gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

至急、どなたか詳しく解き方を解説していただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

固形分15%を含む破砕した原料果実40に対して、無水の砂糖60、ペクチン0.12の質量比で混合した後、固形分70%まで煮詰めてジャムを作る。この場合、原料果実100kg当たりのジャムの収量および煮詰め時の蒸発水分量を求めよ。

解答はジャム236.2g 蒸発水分は14.2gとなっていました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

物質収支」に関するQ&A: 物質収支

A 回答 (2件)

ん~ ジャム236.1429≒236.1kg 蒸発水分量14.2kgとなってしまいましたが・・。



原料果実40に対して、砂糖60 ペクチン0.12ですから、
原料果実100kgでは、砂糖60kg ペクチン0.3kgとなります。
100/40=2.5なので、2.5倍のkg数となります。

蒸発させる水分は、原料果実の固形分ではない、85%=100-15の水分となります。
また、固形分は原料果実の固形分と砂糖とペクチンになります。

原料果実100kgの時、
全体の量は、250.3kg=100+60+0.3
水分量は、85kg=100*0.85
固形分量は、165.3=250.3-85
となると、
固形分70%の時の全体量は、236.1kg=165.3/0.7 ★
蒸発水分は、14.2kg=250.3-236.1
となります。

★の個所が難しいかもです。
部分の割合から割り返して、全体を算出します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一つ一つ細かく説明してくださりありがとうございました。改めて自分で解いてみます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2014/02/26 13:39

原料果実100kgの固形分は15kg



>原料果実40に対して、無水の砂糖60、ペクチン0.12の質量比
だから砂糖とペクチン(固形分)は60、12×2、5kg

トータル固形分は165,3kg

固形分70%なら製品ジャムの重量は236、14・・

使った材料のトータルは250,3kgだから製品との差の重量は14,16が蒸発して減った水。


それにしても問題自体が間違いですね。果実はジュースでないこと。果実(酸性)に砂糖を入れて煮れば分解し固形分は増えます。正確には砂糖は加水分解され150kgが165kgとなり、ジャムの固形分は180、3kgです。
できるジャムは257,57・・kg。蒸発した水は約7,7kg

化学の問題として????
    • good
    • 0
この回答へのお礼

化学の問題じゃないですね。物理の問題でした。ご指摘ありがとうございました。

お礼日時:2014/02/26 13:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qペクチンのゲル化について

母親がパン屋になろうとしているのですが・・・
ジャム作りに関する、ペクチンの作用について質問させて下さい。

ペクチンは酸と糖との反応によりゲル化が起こると言いますが、糖が65%程度ある時が最適だとのことです。
ゲル化には、なぜこんなにも大量の糖が必要なのでしょうか?ガラクツロン酸の脱水縮合が起こっていると考えても、こんなに沢山の糖を必要とする理由が分かりません。

Aベストアンサー

ゲル化は脱水縮合ではありません。コロイドだからですよ。

酸性条件下でペクチンが糖と水素結合し、大きな網目構造を形成したことで、流動性がなくなり固まるのです。

ちなみにペクチンの説明をすると、カルボキシル基の一部がメチルエステル化されたポリガラクツロン酸が主体となっている複合多糖類です。
メチル化の量によって低メトキシルペクチン(メトキシル基含量7%以下)と高メトキシルペクチン(メトキシル基含量7%以上)に分けられています。

果実に含まれているペクチンは、一般的に高メトキシルペクチンです。糖濃度が60%以上、pH2.8~3.2のとき最適ゲルが形成されるようです。

参考URL:http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q46.html

Q果物のジュースと牛乳を混ぜると何故分離する?

果物と牛乳を混ぜて飲もうとすると分離します。どんな果汁で試してもそうなるのですが何故ですか?

Aベストアンサー

 牛乳のタンパク質が酸で変性して凝固します。酵素の影響ではない証拠に、酢でも、一度加熱した果汁でも生じます。ご承知の通り、凝固と言ってもすぐカスタードプリンのようになってしまうという訳じゃなくて、細かい塊が懸濁した状態になり、静かに置いておくと塊が沈殿して分離し表面が澄んできます。
どのみち胃に入れば強い酸に出会って分離するわけですから、分離したからいけない、ということはないようで、ただ見てくれが悪い。
 なお、パイナップルやパパイヤが持っている蛋白分解酵素で肉が軟らかくなるというのは、全く別の現象です。これも果汁を一度加熱してから混合すれば効果が生じません。

Qチーズの原理

チーズをつくる原理を化学的に(分子名、酵素名、反応など)教えて下さい。

Aベストアンサー

レンネットというキモシンを主成分とする凝乳酵素剤を作用させます。キモシンは酸性領域に至適pHを持つ酵素です。

キモシンは、κ-カゼインを特異的に分解します。キモシンはκ-カゼインの105番目のフェニルアラニンと106番目のメチオニンのペプチド結合を切断し、疎水性のパラ-κ-カゼインと、親水性のグリコマクロペプチドに分けます。

ここで確認しておきたいのが、牛乳中のカゼインの状態なのですが、牛乳中ではカゼインは、カゼインミセルという構造をとって存在しています。サブミセルは種々のカゼイン成分が集まってできたもので、カゼインミセルの構成単位になっています。このサブミセルを構成するカゼイン成分の組成は、一様ではありません。 というのは、κ-カゼインは、主に外側のサブミセルに多く含まれている、ということです。ここでκ-カゼインは、普段は親水性基のグリコマクロペプチドを外側に出していて、それによってカゼインは牛乳中に溶け込むことができるのです。さらに付け加えておくと、κ-カゼイン以外のカゼインは、カルシウムイオンにより沈殿する性質を持っています。牛乳中のカゼインは、カゼインミセルの外側に、κ-カゼインをおくことで、カルシウムイオンによる沈殿を制限しているのです。

しかし、キモシンによってこのグリコマクロペプチドを切断してしまうと、カゼインは親水基を失うので、水となじまずに、ミセルは不安定状態となるのです。さらにカゼインミセルは、-電荷をもち、互いに反発しあうことにより、ミセル同士の凝集が抑えられていたのだが、この-電荷も弱まり、カゼインが凝集するのです。

細かいところに関しては勘違いもあるかも…。でもこんな感じです。希望に添えるような回答かどうかわかりませんが、参考にしてください。

レンネットというキモシンを主成分とする凝乳酵素剤を作用させます。キモシンは酸性領域に至適pHを持つ酵素です。

キモシンは、κ-カゼインを特異的に分解します。キモシンはκ-カゼインの105番目のフェニルアラニンと106番目のメチオニンのペプチド結合を切断し、疎水性のパラ-κ-カゼインと、親水性のグリコマクロペプチドに分けます。

ここで確認しておきたいのが、牛乳中のカゼインの状態なのですが、牛乳中ではカゼインは、カゼインミセルという構造をとって存在しています。サブミセルは種々のカゼイン成...続きを読む

Q等電点って?

タイトルの通りなのですが、等電点とは一体何なのでしょうか?
恥ずかしながら、大学生になって初めて等電点という言葉を耳にしたものです…(汗
自分でネットで調べてみましたが、「タンパク質を構成しているアミノ酸側鎖やアミノ末端、カルボキシル末端の電荷はpH条件によって変化し、電荷の総和がゼロになるpHの値」と言われてもさっぱり意味がわからないのです。
アミノ側鎖やカルボキシル基についてはわかります。が、電荷の総和~からまったく理解できないのです。
この前卵白に塩酸を加え、pHを見ながら卵白の様子を観察する実験をして、実験報告レポートを提出することになっているのですが、等電点というのが全くわからなくて、何を聞かれているのか、何を答えればいいのかもわからないのです。
どなたか、等電点についてわかりやすく教えていただけませんでしょうか?具体例などがありましたら一緒に書いてくださると私も理解できるかもしれません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

等電点は説明の通りなのですが、もうちょっとわかりやすく解説してみますね。

理解しやすいように側鎖がメチル基のアラニンを例に挙げてみます。

アラニンの場合、イオンになることが出来る部分はカルボキシル基1つとアミノ基が1つですね。
アラニンを水に溶かしてpHを下げていくとカルボキシル基はイオン化せずにCOOHになります。一方アミノ基は水素イオンが結合してNH3+になります。ということはアラニン全体で考えると+1の電荷を持つことになります。

逆にpHを上げていくとCOOHはCOO-になり、NH2はそのまま変化しません。そうすると全体では-1の電荷を持つことになります。

ということはpHが変化するとアラニンの持つ電荷は+1になったり-1になったりするわけですから、電荷が0になる点があるはずです。その点が等電点になります。

側鎖にカルボキシル基やアミノ基がある場合はこれらもイオン化するために等電点に影響を与えます。

またたんぱく質の等電点を測定した場合は、構成するアミノ酸は酸性アミノ酸が多いのか塩基性アミノ酸が多いのかなどがわかります。

等電点は説明の通りなのですが、もうちょっとわかりやすく解説してみますね。

理解しやすいように側鎖がメチル基のアラニンを例に挙げてみます。

アラニンの場合、イオンになることが出来る部分はカルボキシル基1つとアミノ基が1つですね。
アラニンを水に溶かしてpHを下げていくとカルボキシル基はイオン化せずにCOOHになります。一方アミノ基は水素イオンが結合してNH3+になります。ということはアラニン全体で考えると+1の電荷を持つことになります。

逆にpHを上げていくとCOOHはCOO-になり、NH2...続きを読む


人気Q&Aランキング