電子取引(企業対企業)を取引先と行う場合、関連サイトを検索すると
電子契約書が必要であるとされていますが、文書で作成された
取引基本契約書が締結されていることが前提に提示されています。
「取引基本契約書(既存)」+「電子取引基本契約書+システム運用規約(作成)」
取引基本契約書をわざわざ締結していない場合、「例えばA店から鉛筆10本を
購入した。」という場合、基本契約は締結していません。EDI取引を行う場合
必ず取引基本契約を締結していなければいけないのでしょうか?
「電子取引基本契約書+システム運用規約(作成)」の締結だけではいけないの
でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「電子取引基本契約書+システム運用規約(作成)」は、あくまで決済についての契約書であって、取引基本契約書が存在していないと、当事者にどのようなことがあったとき、契約が解除できるのか、支払条件などの決済と直接関係のない基本的事項に問題が生じたときに対応できないと思います。



参考URL:http://www.ecom.or.jp/ecpc/legal.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QBtoB B2B BtoGなどの意味がわかりません

つい最近転職してきた会社で、会議の時だけ「BtoB B2B BtoG」などの言葉が飛び交います。
説明して頂くのですが、私がどうしてわからないのかうまく伝わらず、いまだにさっぱりわかりません。
言葉の意味、使われるところ、参考となるサイトなどを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://e-words.jp/w/B20to20B.html
http://www.atmarkit.co.jp/icd/root/55/4382255.html

BtoBは企業間取引。BtoGは企業・政府間の取引。

Q取引基本契約書(売買契約書)について

表題の件について、教えて下さい。
当社は甲(商社)、製造メーカーが乙の場合
下記の「目的物の譲渡制限」の条項で、乙が守れなかった場合のために、下記条文のあとに損害賠償を求めることが出来る等の文言を追加しても問題ないでしょうか?

「目的物の譲渡制限」
乙は、事前に甲の書面による承諾を得ることなく、仕様書及び注文書等に基づき製作された目的物を自己または第三者のために製造、販売等をしてはならない。

念のため、契約書の終わりに、

「合意管轄」
この契約に基づく諸取引に関し訴訟を提起する場合は、東京地方裁判所をもって管轄裁判所とする。

と記しているのですが、これでは乙が違反した時はあまり効力がありませんか?

以上、御指導お願い致します。

Aベストアンサー

>・・・損害賠償を求めることが出来る等の文言を追加しても問題ないでしょうか?

民法420条で認められています。
これは、債務不履行に備えて、予め取り決めすることができるのです。
でも、現実問題として、具体的な額は、決めにくいので、例えば「本条に違反した場合は、仕様書及び注文書等に基づき製作された目的物の2倍とする。」と云うようになると思います。
この条項がないとすると、不履行時の損害額が具体的に算出できないからです。
販売してはならないものを、販売したからと云って、裁判所が認めるだけの根拠が乏しいです。

QBtoBという言葉

BtoBとは、企業間の電子商取引のことですよね?
では、企業間のコミュニケーションのことを広い意味でBtoBというのは間違いでしょうか?
質問の仕方が分かり難くて申し訳ありません。
要するに、企業間のコミュニケーションのことをBtoBというのは間違いなのか?ということです。
解答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

用語とその意味が定着してしまっている以上、間違いかどうかはともかく(誰が決めるものでもないでしょうから)、企業間のコミュニケーションのつもりでBtoBと表現しても誰もそうは取らないでしょう。

取引にコミュニケーションは必要ですが、コミュニケーション自体は商取引と関係なく存在するものです。
元々、B to BにせよB to Cにせよ、その後ろに「ビジネス」という単語がついています。「ビジネス」を省略した形で定着しても、意味としては企業間の電子商取引のことに変わりません。
それと、B to Bには物がBからBに流れるという方向を含んでいるので、その1つ1つを見れば一方通行的な要素を含みますし、元々はメーカーや問屋が、小売りや問屋を外して直接販売するとか、面倒な価格交渉や営業活動を省いてコストダウンする、つまりコミュニケーション不要の商取引を目指す、という主旨が含まれているので、コミュニケーション手段というような良い面だけを含むのではない複雑な成り立ちを持つ言葉なのです。

Q小売業を営んでますが仕入先より販売基本契約書を締結してくれといってきて

小売業を営んでますが仕入先より販売基本契約書を締結してくれといってきています。契約は結ぶつもりですが、契約書に押印する印鑑の印鑑証明書を出せと言ってきています。印鑑証明書は必要なのでしょうか。宜しくお願します。

Aベストアンサー

契約の相手方が実印での取引を求めているのなら、印鑑証明は必要ですね。

実印での取引を求められているということは、債権保全に関して特別な条項か保証に関する条項があるんでしょう。

基本契約書に連帯保証人もサインするなら、実印と印鑑証明は必ず必要ですね。法人名義で契約し、代表者が保証人になる場合が典型です。

QBtoB

最近BtoB及びBtoCの表現が使われますが、日本語での意味は分りましたが、スペルが分りません。
何から始まったのか元をお教え下さい。
お願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.cgarts.or.jp/dictionary/jiten.htm
の、マルチメディア・インターネット辞典にすごく詳しく載っています。参照してみてください。デジタルとビジネスに関することでは、ピカいちの辞典です。無料なのに、素晴らしい充実ぶりです。
B2Cの方は、http://www.cgarts.or.jp/dictionary/b/b246.htmを、B2Bの方は、下記を見てみて下さい。

参考URL:http://www.cgarts.or.jp/dictionary/b/b245.htm

Q継続的取引の基本となる、基本契約書の場合 印紙

請負契約で、継続的取引の基本となる、基本契約書の場合は
2号文書ですか?7号文書ですか?

Aベストアンサー

契約金額の記載がある場合には2号文書、記載がない場合には7号文書です。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/inshi/01/01.htm
の「具体的には・・」以降の(2)(3)のいずれかということです。

Q「BtoBサイト」に求められるものとは?

こんばんは。

一般のユーザーが普段利用するサイトは
「BtoC」かと思います。
さて、「BtoB」と「BtoC」の違いとは
具体的にどういったものでしょうか。

なお、「BtoBサイト」に求めれるもの
(コンテンツ・機能など)は何でしょうか。

ご存知の方、ぜひ教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お聞きになりたいことがよくわかりませんが、
抽象的な特徴の比較なら、

「BtoC」消費者に提案

「BtoB」利用者の融通をはかる

作るなり、輸入するなり、
自分なりのセレクションで消費者に提案する。
顧客は、選んで探しているのだけど、
実はショップの提案に乗せられている。
逆に言うと、乗せ方がうまいかヘタか。

一方、利用者の問題を解決したり、
特別な部品をサイズ調整したり、
利用者の側が注文(提案)してくる。
相手の要望にどこまで応えることができるかが、
勝負。

イマイチなたとえですいません……。

Q【企業間取引】取引基本契約 事業部間&会社間の二重契約??

【企業間取引】取引基本契約 事業部間&会社間の二重契約??
企業で営業担当をしております。
今般、ある取引先の一事業部から取引基本契約の締結の申し出があったのですが、
その会社とは当社の別事業部が会社代表者名(社長名)で既に取引基本契約を交わしている事が判明しました。

この場合、申し出のあった事業部と契約を新たに交わす事は色々と問題があるように考えています。
(両方の契約内容は似ていますが、同一ではありませんので、共通する条項で何か問題が生じたとき、どちらの契約が適用されるか問題になる事を懸念しています。)
社内では両契約に齟齬がある場合、どちらの契約を優先摘要するか、という文言を新契約に入れれば良いとの意見もありますが、会社代表者で締結した取引基本契約書がある以上、その下部組織である事業部と新たな契約を締結するのは奇異に感じています。

このケースはいわゆる二重契約になると考えているのですが、大企業との取引ではありがちな事との話も聞きました。

商法なども調べてみましたが、どうもよく解りません。
このような場合、どのように対応するのが良いかアドバイスを頂ければ幸甚です。

【企業間取引】取引基本契約 事業部間&会社間の二重契約??
企業で営業担当をしております。
今般、ある取引先の一事業部から取引基本契約の締結の申し出があったのですが、
その会社とは当社の別事業部が会社代表者名(社長名)で既に取引基本契約を交わしている事が判明しました。

この場合、申し出のあった事業部と契約を新たに交わす事は色々と問題があるように考えています。
(両方の契約内容は似ていますが、同一ではありませんので、共通する条項で何か問題が生じたとき、どちらの契約が適用されるか...続きを読む

Aベストアンサー

事業部の位置づけが明確になっていませんが、事業部制だということは会社組織が事業部独立採算制だと思います。A事業部と取引先との契約書は、A事業部だけに有効である。B事業部と取引先との契約は、B事業部だけに有効である。C事業部と取引先との契約書がないので取引できない。
ただし、ABC事業部の契約に関しては会社が認めた契約である、ということです。
契約書の末尾に「この契約はA事業部のみ有効とする。他の事業部との契約は別途締結するものとする。」位の一文があれば、分かりやすいですね。

QBtoBの取引は、総額表示の必要なし?

BtoBの取引では、お客さん(このスレの「お客さん」とは、最終消費者ではありません。このスレの「お客さん」とは、製造業者からすると卸業者がお客さん、卸業者からすると小売 業者がお客さんです。)に提出する価格表(プライスリスト)、見積書、納品書などに総額表示は必要ないのでしょうか(税別表示でよいのでしょうか?)?

また、“通例として”、BtoBの取引では、お客さんに提出する価格表、見積書、納品書などは総額表示になっていないのでしょうか(税別になっているのでしょ うか?)?それとも、総額表示になっているのでしょうか?
また、BtoBの取引で販売者はお客さんに対して「希望小売価格」などを提供する場合がありますが、この場合の「希望小売価格」は、“通例として”、総額表示ですか、それとも、税別表示ですか?
どちらのケースもある場合は、どちらが多いか教えていただけると幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

総額表示は、不特定の顧客に対する価格表示に義務づけられた制度です。
最終消費者かどうかは関係ありません。
メーカーが、複数不特定の卸問屋に価格表記するなら、総額表示の対象です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6902.htm

>提出する価格表(プライスリスト)、見積書、納品書などに総額表示は必要ないのでしょうか…

宛名が入って提出先が限られているものは、見積書であろうが請求書であろうが、総額表示の対象ではありません。
提出先が個人の最終消費者でであっても、宛名が入っている限り、総額表示でなくて良いです。

>また、“通例として”、BtoBの取引では、お客さんに提出する…

わざわざ BtoB とと断らなくても一般に業者間取引では、総額表示でありません。

>販売者はお客さんに対して「希望小売価格」などを提供する場合がありますが…

希望小売価格とは一般に本体価格です。
最終販売者が不特定の顧客に対する価格表や値札を作成する際に、総額表示とします。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

総額表示は、不特定の顧客に対する価格表示に義務づけられた制度です。
最終消費者かどうかは関係ありません。
メーカーが、複数不特定の卸問屋に価格表記するなら、総額表示の対象です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6902.htm

>提出する価格表(プライスリスト)、見積書、納品書などに総額表示は必要ないのでしょうか…

宛名が入って提出先が限られているものは、見積書であろうが請求書であろうが、総額表示の対象ではありません。
提出先が個人の最終消費者でであっても、宛名が入っている限り、...続きを読む

Q契約書の契約日について、例えば、平成22年8月1日に契約を締結しようと

契約書の契約日について、例えば、平成22年8月1日に契約を締結しようとした場合、平成22年8月1日は日曜日なので、8/2日(月)を契約日にするのが普通なのでしょうか?
それとも7/30(金)にするものなのでしょうか?
因みに、平成22年8月1日から平成27年7月31日の5年間の物品リース契約を行おうとしています。

Aベストアンサー

不動産業者です。

賃貸契約の場合、契約日とは「契約を締結した日」ということで、金銭や書類等などの主に事務的な取り交わしをします。
契約書には入居日(=契約発効日)が記載されています。
売買契約の場合も、契約日と契約発効日(物件引き渡しと登記)が異なる事がほとんどです。


本件ではリース契約ですが、上記と同じような扱いで構わないと思います。
すなわち、リース契約締結日を8/1より以前の日(例えば7/30や31)にして、契約発効日を8/1とすればよろしいかと。
契約日と発効日が同じ8/1でも、当事者同士で合意できれば構わないと思います。
リース対象物を契約当日に相手へ引き渡す場合は当日でいいでしょう。

余談ですが、リース対象物を日曜日(8/1)には使わないから、1日分のリース代を節約して契約発効日を8/2にする・・・というケースはあるかも知れません。
週末が休業日か営業日かにもよるかも知れませんが。
双方で相談をして日にちを設定するのがベターかと思います。

ご参考までに。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報