験で、あと約五か月で大学に行きながら、合格点に持っていくのは正直厳しいと思いました。それに今は、初めに持っていた純粋な会計士になりたいという気持ちよりも合格しなければという義務感が大きくなってしまっており、勉強が楽しめなくなってしまっています。何より、自信がなくなってしまいました。だから私は1年は必死で頑張ったのだから、もう会計士を目指すのは諦め、6月の簿記1級を受験し取得し、就活に切り換えるのが現実的なのではないかと思っています。大学の勉強を時間をかけてやりたいという気持ちが大きくなってきたというのも、切り換えようかと思った理由の一つです。
親は予備校代はお金の無駄だとは思わなくていいから前に進みなさい、と言ってくれていますが、これもひっかかっており、決めれずにいます。
最後は自分で決めなければならないのは分かっているのですが、頭の中が混乱して冷静に考えることができません。これは逃げていることになるのでしょうか?客観的な意見をお願いします。
長文で読みにくい文章で申し訳ありません。

私は現在大学二年生です。
1年の冬から勉強を始め、今月の短答試験を初めて受けました。しかし、合格点には程遠い点数しかとれませんでした。そこで次の5月短答を受けるか悩んでいます。予備校のカリキュラム的にも5月の対策は含まれていますし、まだ挑戦できる年齢なのでたった一回の受験で諦めるのは色々な面でもったいないとは思います。しかし、今回の受験で、あと約五か月で大学に行きながら、合格点に持っていくのは正直厳しいと思いました。それに今は、初めに持っていた純粋な会計士になりたいという気持...続きを読む

Aベストアンサー

 大学1年から勉強を続け、公認会計士試験に失敗した大学3年生です。質問者の方と全く同じことを、2年生のときに悩み、私の場合は、受験を続けることを決断しました。

 正直、最後の1年間は、義務感で無理矢理机に齧りつく日々で、当初の思いはどこへやら…でした。特に、自信を失ったことが大きく、予備校の答練を受けるのが毎回苦痛でした。


>それに今は、初めに持っていた純粋な会計士になりたいという気持ちよりも合格しなければという義務感が大きくなってしまっており、勉強が楽しめなくなってしまっています。何より、自信がなくなってしまいました。

 ということですが、私ならば、もし迷っている1年前の自分にアドバイスできるならば、迷わず簿記1級から勉強し直せと言ってやりたいです。おそらく、続ける場合は、上級クラスに入学することになると思いますが、周りはベテランの兵ぞろいです。自信がないと私のように勉強がどんどん辛くなっていくことになります。就職活動や大学との両立も非常にハードです。


>だから私は1年は必死で頑張ったのだから、もう会計士を目指すのは諦め、6月の簿記1級を受験し取得し、就活に切り換えるのが現実的なのではないかと思っています。
 

 最悪の結果は、会計士になれず、簿記1級も取れず、就職もできないことではないでしょうか(まさに私のケースです)。他の回答者の方が仰るように、会計士を目指すことは素晴らしいことですし、今でも挑戦する価値はあると思います。


 けれども、ハイリスク・ハイリターンだった会計士という資格も、今や就職難になりハイリスクでリターンが不明になってきています。試験制度改革も怖いです。リスクをとってでも会計士になりたいという確固たる信念がなければ、挑戦することばかりを勧めてよいとはあまり思えません。したがって、


>これは逃げていることになるのでしょうか?

 私は逃げではないと思います。私の意見は、上述したとおり「最悪のパターン」にあてはまりますので、「客観的な意見」ではないかもしれません。しかし、私なりの事実を書いたつもりです。もちろん、会計士試験に合格する可能性も十分にありますので一概に、「受験を辞めろ!」などと言うつもりは毛頭ありません。どうか納得の行く選択ができるように願っています。


>大学の勉強を時間をかけてやりたいという気持ちが大きくなってきたというのも、切り換えようかと思った理由の一つです。


 大学の勉強をしっかりやることに関しては、お勧めです。なぜなら、私も大学の勉強は大好きでしたので、真面目にやっていたところ、教授の目に留まって院に進学することになったからです。今は、研究者の卵の卵として研鑽に励む日々です。色々な選択肢があると思いますので、ご参考までに。

 大学1年から勉強を続け、公認会計士試験に失敗した大学3年生です。質問者の方と全く同じことを、2年生のときに悩み、私の場合は、受験を続けることを決断しました。

 正直、最後の1年間は、義務感で無理矢理机に齧りつく日々で、当初の思いはどこへやら…でした。特に、自信を失ったことが大きく、予備校の答練を受けるのが毎回苦痛でした。


>それに今は、初めに持っていた純粋な会計士になりたいという気持ちよりも合格しなければという義務感が大きくなってしまっており、勉強が楽しめなくなってしまってい...続きを読む

Qクレアールという予備校はどうですか?

クレアールという会計士の予備校ってどんな感じでしょうか?
というのも、ネット上では評判が良いみたいですが、以前、日商簿記の講座を体験したところ、テキストは特に優れているわけでもないし、講師もあんまりうまくもなかったので。
簿記の講座と会計士の講座では講義・テキストの質や力の入れ方が違うのでしょうか?
それとも「あんなもの」なのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。遅れてすいません。
そもそもこのクレアールというのは最初は司法書士
の合格を狙って出来た予備校です。そして司法書士で
実績ができたので、公務員、税理士、会計士とつぎつぎと他の講座を開講していきました。

>>あまりおすすめはできません

この言葉は的確ではなかったかもしれません。他のTacやLecと比較したときに、比較したときにですよ、このクレアールは正直会計士の合格のノウハウはまだ浅いです。

もちろん、クレアールだって予備校ですから研究はしているでしょう。しかし、合格者の情報などではやはりTacやLecに遅れを取っていると思います。(つまりどの程度で合格できるのか?などの情報は不足しているということです)

なので会計士を目指すなら大手のTacのほうがいいと思いますという意味であまりお勧めしないと申し上げました。会計士ではTacが断然優れていると思います。

Q公認会計士試験のレベルは大学受験でいうとどのくらい?

今、公認会計士を目指そうか悩んでいるのですが、その中でインターネットの資格ガイドなどを見てみるとやはり口を揃えて公認会計士試験は難しいと書いてあるのですが、その難しさが漠然としていてピンときません。
そこで、勉強の種類や問われるセンスがちがうので一概には比較できないことはもちろん分かっているんですが、それでも会計士試験を大学受験で表すとどのくらいのレベルなのでしょうか?
具体的には、勉強期間2年での会計士試験合格というのは1年間(浪人なしということ)勉強しての大学受験でいうと何大学の何学部に入れるくらいのレベルなのでしょうか?

Aベストアンサー

会計士試験の難しいさはただひたすら覚える量が多いというところにあります。
覚えないといけないことはいくら頭がよくても時間はかかるしきついものです。
そのためorangegirlさんが前提にしています2年間という条件を加味すると一橋大学に普通(B判定ぐらい)に入れるレベルと考えたらいいのではないでしょうか。
あと大学受験は一年じゃなくてそれまでの18年の積み重ねと考えたほうがいいですよ。高3で勉強しなくたって東大ぐらいは受かるやつもいれば5年かかったって早稲田・慶応ぐらいにしかいけない人もいますし

Q専門学校(大原やTAC)から公認会計士になった方

お世話になります。

私は工学部卒で現在社会人(エンジニア)です。
全くの畑違いではありますが、公認会計士になりたいと考えております。
動機としては率直に申し上げて高い収入が期待できる(と思ってます)、加えて、将来的に独立して仕事をしたいという希望があるためです。
かなりの難関だというお話は伺っており、社会人の片手間で合格を狙えるとは思っておりません。
仕事を辞めて専門学校に通おうかと考えております。

ここで、特に専門学校から公認会計士になった諸兄のご意見・経験談を頂きたいのですが、

・卒業校
・経歴
・入学から資格取得までに要した期間
・勉強のボリューム
・資格取得後、スムーズに就職できたか
・実収入(一般サラリーマンと比較してどうか、など、抽象的な表現でも結構です)

その他、苦労した話や、入学してから気付いた点など、何でも結構です。
教えて頂ける範囲で情報を頂けないでしょうか。

畑違いということもあり、公認会計士にまつわる情報、特に、経験者の生の声をたくさん収集したいと思っております。
また、専門学校以外で公認会計士になられた方のご意見や経験談もご参考に頂ければ幸いです。

以上、お時間のあるときで結構ですので、ご教示頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

お世話になります。

私は工学部卒で現在社会人(エンジニア)です。
全くの畑違いではありますが、公認会計士になりたいと考えております。
動機としては率直に申し上げて高い収入が期待できる(と思ってます)、加えて、将来的に独立して仕事をしたいという希望があるためです。
かなりの難関だというお話は伺っており、社会人の片手間で合格を狙えるとは思っておりません。
仕事を辞めて専門学校に通おうかと考えております。

ここで、特に専門学校から公認会計士になった諸兄のご意見・経験談を頂きたいので...続きを読む

Aベストアンサー

2010年の5月に短答式試験に合格し、同年8月に論文式試験を合格した者です。

まずは質問にお答えします。

卒業校:中央大学、商学部、金融学科
経歴 :大学在学中のため特になし
期間 :簿記3級から含めると4年ですが、最初の2年は暇つぶしで勉強していたため、本気で会計士を目指して勉強した期間は1年半ほどです。
勉強量:時間数はわかりませんが、財務会計論のテキストは暗唱できるくらいにはなりました(笑)
1年半ほど間でできる限りのことはやったつもりです。
就職 :世間一般が現在就職ですが、その象徴的な存在としてこの会計士業界がメディアで取り上げられています。
収入 :確かに一般的なサラリーマンよりはいいかもしれません。大手監査法人で一般的な大卒初任給の1.6倍くらいでしょうか。

まず、予備校は関係ありません。
テキストをもらいしっかり暗記する、それにつきます。
どんなに素晴らしい授業受けても合格するのは予備校ではなくあなた自身です。
その意味で、体系的に記述されているテキストであれば、どんな予備校でも構いません。


他の方が書いてるように、就職だけは大変です。
勉強したから楽に仕事に就けるわけではないことはわかってください。


ただ、収入は別にして、独立を目指すのであれば、確かにぴったりの資格だと思います。


現在の仕事を辞めると、学費と生活費でかなりのプレッシャーになるとは思われますが、それを覚悟で勉強されるのであれば応援します。

2010年の5月に短答式試験に合格し、同年8月に論文式試験を合格した者です。

まずは質問にお答えします。

卒業校:中央大学、商学部、金融学科
経歴 :大学在学中のため特になし
期間 :簿記3級から含めると4年ですが、最初の2年は暇つぶしで勉強していたため、本気で会計士を目指して勉強した期間は1年半ほどです。
勉強量:時間数はわかりませんが、財務会計論のテキストは暗唱できるくらいにはなりました(笑)
1年半ほど間でできる限りのことはやったつもりです。
就職 :世間一般が現在就職ですが、その象...続きを読む

Q資格浪人の見切りのつけ方

難関資格に執着し、人生が台無しになってしまった人はどうやって立ち直れば良いと思いますか?

私は公認会計士試験に執着していますが、4回受けましたがまだ最終合格できていません。

今年で26歳になりますが、いまだ職歴も無く、今はアルバイトすらしていません。このまま試験勉強だけをしていくことに恐怖感を覚えてきました。

もちろん、合格する為の試験勉強は続けていますが、どこかで見切りをつけるのは必要なのかと自分でも思い始めています。自分の中では30歳を過ぎるまでは受験のみで生きようかとも思っていますがこれは社会的にみて再スタートできる年齢でしょうか?

この状況ではどのように行動するのが正解なんでしょうか。お考えをお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

長い間公認会計士を目指し努力されているようですね。

>4回受けましたがまだ最終合格できていません。
旧試験のころ、また、就職状況のよいときは5回以上の受験歴で合格し、監査法人に入所した人をしばしば見かけました。「最終合格」ができていないということは、科目合格や短答合格の実績はおありでしょうか。どの程度の“惜敗”なのかで、判断が分かれるものと思います。

>今年で26歳になりますが、いまだ職歴も無く、今はアルバイトすらしていません。
昨今の就職状況を前提とすると、ギリギリの年齢かもしれません。背水の陣を敷いて必勝を期すか、早めに転進を検討するかといったところでしょうか。

>自分の中では30歳を過ぎるまでは受験のみで生きようかとも思っていますがこれは社会的にみて再スタートできる年齢でしょうか?
(財務、経理とは関係のない職種で)一般企業となるとあなたが思うような再スタートは切りにくいと思います。受験のみで頑張る場合、(あくまで公認会計士試験の片手間ですが)日商1級や税理士試験の会計科目にもチャレンジして、少しでも可能性(転ばぬ先の杖)を確保しておくべきです。これらの合格実績があれば、挫折したとしても「資格」欄に書くことができますし、例えば、税理士試験の会計科目を合格すれば、公認会計士の短答式の一部科目が免除になったり、租税法専攻で修士課程を修了&税法1科目で税理士の資格が取れたり、国税専門官に任官した場合により短い勤務年数で税理士資格を取得する道が開けたり、と選択肢が広がります。

 また、受験生活を継続するときに注意すべき事は、公認会計士を目指す方のうち相応の方は、親御さんや近親に公認会計士・税理士がいたり、あるいはご実家が会社経営等をされて顔が広いことにより、大学卒業後も生活の不安がなかったり、挫折したときの就職の口利きをして貰いやすかったり、という方がいることです。
 もし、あなたご自身・ご家族にそうした縁がまったくないのであれば、転進を早めに検討した方がよいかもしれません。同じように頑張っている受験仲間の表面的な行動を鵜呑みにするのではなく、家庭環境等も含めて比較検討した方がよいと思います。
 以前は、あなたの年齢に近い方は、国税専門官試験を併願して、公認会計士試験に落ちた場合には任官する方も時折見かけました。国税専門官を一定年数勤務すると税理士試験が免除されますので、公認会計士になる目標とは異なるものの、定職を確保しつつ資格も確保することができます(もちろん、昨今の公務員人気を考慮すれば簡単なことではありませんし、共倒れに終わる危険もあります)。
 あなたが長きにわたって努力されてきたことですし、30過ぎまで目指し続けたいということは、会計の世界で仕事をしたいという強い意思の現れでしょうから、ぜひ栄冠を勝ち取って欲しいと思いますが、必ずしも公認会計士試験だけに執着せず、税理士や国税専門官、財務専門官などの道も考えておくとよいのかな、と思います。

長い間公認会計士を目指し努力されているようですね。

>4回受けましたがまだ最終合格できていません。
旧試験のころ、また、就職状況のよいときは5回以上の受験歴で合格し、監査法人に入所した人をしばしば見かけました。「最終合格」ができていないということは、科目合格や短答合格の実績はおありでしょうか。どの程度の“惜敗”なのかで、判断が分かれるものと思います。

>今年で26歳になりますが、いまだ職歴も無く、今はアルバイトすらしていません。
昨今の就職状況を前提とすると、ギリギリの年齢かもし...続きを読む

Q公認会計士になるのはどれくらい大変?

仲の良い友達(男性・28歳)が、公認会計士を目指して頑張っています。といっても去年の秋頃から始めたばかりです(それまでの仕事は去年辞めました)。私は全然分からないのですが、公認会計士になるにはとても大変だという事を聞きました。彼は「大丈夫、すぐ合格できるよ~」なんて言っているのですが、そんなに甘いものではないのでは、と思ってしまいます。実際はどのくらい難しいのでしょうか?彼は飛び抜けて頭が良いタイプではありませんが、頑張りやさんです。

Aベストアンサー

#1です。
失礼しました。
税理士の友人に訊ねたところ、3の方のおっしゃるように
会計士の資格に税理士の資格は全く関係ないんだそうです。
というわけで、税務大学校でも無理ですね。

ちなみに、会計士の資格を取得して、税務の実務をやると
税理士登録もできるようになるんだそうです。
となると、税理士になるより難しいという事になりそうです。

でも、試験はほとんどそうですが、記憶力の問題なので
頭が良いか悪いかは必ずしも関係ないと思います
(ホントか?オイ!笑)
なので、がんばればとれるかも?

Q日商簿記1級って独学で合格できますか?

26歳専業主婦です。
子育ての合間に勉強を始めようかと考えています。
3年前まで経理事務をしていて日商簿記2級をとったのは20歳の時ですので、今はだいぶボケていて簿記について自信はありません。
2級をとった時は独学でとおるテキスト(TAC出版)のを自分で購入し勉強しました。
その次1級を1度受けましたが、あまりの難しさに手も足も出ませんでした。(過去問題でも年々難しくなってるように思いました。)
最近の傾向とかどうなっているのか全く知りません。以前よりもっと難しくなってますか?

独学で合格された方、1日何時間勉強して、何回目の試験で合格できたか教えてください。
秘訣などもあれば教えてください。

Aベストアンサー

NO.3です。こんばんは。

 「昔に行けば行くほど…」という感想は、すごく適切な判断だと思います。
 某予備校の有名講師(法律系)が、勉強法を説いた著書の中で、下記のようなことを主張されています。

 「個々の問題を比較すれば、近年の問題の方が圧倒的に難しい。でも、本試験問題は前年までの問題の上に成り立っているので、前年までの過去問を十分に検討した受験生にとっては、特に難しい問題ではない。従って、その年の難易度という観点からは難易度は増していない。」

 多少、割愛しましたのでうまく伝わるかどうか不安なのですが、つまり、「本試験問題は、

 前回までの本試験問題 + α (α=範囲や複雑度など)

で構成されている、ということです。ですので、一足飛びに過去問をやれば「+α+α+α・・・」で初学者やブランクがある方にとって、難易度が急激に変化したと感じてしまうのは当然だと思います。

 従って、当然ながら近年の過去問が最も重要です。それから自分の勉強時間を考慮して何年分やるのかを決めて下さい。「何年分やれば良い」ということは一概には決められませんが、5年(10回)やれば相当の力が付くと思います。時間がなければ3年(6回)というように柔軟な姿勢で勉強した方が良い結果が出易いと思います。10年を2周するよりも5年を4周というように短いサイクルで繰返す方が記憶に定着し易いからです。

 過去問分析について誤解の無いよう補足しておきます。私のとった過去問分析とは、

  「試験で問われる能力を知り、それを身に付ける」

ということです。断じてヤマ当てなどの類ではありません。目標を達成する上で、重要なことは「要求されている能力を知り、今の自分の実力との差を知る」ことだと考えています。それを知るには、出題者側の唯一のメッセージである本試験問題を解くのが一番の近道ではないでしょうか。出題者が、合格者に最低限求める能力というものがあるのだと思います。

 また、過去問をやる効用として「モチベーションの維持」があります。テキストは重要だと思いますが、「正直、ツマラナイ」と思いませんか?。一度も問題を解かずに挫折してしまう人も多いと思います。問題演習型の勉強なら、「この問題を解くためには、この知識を覚えなくては」という感じで、ゴールに近付いている実感とともに基礎を勉強することが出来ます。

 最後に、教材選びの件ですが、No3に記載した要件が満たされたものを選ぶ必要があります。必ずしも最大手予備校のものが良いとは限りません。教材と勉強法は貴重な時間を割いてでも、慎重に選択して下さい。既にこの時点で合格率が大きく変わってしまいます。
 私が使った教材は、正直、お勧めできないです。当時、全くお金が無かったので、図書館にあった「税経セミナー」のバックナンバーと、中央経済社のワークブック(1冊600円ぐらい?)で勉強しました。もし今、勉強するなら予備校が出版した本を選ぶと思います。

 独学が不利だと思わないで下さい。受験者が多く、市販の教材が充実している試験において、独学は極めて合理的で最短の勉強方法だと思います。

NO.3です。こんばんは。

 「昔に行けば行くほど…」という感想は、すごく適切な判断だと思います。
 某予備校の有名講師(法律系)が、勉強法を説いた著書の中で、下記のようなことを主張されています。

 「個々の問題を比較すれば、近年の問題の方が圧倒的に難しい。でも、本試験問題は前年までの問題の上に成り立っているので、前年までの過去問を十分に検討した受験生にとっては、特に難しい問題ではない。従って、その年の難易度という観点からは難易度は増していない。」

 多少、割愛しまし...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング