グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

「政党は議会制民主制における必要不可欠の要素なのである」などというような話を聞きますが、実際に政党がなぜ議会制民主主義に不可欠なのか、その根拠がよくわかりません。
政党の存在根拠を教えてください。

A 回答 (4件)

#3のお礼の中の質問に私なりにお答えさせて頂きます


>政策課題1に関してはA党を支持するが、
>政策課題2に関してはB党がいいというような葛藤が生まれてしまい、
>結局選択ができないのではないかと思うのです。
 それが民主主義の難しさです。
 それでも政党の政策について総合的に評価する能力が民主国家の国民には求められるわけです。
 どちらも反対の場合にも、どちらも一部づつ賛成・反対の場合にも、より望ましい方を選択する微妙な能力が投票に必要になってくるわけです。

 まあ、でも、それは理想論・原則論であって建前と呼べるものです。
 成熟した社会では似たり寄ったりの微妙な政策になりますから、投票率もかなり下がります。
 数年に1度の選挙で、今後何年間の問題が全て予想できるわけでもなく、原則として重大な問題や、状況の変化等による公約の変更は解散総選挙を行い国民の信任を取らなければなりません。しかし、頻繁な選挙は国民の負担にもなりますし安定した政策をとれないことにもなります。結果として細かい事柄は国会・政府の判断に委ねられます。また、外交・経済については政策の継続が必要になりますので(急激に変化させると国民の不利益が大きいため)、しばらくは前政権の政策を受け継ぎながら徐々に変化させることになります。公約というのも細かい点まで突き詰めれば曖昧になります。
 その中で現実的には二大政党制が固まってくると、支持基盤を固めるためなのか、どの有権者層よりの政党かがかなり明確になってきます。

 しかし、だからこそ、浮動票層の選択が、ますます難しくなっていくということにもなります。
 議院内閣制での政党政治に限れば、二大政党制には決断力・実行力のある政権を作るという目的があります。実際には政党・政策と言うよりは首相を選択するという感じで成り立っているような気もするのですが。
    • good
    • 0

 選挙とは本来、主権者である国民が政策を選択する場です。


 一つの政策は複数の政策に関連し単独では成立しにくいため、統一した公約を政党は発表します。
 つまり、どの政策が最も多数を得たかは政党がなければ判断できないわけです。
 政党がなければ、最終的な政策の総論の決定は選挙ではなく国会の中で決定されてしまいます。ある候補者が複数の公約を掲げても、その公約の中のどれを優先しどれを妥協することになるかは、その議員の恣意的な判断に委ねられ、国民不在の決定になることになります。
 このような状況は連合政権の場合にも発生するため、政策の選択権を国民が持つという意味では、二大政党制がより望ましいと言えます。(国によっては第一政党に票を足し単独政権を可能にする制度を持ったりしています)
 言い換えれば、公約を絶対的に守る意志がなければ政党としての価値がないことになります。
 日本の場合には、イデオロギー対立が長かったためもあり、基本的な思想のみで政党が選択されていました。そのために、保守対立の時代に入り、政党が政策の実行により選択されなければならなくなったのに、旧体質が国民にも議員にも残り、政党の価値が揺らいでいるのです。
 国民は選択の幅やイデオロギーの選択を求める体質から脱却し、微妙な政策の選択をする時代になったのだと理解し、その能力を養う必要があるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
かなり納得のゆくお話だったのですが、一つ疑問が残ります。すなわち、二大政党制ということになりますと、国民は二者択一で選択を迫られます。しかしながら選挙は(例えば衆議院の場合は)四年に一度であって、政策課題は一つではありません。国民一人ひとりが一つ一つの政策課題について異なる意見をもっていることになります。
そうすると、政策課題1に関してはA党を支持するが、政策課題2に関してはB党がいいというような葛藤が生まれてしまい、結局選択ができないのではないかと思うのです。イデオロギーでの対立であればこういった問題は生じないのですが、政策選択という点では大いに問題があるのではないでしょうか?

お礼日時:2004/05/08 10:51

単純に、国会議員は衆議院と参議院の区別だけでいいと思います。

ただ、それであれば、議員の身分が不安定でありますし、また、法案審議がバラバラになる可能性があります。つまり、政党による議員のバックアップと円滑な国会審議ということでしょうか。他に、国民の投票する利便も入れてよいでしょう。
本来は、主義主張を共にする者たちが、会社を立ち上げるように、政党を掲げるものと思われます。しかし、現実的には国家ならびに国会議員の安定性から、議員にとって、国会もしくは政党という職場での世間付き合いが大切になっています。
そういうことで、「政党」は成り立っていると考えます。
ちなみに、戦局悪化を辿った戦中期には「大政翼賛会」がすべての政党を解体し吸収しました。その是非はともかく日本の政治規模では、一党で十分でしょうね。一党であっても中はバラバラだし、それなら多党と実際変わらないわけです。どんな形態であれ、日本社会はまとめるのが難しいということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
国会議員の互助会みたいなものだという話でしょうか?
それなら主義主張はなしで互助会に徹すればいいような気もします。国民の投票の利便性というのはすこし納得できるような気もしますが、そういう根拠になると比例代表制のような投票システムは少し行き過ぎのような気がします。

お礼日時:2004/05/08 10:46

本来の意義はちょっとおいておいて


ワタシ論ということで(その為自信なしにしました)

1党制であると暴走してしまう可能性がるため
それを監視する役目を担うという事で
多数政党が存在すると解釈しています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
多数政党である必要性ではなくて、政党そのものがなぜ必要なのかという疑問です。
議員が個人で活動するのではなくて、政党という組織に参加する意義がなんなのかというか、むしろ民主主義にとってはそういった組織はじゃまなのではないかというか、存在自体は仕方ないにしても法律で積極的に支援する根拠はなんなのかというか、そういった疑問です。
質問の仕方が悪かったかもしれません。
すいませんでした。

お礼日時:2004/05/08 10:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q政党の必要性

自分の父親はどの政党といわず政党全般が嫌いです。
いわく、政党で政治が動いているから、国会の多数派の法案が何でも通ってしまう。
議員個人個人にどんな信念があっても党議拘束で、党の決めた賛否に従わざるを得ない。
政党そのものが組織であり、なおかつその政党のバックにそれぞれ支持団体があるため、
そこに癒着や利権が発生して国民のための政治が行われない。
組織になど属さず個人の良心で誠実にやってる議員の方が信用できる。
そういう意見です。
主にこれは与党への批判になるのでしょうが、今の野党が政権を取っても国会のシステムが同じである以上
起きてくる現象もまた同じでしょうから、要はやはり政党全般が気に入らないということだと思います。
実際、ごもっともだと思いますし、同じように感じてる人はほかにも多いと思います。
無党派層が多いのも、現有の政党に支持するに足る党がないというより、どんな政党であれ
政党というシステム自体への不信感が実はあるのではないかと思います。

しかし一方で、議会制民主主義を取っている国はどこでも、多党乱立であったり二大政党制であったりはしても、
一様に政党政治が採用されている事を考えれば、民主主義のいろいろな実験の中で政党というシステムがベストでは
無いにしてもベターな選択であるというのが現時点での共通認識ではないのかとも思います。
そもそも、いい悪いを論ずる以前に、人間は3人いれば派閥やグループが生じる生き物である以上、
たとえ政党を廃止して全ての政治家を個人単位にしたところで、いつかはいろいろな理由でまたグループが形成されるのではないでしょうか?

政党が一概に是か非かではなく、メリットとデメリットの両面が存在すると思いますが、
その両面を考え合わせた総合判断で、政党はあった方がいいと思いますか?
それとも無い方がいいと思いますか?

自分の父親はどの政党といわず政党全般が嫌いです。
いわく、政党で政治が動いているから、国会の多数派の法案が何でも通ってしまう。
議員個人個人にどんな信念があっても党議拘束で、党の決めた賛否に従わざるを得ない。
政党そのものが組織であり、なおかつその政党のバックにそれぞれ支持団体があるため、
そこに癒着や利権が発生して国民のための政治が行われない。
組織になど属さず個人の良心で誠実にやってる議員の方が信用できる。
そういう意見です。
主にこれは与党への批判になるのでしょうが...続きを読む

Aベストアンサー

>政党の必要性

        ↓
問題や不満はありますが、政党は必要と思います。
それは、議会制民主主義や首班選び、重要政策の立案施行にスピードと内容のチェック充実に、現状でベター&有効なシステムだからです。

しかし、それは必要条件であって、よりましな及第点と言うだけである。
現状の政党の存在、成果や機能が、決して、十分条件を満たしてる訳でもありません。

政党本来の目的や機能を→円滑、効率的に発揮・達成するには、政党所属議員の「資質・使命感・矜持=広意には器量」が肝心であり、その個々のレベルアップがない限り、どのような制度も政党もマニフェストも、骨抜きにされると思います。

政党の役割を果たさすには→個人としての器量に加え、同時に、旗印や将来ビジョン、その目的への工程表:基本と成る憲法観・安全保障政策・政策のプライオリティを核としての、政党のガラガラポン・政界再編が不可欠だと思います。

また、現状でも、少しでも個人の器量が政党としての器量・信頼・実行力につながる為には→重要政策での党議拘束の撤廃、綱領やマニュフェストの徹底開示と遵守が、広く党内外や国民に情報開示されチェックされ、その支持&不支持と評価で選挙で信任を競わねば本物とは言えない。

その選挙(国民からの信任信託)を受け・経て、議席の配分と国民世論の合意形成に繋げ、国益と民意をバックボーンに負託を得た中から政党・政府を形成し→国会において、その責任を果たすべく政策立案と予算の配分、官僚組織や自治体との共同責任と連帯&分担にて行政執行を行うのが議会制民主主義の基盤・根底だと思うからです。

しかるに政党の現状は、主義主張もバラバラにマスコミや支持基盤向けの迎合&利益誘導が、人気取りと手柄争いに終始しているかに見える。
個々の政治家が出自も政歴もビジョンも→まだら模様に与野党に混在し、個人の政治信条を糊塗し隠して所属している為に、価値感の違いやリーダーシップが見えず聞かされず発揮されない。

すっきりとしたシンプルな政策実現の為の政党結成&運営、効率的な分り易い政党政治が行われていなく、与野党の立場と利害だけでの為にする批判合戦、スキャンダル捜しに、国会が終始しているので、いつまでも政治&政党&議員のイメージは上がらず、利権に群がる蟻、猟官運動と選挙の為のポイント稼ぎしか見えない。

そこには、国益・国威・国運・国際協調の旗印もリーダーシップもビジョンも見えず、活力を失った政治政党不信がはびこり、主権者である国民の中に政党不信と不要論が徐々に確実に蔓延して来ている。

誰がやっても、誰がなっても、どの政党も・・・と言う不平不満不信が、大切な政治政策への無関心や選挙における低投票率、一部のタレントや知名人や世襲議員の増大に繋がり、それがインスタント政治家(政治家という商売)を安易に創造してしまい、結果的に悪循環で政治の沈滞・政治家政党の器量気概不足の負のスパイラルを招いてしまっている。

私の意見としては、政党は必要です。
しかし、現在の政党が機能・責任を果たしているとは思えない。
選挙を通じての真贋の峻別とリーダーの発掘・育成を通じて、我が国の議会制民主主義のステージアップ、是々非々での熟成が必要だと思います。

政治不信に伴う政党不要論の気持ちは分るが、個人である政治家の共通価値感によるグループ化が推進力となる現実がある。
その価値感やリーダー選びの相互啓発・切磋琢磨がグループ間の競争であり、政党の存在基盤でもある。

議会制民主主義は、個人戦としての小選挙区での選挙と団体戦としての比例区と選挙区を合わせたトータル議席(議員数)が、主権者からの第一党を得て、国民に代行して政権運営を行うのだから・・・。

要は、様々な意見や利害、価値感を汲み上げ、調整し、反映した政策立案に→集大成と多数決による合意形成が基本であり、志・信条・価値感プライオリティを共有・同じくする、良質な個人政治家が集い→意見意向を集約収斂し政党を為し、政策を立案・成案し、実行&実効有らしめるのが本意である。

たしかに議会制民主主義・政党政治は、複数&多党政党の存在は→少数意見の尊重と決定システムにおいて、時間とコストが掛かるメカニズムだが、独裁専制政治や恐怖弾圧政治、人種や宗教やイデオロギーの純化政治の不合理性を戦争や粛清や民主集中制の恐怖と悲惨な実験を経て→人類の英知で築き上げた民主主義システムの要諦・王道だと思います。

>政党の必要性

        ↓
問題や不満はありますが、政党は必要と思います。
それは、議会制民主主義や首班選び、重要政策の立案施行にスピードと内容のチェック充実に、現状でベター&有効なシステムだからです。

しかし、それは必要条件であって、よりましな及第点と言うだけである。
現状の政党の存在、成果や機能が、決して、十分条件を満たしてる訳でもありません。

政党本来の目的や機能を→円滑、効率的に発揮・達成するには、政党所属議員の「資質・使命感・矜持=広意には器量」が肝...続きを読む

Q日本の政党の役割と問題点について

みなさん、はじめまして!わたしは日本で勉強している留学生です。これから、よろしくお願いします。
日本の政党の役割とその問題点について、皆さんのご意見を聞きたいんです。

Aベストアンサー

こんにちは。どこの国から来られたかわかりませんが、
日本の政党を欧米諸国の政党と同一視すると、非常に理解
しずらいかと思います。

日本の政党で、内政や外交の政策が党内で一致している政党
はごくわずかです。
共産党(日本的な共産主義)、社民党(リベラル的な主張を展開)、
自由党(保守主義)くらいでしょうか。

第一政党である自民党と第二政党である民主党については、
内部に様々な派閥を抱えており、それぞれの派閥が政策・
人事面などで時には協力したり、時には対立したりしています。
その有様については、同じ日本人である私たちにも時には
理解できないほど、複雑怪奇です(;^^)

少数与党である保守党については、自由党からの分派であり、
自由党の党首である小沢氏の政策や性格に反発している人
たちの集まりと解釈しています。

公明党については、私もよくわからない内容が多いです。

とりあえず、こんなところで。

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Qなぜ外国は官僚主導にならないのか?

なぜ外国は官僚主導にならないのか?


日本やフランスは官僚主導国家といわれ、
それが良いか悪いかについては色々と議論があると思いますが、
他の国ではなぜ官僚主導にならずに済むのでしょうか?

日本の常識からいくと中央官僚は政治家に比べて、
・(個人として)長く務めるので専門的な知識がある
・(省庁として)過去の歴史からノウハウの蓄積がある
・情報上流(情報下流の政治家に対して情報付与の調節、コントロールが可能)
・とにかく頭が良い

これらを駆使してズル賢く面従腹背で政治家を操ることがいくらでも可能で、
(どの国であっても)とても政治家が勝てる要素が無いように思えるのですが
他の国ではどういう仕組みで官僚主導にならずに済んでいるのでしょうか?

教えてください

Aベストアンサー

 結論

質問の意図する官僚主導の意味が不明確なので回答できない

 私見

私が知る限り、政治権力の実態は『普遍的に官僚主導』であり、諸外国でも官僚主導である

仮に、官僚の主導権の問題を立法・行政に二つで見れば、支配的であるのは必然である。
 高度に専門的で、前提となる情報量が多い政治問題に関しては、専門性を持ち、現場情報を多く持っている官僚が主導するのが一般的である
 
 最近問題にされる官僚主導の批判は、立法権における官僚主導権の問題であって、行政権における官僚主導を否定する理論は、一般的ではない。
 (多くの民意は、官僚主導の主体について分離していないようだが)

さて、他国は日本よりも若干、官僚の主導性が希薄と見做されるのは一定の根拠がある

それは、政治の大戦略を国民・政治家が策定した上で、詳細の政治権力を官僚に委任しているからである。
例えば、外交・教育などの中長期的事業計画は、政治権力がある程度の設計を担当するが、日本において官僚が策定したものを政治が審査するだけの性質に留まっている。

 教育行政では、中教審という官僚・識者の諮問機関が強烈な支配力を持っていて、戦略まで意思決定している。
 もっとも、政治家・国民がグランドヴィジョンを提示・決定できないから、官僚が代替しているのが実情だろう。
 要は、日本政治が官僚に対して、主導的ではないのが、基礎的国家戦略・社会戦略の合意形成を形成していないからである。
 もっといえば、憲法において規定される政治的戦略の具体論がない問題とも言える。
憲法前文の意味する精神性・規範性について具体的合意形成が醸成されないからこそ、官僚は仔細な部分で意思決定権を行使して、独走していると言えるだろう。

 ちなみに、小泉内閣は、小泉内閣が執心した部分だけは政治主導と言えるが、その結果は散々なものだったと言えるだろう。
 プラトンの「国家」の指摘するように、賢人(官僚)による政治がもっとも正義を体現しえると言えるでしょう。これは民主主義を否定するものではなく、その賢人に政治権力を委託するべき、ということです。


 

 結論

質問の意図する官僚主導の意味が不明確なので回答できない

 私見

私が知る限り、政治権力の実態は『普遍的に官僚主導』であり、諸外国でも官僚主導である

仮に、官僚の主導権の問題を立法・行政に二つで見れば、支配的であるのは必然である。
 高度に専門的で、前提となる情報量が多い政治問題に関しては、専門性を持ち、現場情報を多く持っている官僚が主導するのが一般的である
 
 最近問題にされる官僚主導の批判は、立法権における官僚主導権の問題であって、行政権における官僚主導を否定する...続きを読む

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

Q国会議員という職業は必要ですか?

国会議員を観ていると、公約を守らないし、官僚の言いなりにはならず、国民の意思で選ばれた自分たちが、官僚をコントロールすると言いながら、結局言いなりになっているように見えます。

自民党がダメだから、民主党に投票したのに、どれもダメ。

国民の期待に答える事が出来ない、国会議員、次に政権を握ると言われている自民党にも、今までの経緯から期待していません。

官僚の言いなり、国民の約束を守らないのが、国会議員なら、そもそも、国会議員という職業は要らないのでは?と、考えてしまいます。

暴論、極論なのは、分かっていますが、今一つ、国会議員と言う職業の存在意義が、分かりません。どなたか、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

 まぁ基本的にそれは完全に民主政治の否定になるから
現状民主国家では国会議員に限らずすべての議員は必要ですね
 
 国民の代表が選挙に出て、それを国民が選ぶ、それが否定されるのなら
 国民の民意が反映されない政治を国民が希望するということです

 その存在意義が認められない、ということはその国家において国民の意思は
害悪でしかないということです
 王様を決めて、その王様が政治を行う、

 ただ完全王政がその国民にとって最良の政治といえるかどうか・・・
現実の国家をみればそうともいえないのが現状です


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング