【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

本革のショート丈のブーツですが、雪の日に履いて濡らしてしまったら、白い汚れがついてしまいました。

ネットで調べたらこれは汗ジミが内側から浮き出てきたものであることはわかりました。
サドルソープというもので自宅で洗濯も可能だということも。

ただネットではいろんな情報があり、サドルソープで洗ったあとにクリームのようなものを塗らなければならないとか、サドルソープが皮と合わなくてよけいに損傷してしまうなどの情報もあり、どれが最善の方法か判断しかねています。

この白い汚れを落とす方法を、経験された方もしくは専門家のかた、詳しく教えていただけないでしょうか。
ブーツ自体はそんなに高い商品ではなかったので、ダメになったらなったでいいとは思っていますが、できるだけ簡単で安上がりな方法をお願いします。
サドルソープなどの材料の選び方など、または靴のクリーニング屋に頼んだ方が結局は安上がりだということなら、そういう情報もお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは、♯1です。


お礼のレスをいただいていたのに気が付くのが遅れてしまいまして・・

で、追加のご質問についてですが、ブランドについては特別神経質にならなくても大丈夫です。
有名どころでは「モゥブレイ」「コロニル」「サフィール」「ウォーリー」「コロンブス」などですが、それ以外でも靴売り場などで売られている物なら問題はありません。
デリケートクリームについても上記のブランドならまず安心ですし、サドルソープと無理に揃える必要も無いのでこの辺はお好みで購入してください。

ただ、前回は書きませんでしたが、サドルソープは決して「万能選手」ではありません。
名前の通り元々は「馬の鞍(サドル)」を洗うための洗剤ですから、革の種類によってはサドルソープ自体が使えない物もあるので要注意です。
山羊、羊系などいわゆる「ソフトレザー」と言われる物や、爬虫類系の「エキゾチックレザー」などはサドルソープはNGです。

後、洗い方についてはサイトなどで色々ありますが、個人的には最初に「靴を丸ごと水に浸ける」というやり方はあまりお勧めはしません。
スポンジなどを水で湿らせて洗剤を付ける前にアッパー全体を擦って適度に濡れている状態なら問題は無いと思うんですけどね。
何度も手入れをしてあるレザーはクリームやオイル分で表面に「皮膜」が出来ている状態になっていますから、そこからイキナリ「洗う」となった場合に急に水に浸けても水が染み込むのに時間が掛かるんです。
あまり長時間水に浸けても「シミ」をつくってしまう可能性もあるので、洗う時は短時間でチャチャっとやらないとダメです。
ただし、だからと言って汚れている部分だけを「スポット的に濡らして洗う」というやり方もダメです。
これもシミが出来る原因になりますから、洗う際は「均一に濡らして均一に洗って均一に乾かす」というのが基本的なやり方です。

今回ご質問のブーツは一般的な「牛革」でしょうから、その点ではサドルソープもデリケートクリームも使うに当たっては何も問題は無いでしょう。
後は「手入れの頻度」でしょうね。
普段どれ位でローテーションしているかなども多少は関係するでしょうが、まぁそれでも洗うのは年に数回でいいと思いますよ。
(雨でびしょ濡れにしてしまったとか言う場合はまた別ですが)
「洗えばいい」ってことでもないので、経験上の意見ですが普段は「乾拭き」が特に重要です。
クリームやオイルも2~3ヶ月に1度程度でも充分ですから、その靴を履く前にちょっと乾拭きをしてから足を入れる、というのを心がけると後々革の寿命にも違いが出てきます。
靴売り場で乾拭き用の「セームクロス」という布を買っておくと便利です。

若干余計なこともズラズラと書いてしまいましたが、参考にしていただければ嬉しいです。
    • good
    • 2

ご質問の感じでは、まぁ洗っちゃうのが1番早いような感じはしますね。


洗う手順については覚えればそんなに難しいことではないので、今後のためにもサドルソープは1個はお持ちになっていた方が何かと便利だとは思います。

で、実際に洗う手順についてですが、

(1)柔らかい布などを水で湿らせて、サドルソープを少量取ります。
(2)靴の表面ををクルクルと「円を描くように」指先を回しながら擦ります。
※ここは重要なポイントです。
絶対に直線的に擦ってはダメです。
(3)汚れがアワになって浮き上がってくるので、キレイに拭き取ってください。
(4)拭き取ったら、靴を陰干しします。
(5)仕上げに表面に保湿用のクリームを塗って、更に乾拭きをして終了です。

仕上げに使うクリームですが、これは「デリケートクリーム」というのが1番便利で確実なので、可能であればサドルソープとセットで購入するのをお勧めします。
ただ、デリケートクリームは「保湿専用」なので表面に「ツヤを出す」ということは出来ません。
手入れの後、もっと「表面を光らせたい」という場合には「ワックス」を上から塗るしかありません。
その場合は、革の色に合った色の物を靴屋で購入、ということになります。

とりあえず、上記の感じで1度トライしてみてください。
何か不具合などがあった際は、再度ご質問などいただければ可能な限り回答させていただきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまってすみません。
とても丁寧なアドバイスがありがたくて、感謝しております。
サドルソープをどこで、どんな商品を購入したらよいのかなど、検討していたらまとまらなくなってしまいまして…
サドルソープではダメだという考え方もネット上で見つけたのですが、その内容では水洗いしてしまうとサドルソープの乳化作用で皮脂や汚れが、水とともに革の中に入ってしまうということで、水の使用を最低限にすればそれは回避できるかもとなっていました。

ご回答いただいた使い方では、水はほとんど使わないようなので、それなら大丈夫でしょうかね。
サドルソープでの洗浄方法を調べると、いきなり水に靴を浸すやり方が多いので…そこが心配だったのです。

サドルソープとは、どんなメーカーのものでも、成分やPHなど性質自体は変わりないものでしょうか。
デリケートクリームとセットで購入ということですが、それは同じメーカーのものということですか。
靴屋さんで売っているものなのか、それとも通販などでお薦めの商品がもしあれば教えてください。

お礼日時:2014/03/02 15:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q革(白)の汚れは落とせますか?

中古で白い(アイボリー?)革の鞄を購入しました。お店で見たときも汚れているので気にはなっていたのですが、デザインがとても気にいったので買ってしまいました。が、やっぱり汚れが気になります。
ペンで落書きとかそういう致命的な汚れはないのですが、全体的に薄汚れて黒ずんでいるかんじです。革そのものの状態は悪くないと思うのですが、皮革の汚れというのは落とせるのでしょうか?
目立たない箇所を、手持ちのミンクオイルを刷り込んでみましたがまあ当然ですが変化は無しです。
今後、白い革の財布も購入検討しているので、出来れば家庭でなんらかの方法で落とせればベストですが、専門店(鞄の修理を頼むとなるとネットで見つけるよりなさそうです。近場にはありません)に依頼したとして、どの程度の改善が望めるものでしょうか。
※極力色の染め替えはしたくないです。

汚れを落として革を復活出来る方法や、あるいは実際に修理に出されて綺麗になったor無駄だった、という方の経験談を聞かせて頂けると参考になります。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんばんは、♯3です。
丁重なお礼のコメントをいただきましてありがとうございます。
ちなみに私は「専門職」の人間ではありません。
まぁ趣味の関係で一般の方よりは「レザーが好き」というレベルですので。
ただ、今回せっかくコメントまでいただきましたので前回は書けなかったことも含め補足的な意味で再度書かせていただきます。

まず「手入れ」に関してですが、今後購入される物も色々あるだろうということを想定してとりあえず「最低限必要なモノ」を挙げてみます。

(1)デリケートクリーム
白い乳化状のクリームで革の「保湿」のための物です。
新品はどんな物でもそれなりに乾燥していますから、まず初回の1発目には必ず塗ってください。
ただし、目的は保湿ですからどんなに塗っても表面に「ツヤを出す」ということは出来ません。
やたらと塗ればいいわけではないので塗り過ぎないようご注意ください。
(2)クリーナー
汚れ落としですので細かい説明は省略しますが、白い乳化状の物以外に液状の「リムーバー」という物もあります。
どちらがいい悪いとかは特に無いので対象の製品に合わせて選ぶといいですね。
ただ、クリーナー等を1度使うと汚れと一緒に前回まで表面に塗ってあったオイル、クリームなども落ちてしまいます。
クリーナーを使った後は必ず保湿用のオイル等を塗る、というのを厳守してください。
(3)オイル、クリーム一式
まぁこれは色んな種類があるのでその革に合わせて揃えるという感じでしょう。
ちなみに「ミンクオイル」は一見メジャーな感じはしますが、実はいわゆる普通の「牛革」程度の革の場合にはオイルの油脂分が強すぎます。
本来はブーツなどによく使われる「オイルドレザー」やその親戚の「ブライドルレザー」辺りに使うのがベストです。
一般的な牛革なら(1)のデリケートクリームを薄く塗っておく程度でも充分ですよ。
表面にもっと光沢を出したいなら色に合わせたワックスなどを塗ればいいだけですから。
(4)セームクロス
ペラペラの「鹿革」で出来た薄い布です。
オイルなどを塗った後にこれで表面をキレイに乾拭きすると見違えるようになります。
普段手入れをしない時でも、例えば週に1度程度で乾拭きをしてあげると後々革の寿命に「差」が出ます。
(5)サドルソープ
これも前回書いた洗剤ですが、現在は固形の物以外にやはり「液状タイプ」もあったりするのでこの辺はお好みで。
洗う際はやたらと強く擦るとかえって「キズ」になります。
それと、汚れが部分的であっても洗う時は必ず「全体を洗う」ようにしないと乾いた後に「色ムラ」の原因になりますから注意してください。

他にもブラシ類など色々ありますが、まぁまずはこれだけあれば凌げるだろうと思います。

次にレザーの「経年変化」の件ですが、コメントを読んだ限りでは質問者さんはおそらくヌメ革の「キレイなアメ色」を求めているようですね。
まぁ現実的には、白いレザーでヌメと同じ風合いを出すのはほぼ不可能と言っていいと思うんですが。
前回も書きましたがやはり白は「変色」だけは避けられません。
ですが、一方のヌメもアメ色にするのにただ長く使えばいいということではありません。
この辺はご存知かもしれませんが、最初は専用のオイルを塗り、表面を「天日干し」をして・・これを何度か繰り返すことであのアメ色になっていきます。
更に表面が独特の「黒光り」をするのは、実は持ち主の「手の脂分」が革に染み込んでいくからなんです。
なので、ヌメの製品は同じ物であっても持ち主によって色の出方が全て変わるんです。
ですから例えば白いバッグを使っていて、何時の間にか「持ち手の部分だけ真っ黒け」というパターンがよくありますが、これも全て手の脂分が原因ですから、これで変色した場合は元の色に戻すのはまず出来ません。

最後に「染色」についてですが、コメントにある「染めQ」は私も知っています。
今市販されている補色用品の中では比較的便利で使いやすいようですね。
ちなみに私の場合は部分的な補色をする際はコロンブスが出している「アドカラー」という製品を使っています。(実物は検索をするなどしてご覧ください)
ちょっとしたキズ程度ならこれで充分だなぁという感覚なので普段から愛用してます。
ですが、例えば白い物を丸ごと赤や青に塗りかえるという話となると、素人的にまず思うのは革の「通気」はどうなのか?、というところ。
前の色を全部落としてから塗るなら別ですが、そうでないなら「重ね塗り」になるわけですからここの部分はかなり不安要素ではあります。
で、重ねたなら長く置けば必ず「剥離(はがれる)」ということも起きるでしょうから、そうなったら余計に悲惨だと思うわけです。
この辺のことがあるので未だに使えないままでいます。
もし経験者の方などがいればお話をお聞きしたいですね。

今回も非常に長くなってしまいまして失礼しました。
革の種類の選択、色の選択も含め、今後新しい物を購入される際に参考にしていただければ嬉しく思います。

こんばんは、♯3です。
丁重なお礼のコメントをいただきましてありがとうございます。
ちなみに私は「専門職」の人間ではありません。
まぁ趣味の関係で一般の方よりは「レザーが好き」というレベルですので。
ただ、今回せっかくコメントまでいただきましたので前回は書けなかったことも含め補足的な意味で再度書かせていただきます。

まず「手入れ」に関してですが、今後購入される物も色々あるだろうということを想定してとりあえず「最低限必要なモノ」を挙げてみます。

(1)デリケートクリーム
白い乳化状の...続きを読む

Q白い合皮のブーツの汚れを落とすにはどうしたらよいでしょうか?

買ったばかりの白いブーツを、もう汚してしまいました(T_T)ミンクオイル、消しゴム、激落ちくん(笑)と試したのですが、少しだけうっすらしただけで、全然きれいになりません。つま先にピッと、線のように黒い汚れがついてしまいました。歩き方が下手なので、かかとが当たってしまったかも。なんとかきれいにしたいので、どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

除光液はどうでしょうか?
バックや靴の手入れが好きでたまに使うのですが、
専用クリーナー(汚れおとしクリーム)など何やっても落ちない!という最終手段で使ってます。
布や木、本革、スエード、毛などには絶対使いませんが合皮は使ってます。
よく落ちるので気に入ってますが、物を見てないので、目立たないところで試してからの方が良いかと思います。
ティッシュやコットンに薄く付けて、かるく落とす感じでやってます。
プリント系はNGですが、それ以外は今の所失敗はありません。(白やベージュは汚れが目立つので落ちないところはこれで落としています)
傷の場合、塗装がはがれて黒いという事だと汚れ落しでは無理です。

Q皮靴に防水スプレーをしたら、白く膜の様に

ブラウンの皮靴に防水スプレーしたら、白い膜の様なもので汚くなってしまいました。
強くこすれば少しは取れるのですが、もう取れないのでしょうか。
何か方法があれば、教えてください。

Aベストアンサー

似たQAがありました。

防水スプレーをしたら合成皮革の靴の色が変わってしまいました
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/144258.html


あと、参考。

大切な靴、長持ちさせたい!靴屋さんから聞いた防水スプレーの賢い使い方http://howcollect.jp/article/612

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む

Qブーツから白い粉が出ているようです

古着屋さんで購入したNYから輸入の皮のロングブーツなのですが、表面から白い粉が出てきます。
黒い磨きクリームで磨いてもしばらくすると、また出てきます。
一体なんでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。
私も男性向けブーツで同じような経験をしたことがあります。
カビでもないような白い粉状のものですよね?

「スピュー」ではないでしょうか?
私の場合は下記のURLのサイトが参考になりました。
http://www.kawa-sozai.com/leather_qa2.html
>革製品に白い粉、あるいは白いカビ状のものが吹き出してくる・・・
http://www.kawa-sozai.com/leather_teire.html
>主な革製品の手入れ

革の製造過程に問題が有ったり、革の水分が原因のようです。
私もしょっちゅう手入れしています。国産よりも海外製の革靴に多い気がします。

Q白い革靴の汚れをとる方法

白い革靴なのですが、すぐ汚れてしまいます。
柔らかい革で市販の汚れ落としクリームを使うと黄色くなってしまいました。主人は白い靴がすきなので、まだ何足かあります。白の柔らかい革はなにでふくといいのでしょうか?
固くしぼったフキンでは取れません。汚れはほこりで黒くなった感じです。靴の皺の部分です。
どうぞ、ご存知の方おりましたら教えてください。

Aベストアンサー

私はレザースニーカーなどはサドルソープという皮革用石けんを使って水洗いしています。石けんという名前ですが油分が抜けてしまうこともありません。
元のように真っ白というところまでは期待できませんが、ぬれ布巾よりはきれいになると思います。
サドルソープはKIWI、M.MOWBRAYなどのメーカーから発売されています。

Q合成皮革を長持ちさせるための手入れ

本革は、ミンクオイルやラナパーといったようなグッズを使うことで、長持ちすると思いますが、合成皮革にも、なにか、有効なものがあるのでしょうか?

少し口にし難いのですが、ゴム性の避妊器具はそのパッケージを開けるとオイルのようなものがついているように思われます。それは品質を保持するためでもあると思うのですが、同様に、合成皮革にもオイルやワックスのようなものを塗布することで寿命を延ばせるということはないでしょうか?

Aベストアンサー

あまりうれしくはないでしょうが、「有効策はない」としか言えません。合成皮革についてきちんと述べると、相当なボリュームになってしまうのですが、専門的な話は省いてかいつまんでお話します。

●合皮のほとんどはポリウレタンという生地です。これは「加水分解」といって、空気中の水分と結合して徐々に劣化が進行します。
水分が作用するので全く着用しなくても劣化は進みます。劣化が進んだところにクリーニングなどの「もみ作用」や「熱」等が加わると、表面がひび割れたり、はがれたりします。特に衿や袖口などの部分で顕著に現れます。ここで責任の所在が争われたりするケースが多々あります。
●目安としては製造から2、3年ほどですが、これは「生地が作られてから」3年であって、あなたが購入してから3年では決してありませんし、製品が仕立てられてから3年でもありません。生地になった時点から劣化はすすむのです。
●誤解しないでいただきたいのですが、これはメーカーやクリーニング店の責任ではありません。ポリウレタンという生地は「耐久性」を犠牲にして「ファッション性」「見た目」を優先させた、そういう素材なのです。良いとか悪いとかの問題ではありません。

ですから、着る側はこのことを割り切って購入する必要がありますし、売る側はきちんと説明する義務があります。クリーニングする側は繊維の事を勉強するべきです。ですがファッションのサイクルが年々短くなっていく現状を見ると、いささか難しいかもしれません。
ちなみに避妊具のオイルは、ひっかかったりせずにスムーズに装着する為に塗布してあるはずです。

あまりうれしくはないでしょうが、「有効策はない」としか言えません。合成皮革についてきちんと述べると、相当なボリュームになってしまうのですが、専門的な話は省いてかいつまんでお話します。

●合皮のほとんどはポリウレタンという生地です。これは「加水分解」といって、空気中の水分と結合して徐々に劣化が進行します。
水分が作用するので全く着用しなくても劣化は進みます。劣化が進んだところにクリーニングなどの「もみ作用」や「熱」等が加わると、表面がひび割れたり、はがれたりします。特に衿や...続きを読む

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q防水スプレーをしたら合成皮革の靴の色が変わってしまいました

お気に入りのブーツ(合成皮革)に防水スプレーをしたら、白カビのように真っ白になってしまいました。
元通りにしたいのですが、どうすればよいでしょうか。
教えて下さい。

Aベストアンサー

No.2のryoccoさんの回答を読み、そういえば…と思い、再回答です。
私もそうなのですが、unidapyonさんは防水スプレーをかけた後、
軽く磨いてつや出しをされたのでは? と思い、
防水剤を疑わなかったので…。以下の事、お試し下さい。
(必ず靴が乾いた状態で行って下さい)

気味が悪いかもしれませんが、白カビのような部分を
少しだけ、乾いた布で、軽くこすってみて下さい。
カビ部分がポロリと落ちて、下の靴の部分に変化が無ければ、
防水剤が靴に馴染まないで残っただけですので、靴は無事です!
もしも、靴に変色があれば(または、カビ状の物が消えなければ)
残念ながら…No.1で書きました状況と思います。

天然皮革ですと、スプレーで吹き付けた防水剤を吸収しますので、
防水剤が白く浮いて残ってしまう事は、あまり無いと思いますが、
合成皮革ならば起こる可能性あり…と思います。

長くなりましたが、お役に立てたら嬉しいです。

Qスーツのジャケットの袖が長いので短くしたいのですが

安いスーツだったので自分でしたいです。
袖はきれいに自分で補正できるでしょうか?
いま、袖は指の第二関節くらいで長いです。
というか、私の身長が小さいため(横はOKなんだけど(笑))
そんなに長いのですが・・・
最近はアイロンで留めるやつとか売ってありますよね、
そういうのでも大丈夫でしょうか?
中の裏地(ツルツルしてる)はアイロンかけて大丈夫なのでしょうか?
やはり、針と糸で補正したほうがいいのでしょうか?
袖についてるボタンのあとを消す方法なども
教えてください。
裁縫の知識と技術は高校家庭科では5をとっていましたが
それ以上ではありません(笑)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ジャケットの袖は、”あき見せ”(ベンツのように見える部分)にボタンの付いたものや、飾りボタンのみの場合など、デザインがさまざまです。
たぶん裏地もついていることですし、針と糸を使ったほうがよいのでは?
袖口ならすべて手縫いで、きれいにできます。
基本的には、表の生地と裏地をほどいて、表生地を好みの長さに折りあげます。
その時に、表の丈がきちんと定まるようにまつり付けておきます。
裏地は、表から見えないように、2~3センチ短く折りあげます。
裏と表それぞれをまつってとめつけますが、その時に裏地に”きせ”をかけると着たときに表がつれずに済みます。
”きせ”とは、簡単に言うとゆとり分のことで、裏地のほうをたるませた感じに、表と縫い付けます。袖口にだったら、2センチくらい入れておくのが普通です。
・・・と、こんな感じですが・・・。めげそうですか?
とりあえず、両方一度にほどかずに、片方ずつやって、あとの片方を見本にしながらやってみるのがよいと思います。
あと、裏地もアイロンOKですよ。中温くらいでかけましょう。
洋服の仕立ての時は、中間アイロンがだいじです。
めんどくさがらず、途中の工程でまめにアイロンを使ってください。
生地によってはボタンのあともスチームを当てると目立たなくなります。

ジャケットの袖は、”あき見せ”(ベンツのように見える部分)にボタンの付いたものや、飾りボタンのみの場合など、デザインがさまざまです。
たぶん裏地もついていることですし、針と糸を使ったほうがよいのでは?
袖口ならすべて手縫いで、きれいにできます。
基本的には、表の生地と裏地をほどいて、表生地を好みの長さに折りあげます。
その時に、表の丈がきちんと定まるようにまつり付けておきます。
裏地は、表から見えないように、2~3センチ短く折りあげます。
裏と表それぞれをまつってとめつけま...続きを読む


人気Q&Aランキング